アンテナ・まとめ RSS

2018年12月30日

桐光学園FW西川潤(16)、独1部レバークーゼンが正式オファー前提の練習参加を打診!U-19日本代表でも活躍

【サッカー】<FW西川潤(桐光学園)>ドイツ1部・レバークーゼンが正式オファーを前提とした練習参加を打診!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1546169296/
西川潤U19表彰.jpg
1: Egg ★ 2018/12/30(日) 20:28:16.23 ID:CAP_USER9

ドイツ1部リーグ、レバークーゼンが桐光学園高2年でU−19(19歳以下)日本代表のFW西川潤(16)の獲得に乗り出していることが30日、
関係者の話で分かった。

正式オファーを前提とした練習参加を同校に打診しているという。

今秋のU−16アジア選手権でMVPに輝いた世代屈指の逸材には、
すでに正式オファーを出したC大阪を始め複数のJクラブが獲得に興味を示しており、国内外での争奪戦がさらに激化しそうだ。

川崎市出身の西川は鋭い得点感覚と突破力が武器の左利きのアタッカーで、横浜Mの育成組織時代から年代別代表で活躍。
今月中旬にブラジル遠征を行ったU−19日本代表には飛び級で初招集されていた。

レバークーゼンは1904年創設の古豪で、J1名古屋の風間八宏監督(57)が現役時代に所属。
87−88年シーズンにUEFA(欧州連盟)カップで優勝した実績を持つ。

12/30(日) 20:24配信 神奈川新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181230-00032320-kana-socc

写真
西川潤桐光.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:01 | 大阪 ☀ | Comment(20) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【ビッグウインター!】アビスパ福岡、スペイン1部レガネスGKセランテスを完全移籍で獲得発表(関連まとめ)

福岡、スペイン1部レガネスのGKセランテスを完全移籍で獲得!
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181230-13643902-gekisaka-socc
セランテス.jpg

アビスパ福岡は30日、リーガ・エスパニョーラのレガネスに所属するGKセランテス(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。

 スペイン人GKは2008年にデビューすると、14年から当時2部のレガネスでプレー。レガネスは16-17シーズンに1部に昇格している。スペインリーグでのプレーは通算で182試合になるものの、昨季はリーグ戦1試合、今季は未出場となっていた。

 福岡の公式サイトを通じ、セランテスは「アビスパ福岡が与えてくれたこの機会に、私はとても幸せで感謝しています」とコメント。「日本は本当に私を惹きつける国であり、そして今回、私がアビスパ福岡の野心的なプロジェクトを聞き、これに参加することができ幸運に感じています。できるだけ早くアビスパ福岡に適応し、アビスパ福岡に関係する皆さんが私を獲得して良かったと思えるようハードワークしていきます」と意気込みを伝えている。

●GKセランテス
(Jon Ander Serantes Simon)
■生年月日
1989年10月24日(29歳)
■身長/体重
184cm/72kg
■出身地
スペイン
■経歴
バラカルドCF-SDデウスト-バラカルドCF-アスレチックビルバオU-バラカルドCF-CDルーゴ-CDレガネス

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11403
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1546162495/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:03 | 大阪 ☁ | Comment(10) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

那覇西、PK戦22全員蹴る激闘の末に駒澤大高を撃破!PK戦の途中でTV放送が終わるハプニング 全国高校サッカー選手権開幕戦(関連まとめ)

【サッカー】<第97回全国高校サッカー選手権>PK戦“22人全員”の大激戦で那覇西が駒沢大高を撃破!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1546159876/
那覇西PK.jpg
1: Egg ★ 2018/12/30(日) 17:51:16.70 ID:CAP_USER9.net

【駒沢大高 1-1(PK9-10) 那覇西 全国高校サッカー選手権1回戦】
http://www.jfa.jp/match/alljapan_highschool_2018/match_page/m1.html

【得点者】
36分 1-0 原田大渡(駒沢大)
56分 1-1 宮國永遠(那覇西)

第97回全国高校サッカー選手権1回戦の試合が30日に駒沢陸上競技場で開催され、駒沢大高校と那覇西高校が対戦した。

例年通り、選手権の1回戦は開幕戦となる1試合のみが他の試合に先駆けて開催。東京都B代表として2年ぶり4回目の選手権出場を果たした駒沢大高と、沖縄県代表として2年ぶり16回目の出場となる那覇西高が激突する。

前半は風上に立った駒沢大高が優位に試合を進め、立て続けにCKを獲得してゴールを脅かす。36分には波状攻撃からゴール前に浮いたボールに原田大渡がボレーで合わせて先制点を奪い、1点リードで前半を折り返した。

だが後半には那覇西も反撃に転じ、56分には宮國永遠がペナルティーアーク手前から豪快なミドルシュートを突き刺して同点。スコアは1-1となる。

後半終了間際には駒沢大の決定的なシュートを那覇西GKがスーパーセーブで阻み、同点のままタイムアップを迎えてPK戦へ。両チームとも一人が外した後は決め続け、11人目の“GK対決”にまでもつれ込んだ激戦は、最終的に10-9で那覇西に軍配が上がった。

12/30(日) 16:10配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181230-00303106-footballc-socc

動画
https://vod.ntv.co.jp/f/program/soc/


日テレ「全国高校サッカー」開幕戦、壮絶PK戦途中に中継終了「えー!どっちが勝ったの?」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181230-00000105-spnannex-socc

第97回全国高校サッカー選手権が30日に開幕。駒大高(東京B)と那覇西(沖縄)の開幕戦が日本テレビで午後2時から中継されたが、1―1で突入したPK戦の途中で放送が終わる“ハプニング”が起こった。

 試合は前半36分に駒大高が原田のゴールで先制。後半に那覇西が宮国のゴールで同点に追いつき、PK戦へ。駒大高の1人目が失敗、那覇西の3人目が外して迎えた那覇西の5人目の場面で中継が終わった。

 その後は両チーム11人目までもつれ込み、駒大高GK宮崎のシュートを那覇西GK新垣がセーブ。最後は那覇西のGK新垣が決めて10―9で那覇西が勝利を飾った。

 日テレオンデマンドでは開幕戦を最後までライブ配信していたが、盛り上がるPK戦途中での地上波放送終了に、ネットでは「こんないい場面で放送終わるって…」「えー!どっちが勝ったの?」「凄いタイミングで終わって、怒りを通り越して笑ってしまった」などの反響があった。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(4) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J1札幌、ブラジル人MFルーカス・フェルナンデスを期限付き移籍で獲得発表!(関連まとめ)

ルーカス・フェルナンデス選手 期限付き移籍加入のお知らせ
https://www.consadole-sapporo.jp/news/20181247051/

ルーカスフェルナンデス.jpg

生年月日:1994年4月24日
ポジション:MF
身長/体重:174cm/82kg
出身地:ブラジル

サッカー歴:
2013年1月〜2013年12月 CRB(ブラジル)
2014年1月〜2014年12月 フルミネンセ(ブラジル)
2015年1月〜2015年 6月 ボンスセッソ(ブラジル)
2015年7月〜2015年12月 ルヴェルデンセ(ブラジル)
2016年1月〜2016年 6月 アヴァイー(ブラジル)
2016年7月〜2016年12月 アトレチコ パラナエンセ(ブラジル)
2017年1月〜2017年 6月 フルミネンセ(ブラジル)
2017年7月〜2017年12月 アトレチコ パラナエンセ(ブラジル)
2018年1月〜2018年 6月 パラナ(ブラジル)
2018年7月〜2018年12月 ヴィトーリア(ブラジル)

コメント:
「このたび、北海道コンサドーレ札幌に加入することになりましたルーカス・フェルナンデスです。コンサドーレサポーター、チームスタッフ、チームメート、フロントスタッフの皆さんとともに、リーグ優勝、そして大きな目標であるACLに出場できるように頑張ります。日本でプレーすることをすごく楽しみにしていますし、自分の武器であるスピードとテクニックで、献身的にチームプレーに徹して勝利に貢献したいです。チーム一丸となって頑張りますので、応援よろしくお願いします」

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11402
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1546149629/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:35 | 大阪 ☁ | Comment(4) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイ代表FWティーラシン、J1広島を退団し母国復帰を発表「広島でプレーできたことは誇り」(関連まとめ)

タイ代表FWティーラシン「広島でプレーできたことは一生の誇り」…母国復帰を発表
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181230-00000019-goal-socc
ティラーシン広島2018サムズアップ.jpg

2018シーズンを2位で終えたサンフレッチェ広島は30日、ムアントン・ユナイテッドFC(タイ)から期限付き移籍で加入していたFWティーラシンが、期限付き移籍期間満了になったと発表した。

ティーラシンは1988年6月6日生まれの30歳。2018シーズンより広島でプレーしてJ1リーグ戦32試合に出場し、タイ国籍の選手として初となるJリーグでのゴールを含む、6得点を記録した。

ティーラシンはチームを去るにあたり、次のようにコメントしている。

「この1年間、サンフレッチェ広島の監督やコーチングスタッフ、その他のスタッフ、選手、クラブに関わる方々と一緒に仕事をすることができて、非常にうれしく思います。そして、どんなつらい時でもサポートしてくださったサポーターの皆さまには本当に感謝しております。今年は最終的に優勝できなかったですが、さまざまな面でこのクラブの強さと将来は成功できるポテンシャルを強く感じました。最後になりますが、このクラブでプレーできたことは私にとって一生の誇りです。広島の皆さま、本当にありがとうございました」

ティーラシンはタイ代表として95試合出場42得点。2019年にアラブ首長国連邦(UAE)で開催されるアジアカップにも出場が見込まれている。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11401
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1546130057/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:00 | 大阪 ☁ | Comment(15) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

磐田、川崎MF森谷賢太郎の獲得を発表!「チャンスを頂いた事に感謝」(関連まとめ)

MF森谷賢太郎が磐田へ完全移籍…6シーズン在籍した川崎に別れ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181230-00883696-soccerk-socc
森谷2018川崎.jpg

 ジュビロ磐田は30日、川崎フロンターレのMF森谷賢太郎を完全移籍で獲得したことを発表した。

 森谷は1988年9月生まれの現在30歳。横浜F・マリノスの下部組織出身で、筑波大学卒業後の2011年に横浜FMへ加入した。しかし、横浜FMでは定位置を確保することができず、2013年に川崎へ完全移籍。2014年には自己最多となるJ1リーグ27試合に出場し、2得点を挙げた。今季の明治安田生命J1リーグでは3試合のみの出場にとどまっており、今月20日には契約満了に伴い来季の契約を更新しないことが発表されていた。

 移籍に際し、森谷は計6シーズンを過ごした川崎の公式HPで別れの言葉を述べた。

「この度、ジュビロ磐田に移籍することになりました。川崎フロンターレでの6年間は本当に幸せな時間でした。こんな僕にどんなときも温かい声援を送っていただいた、ファン・サポーターのみなさんには感謝しかありません。等々力でのみなさんの熱い応援を背に受けプレーできたこと、僕のチャントをみなさんが大声で歌ってくれたこと、みなさんと一緒に素晴らしい時間を過ごせたこと、一生忘れません。本当にありがとうございました。来年は対戦相手になりますが、また等々力でプレーできることを楽しみにしています。そのときに、みなさんに元気な姿を見せられるように、日々の練習から一生懸命努力したいと思います。これからも川崎フロンターレの応援をよろしくお願いします。それと同時に、少しだけ僕を気にかけていただけたら嬉しいです。6年間ありがとうございました!」

 また、新天地となる磐田の公式HPでは以下のように意気込みを語っている。

「この度、ジュビロ磐田に加入させていただくことになりました、森谷賢太郎です。伝統あるクラブでプレーできることをとても嬉しく思います。またそのチャンスを与えていただいたことに感謝しています。ファン・サポーターの皆さんに一日でも早く顔と名前を覚えてもらい、チームの一員として認めてもらえるように、一生懸命頑張ります。ジュビロ磐田、そしてファン・サポーターの皆さんにとって素晴らしいシーズンになるよう全力を尽くしますので、応援よろしくお願いいたします」

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11401
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1546130057/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 14:57 | 大阪 ☀ | Comment(2) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

C大阪、神戸MF藤田直之に獲得オファー!図らずも山口蛍とのトレードとの形に(関連まとめ)

【サッカー】C大阪 神戸MF藤田獲得へ!図らすも移籍蛍との“トレード”という形に
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1546116714/
藤田直之神戸2018.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/30(日) 05:51:54.55 ID:CAP_USER9.net

C大阪が神戸MF藤田直之(31)に獲得オファーを出していることが29日、分かった。守備的MFの補強として動いていた広島MF稲垣と鹿島MF永木は、この日までに断りの連絡が入っている。藤田で“3度目の正直”を狙う。

藤田は正確なロングキックとロングスローが持ち味。15年の東アジア杯メンバーに選出され、国際Aマッチ1試合出場のキャリアがある。 今季神戸では29試合2得点。 元スペイン代表MFイニエスタや元ドイツ代表FWポドルスキらの攻撃力を生かす“縁の下の力持ち”としてチームを支えた。 交渉が成立すれば、図らずも元日本代表MF山口蛍(30=神戸)との“トレード”という形になる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181230-00000000-spnannex-socc
12/30(日) 5:40配信



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:06 | 大阪 ☀ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J2岡山、ブラジル人MFデネル・ピニェイロの獲得を発表「仲間たちとともに戦い抜きます」(関連まとめ)

岡山、ブラジル人MFデネル・ピニェイロ獲得「仲間たちとともに戦い抜きます」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181229-00883349-soccerk-socc
デネル ピニェイロ02.jpg

 ファジアーノ岡山は29日、MFデネル・ピニェイロの加入を発表した。

 デネル・ピェイロはブラジル出身の23歳。ブラジル国内のフィゲイレンセFCやヴィラノヴァFCでキャリアを重ねてきた。

 加入に際して同選手はクラブの公式サイト上で以下のようにコメントを発表している。

「このたび、ファジアーノ岡山という素敵なクラブでプレーする機会をいただき、とても光栄です。このクラブのユニホームに袖を通せることを誇りに思います。来シーズンの目標を達成するため、仲間たちとともに戦い抜きます」

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11398
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1546068626/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:00 | 大阪 ☀ | Comment(1) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプール、アーセナルを5-1粉砕!フィルミーノ圧巻ハットなどマネやサラーもゴール!開幕無敗継続(関連まとめ)

首位リヴァプール、アーセナルに先制許すも5ゴールで逆転勝ち/プレミアリーグ第20節
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181230-00000029-goal-socc
フィルミーノ2018第20節ゴール.jpg

現地時間29日、イングランド・プレミアリーグは第20節が行われ、リヴァプールはホームのアンフィールドでアーセナルに5-1で逆転勝利を収めた。

アンフィールドでの対リヴァプール戦で5試合勝てていないアーセナル。鬼門となりつつある場所だが、11分に先制したのはアーセナルだった。左サイドを抜けたアレックス・イウォビの折り返しを、ファーサイドに走り込んだエインズリー・メイトランド=ナイルズが押し込んでアーセナルが先制する。

これで追いかける展開となったリヴァプールがすぐさま反撃。14分、ロベルト・フィルミーノのパスを受けたモハメド・サラーがカットインしてシュート。これはDFに当たってこぼれ球となるが、こぼれ球を拾ったフィルミーノが押し込んであっさりと同点に追いつく。

さらに16分には、高い位置でサディオ・マネがボールを奪い、フィルミーノが1人、2人とDFをかわしてゴール右隅へと流し込み、あっという間にリヴァプールが逆転する。

瞬く間にリードを失うどころか逆転も許してしまったアーセナル。攻守の切り替えのスピードでは五分五分だったが、強力な前線トリオを抑えることができなかった。

32分には、右CKのクリアボールを入れ直し、ロングパスに呼応したサラーがダイレクトで折り返す。最後はマネが押し込んでリヴァプールが3-1と突き放した。

そして前半終了間際、GKアリソンのキックから右に開いたフィルミーノが縦に出すと、走り込んだサラーがエリア内に侵入。スピードでソクラティス・パパスタソプーロスをかわしたところで倒されPKを獲得する。これをサラー自らゴールど真ん中に蹴り込み、リヴァプールが4点目を挙げて試合を折り返した。

前半だけで3点を追いかける形となったアーセナルは、先制こそしたものの、エースのピエール=エメリク・オーバメヤンにシュートがなく、決定機を作ることができていなかった。

迎えた後半、アーセナルはシュコドラン・ムスタフィに代えてローラン・コシールニーを投入。攻撃ではなく守備を入れ替えた。

後半のアーセナルはボールポゼッションこそリヴァプールを上回るものの、ゴールに迫る回数ではリヴァプールの方が効率が良く、なかなか反撃の狼煙を上げることができない。

リヴァプールも62分、マネを下げてジョーダン・ヘンダーソンを投入。中盤に運動量を加えると、65分に再びリヴァプールがPKを獲得し、今度はフィルミーノがハットトリックとなるゴールを沈めて5-1と試合を決定づけた。

5失点を喫したアーセナルはアレクサンデル・ラカゼット、マッテオ・グエンドウジを投入するものの、時すでに遅し。先制こそ許したものの、リヴァプールが鮮やかなゴールラッシュで逆転勝利を手にした。

首位で2018年を終えたリヴァプールは、年明け早々にマンチェスター・シティとの直接対決を控えている。

■試合結果

リヴァプール 5-1 アーセナル

■得点者

アーセナル:メイトランド=ナイルズ(11分)

リヴァプール:フィルミーノ(14分、16分、65分PK)、マネ(32分)、サラー(45+2分PK)

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1322】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1546106859/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 04:56 | 大阪 ☀ | Comment(17) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

C・ロナウド、2ゴール!得点ランク首位浮上!ユベントスはサンプドリアに2−1勝利し19戦無敗で前半戦終える(関連まとめ)

【サッカー】C・ロナウド、2ゴールで得点ランクトップに浮上。ユーベはサンプドリア下し19戦無敗で前半戦を終える
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1546091859/
クリロナ2018第19節ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2018/12/29(土) 22:57:39.89 ID:CAP_USER9.net

【ユベントス 2-1 サンプドリア セリエA第19節】

 イタリア・セリエA第19節が現地時間の29日に行われ、ユベントスがホームでサンプドリアと対戦し、2-1で勝利した。前節はセリエAで初のベンチ入りとなったFWクリスティアーノ・ロナウドは左のウィングで先発復帰となった。

 今季のセリエA前半戦の最終節となった試合は開始早々にエースが決める。2分、右サイドにいたFWパウロ・ディバラからのサイドチェンジをロナウドがペナルティエリアの左角付近で受けると、中に切り込み右足でシュート。これがゴール右に突き刺さり、ユベントスが幸先よく先制した。ロナウドはこれでリーグ戦13ゴール目となり、得点ランクトップに並ぶ。

 ロナウドのゴールで先制したユベントスは堅い守備でゴールを守り、ロナウド、ディバラ、マリオ・マンジュキッチの3人が良い連携を見せ、攻撃の主導権を握っていく。だが、サンプドリアにPKを与えてしまい、FWファビオ・クアリャレッラに決められ、1-1の同点とされる。

 同点に追いついたサンプドリアだが、その後もユベントスに主導権を握られる。すると61分、ユベントスのコーナーキックからサンプドリアDFアレックス・フェラーリの手にボールが当たる。一度試合が中断し、主審がビデオアシスタントレフェリー(VAR)で確認したところ、ハンドの判定。このPKをロナウドが決め、この日2ゴール目を挙げた。これでロナウドは14得点となり、セリエA得点ランクトップに躍り出た。

 だが、サンプドリアがチャンスを作る。後半AT、ユベントスGKマッティア・ペリンがDFアレックス・サンドロに出したゴールキックをサンプドリアが奪う。その奪ったボールからパスを受けたDFリッカルド・サポナーラが左足でシュート。これがゴール左に綺麗に決まるが、試合がまたも中断。主審がVARで確認すると、サポナーラがオフサイドポジションにいたため、オフサイドの判定。土壇場でのゴールが取り消された。

 VARに助けられたユベントスが2-1で勝利し、リーグ戦17勝2分0敗の首位で前半戦を折り返した。

【得点者】
2分 1-0 クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)
33分 1-1 ファビオ・クアリャレッラ(サンプドリア)
65分 2-1 クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181229-00303025-footballc-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:24 | 大阪 ☀ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月29日

J1昇格の大分、湘南FW高山薫の完全移籍での獲得を発表「自分を必要としてくれた」(関連まとめ)

湘南の30歳FW高山、大分へ完全移籍で加入「自分を必要としてくれた」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181229-00883060-soccerk-socc
高山薫湘南.jpg

大分トリニータは29日、湘南ベルマーレのFW高山薫が完全移籍で加入することを発表した。

 川崎フロンターレユース出身で現在30歳の高山は専修大学を経て2011年に湘南へ入団。2014年には柏レイソルへ完全移籍したが、1年で湘南に復帰した。今季はJ1リーグ戦22試合に出場した。

 同選手は大分のクラブ公式サイトを通じ次のように決意表明している。

「この度、大分トリニータの一員になりました高山薫です。大分トリニータがこのような機会をくれたこと、自分を必要としてくれたことに本当に感謝していますし、大分という素晴らしいチームでサッカーをできることが本当に楽しみです」

「チームの勝利に貢献できるように、そしてチームと共に自分も成長できるように泥臭く一生懸命、勇気と覚悟をもって全力で頑張りますので応援よろしくお願いします!」

 また、プロキャリアを始めた湘南に対しては新天地での活躍を誓った。

「この度、大分トリニータに移籍することになりました。湘南は初めてプロとしてJリーグの舞台に立たせてもらったクラブであり、一度移籍したにも関わらず、戻った時も本当に温かく、クラブ、選手、サポーターの皆さんには迎えてもらいました。本当に感謝しています」

「再び湘南を離れることは自分にとっては本当に大きな決断でした。7年間湘南でサッカーをして、湘南ではサッカー以外の面でも周囲の人達に本当に支えていただきました。おかげさまで本当に何不自由なくサッカーをさせていただいたと思っています。ただ1人のサッカー人として、まだまだ自分は成長できると信じていますし、今がそのチャンスの時だと思っています」

「湘南で培ってきたものを、さらに大分で成長させられるように頑張りたいと思います。湘南ベルマーレに関わる全てのみなさん、7年間本当にありがとうございました!」

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11396
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1546041210/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:28 | 大阪 ☀ | Comment(6) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドルトムントMFプリシッチ、チェルシー来夏移籍で合意か?移籍金57億円と独紙報道

【サッカー】ドルトムントMFプリシッチ、来夏チェルシー加入合意と独紙報道 移籍金は57億円か
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1546067039/
プリシッチ2018ドル.jpg
1: pathos ★ 2018/12/29(土) 16:03:59.35 ID:CAP_USER9.net

独紙報道に番記者らが反応 「金額が適正ならBVBもOKを出す」
 20歳にしてアメリカ代表の中心を担うドルトムントのMFクリスティアン・プリシッチ。将来を嘱望される逸材がプレミアリーグの強豪チェルシーへ、来夏に移籍することで合意したとドイツ紙「ビルト」が報じている。その移籍金は4500万ユーロ(約57億円)になると言われている。

 プリシッチは2015年にドルトムントの下部組織に加入。17歳だった2016年1月に、トーマス・トゥヘル元監督(現パリ・サンジェルマン監督)の下でトップデビューを飾った。その後もメキメキと力をつけ、トゥヘル体制ではレギュラークラスだった。

 ルシアン・ファブレ監督が就任した今季は小さな怪我を繰り返している影響もあって、リーグ戦11試合の出場(1得点2アシスト)にとどまっているが、20歳にしてアメリカ代表で不動のレギュラーを務める逸材だ。

 すでに欧州屈指の人気銘柄となり、プレミアリーグからの関心が再三報じられていたプリシッチ。そうしたなか、チェルシー移籍で合意したと「ビルト」紙が報じた。この報道にジャーナリストたちも即座に反応しており、米スポーツ専門局「ESPN」などでドルトムントの番記者を務めるステファン・ブチュコ氏は「金額が適正ならBVB(ドルトムント)もOKを出す」とツイートした。

 さらに英紙「ロンドン・イブニングスタンダード」のシモン・ジョンソン氏も、「ビルト」紙の報道を受け、「チェルシーは来夏にドルトムントからクリスティアン・プリシッチを獲得する。4500万ユーロ(約57億円)で合意した」と投稿した。

 プリシッチとドルトムントの契約は2020年6月までとなっており、クラブは契約が残り1年となるタイミングでの売却を決断したようだ。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181229-00157822-soccermzw-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☀ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング