アンテナ・まとめ RSS

2018年11月25日

マンC、サネ2ゴールなどウエストハムに4-0完勝!5連勝でプレミア首位キープ

王者マンC、敵地でウェストハムに大量4得点で快勝! 5連勝で首位キープ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181125-00868100-soccerk-socc
サネ2018第13節祝福.jpg

プレミアリーグ第13節が25日に行われ、ウェストハムとマンチェスター・Cが対戦した。

 ウェストハムはシーズン開幕直後は4試合連続未勝利などと苦しい切り出しとなっていたが、3勝3分け6敗と徐々に勢いがついてきて、13位となっている。一方のマンチェスター・Cは圧巻の強さで今シーズン最多ゴール数を上げて不動の首位を保っている。

 試合が動いたのは11分、先制点を決めたのは王者マンチェスター・Cであった。MFダビド・シルバがゴールを決めて敵地での先制に成功。

 19分、またもマンチェスター・Cが相手ゴールの前で危険な攻撃を仕掛ける。今度はMFラヒーム・スターリングがゴールを決めて追加点をマークした。

 王者の攻撃はそれだけでは終わらない。34分、FWレロイ・サネが3得点目を上げて早くもウェストハムの巻き返しの希望を途絶えるべくゴールを決める。

 試合は後半に入り、スコアが変わることなく終了のホイッスルを迎えようとしていたその時、アディショナルタイムにサネが今節2得点目を上げて4−0の快勝を収める結果となった。

【スコア】
ウェストハム 0−4 マンチェスター・C

【得点者】
0−1 11分 ダビド・シルバ(マンチェスター・C)
0−2 19分 ラヒーム・スターリング(マンチェスター・C)
0−3 34分 レロイ・サネ(マンチェスター・C)
0−4 90+3分 レロイ・サネ(マンチェスター・C))
BLUEMOON マンチェスターシティ 301cityzens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1543059431/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:47 | 大阪 ☀ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鹿児島ユナイテッドFC、悲願のJ2昇格が決定!三浦監督、感動のあまり声が裏返る「みんな、おめでとう」

鹿児島、ホームで沼津を下しJ2初昇格が決定! 熊本はJ3降格が確定
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181125-00868333-soccerk-socc
鹿児島ユナイテッド2018最終戦ゴール.jpg

 鹿児島ユナイテッドFCのJ2昇格が決定した。

 明治安田生命J3リーグ第33節が25日に行われ、鹿児島はホームでアルスクラロ沼津と対戦。74分に中原秀人のゴールで先制した鹿児島は、この1点を守り切り、1−0で勝利を収めた。この結果、鹿児島は自動昇格圏内の2位が確定し、J2初昇格を決めた。

 また、J2クラブライセンスを持つ鹿児島がJ2昇格を確定させたことで、今季J2を21位で終えたロアッソ熊本のJ3降格も決定した。


感動のあまり声が裏返る…鹿児島をJ2昇格に導いた三浦監督「みんな、おめでとう!」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181125-06507921-gekisaka-socc
三浦監督昇格スピーチ.jpg

[11.25 J3第33節 鹿児島1-0沼津 白波スタ]

 鹿児島ユナイテッドFCがJ3参入3年目で悲願のJ2昇格を決めた。試合後のインタビューで三浦泰年監督は感動のあまり声が裏返るシーンもあった。

 残り2試合となったJ3リーグ。鹿児島は、24日に勝ち点3差の3位のザスパクサツ群馬が敗れたため、引き分け以上でJ2自動昇格圏2位が確定する状況だった。

 前半はやや守備的な印象だったが、後半になって攻勢を強めると、29分に待望の瞬間が訪れる。PA右からFW野嶽惇也が中央にクロスを送り、フリーでゴール前に走り込んだMF中原秀人が右足で合わせて先制点。この1点を守り抜いた鹿児島が、ホーム最終戦で勝ってJ2昇格を決めた。

 試合後のインタビューで、サポーターに向かって「みんな、おめでとう」と叫んだ三浦監督。「嬉しいですね。選手とはトレーニングから本当に過酷にやってきました。そういう意味では感謝しています」と感動のあまり声が裏返りながらも語った。

 スタジアムにはクラブ最多の10916人が駆けつけた。「このスタジアムがいっぱいになるなんて本当に感動です。ありがとうございます」と、サポーターの支えに感謝した。

【サッカー】鹿児島ユナイテッド、悲願のJ2昇格決定
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543125735/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:47 | 大阪 ☀ | Comment(4) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本田圭佑、自ら獲った決勝PK弾で2戦連続ゴール!メルボルンVは3連勝で2位に浮上(関連まとめ)

【サッカー】<本田圭佑(メルボルン・ビクトリー)>2戦連発ゴール!今季3得点目
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543133410/
本田圭佑2018第5節ゴール02.jpg
※画像変更しました
1: Egg ★ 2018/11/25(日) 17:10:10.04 ID:CAP_USER9

<オーストラリアAリーグ:シドニーFC−メルボルン・ビクトリー>◇25日◇シドニー

オーストラリアAリーグ、MF本田圭佑(32)が、ゴールを決めた。

アウェーでのシドニーFC戦で先発し、1−1の後半26分にPKを冷静に決めた。リーグ2試合連続ゴール。今季3得点目となった。

国際Aマッチウイークは、実質的な監督を務めるカンボジア代表を指揮し、東南アジア選手権(スズキカップ)を指揮し、就任後の初勝利もつかんだ。東南アジアからオーストラリアに戻り、アウェーでの大事な一戦で結果を残した。

11/25(日) 17:03配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181125-00402615-nksports-socc



本田圭佑が決勝PK!2戦連発でメルボルン3連勝、指揮官「彼は最高のプロだ」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181125-06528405-gekisaka-socc

メルボルン・ビクトリーに所属するFW本田圭佑が2試合連続ゴールでチームを3連勝に導いた。

 25日、メルボルンは敵地でシドニーFCと対戦。前半23分にFWオラ・トイボネンが先制点を挙げるも、35分に追いつかれて1-1で前半を折り返した。それでもメルボルンは後半26分に本田がPA内で倒されてPKを獲得。これを本田自ら決め、2-1で勝った。

 開幕から5試合連続フル出場の本田は、2試合連続ゴールを記録。ここまで5試合3ゴール3アシストでチームを牽引している。クラブ公式サイトによると、ケビン・マスカット監督は「彼は信じられないくらいうまくやっている。彼は最高のプロだ」と32歳FWを称えている。

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:21 | 大阪 ☀ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手倉森誠氏、J2降格の長崎新監督候補に浮上!年俸1.5億円オファー!(関連まとめ)

【サッカー】<J2降格の長崎>新監督候補に手倉森氏浮上!複数の関係者によると、年俸1億5000万円を超える高額オファーを提示
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543131234/
手倉森リオ五輪監督.jpg
1: Egg ★ 2018/11/25(日) 16:33:54.66 ID:CAP_USER9.net

【明治安田生命J1第33節 長崎1―2G大阪 ( 2018年11月24日 パナS )】 来季J2降格が決まっている長崎の新監督候補に、リオデジャネイロ五輪代表監督の手倉森誠氏(51)が挙がっていることが分かった。複数の関係者によると、年俸1億5000万円を超える高額オファーを提示。すでにクラブ関係者が接触しているという。

手倉森氏はリオ五輪後は日本代表コーチとして、W杯ロシア大会での16強入りにも貢献した。高田社長は1年でのJ1復帰を目標に掲げ「(ハードワークの)路線を継承しつつ、新たな血を入れてくれることを期待している」と話しており、堅守速攻をベースとする同氏は適任。今後の交渉に注目が集まる。

 長崎は24日はG大阪相手に一度は追い付いたものの、1―2で敗れ、今季限りでの退任が決まった高木監督は白星をつかめなかった。

2018年11月25日 05:30スポニチ
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/11/25/kiji/20181124s00002179504000c.html



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(16) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南米王者決定戦、ボカのチームバスが投石で襲撃され延期に…ボカの選手数名が負傷

【サッカー】<コパ・リベルタドーレス>ボカ・ジュニアーズのバス襲撃から事態は収束せず…双方の意向で決勝は25日に延期
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543121704/
南米王者決定戦延期.jpg

1: Egg ★ 2018/11/25(日) 13:55:04.83 ID:CAP_USER9.net

 24日、18時にキックオフ予定だったコパ・リベルタドーレス決勝第2戦、リバー・プレートvsボカ・ジュニアーズは、25日19:15開始に延期されることとなった。

 クラブの南米王者を決めるコパ・リベルタドーレス決勝第2戦は現地時間18時キックオフ予定となっていたが、会場入りしたボカのバスをリバー・プレートのサポーターが襲撃。投石によってバスの窓が割られ、制止に入った機動隊の催涙スプレーなどによって、ボカの選手が病院に搬送される事態に。

 試合開始が危ぶまれる中、一時は現地時間19:15にキックオフが後ろ倒しされることに。しかし事態は収束せず、さらに21:00キックオフへとスライドされた。

 だが、ボカ選手数人が負傷したことにより、リーベルとボカ双方が「本日試合することは不可能」という紳士協定を結ぶことに。この動きを受け、南米サッカー連盟(CONMEBOL)のアレハンドロ・ドミンゲス会長は「両チームの意向により、試合を延期することに決めた。これはフットボールの試合であり、戦争ではない」との声明を出し、25日19:15(日本時間26日AM7:15)キックオフに延期すると正式発表。当初予定されていた時刻より、25時間遅れで開催されることとなった。

 またボカの主力が負傷したと伝えられる中、25日の試合では問題なくピッチに立てるのか、その動向が注目される。

 コパ・リベルタドーレスの決勝は、ファン同士の対立が激しいとされる、ボカ・ジュニアーズvsリバー・プレートのスーペルクラシコに。南米王者を決める大一番は、両チームの対立構造から思わぬ形で開催が1日遅れる事態となっている。

18/11/25 11:27ゲキサカ
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?260021-260021-fl



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(18) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイエルン、2点先制も宇佐美先発のデュッセルドルフに3-3ドロー!21歳FWルケバキオ劇的ハット許す(関連まとめ)

ファンは容赦ないブーイング…バイエルン、ホームで21歳FWに劇的ハット許しドローで4試合勝ち無し/ブンデスリーガ第12節
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181125-00000056-goal-socc
ルケバキオ2018第12節ハット.jpg

ブンデスリーガは24日に第12節が行われ、バイエルン・ミュンヘンとフォルトゥナ・デュッセルドルフが対戦した。

前節首位のドルトムントに敗れ、7ポイント差に広げられたバイエルン。ホームで勝ち星を取り戻したい中、前節久々に勝利を挙げたフォルトゥナを迎えた。

フォルトゥナでは、宇佐美貴史が先発出場。19歳の時に初の海外挑戦として、19歳の時に宇佐美が加入したバイエルン。当時は出場機会をつかめないまま退団となった日本人WGだが、数々の経験を経て、古巣相手に成長を見せる戦いに挑んだ。

フォルトゥナは1分、いきなりカウンターからノイアーにセーブを強いるなど、良い入りを見せる。対するバイエルンは、ボールを長い時間握ってチャンスを伺う。14分には、敵陣まで侵入したボアテングがミドルを放ち、相手ゴールを脅かした。

すると17分、バイエルンが先制。CKのこぼれ球をズーレが蹴り込んだ。勢いに乗るホームチームは、20分には追加点。上がったDFラインの裏をとったミュラーが抜け出し、1トラップから冷静に押し込んだ。

2失点を喫したフォルトゥナだが、前半終了間際に1点を返す。右サイドのクロスにツィマーが抜け出すと、上手くコントロールできなかったものの粘って折り返す。これをルケバキオが押し込んだ。1点差に縮めて、前半を折り返す。

後半も、やはりバイエルンがボールを握る展開に。すると58分、相手DFを背負って粘ったレヴァンドフスキがヒールで落とすと、走り込んだのはミュラー。右足でネットを揺らし、再びフォルトゥナを突き放す。

宇佐美はチャンスに絡むシーンもあったが、70分にピッチを後に。その後も諦めないフォルトゥナは、77分に再びルケバキオがネットを揺らして1点差に。すると後半アディショナルタイム、ついに同点に追いつく。相手DFラインの後方に生まれたスペースにルケバキオが走り込み、ノイアーとの一対一を制した。

試合はこのまま終了。アリアンツ・アレーナでのバイエルン戦で21歳FWルケバキオがハットトリックを達成し、フォルトゥナが引き分けに持ち込んだ。バイエルンファンは容赦なくブーイングを浴びせている。

■試合結果

バイエルン 3-3 フォルトゥナ

■得点者

バイエルン:ズーレ(17分)、ミュラー(20分、58分)

フォルトゥナ:ルケバキオ(44分、77分、後半AT)

FC BAYERN (XXXXX) MUNCHEN EV 272
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1541874596/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:59 | 大阪 ☁ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京V、10人となるも平決勝ヘッドで大宮撃破!J1昇格まであと2勝!J1参入プレーオフ第1回戦(関連まとめ)

【サッカー】J1参入PO第1回戦 10人の東京V、大宮撃破!! 11年ぶりJ1昇格へあと2勝
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1543125824/
平2018J1参入PO第1回戦.jpg

1: 久太郎 ★ 2018/11/25(日) 15:03:44.66 ID:CAP_USER9.net

大宮 0−1 東京V

[得点者]
71'平 智広(東京V)

スタジアム:NACK5スタジアム大宮
入場者数:11,858人
https://www.jleague.jp/match/j1j2playoff/2018/112505/livetxt/#live

退場者出るも東京Vが勝利で次ラウンドへ!大宮は地の利生かせず/J1参入PO1回戦

J1参入プレーオフ1回戦が25日に行われ、シーズン5位の大宮アルディージャと6位の東京ヴェルディが対戦した。

引き分けでも勝ち抜けが決まる大宮は、出場停止から戻ってきたマテウスが先発。一方、最終節で退場となった嶋田慎太郎は出場停止となっている。エースで、得点王の大前元紀もスタメンに入った。勝利が絶対条件の東京Vは、最終節でゴールを挙げた林陵平がスタメンに。欠場していたレアンドロがベンチ入りした一方で、ドウグラス・ヴィエイラ、泉澤仁は間に合わなかった。

スタジアムは満員。記者席も埋まり、大宮にとって今季最後のホームゲームは最高の雰囲気でキックオフの笛が鳴らされた。

石井正忠監督が前日に語っていた通り、大宮は「アグレッシブな」立ち上がりを見せ、サポーターの大声援に応える戦いぶりを見せる。それでも、徐々にポゼッションは東京Vへ。大宮のマイボールの時間は減っていき、奪ってもすぐに回収されてしまう。

大宮は防戦一方で、前半45分間を終える。

後半に入ってもペースは変わらない。しかし、58分にアクシデント。東京VのMF内田達也に2枚目のイエローカードが出て退場に。押し込んでいた東京Vにとって痛すぎる数的不利となってしまう。

しかし、1点が必要な東京Vは前に出て、セットプレーから香川勇気がヘディングシュートを放つなど、勇気を出して前へと進んでいく。

すると71分、ついに試合が動く。東京Vがゴール左の角度のない位置でFKを獲得。佐藤優平が鋭いボールを送ると、平智広の頭をかすめてファーサイドネットへと吸い込まれる。

得点が必要となった大宮は、奥抜侃志を投入。ここに来て、ボールを持ち始め、ようやくチャンスを作り始める。

ロビン・シモヴィッチも投入してロングボールも使い始める大宮だが、前線の連携がなかなかままならず、シュートシーンまでには至らない。

そしてアディショナルタイムは6分。シモヴィッチに高いボールを入れて起点を作りたい大宮だが、シュートがポストに嫌われるなど最後までゴールが遠く、ホームで敗れて今季が終了した。

一方、退場者が出ながら勝利を手にした東京Vは、横浜FCとの対戦が決定。J1復帰を目指し、12月2日に再び敵地へと乗り込む。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181125-00010006-goal-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:30 | 大阪 ☁ | Comment(10) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドルトムント、アルカセル先制弾・ピシュチェク決勝弾でマインツに2-1勝利!クラブ新記録開幕12戦無敗 香川真司は出場せず

首位ドルトムント、クラブ新記録の開幕12戦無敗。香川真司は今節もベンチ外
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181125-00298513-footballc-socc
ピシュチェク2018第12節ゴール.jpg

【マインツ 1-2 ドルトムント ブンデスリーガ第12節】
 
 現地時間24日にブンデスリーガ第12節の試合が行われ、首位ドルトムントは9位マインツのホームに乗り込んで対戦。

 ドルトムントに所属する香川真司は今節もベンチ外となった。試合開始して4分、コーナーキックからダン・アクセル・ザガドゥがヘディングシュートを放つもマインツのGKロビン・ツェントナーに止められて先制ならず。続く10分にはマルコ・ロイスがクロスボールに合わせるも、シュートはゴール右に外れる。

 対するマインツも20分、DF裏に抜け出したジャン・フィリップ・マテタがシュートを放った。しかし、ドルトムントのGKロマン・ビュルキがセーブし相手に得点を許さない。すると66分、ロイスがゴール前に折り返したボールに途中出場のパコ・アルカセルが合わせて先制点を決めた。

 先にゴールを奪ったドルトムントだったが、直後の70分にマインツのロビン・クアイソンにゴールを決められ同点に。それでも76分、ウカシュ・ピシュチェクが狙いすましたシュートを放ち、右上隅のバーを叩いてゴールに吸い込まれた。結局、ドルトムントが2-1の勝利をおさめ、開幕から12戦負けなしのクラブ新記録を樹立している。

【得点者】
66分 0-1 パコ(ドルトムント)
70分 1-1 クアイソン(マインツ)
76分 1-2 ピシュチェク(ドルトムント)

【BVB09】Borussia Dortmund 883
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1543034635/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 14:20 | 大阪 ☀ | Comment(12) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

C・ロナウド、今季9得点目でセリエA得点ランク1位タイに!ユベントスは2-0快勝し13戦12勝!

【サッカー】セリエA第13節 ユベントス、抜群の安定感で勝利し13戦12勝。C・ロナウドは今季9点目 13試合9得点
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543090941/
Cロナウド2018第13節ゴール.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/11/25(日) 05:22:21.72 ID:CAP_USER9.net

【ユベントス 2-0 スパル セリエA第13節】

イタリア・セリエAの第13節が現地時間の24日に行われ、ホームのユベントスが2-0で15位スパルに勝利し、リーグ戦13試合中12勝とした。

インターナショナルウィーク前の12節ミラン戦に勝利したユベントスは、現地時間の27日に行われるUEFAチャンピオンズリーグ(CL)バレンシア戦が控えている為、先発メンバーを変更してきた。
FWクリスティアーノ・ロナウドやマリオ・マンジュキッチが先発するもFWパウロ・ディバラやDFジョルジョ・キエッリーニらを温存した。

試合はホームのユベントスが支配。ユベントスはスパルにボールを回させて、自分たちの位置でボールを奪う。
対する格下のスパルはセットプレーからチャンスは作れるものの、チャンスらしいチャンスがなくユベントスを攻め立てることはできない。

すると28分、DFマッティア・デ・シーリオがペナルティエリア手前の右の位置でファールを受けてFKを獲得。
そのFKをMFミラレム・ピャニッチが蹴ると、ペナルティエリア内でディフェンスラインの裏を取ったロナウドがワンタッチで合わせ先制。
ロナウドの今季9点目でユベントスが先制に成功する。

前半は1-0で折り返す。すると60分、自陣深い位置でボールを奪ったDFレオナルド・ボヌッチが相手陣内の左サイドに残っていたロナウドにロングパス。
これを深い位置まで運び、MFドグラス・コスタにマイナスのパス。
コスタが左足でシュートを放ったボールはスパルGKが弾くも、詰めていたマンジュキッチが決めて2点目。
これでスパルを突き放した。

試合はこのまま終了し、2-0でユベントスが勝利を納め、リーグ戦12勝1分とした。

 【得点者】
28分 1-0 クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)
60分 2-0 マリオ・マンジュキッチ(ユベントス)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181125-00298594-footballc-socc

ロナウド決勝弾 得点ランクトップタイの9得点
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181125-00402063-nksports-socc

  

Cristiano Ronaldo goal Juventus vs Spal 2-0 all gola highlights 11/24/2018
  

Juventus vs Spal 2-0 Highlights & Goals 24/11/2018 HD

https://www.nikkansports.com/soccer/world/italy/data/ranking/
得点ランキング


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(13) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプール、サラー先制弾・アーノルド絶妙FK弾などワトフォードに3-0完勝!ヘンダーソン退場で10人となるも開幕無敗を維持

ヘンダーソン退場も…リバプール、サラー弾など3発快勝で開幕無敗を維持
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181125-06468414-gekisaka-socc
サラー2018第13節ゴール.jpg

[11.24 プレミアリーグ第13節 ワトフォード0-3リバプール]

 プレミアリーグは24日、第13節を行った。リバプールは敵地でワトフォードと対戦し、3-0で勝利した。

 28日にUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)グループリーグ第5節パリSG戦を控えるリバプールは、11日のフルハム戦(2-0)から2人を変更。MFファビーニョとDFジョー・ゴメスに代え、DFデヤン・ロブレンとMFジョーダン・ヘンダーソンがスターティングメンバーに名を連ねた。

 結果的にはオフサイドだったが、FWジェラール・デウロフェウにゴールネットを揺らされるなど、不安定な入りとなったリバプール。先発起用されたMFシェルダン・シャキリを中心に攻勢を強めたが、前半はスコアレスに終わった。

 なかなか得点を奪えないでいたリバプールだが、後半22分に均衡を破る。FWロベルト・フィルミーノのスルーパスをPA左で受けたFWサディオ・マネが中央へ折り返し、FWモハメド・サラーが右足で合わせ、先制点。リバプールが誇る3トップの連携からゴールネットを揺らした。

 勢いに乗るリバプールは後半31分、ゴール正面やや右の位置でFKを獲得すると、DFトレント・アレクサンダー・アーノルドが右足を一閃。壁を越えた鋭いシュートがゴール右隅に突き刺さり、2-0とリードを広げた。

 その後、リバプールは後半37分に2枚目のイエローカードを受けたMFジョーダン・ヘンダーソンが退場となったが、44分にGKが弾いたボールをフィルミーノが頭で押し込み、ダメ押し。3-0でワトフォードを下し、10勝3分で開幕からの無敗を維持した。

【得点者】
0−1 67分 モハメド・サラー(リヴァプール)
0−2 76分 アレクサンダー・アーノルド(リヴァプール)
0−3 89分 フィルミーノ(リヴァプール)

〓〓 Liverpool FC 〓 1012 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1542901815/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:02 | 大阪 ☀ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル・マドリード、エイバルに0-3完敗…史上初の敗北 ソラーリ正監督の初戦でまさかの黒星(関連まとめ)

【サッカー】 レアル・マドリー、エイバルに史上初の惨敗…ソラーリ正式就任後の初戦でまさかの完敗
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543068932/
エイバル2018第13節レアル戦勝利.jpg
1: 真実は一つ ★ 2018/11/24(土) 23:15:32.21 ID:CAP_USER9.net

レアル・マドリーは24日、リーガ・エスパニョーラ第13節でエイバルとのアウェー戦に臨んだ。

13日にサンティアゴ・ソラーリ暫定監督の正式契約を発表した6位のレアル・マドリー。新指揮官就任後に公式戦4連勝を決めたチームは今回のエイバル戦で、4−2で勝利した直近のセルタ戦から4選手を変更した。
最終ラインではヴァランとマルセロが先発に復帰し、ルーカス・バスケスと負傷したカゼミーロに代えてセバージョスとアセンシオを起用した。

試合開始早々、相手を脅かしたのは現在13位に位置するエイバルだった。3分、ゴール正面の遠めの位置でパスを受けたキケが思いきりよくハーフボレーで右足を振り抜く。
ドライブシュートがゴールに飛んだが、これにGKクルトワが驚異的な反応。ベルギー代表GKがわずかに触ったボールはポストに直撃した。

冷や汗をかかされたレアル・マドリーだが、直後には反撃。浮き球パスで最終ライン裏に出たベイルが強烈なボレーシュートをゴール右に突き刺す。しかし、これはオフサイドの判定となり、ゴールは認められない。さらに11分にはボックス左で仕掛けたアセンシオのクロスに正面で反応したベンゼマが、ワントラップからシュート。GKをうまくはずしたシュートだったが、ゴールライン付近でDFにクリアされる。

すると、スコアを動かしたのはエイバルだった。18分、カウンターから左サイド深くのククレジャがグラウンダークロスを入れる。ニアサイドでキケが合わせたシュートはGKクルトワにセーブされるも、こぼれ球をエスカランテがプッシュ。一時オフサイドが疑われたが、VARの結果でゴールが認められた。

ハーフタイムにかけてはビハインドを背負うレアル・マドリーが攻勢に出る。35分にはベンゼマがボックス右手前でFKを獲得すると、キッカーのベイルが直接狙う。しかし、ファーサイドを狙ったシュートは、GKリエスゴのセーブに遭った。

迎えた後半、早めに同点弾を挙げたいレアル・マドリーだったが、スコアを動かしたのはまたしてもエイバルだった。52分、高い位置でオドリオソラからボールを奪取したククレジャがすぐさま横パス。
ボックス右のエンリクがファーサイドにシュートを流し込み、エイバルがリードを2点に広げた。そして、オドリオソラが一連のプレーで負傷し、カルバハルとの交代でピッチを後にした。

さらに勢いに乗るエイバルは57分に3点目を挙げる。左サイド深くからククレジャが入れたクロスに正面のキケが合わせる。レアル・マドリー守備陣の緩いマークの中で難なく押し込み、一気にスコアを3−0とする。

攻守にチグハグさが目立つカゼミーロ不在のレアル・マドリーは、イスコのテクニックを活かしたビルドアップに頼る展開に。しかし、細かなミスが目立ってなかなかボックス内に入ることができず、アタッキングサードで良い形をつくることすらままならない。逆に77分にはシャルレスに決定的なシュートを浴びたが、これはGKクルトワが防いだ。

その後も、レアル・マドリーは最後までリズムに乗ることができず、シャットアウト負け。今季、早くも5敗目を喫している。一方、人口わずか約2万7000人の街のクラブであるエイバルは、クラブ史上初めてレアル・マドリーを下した。

■試合結果
エイバル 3-0 レアル・マドリー

■得点者
エイバル:エスカランテ(16分)、エンリク(52分)、キケ(57分)
レアル・マドリー:なし

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181124-00010031-goal-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☀ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡崎慎司、今季リーグ戦初先発!レスターはヴァーディPK弾で追い付きブライトンと1-1ドロー

岡崎が今季リーグ戦初先発のレスター、退場者出すもバーディのPK弾で勝ち点1獲得
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181125-06435011-gekisaka-socc
岡崎2018第13節.jpg
[11.24 プレミアリーグ第13節 ブライトン1-1レスター・シティ]

 プレミアリーグは24日、第13節を行った。FW岡崎慎司の所属するレスター・シティは敵地でブライトンと対戦し、1-1で引き分けた。岡崎は今季リーグ戦初スタメン。後半25分までプレーした。

 5勝2分5敗で10位につけるレスターは、10日のバーンリー戦から3人を変更。FWジェイミー・バーディとMFウィルフレッド・エンディディ、MFラシド・ゲザルに代え、岡崎とMFビセンテ・イボーラ、MFジェームス・マディソンが起用された。

 レスターは前半4分、PA手前でパスを受けた岡崎が反転して縦に仕掛け、PA内で倒されたが笛は鳴らず。12分には、最終ラインの横パスを奪われてMFベラム・カヤルに決定的なシュートを打たれたが、GKカスパー・シュマイケルがファインセーブ。しかし、15分にCKからFWグレン・マレーにヘディングシュートを決められ、先制点を許してしまった。

 1点ビハインドのレスターは前半28分、マディソンがPA内で倒れるが、シミュレーションと判定されて2枚目のイエローカードにより退場。さらに32分には、イボーラが右足を痛め、エンディディとの交代を余儀なくされた。数的不利で押し込まれる時間が続き、0-1のままハーフタイムに入った。

 1人少ない状況だが、早い時間帯に追いつきたいレスターは後半11分にMFデマライ・グレイに代えてバーディを投入。さらに25分には岡崎に代えてFWケレチ・イヘアナチョを送り込み、交代カードを使い切った。すると、33分にPKを獲得。これをバーディが右足で豪快に決め、1-1と試合を振り出しに戻した。

 その後、スコアは動かず1-1でタイムアップ。レスターは数的不利の中、勝ち点1を獲得し、4試合負けなし(1勝3分)とした。


††【The Foxes】Leicester City FC†† part5
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1540662132/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 02:33 | 大阪 | Comment(3) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング