アンテナ・まとめ RSS

2018年11月21日

鹿島、土居強烈決勝ゴールで甲府下し天皇杯準決勝進出!天皇杯準決勝と決勝の日程が変更(関連まとめ)

【サッカー】天皇杯準々決勝 鹿島が2大会ぶりの天皇杯準決勝進出!土居の決勝弾で甲府に辛勝
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1542808672/
土居2018天皇杯準々決勝シュート.jpg
1: 久太郎 ★ 2018/11/21(水) 22:57:52.90 ID:CAP_USER9.net

天皇杯全日本サッカー選手権大会の準々決勝が21日に行われ、山梨中銀スタジアムで鹿島アントラーズとヴァンフォーレ甲府が対戦。試合は1-0で鹿島が勝利。2大会ぶりの準決勝進出を決めた。

鹿島は、代表に招集された三竿健斗、ケガで離脱した鈴木優磨の2選手を欠くものの、レアンドロと内田篤人がベンチ入り。先発には昌子源、土居聖真ら主力組がメンバーに入った。

対する甲府はクラブ初のベスト4を目指す。4回戦ではセレッソ大阪を延長戦の末に1-0で下し、8強入りを決めた。そのC大阪戦で劇的決勝ゴールを挙げた曽根田穣も先発入りを果たした。

先にチャンスを作ったのは鹿島。開始3分にCKを得ると、キッカーは小笠原満男。正確なボールに昌子が合わせたが、枠の右を外れた。甲府は21分に立て続けにCKのチャンスを得たが、いずれも決めきれず。最前線のジエゴを的に絞ったロングボールで決定機をうかがうが、昌子を中心としたアジアナンバーワンの守備が光り、中々ゴールを割ることができない。

35分にかけては鹿島が猛攻。西大伍がミドル、CKから安部裕葵がヘッドでゴールを強襲するも決まらず。結局前半は0-0のまま終了した。

停滞感漂う後半、鹿島は金森健志を下げてセルジーニョを投入。前への推進力を高める。すると76分、永木亮太がセンターサークルから一気にボールを持ち上がり、土居聖真にラストパスを供給。受けた土居が右足で強烈なシュートを叩き込み、鹿島が先制に成功した。

苦しい展開となった甲府は81分、高野遼のクロスから絶好機が訪れるも、ジエゴが詰めが甘く、決定的なチャンスを逃した。結局試合はそのまま終了。鹿島が甲府を1-0で下し、4強入りを決めた。この結果、鹿島がFIFAクラブワールドカップ(12月12日開幕)に出場するため、準決勝と決勝の日程が変更。準決勝は5日、決勝は9日に行われる。

■試合結果
鹿島アントラーズ 1-0 ヴァンフォーレ甲府

■得点者
鹿島:土居聖真(76分)
甲府:なし

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181121-00010011-goal-socc

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:42 | 大阪 ☀ | Comment(1) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メッシとC・ロナウド、バロンドール最終候補から外れる!?モドリッチ、ムバッペ、ヴァランが候補と伊紙が報じる(関連まとめ)

【サッカー】<バロンドール賞>C・ロナウドとメッシ、最終候補からもれる!候補として残っているのは?
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1542797785/
ロナウドとメッシ2018.jpg
1: Egg ★ 2018/11/21(水) 19:56:25.02 ID:CAP_USER9.net

ヨーロッパの年間最優秀選手に贈られるバロンドール賞の最終候補から、イタリア1部リーグ・ユベントスのクリスティアノ・ロナウドとスペイン1部リーグ・バルセロナのメッシがもれていることがわかった。

21日付のガゼッタ・デロ・スポルトなどイタリア主要スポーツ紙が報じた。

それによると、候補として残っているのはスペイン1部リーグ、レアル・マドリッドのクロアチア代表モドリッチ、 フランス1部リーグ、パリ・サンジェルマンのフランス代表МFエムバッペ、 そしてレアル・マドリードの若手フランス人DFラファエル・ヴァランだという。

これまでに、ロナウドとメッシは同賞を5回ずつ受賞していた。

11/21(水) 17:48配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181121-00000110-dal-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20181121-00000110-dal-000-view.jpg"



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:16 | 大阪 ☀ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中島翔哉、海外絶賛!森保J初ゴールなど凝縮の18分に「ナカジマがやってのけた」「忍者」

【サッカー】<中島翔哉>森保J初ゴール含む“凝縮の18分間”を海外絶賛! 「やってのけた」「ニンジャ!」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1542773199/

中島翔哉2018キルギス戦ゴール.jpg

1: Egg ★ 2018/11/21(水) 13:06:39.10 ID:CAP_USER9.net

■途中出場ながらゴールを含め、質の高いプレーを実証するデータを海外メディアが公開

 森保一監督率いる日本代表は20日、国際親善試合キルギス戦に4-0で勝利。来年1月のアジアカップ前最後の試合を白星で飾った。10番のMF中島翔哉(ポルティモネンセ)は途中出場ながら森保体制で自身初ゴールを挙げたが、ポルトガルメディアは「ナカジマがやってのけた」と称賛している。

 日本は前半2分にA代表初出場のDF山中亮輔(横浜F・マリノス)が日本代表史上最速デビュー弾を決めると、同19分にはMF原口元気(ハノーファー)の直接FKを相手GKが処理を誤り、2点目を手にした。

 中島は2-0で迎えた後半27分にFW北川航也(清水エスパルス)に代わって出場。FW大迫勇也(ブレーメン)のゴールが生まれた1分後だった。

 日本はショートカウンターからMF南野拓実(ザルツブルク)、MF堂安律(フローニンゲン)とつなぎ、走り込んできた中島にパス。背番号10は右足でダイレクトで合わせ、代表2点目を奪った。

 その後、追加点こそ生まれなかったが、中島が入った日本の攻撃は迫力を増し、何度もキルギスゴールを強襲。4-0と勝利したなかで、出場18分間ながら中島は抜群の存在感を放った。

 ポルトガルメディア「GoalPoint」公式ツイッターは、データ分析会社「オプタ」のデータを用い、中島のキルギス戦における個人スタッツを公開。ゴールを挙げたほか、「ビッグチャンス創出1回」「キーパス4回」「ドリブル5回中3回成功」と短時間で質の高いプレーを披露したことをデータで紹介しており、「ショウヤ・ナカジマがやってのけた。彼が得点するのは珍しくないが、72分まで待った我々を失望させなかった」と称賛している。コメント欄には、海外ファンから「ニンジャ!」との言葉も寄せられた。

 中島は2018年初戦となった3月のマリ戦(1-1)でもゴールを決めており、中島に始まり、中島に終わる2018年となった。

Football ZONE web2018年11月20日22時51分
https://news.infoseek.co.jp/article/footballzone_149110/

写真
https://media.image.infoseek.co.jp/isnews/photos/footballzone/footballzone_149110_0-enlarge.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:51 | 大阪 ☀ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J2降格の長崎・高田社長「1年でJ1復帰を果たしたい」外国人監督を軸に人選(関連まとめ)

【サッカー】<来季のJ2降格が決定したV・ファーレン長崎の高田明社長>「1年でJ1復帰を果たしたい」外国人監督を軸に人選...
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1542790355/
高田社長2018J1.jpg
1: Egg ★ 2018/11/21(水) 17:52:35.27 ID:CAP_USER9.net

来季のJ2降格が決定したV・ファーレン長崎の高田明社長(70)が21日、長崎県諫早市のクラブハウス内で来シーズンへ向けた決意の会見を行い、J1の今季と変わらない姿勢で挑むことを明らかにした。

「来年J2になるけど、J1でやってきたことと、なんら変わりはない。もっともっと努力をして、1年でJ1復帰を果たしたい」と意気込んだ。

運営費の縮小も懸念されるが「スポンサーさんからは、『J2でも同じ』という声はいただいている」と言い、支援も変わらないことを強調。「もっと観客動員も増やしたい」と展望を口にした。

また、今季限りの退任が発表されている高木琢也監督(51)の後任について「これからで、まだ申し上げられない」とした上で「高木監督が6年間積み上げたものを継承し、新しい監督が新たなものを加える、そしてJ1復帰に向かっていくことになる」と言うに止まった。

今後、外国人監督を軸に人選を進めていくことになりそうだ。

11/21(水) 16:29配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181121-00398771-nksports-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:07 | 大阪 ☀ | Comment(12) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンC、蘭代表フレンキー・デヨング獲得に参戦!108億円を用意か?バルサやレアルも獲得狙う

バルサと“新クライフ”争奪戦…デ・ヨング獲得狙うマンC、クラブ最高額約108億円用意か
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181121-06000318-gekisaka-socc
フレンキー・デヨングオランダ代表.jpg

 マンチェスター・シティはアヤックスのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング獲得を目指している。

 英『ミラー』によると、今夏、シティはナポリのMFジョルジーニョ獲得に失敗したため、MFフェルナンジーニョの後釜として、デ・ヨングの獲得を急務としている。ただし、バルセロナやレアルなどほかのビッグクラブも同選手の動向を追っている状況だ。

 21歳のデ・ヨングは9月にオランダ代表として鮮烈デビューを飾ると、代表に定着して4試合に出場。国内ではそのプレースタイルが往年のヨハン・クライフに似ていると評価されている。オランダの関係者によれば、バルサもデ・ヨング獲得のため、シティと争う姿勢を見せているという。

 シティ側はこの“新クライフ”獲得競争に打ち勝つため、クラブ史上最高額を支払う可能性も浮上している。アヤックスはデ・ヨング放出に際し、7500万ポンド(約108億円)を要求している。シティは今夏、クラブレコードの移籍金6000万ポンド(約87億円)でMFリヤド・マフレズを獲得。デ・ヨングの契約は2022年6月までとあって、アヤックスの立場は強い。アヤックスは1月の移籍市場でのデ・ヨング売却に消極的な姿勢を見せ、早くても来夏までは手放したくないと考えているようだ。

 とはいえ、同紙はこれがシティの障害になるとは思えないと伝えている。彼らは前述のマフレズをレスター・シティから、DFアイメリク・ラポルテをアスレチック・ビルバオから獲得するなど、忍耐強く向き合う覚悟はできているという。

マドリー、デ・ヨング争奪戦に参戦、モドリッチの後継者確保へ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-00010011-sportes-socc

レアル・マドリーは、冬の移籍市場でのフレンキー・デ・ヨングの争奪戦に参戦してきた。マドリーはまもなくアヤックスと、1月に彼らのスター選手の一人であるデ・ヨングの獲得に向けて、説得を試みるようだ。マドリーは、シーズンの後半に向けて急いでおり、アヤックスのスポーツディレクターであるオーフェルマルスがが慎重な態度を取っていることから、夏まで待ちたくないようである。

バルサ焦る シティがデ・ヨング獲得で合意か

マドリーはデ・ヨングをヨーロッパの移籍市場において、中盤の選手で最も影響力のある選手だと考えており、獲得を狙っている。また、このオランダ人が、キャリア終盤の兆候が見られ始めているモドリッチの代役として、ベストなプレーヤーだと考えている。モドリッチは交代要員を必要としており、マドリーはデ・ヨングが最適な選択肢だと考えているようだ。

マドリーは、デ・ヨング獲得にはバルセロナ(の関心は、ここ数週間優先順位的に、失いつつある) と、マンチェスター・シティ(チキ・べギリスタインが何度もアヤックスとデ・ヨング自身と交渉を行っている)がライバルであることを認識している。

もしマドリーが、出遅れた時間を取り戻し、彼らのターゲットを獲得したいのであれば、高額のオファーを提示する必要がある。フロレンティーノ・ペレスは今夏(クルトワの獲得のみ)に大きな支出をしていないという強みを持っているため、デ・ヨングとアヤックスの考えを変えさせるビッグオファーを出すかもしれない。

(文:SPORT)

BLUEMOON マンチェスターシティ 300cityzens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1541954501/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イブラヒモビッチ、ミラン復帰へ!レオナルドSD「復帰は間近だ」ミランは負傷者続出(関連まとめ)

【サッカー】故障者続出ACミランがイブラヒモビッチ獲得へ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1542700638/
イブラMLSゴール.jpg
1: 豆次郎 ★ 2018/11/20(火) 16:57:18.51 ID:CAP_USER9.net

11/20(火) 16:48配信
デイリースポーツ

 故障者が続出しているサッカーイタリア1部リーグのACミランが、元スウェーデン代表で米МLSロサンゼルス・ギャラクシーのFWイブラヒモビッチの獲得に乗り出す。20日のガゼッタ・デロ・スポルトなど、イタリア主要スポーツ紙が報じた。

 同紙などによると、ミランのスポーツ・ディレクターレオナルド氏らとイブラヒモビッチの代理人ライオラ氏が、話し合いに入っている。

 イブラヒモビッチは2010年から2012年までミランでプレーし、2011年のスクデット獲得に貢献した。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-00000092-dal-socc



イブラのミラン復帰が決定的に…レオナルドSD「机上の空論ではない」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181121-05990597-gekisaka-socc

LAギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(37)がミランに復帰しそうだ。スペイン『マルカ』が報じている。

 昨季、膝の怪我に苦しんでいたイブラヒモビッチは、今年3月にマンチェスター・ユナイテッドからLAギャラクシーに加入。9月15日のトロント戦では、彼らしいアクロバティックなシュートで通算500ゴールを達成するなど、27試合で22ゴール10アシストと衰えない存在感を発揮していた。

 この活躍によりヨーロッパ復帰が盛んに報じられ、2010年8月から2シーズン在籍したミランへの復帰が近づいているようだ。

 イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、ミランのレオナルドSDがLAギャラクシーと交渉中とのこと。ミランは6か月で200万ユーロ(約2億5660万円)というサラリーを提示。そこに1年間の契約延長オプションがつくという。

 レオナルドSDは「イブラヒモビッチのミラン復帰は間近だ。それは事実だよ。まだ現時点では決まっていないが、机上の空論というわけではない。彼には特別な能力があるし、戦える選手だ。ピッチ内外で周りのモチベーションを高められる選手でもある」と語り、獲得に動いていることを明かした。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キルギス地元ファン、日本に惨敗で悲鳴「大惨事」「7-0の試合だった」「手も足も出なかった」

【サッカー】<日本に惨敗のキルギス、地元ファンが悲痛な声>「7-0の試合」「手も足も出ない」 
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1542724947/
キルギス代表2018日本戦.jpg

1: Egg ★ 2018/11/20(火) 23:42:27.43 ID:CAP_USER9.net

森保一監督率いる日本代表は20日、国際親善試合でキルギス代表と対戦し、4-0と勝利を収めた。来年1月のアジアカップに向けた“最終テスト”で快勝した日本だが、キルギス公式インスタグラムの試合速報には地元ファンから悲鳴が寄せられている

 日本が16日のベネズエラ戦(1-1)から先発11人全員を入れ替えて臨んだ一戦は、開始2分にDF山中亮輔(横浜F・マリノス)が左足のダイレクトシュートで日本代表史上最速となるA代表デビュー弾を記録すると、前半19分にMF原口元気(ハノーファー)はボックス前で直接FKを決める。後半は27分にFW大迫勇也(ブレーメン)、28分にMF中島翔哉(ポルティモネンセ)と途中出場コンビが立て続けにゴールを奪い、4-0と圧勝した。

 キルギスサッカー連盟の公式インスタグラムは試合結果を速報。「我々はアジア大陸で最も勝利を勝ち取ってきた日本に敗れた」との一文を添えると、コメント欄には「スピードについていけなかった」「彼らは世界のスターたちを驚かせた選手たちだ」「GKが悲惨な目に遭っていた」「大惨事な試合だった」「スコア通りではない。7-0の試合だった」「手も足も出なかった」と、ファンが失意の言葉を寄せていた。

 森保ジャパンはこれで発足から4勝1分と無敗で2018年を駆け抜け、勢いを持って来年1月のアジアカップを迎えることになった。

11/20(火) 23:34 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181120-00149125-soccermzw-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(18) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハリルホジッチ元代表監督の訴訟、裁判所が和解推奨

【サッカー】<ハリルホジッチ元監督の1円訴訟>裁判所が和解推奨!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1542748778/
ハリル解任後記者会見.jpg

1: Egg ★ 2018/11/21(水) 06:19:38.99 ID:CAP_USER9.net

日本代表のバヒド・ハリルホジッチ元監督(66)が、解任後に田嶋幸三会長の会見で名誉を傷つけられたとして日本サッカー協会を提訴した訴訟について20日、非公開での話し合いが東京地裁で行われ、裁判所側は和解を推奨した。

 ハリル氏は協会に慰謝料1円と新聞などへの謝罪広告を求めたが会見は名誉毀損(きそん)に該当しないとし、双方がそれぞれ和解を検討するように提案。代理人の金塚彩乃弁護士は「和解することになった場合、和解条項は公表前提で進める」と話した。

11/21(水) 6:07配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181121-00000035-sph-socc



ハリル元監督vs協会、東京地裁が和解を提案
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-00397679-nksports-socc

日本代表のバヒド・ハリルホジッチ元監督(66)が、日本サッカー協会の田嶋幸三会長(60)と協会に慰謝料1円と新聞やホームページでの謝罪広告を求めた訴訟の弁論準備手続きが20日、東京地裁で非公開で行われた。

この日、双方の代理人弁護士が出席し、協会側からは(1)訴えの管轄権は契約上、国際サッカー連盟などにあり東京地裁にはない(2)田嶋会長の解任会見での発言は名誉毀損(きそん)に当たらないという従来の主張が改めてなされ、ハリルホジッチ氏側も改めて反論したという。

その中、地裁側から、判決より和解で解決する方が望ましいとの提案がなされたという。そこで、年末に行われる次回の弁論準備手続きまでに、双方が前向きに検討できるかなどを裁判所に伝える流れになるという。

ハリルホジッチ元監督の代理人弁護士は、ニッカンスポーツコムの取材に「この日(次回の弁論準備手続き)で決着することはないと思いますが、その(和解の)場合、どういった内容が良いのかを裁判所に伝えることになると思います」と説明した。

その上で「内容として、双方がのめないようであれば当然、和解しないで反論に戻る形になりますが、21日にどうなるか? というところです。この後、報告して、ですね」と、フランス1部ナントの監督を務めるハリルホジッチ氏に報告し、検討する考えを示した。【村上幸将】

※一部追記編集いたしました
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 12:59 | 大阪 ☁ | Comment(42) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U21日本代表、上田綺世絶妙ゴールで追い付きUAEと1-1ドロー!ウズベキスタンが優勝も上田は大会MVP&得点王に選出(関連まとめ)

FW上田綺世が豪快同点弾も…勝ち切れなかったU-21代表、タイトルを逃す
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181121-05969331-gekisaka-socc
上田ドバイ杯2018UAE戦ゴール.jpg

[11.20 ドバイカップ第3戦 U-21日本1-1UAE]

 U-21日本代表は20日、UAEで行われているドバイカップ第3戦でUAEと対戦。前半をスコアレスで折り返した試合は後半2分にPKを決められてUAEに先制を許してしまうが、同26分にFW上田綺世(法政大)がネットを揺らして1-1のドローに持ち込んだ。勝ち点5の日本は大会を2位で終えることになった。

 17日のウズベキスタン戦からMF中山雄太(柏)、MF長沼洋一(岐阜)を除く9人を入れ替えた日本は3-4-2-1のシステムを採用。GKに小島亨介(早稲田大)、最終ラインは右からDF大南拓磨(磐田)、DF立田悠悟(清水)、DF板倉滉(仙台)、ボランチにMF松本泰志(広島)、中山、右アウトサイドに長沼、左にMF杉岡大暉(湘南)を配置し、シャドーにMF三好康児(札幌)、MF岩崎悠人(京都)、1トップにFW小川航基(磐田)を並べた。

 前半6分に中山のボールロストからフィニッシュまで持ち込まれたものの、距離を詰めた小島がストップして危機をしのいだ日本だが、その後もなかなかギアが上がらない。「僕らがやりたいことを相手にやられて、あまりにもボールに規制をかけられなかった」(横内昭展監督代行)とUAEに主導権を渡してしまう。時おり、高い位置でのボール奪取を成功させ、前半25分には左サイドをえぐった杉岡のラストパスから小川が右足シュートを放つが相手GKの好セーブに遭ってネットを揺らすには至らなかった。

 その後もリズムをつかめずにいると、前半29分には中盤で松本がボールを失ってシュートを放たれるが枠を外れて難を逃れる。さらに同32分には右サイドから切れ込まれたものの、シュートは小島が横っ飛びで弾き出した。すると同34分に杉岡のサイドチェンジを受けた長沼のパスから、同40分には長沼のグラウンダーのクロスから岩崎がゴールを狙うが、ともにジャストミートさせることはできなかった。

 0-0のまま後半を迎えると、日本は小川と岩崎に代えて上田とMF伊藤達哉(ハンブルガーSV)を投入。しかし同2分、右サイドをえぐられるとPA内で大南がファウルを犯して献上したPKをきっちり沈められ、UAEに先制を許してしまう。だが、1点のビハインドを背負った日本が徐々に攻勢を強めていく。

「バックパスをされたら、そこに勢いを持ってプレスをかけられたし、GKに返されたら2度追いして蹴らせ、蹴らせたボールを奪ってマイボールにしてと。今までやれていたことが出てきた。それで相手を間延びさせて、間でシャドーの選手がボールを受けられるようになった」(横内監督代行)

 後半14分には伊藤から三好、同16分には松本から三好、同20分には松本から上田と幾度となくシュートシーンを作り出す。同25分に三好と大南に代えてMF久保建英(横浜FM)とDF橋岡大樹(浦和)をピッチへと送り込むと、同26分についに試合を振り出しに戻す。左サイドから杉岡が送ったグラウンダーのクロスに反応してニアサイドに飛び込んだ上田が、左足ダイレクトで合わせて豪快にネットを揺らしてスコアを1-1とした。

 同点に追い付いた直後の後半28分には板倉のミスから決定機を創出されるが、連続して放たれたシュートをともに好反応を見せた小島がストップ。ゴールを守り抜いて味方を鼓舞すると、ここからは日本の時間帯となった。しかし、同38分に松本の浮き球のパスから放った中山のシュート、同39分に伊藤のパスから狙った久保のシュートが枠を捉え切れず。さらに同42分には伊藤のクロスに反応した上田がヘディングで合わせたものの、ボールはわずかにゴール右に外れてしまった。

 1-1のまま試合終了のホイッスルが吹かれ、勝ち点1の上積みに終わった日本は1勝2分の勝ち点5でフィニッシュ。直後に行われた試合でクウェートに1-0で勝利したウズベキスタンが勝ち点を7まで伸ばしたため、大会を2位で終えることになった。


僕が点を取る理由…MVP&得点王W受賞の上田綺世「個人的に良い部分を出せたけど…」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181121-05974157-gekisaka-socc
上田ドバイ杯2018大会MVP得点王.jpg

[11.20 ドバイカップ第3戦 U-21日本1-1UAE]

 凄腕のスナイパーのように鮮やかにゴールを射抜いた。先発出場だろうが、途中出場だろうが自分のやるべきことは変わらない。U-21日本代表FW上田綺世(法政大)は自らの任務を遂行した。

 先発出場してハットトリックを記録した第2戦クウェート戦から中2日で迎えたUAE戦。ベンチスタートとなった上田に出番が訪れたのは後半開始からだった。後半2分にPKで先制点を許したものの、後半26分に上田が仕事をこなす。左サイドでMF杉岡大暉(湘南)が送ったグラウンダーのクロスにいち早く反応して最終ライン裏に抜け出すと、「若干、自分的には難易度が高いシュートだったと思う」とニアサイドで左足ダイレクトで合わせたシュートはゴール左上に突き刺さって、同点となるゴールを記録した。

 クウェート戦では前半41分と後半11分にMF長沼洋一(岐阜)のクロスをワンタッチで合わせてネットを揺らしており、「個人的には良い部分を出せたと思う。一番、自分が大事にしているワンタッチゴールを(今大会で)3つ出せたのは良かった」と振り返りつつも、その得点が勝利に結び付かなかったことに悔しさを滲ませる。

「同点にできたのは良かったけど、僕はチームを勝たせるために入ったわけで。やっぱり、フォワードが点を取る理由というのはチームを勝たせるため」と語ると、1-1で迎えた後半41分にMF伊藤達哉(ハンブルガーSV)のクロスから放ったヘディングシュートを例に挙げ、「今日のヘディングだったりも決めないといけないし、もう一個取れてようやく一人前。それができなかったというのは、まだまだかなと思う」とチームを勝利に、そして優勝に導けなかったことに唇を噛んだ。

 しかし、今大会4得点で得点王に輝くだけでなく、MVPにも選出されたように、ストライカーとしての存在感を十分に示した。「遠くUAEに来ても活躍できたのは自信になった。帰国してコンディションを崩さずにプレーできるように努力しつつ、プロに混ざっても得点力は負けてないというのは確かな自信になるので、そこは自分の武器だと自負して磨いていければ、自分が目指してきたプロサッカー選手に近づけるんじゃないかなと思う」。

 自身の立場は理解している。「僕はあくまでプロを目指している身」だと――。今大会の経験を生かして大学サッカーで活躍し、プロになるという夢を叶え、自身の可能性をさらに広げていく。

【サッカー】<ドバイ杯>U−21日本代表、またも大学生FW上田がゴール!久保の途中出場も実らず、最終戦はUAEと1−1の痛み分け

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1542724947/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:21 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アジア連盟、UEFAネーションズリーグのアジア版を検討

【サッカー】<新大会「欧州ネーションズリーグ」メリットとデメリット> アジア版も検討!将来的に日本代表の活動、強化にも影響...
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1542695910/
AFCロゴ.jpg

1: Egg ★ 2018/11/20(火) 15:38:30.10 ID:CAP_USER9.net

 欧州サッカー連盟(UEFA)加盟の代表55チームが参加し、2年ごとに開催される新大会「欧州ネーションズリーグ」は18日に7試合が行われ、最上位のリーグAで2組のスイスと4組のイングランドが来年6月に行われる準決勝への進出を決めた。

これまでの国際親善試合に代わって9月から始まった新設大会には批判の声も上がっているが、真剣勝負の増加や弱小国救済などのメリットも。将来的にはアジアなど他の大陸連盟にも導入される可能性がある。

 先月、欧州ネーションズリーグに対する批判が大きな話題となった。イングランド・プレミアリーグの強豪リバプールのクロップ監督の「世界で最も意味のない大会」という発言だ。

 ただ同監督は一方で「大会自体はいいアイデア」と言うようにメリットは多い。14年のUEFA総会で満場一致で開催が決定した今大会は、いわば代表の公式リーグ戦。W杯と欧州選手権予選のない2年ごとに行われる。

当時のプラティニ会長が「誰も興味がない親善試合に取って代わる」と説明したように、親善試合が公式戦に“昇格”することで選手の負担は増えるが、真剣度も高まることで代表の強化、ファン、スポンサーの注目度アップにつながる。

ランクごとに4つのリーグに分けられ、ドイツ代表レーウ監督は「強いチームとリーグ戦で戦える」と拮抗(きっこう)した相手との公式戦を歓迎していた。リーグには昇格、降格があり、ドイツはリーグA・1組で最下位となったため次大会はリーグBで戦うことになる。

 また“弱小国救済”という意味合いもある。各リーグごとの各組1位(4チーム)は、20年欧州選手権予選のプレーオフ出場権を獲得。プレーオフは各リーグごとにトーナメント戦で行われ、勝者が本大会出場権を得る。つまり、一番レベルの低いリーグDからも1チームは欧州選手権本大会出場が可能。

これまでの予選方式では突破がほぼ不可能だったジョージアとベラルーシがリーグDでプレーオフ出場権を獲得しており、ともに初の主要国際大会出場へ夢をつないでいる。

 FIFAは、このネーションズリーグを他大陸でも行い、その勝者による世界大会の開催を計画。アジア連盟でもアジア版ネーションズリーグ開催が検討されており、将来的に日本代表の活動、強化にも影響を与えることになりそうだ。

11/20(火) 9:30配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181120-00000083-spnannex-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☀ | Comment(29) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、キルギスに4-0大勝!槙野が脳震盪で途中交代…SNSで無事報告も「何一つ覚えてない」まとめその4(関連まとめ)

“キャプテン”槙野、脳震とうで「無念の交代」 SNSで無事報告も「何一つ覚えてない」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181120-00149138-soccermzw-socc
槙野2018キルギス戦パス.jpg
後半12分に相手選手と権田に挟まれ転倒、脳震とうと診断される
 日本代表DF槙野智章(浦和レッズ)は、20日の国際親善試合キルギス戦でキャプテンマークを巻いてスタメン出場したが、後半12分に相手選手と味方GK権田修一に挟まれるようにして接触。無念の負傷交代となった。試合後に自身の公式ツイッターを更新した槙野は「残念な事に何一つ覚えてない」と、脳震とうの影響を感じさせる言葉を投稿した。

 この試合ではDF吉田麻也がベンチスタートとなり、槙野がキャプテンマークを巻いてピッチに立った。守備的に構えるキルギスが相手だっただけにプレーに関与する機会は多くなかったが、味方のゴールを喜ぶ姿などはいつもどおりの槙野だった。

 しかし、後半12分に日本ゴール前にハイボールが上がると、対応していた槙野は相手選手と権田に挟まれるようにして転倒。チームドクターもピッチに入り、同16分に吉田と交代になった。試合後、日本サッカー協会の広報は脳震とうと診断されたことを明かしている。

 槙野は公式ツイッターに「一生懸命戦ったと思う。だが、残念な事に何一つ覚えてない。チームがしっかり勝てた事。それが何より一番大事な事。ロッカーに皆が帰ってきて笑顔だったからそれに救われました。キャプテン…無念の交代。笑」と投稿。試合中の記憶が欠落していることをほのめかす投稿を行った。

 一歩間違えれば大きな事故になりかねなかっただけに、現時点で意識がハッキリしていることは安心材料となった。

◆ レッズ本スレ◆
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/wc/1542497545/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 01:58 | 大阪 ☁ | Comment(2) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、キルギスに大勝!代表初先発の守田英正が絶妙パスで追加点演出「いいチャレンジだった」まとめその3(関連まとめ)

代表初先発の守田英正、追加点演出の縦パスは「いいチャレンジだった」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181121-05940884-gekisaka-socc
守田2018キルギス戦ドリブル.jpg


[11.20 キリンチャレンジ杯 日本4-0キルギス 豊田ス]

 本職で初出場、初先発、そして初のフル出場となった。日本代表MF守田英正(川崎F)はMF三竿健斗とダブルボランチを組んで代表初先発。後半14分からはMF柴崎岳とのコンビでフル出場した。

「前半は自分のリズムでできたけど、後半は選手が代わったのもあって、自分のミスが続いて、試合の流れが変わってしまった。最後の10分は状況を把握できず、失い方も悪かった」。反省の言葉が続いたが、持ち味も出した。2-0の後半27分にはこぼれ球に反応し、ワンタッチで縦パス。これをFW北川航也が落とし、FW大迫勇也の追加点につながった。

「パスコースは狭かったけど、うまく点につながって、いいチャレンジだった」。引いて守る相手をどうやって崩すか。ボランチの位置からの縦パスは一つのポイントだった。「自チームでも相手が5バックで、2列で守備をしてきたときのパスにこだわってきていた。そこを代表でも出せた」と手応えも口にした。

 後半37分から途中出場し、代表デビューを果たした9月11日のコスタリカ戦(○3-0)は右サイドバックでの出場した。10月の代表合宿には招集されず、今回もMF青山敏弘の負傷辞退による追加招集。それでも国際Aマッチ2試合目の出場で初先発を果たし、懸命にアピールした。「代表に呼ばれたい気持ちは以前より強くなった」。J1王者から唯一選ばれた大卒ルーキーは代表定着への思いも吐露した。


☆〓〓〓〓川崎フロンターレ1272〓〓〓〓☆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1542622734/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:44 | 大阪 ☁ | Comment(9) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング