アンテナ・まとめ RSS

2018年12月27日

マリノス、浦和FW李忠成の獲得を公式発表「熱い応援に全力で応えて行きたい」(関連まとめ)

浦和FW李忠成が横浜FMに完全移籍!「熱い応援に全力で応えて行きたい」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00881609-soccerk-socc
李2018浦和.jpg

横浜F・マリノスが、浦和レッズのFW李忠成を完全移籍で獲得した。両クラブが27日に発表している。

 移籍が決まり、李忠成は浦和のクラブ公式HPでコメントを発表。ファン・サポーターに別れを告げた。

「お世話になった浦和レッズのファン・サポーターのみなさまにご報告があります。2019シーズンから、横浜F・マリノスに移籍することになりました。本当に浦和レッズの全てに感謝しています。5年間ありがとうございました。僕にとって5年間在籍した浦和レッズは『愛』の溢れた偉大で、すばらしいチームでした。たくさんの愛を与えられ、正直最初はその受け取り方、返し方に悩んだ時期もありました。しかし、いつしかその愛に真摯に向き合うことで、僕は浦和の一員として大きな幸せを感じていました。 浦和での5年間で掛け替えのない多くの感動、歓喜を、ファンのみなさん、サポーターのみなさん、チームメート、レッズに関わる全ての方々と共有できたことをとても誇りに、幸せに思います」

「2019年もそんなチームでみなさんと共に戦い、Jリーグ・ルヴァン・天皇杯・ACLと全てのタイトルを獲り、また喜びを共に分かち合いたかったのですが、残念ながらレッズからの契約更新はありませんでした。サッカー選手として次に進む道を考えなければいけない中、複数のクラブのお話の中から横浜F・マリノスの一員として共に戦うことを決めました。僕は、サッカーが好きです。体が動かないと自覚するそのときまで僕はサッカーをやっていたい。1パーセントの妥協なくサッカー選手として日本一に向かって全力でプレーするのみだとそのとき決意しました。1人でも多くの人たちと夢をみるすばらしさと、実現する喜びを共有できたら嬉しく思います。 本当にこの5年間すばらしい時間をみなさんと歩めたことを幸せに思います。ありがとうございました」

 そして、同選手は新天地となる横浜FMのクラブ公式HPにもコメントを寄せ、意気込みを述べている。

「2019シーズンより横浜F・マリノスでプレーすることになりました、李忠成です。伝統あるチームでプレーできることに自分自身への期待と責任を感じています。監督、GMからの『日本一を獲る』という熱い思いを伺ったとき、過去僕が感じた感動がまた身体を駆け巡るのを感じました。僕にできることは、今まで培ってきた経験をプレーだけではなく、精神面でもチームに還元していくことだと思っています。

「一ミリの妥協もなく、日々練習に取り組み、試合ではチームの勝利に貢献できるよう、持てる限りの力を発揮していきたいと思います。夢を持つ素晴らしさと、それを実現する大きな喜び、マリノスに携わる全ての方々と共に感動したいと、今はその一心でいます。一日も早くマリノスの一員と認められるよう全力で走っていきます。2019シーズンより、『横浜F・マリノス 李忠成』に熱い応援、お願いいたします。熱い応援に全力で応えて行きたいと思います!」

 現在33歳の李は、2004年にFC東京U−18からトップチームに昇格し、プロキャリアをスタートさせた。2005年に柏レイソルへ完全移籍し、2007年にはJ1リーグ戦30試合出場10得点を記録。自身初の2桁得点を達成した。しかし、その後は出場機会が減少し、2009年8月にはサンフレッチェ広島へ完全移籍すると、J1で2010年は11ゴール、2011年は15ゴールと活躍。2012年1月にサウサンプトンへ完全移籍し、海外挑戦も果たした。

 2013年は半年間FC東京でプレーし、夏にサウサンプトンへ復帰したが、2014年1月に契約解除。浦和に加入し、2016年にはJ1リーグ戦10ゴールを挙げた。通算成績は、J1リーグ戦291試合出場70ゴール、J2リーグ戦31試合出場8ゴール。2011年から2012年にかけてはアルベルト・ザッケローニ元監督率いる日本代表にも招集され、AFCアジアカップ2011カタールでは決勝戦でボレーシュートを叩き込み、日本の優勝に大きく貢献していた。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11386
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1545876809/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(1) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【マンU復活!?】マンU、ポグバ2ゴールなどホームで3-1快勝!スールシャール体制2連勝

赤い悪魔がついに復活か…新体制マンU、ホーム3得点でリーグ戦2連勝!
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00881953-soccerk-socc
ポグバ2018第19節ゴール.jpg

26日に行われたプレミアリーグ第19節でマンチェスター・Uはホームでハダースフィールドに3−1勝利した。

 前節5−1大勝を飾ったオーレ・グンナー・スールシャール新監督が率いる新体制マンチェスター・Uは、現在プレミアリーグ6位。今節は最下位ハダースフィールドを本拠地オールド・トラッフォードに迎え連勝を狙った。

 序盤は拮抗したが、28分にネマニャ・マティッチが先制ゴールを奪うと試合はマンチェスター・Uのペースに。ボールを支配しジリジリとゴールに迫ると64分、ペナルティエリア右深い位置までえぐったフアン・マタが折り返すと、アンデル・エレーラが左へつなぎ、フリーのポグバがシュート。ゴール左隅に決めて2−0とした。

 前節からの好調ぶりを維持し、勢いに乗るポグバは78分にペナルティエリア手前から右足一閃。リラックスして放った右足ミドルシュートをゴール左隅に突き刺し、勝負を決めた。

 終盤に1点を許してしまったが、マンチェスター・Uが3−1勝利。勝ち点3を逃さず、新体制2連勝とした。

【スコア】
マンチェスター・U 3−1 ハダースフィールド

【得点者】
1−0 28分 マティッチ(マンチェスター・U)
2−0 64分 ポグバ(マンチェスター・U)
3−0 78分 ポグバ(マンチェスター・U)
3−1 88分 イェルゲンセン(ハダースフィールド)

【スターティングメンバー】
マンチェスター・U(4−2−3−1)
デ・ヘア;ダロト(53分 ヤング)、リンデロフ、ジョーンズ、ショー;フレッジ(53分 エレーラ)、マティッチ;マタ(81分 A・ゴメス)、ポグバ、リンガード;ラッシュフォード

ハダースフィールド(4−2−3−1)
レッスル;ドゥルム、イェルゲンセン、シンドラー、コンゴロ;ハデルジョナイ、ビリング;カチュンガ(57分 レーヴェ)、プリチャード、ムベンザ(62分 クヴァナー);ドゥポワトル(73分 モウニー)

† Red Devils Manchester United 1332 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1545825060/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:30 | 大阪 ☁ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レスター、ペレイラ豪快ミドルでマンCに逆転勝利!マンCはまさかの連敗で3位転落 岡崎慎司は後半途中出場(関連まとめ)

【サッカー】王者マンチェスター・Cがまさかの連敗で3位転落…レスターがペレイラの豪快弾で逆転勝利!岡崎慎司は88分から途中出場
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1545864727/
ペレイラ2018第19節ゴール.jpg

1: pathos ★ 2018/12/27(木) 07:52:07.29 ID:CAP_USER9.net

14分にB・シルバのゴールで先制したマンCだったが、その5分後にオルブライトンに同点弾を奪われ、前半は1-1で折り返す。後半もボールを保持して試合を進めるが、固い守備を見せるレスターを崩しきれない。

すると81分、耐え続けていたレスターが逆転に成功。CKのこぼれ球から、ペレイラがボックス外から豪快なミドルシュートを叩き込んだ。

苦しい展開となったマンCは、89分にデルフが危険なタックルで一発退場に。更に厳しい状況に追い込まれる。

試合はこのまま終了。マンCは前節のクリスタル・パレス戦(2-3)に続き、連敗となった。なお、岡崎慎司は88分から途中出場を果たしている。

マンCは前節に続き連敗を喫し、同日に勝利したトッテナムにかわされ3位に転落。首位リヴァプールとの差は「7」に広がった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00000025-goal-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 14:00 | 大阪 ☁ | Comment(7) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鹿島、横浜FM伊藤翔の獲得を公式発表!今季公式戦17得点「非常に光栄です」(関連まとめ)

鹿島がFW補強、横浜FMの伊藤翔を獲得…今季17発の30歳「非常に光栄」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00882028-soccerk-socc
伊藤翔2018マリノス.jpg


 横浜F・マリノスに所属するFW伊藤翔が、鹿島アントラーズへ完全移籍で加入することが決まった。27日に両クラブが発表している。

 伊藤は1988年生まれの30歳。中京大学附属中京高出身で、2007年1月にフランスのグルノーブルへ加入した。2010年6月に清水エスパルスへ移籍し、2014年から横浜FMでプレーしている。今季は明治安田生命J1リーグで26試合出場8得点、JリーグYBCルヴァンカップで9試合出場8得点、天皇杯で3試合出場1得点を記録。シーズン公式戦通算17得点と、キャリアハイの結果を残した。

 完全移籍にあたり、伊藤は横浜FMの公式HPにて以下のようにコメントしている。

「マリノスに関わる全てのみなさん、ありがとうございました。お世話になりました。今年は厳しいシーズンになってしまい申し訳ありませんでした。また、タイトルまであと一歩というところで掴み取ることができなかったのも悔いしか残っていません。ネガティブな感覚になったこともありましたが、その度にサポーター、選手、強化部、スタッフに助けられ、 マリノスで充実した時間を過ごすことができました」

「マリノスは大好きなクラブでしたが、サッカー選手として、人間として、さらに成長するためにこの決断に至りました。このリリースだけではなかなか全部を伝えられませんが、この決断を尊重してくれた強化部、選手、スタッフには感謝しています。頑張ってきます」

 また、加入する鹿島の公式HPでは以下のようにコメントしている。

「初めまして、伊藤翔です。アジアチャンピオンクラブに加入でき、非常に光栄に思っています。タイトル獲得の力になれるよう身を粉にして頑張りたいと思います。よろしくお願いします」

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11385
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1545846690/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 12:20 | 大阪 ☁ | Comment(6) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥栖GK権田修一、中島所属ポルティモネンセ移籍が決定的!1月のアジア杯後に合流へ(関連まとめ)

【鳥栖】権田修一、ポルトガル1部・ポルティモネンセ移籍
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00000016-sph-socc
権田鳥栖指示.jpg

 J1鳥栖の日本代表GK権田修一(29)がポルトガル1部のポルティモネンセに移籍することが決定的になったことが26日、分かった。複数の関係者によると、既にオファーは受けており、権田本人も2度目の海外挑戦に前向きで、あとは契約の詳細を詰めるだけという。順調にいけば来年1月のアジア杯(UAE)後にも合流する見込み。

 権田が欧州1部リーグのゴールマウスを守る事が決定的になった。複数の関係者によると、交渉は順調に進み、あとは年俸や契約形態などの詳細を詰めるだけという。

 権田は18年シーズン、全34試合に出場し、リーグ2位タイの34失点に抑えた。終盤の5試合は好セーブを連発し、3失点で無敗を続け、J1残留に貢献した。森保体制になり、日本代表にも復帰。10月12日のパナマ戦(3〇0)、11月20日のキルギス戦(4〇0)も無失点で切り抜けた。

 ポルティモネンセ首脳陣はこの2試合を視察した上で、J1での活躍を評価し獲得に乗り出した。ポルトガル1部リーグで9位につけるチーム。日本代表MF中島翔哉らの攻撃陣は14試合で20得点するなど好調だが、25失点の守備に課題があり、権田に白羽の矢が立ったという。

 権田は16年1月から1年、当時オーストリア3部のSVホルンにF東京から期限付き移籍した。17年1月、欧州移籍を模索し、F東京との契約を両者合意で解除。だが、希望がかなわず、鳥栖に加入した。そして今冬に欧州挑戦の機会を得た。

 日本人GKで欧州1部リーグに所属したのは過去2人だけだ。今季限りで引退した相模原の川口能活がイングランドのポーツマスなどで、フランス1部ストラスブールの川島永嗣はメツなどでもプレーした。それだけ、難しい挑戦でもあるが、川口は4大会連続でW杯に出場し、川島は3大会連続でW杯の正守護神を務めた。権田は向上心から欧州での成功を目指しているが、カタールW杯を目指す身としても、やりがいのある挑戦になる。

 ◆権田 修一(ごんだ・しゅういち)1989年3月3日、東京都生まれ。29歳。2007年、F東京の下部組織からトップチーム昇格。16年、当時オーストリア3部のSVホルンに期限付き移籍。17年に鳥栖に加入。J1通算250試合出場。日本代表は10年1月6日のアジア杯予選イエメン戦でデビュー。国際Aマッチ5試合4失点。187センチ、83キロ。血液型A。

 ◆ポルティモネンセ 1914年、ポルトガル南部のポルティモンで設立された。本拠地はエスタディオ・ムニシバルで収容約9000人。2017―18シーズンに1部に昇格し、10位。アントニオ・フォーリャ監督(47)が指揮を執り、今季は14試合終了時で9位。日本人では、MF中島翔哉(24)、MF亀倉龍希(23)が所属している。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11384
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1545834102/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:49 | 大阪 ☁ | Comment(7) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプール、ロブレン先制弾などゴールラッシュで武藤先発のニューカッスルに4-0完勝!開幕無敗で首位キープ(関連まとめ)

首位リヴァプールが4発快勝で無敗継続!武藤8試合ぶり先発のニューカッスルを圧倒/プレミアリーグ第19節
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00000024-goal-socc
クロップ2018第19節勝利.jpg

プレミアリーグは26日に第19節が行われ、リヴァプールとニューカッスルが対戦した。

毎年クリスマスの翌日、26日の“ボクシング・デー”に試合が行われるプレミアリーグ。他リーグはウィンターブレイクに入る中、イングランドではクリスマス翌日〜年始にかけて中1〜2日で連戦が続くなど、シーズンで最も過密な日程が続くことになる。

そんな伝統の“ボクシング・デー”で、今季未だ無敗で首位を走るリヴァプールは、本拠地アンフィールドにニューカッスルを迎えた。リヴァプール時代にチャンピオンズリーグ制覇を達成したベニテス監督にとっては、かつてのホーム凱旋試合となっている。

リヴァプールはサラー、マネ、フィルミーノ、シャキリを同時起用。ニューカッスルでは、武藤嘉紀が第11節以来8試合ぶりに先発出場を果たした。

試合序盤は武藤がドリブルで持ち運ぶシーンが何度かあったが、やはり主導権はリヴァプール。11分には、CKのこぼれ球をロブレンが叩き込み、先制点を手にする。前半はリヴァプールが圧倒し、1-0で折り返す。

後半開始早々、リヴァプールは追加点を奪うことに成功。ドリブルで仕掛けたサラーが倒されてPKを獲得すると、自らキッカーを務めて2点目を奪った。サラーは2試合連続、得点ランク首位に並ぶ12ゴール目となった。

その後も圧倒するリヴァプールは、ほとんどの時間相手陣内でプレーする。79分にはシャチリが3ゴール目。さらにファビーニョが追加点を奪い、相手に反撃を許さず4-0で快勝を収めた。

開幕から無敗を継続するリヴァプールは、19節終了時点で勝ち点「51」に到達。首位をキープしている。

■試合結果
リヴァプール 4-0 ニューカッスル

■得点者
リヴァプール:ロブレン(11分)、サラー(48分)、シャチリ(79分)、ファビーニョ(85分)
ニューカッスル:なし


〓〓 Liverpool FC 〓 1028 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1545838438/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 | Comment(16) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月26日

中村憲剛、レアル中井卓大のパススピードに衝撃「凄い刺激を受けた」「ボールコントロールは中三の物と思えない」「身長は既に抜かれている」

【サッカー】<元日本代表MF中村憲剛>「身長178cm」レアル・マドリード15歳中井卓大に驚嘆!「既に抜かれている」 
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1545804163/
中村憲剛と中井卓大.jpg
1: Egg ★ 2018/12/26(水) 15:02:43.47 ID:CAP_USER9.net

写真https://www.football-zone.net/wp-content/uploads/2018/12/unnamed-file-18.jpg
(左から) 中井卓大、中村憲剛【写真:荒川祐史】

 川崎フロンターレの元日本代表MF中村憲剛が自身のブログを更新。“息子のアイドル”である15歳と共演を果たし、「中学三年生にして身長178センチということで既に抜かれているっていうね…」と笑い飛ばした。

 川崎は今季史上5チーム目のJ1連覇を達成。プロ16年目の中村は33試合6得点と攻撃を牽引し、史上最年長でベストイレブンに選出された。

 現在は鹿島アントラーズ以来となる3連覇を目指す来季に向けて束の間のオフを過ごしているが、中村家にとって嬉しい出来事があったようだ。中村は25日、自身のブログで「今日は哲生さんにご招待いただいて、ピピ君ことレアル・マドリード所属の中井卓大君とボール蹴ってきました」と綴り、元Jリーガーで引退後はサッカー解説などを務める中西哲生氏の計らいでレアル下部組織カデーテA(U-16)のMF中井卓大とトレーニングしたことを報告。大いに刺激を受けたという。

「哲生さんと3人でパス交換をしましたが、ボールが止まること止まること。徐々にボールスピードを上げていきましたが、あまりにしっかり止められるので最後らへんはついつい試合と同じくらいのテンポで出してしまいました…。もちろんトラップミスをすることはありますが、それもそこまで多くなく、むしろパススピードが速いボールの方がしっかりコントロールできている印象でした。正直、ボールコントロールや身のこなしは中学三年生のものとは思えませんでした」

 Jリーグ屈指のテクニシャンとして知られる中村から見ても、日々レアルで研鑽を積む中井の技術は15歳の枠を超えていたという。

“レアル中井”のパススピードに衝撃「すごい刺激を受けました」

「話を聞けば普段から周りはこのパススピードとのこと。それはちょっと衝撃でした。わかっていたこととはいえ、この年代でこのパススピードが日常なのだとしたら…。レアル・マドリード所属でもあるしそりゃそうだろうなと思いつつ、38歳も自分の息子でもおかしくない年齢の選手に負けないように、もっともっと質を追求していかねばならないなとものすごい刺激を受けました」

 その他にも、「中学三年生にして身長178センチということで既に抜かれているっていうね…苦笑」と言及。38歳で身長175センチの中村をすでに3センチ上回っており、思うところがあったようだ。中井は昨年末に帰国した際、MF乾貴士(ベティス)とも共演していたが、乾は中井が2年で身長20センチ伸びたと聞き、「身長がもう抜かれた」と公式ブログで綴っていた。

 中村の息子にとっても「ピピ君がアイドル」とのことで、中村家にとって中井とのひと時は特別なものになったようだ。

2018.12.26 フットボールゾーン
https://www.football-zone.net/archives/156962


中村憲剛と中井卓大02.jpg

中村憲剛オフィシャルブログ
https://lineblog.me/nakamura_kengo/archives/8404614.html
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:32 | 大阪 ☁ | Comment(18) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本と同組のウズベキスタン、アジア杯に向けメンバー発表!Jリーグから2名選出(関連まとめ)

【サッカー】<アジアカップ>日本代表と同組のウズベキスタン代表、アジア杯のメンバーを発表!Jリーグから2名が選出
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1545817024/
ムサエフウズベキスタン代表.jpg
1: Egg ★ 2018/12/26(水) 18:37:04.81 ID:CAP_USER9.net

ウズベキスタンサッカー連盟(UFF)は26日、AFCアジアカップ2019に挑むウズベキスタン代表メンバー23名を発表した。AFC(アジアサッカー連盟)の公式HPが伝えている。

メンバーには明治安田生命J1リーグのジュビロ磐田でプレーするMFムサエフ、明治安田生命J2リーグのレノファ山口FCでプレーしているドストンベック・トゥルスノフも選ばれている。

ウズベキスタン代表はアジアカップでグループFに入っている。大会は1月5日に開幕し、9日にオマーン代表、13日にトルクメニスタン代表、17日に日本代表と対戦する。

発表されたメンバー23名は以下の通り。

▼GK
イグナティ・ネステロフ(ロコモティフ・タシュケント)
ウトキリ・ユスポフ(コーカンド1912)
サンジャル・クファトフ(ナサフ)

▼DF
エゴール・クリメツ(パフタコール)
アンズル・イスマイロフ(ロコモティフ・タシュケント)
ドストンベック・トゥルスノフ(レノファ山口/日本)
イスロム・トゥフタフジャエフ(ロコモティフ・タシュケント)
オレグ・ゾテーフ(ロコモティフ・タシュケント)
ファルーフ・サイフィエフ(パフタコール)
アクマル・ショラメドフ(パフタコール)
ダヴロンベック・ハシモフ(ナフバホール)

▼MF
オディル・オディル・ハムロベコフ(ナサフ)
オディル・アフメドフ(上海上港/中国)
オタベック・シュクロフ(アル・シャルジャ/UAE)
ムサエフ(ジュビロ磐田/日本)
ジャロリディン・マシャリポフ(パフタコール)
アジズ・トルガンバエフ(ナフバホール)
ドストンベク・ハムダモフ(アンジ/ロシア)
ジャボヒール・シディコフ(コーカンド1912)
イクロムジョン・アリバエフ(FCソウル/韓国)
エルドール・ショムロドフ(ロストフ/ロシア)

▼FW
マラト・ビクマエフ(ロコモティフ・タシュケント)
サルドル・ラシドフ(ロコモティフ・タシュケント)

12/26(水) 17:34配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181226-00881749-soccerk-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20181226-00881749-soccerk-000-view.jpg



ドストンベック.jpg
※山口加入のドストンベック・トゥルスノフ選手
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:16 | 大阪 ☁ | Comment(2) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【大分ムキムキ】J1昇格の大分、甲府MF小塚和季と島川俊郎の獲得を発表(関連まとめ)

積極補強の大分、甲府から2選手を獲得…MF島川俊郎と小塚和季
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181226-00881812-soccerk-socc
小塚と島川2018甲府.jpg


大分トリニータは26日、ヴァンフォーレ甲府からMF島川俊郎と小塚和季を獲得したと発表した。

 現在24歳の小塚は2013年に帝京長岡高校からアルビレックス新潟へ加入し、レノファ山口FCへの期限付き移籍を繰り返しながら2017年まで在籍。今季甲府へ完全移籍すると、明治安田生命J2リーグでは31試合に出場して6得点を記録していた。

 一方現在28歳の島川は柏レイソルの下部組織出身で2009年にベガルタ仙台へ加入。その後ブラウブリッツ秋田や栃木SCなどを経て2017年に甲府へ加入した。今季はリーグ戦14試合の出場で2得点を記録していた。

 J1昇格を決めた大分はヴィッセル神戸からMF小林成豪、浦和レッズからFWオナイウ阿道とMF伊藤涼太郎を獲得するなど積極的な動きを見せており、鹿島アントラーズから加入したMF三竿雄斗に続いてこの日3人目の補強となった。

 両選手は大分の公式サイトで以下のようにコメントを発表している。

■小塚和季
「この度大分トリニータに加入することになりました、小塚和季です。大分のスタイルに新たなアクセントを加えられるよう努力します。 よろしくお願いします!」

■島川俊郎
「ヴァンフォーレ甲府から加入します、島川俊郎です。大分トリニータとはJ3.J2で対戦し、J1に復帰するこのタイミングで、今度は大分トリニータの選手として闘える事に勝手に縁を感じています。チームの為に走り闘います。 応援よろしくお願いします」

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11381
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1545806404/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☁ | Comment(9) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

解説の下村東美氏、古巣・湘南コーチに就任!「大きな責任も感じております」(関連まとめ)

下村東美氏が古巣・湘南コーチに就任!「大きな責任も感じております」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181226-12409625-gekisaka-socc
下村湘南.jpg

 湘南ベルマーレは26日、下村東美氏(38)が2019年シーズンよりトップチームコーチに就任することを発表した。

 下村氏は現役時代、2012年と2013年シーズンに湘南でプレー。Jリーグクラブで初の指導となる同氏はクラブ公式サイトを通じ、「現役時代に所属していたクラブに指導者として加入することに嬉しい気持ちと感謝の気持ちが大きいですが、何よりも湘南スタイルを更に進化・発展させていくことに対する大きな責任も感じております。コーチングスタッフ、選手らと力を合わせ、日々ベストを尽くして進んでいきたいと思います」とコメントしている。

以下、クラブ発表プロフィール

●下村東美
(しもむら・とうみ)
■生年月日
1980年12月18日(38歳)
■出身地
北海道
■経歴
札幌第一高-大阪体育大-C大阪-千葉-山形-湘南-北九州
■出場歴
J1リーグ:210試合5得点
J2リーグ:29試合1得点
カップ戦:44試合2得点
天皇杯:16試合1得点

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11379
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1545779880/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サガン鳥栖、東京五輪世代の新潟MF原輝綺を完全移籍で獲得!今季J2・25試合出場(関連まとめ)

鳥栖が新潟の東京五輪世代MF原輝綺を獲得…今季はJ2で25試合出場
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181226-00881787-soccerk-socc

原輝綺新潟.jpg

 サガン鳥栖が、アルビレックス新潟のMF原輝綺を完全移籍で獲得した。両クラブが26日に発表している。

 移籍が決まり、原は新潟のクラブ公式HPでコメントを発表。ファン・サポーターに別れを告げた。

「アルビレックス新潟に関わる全ての皆様、この2年間、本当にありがとうございました。これまで、いろいろな経験ができたのは、高卒の僕を温かく迎え入れてくれたチームメイトやスタッフ、僕を拾ってくれた強化部、そして、いつも熱く、時には厳しく、どんな時でも僕たちを応援し続けてくれるファン、サポーターの皆様のおかげです!温かい声、厳しい声、その全てが僕を成長させてくれました。プレーヤーとして、また人として成長した姿を皆様に見せられるよう、これからも日々努力していきます。本当にありがとうございました!」

 そして、同選手は新天地となる鳥栖のクラブ公式HPにもコメントを寄せ、意気込みを述べている。

「この度、サガン鳥栖に加入することになりました原輝綺です。1日でも早くチームに溶け込み、サガン鳥栖の勝利に貢献できるように頑張ります。宜しくお願いします!」

 現在20歳の原は市立船橋高校出身で、2017年に新潟へ加入し、プロキャリアをスタートさせた。2017明治安田生命J1リーグでは開幕スタメンを飾るなど、1年目から18試合に出場し、1得点を記録。今季はJ2リーグ戦25試合に出場した。U−21日本代表にも招集されており、東京オリンピック出場を視野に入れている。


移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11381

http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1545806404/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J1広島、J2東京V井林章を獲得濃厚!空中戦強いセンターバック(関連まとめ)

広島 J2東京V井林の獲得濃厚、空中戦強いセンターバック
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181226-00000000-spnannex-socc
井林章東京V.jpg

 広島がJ2東京VのDF井林章(28)を獲得することが濃厚となった。すでに正式オファーを提示。複数クラブが興味を示す中、出身地・広島からの熱意に傾いているという。

 井林は中学時代は広島の提携スクールであるサンフレッチェびんごジュニアユースでプレー。広島皆実、関学大を経て13年に東京Vに加入した。J1参入プレーオフ決勝も含めて今季は公式戦45試合出場1得点。空中戦、ビルドアップ能力に優れたセンターバックだ。この日、名古屋への完全移籍が発表されたDF千葉和彦(33)の穴を埋める存在として期待される。


移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11378
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1545759788/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:07 | 大阪 ☁ | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング