アンテナ・まとめ RSS

2018年11月04日

【動画有】宇佐美貴史、TBS「消えた天才」に出演!憧れの天才サッカー少年・河本光善氏のその後を知り感動!

宇佐美貴史、エースから一時は暴走族になった旧友からのエールに「鳥肌が止まらない」
https://www.oricon.co.jp/news/2122768/full/

河本氏現在.jpg

サッカー日本代表MF宇佐美貴史(26)=デュッセルドルフ=が4日放送のTBS系「消えた天才」(日曜―・後6時半)にVTR出演し、かつて同世代に伝説の選手がいたことを明かした。

 その選手とは、G大阪ユースでエースナンバー10番を背負っていた河本光善さん(みつよし、27)。日本代表の原口元気(27)=ハノーファー=とも、合宿などでたびたび話題に出るという。

 「僕らの世代は全員憧れていた」と宇佐美。「天才ですね。アイデアを表現するためだけにサッカーをしているのかと思うくらい。一挙手一投足を気にしていた」と明かした。

 番組では宇佐美の希望をかなえるべく、河本さんを捜索。探し当てられた河本さんは、自宅で、なぜサッカー界から姿を消したのか語った。

 河本さんは「才能がありすぎてサッカーに魅力がなくなっていった」と口を開き、「中学2年で高校生チームの練習に参加したけど、テクニックは劣っていなかった。中学3年生でプロになれると確信しました」。しかし、飛び級でユース(高校生チーム)に入ると、「一瞬のプレーで沸かす」といった河本さんのプレースタイルを受け入れてもらえなかったという。チームプレーを大事にするチームでは、しだいに孤立。高校に進学するも、そのままサッカーを辞め、高校も退学した。

 その頃から暴走族の仲間となり、荒れた生活を送っていたが、中学生から交際していた妻・茉優さんの励ましで改心していったという。現在は2人の男の子の父親として、電話回線を工事する会社に勤務している。茉優さんに「支えがなかったら、前に進めていなかった。ありがとうしかない。頭が上がらないとはこのこと」と感謝した。

 番組スタッフから宇佐美へのメッセージを頼まれた河本さんは「代表でも、チームでも絶対にもっと出来る。宇佐美の力は、こんなもんじゃない」とエールを送った。

 この映像を受け取った宇佐美は「シビれるなー、このVTR。鳥肌が止まらない」と述べ、「光善くんが言ってくれたように、ドイツでも日本代表でももっと出来ると僕も思っている。光善が驚くプレーを見せたい」と言い切った。

※記事を差し替えました。

ガンバ大阪 Part2895  
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1541311304/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:52 | 大阪 ☁ | Comment(53) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川崎に痛手…FW小林悠が左眼窩底骨折 柏戦で相手DFと接触(関連まとめ)

【サッカー】Jリーグ川崎・小林悠が骨折 3日の柏戦で負傷 27試合15得点4アシスト
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1541331337/
小林悠2018第31節負傷.jpg


1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/11/04(日) 20:35:37.71 ID:CAP_USER9.net

サッカー、J1川崎のFW小林悠は4日、自身のブログで左眼窩底(がんかてい)骨折であることを明らかにした。
クラブ関係者などによると、5日以降に精密検査を行い、手術の可否などを決めるという。

小林は3日に行われたJ1柏戦の後半24分、相手DFと接触。
治療後にいったんピッチに戻ったが、同31分に交代していた。
小林が主将を務める川崎はJ1連覇をかけ、10日にアウェーで行われるC大阪戦を控えている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181104-00000526-san-socc
11/4(日) 16:14配信

  

2018年11月3日 後半68分 小林悠負傷 J1第31節 柏レイソル戦



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:29 | 大阪 ☁ | Comment(11) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元日本代表MF福西崇史、10年ぶりに現役復帰!65分出場し勝利に貢献

【サッカー】元日本代表・福西氏 10年ぶり現役復帰 ボランチで65分勝利に貢献
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1541282693/
福西2018南葛復帰戦.jpg
1: pathos ★ 2018/11/04(日) 07:04:53.11 ID:CAP_USER9.net

 「サッカー・関東社会人大会・1回戦、南葛SC2−0与野蹴魂会」(3日、清瀬内山運動公園)

 サッカーの02年日韓、06年ドイツW杯日本代表で、08年に引退した福西崇史氏(42)=デイリースポーツ評論家=が3日、10年ぶりの現役復帰を果たした。東京都1部リーグに属し、人気漫画「キャプテン翼」の主人公が所属したチームから名をとった南葛SCの一員として、関東社会人サッカー大会の1回戦の先発出場。ボランチとして65分間プレーし、2−0での勝利に貢献した。

 持ち前の守備に加え、オフサイドになったものの鋭い裏へのパスでも“魅せた”。「やっぱりいいもんですね。こういう緊張感に満ちた中で戦うのは」と充実感を漂わせた。

 4日の2回戦は東邦チタニウムと対戦。キャプテン翼ファンにはたまらない“南葛VS東邦”が実現する。16チームがトーナメント方式で戦い、優勝か準優勝で関東2部への昇格の道が開ける大会。「負けられない戦い。やるべきことをやりたい」と力を込めた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181104-00000012-dal-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:19 | 大阪 ☁ | Comment(12) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【守護神権田】鳥栖、GK権田がビッグセーブ連発し長崎に勝利!原川が決勝ゴール押し込みJ1残留に向け前進 J1第31節夕(関連まとめ)

【サッカー】J1第31節日曜夕 鳥栖×長崎 結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1541322247/
トーレス2018第31節.jpg
1: 久太郎 ★ 2018/11/04(日) 18:04:07.78 ID:CAP_USER9.net

鳥栖 1−0 長崎
[得点者]
60'原川 力

スタジアム:ベストアメニティスタジアム
入場者数:22,669人

J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/


29: 久太郎 ★ 2018/11/04(日) 18:05:44.55 ID:CAP_USER9.net

>>1
鉄壁の権田! 原川弾の鳥栖、残留に向けて大きな勝ち点3…最下位・長崎はさらに厳しい状況に/J1第31節

明治安田生命J1リーグ第31節のサガン鳥栖対V・ファーレン長崎が4日にベストアメニティスタジアムで開催された。

ここまで8勝9分け13敗で16位に位置する鳥栖と、同8勝5分け17敗で最下位に低迷する長崎による、残留をかけたシックスポインター。鳥栖は0−2で敗れた先月24日の天皇杯準々決勝、浦和レッズ戦からキム・ミンヒョク、吉田、安在、小野に代えて小林、オマリ、高橋秀、趙東建を起用した。対する長崎は、0−0で引き分けた前節のジュビロ磐田戦から中村慶に代えて平松を起用する1点を変更した。

残留に向けて両者共に勝ち点3が欲しい九州ダービーは、序盤の7分に長崎が先制のチャンス。DFオマリの中途半端な対応からゴール前に流れたボールに平松が反応する。平松はGKと一対一に近い状況となるが、飛び出してきたGK権田のプレッシャーもあってシュートを枠に飛ばすことができない。この接触プレーで権田は顔面から出血があったが、治療後にピッチに復帰する。

前半の半ばにかけては鳥栖が積極的に先制点を狙いにいく展開となる。28分には左サイドでF・トーレスの頭でのフリックボールから抜け出した趙東建にチャンス。しかし、ボックス左に進入した趙東建が放ったシュートは枠を捉えることができない。

前半終了間際には、長崎にこの試合最大の決定機。翁長が左サイドから右足でクロスを入れると、正面のファンマがヘディングシュート。これがゴール左を捉えたが、権田のビッグセーブを前にゴールとはならなかった。

ゴールレスで迎えた後半、試合の均衡を崩したのは鳥栖だった。60分、福田が上げた鋭いクロスに正面で合わせたのは趙東建。ヘディングシュートはGK増田のセーブに遭ったが、ルーズボールを原川が押し込み、鳥栖がリードを手にした。

まず同点ゴールが必要になった長崎。高木監督は平松、ファンマに代えて鈴木、中村慶を投入する。

終盤にかけては、徐々にリスクを冒していく長崎に対して、鳥栖が守備の集中を切らさず試合を進めていく。それでも、82分には長崎に決定機。ボックス左手前のクロスに正面で合わせた中村慶が強烈なボレーを放つ。しかし、これも権田が驚異的な反応でセーブしてみせる。

結局、試合はそのまま鳥栖が逃げ切り。残留をかけたシックスポインターを制した鳥栖が勝ち点を36ポイントまで伸ばし、1試合未消化の名古屋グランパスをかわして15位に浮上した。一方の長崎は29ポイントのままで、残り3試合の中で崖っぷちの状況が続く。

■試合結果
サガン鳥栖 1-0 V・ファーレン長崎

■得点者
鳥栖:原川力(60分)
長崎:なし

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181104-00010015-goal-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:01 | 大阪 ☁ | Comment(17) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元日本代表GK川口能活(43)、今季限りで現役引退を表明「感謝の気持ちしかありません」(関連まとめ)

【サッカー】元日本代表の43歳GK川口能活、今季限りで現役引退発表 「今は感謝の気持ちしかありません」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1541319105/
川口能活相模原.jpg

1: ひかり ★ 2018/11/04(日) 17:11:45.80 ID:CAP_USER9.net

 J3のSC相模原が4日、公式サイトで元日本代表GK川口能活が今季限りで現役引退すると発表した。

 現在43歳の川口は横浜F・マリノスでプロデビューを飾り、ポーツマスやジュビロ磐田を渡り歩き、2016年よりJ3の相模原でプレーしていた。1997年に日本代表デビューを飾り、長年代表の守護神として君臨。2004年アジアカップでベストイレブンに選出され、ワールドカップは1998年大会から4大会連続選出。GKとして歴代1位の116試合に出場した。今季はリーグ戦5試合の出場にとどまっている。

 クラブ公式サイトでは「川口能活選手現役引退のお知らせ」のリリースを発表。川口が残したコメントは以下のとおり。

「今シーズンで引退することを決めました。とにかく今は感謝の気持ちしかありません。僕がプレーした横浜F・マリノス、ポーツマスFC、FCノアシェラン、ジュビロ磐田、FC岐阜、SC相模原の各クラブに携わる全ての方々、応援してくれるサポーター、両親、家族、サッカー人生で出会い力をいただいた
全ての人達、そして一緒にプレーした先輩方、仲間達に感謝の気持ちを伝えたいと思います。自分の気持ちはまた改めて引退会見の場でお話しさせていただきたいと思います」

 なお、12月2日のJ3第34節鹿児島ユナイテッドFC戦(相模原ギオンスタジアム)終了後に引退セレモニーを予定。引退記者会見は11月14日に行われる。

Football ZONE web編集部

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181104-00145841-soccermzw-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20181104-00145841-soccermzw-000-2-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(7) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

札幌、三好絶妙決勝ゴールで仙台下し3位に再浮上!ACL出場が視野に!GKク・ソンユンがPKストップ  J1第31節日曜昼(関連まとめ)

【サッカー】J1第31節日曜昼 札幌×仙台 結果
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1541314841/
三好2018第31節シュート.jpg

1: 久太郎 ★ 2018/11/04(日) 16:00:41.51 ID:CAP_USER9.net

札幌 1−0 仙台
[得点者]
74'三好 康児(札幌)

スタジアム:札幌ドーム
入場者数:24,065人
https://www.jleague.jp/match/j1/2018/110416/preview/#live



J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/


22: 久太郎 ★ 2018/11/04(日) 16:02:42.77 ID:CAP_USER9.net

>>1
見えたACL出場権!札幌、三好弾で連勝…再び3位に浮上/J1第31節

ク・ソンユンがPKストップ
明治安田生命J1リーグ第31節が4日に行われ、北海道コンサドーレ札幌とベガルタ仙台が対戦した。

上位に付ける札幌と、“無風地帯”に落ち着く仙台の対決は、前半は札幌がボールを支配しながらも、決定的と呼べるまでのシーンは作れず。スコアレスで終える。

後半に入っても前半からの構図に大きな変化はなく。札幌が押し込みつつ、ジェイの高さを生かしてゴール前に迫る。しかし、シュミット・ダニエルの好守などもあり、スコアはなかなか動かない。

一方の仙台はハモン・ロペスを投入し、一発を狙いにかかる。67分に早速強烈なミドルシュートを得意の左足で見舞うなど見せ場を作る。

71分には札幌ドームが沸き立つ。クロスのこぼれ球を菅大輝が左足のボレーで見事にゴール右へ突き刺すが、ジェイがオフサイドポジションにいたとして取り消しに。しかし、直後についに真の歓喜の瞬間が。ジェイのヘディングに抜け出すと、同じ境遇の仲間、板倉滉との競り合いを制した三好康児が左足でゴール左に叩き込み、ついに札幌が先制する。

しかし、代わったばかりのジャーメイン良がゴール右から切れ込んで仕掛けると、石川直樹に倒されてPKを獲得。ハモン・ロペスのキックはク・ソンユンが見事にストップし、札幌がリードを維持する。

仙台が攻勢をかける時間帯が続いたが、札幌は守備的なカードを切りつつ、ク・ソンユンのセーブなどで耐えしのぎ、1-0で勝利。連勝を飾った。再び3位に浮上し、残り3試合でいよいよアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場が見えてきた。

■試合結果
札幌 1-0 仙台
■得点者
札幌:三好(74分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181104-00010011-goal-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:48 | 大阪 ☁ | Comment(14) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル、神童ヴィニシウスOG誘発とラモスPK弾でバジャドリードに2-0勝利!リーガ6試合ぶりの白星

“神童”が先制点を演出…監督交代敢行のレアル、リーガ6試合ぶりの勝利
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181104-00857603-soccerk-socc
ヴィニシウス2018第10節OG演出.jpg

リーガ・エスパニョーラ第11節が3日に行われ、レアル・マドリードがバジャドリードを2−0で下した。試合はスコアレスのまま進んでいくも、83分にヴィニシウス・ジュニオールのクロスが相手DFに当たってゴールに吸い込まれ、レアル・マドリードが先制に成功する。88分にはセルヒオ・ラモスがPKを沈めて追加点を挙げる。試合はこのまま終了し、監督交代を敢行したレアル・マドリードがリーガ・エスパニョーラ6試合ぶりの勝利を飾った。

 次節、レアル・マドリードは11日に敵地でセルタと対戦。一方、バジャドリードは10日にエイバルをホームに迎える。

【スコア】
レアル・マドリード 2−0 バジャドリード

【得点者】
1−0 83分 キコ・オリバス(OG/レアル・マドリード)
2−0 88分 セルヒオ・ラモス(PK/レアル・マドリード)

【スターティングメンバー】
レアル・マドリード(4−3−3)
クルトワ;オドリオソラ、S・ラモス、ナチョ、レギロン;カゼミーロ(56分 イスコ)、クロース、モドリッチ;ベイル(71分 L・バスケス)、ベンゼマ、アセンシオ(73分 ヴィニシウス)

バジャドリード(4−2−2)
マシップ;モジャーノ(85分 チョプ)、オリバス、カレロ、ナチョ;アントニート、ミチェル、アルカラス、ビージャ(69分 ヴェルデ);スアレス(76分 プラノ)、ウナル
◆◇El Blanco Real Madrid 981◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1540939191/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナルとリバプール、白熱の上位対決は1-1ドロー!ラカゼット劇的同点ゴールでアーセナルが追い付く(関連まとめ)

ラカゼットが起死回生の同点弾!アーセナル、終盤に追いついてリバプールと価値あるドロー
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181104-04313580-gekisaka-socc
ラカゼット2018第11節ゴール.jpg


[11.3 プレミアリーグ第11節 アーセナル1-1リバプール]

 3日、プレミアリーグ第11節が行われ、エミレーツ・スタジアムではアーセナルとリバプールが対戦し、1-1で引き分けた。

 前節クリスタル・パレス戦で連勝記録がストップしたアーセナルは、10月31日のカラバオ杯ブラックプール戦からDFシュコドラン・ムスタフィとMFヘンリク・ムヒタリアンを除く9人を変更。MFメスト・エジルやFWピエール・エメリク・オーバメヤンといった主力が名を連ねた。対するリバプールは前節カーディフ戦から3人を入れ替え、DFジョー・ゴメスとDFアンドリュー・ロバートソン、MFジェームス・ミルナーを起用した。

 好調同士の上位対決。立ち上がりからゴールに迫ったアーセナルは前半15分、左サイドからオーバメヤンが右足で上げたクロスをGKアリソン・ベッカーと競り合いながらムヒタリアンがヘディングシュートを放つが、わずかにゴール右に外れる。リバプールは23分、敵陣中央の右サイドからFWモハメド・サラーがクロスを上げると、ゴール前に走り込んだDFフィルヒル・ファン・ダイクが胸トラップから右足シュートを放つが、GKベルント・レノに阻まれた。

 前半最大の決定機は45分。リバプールは敵陣中央右で獲得したFKからミルナーがゴール前に放り込むと、ファン・ダイクが飛び出したGKレノよりも一瞬早くヘディングシュートを放つ。これがゴール方向に飛んだが、惜しくも左ポストに当たり、前半はスコアレスに終わった。

 後半16分、ついにこの試合のスコアが動く。リバプールは左サイドを抜け出したMFサディオ・マネが左足でクロスを上げると、GKレノが弾いたボールをミルナーが右足で押し込み、1-0。リバプールが均衡を破った。29分には、サラーの左CKからフリーとなったファン・ダイクが強烈なヘディングシュートを放つが、これはGKレノに弾き出され、追加点とはならなかった。

 アーセナルはMFアーロン・ラムジー、FWアレックス・イウォビを投入するも、同点に追いつけず苦しい時間が続く。36分には最後の交代カードでDFセアド・コラシナツを下げてFWダニー・ウェルベックを入れ、攻撃の枚数を増やした。すると、直後の37分だった。イウォビがPA左へスルーパスを送ると、GKアリソンも飛び出していたがFWアレクサンドル・ラカゼットがボールをキープし、反転して右足を振り抜く。角度はあまりなかったが、右サイドネットに突き刺し、1-1。白熱の試合は引き分けに終わった。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1306】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1541269143/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドルトムント、ロイス先制ゴールを守り切りヴォルフスブルクに1-0勝利!香川真司は出場せず

香川ベンチ外のドルトムント、ロイス弾守って白星…首位快走/ブンデスリーガ第10節
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181104-00010001-goal-socc
ロイス2018第10節ゴール.jpg

ブンデスリーガ第10節が3日に行われ、首位のドルトムントはヴォルフスブルクと対戦している。なお、香川真司はメンバー外となった。

パコ・アルカセルが最前線に入り、その下にマルコ・ロイスを置く布陣を採用したドルトムント。立ち上がりこそ硬さを見せたが、試合は27分に動く。左サイドからジェイドン・サンチョがクロスを送ると、トーマス・ディレイニーが頭で折り返す。これをフリーとなってていたロイスが頭で押し込み、先制に成功する。

その後、試合はやや膠着し、ドルトムントが1点リードで最初の45分間を終える。後半に入っても、ドルトムントペースは変わらず、1点リードのまま試合は推移。何とか見せ場を作りたいヴォルフスブルクだが、逆にドルトムントのショートカウンターを浴びて決定的なシーンを作られてしまう。

それでも試合は結局最後まで動かず。ドルトムントが1-0で勝利し、首位固めに成功している。

■試合結果
ヴォルフスブルク 0-1 ドルトムント
■得点者
ドルトムント:ロイス(27分)

【BVB09】Borussia Dortmund 880【jjj】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1541021464/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:00 | 大阪 ☀ | Comment(16) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宇佐美も憧れた幻の日本代表選手…消えた天才サッカー少年は暴走族に「僕らの世代は全員あこがれています」

【テレビ】 消えた天才サッカー少年は暴走族に… 宇佐美貴史が「憧れた」幻の日本代表選手
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1541222640/
宇佐美インタビュー.jpg

1: 春の呪い ★ 2018/11/03(土) 14:24:00.87 ID:CAP_USER9.net

サッカー日本代表MF宇佐美貴史(26=デュッセルドルフ)が4日放送の“消えた天才”の第2の人生を追跡するTBSのドキュメントバラエティー「消えた天才」(日曜後6・30)に出演。中学時代にかなわなかった1学年上の天才サッカー少年の存在を明かす。

 ワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場し、2大会ぶりに16強入りしたチームに貢献した宇佐美。現在はドイツのデュッセルドルフでプレーし、日本を代表するサッカー選手の1人となった宇佐美だが、かつて同世代に「サッカーには才能が存在すると教えてくれた」伝説の選手がいたという。

 その天才は12歳以下、14歳以下の日本代表として、原口元気(27)らを控えに押しのけ主力選手として活躍。雑誌で特集が組まれるほどで、宇佐美は「本当に天才気質。学年は1つ上で、僕らの世代は全員あこがれています。(サッカーを続けていれば)絶対に日の丸は背負っていた。僕が海外でプレーできているぐらいなので、そんなレベルじゃない」と当時を振り返る。

 Jリーガーになることもなくサッカー界から姿を消した天才に何があったのか―。天才の今を知る者はなかなか見つからず、追跡は難航したが、番組は本人へのインタビューに成功。本人が「中学生でプロになれると確信」したにもかかわらず、サッカーをやめた理由を激白する。
さらに、サッカーをやめた後に一時は暴走族になっていたという波乱の人生も明らかとなる。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181103-00000089-spnannex-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☀ | Comment(25) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、マルシャル4戦連続ゴールとラッシュフォード劇的決勝弾でボーンマスに2-1逆転勝利!プレミア第11節(関連まとめ)

マルシャル4戦連発のマンチェスター・U、ラッシュフォードの劇的弾でボーンマスに辛勝/プレミアリーグ第11節
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181103-00010017-goal-socc
ラッシュ2018第11節ゴール.jpg

マンチェスター・ユナイテッドは3日、プレミアリーグ第11節でボーンマスとのアウェー戦を迎えた。

ここまで5勝2分け3敗で8位に位置するマンチェスター・Uが、同6勝2分け2敗で6位につけるボーンマスとのアウェー戦に臨んだ。マンチェスター・Uは2−1で勝利した前節のエヴァートン戦からラッシュフォードに代えてサンチェスをワントップとして起用。不調のルカクはベンチ外となった。

試合は早々の4分にボーンマスが決定機を迎える。バイタルエリアでスモーリングと入れ替わって抜け出したフレイザーがボックス内に進入。そのままシュートに持ち込んだが、GKデ・ヘアのファインセーブに阻まれる。

守護神の好守で難を逃れたマンチェスター・Uだが、ホームチームの圧力に押される。すると、10分にボーンマスが先行する。CKの流れから右サイドで最終ラインを破ったスタニスラスがクロス。正面でフリーになっていたカラム・ウィルソンが押し込んで、ボーンマスがリードを手にした。

ハーフタイムにかけてはマンチェスター・Uが反撃に出る。しかし、プレス強度の高いボーンマスを前になかなかアタッキングサードで崩せない。それでも、36分に同点弾。ハーフウェーライン付近でボールをカットしたサンチェスが右サイドのアシュリー・ヤングに展開。ボックス右に走りこんでリターンを受けたサンチェスが折り返したボールを正面のマルシャルが押し込む。マルシャルの4試合連続弾でマンチェスター・Uが追いついた。

1−1で迎えた後半も先にチャンスをつくったのはボーンマスだった。50分、左サイドで鋭い突破を見せたフレイザーの折り返しに正面のブルックスがヒール気味にシュート。これが枠を捉えたが、ここもGKデ・ヘアが驚異的な反応でセーブする。

逆にマンチェスター・Uは55分、ポグバとのワンツーでボックス左に抜け出したショーがGKと一対一に。しかし、シュートはベゴヴィッチに防がれ、この絶好機を活かせない。モウリーニョ監督は直後、フレッジとマタに代えてエレーラとラッシュフォードを投入。ラッシュフォードがトップに入り、サンチェスが右サイドに出た。

この交代でリズムを掴み始めたマンチェスター・Uは65分に立て続けに決定機。ボックス右手前でFKを獲得すると、キッカーのヤングが直接狙う。これがバーにはじかれると、こぼれ球をラッシュフォードがプッシュ。しかし、ゴール前のアケの身体を張ったブロックに遭う。さらにルーズボールをポグバが押し込みにいくも、シュートはゴールライン上でブルックスにクリアされる。

終盤は一進一退の攻防となる。しかし、GKデ・ヘアとGKベゴヴィッチの両者が好守を見せ続けたこともあってスコアは動かない。それでも、アディショナルタイム2分にマンチェスター・Uがねじ込む。左サイドで仕掛けたポグバがクロスを入れると、正面でボールを受けたラッシュフォードが相手DFの動きを冷静に見ながら落ち着いてネットを揺らした。

そして、試合はそのまま終了。この後、ユヴェントス(チャンピオンズリーグ・グループH第4節)、マンチェスター・シティ(プレミアリーグ第12節)とビッグマッチが続くマンチェスター・Uは、劇的弾で勝ち点3を手にしてリーグ連勝としている。

■試合結果
ボーンマス 1-2 マンチェスター・ユナイテッド

■得点者
ボーンマス:ウィルソン(10分)
マンチェスター・U:マルシャル(36分)、ラッシュフォード(90+2分

† Red Devils Manchester United 1321 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1541253692/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:00 | 大阪 ☀ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング