アンテナ・まとめ RSS

2018年11月08日

鹿島FW鈴木優磨、代表初選出に「とても光栄」同僚・内田篤人もポストプレーを称賛「日本で1位、2位じゃない?」

【サッカー】鈴木優磨(鹿島) 代表初選出に意気込む「とても光栄。全て出し切りたい」182cm/75kg 30試合11得点9アシスト
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1541631022/
鈴木優磨鹿島.jpg

1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/11/08(木) 07:50:22.08 ID:CAP_USER9.net

 ◇男子サッカー日本代表メンバー発表(2018年11月7日)

同じく初選出となった鹿島のFW鈴木は「日本代表のユニホームに袖を通し、国旗を胸に戦うのは初めての経験。
とても光栄に感じていますし、チームの勝利に貢献できるよう自分にできることを全て出し切りたい」とコメントした。

今季はJ1の30試合で11得点9アシスト。
夏に金崎が移籍してからは「俺もあの人のようにチームを勝たせられる選手になりたい」とエースとしての自覚が増していた。
ゴールだけでなく、アシストや攻撃の組み立てにも参加。DF内田が「日本で1、2位じゃない?」というポストプレーも魅力だ。
10日にイランでACL決勝第2戦ペルセポリス戦に臨み、帰国は12日夕方の予定。代表練習合流は1日遅れとなりそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00000025-spnannex-socc
11/8(木) 6:00配信

https://www.youtube.com/watch?v=tztoH11ObE0


鈴木 優磨(鹿島アントラーズ)のチャント【歌詞字幕付き】

https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/251000/250619/news_250619_1.jpg
https://www.football-zone.net/wp-content/uploads/2018/08/31638ee07daec797392301321d43a72d.jpg
http://sakanowa.jp/wp-content/uploads/2018/04/IMG_0347.jpg


※一部内容を修正しました

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:32 | 大阪 ☁ | Comment(18) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中島翔哉、レスターとサウサンプトンが獲得に興味!ポルトガル紙が報道

【サッカー】<日本代表MF中島翔哉>プレミア2クラブの関心を海外メディア報道!「魅力的なターゲット」違約金は51億円と報じられる
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1541674397/
中島ポルティモネンセ2018オレンジ.jpg

1: Egg ★ 2018/11/08(木) 19:53:17.43 ID:CAP_USER9.net

ポルティモネンセの日本代表MF中島翔哉は、今季もリーグ戦8試合で4得点3アシストと好調をキープしている。森保一監督率いる日本代表にも新体制発足から3カ月連続で招集されており、欧州での評価は急上昇中。ポルトガルメディアは中島のプレミアリーグ行きの可能性について報じている。

 ポルトガル移籍1年目の昨季に29試合で10得点12アシストという結果を残した中島は、2年目の今季も8試合で4得点3アシストと攻撃陣の中心としてチームを牽引。日本代表にもコンスタントに招集されるようになり、森保一監督の下では9月、10月とエースナンバー10を託されている。

 すでに欧州の強豪クラブからの関心が伝えられる中島。元ブラジル代表FWフッキ(上海上港)や現ポルティモネンセGMのポンテ氏の移籍を手がけたことでも知られ、ポルティモネンセの株主でもあるスポーツ・エージェントのフォンセカ氏は「多くのクラブからの関心があるが、(中島は)2022年夏まで契約更新をしたばかりだ。現在の違約金は4000万ユーロ(51億円)だ」と明かしていた。

 これまで、ポルトガルの強豪ベンフィカやMF香川真司が所属するドルトムント、シュツットガルト、ヴォルフスブルク、フランクフルト、セビージャなどが獲得に興味を示していると報じられていたが、新たに浮上したのがプレミアリーグの2クラブだ。

吉田が所属するサウサンプトンのほか、レスターも候補の一つに浮上

 ポルトガル紙「O JOGO」は、「ナカジマはイングランドへ行く道にいるかもしれない」と特集。「ショウヤ・ナカジマは欧州の複数クラブに称賛され、サウサンプトンはオファーを検討している」と日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンの名前を挙げている。

「24歳のアタッカーはポルトガルで2年戦い、シーズンの終わりにイングランドへアプローチすることもできるだろう。セインツ(サウサンプトンの愛称)、レスターがナカジマ獲得の見通しがあると言われている」

記事では、サウサンプトンがポルティモネンセの試合にスカウトを派遣し、最も直近は前節のベレネンセス戦だったと英メディアが伝えたとも紹介している。

 また、ポルトガル紙「A BOLA」も「ナカジマはプレミアリーグに行ける」として、「次の移籍市場で非常に魅力的なターゲットになるだろう」と今冬の移籍市場で注目銘柄になると予測している。

 国内の名門スポルティング・リスボン相手に2ゴール2アシスト(現地時間10月7日/4-2)を記録するなど強烈なインパクトを残している“小さな天才”。その認知度はワールドクラスと言っても過言ではない域に達しつつある。

11/8(木) 19:10配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181108-00146563-soccermzw-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20181108-00146563-soccermzw-000-2-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:14 | 大阪 ☁ | Comment(10) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U23日本、アジア選手権1次予選の対戦国が決定!ミャンマー、東ティモール、マカオと同組!他国は東京五輪懸け出場

【サッカー】<東京五輪の出場を懸けたU-23アジア選手権一次予選の組み合わせが決定!>日本の対戦国は?
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1541628887/
U21日本アジア大会.jpg
1: Egg ★ 2018/11/08(木) 07:14:47.48 ID:CAP_USER9.net

日本サッカー協会は11月7日、2020年にタイで開催されるU-23アジア選手権の一次予選の組み合わせ抽選の結果を発表した。同大会の本選は、2020年の3月に開催。東京五輪の予選も兼ねており、上位3チームにその出場権が与えられる。日本が3位以上になった場合は、4位までの国が出場権を得る。
 
 2019年3月にミャンマーで行なわれる一次予選で、グループIに入った日本は、ミャンマー、東ティモール、マカオと同組。同年3月22日にマカオ戦、24日に東ティモール戦、26日にミャンマー戦を行なう。なお、A代表の成績を基にした、それぞれのFIFAランキング(10月25日発表)は、ミャンマーが141位、東ティモールが191位、マカオが184位。50位の日本とは大きな開きがある。

一次予選の組み合わせは以下のとおり。(H)=予選開催国
 
【西ゾーン】
グループA:カタール(H)、オマーン、ネパール、アフガニスタン
グループB:パレスチナ、バーレーン(H)、バングラデシュ、スリランカ
グループC:イラク、イラン(H)、トルクメニスタン、イエメン
グループD:サウジアラビア(H)、UAE、レバノン、モルディブ
グループE:ヨルダン、シリア、キルギス、クウェート(H)
グループ F:ウズベキスタン(H)、タジキスタン、インド、パキスタン
 
【東ゾーン】
グループG:北朝鮮、香港、シンガポール、モンゴル(H)
グループH:韓国、オーストラリア、カンボジア(H)、台湾
グループI:日本、ミャンマー(H)、東ティモール、マカオ
グループJ:マレーシア(H)、中国、ラオス、フィリピン
グループK:ベトナム(H)、タイ、インドネシア、ブルネイ

11/7(水) 23:14配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181107-00049970-sdigestw-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(4) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプール、バルサFWデンベレの獲得に前向き(関連まとめ)

【サッカー】リヴァプール、バルサでの出場機会が少ないデンベレの獲得の可能性探る
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1541579559/
デンベレリバプール噂.jpg
1: pathos ★ 2018/11/07(水) 17:32:39.38 ID:CAP_USER9.net

FCバルセロナでのウスマン・デンベレの出場機会の少なさは、ヨーロッパの複数のクラブからの関心を集めている。数日前、『RAC1』は冬の移籍市場での移籍の可能性を報じていた。そして噂はさらに広まっている。

バルサはデンベレ売却を考えず

『Express』によると、フランス人フォワードの出場機会の少なさが、リヴァプールの興味を沸かせているようだ。

既に昨年、ユルゲン・クロップは「彼は売りに出ているのか?僕は気になっているよ」というコメントを残していた。このことからリヴァプールは、次の移籍市場でのデンベレの獲得に、非常に前向きなようである。

今のところデンベレは、2017年の夏にバルサが彼の獲得のために支払った、1億500万ユーロ(約136億円)と40%のボーナスという金額に見合ったパフォーマンスを見せられていない。ネイマールの代役として加入してから、この2シーズンにおいてカンプ・ノウで不安定なシーズンを送っている。

最初のシーズンは、怪我によって不運なシーズンを過ごし、先発として出場するという要求は今シーズンほど強くはなかった。しかしながら、21歳のフランス人は今シーズン、フル出場を果たしたのは1試合にとどまり、不安定なパフォーマンスや、先発の座を勝ち取っているアルトゥールの台頭もあり、エルネスト・バルベルデの信頼を失いつつある。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181107-00010016-sportes-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FIFA会長、欧州スーパーリーグ出場選手をW杯から除外の可能性があると警告

【サッカー】<FIFA会長>欧州スーパーリーグ出場選手をW杯から除外する可能性があると警告!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1541645163/
インファンティノ会長インタビュー.jpg
1: Egg ★ 2018/11/08(木) 11:46:03.26 ID:CAP_USER9.net

国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティノ会長は7日、構想中の欧州スーパーリーグに出場した選手をワールドカップ(W杯)などの大会から除外する可能性があると警告した。

先週、ドイツメディアによりスペイン1部レアル・マドリードやイングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド(マンU)などが、欧州の強豪16チームによるスーパーリーグを立ち上げ、欧州チャンピオンズリーグ(CL)に置き換える構想があるとレポートされた。

インファンティノ会長は「サッカーを保護し、クラブや世界のサッカー界にとって有益な解決策を考え出すことは、私たちの責任だ」と述べ、24チームへの拡大が検討されているクラブW杯がその回答であると述べた。

欧州スーパーリーグ構想に含まれているクラブの所属選手には、アルゼンチン代表リオネル・メッシやブラジル代表ネイマール、フランス代表キリアン・エムバペ、ポルトガル代表クリスティアノ・ロナルドら有力選手が含まれている。

11/8(木) 9:05配信 ロイター通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00000024-reut-spo

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20181108-00000024-reut-000-1-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キングカズ、ロベルト・バッジョと日本で再会!バッジョ「絶対にやめるな、プレーし続けろ」

【サッカー】<カズとバッジョ氏が日本で再会>「絶対にやめるな、プレーし続けろ、後ろから俺がカズの背中を力強く押してるから!」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1541607798/
カズとバッジョ.jpg
1: Egg ★ 2018/11/08(木) 01:23:18.06 ID:CAP_USER9.net

横浜FCのMF三浦知良がイタリアサッカー界のレジェンド、ロベルト・バッジョ氏と日本で再会した。 三浦の妻・りさ子さんが7日、自身のブログ(https://ameblo.jp/miura-risako/)で明かしている。

ブログによると、カズとバッジョ氏の再会のきっかけは長男の良太氏。 「良太のフットサル仲間からの繋がりで、ロベルトバッジオ氏が日本に来るらしいけどお父さんに会いたがってるらしいよ!との会話から、 主人も、俺も会いたいな!でプライベートで会う事が実現に」と日本での再会が実現したという。

りさ子さん自身もバッジョ氏のファンだったようで、カズがセリエAに挑戦していた当時のことについて、「ユベントス対ジェノバの試合の時にカズはいるか?とロッカールームに訪ねて来てくれた!と喜んでいた主人を思い出します」と2人の出会いを明かしている。

また、「25年も経ってるのにイタリア語が出てくる主人!凄い!私なんて、翻訳機でやっと思い出すくらいなのに…」といまだにイタリア語が話せるというカズの新たなエピソードも。 2人が肩を組んでいる写真やりさ子さんも含めた写真などを掲載し、仲睦まじい様子を伝えている。

カズとバッジョはともに1967年2月生まれの51歳。現役を続けるカズに対し、バッジョは熱いメッセージを残している。

「現役を続ける事は大変で苦しい時もあるだろうが、そんな時は俺の事を思い出してくれ、俺は続けたくても膝がダメで続けられなかった、今でもプレーしたいよ!だから後ろから俺がカズの背中を力強く押してるから!」

11/7(水) 14:36配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181107-04596036-gekisaka-socc

写真
https://stat.ameba.jp/user_images/20181107/09/miura-risako/ec/d2/j/o0719108014298660877.jpg?caw=800




バッジョとカズ.jpg

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(9) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、コパ・アメリカはU20主体で参加検討か 森保監督はA代表を熱望

【サッカー】日本代表 来年6月の南米選手権にU20主体プラン
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1541640021/
U19日本代表インドネシア大会.jpg

1: 豆次郎 ★ 2018/11/08(木) 10:20:21.92 ID:CAP_USER9.net

11/8(木) 8:37配信
日本代表 来年6月の南米選手権にU20主体プラン

 日本サッカー協会の技術委員会が7日に都内で開かれ、来年6月に日本が出場予定の南米選手権にU―20日本代表主体で臨むプランが議論された。

 実現すればFW久保らを擁する同代表が来年5月開催のU―20W杯ポーランド大会に出場後、ブラジルに直行する可能性がある。ただし、日本代表の森保監督はA代表での参戦を熱望している。また来季から導入予定の外国人枠拡大(J1は5人、J2、3は4人)、議論を続けているホームグロウン制度についても話し合われた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00000081-spnannex-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(17) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンC、ジェズスのハットトリックなどシャフタールを6-0粉砕!スターリングの”セルフPK獲得”も CL第4節

まさかの“セルフPK獲得”…ラッキー弾もあったシティ、攻撃爆発6-0でシャフタール撃破
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-04657576-gekisaka-socc
ジェズス2018CL第4節ハット達成.jpg


[11.7 欧州CLグループリーグ第4節 マンチェスター・C 6-0 シャフタール]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)のグループリーグ第4節が7日に開催され、F組首位のマンチェスター・シティ(イングランド)はホームで3位ホッフェンハイム(ドイツ)と対戦し、6-0で勝利した。3勝1敗で勝ち点9としたが、他会場でホッフェンハイム(ドイツ)とリヨン(フランス)が引き分けたため、決勝トーナメント進出の確定は次戦以降にお預け。第5節は27日に行われ、シティはリヨン、シャフタールはホッフェンハイムといずれもアウェーで対決する。

 シティは4日のプレミアリーグ第11節サウサンプトン戦(6-1)からスタメン3人を変更した。負傷のMFケビン・デ・ブルイネがメンバー外となり、FWセルヒオ・アグエロとFWリロイ・サネがベンチスタート。代わってMFリヤド・マフレズ、MFオレクサンドル・ジンチェンコ、FWガブリエル・ジェズスが先発起用された。

 スコアが動いたのは前半13分。マフレズがPA内右でキープしながら複数のDFを揺さぶり、右足で速いボールを折り返す。これをフリーのMFダビド・シルバが左足でプッシュし、1-0とした。

 前半24分にはドリブルでPA内左に切れ込んだFWラヒーム・スターリングがPKを獲得する。自らつまずいて転んだようにも見えたが、判定は覆らなかった。キッカーを務めたジェズスはGKの逆を突いて右足でゴール左へ。シティは幸運な形で追加点を手にした。

 2-0で前半を折り返すと、後半4分にはスターリングが守備ブロックの隙間でジンチェンコのパスを引き出し、スピードに乗ったドリブルで相手を振り切りながらPA内中央に進入。GKの位置を確認した上で右足のシュートをゴール右隅に突き刺し、早くも3点目を奪った。

 さらに後半26分、D・シルバがPA内でDFのスライディングを受けて倒され、PKを獲得。再びキッカーを任されたジェズスが同27分に右足でゴール左上に叩き込み、この日2点目で4-0とした。

 後半39分にはカウンターで3対2の状況を作り、途中出場のMFイルカイ・ギュンドガンがPA手前左から左足でクロス。ファーで受けたマフレズが胸トラップから右足で抑えたシュートを決め、リードを5点に広げた。

 シティのゴールラッシュは止まらない。後半アディショナルタイム2分、マフレズがボール奪取から素早くスルーパスを送り、走り込んだジェズスが右足でループシュート。前に出ていたGKを越えて無人のゴールに吸い込まれ、ジェズスのハットトリックで6-0の大勝を飾った。

マンチェスター・シティ 6−0 シャフタール・ドネツク
[得点者]
ダビド・シルバ(前半13分)   (マンC)
ガブリエル・ジェズス(前半24分 (マンC)
ラヒム・スターリング(後半4分) (マンC)
ガブリエル・ジェズス(後半27分)(マンC)
リヤド・マフレズ(後半39分)   (マンC)
ガブリエル・ジェズス(後半47分)(マンC)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11217518

【サッカー】UEFA-CL第4節2日目 ユベントス×マンU、レアル×プルゼニ、バイエルン×アテネ、マンC×シャフタール等
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1541627884/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル、ベンゼマ2ゴールなどプルゼニを5-0粉砕!ソラーリ暫定監督体制で公式戦無失点の3連勝

息を吹き返したレアルが5発大勝!暫定体制3試合で11得点無失点、GL突破に王手/CL第4節グループG
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181108-00000032-goal-socc
ベンゼマ2018CL第4節ゴール.jpg

チャンピオンズリーグ(CL)は7日に第4節が行われ、グループGではレアル・マドリーとヴィクトリア・プルゼニが対戦した。

ロペテギ前監督解任後、ソラーリ暫定指揮官体制のもとで公式戦2連勝中のレアル。この試合の前にローマがCSKAモスクワを2-1で下しているため、突破をほぼ確実なものにするためにも勝利が必要な一戦に臨んだ。

オドリオソラやレギロン、セバージョスら若手を起用したレアルは、20分に先制。左に流れていたベンゼマがドリブルでボックス内に侵入し、相手3人をかわしてシュートコースを作って冷静にネットを揺らした。

するとその3分後、レアルはリードを広げる。クロースのCKにカセミロが頭で合わせた。その後危ない場面を迎えたが、事なきを得ると37分に3点目。ショートCKからセバージョスがファーサイドに送ると、ベイルの折り返しからベンゼマが押し込んだ。さらに40分にはベイルがゴールを決め、三連覇中の王者が前半のうちに4点を奪って試合を決定づける。

余裕を持って試合をすすめるレアルは、62分にベンゼマに代えてヴィニシウスを投入。67分にはクロースがGKの頭上を越すシュートを決め、リードを5点に。相手を寄せ付けず、敵地で大勝を収めた。

レアルはこれでソラーリ暫定監督体制で3連勝を達成。その間11得点無失点を記録している。この勝利で勝ち点9に伸ばし、ローマと並んだ。3位のCSKAモスクワとは残り2試合で5ポイント差としており、突破をほぼ確実なものにした。

■試合結果

プルゼニ 0-5 レアル・マドリー

■得点者

プルゼニ:なし

レアル・マドリー:ベンゼマ(20分、37分)、カゼミロ(23分)、ベイル(40分)、クロース(67分)


【サッカー】UEFA-CL第4節2日目 ユベントス×マンU、レアル×プルゼニ、バイエルン×アテネ、マンC×シャフタール等
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1541627884/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:00 | 大阪 ☀ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【モウリーニョどや顔!】ユベントス、C・ロナウドがスーパーボレーも…マンUが劇的OGで2-1逆転勝利 CL第4節(関連まとめ)

C・ロナウドのスーパーボレーも…ユーベは終了間際の2失点で逆転負け
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181108-00296227-footballc-socc
モウリーニョ聞こえんなパフォ02.jpg

【ユベントス 1-2 マンチェスター・ユナイテッド CLグループステージH組第4節】
 
 現地時間7日にチャンピオンズリーグ(CL)グループステージH組第4節の試合が行われ、ユベントスはマンチェスター・ユナイテッドと対戦した。試合はホームのユベントスが1-2で敗れた。

 序盤は両チームともシュートチャンスを作れないが時間の経過と共にユベントスがペースを掴む。34分、クアドラードが右サイドでボールを受けシュート性のクロスを送るとDFに当たりコースが変わるがGKの素早い反応で事なきを得る。

 直後にはクリスティアーノ・ロナウドがペナルティーエリア右サイド奥深くからマイナスのボールを送るとケディラがダイレクトでシュート、しかしボールはポストに当たり惜しくも先制点とはならず。その後もセットプレーからチャンスを迎えるも無得点でハーフタイムへ。

 後半はユナイテッドが最初のチャンスを迎える。48分にマルシャルがペナルティーエリア近くからシュートを打つもボールは枠を捉えきれず。50分にはユベントスもディバラがペナルティーエリア内から得意の左足を振りぬくもボールはクロスバーに当たりこちらもゴールならず。

 膠着状態のなか65分、C・ロナウドの右足からスーパーゴールが生まれる。ボヌッチからのロングパスを走りながらダイレクトシュート、ボールはGKが一歩も動けずゴール右に決まる。リードしたユベントスは74分にカウンターからC・ロナウドからのパスを受けたクアドラードがペナルティーエリア内でフリーの状態からシュートを打つもボールはバーを越える。

 なかなかチャンスを作れなかったユナイテッドだが86分にゴール正面でFKのチャンスを得ると途中出場のマタが直接ゴールを決め同点に追いつく。勢いに乗ったユナイテッドは90分に左サイドからのFKをヤングが蹴るとボールはユベントスDFに当たりゴールイン、土壇場で逆転に成功する。

 結局このまま試合は終了、ユベントスは終了間際の2失点で逆転負けとなった。

【得点者】
65分 1-0 C・ロナウド(ユベントス)
86分 1-1 マタ(ユナイテッド)
90分 1-2 オウンゴール(ユナイテッド)

※タイトル変更しました

【サッカー】UEFA-CL第4節2日目 ユベントス×マンU、レアル×プルゼニ、バイエルン×アテネ、マンC×シャフタール等
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1541627884/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:33 | 大阪 ☀ | Comment(23) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イニエスタのサッカー教室、神戸市で開催も定員オーバー!北は北海道、南は九州まで応募殺到

【サッカー】<イニエスタ運営のサッカー教室>定員を大幅オーバー! 北海道から九州まで応募殺到
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1541576944/
イニエスタ子供握手.jpg
1: Egg ★ 2018/11/07(水) 16:49:04.83 ID:CAP_USER9.net

J1神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)が母国スペインで運営するサッカースクール「イニエスタ メソドロジー」が25日に神戸市西区のいぶきの森球技場で開催される。1日限定で日本では初となる試み。先月23日から行っていた参加者募集が6日午後5時に締め切られ、神戸は北は北海道、南は九州から定員80人を超える申し込みがあったと発表した。参加者は抽選で決められる。

 「イニエスタ メソドロジー」は世界を代表する名門バルセロナで活躍し、スペイン代表ではW杯南アフリカ大会優勝を成し遂げたイニエスタの独自のサッカースタイルやテクニック、ビジョンを次世代へと伝え、若手選手を育成ために開校された。

 J1神戸のスポーツパフォーマンスアドバイザーを務めるエミリ・リカルト氏(57)監修のもと、イニエスタ育成に携わったアルベルト・ベナイジェス氏(63)らから直接指導を受けられる特別な機会となる。

 また、トレーニング終了後の交流会にはイニエスタも参加予定で、世界的名手と触れ合える可能性もある。

 J1神戸は「イニエスタの加入がチームの強化だけでなく、日本サッカー界のさらなる活性化にもつながることを期待しており、若手選手を育成することも重要」とし、19年からの継続的な展開を計画しているという。

11/7(水) 13:42配信 デイリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181107-00000057-dal-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20181107-00000057-dal-000-2-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:11 | 大阪 ☀ | Comment(2) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング