アンテナ・まとめ RSS

2018年11月26日

Jリーガー、年俸平均は「アジア3位」!世界1位は英プレミアでJの12.5倍 英調査

【サッカー】 Jリーグの選手年俸平均は「アジア3位」。世界1位の英プレミアはJの12.5倍
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543235307/
Jリーグ2018.jpg
1: shake it off ★ 2018/11/26(月) 21:28:27.66 ID:CAP_USER9.net

イギリス「スポーティング・インテリジェンス」社は26日付で、世界のスポーツクラブの選手年俸に関する調査「グローバル・スポーツ・サラリー・サーベイ(GSSS)」の2018年度版を発表した。サッカー界の68ヶ国のトップリーグを対象とした平均年俸ランキングも作成されている。


 平均年俸世界1位のリーグは昨年に続いてイングランドのプレミアリーグ。平均約299万ポンド(約4億3500万円)という金額で、2位のリーガエスパニョーラを約36%も上回っている。

 3位以下にはイタリアのセリエA、ドイツのブンデスリーガ、フランスのリーグアンが続く。セリエAの平均年俸は約152万ポンド(約2億2100万円)でプレミアリーグの約半分、ブンデスリーガは約139万ポンド(約2億200万円)という数字となった。

 いわゆる欧州5大リーグに次ぐ全体の6位は中国スーパーリーグ(CSL)。平均約80万ポンド(約1億1600万円)で、ロシアやトルコ、ベルギーなど欧州の準強豪リーグや、ブラジル、メキシコなどのリーグを上回っている。

 アジアのリーグではサウジアラビアが平均約39万ポンド(約5600万円)で全体の11位。Jリーグは約24万ポンド(約3500万円)でアジア3番手、全体では19位となっている。18位のオランダよりやや少なく、オーストリア、スコットランド、ウクライナ、ギリシャなどのリーグを上回った。

 アジア4番手は韓国のKリーグで、平均約10万ポンド(約1450万円)。本田圭佑のプレーするオーストラリアのAリーグが僅差でアジア5番手に続いた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181126-00298807-footballc-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:26 | 大阪 ☁ | Comment(19) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、C・パレスとホームで0-0ドロー…CL出場圏遠のく 互いにネット揺らすも幻に

互いにネット揺らすが幻に…マンU、クリスタル・パレスに苦しみスコアレスドロー
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181125-06434191-gekisaka-socc
ルカク2018パレス戦オフサイド.jpg


[11.24 プレミアリーグ第13節 マンチェスター・U 0-0 クリスタル・パレス]

 プレミアリーグは24日、第13節を行った。マンチェスター・ユナイテッドはホームでクリスタル・パレスと対戦し、0-0で引き分けた。

 27日にUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)グループリーグ第5節ヤングボーイズ戦を控えているユナイテッドは、11日のマンチェスター・シティ戦(1-3)から4人を変更。FWマーカス・ラッシュフォードとMFアンデル・エレーラ、MFマルアン・フェライニ、DFルーク・ショーに代え、FWロメル・ルカクとMFポール・ポグバ、MFフアン・マタ、DFマッテオ・ダルミアンがスターティングメンバーに名を連ねた。

 試合はユナイテッドがボールを支配するものの、なかなか崩し切ることができない。対するパレスは前半20分、ユナイテッドのパスミスから最後は古巣対決のMFウィルフレッド・ザハが右足ミドルシュートを放つが、わずかにゴール左へ逸れる。さらに25分、カウンターからフリーで攻め上がったDFパトリック・ファン・アーンホルトがザハのパスを受けて右足シュート。決定的なシーンだったが枠を捉えきれなかった。

 パレスに押し込まれるユナイテッド。前半29分、PA左からDFアシュリー・ヤングが折り返したボールをニアに飛び込んだMFジェシー・リンガードが右足で合わせるが、GKウェイン・ヘネシーに阻まれる。パレスは43分、左サイドのFKからMFルカ・ミリボイェビッチが左足でクロスを供給。MFシェイク・クヤテがヘディングシュートでゴールネットを揺らしたが、オフサイドと判定され、得点は認められなかった。

 ユナイテッドはスコアレスで迎えた後半12分、右サイドからのクロスがPA左手前へ流れ、ヤングが低い弾道のシュートを打ち込む。GKヘネシーが弾いたボールをルカクが右足で押し込んだが、こちらもオフサイドと判定された。14分には、2枚替えを敢行。リンガードとマタを下げ、フェライニとFWマーカス・ラッシュフォードを入れた。

 さらにユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は後半23分にポグバを下げ、FWアレクシス・サンチェスを投入。あと22分を残して交代カードを使い切った。しかし、29分にパレスにチャンス。ハーフェーライン付近からMFアンドロス・タウンセンドがドリブルで運び、相手をスルスルとかわしてGKと1対1の状況から右足を振り抜く。だが、枠を外れて先制のチャンスを逃した。

 その後はユナイテッドが前に出たが、最後までスコアを動かすことができないまま0-0でタイムアップ。マンチェスター・ダービーに続く連敗は免れたが、欧州CLへ弾みをつけることができなかった。

† Red Devils Manchester United 1323 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1542171109/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:00 | 大阪 ☁ | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中村俊輔、磐田残留は「殺気だった集団に成れるかどうか」

磐田が残留持ち越し、中村俊輔「殺気だった集団に」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181124-00401857-nksports-socc
俊輔2018第33節.jpg

<明治安田生命J1:磐田0−2札幌>◇第33節◇24日◇ヤマハ

ジュビロ磐田は、ホーム最終戦でJ1残留を決められなかった。引き分け以上で残留が決まったが、北海道コンサドーレ札幌に完封負けした。

前半12分にオウンゴールで先制点を献上。後半31分にはウンターから2点目を失い、敗れた。

最終節の次節はアウェーで川崎フロンターレと対戦し、引き分け以上で残留が決まる。MF中村俊輔(40)は「チーム一丸というより、殺気だった集団になれるかどうかだと思う」。移籍後初の古巣戦を迎えるFW大久保嘉人も「もう、やるしかない」と決意を口にした。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11223
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1543226334/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:58 | 大阪 ☁ | Comment(16) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【セリエAまとめ】ナポリ、最下位キエーボと0-0ドロー!インテルはケイタ2発で3-0完勝!ラツィオはコレア劇的同点弾で追い付きミランと1-1ドロー!ローマはウディネーゼに敗れる セリエA第13節

ナポリが最下位キエーボと分ける、首位ユベントスとの勝ち点差は8に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181126-00000013-jij_afp-socc
ナポリ2018第13節キエーボ戦.jpg

【AFP=時事】18-19イタリア・セリエAは25日、第13節の試合が行われ、ナポリ(SSC Napoli)は最下位キエーボ・ベローナ(Chievo Verona)と0-0で引き分け、首位ユベントス(Juventus)はリーグ8連覇へ視界良好となった。

 カルロ・アンチェロッティ(Carlo Ancelotti)監督率いる2位ナポリは、ユベントスとの勝ち点差6を維持するためには勝利が必要だったが、本拠地サン・パオロ・スタジアム(San Paolo Stadium)でキエーボから得点を奪えなかった。ナポリは28日、欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2018-19)でレッドスター・ベオグラード(Red Star Belgrade)をホームに迎える。

 ユベントスは24日、クリスティアーノ・ロナウド(Cristiano Ronaldo)とマリオ・マンジュキッチ(Mario Mandzukic)のゴールでSPALに勝利しており、ナポリとの勝ち点差は8となった。またこの結果、19位に沈むフロジノーネ・カルチョ(Frosinone Calcio)に3-0で快勝した3位インテル(Inter Milan)とナポリとの同差は1となった。

 アンチェロッティ監督は「今はセリエAの順位表を気にするタイミングではない。われわれはリーグ戦の折り返し地点でそれを評価する」とコメントしている。

「きょうは組み立て、ボール奪取、フィニッシュなどすべての面で甘かった。このことがキエーボに守備的な試合を許す要因となった」と試合を振り返ったアンチェロッティ監督は、「だが水曜日(28日)のレッドスター戦に向けた良いテストになった。レッドスター戦でも戦術のテーマは同じだ」と次戦に切り替えた。

 イタリア代表を指揮したジャンピエロ・ヴェントゥーラ(Giampiero Ventura)氏がわずか4試合で辞任したキエーボは、後任のロレンツォ・ダンナ(Lorenzo D'Anna)氏も10月に解任された。今季3人目のキエーボの指揮官に就任したドメニコ・ディカルロ(Domenico di Carlo)監督は、その初陣でナポリを苦しめて勝ち点の獲得に成功した。

 4位ラツィオ(SS Lazio)と5位ACミラン(AC Milan)の一戦は、終了間際にホアキン・コレア(Joaquin Correa)のゴールでラツィオが追いついて1-1の引き分けに終わった。インテルとラツィオのポイント差は5、ミランと同都市のライバルとの差は6となっている。

 43人が亡くなった8月の橋の崩落事故後初のダービーとなったサンプドリア(Sampdoria)とジェノア(Genoa CFC)の試合は1-1の引き分けに終わった。

 サンプドリアは8分にファビオ・クアリアレッラ(Fabio Quagliarella)のヘディングで先制したが、ジェノアは17分にクシシュトフ・ピョンテク(Krzysztof Piatek)のPKで同点とした。リーグ戦10点目を挙げたピョンテクは、ロナウドを上回り得点ランクトップに立っている。

 セリエAの舞台に2015年ぶりに復帰したパルマ(Parma FC)は、サッスオーロ(US Sassuolo)に2-1で勝利して勝ち点を20に伸ばし、来季ヨーロッパリーグ(UEFA Europa League)出場権獲得圏内となる6位に浮上した。【翻訳編集】 AFPBB News

“野戦病院”ミランは守備奔走から先制成功も…後半ATに失点食らいラツィオとドロー

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181126-06577019-gekisaka-socc

[11.25 セリエA第13節 ラツィオ1-1ミラン]

 セリエAは25日に第13節を行った。ラツィオとミランの対戦は1-1のドローに終わっている。

 ミランは11日の第12節・ユベントス戦は0-2で完敗。FWゴンサロ・イグアインが退場処分で出場停止となり、またMFジャコモ・ボナベントゥーラやMFルーカス・ビリア、DFアレッシオ・ロマニョーリ、DFマテオ・ムサッキオが怪我のため離脱中。苦しい台所事情の中、今節は3-4-3の布陣で最終ラインはDFイグナツィオ・アバーテ、DFクリスティアン・サパタ、DFリカルド・ロドリゲスを配置した。

 “野戦病院”と化したミランに前半からラツィオが襲い掛かるも、急造3バックを始めチームが意思統一を図り、失点を許さない。一方で、前線はMFスソ、MFハカン・チャルハノール、FWパトリック・クトローネが反撃を狙うがゴールネットを揺らせず。前半を0-0で折り返した。

 後半も拮抗状態が続くが、後半33分にミランが一瞬の隙を突く。中盤のスソから右サイドの裏へ浮き球パスを出し、DFダビデ・カラブリアがPA右外からマイナスに折り返す。走り込んだMFフランク・ケシエが右足ダイレクトで合わせると、ラツィオDFワラシに当たって弾道が変わり、そのままゴールに吸い込まれた。

 強敵ラツィオ相手に勝利を目前としたミランだが、後半アディショナルタイム3分過ぎに失点。ラツィオはMFホアキン・コレアがPAライン上から鋭い右足シュートを放ち、ゴール左に突き刺した。試合は1-1でドロー。守備に奔走したミランにとって、肩を落とす結果となった。

 ともに順位は変わらず、ラツィオは4位、ミランは5位のままとなっている。

 ミランは29日にヨーロッパリーグのグループリーグ第5節でデュドランジュと、ラツィオも同日に敵地でアポロンと対戦する。

セリエAを見るぞNo.187
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1539811332/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:17 | 大阪 ☁ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浦和DF平川忠亮、現役引退を表明…浦和一筋17年「一つの後悔もありません」

DF平川忠亮が現役引退を表明…浦和一筋17年「一つの後悔もありません」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181126-00868636-soccerk-socc
平川浦和.jpg

 浦和レッズは26日、DF平川忠亮が今季限りで現役を引退すると発表した。12月1日に埼玉スタジアム2002で行われる2018明治安田生命J1リーグ第34節・FC東京戦終了後に、セレモニーが開催される。

 現役引退を決断した平川は、浦和のクラブ公式HPにコメントを掲載。周囲への感謝を綴った。

「今シーズンをもって、引退する決断をしました。ファン・サポーターのみなさんをはじめ、ホームタウンやパートナー企業のみなさんなど、本当に多くの方が僕や浦和レッズを支えてきてくれました。チームメートやチームスタッフ、そしてクラブも含め、すべての方に感謝しかありません。17年のプロサッカー人生というのは、自分の想像をはるかに超える期間でした。やりきった思いが強く、一つの後悔もありません。そして、浦和レッズというクラブで過ごせたことは、本当によかったと感じています。今後については、クラブと一緒にどのような形がよいか考えているところです。また、あらためてご報告できればと思います」

「浦和レッズのファン・サポーターは、温かいサポートをするだけではなく厳しい面もありました。でも、それが自分の成長につながったと思っていますし、あらためて、みなさんには感謝を伝えたいです。最終節の試合後には、みなさんに挨拶をさせてもらうことになると思いますが、湿っぽくはしたくありません。ぜひ、みなさん、スタジアムにお越しいただいていつもどおり共に戦い、勝利を勝ちとりましょう」

 現在39歳の平川は静岡県出身で、2002年に筑波大学から浦和に加入し、プロキャリアをスタートさせた。2006年にはJ1優勝、翌2007年にはAFCチャンピオンズリーグ(ACL)優勝を経験。現役生活17年間を浦和で過ごし、7つのタイトル獲得を味わった。これまでの通算成績は、J1リーグ戦335試合出場9得点、JリーグYBCルヴァンカップ(前Jリーグヤマザキナビスコカップ)67試合出場1得点、天皇杯全日本サッカー選手権大会23試合出場0得点、ACL24試合出場0得点。今季はここまでJ1で2試合に出場したのみだった。

◆レッズ本スレ◆
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/wc/1543125945/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J2大宮、石井正忠監督が退任へ…後任候補にユン・ジョンファン氏、吉田達磨氏ら(関連まとめ)

【サッカー】<J2大宮アルディージャ>石井正忠監督が退任!後任に尹晶煥氏、甲府を途中解任された吉田達磨氏ら候補
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543186121/
石井監督2018PO後記者会見.jpg

1: Egg ★ 2018/11/26(月) 07:48:41.77 ID:CAP_USER9.net

J2大宮アルディージャの石井正忠監督(51)が今季限りで退任することが25日、分かった。

石井監督は昨季11月、クラブがJ2降格の危機にある中で監督に就任した。クラブはJ2に降格したが、鹿島アントラーズで年間優勝した手腕を評価し、1年でのJ1復帰を目標に今季の指揮を委ねた。

だが、J2の戦い方に慣れるまで時間を要し、開幕戦こそ勝利したが4戦未勝利と出遅れた。 リーグでは最終節で5位に滑り込み、J1参入プレーオフに進出したが、東京ヴェルディに数的有利な状況の中で敗れ、1年でのJ1復帰はならなかった。石井監督は会見で「J2の戦いに戸惑ってチームを波に乗せられずにいってしまったことが最大のミス」と振り返っていた。

後任は人選中で、セレッソ大阪を退任した尹晶煥氏(45)、ヴァンフォーレ甲府を途中解任された吉田達磨氏(44)が候補に挙がっている。 尹氏はサガン鳥栖をJ2からJ1に昇格させるなど、実績も十分で近日中にも本格的な交渉に入るとみられる。

11/26(月) 4:59配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181126-00402996-nksports-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20181126-00402996-nksports-000-view.jpg




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:34 | 大阪 ☁ | Comment(5) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バス襲撃で延期の南米王者決定戦、再び延期に…ボカの選手が事件で負傷や体調不良となり公平性を欠くとの理由

【サッカー】<コパ・リベルタドーレス決勝第2戦>またも中止!バス襲撃による延期から一夜…公平性に欠くとの理由
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543184264/
ボカ主将負傷.jpg

1: Egg ★ 2018/11/26(月) 07:17:44.98 ID:CAP_USER9.net

リーベル・プレートとボカ・ジュニオルスによるコパ・リベルタドーレス決勝第2戦が2日連続で中止となった。

当初、24日にリーベルのホームで行われる予定だったコパ・リベルタドーレス決勝の第2戦だったが、試合前にボカ選手団を乗せたバスが襲撃される騒動に発展。2度にわたりキックオフの時間を遅らせようとしたが、事態は収拾せず、またボカ側に数名の負傷者も出ており、南米サッカー連盟(CONMEBOL)はやむなく翌25日に延期することを発表した。

そして迎えた25日、ボカはキャプテンのパブロ・ペレスが目と腕を負傷し、さらに数名の選手が催眠スプレーにより体調不良をきたしたことで、コンディションに公平性を欠くとしてCONMEBOLに試合の延期を要請。これを受け、連盟はこのリクエストを受諾する形となり、またしても延期が決定した。

CONMEBOLは公式ツイッターで「会長と協議会は、スポーツとしての公平性を守るためにコパ・リベルタドーレス2018ファイナルのリターンマッチを延期することを日曜日の午前中に決定した」と綴った。

なお、現状で新たな試合日程は決まっておらず、27日に行われるボカ、リーベル両クラブ会長が出席する会議により決定される。

11/26(月) 6:01配信GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181126-00000035-goal-socc

写真
https://img.footballchannel.jp/wordpress/assets/2018/11/20181125_boca_instagram.jpg

南米頂上決戦、チームバスが襲撃受け延期…ドクターが負傷選手の写真をSNSに
https://www.footballchannel.jp/2018/11/25/post298677/



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大迫勇也、途中出場でチャンス創出!ブレーメンは後半ATで追い付きフライブルクと1-1ドロー

大迫が途中出場でチャンス演出。ブレーメンは後半ATに追いつき連敗止める
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181126-06609154-gekisaka-socc
大迫2018第12節.jpg

[11.25 ブンデスリーガ第11節 ブレーメン1-1フライブルク]

 ブンデスリーガ第11節3日目が25日に開催され、FW大迫勇也が所属するブレーメンがホームでフライブルクと対戦し、1-1で引き分けた。2試合連続でベンチスタートとなった大迫は後半18分から出場した。

試合は前半42分、ルカ・バルトシュミットがハンド判定からVARの末にPKを獲得。バルトシュミットが自らキッカーを務めると、左足でゴール右上に突き刺した。

 1点ビハインドで後半を迎えたブレーメンは同18分に大迫を投入すると、大迫が攻撃の起点になってシュートまで持ち込む展開をつくる。迎えたアディショナルタイム、CKの混戦からDFルドビク・アウグスティンソンが押し込み、同点弾。1-1で引き分けたブレーメンは連敗を止めた。

大迫勇也 79
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1542806775/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【鎌田絶好調!】鎌田大地、絶妙ゴールで3戦連続弾・10戦9得点!冨安健洋も移籍後初ゴール!強豪アンデルレヒト戦勝利に貢献(関連まとめ)

【サッカー】<鎌田大地が3戦連続弾!> 冨安健洋も移籍後初ゴール! STVVの“日本人デュオ”が名門アンデルレヒトを蹴散らす
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543183208/
鎌田と冨安2018第16節ゴール.jpg

1: Egg ★ 2018/11/26(月) 07:00:08.01 ID:CAP_USER9.net

【得点者】
8分 1-0 ベズス(シント=トロイデン)
38分 1-1 サンティニ(アンデルレヒト)
52分 1-2 サンティニ(アンデルレヒト)
62分 2-2 冨安(シント=トロイデン)
66分 3-2 鎌田(シント=トロイデン)
90+3分 4-2 ボリ(シント=トロイデン)

https://www.footballchannel.jp/2018/11/26/post298706/

鎌田は通算ゴール数を9に伸ばす!

現地時間11月25日に実施されたベルギー・リーグ第16節、シント=トロイデン(STVV)対アンデルレヒトの一戦は、4−2でホームのSTVVが勝利した。

 試合は、日本のサッカーファンにとってしびれる展開となった。

 冨安健洋が3バックの右で、鎌田大地が3トップの左でフル出場したSTVVが先制に成功したのは8分だった。右からのクロスを鎌田が中央で受け、後ろから走り込んだロマン・ベズスがそのまま蹴り込んだ。

 その後は、順位でひとつ上回るアンデルレヒトの時間帯になる。38分にヘッドで、52分にはPKによってクロアチア代表のイバン・サンティニが2ゴールを叩き出し、アウェーのアンデルレヒトが逆転に成功。この2点で、サンティニは通算11ゴールとし、得点ランクのトップに立った。
 
 だが、これで試合は終わらなかった。ゲームの流れをSTVVに引き戻すことになる同点ゴールが生まれたのは62分、ショートCKからキャスパー・デ・ノレがあげたクロスにジョルジ・テイシェイラがヘッドで合わせ、GKが弾いたところを冨安が右足で押し込んだのだ。

 STVVで完全なるレギュラーとしてプレーする20歳の日本代表DFは、この移籍後初ゴールにも浮かれることなく、「もう1点行くぞ!」といわんばかりの頼もしい表情でスタンドのファンを煽る。

 そして冨安の同点弾の4分後、STVVは逆転に成功する。殊勲のゴールを決めたのはエースの鎌田だった。

 66分、ドリブル突破を仕掛けたベズスに道を開けるように左サイドに流れた鎌田に、そのベズスからパスが入る。するとチーム得点王の日本人FWは、左サイドの角度のないところから迷いなく右足を振り抜き、ニアポストとGKの間に生じたわずかな隙間に、鋭い弾道をねじ込んでみせたのだ。

 鎌田の3試合連続ゴール(通算9ゴール目)が決まり、完全に勢いづいたSTVVは、90+3分にもコートジボワール代表FWヨアン・ボリがダメ押し弾を叩き込み、4−2で勝利を飾った。アンデルレヒトは4位、STVVは5位と順位に変動はなかったものの、両チームの勝点差は6から3へと縮まっている。

11/26(月) 5:21 サッカーダイジェスト
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail1/id=50747

写真https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/50747_ext_04_0_1543177290.webp?v=1543177445


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:49 | 大阪 ☁ | Comment(11) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、オバメヤン決勝ゴールでボーンマス下し4試合ぶりに勝利!ダービー戦に向け弾み

上位追走へ!アーセナルが熱戦制して4試合ぶり勝利…次節のダービー前に弾み/プレミアリーグ第13節
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181126-00000034-goal-socc
オバメ2018第13節ゴール.jpg

プレミアリーグは25日に第13節が行われ、アーセナルはボーンマスと対戦した。

現在11連勝を含む、公式戦16試合無敗のアーセナル。しかし直近3試合はドローで終えており、勝ち点3がほしい中で代表ウィーク明け最初の試合で、前節終了時点で6位と好調ボーンマスと激突した。

敵地での一戦で、アーセナルは今季プレミアリーグで初めて3バックをスタートから採用。ソクラティスがスタメンに復帰した一方、ラカゼットが負傷のためメンバー外に。また、エジルはベンチスタートとなり、前線に

はムヒタリアン、イウォビ、オーバメヤンが入った。

試合序盤は、ホームのボーンマスが前線への圧力を持って勢い良く入る。8分にはブルックスがネットを揺らしたが、オフサイドの判定でノーゴールとなった。アーセナルはボーンマスの圧力を受ける形となり、ボックス内の侵入を何度か許す展開に。激しいプレスを前になかなかボールを繋げない時間が続く。23分にはCKのこぼれ球をオーバメヤンが押し込みに行ったが、枠外へと外れた。

20分前後から敵陣へと侵入できる回数が増えてきたアーセナルは、良い時間帯に先制に成功。30分、ショートカウンターから左サイドを駆け上がったコラシナツがクロスを上げると、レルマがスライディングでクリアを試みる。しかし、勢い良く蹴り出したボールは自陣ネットに吸い込まれた。思わぬ形で、アウェイチームがリードを手にする。

落ち着いて試合を進めることが可能となったアーセナルは、イウォビやオーバメヤンがチャンスを迎えるが、追加点は奪えない。

すると前半アディショナルタイム、ボーンマスが追いつくことに成功。自陣ボックス内からカウンターを発動すると、最後は中央のブルックスのパスを受けたキングがダイレクトでネットを揺らした。アーセナルはこの試合もリードで前半を終えることができず。同点で折り返す。

後半開始も、ボーンマスが縦へのスピードを持って勢い良く入る。3バックにシステムを変更し、アーセナルへ圧力をかける。対するアーセナルは、イウォビのポジショニングやオーバメヤンをねらったロングパスでチャンスを伺う。64分には、高い位置でカットし、最後はオーバメヤンがシュートを放ったが、枠を捉えない。

すると67分、アーセナルが勝ち越しに成功。素早いリスタートからパスを繋いで左に展開すると、イウォビが走り込んだコラシナツにパスを通す。ダイレクトで折り返したボールを、オーバメヤンが1タッチでネットを揺らした。

勢いに乗るアウェイチームは、69分にはカウンターからオーバメヤンが持ち運び、ムヒタリアンへラストパス。しかしトラップが乱れ、シュートも枠外に。78分には走り込んだコラシナツが見事なタッチからシュートに持ち込んだ。

アーセナルは、終盤選手交代をしつつ試合を落ち着かせに入る。劣勢のボーンマスだが、85分にはレルマのミドルが左ポストを叩くと、再び勇気を取り戻す。85分には裏を取ったスタニスラスが折り返すが、GKレノが相手が飛び込んでくる中でも体を張ってキャッチした。89分のCKでもチャンスを作ったが、またもレノが弾き出す。

しかし、アーセナルは追加点を許さず。リードを守りきり、4試合ぶりの勝利を挙げた。

この結果、勝ち点を27に伸ばしたアーセナル。4位チェルシーとは1ポイント差に迫った。次節はいよいよ、トッテナムとの「ノースロンドン・ダービー」に挑む。

■試合結果

ボーンマス 1-2 アーセナル

■得点者

ボーンマス:キング(前半AT)

アーセナル:OG(30分)、オーバメヤン(67分)


【Gunners】 Arsenal F.C.【part1310】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1543155712/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神戸イニエスタ、子供達80人にサッカー教室!ミニゲームに参加し、華麗なループパスに子供たち「すげぇ〜」

【サッカー】神戸イニエスタ、サッカー教室!子供たちとミニゲーム
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543151805/
イニエスタサッカー教室.jpg
1: 久太郎 ★ 2018/11/25(日) 22:16:45.68 ID:CAP_USER9.net

 神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)が25日、神戸市の「いぶきの森球技場」で開催された楽天株式会社・楽天ヴィッセル神戸株式会社主催のサッカー教室「イニエスタ メソドロジー スペシャルエディション」に参加した。もともとイニエスタの技術などを伝え、若手選手を育成するために2013年にスペイン・バルセロナで初めて開催。その後、世界各国で子どもたちにプログラムを授けてきたが、日本では今回が初開催となった。イニエスタからサッカーを学べる貴重な機会ということもあり、抽選で選ばれた小学4〜6年生約80人が全国各地から集まった。

 当初イニエスタはチームの練習もあったため修了式のみの参加予定だったが、練習を終わらせて急きょ飛び入り参加。笑顔を浮かべ、少年らに時折アドバイスも送りながら、一緒にミニゲームなどを行った。華麗なループパスを披露すると、子どもたちは「すげえ〜!」と感激。シュートを決めた子どもとは、ハイタッチなどをして喜び合う姿も見られた。

 約1時間半、子どもたちと一緒に過ごしたイニエスタは「とても嬉しいよ。このキャンパスが日本で初めてということで、これを通して自分の考え方やどういうプレーをしているかを、日本に伝えていくためのひとつのプロジェクトになればいいなと思っています。これからも引き続きやっていきたい」と意欲を見せた。クラブによると来年から同アカデミーの本格始動を予定しており、全国で開催する計画という。

 さらに子どもたちに向けて「夢のために戦う情熱やサッカーを楽しむことを伝えたい。ボールをどうやって保持するか、ボールを持っている時に何をすべきか、持っていない時に何をすべきか、小さい頃から築き上げていくことが大事」と技術はもちろん、メンタル面の大切さも伝えていきたいと力説。「達成するために日々戦い続けること。サッカー選手になるために何をするか、しっかりと実践すれば高いところに到達できるんじゃないかと思うよ」と、高い目標を持ち続けることの重要性を口にした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181125-00000167-sph-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:36 | 大阪 ☀ | Comment(7) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング