アンテナ・まとめ RSS

2018年11月11日

堂安律、ロッベン張りの絶妙ゴラッソ!ダービー戦で芸術ミドル決めフローニンゲンの連勝に貢献!小林祐希との日本人対決制す(関連まとめ)

【サッカー】堂安律がダービー戦でゴール!小林祐の目の前で芸術ミドル叩き込み、フローニンゲンの2連勝に貢献/エールディビジ第12節
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1541942022/
堂安律第12節ゴール.jpg

1: 久太郎 ★ 2018/11/11(日) 22:13:42.16 ID:CAP_USER9.net

エールディビジは11日に第12節が行われ、フローニンゲンとヘーレンフェーンが対戦した。

開幕から2勝1分8敗と苦しみ、最下位のフローニンゲン。前節エクセルシオール戦では久しぶりの勝利を挙げたが、この試合でゴールを決めた堂安律はもちろん先発出場。いつも通り右サイドで、12試合連続の先発出場を果たした。

対するヘーレンフェンは、3勝5分3敗で9位に。小林祐希も12試合連続のスタメン入りを果たし、“北部ダービー”で日本人対決が実現した。

試合は両チームとも主導権を渡さず、前半半ばまでは膠着状態が続く。それでも27分、フローニンゲンが先制。マヒのアシストから、ヴァーメルダムが頭で決めた。

勢いに乗るフローニンゲンは、38分に追加点。マヒのパスを受けた堂安は、得意のドリブルから左に持ち運んでシュートコースを作ると、美しい弧を描くシュートを決めた。前節にもゴールを奪っていた堂安は、2戦連発となった。前半はフローニンゲンが2点リードして折り返す。

後半は、好プレーを見せる堂安への当たりが激しくなり、ピッチにうずくまる回数が増える。それでも、背番号7は右サイドで存在感を放ち、鋭いパスなどでチャンスを演出する。

劣勢のヘーレンフェーンは、57分に小林を下げてファン・ベルゲンを投入。状況の打開を測る。それでもフローニンゲンペースは変わらず、主導権を渡さない。堂安は引き続き右サイドで躍動し、得意のドリブルや懸命の守備でチームを牽引する。

試合はこのまま終了。フローニンゲンは、堂安の活躍もあって2連勝を記録。最下位を脱出し、16位に順位を上げた。

■試合結果

フローニンゲン 2-0 ヘーレンフェーン

■得点者

フローニンゲン:ヴァーメルダム(27分)、堂安(38分)

ヘーレンフェーン:なし

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181111-00000022-goal-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:49 | 大阪 ☁ | Comment(24) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なでしこJ、岩渕真奈2ゴールなどノルウェー代表に4-1快勝!来年の女子W杯に向け弾み

【女子サッカー】岩渕真奈が2得点!なでしこJ、4得点を奪いノルウェー女子代表に4-1快勝
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1541920694/
岩渕真奈2018ノルウェー戦ゴール.jpg

1: 久太郎 ★ 2018/11/11(日) 16:18:14.76 ID:CAP_USER9.net

国際親善試合が11日に行われ、日本女子代表(なでしこジャパン)がノルウェー女子代表を4−1で下した。

 試合は16分、横山久美がフリーキックを直接沈めてなでしこジャパンが先制する。27分には長谷川唯のパスに抜け出した岩渕真奈が追加点を挙げ、前半はなでしこジャパンの2点リードで終了する。

 後半に入るとノルウェー女子代表も反撃に出るが、なでしこジャパンは体を張った守備を見せてゴールを許さない。すると55分、今度はなでしこジャパンにチャンスが。中島依美のクロスを岩渕真奈が押し込み、試合を決定付ける3点目を奪う。63分には途中出場の籾木結花が左足でミドルシュートを叩き込み、ダメ押しの4点目を記録。81分にはイナ・ガウスダルのゴールでノルウェー女子代表に1点を返されるも、試合はこのままタイムアップ。大量4ゴールを奪ったなでしこジャパンが年内最後の活動を勝利で飾り、来年のFIFA女子ワールドカップに向けて大きな1歩を踏み出した。

【スコア】
日本女子代表 4−1 ノルウェー女子代表 

【得点者】
1−0 16分 横山久美(日本女子代表)
2−0 27分 岩渕真奈(日本女子代表)
3−0 55分 岩渕真奈(日本女子代表)
4−0 63分 籾木結花(日本女子代表)
4−1 81分 イナ・ガウスダル(ノルウェー女子代表)

【スターティングメンバー】
日本女子代表(4−4−2)
山下杏也加;清水梨紗、熊谷紗希、市瀬菜々(79分 有吉佐織)、鮫島彩;中島依美(78分 宮澤ひなた)、宇津木瑠美(46分 長野風花)、三浦成美、長谷川唯(78分 阪口萌乃);岩渕真奈(56分 菅澤優衣香)、横山久美(56分 籾木結花)

ノルウェー女子代表(4−4−2)
ヒェルムセット;モエ・ボル、レイネ(64分 ガウスダル)、ホフラン、ミンデ;グラハム、ビョーエ・リサ(74分 オースラン)、エンゲン、モーヌム(46分 ホーフィ);ウトラン(74分 ナウトネス)、レイテン

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181111-00861566-soccerk-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:55 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 女子サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本田圭佑、強烈先制ゴールで今季2得点目!メルボルンVをホーム初勝利に導く!試合後ウサイン・ボルトとのツーショットも

“本田圭佑無双”止まらず!今季2点目でメルボルンをホーム初勝利に導く/Aリーグ第4節
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181111-00010016-goal-socc

本田圭佑2018第4節.jpg


オーストラリア・Aリーグは11日に第4節が行われ、メルボルン・ビクトリーはセントラルコースト・マリナーズと対戦した。

開幕から1勝2敗と、スタートダッシュには失敗したメルボルン。今夏加入し、3試合でチームの全4ゴール(1ゴール、3アシスト)に関与する本田圭佑は、もちろん先発出場を果たしている。

試合開始前には、メルボルンの本拠地AAMIパークのファンは「Stand by me」を大合唱。素晴らしい雰囲気で始まった試合の序盤は、ホームチームがボールを握る展開に。対するマリナーズは、速攻をねらう。

積極的にボールに絡む本田は、7分に遠目の位置で前を向いてボールを持つと、スタンドのファンからは「シュート!」の掛け声が。左足で放ったミドルシュートはGKにキャッチされた。10分には飛び出しから前方にスペースが有る状況で受けたが、クロスは味方に合わなかった。

主導権を握るメルボルンは、12分にトロイージがミドルシュートを放つも、GKに防がれる。12分にはゴール前でFKを獲得すると、キッカーは本田。壁の上を越えて枠内へ向かったが、ここもGKに防がれた。その後も攻勢が続き、何度も決定機を作るもののゴールが生まれない。28分にはバルバロスがネットを揺らしたが、オフサイドの判定でノーゴールとなった。

すると30分、先制弾が生まれる。決めたのは本田。30分、高い位置でプレッシャーを掛けて相手のミスを誘発すると、奪いきって左足でGKとの一対一を制した。メルボルンは、35分にもトロイージが追加点。さらにブラウンが3点目を奪い、相手を圧倒。3点をリードして前半を折り返す。

後半もメルボルンが主導権を握る展開に。しかし62分、マリナーズがシャボウのゴールで1点を返す。

相手が攻勢をかける時間もあったが、メルボルンはそれ以上失点を許さず。終盤には本田のFKに見方が合わせたが、ポストに阻まれた。背番号4は随所に存在感を放ち、メルボルンを4-1の今季ホーム初勝利に導いている。

■試合結果
メルボルン 4-1 マリナーズ

■得点者
メルボルン:本田(30分)、トロイージ(35分)、ブラウン(前半AT)、ホープ(後半AT)
マリナーズ:シャボウ(62分)

【サッカー】<本田圭佑>豪州で今季2点目!相手ミス逃さず強烈先制弾
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1541927275/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:30 | 大阪 ☁ | Comment(12) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡崎慎司、途中出場しプレミア100試合出場を達成!レスターは0-0ドローで会長葬儀後初のホーム戦を飾れず(関連まとめ)

レスター、シュート22本もスコアレスドロー。岡崎はプレミア100試合出場達成
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181111-00296640-footballc-socc
岡崎2018第12節競り合い.jpg

【レスター 0 – 0 バーンリー】

 現地時間の10日にイングランド・プレミアリーグ第12節の試合が行われ、9位レスターがホームで15位バーンリーと対戦。レスターはシュート22本も放つも、0-0のスコアレスドローで試合が終わった。FW岡崎慎司は途中出場を果たし、プレミアリーグ100試合出場を達成した。

 前節のカーディフ戦で勝利したレスターは前半惜しいシーンを何度も作るも、得点には至らず。前半を折り返す。

 後半もホームで勝利が欲しいレスターは60分、MFマーク・オルブライトンに代えてFWケレチ・イヘアナチョを投入する。それでもゴールを奪えないレスターは84分にMFデマライ・グレイに代えて岡崎を投入。これで岡崎はプレミアリーグ100試合出場となった。

 投入直後、果敢に前線からプレスをかける岡崎。すると後半AT、左サイドのクロスボールに反応し、ヘディングシュートを放つもわずかにゴール左に外れる。10分程の出場だったが岡崎らしいプレーでチームを鼓舞するも、試合はそのままスコアレスドローに終わった。

レスター、会長逝去後初のホーム戦はスコアレスドロー…岡崎は途中出場
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181111-00861250-soccerk-socc

プレミアリーグ第12節が10日に行われ、9位レスターがホームで15位バーンリーと対戦。レスターは会長の逝去以来初となる本拠地キング・パワー・スタジアムでの一戦を迎えた。試合前にはサポーターが追悼行進を行い、クラブは追悼ビデオを流し、またキックオフ直前には黙祷の時間も取られ、アウェイのバーンリーも含め数万人の人が喪に服した。

 試合はレスターが会長に勝利を捧げるために猛攻を見せるが最後までゴールを奪えず。シュートを22本も放ったが、スコアレスドローで試合は終わった。なお、FW岡崎慎司は84分に途中出場。アディショナルタイムには惜しいヘディングシュートを放ったがゴールならなかった。

【スコア】
レスター 0−0 バーンリー

【スターティングメンバー】
レスター(4−2−3−1)
シュマイケル;ペレイラ、モーガン、エヴァンス(90分 ソユンク)、チルウェル;メンディ、ディディ;オルブライトン(60分 イヘアナチョ)、ゲザル、グレイ(84分 岡崎慎司);ヴァーディ

††【The Foxes】Leicester City FC†† part5
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1540662132/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:29 | 大阪 ☀ | Comment(5) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

町田、愛媛に完勝し3位キープ!首位松本も勝利しJ2上位陣は全勝!J2優勝・自動昇格・PO権は最終節にもつれる展開に J2第41節(関連まとめ)

【サッカー】J2第41節日曜昼 東京V×讃岐、山口×甲府、福岡×熊本 結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1541916252/
田中隼磨2018J2第42節ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2018/11/11(日) 15:04:12.78 ID:CAP_USER9.net

東京V 1−0 讃岐
[得点者]
38'井林 章(東京V)

スタジアム:味の素スタジアム
入場者数:10,529人
https://www.jleague.jp/match/j2/2018/111103/live/#live


山口 0−1 甲府
[得点者]
65'ジュニオール バホス

スタジアム:維新みらいふスタジアム
入場者数:8,145人
https://www.jleague.jp/match/j2/2018/111104/live/#live


福岡 1−0 熊本
[得点者]
9'石津 大介

スタジアム:レベルファイブスタジアム
入場者数:15,331人
https://www.jleague.jp/match/j2/2018/111107/live/#live


J2順位表
https://www.jleague.jp/standings/j2/



【サッカー】J2第41節日曜夕 水戸×岐阜、栃木×松本、徳島×新潟、愛媛×町田 結果
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1541924527/

1: 久太郎 ★ 2018/11/11(日) 17:22:07.65 ID:CAP_USER9.net

水戸 1−1 岐阜
[得点者]
28'ジェフェルソン バイアーノ(水戸)
60'ライアン デ フリース  (岐阜)
スタジアム:ケーズデンキスタジアム水戸
入場者数:7,056人
https://www.jleague.jp/match/j2/2018/111101/live/#live


栃木 0−1 松本
[得点者]
72'田中 隼磨(松本)

スタジアム:栃木県グリーンスタジアム
入場者数:11,562人
https://www.jleague.jp/match/j2/2018/111102/live/#live


徳島 0−0 新潟
[得点者]
なし
スタジアム:鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム
入場者数:5,735人
https://www.jleague.jp/match/j2/2018/111105/live/#live

愛媛 0−2 町田
[得点者]
86'中島 裕希      (町田)
90'ドリアン バブンスキー(町田)
スタジアム:ニンジニアスタジアム
入場者数:3,971人
https://www.jleague.jp/match/j2/2018/111106/live/#live

J2順位表
https://www.jleague.jp/standings/j2/



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:16 | 大阪 ☀ | Comment(6) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鹿島FW鈴木優磨、ACL大会MVPに選出!全14試合に先発出場し優勝に大いに貢献!日本人選手として史上4人目(関連まとめ)

【サッカー】<FW鈴木優磨>ACLのMVP受賞!日本人選手として史上4人目。全14試合にスタメン出場、前線の軸として奮闘し2得点をマーク
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1541910865/
鈴木優磨2018ACL大会MVP.jpg

1: Egg ★ 2018/11/11(日) 13:34:25.96 ID:CAP_USER9.net

鹿島アントラーズは現地時間10日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝、ペルセポリスとの敵地第2戦に0-0で引き分け、2戦合計2-0で悲願のアジア制覇を果たした。試合後に行われた表彰式では大会MVPが発表され、7日に日本代表に初選出されたばかりのFW鈴木優磨が受賞した。

 22歳の鈴木はこの日も先発出場し、後半33分までプレー。得点には絡めなかったものの、前線で巧みにボールをキープするなど存在感を発揮した。

 今大会を通じては全14試合に先発出場。前線の軸としてプレーし、2得点をマークした。

 ACLでの日本人選手の大会MVP受賞はこれで4人目。2007年の永井雄一郎(浦和)、08年の遠藤保仁(G大阪)、17年の柏木陽介(浦和)に次ぐ栄誉となった。

 今月16日のベネズエラ戦(大分)、20日のキルギス戦(豊田)に向けて、森保一監督率いる日本代表に初招集された若きストライカーが、ACLのMVPという勲章を引っ提げて合流する

11/11(日) 2:25 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181111-00147042-soccermzw-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20181111-00147042-soccermzw-000-2-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:25 | 大阪 ☀ | Comment(8) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル中井卓大、ダービー戦で決勝ゴール!アトレティコユース戦で2-1逆転勝利に貢献

【サッカー】中井卓大が“マドリード・ダービー”でゴール! 逆転弾で勝利に導く
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1541895859/
中井卓大2018レアル指示.jpg

1: 豆次郎 ★ 2018/11/11(日) 09:24:19.50 ID:CAP_USER9.net

11/11(日) 9:20配信
中井卓大が“マドリード・ダービー”でゴール! 逆転弾で勝利に導く

レアル・マドリード下部組織に所属する中井卓大(写真は昨季のもの) [写真]=Getty Images
 U−15日本代表メンバーにも招集されていたレアル・マドリードの下部組織(カデーテ)に所属する15歳のMF中井卓大が、“マドリード・ダービー”でゴールを決めた。

 11日、カデーテA(U−16)のリーグ戦で首位のレアル・マドリードは2位のアトレティコ・マドリードと対戦した。1−1で試合は進むと、中井卓大が左サイドからのクロスに中央でぴったり合わせゴール。2−1で試合は終わり、中井は逆転弾でチームを勝利に導いた。

 レアル・マドリードは第7節を終え全勝。2位アトレティコ・マドリードとの勝ち点差を「4」に広げた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181111-00861318-soccerk-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(7) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鎌田大地、絶妙ゴールなど2得点!今季8得点目で得点ランク4位に浮上!オイペン戦の4-1大勝に貢献!豊川先発、冨安フル出場、遠藤航は出場せず(関連まとめ)

【サッカー】<鎌田大地>2ゴールでシント=トロイデンの勝利に貢献!今季8点目で得点ランク首位に迫る
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1541884030/
鎌田大地2018第15節ゴール.jpg
1: Egg ★ 2018/11/11(日) 06:07:10.56 ID:CAP_USER9.net

シント=トロイデンの鎌田大地が初の1試合複数得点を記録し、勝利に貢献した。

シント=トロイデンは10日、ジュピラーリーグ第15節でオイペンと対戦。鎌田とシント=トロイデンDF冨安健洋は揃って先発し、オイペンのFW豊川雄太もスタメンに入り、日本人対決が実現した。

試合は開始13分に動く。相手のミスを突いたロマン・ベズースが前線へスルーパス。抜け出した鎌田が飛び出してきたGKより一瞬先に触り、ゴールを陥れる。鎌田にとっては2試合連続ゴールとなった。

その後、右サイドからのクロスに巧みに合わせた鎌田が2点目をマークしたと思われたが、オフサイドで取り消しに。それでも、44分にシント=トロイデンは追加点をマークして2点リードで前半を終える。

後半に入った55分、FKからトリックプレーで抜け出した鎌田が、左サイドの角度のないところから右足のインサイドでゴール右に突き刺し、今度こそ正真正銘の2点目をマークし、初の1試合複数得点を記録。今季8ゴール目となった。得点ランク首位は10ゴールで、鎌田はあと2点と迫っている。

その後、オイペンがルイス・ガルシアのFKで1点を返すものの、シント=トロイデンのFWヨハン・ボリが貴重な追加点を挙げて勝負あり。シント=トロイデンが4-1と快勝で連勝を飾っている。

鎌田は87分にお役御免、冨安はフル出場し、MF遠藤航は出番なしとなった。オイペンの豊川は65分に途中交代となっている。

11/11(日) 5:59配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181111-00000049-goal-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20181111-00000049-goal-000-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 | Comment(18) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドルトムント、ロイス2ゴールなどバイエルンとの「デア・クラシカー」に3-2逆転勝利!香川真司は出場せず

“デア・クラシカー”はドルトムントに軍配! バイエルンに逆転勝利
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181111-00861245-soccerk-socc
ロイス2018第11節ゴール.jpg


10日、ドイツ・ブンデスリーガ第11節でドルトムントとバイエルンによる“デア・クラシカー”が行われた。

 今シーズン、リーグで7年ぶりとなる連敗を喫するなど不調が垣間見えるバイエルンと、公式戦15試合無敗を記録するなど好調ドルトムントが、ドルトムントの本拠地ジグナル・イドゥナ・パルクで相まみえた。

 試合はポゼッションのバイエルンと、ショートカウンターのドルトムントという対立的な入り方で進むと、試合を動かしたのはアウェイのバイエルンだった。26分、右サイドからのクロスに反応したはエースのロベルト・レヴァンドフスキ。中央でフリーになると、頭で合わせバイエルンに先制点をもたらした。

 その後も素早い攻守の切り替えと安定したボールポゼッションでバイエルンが主導権を握り、1−0で試合を折り返す。ドルトムントは後半開始時にユリアン・ヴァイグルを下げ、マハムド・ダフードを投入した。

 すると後半開始わずか3分、サンチョのスルーパスに抜け出したロイスがマヌエル・ノイアーに倒されPKを獲得。これを倒されたロイス自らゴール右へと冷静に沈め、ドルトムントが同点に追いついた。

 しかし52分、バイエルンがあっさりと勝ち越す。再び右サイドを崩すと最後はまたもレヴァンドフスキ。キミッヒのチップキックのクロスに最後はエースが頭で押し込みバイエルンが2−1とした。

 再び1点ビハインドとなったドルトムント。しかし、ロイスが黙っていなかった。67分、右サイドからの低いクロスにロイスがゴール前でダイレクトで合わせ、ドルトムントが再び試合を振り出しに戻した。

 追いついたドルトムントは波に乗ると73分、自陣でジェイドン・サンチョがボールを奪うと、ショートカウンターでパコ・アルカセルが抜け出し、ノイアーとの1対1を冷静に沈めゴール。ドルトムントがあっという間に逆転に成功した。

 追いつきたいバイエルンは選手交代で変化をつけるがゴールは遠く。ドルトムントが逃げ切り、重要な一戦で逆転勝利を果たした。

 これでドルトムントは勝点を27に伸ばし、首位の座を堅持。バイエルンとの勝ち点差を「7」に広げた。なお、MF香川真司は今節ベンチ外となっている。

【スコア】
ドルトムント 3−2 バイエルン

■得点者
0−1 26分 レヴァンドフスキ(バイエルン)
1−1 48分 ロイス(ドルトムント)
1−2 52分 レヴァンドフスキ(バイエルン)
2−2 67分 ロイス(ドルトムント)
3−2 73分 パコ・アルカセル(ドルトムント)

【スターティングメンバー】
ドルトムント(4−2−3−1)
ヒッツ;ピシュチェク、ザガドゥ、アカンジ、ハキミ;ヴィツェル、ヴァイグル(46分 ダフート);サンチョ、ロイス、ラーセン(82分 デラネイ);ゲッツェ(59分 P・アルカセル)

バイエルン(4−5−1)
ノイアー;キミッヒ、ボアテング、フンメルス(65分 ズーレ)、アラバ;マルティネス、ゴレツカ、ニャブリ(74分 R・サンチェス)、ミュラー(82分 ヴァーグナー)、リベリー;レヴァンドフスキ

FC BAYERN (XXXXX) MUNCHEN EV 272
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1541874596/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:08 | 大阪 | Comment(17) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【タカシ、オメデト、タカシ】宇佐美貴史、絶妙ゴラッソで今季初ゴール!デュッセルドルフを7戦ぶりの勝利に導く(関連まとめ)

【サッカー】宇佐美貴史が今季初ゴールでフォルトゥナを7試合ぶり勝利に導く!大迫、久保は出場せず/ブンデスリーガ第10節
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1541867223/
宇佐美2018第11節ゴール.jpg

1: 久太郎 ★ 2018/11/11(日) 01:27:03.47 ID:CAP_USER9.net

ブンデスリーガは10日に第10節が各地で行われた。

フォルトゥナ・デュッセルドルフは、ホームでヘルタ・ベルリンと対戦。4-1で勝利した。

宇佐美貴史は前節に続いて先発したが、前半は守備に追われる時間が多く、なかなか持ち味を生かす場面が訪れない。30分過ぎにボックス手前からミドルを放ったが、枠を外れた。終了間際に相手が退場者を出したが、前半はスコアレスで折り返す。

すると50分、宇佐美に待望の今季初ゴールが生まれる。左サイドからのパスをボックス内でフリーで受けると、左足を振り抜く。強烈な一撃がネットに突き刺さった。勢いに乗るフォルトゥナは、63分にヘニングスが、84分、92分にラマンが加点。終盤に1点を返されているが、4-1で勝利を収めている。

リーグ戦6連敗中のフォルトゥナだったが、これが7試合ぶり2度目の白星に。宇佐美はゴールという結果で貴重な勝利に大きく貢献している。

ブレーメンは、ホームでボルシアMGと対戦。1-3と敗れている。

ここまでリーグ戦6試合先発が続いていた大迫勇也だったが、この日はベンチスタートに。チームは前半のうちにプレアのゴールを許すと、その後52分までにプレアにハットトリックを達成される苦しい展開に。59分にシャヒンが1点を返したが、反撃もここまで。ブレーメンは、これでリーグ戦3連敗となった。なお、大迫に出場機会は訪れなかった。

また、ニュルンベルクFW久保裕也は、シュトゥットガルト戦でベンチ外に。チームは0-2と敗れている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181111-00000042-goal-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 | Comment(17) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【鹿島おめでとう】鹿島、悲願のACL初優勝!鉄壁の守備で90分守り切り20冠達成!ACL決勝第2戦(関連まとめ)

鹿島、クラブ史上初のACL優勝! 悲願のアジア制覇で節目の“20冠”達成!
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181111-00861106-soccerk-socc
レオシルバ2018ACL決勝第2戦.jpg


 AFCチャンピオンズリーグ決勝第2戦が10日に行われ、ペルセポリス(イラン)と鹿島アントラーズが対戦した。

 今月3日、鹿島のホームで行われた決勝第1戦はレオ・シルバとセルジーニョの得点で2−0と先勝した。2点のアドバンテージがあるため、引き分け以上で文句なしの優勝。1点差以内の負け、1点以上を奪っての2点差負けでもクラブ史上初のACL制覇が決まる。

 前半はホームの大声援を受けるペルセポリスが攻勢に出るも、GKクォン・スンテの好セーブでゴールを許さず。後半も粘り強い守備で最後まで得点を与えず、決勝第2戦はスコアレスでタイムアップ。

 この結果、2試合合計0−2で鹿島がクラブ史上初のACL制覇を成し遂げた。現行のACLでは浦和レッズ、ガンバ大阪に続き3クラブ目のアジア制覇。昨年は浦和がACLを制しており、Jリーグ勢連覇となった。また鹿島は今回のタイトルで節目の20冠を達成している。

 鹿島はアジア王者として12月12日から22日までUAE(アラブ首長国連邦)で開催されるFIFAクラブワールドカップ2018への出場が決定した。

【スコア】
ペルセポリス 0−0(2試合合計 0−2)鹿島アントラーズ

【スターティングメンバー】
鹿島(4−4−2)
クォン・スンテ:西大伍、チョン・スンヒョン、昌子源、山本脩斗:三竿健斗、レオ・シルバ、土居聖真(68分 安西幸輝)、安部裕葵(90+3分 金森健志):セルジーニョ、鈴木優磨(78分 永木亮太)


【サッカー】鹿島アントラーズ悲願のアジア初制覇!! クラブ史上初のACL優勝
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1541868738/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 02:23 | 大阪 | Comment(24) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング