アンテナ・まとめ RSS

2018年11月12日

J2新潟、白血病のDF早川史哉との契約再開を発表!「トップレベルに十分対応できるフィジカル」(関連まとめ)

J2・アルビ新潟、早川選手の契約再開 白血病治療「トップに十分対応」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-00000588-san-l15
早川新潟丸坊主.jpg

サッカーJ2のアルビレックス新潟は12日、白血病と闘病しているDF早川史哉(ふみや)選手(24)について、昨年1月からの選手契約の凍結を解除すると発表した。クラブの中野幸夫社長は「早川選手がトップレベルに十分対応できるフィジカルであることを確認し、総合的な判断のもと解除を決断した」としている。

 早川選手は新潟市出身で、筑波大を経て平成28年に入団。同年春に急性白血病と診断され、同年11月には骨髄移植を受けた。退院後はクラブの練習場でランニングをするなどリハビリに励んできた。クラブによると、今年8月からトップチームに合流し10月には対外試合にも出場。主治医、家族との協議、本人の意思も踏まえた上で凍結解除を決断したという。契約の凍結解除後も経過観察などの治療は継続するとしており、クラブでバックアップしていくという。

 また、クラブが28年6月に開設した早川選手を応援する基金の窓口が今月12日で閉鎖されたことも併せて発表された。クラブによると、支援基金の総額は9日時点で2723万9305円に達している。

 早川選手はクラブを通じてコメントを発表し、「契約再開までの出来事は、僕一人では決して成し遂げることはできませんでした。ご支援いただきました全ての皆様に、深く御礼申し上げます」と、サポーターらに感謝の意を示した。その上で、「これからも自分が大事にしている『誠実』『全力前進』という言葉を胸に、一日一日を大切に過ごしていきたいと思います」と決意を新たにした。

 17日にデンカビッグスワンスタジアム(新潟市中央区)で行われるレノファ山口FC戦の際は、早川選手による来場者へのあいさつなどが予定されている。(太田泰)

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11174
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1541985029/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:48 | 大阪 ☁ | Comment(5) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、ムヒタリアン同点ゴールで追い付きウルバーハンプトンと1-1ドロー!GKレノが好セーブ連発

アーセナル、ホームでウルブス相手にドロー…ムヒタリアンが同点弾
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-00862162-soccerk-socc
ムヒ2018第12節シュート.jpg

 プレミアリーグ第12節が12日に行われ、アーセナルがウルヴァーハンプトン・ワンダラーズと1−1で引き分けた。7勝2分け2敗で5位につけるアーセナルは、4勝3分け4敗で11位のウルヴァーハンプトン・ワンダラーズをホームで迎える。今シーズン好調ぶりを見せていたアーセナルだが、直近の公式戦過去4試合中3試合が引き分けと、失速気味となっている。

 先制点を決めたのは今シーズンからプレミアリーグに昇格したウルヴァーハンプトン・ワンダラーズだった。13分、イヴァン・カヴァレイロがゴールを奪い、そのままハーフタイムを迎える。後半に入り、アーセナルの敗北が見えてきたかのようにも思えたが86分にヘンリク・ムヒタリアンの左サイドからのクロスが誰にも合わさることなくボールはゴールへと吸い込まれていった。

 アーセナルは公式戦3試合連続引き分けとなり、4位のトッテナムとは勝ち点3差と、チャンピオンズリーグ出場圏内がやや遠ざかってしまった。次節アーセナルはアウェイでボーンマスと対戦し、ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズはホームでハダースフォールドを迎える。

【スコア】
アーセナル 1−1 ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ

【得点者】
0−1 13分 カヴァレイロ(ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ)
1−1 86分 ムヒタリアン(アーセナル)

【スターティングメンバー】
アーセナル(4−2−3−1)
レノ;ベジェリン、ムスタフィ、ホールディング、コラシナツ(76分 ムヒタリアン);ジャカ、トレイラ;オーバメヤン、イウォビ(45分 ゲンドゥージ)、エジル(75分 ラムジー);ラカゼット

ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ(3−4−3)
パトリシオ;ベネット、コーディ、ボリー:ドハーティ、ネヴェス、モウティーニョ、オット;カヴァレイロ(61分 ジョッタ)、コスタ(75分 トラオレ)、ヒメネス(85分 ギブス・ホワイト)

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1308
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1541948561/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:40 | 大阪 ☁ | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長谷部誠、シャルケ戦3-0完封勝利に貢献!独誌が特集したリベロ起用不敗神話を継続!「ディフェンスのボス」(関連まとめ)

【サッカー】<長谷部誠は「ディフェンスのボス」>ドイツ紙がリベロ起用の“不敗神話”に着目!リーグ戦6試合無敗「要注意人物」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1541945795/
長谷部2018ホームユニ.jpg
1: Egg ★ 2018/11/11(日) 23:16:35.90 ID:CAP_USER9.net

フランクフルトは現地時間11日、ブンデスリーガ第11節でシャルケと対戦する。9月27日にボルシアMG戦(1-3)で敗れて以降、公式戦8勝1分と好調を維持しているが、ドイツ紙は元日本代表MF長谷部誠を「ディフェンスのボス」と称して要注意人物に挙げている。

 ロシア・ワールドカップ後に日本代表引退を表明した長谷部。開幕3試合は今季就任したアディ・ヒュッター監督が4バックを採用したこともあって出番のなかった長谷部だが、3バックにシフトし始めたリーグ第4節RBライプツィヒ戦(1-1)で初スタメン。そこからチームは4勝2分1敗と右肩上がりで、暫定6位につけている。

 第5節ボルシアMG戦(1-3)はボランチでの出場だったが、それ以外の6試合は全てリベロ起用。最終ラインの中央に入った際は無敗(4勝2分)をキープしている。11日には14位シャルケと対戦するが、ドイツ紙「Hessenschau」は「要注意人物」として長谷部を挙げている。

「ディフェンスのボス、マコト・ハセベ。34歳の日本人が最終ラインを牽引し、チームは好調を維持している。3バックで使われてから負けはない」

 3バックのリベロとして絶大な存在感を見せる長谷部は、さらなる躍進を狙うチームの中心に間違いなくいる。

11/11(日) 20:40 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181111-00147272-soccermzw-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20181111-00147272-soccermzw-000-2-view.jpg




長谷部が2試合連続完封勝利に貢献、堅守で好調フランクフルト支える
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-05018747-gekisaka-socc

[11.11 ブンデスリーガ第11節 フランクフルト3-0シャルケ]

 ブンデスリーガ第11節3日目が11日に行われ、MF長谷部誠が所属するフランクフルトがホームでシャルケと対戦し、3-0の完封勝利を収めた。長谷部は3バックの中央で先発し、8試合連続のフル出場を果たした。

 リベロの位置で先発した長谷部は相手のカウンターに落ち着いて対応。前半を無失点に抑えると、後半は精度の高い縦パスを前線に配給し、ビルドアップにも効果的に絡んだ。

 フランクルトは後半16分にFWルカ・ヨビッチのゴールで先制に成功。ヨビッチは後半28分にも左クロスを左足ボレーで完璧に捉え、技ありゴール。今季9点目でドッペルパック(1試合2得点)を達成した。

 最後まで攻撃の手を緩めず、後半35分には右CKの流れでゴール前の混戦からFWセバスチャン・アレが押し込み、とどめを刺した。フランクフルトは3-0で完封勝利をおさめ、公式戦8試合無敗(7勝1分)と好調を維持している。

※一部編集し直しました
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☔ | Comment(13) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル、ベンゼマ絶妙先制ゴールなどセルタに4-2快勝!ソラーリ暫定監督の下、公式戦4戦全勝(関連まとめ)

レアルが打ち合い制す! ソラーリ新政権、セルタ下し公式戦4戦全勝
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-00861894-soccerk-socc
ベンゼマ2018第12節ゴール.jpg

 リーガ・エスパニョーラ第12節が11日に行われ、レアル・マドリーは敵地でセルタに4−2で快勝した。

 ソラーリ監督が暫定で指揮を執るようになってから3試合全勝中の6位レアル・マドリードは、この日もギャレス・ベイル、カリム・ベンゼマを起用。いつもの4−3−3を採用し、13位セルタとのアウェイ戦に挑んだ。

 試合がはじまるとアクシデントが発生。19分、カゼミーロが負傷で交代を求め、ダニ・セバージョスがピッチへ投入された。

 そして24分、ベンゼマが絶妙な抜け出しとファーストタッチからゴラッソ。レアル・マドリードに先制点をもたらした。同選手は今季公式戦10点目、ここ6試合では5得点と好調ぶりを見せている。

 45分、先制したレアル・マドリーにまたもアクシデント。セルヒオ・レギロンが負傷し、代わりにハビ・サンチェスがセンターバックに入り、同ポジションでプレーしていたナチョ・フェルナンデスが左サイドバックを急遽務めた。

 1点リードで折り返したレアル・マドリードは56分、オウンゴールで追加点奪取に成功したが、5分後にはソラーリ体制4試合目にして初の失点。2−1で試合終盤にもつれ込むと、70分にナチョが負傷し、交代3枠すべてをアクシデントで使い切ることになった。

 83分、レアル・マドリードがPKを獲得すると、キッカーのセルヒオ・ラモスがチャンピオンズリーグ(CL)同様にパネンカ(チップキック)で決め、3−1に。91分にはセバージョスが強烈なシュートでチーム4得点目をマークした。

 94分にレアル・マドリードは失点を許したが、2点差で試合終了のホイッスル。リーガ・エスパニョーラ連勝を果たし、ベティス戦を落とした首位バルセロナとの勝ち点差を「4」に縮めている。

【スコア】
セルタ 2−4 レアル・マドリード

【得点者】
0−1 23分 ベンゼマ(レアル・マドリード)
0−2 56分 カブラル(OG)(レアル・マドリード)
1−2 61分 マージョ(セルタ)
1−3 83分 セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)
1−4 90+1分 セバージョス(レアル・マドリード)
2−4 90+4分 メンデス(セルタ)

【スターティングメンバー】
レアル・マドリード(4−3−3)
クルトワ;オドリオソラ、ナチョ(71分 アセンシオ)、S・ラモス、レギロン(45+1分 J・サンチェス);カゼミーロ(19分 ダニ・セバージョス)、クロース、モドリッチ;L・バスケス、ベイル、ベンゼマ

【サッカー】レアル・マドリー、セルタとの打ち合い制す!ソラーリ就任から公式戦4連勝
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1541973557/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☔ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、川崎MF守田英正を追加招集…広島MF青山敏弘が負傷辞退

【サッカー】<日本代表>青山敏弘(サンフレッチェ広島)がケガのため不参加に…代わって守田英正(川崎フロンターレ)を追加招集
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1542004509/
守田日本代表.jpg
1: Egg ★ 2018/11/12(月) 15:35:09.96 ID:CAP_USER9.net

JFA(日本サッカー協会)は12日、日本代表メンバーの選手変更を発表した。

 発表によると、MF青山敏弘(サンフレッチェ広島)がケガのため不参加となり、代わって守田英正(川崎フロンターレ)が招集されることとなった。

 日本代表は、来年1月に開催されるアジアカップ前最後のテストマッチとして、16日にベネズエラ代表、20日にキルギス代表と対戦する。

 変更後のメンバーは以下の通り。

■GK
東口順昭(ガンバ大阪)
権田修一(サガン鳥栖)
シュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)

■DF
槙野智章(浦和レッズ)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
佐々木翔(サンフレッチェ広島)
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
山中亮輔(横浜F・マリノス)
室屋成(FC東京)
三浦弦太(ガンバ大阪)
冨安健洋(シント・トロイデン/ベルギー)

■MF
原口元気(ハノーファー/ドイツ)
柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
遠藤航(シント・トロイデン/ベルギー)
伊東純也(柏レイソル)
中島翔哉(ポルティモネンセ/ポルトガル)
南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)
三竿健斗(鹿島アントラーズ)
堂安律(フローニンゲン/オランダ)
守田英正(川崎フロンターレ)※青山敏弘(サンフレッチェ広島)に代わって招集

■FW
大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)
鈴木優磨(鹿島アントラーズ)
北川航也(清水エスパルス)

11/12(月) 14:04配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-00862100-soccerk-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☔ | Comment(11) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鹿島DF昌子源、仏1部トゥールーズに今冬移籍へ!移籍金は推定300万ユーロ(3億8700万円)(関連まとめ)

【サッカー】<DF昌子源(鹿島)>今冬フランス1部トゥールーズへ 移籍金はJクラブ日本人DF最高額
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1541968753/
昌子源2018ACL決勝.jpg

1: Egg ★ 2018/11/12(月) 05:39:13.79 ID:CAP_USER9.net

◆アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝第2戦 ペルセポリス0―0鹿島=2戦合計2―0=(10日・テヘラン)

 【テヘラン(イラン)10日=岡島智哉】鹿島は敵地での第2戦でペルセポリス(イラン)と0―0で引き分け2戦合計2―0とし、クラブ史上初のアジア制覇達成。
フル出場で20冠に貢献したが今冬、フランス1部・トゥールーズへの完全移籍が有力になったことが判明した。
今夏から2度にわたり正式オファーが届いており、移籍金はJクラブからの海外移籍では日本人DF史上最高額とみられる推定約300万ユーロ(約3億8700万円)。アジアを制し、最高の評価を受け世界に挑む。

 熱狂の渦と化した10万人の観衆が、ため息とともに押し黙った。試合終了の笛と同時に訪れた5秒間の静寂。鹿島の選手たちの雄たけびだけがこだました。
敵地で完封した昌子は守備陣で肩を抱き合うと、力が抜けて動けないGK権を引き起こし、大岩剛監督(46)と涙で顔をぬらしながら抱き合った。
「本当に欲しかったタイトル。鹿島に残っている仲間や家族、サポーターのために戦わなくちゃいけなかった」

 2点のリードで迎えた決勝第2戦。相手が前がかりに来るのは分かりきっていた。ひたすらロングボールを放り込まれ、「センターバックが一番しんどい試合ってなかなかない」と苦しい時間を耐えた。
味方へのコーチングも声援にかき消され、「脩斗くん!(DF山本)って10回言った。(声が伝わらず)見向きもされなかった」。身ぶり手ぶりで守備陣を鼓舞し、体を投げ出して最後までゴールを割らせなかった。

 悲願であるクラブ初のアジア制覇を成し遂げ、いよいよ自らの思いを実行に移す。今夏のロシアW杯で3試合にフル出場し、日本代表の最終ラインで存在感を示すと、
直後にトゥールーズ、同じくフランス1部のストラスブールから正式オファーが届いた。鹿島での成長を描いていたが、W杯を経験し代表の先輩や同僚から助言を受け、海外へ挑戦する思いが強まった。

 鹿島はW杯後にDF植田直通(24)が同時期にベルギー1部セルクル・ブルージュへ移籍。「お前の代わりを見つけるのは無理だ」と強い慰留を受け、いったんは思いを封印した。
「夏にオファーを受けた時に鹿島に残った最大の目的が、ACLを取ることだったと思う。みんなの信頼に応えたかった」。負傷で離脱した時期もあったが、すべてを乗り越えてつかんだ20冠だった。

 関係者によると、移籍金は推定約300万ユーロ。DFでは過去最高額となる見通しだ。身体能力やコミュニケーション能力が求められ、日本人に不向きとも言われるセンターバックで最高クラスの評価を得た。
鹿島は欠かせない戦力として慰留に努める方針だが、フランスリーグの強豪パリSGにはロシアW杯優勝に貢献したフランス代表FWエムバペ、ブラジル代表FWネイマールら世界屈指の攻撃陣が所属。“鹿島魂”を胸に新たな戦いに進んでいく。

11/12(月) 5:03配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-00000034-sph-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20181112-00000034-sph-000-view.jpg"


2: Egg ★ 2018/11/12(月) 05:39:25.01 ID:CAP_USER9.net

 ◆日本人の移籍金メモ 日本人Jリーガーが海外移籍した際の移籍金最高額は、中田英寿が平塚(現湘南)からペルージャ(イタリア)に移籍した時の5億円といわれる。
次いで、小野伸二が浦和からフェイエノールト(オランダ)に移籍した際の4億5000万円が続く。中盤の選手に比べ、身長の高さが求められるDFは、高い移籍金が支払われていない。内田篤人が鹿島からシャルケ(ドイツ)に、酒井高徳が新潟からシュツットガルト(同)に、酒井宏樹が柏からハノーバー(同)に、それぞれ移籍した際の1億5000万円前後が最高とみられる。移籍金の日本人最高額は、ローマからパルマに移籍した中田の約33億円とみられる。(金額は推定)

 ◆昌子 源(しょうじ・げん)1992年12月11日、神戸市生まれ。25歳。地元のフレスカ神戸でサッカーを始め、G大阪ジュニアユースを経て米子北高へ進学。2011年に鹿島入りし、
12年3月24日の広島戦でJ1デビュー。対人守備、スピード、フィード力を備えたセンターバック。父・力さんは姫路独協大サッカー部監督で日本協会公認で最上位の指導者S級ライセンスを持つ。ロシアW杯日本代表。182センチ、74キロ。既婚。

 ◆トゥールーズ 1970年創立。フランス南部トゥールーズに本拠を置く。ホームはムニシパルスタジアム(3万5472人収容)で、98年フランスW杯の日本―アルゼンチン(0●1)、
07年ラグビーW杯の日本―フィジー(31●35)も開催。過去にバルセロナでも活躍した元フランス代表DFマテュー、MFシソコらが在籍。チームカラーは紫。今季は13節を終え、3勝5敗5分けで20チーム中15位。
同リーグには現在、2人の日本人選手が在籍。マルセイユに日本代表DF酒井宏樹が、ストラスブールにGK川島永嗣が所属する。




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:38 | 大阪 ☁ | Comment(18) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユベントス、ミランに快勝!C・ロナウドがまたもゴール!ミランはイグアインがPK失敗と痛恨退場(関連まとめ)

【サッカー】セリエA第12節 ユヴェントスがミランを撃破!古巣戦に燃えるイグアインはPK失敗&退場 Cロナウドゴール 12試合8ゴール
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1541981906/
クリロナ2018第12節ゴール.jpg

1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/11/12(月) 09:18:26.44 ID:CAP_USER9.net

現地時間11日、イタリア・セリエAは第12節が行われ、ミランとユヴェントスが対戦した。

毎年、大型補強を繰り返しながらもチャンピオンズリーグ復帰が遠いミランと、すでにスクデット獲得は最低ノルマと化し、チャンピオンズリーグ優勝に心血を注いでいるユヴェントス。
そのチャンピオンズリーグで公式戦初黒星を喫したが、公式戦連敗だけは避けたいところ。

ミランとしては0-0の時間帯を少しでも長く続けたいところだったが、立ち上がりに失点を許してしまう。
8分、左サイドのアレックス・サンドロが入れたアーリークロスを、ファーサイドのマリオ・マンジュキッチが頭で叩きつける。
リカルド・ロドリゲスとのギャップを狙われた打点の高いヘディングはGKジャンルイジ・ドンナルンマも成す術なく、ユヴェントスがあっさりと先制した。

11分には、クリスティアーノ・ロナウドの左クロスに再びマンジュキッチが飛び込むも、今度はアレッシオ・ロマニョーリが競り勝ってCKへと逃れる。

その後も両サイドから厚みのある攻撃を仕掛け、ミランゴールへと迫るユヴェントス。
反撃に出たいミランだが、ユヴェントスの素早い攻守の切り替えと高い位置からのプレッシングによってミスが多く、古巣対決に燃えるゴンサロ・イグアインまでほとんどボールを運ぶことができない。

それでも38分、右サイドをドリブルで持ち上がったスソのパスを、ゴール前で受けたのはイグアイン。
ここは対峙したメディ・ベナティアがブロックしたかに見えたが、イグアインが手で防がれたと猛抗議すると、VARの結果、ミランにPKが与えられる。
これをイグアインがゴール左へと狙うが、GKヴォイチェフ・シュチェスニーがかろうじて触り、左のポストを叩いて外れる。

同点に追いつく絶好機を逸したミランが1点ビハインドのまま迎えた後半、立ち上がりから積極的な入り方を見せたミランに対し、
ユヴェントスは焦らずどっしりと構えてこれを受け切り、前半同様に自分たちのペースに持ち込んでいく。

流れを変えたいミランは62分、サムエル・カスティジェホに代えてパトリック・クトローネを投入。66分にはカウンターからイグアインがチャンスを得るも、折り返しはベナティアがブロック。
72分にも、高い位置でボールを奪ってミランがチャンスを得るも、イグアインのトラップ際をベナティアが狙ってボール奪取し、ピンチの芽を摘み取る。

追加点を奪いに行くか、このまま逃げ切るか。判断を迫られる時間帯を迎え、マッシミリアーノ・アッレグリ監督は74分、ミラレム・ピャニッチを下げてサミ・ケディラを投入する。
同時に、ミランはハカン・チャルハノール、イニャツィオ・アバーテに代えてディエゴ・ラクサールとファビオ・ボリーニを投入し、交代枠を使い切る。

ユヴェントスは79分にパウロ・ディバラを下げてドウグラス・コスタを投入。追加点を奪いに行く姿勢を見せる。
すると迎えた81分、ラクサールのクリアを拾ったジョアン・カンセロがドリブルで切り込みペナルティーエリア内右からシュート。
これはGKドンナルンマがはじいたものの、こぼれ球をC・ロナウドが押し込んで待望の追加点をゲットする。

これで苦しくなったミランだが、84分にさらに追い打ちをかけるような出来事が起こる。
ベナティアとの競り合いでファールを取られてイエローカードを提示されたイグアインが、フラストレーションを爆発させて主審に対し猛抗議。
すかさず2枚目のイエローカードを提示され、退場処分を受けてしまう。C・ロナウドをはじめとしたかつてのチームメイトにも怒りを抑えられず、最後は目を潤ませてピッチを後にした。

エースを失い、10人となったミランにユヴェントスからゴールを奪う力は残されておらず、時間を使って試合を終わらせたユヴェントスが勝ち点3を手にした。

■試合結果

ミラン 0-2 ユヴェントス

■得点者

ユヴェントス:マンジュキッチ(8分)、C・ロナウド(81分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-00000031-goal-socc
11/12(月) 6:26配信

https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2018/ita/ita-11163365.html
試合スコア

https://www.nikkansports.com/soccer/world/italy/data/ranking
得点ランキング

https://www.nikkansports.com/soccer/world/italy/data/standings/
順位表

https://www.youtube.com/watch?v=1zE0-_v6mSQ

https://www.youtube.com/watch?v=f5GoR_b5eJ0

Ronaldo Scores Juventus 100th Goal At San Siro | Milan 0-2 Juventus | Top Moment | Serie A



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【南野絶好調】南野拓実、3人抜きゴールで2戦連発!2得点に絡む活躍で勝利に貢献!公式戦10得点目で4季連続2ケタ得点達成

【サッカー】<南野拓実(ザルツブルク)>2戦連発ゴール! 公式戦10点目で4季連続の2桁得点を達成
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1541969290/
南野2018第14節ドリブル.jpg
1: Egg ★ 2018/11/12(月) 05:48:10.45 ID:CAP_USER9.net

ザルツブルクに所属する日本代表FW南野拓実が、11日に行われたオーストリア・ブンデスリーガ第14節のアウストリア・ウィーン戦で、今シーズン公式戦10ゴール目を決めた。

67分に途中出場した南野は、86分に放ったシュートがザヴェル・シュラーガーの先制点につながり、後半アディショナルタイム4分には自ら追加点をマーク。全2点に絡む活躍で、2−0の勝利に貢献した。

南野は8日に行われたヨーロッパリーグ(EL)・グループステージ第4節のローゼンボリ戦でハットトリックを達成しており、公式戦2試合連続ゴールとなった。

これで今シーズンのリーグ戦では3点目、公式戦では10点目に伸ばし、4シーズン連続となる公式戦2桁得点を達成した。

11/12(月) 3:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-00861878-soccerk-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20181112-00861878-soccerk-000-view.jpg

【サッカー】<南野拓実(ザルツブルク)>UEFA選定の週間MVPとベスト11をダブル受賞!
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1541810340/




ハットトリックから3日後…途中出場の南野が再びゴール!3人抜きから左足弾
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?259002-259002-fl


[11.11 オーストリア・ブンデスリーガ第14節 オーストリア・ウィーン0-2ザルツブルク]

 日本代表FW南野拓実が公式戦2試合連続でゴールを挙げた。所属するザルツブルクは11日、オーストリア・ブンデスリーガ第14節でオーストリア・ウィーンと対戦。南野は後半22分に出場し、後半アディショナルタイム4分にチーム2点目を決め、2-0の勝利に貢献した。

 後半22分に出場した南野は同41分、PA左でボールを奪ってドリブル突破。角度のないところから左足シュートを放つと相手GKにブロックされるが、こぼれたところをMFザベル・シュラーガーが押し込み、ザルツブルクの先制点となった。

 さらに、1-0で迎えた後半アディショナルタイム4分過ぎ、PA手前から一気に加速すると、相手3選手をドリブルでかわしていく。PA内に進入し、左足を振り切ってゴールネットに突き刺した。

 途中出場の南野が全2得点に絡み、ザルツブルクは2-0で勝利。2位リンツと勝ち点12差で首位を独走している。

 クラブ公式ツイッター(@FCRBS_JP)は試合後に南野のコメントを投稿している。

「今日は拮抗した難しい試合展開だったので、自分が交代で入ったらゴールかアシストで結果を残そうと考えていました」

「チームとしても勝って終えることができて良かったですし、自分としても代表に良い形で臨むことができるので良かったです」
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(14) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンC、ベルナルド絶妙2アシストなどマンUとのダービー戦で3-1快勝!リーグ戦無敗継続し10勝目(関連まとめ)

【サッカー】<マンチェスター・C>マンチェスター・ダービー制し開幕12戦無敗!4年ぶりにホームで宿敵マンU撃破
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1541969969/
ダビドシルバ2018第12節ダービー戦ゴール.jpg
1: Egg ★ 2018/11/12(月) 05:59:29.77 ID:CAP_USER9.net

プレミアリーグ第12節が11日に行われ、マンチェスター・Cはホームでマンチェスター・Uに3−1で勝利した。

公式戦176回目の“マンチェスター・ダービー”は開始12分、ホームのマンチェスター・Cが先制に成功した。左サイドのラヒーム・スターリングが鋭いクロスを入れると、ファーのベルナルド・シルヴァが折り返し、
ダビド・シルバが冷静に右足シュートを沈めて先制点を奪った。

1点リードで折り返したマンチェスター・Cは後半の立ち上がり48分、セルヒオ・アグエロがリヤド・マフレズとのワンツーでエリア右に抜け出し右足を一閃。強烈なシュートはGKダビド・デ・ヘアの頭上を貫き、ゴールネットを揺らした。

2点を追うマンチェスター・Uは57分にジェシー・リンガードを下げてロメル・ルカクを送り出す。するとその直後、エリア左に抜け出したルカクがGKエデルソンに倒されてPKを獲得。
58分にアントニー・マルシャルがGKと逆のゴール右に沈めて1点を返した。

それでもマンチェスター・Cは86分、B・シルヴァが右サイドから精確なクロスを送ると、ゴール前に飛び出したイルカイ・ギュンドアンが左足トラップから素早く左足で押し込み、試合を決める追加点。
マンチェスター・Cがホームでは4年ぶりに“マンチェスター・ダービー”を制し、開幕12試合無敗をキープした。一方のマンチェスター・Uはリーグ戦5試合ぶりの黒星となった。

次節、マンチェスター・Cは24日にアウェイでウェストハムと、マンチェスター・Uは同日にクリスタル・パレスをホームに迎える。

【スコア】
マンチェスター・C 3−1 マンチェスター・U

【得点者】
1−0 12分 ダビド・シルバ(マンチェスター・C)
2−0 48分 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)
2−1 58分 アントニー・マルシャル(PK)(マンチェスター・U)
3−1 86分 イルカイ・ギュンドアン(マンチェスター・C)

【スターティングメンバー】
マンチェスター・C(4−3−3)
エデルソン;ウォーカー、ストーンズ、ラポルテ、メンディ;B・シルヴァ、フェルナンジーニョ、D・シルバ(90+2分 フォーデン);マフレズ(62分 サネ)、アグエロ(75分 ギュンドアン)、スターリング

マンチェスター・U(4−3−3)
デ・ヘア;ヤング、スモーリング、リンデロフ、ショー;エレーラ(73分 マタ)、フェライニ、マティッチ;リンガード(57分 ルカク)、ラッシュフォード(73分 サンチェス)、マルシャル

11/12(月) 3:25配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181112-00013720-jprime-ent&p=3

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20181112-00861860-soccerk-000-view.jpg



好調シティがユナイテッド撃破!銀髪アグエロ弾など3発でマンチェスター・ダービー制す
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181112-05015999-gekisaka-socc


 試合は、前半2分にB・シウバが惜しい左足ミドルシュートを放つなど、シティの好調さが表れた立ち上がりとなった。すると、12分にスコアが動く。左サイドからスターリングがクロスを入れ、ファーサイドのB・シウバが中央へ折り返したボールをD・シルバが右足で決め、プレミア王者が先手を取った。

 1点ビハインドのユナイテッドは、徐々に落ち着きを取り戻し、前からのプレスを強めると、シティもなかなかシュートまで持ち込めず、均衡した状況となる。追加点が欲しいシティは、持ち味の細かいパスワークと連携した動き出しでゴールに迫るが、前半のうちにリードを広げることができず、1点リードでハーフタイムを迎えた。

 互いに交代メンバーなしで後半に突入。シティは3分、センターサークル内でのボール奪取から銀髪のアグエロがボールを運び、マフレズのリターンパスをPA右で受けて右足を振り抜く。角度はあまりなかったが、豪快なシュートがゴールネットに突き刺り、2-0とリードを広げた。

 シティペースで試合が進む中、ユナイテッドは後半12分にリンガードを下げてFWロメル・ルカクを投入。ルカクが前線の中央に入り、ラッシュフォードは右にポジションを変えた。すると、直後にルカクがPA内でGKエデルソンに倒されてPKを獲得。これをマルシャルが冷静に決めて1点差に詰め寄った。なお、マルシャルは5試合連続ゴールとなった。

 シティは後半17分、マフレズに代えてMFリロイ・サネを投入。左サイドに入れ、スターリングを右サイドにポジションを変えた。1点を返した勢いのまま追いつきたいユナイテッドは、28分に2枚替え。エレーラとラッシュフォードを下げ、MFフアン・マタとFWアレクシス・サンチェスを入れる。直後にパスミスからカウンターを浴びたが、サネのシュートは大きく外れ、事なきを得た。

 後半30分、シティはアグエロを下げてMFイルカイ・ギュンドガンを入れ、スターリングが中央へ。試合はこのまま終了かと思われたが、41分にB・シウバのクロスからギュンドガンがダメ押し。これで3-1としたシティが宿敵ユナイテッドを下し、10勝2分でリーグ無敗を継続した。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:52 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本人サッカーファン、南米に片道33時間で赴くも歴史的ダービー戦を見れず帰国 27万円の旅費がパーに…現地メディアで話題に

【サッカー】<南米>片道33時間..歴史的一戦を見られず帰国…悲劇の日本人ファンが現地で話題に...約27万円の旅費がかかったとも説明
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1541948164/
スーペルクラシコ.jpg
1: Egg ★ 2018/11/11(日) 23:56:04.25 ID:CAP_USER9.net

 南米王者を決めるコパ・リベルタドーレス決勝を観戦するためブエノスアイレスを訪れながら、試合延期のため観戦できずに帰国を強いられることになった日本人ファンが現地メディアの取材を受け話題となっている。

 今季のコパ・リベルタドーレスでは、アルゼンチンを代表する2大クラブであり激しいライバル関係にあるボカ・ジュニオルスとリーベル・プレートが決勝に進出。決勝で両チームが激突するのは史上初であり、「歴史的スーペルクラシコ」として大きな注目を集めている。

 ボカのホームで行われる1stレグは、現地時間10日に開催が予定されていた。だが激しい雨の影響でピッチはプレー不可能な状態となり、試合は翌11日に延期されることが決定された。

 この試合を観戦に訪れていた一人の日本人男性が、試合を観ることなく帰宅を余儀なくされることになったとして注目を集めた。アルゼンチン『TyCスポーツ』がインタビューを行い、その事情について話を聞いている。

 18年間にわたってボカを応援しているという男性は、ブエノスアイレスまで片道33時間かけて渡航し、24時間滞在したあと帰国することを予定していたという。だが試合が延期となっても仕事の都合で帰国を遅らせることはできず、やむを得ず日本へ戻るとのことだ。2400ドル(約27万円)の旅費がかかったとも説明している。

2018年11月11日 21時31分
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15580650/




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☀ | Comment(18) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプール、サラー先制弾・シャキリ絶妙ボレーでフラムに2-0完勝!リーグ戦無敗を継続!

サラー&シャチリ弾! フラムにシャットアウト勝ちのリヴァプールがリーグ無敗継続/プレミアリーグ第12節

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181111-00010018-goal-socc
シャキリ2018第12節ゴール.jpg


プレミアリーグ第12節のリヴァプール対フラムが11日にアンフィールドで開催された。

ここまで8勝3分け無敗で2位につけるリヴァプールが、同1勝2分け8敗で最下位に低迷するフラムをホームに迎えた。リヴァプールは1−1で引き分けた前節のアーセナル戦からミルナーに代えてシャチリを起用する1点を変更。0−2で敗れた火曜日のチャンピオンズリーグ(CL)グループC第4節、レッドスター戦からは4選手を変更している。

試合は序盤からホームのリヴァプールが優勢に試合を進める。そのリヴァプールは13分、ボックス右手前でボールを受けたシャチリが得意の左足を振り抜く。だが、この鋭いシュートはわずかに枠の右にはずれた。さらに22分には浮き球パスでボックス右に抜け出したサラーが右足でシュート。しかし、これはGKリコのファインセーブに阻まれる。

立ち上がりから押し込まれたフラムだが、24分にはワンチャンス。フィードをミトロビッチが落とすと、バイタルエリアで拾って仕掛けたセセニョンがゴール前まで進入してシュート。しかし、これはわずかに枠を捉えることができない。

ハーフタイム前には、試合が大きく動く。フラムは41分、ショートコーナーからミトロビッチがヘディングシュートでネットを揺らす。しかし、ここはわずかにオフサイドの判定。すると、GKアリソンがこのプレーからすかさず素早いリスタートを見せる。アレクサンダー=アーノルドの縦パスで一気に最終ライン裏に抜け出したサラーが冷静にGKとの一対一を制し、リヴァプールが先行した。

迎えた後半、リヴァプールは積極的に追加点を狙いにいく。53分にペナルティアーク付近でサディオ・マネが放った強烈なシュートはGKリコのセーブに遭ったが、直後に加点。左サイドからロバートソンが入れたクロスにファーサイドのシャチリがダイレクトボレー。冷静にインサイドで合わせたシュートで見事なゴールを決めて、リヴァプールがリードを広げた。

リヴァプールのクロップ監督は69分にワイナルドゥムに代えてヘンダーソン、81分にシャチリを下げてミルナーを送り出し、試合をコントロールしにかかる。その後、リヴァプールは追加点こそ挙げることはできなかったが、相手をシャットアウトして試合終了。公式戦3試合ぶりの白星を手にしている。

■試合結果
リヴァプール 2-0 フラム

■得点者
リヴァプール:サラー(41分) 、シャチリ(53分)
フラム:なし

〓〓 Liverpool FC 〓 1010 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1541934477/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 01:23 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング