アンテナ・まとめ RSS

2018年12月02日

Jクラブも狙える来夏「移籍金0円」の大物選手を一挙公開!ロッベン、バロテッリ、セスクら

【サッカー】<Jリーグにやって来る次なる大物助っ人は誰だ?>要注目の「移籍金ゼロ円」選手たちを一挙掲載!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543707683/
2019フリー選手.jpg
1: Egg ★ 2018/12/02(日) 08:41:23.22 ID:CAP_USER9.net

🌑ロッベン、セスク、あるいはバロテッリが日本へ?

https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/51002_ext_04_0_1543704590.webp?v=1543704975
左からバロテッリ、セスク、ロッベン、岡崎。いずれも来夏に“ボスマン・プレーヤー”となりそうな名手たちで、その去就が注目されている

 2018年シーズンのJ1リーグ最終節(12月1日)は、全国各地で活況を呈した。

 もつれにもつれた「3位&16位」を巡る争いは熾烈なバトルが展開され、ともに劇的な幕切れ。全9試合14時の一斉キックオフ前には、元スペイン代表FWダビド・ビジャのヴィッセル神戸入団が“フライング発表”されるなど、話題に事欠かない一日となった。

 ビジャは昨年のルーカス・ポドルスキ(神戸)、今年のフェルナンド・トレース(鳥栖)、アンドレス・イニエスタ(神戸)と同様、移籍金ゼロ円でJリーグ参戦を果たした。つまりは前所属クラブとの契約がちょうど切れるタイミングでの移籍のため、獲得に際していわゆる違約金が一銭も発生しないケースだ。このルール制定に深く関与した選手の名を冠し、シーズンいっぱいで契約切れとなる選手を“ボスマン・プレーヤー”と呼ぶ場合もある。

 30代半ばとはいえ、そこはワールドクラスの大物たち。移籍金を支払うとなればそれなりの出費を覚悟しなければいけないが、それがゼロ円ですむ。つまりは強化資金を選手の報酬やボーナスのほうに思い切って奮発することができるわけで、1〜2年の短めの契約で成立する場合が少なくない。昨年には本田圭佑が“ボスマン”でACミランからメキシコへ渡ったが、1年契約で多額のサラリーを保証されていた。Jクラブ勢がベテランの大物を一本釣りで狙うなら、やはりそこは“ボスマン”ということになる。

 今回のビジャはMLS(メジャーリーグサッカー)のニューヨーク・シティFC所属で、現行契約が12月末で切れるがゆえの「移籍金ゼロ円」だった。アメリカは日本と同じ春秋制のシーズンで、ほかにも北欧や中国、韓国、中東など多くのアジア諸国がこの暦を採用している。とはいえ、このタイミングで契約満了となる大物となると、ビジャ以外にはなかなか見当たらない。MLSモントリオールの元フランス代表DFバカリ・サーニャ(36歳)、同じくMLSのLAギャラクシーの元イングランド代表DFアシュリー・コール(37歳)のふたりくらいだ。

 やはり神戸を筆頭としたJクラブの(そしてDAZNの)視線は欧州に注がれているだろう。来夏(2019年6月末)に“ボスマン”となる注目のビッグネームを見ていこう。

つづく

12/2(日) 8:03 サッカーダイジェスト
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail/id=51002


2: Egg ★ 2018/12/02(日) 08:42:20.29 ID:CAP_USER9.net

🌑バルサ化を進める神戸の次なるターゲットは?

https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/51002_ext_04_1_1543704591.webp?v=1543705322
ロシアW杯の日本戦にも出場したデンベレ(左)もアジアに針路をとりそうな気配。ベルギー代表ではほかにヴェルトンゲン、コンパニ、アルデルワイレルドがみな“ボスマン”だ。

 2019年シーズンから外国籍選手の出場枠が「5」に拡大されるJリーグ。まだまだ今後の動向が気になるのが、三木谷浩史会長が「バルセロナ化」を推進する神戸だ。

 去就の行方を追っているとされるのが、チェルシーのスペイン代表MFセスク・ファブレガス(31歳)。このバルサ育ちの名手も来夏には“ボスマン”となるため、現在はミランや中国クラブが引き抜くのではと噂されており、神戸がリストアップしていても不思議はない。神戸の周辺ではそのほか、同じく“ボスマン”で元バルサ、元ブラジル代表の左SBアドリアーノ(34歳)にも強い関心を寄せているとの報道がある。

 この夏にも某Jクラブが獲得目前に迫ったと言われているのが、元オランダ代表FWのアリエン・ロッベン(34歳)。結局はバイエルン・ミュンヘンとの契約を1年延長したが、いよいよシーズン終了後の退団が現実的で、日本に針路をとってもおかしくないか。バイエルンで僚友の元フランス代表MFフランク・リベリ(35歳)も夏にフリートランスファーとなる。

 面白いところでは、イタリア代表FWマリオ・バロテッリ(28歳)にも日本行きの噂がある。圧倒的な存在感と破天荒なキャラクターの持ち主で、Jリーグ入りすれば特大の話題をさらいそうだが、はたして──。トッテナムのベルギー代表MFムサ・デンベレ(31歳)はイタリアだけでなく中国行きの可能性も低くなく、Jクラブ勢もチェックしておきたい重鎮だ。

 ビジャやイニエスタの母国であるスペイン籍では、ほかにMFファン・マヌエル・マタ(30歳)、アンデル・エレーラ(29歳)、DFナチョ・モンレアル(32歳)らがいて、プレミアリーグだとエクアドル代表DFのアントニオ・バレンシア(33歳)、ブラジル代表DFのダビド・ルイス(31歳)、フランス代表FWのオリビエ・ジルー(32歳)といった面々が“ボスマン”になる。このうちひとりでもJクラブ入りすれば、ファンにとっては嬉しいサプライズとなるだろう。

 日本人選手の欧州組では、岡崎慎司(32歳)と小林祐希(26歳)、そして長谷部誠(34歳)らが来夏に所属クラブとの契約が満了となる。欧州でのプレー続行が基本路線ながら、こちらも今後、Jクラブを絡めたなにかしらのアクションがあってもおかしくないだろう。

 なお現時点で無所属の大物も少なくない。元ブルガリア代表FWディミタール・ベルバトフ(37歳)、元イングランド代表DFグレン・ジョンソン(34歳)、元イタリア代表FWジュゼッペ・ロッシ(31歳)が現役続行の意思を示している。元フランス代表MFサミア・ナスリ(31歳)も無所属だが、現在はウェストハム・ユナイテッドの練習に参加中だ。

つづく


5: Egg ★ 2018/12/02(日) 08:43:48.76 ID:CAP_USER9.net

🌑リーガ挑戦を目論む岡崎。前日本代表主将の先行きは──

https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/51002_ext_04_2_1543704591.webp?v=1543705135
はたして長谷部はフランクフルトとの契約を延長するのか。まだまだ欧州での活躍が望めそうだ。
 

以下が、動向の気になる“ボスマン”の大物たちの一覧だ。右記の推定市場価格と年齢は2018年12月1日現在の数値(1ユーロ=約130円)。

【2019年6月末で現行契約が切れる主なビッグネームたち】
ダビド・デ・ヘア(GK/28歳/マンチェスター・U/スペイン代表) 7000万ユーロ
アントニー・マルシアル(FW/22歳/マンチェスター・U/フランス代表) 6000万ユーロ
エイドリアン・ラビオ(MF/23歳/パリSG/フランス代表) 5000万ユーロ
アーロン・ラムジー(MF/27歳/アーセナル/ウェールズ代表) 4500万ユーロ
トビー・アルデルワイレルド(DF/29歳/トッテナム/ベルギー代表) 4000万ユーロ
ヤン・ヴェルトンゲン(DF/31歳/トッテナム/ベルギー代表) 3200万ユーロ
アンデル・エレーラ(MF/29歳/マンチェスター・U/スペイン代表) 3000万ユーロ
ディエゴ・ゴディン(DF/32歳/A・マドリー/ウルグアイ代表) 3000万ユーロ
ファン・マヌエル・マタ(MF/30歳/マンチェスター・U/元スペイン代表) 3000万ユーロ
ダビド・ルイス(DF/31歳/チェルシー/ブラジル代表) 2500万ユーロ
セスク・ファブレガス(MF/チェルシー/元スペイン代表) 2500万ユーロ
マリオ・バロテッリ(FW/28歳/ニース/イタリア代表) 2400万ユーロ
オリビエ・ジルー(FW/32歳/チェルシー/フランス代表) 1800万ユーロ
ムサ・デンベレ(MF/31歳/トッテナム/ベルギー代表) 1800万ユーロ
ナチョ・モンレアル(DF/32歳/アーセナル/スペイン代表) 1300万ユーロ
ガリー・ケイヒル(DF/32歳/チェルシー/イングランド代表) 1000万ユーロ
ヴァンサン・コンパニ(DF/32歳/マンチェスター・C/ベルギー代表) 1000万ユーロ
アントニオ・バレンシア(DF/33歳/マンチェスター・U/エクアドル代表) 800万ユーロ
アリエン・ロッベン(MF/34歳/バイエルン/元オランダ代表) 700万ユーロ
岡崎慎司(FW/32歳/レスター/日本代表) 600万ユーロ
フランク・リベリ(MF/35歳/バイエルン/元フランス代表) 400万ユーロ
小林祐希(MF/26歳/ヘーレンフェーン/日本代表) 200万ユーロ
アドリアーノ(DF/34歳/ベジクタシュ/元ブラジル代表) 175万ユーロ
長谷部誠(MF/34歳/フランクフルト/元日本代表) 100万ユーロ


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:53 | 大阪 | Comment(19) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スタジアムが真っ赤に燃える!長友佑都、ダービー前の公開練習で4万人サポの熱量に圧倒され「熱量が異次元」

【サッカー】トルコやばい…長友所属のガラタサライ、ダービー前日の公開練習に4万人のサポーターが大集結
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543742263/
ガラタサライ練習風景.jpg
1: れいおφ ★ 2018/12/02(日) 18:17:43.56 ID:CAP_USER9.net

ついに気胸から戻ってきた日本代表DF長友佑都。
彼が所属するガラタサライは今週末にベシクタシュとのダービーマッチを戦う。

それを前にホームスタジアムでの練習を公開したのだが、
なんと40,541人ものサポーターが大集結!ものすごい雰囲気になっていた。

これには、長友も驚嘆していたようで、SNS上でこう綴っていた。

長友佑都
「試合前日の公開練習に4万人のファンが集まった。
熱量が異次元。
選手冥利に尽きる。」
また、トルコ語での感謝も。

長友以外の選手たちも燃えるようなスタンドの様子をSNSにアップしており、決戦を前に確かな後押しを受けたようだ。
6位ベシクタシュ対3位ガラタサライの一戦は日本時間3日(月)午前2時にキックオフされる予定。

https://qoly.jp/2018/12/02/galatasaray-40541-fans-iks-1

画像
https://pbs.twimg.com/media/DtXNq6bXgAAhxTw.jpg
長友撮影動画





▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:29 | 大阪 | Comment(15) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル・マドリード、バスケス弾などバレンシアに2-0快勝!暫定5位浮上(関連まとめ)

前節大敗のレアル、OGとバスケス弾でバレンシアに勝利…暫定5位浮上
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181202-00871331-soccerk-socc
バスケス2018第14節ゴール.jpg

リーガ・エスパニョーラ第14節が1日に行われ、レアル・マドリードはホームでバレンシアに2−0勝利。勝ち点3を積み上げて暫定5位に浮上した。

 前節エイバルに0−3で大敗したレアル・マドリードは今節、マルコス・ジョレンテやルーカス・バスケスらが先発に名を連ねた。

 試合は早々に動く。8分、右サイド深くでボールを奪ったカルバハルが低いクロスを供給すると、バレンシアのDFに当たったボールがネットに吸い込まれた。

 その後試合は拮抗。レアル・マドリードはポゼッションでは上回るが追加点を奪えない展開が続く。しかし83分、ようやくスコアが動く。カルバハル、ベンゼマとつなぎ最後はL・バスケスがゴールを決め、レアル・マドリードがリードを2点にひろげた。

 そして試合をそのまま終了。レアル・マドリードは2−0でバレンシアを下し、2試合ぶりの白星をおさめた。

【スコア】
レアル・マドリード 2−0 バレンシア

【得点者】
1−0 8分 ヴァス(OG)(レアル・マドリード)
2−0 83分 バスケス(レアル・マドリード)

【スターティングメンバー】
レアル・マドリード(4−3−3)
クルトワ;カルバハル、ヴァラン、ラモス、レギロン;モドリッチ(71分 バルベルデ)、ジョレンテ、セバージョス(80分 イスコ);バスケス、ベンゼマ、ベイル(63分 アセンシオ)

バレンシア(4−4−2)
ネト;ヴァス(68分 ピッチーニ)、ガライ、パウリスタ、ガヤ;ソレール、パレホ、コクラン(68分 コングドビア

◆◇El Blanco Real Madrid 984◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1543062189/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:33 | 大阪 | Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神戸加入のビジャ、イニエスタやポドルスキと早速2ショット!SNSで90万「いいね」の大反響「時代は日本なのか?」

【サッカー】<イニエスタ&ポドルスキ>ビジャとの“最速2ショット”に90万大反響「時代は日本なのか?」「日本に試合を観に行こう」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543731893/
ビジャとイニエスタ.jpg
1: Egg ★ 2018/12/02(日) 15:24:53.53 ID:CAP_USER9.net

加入決定ビジャとの1枚をSNS公開でファン大興奮「ゲームの世界ではないよな?」
 
サッカーJ1神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタと元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキがそろってインスタグラムを更新。電撃来日で神戸加入が発表された元スペイン代表FWダビド・ビジャとの“最速2ショット”を公開し、海外ファンも「時代は日本なのか?」「レアルより強いのでは?」「ゲームの世界ではないよな?」と大興奮の声が殺到している。

神戸の世界的助っ人に新たなピースが加わる。イニエスタとポドルスキが早くも共演を果たしていた。インスタグラムでなんとも豪華な写真を公開している。 イニエスタは鉄板料理の通路に黒のTシャツにジーンズのラフな姿で立ち、隣の男と肩を組んで立っている。それこそがビジャだった。かつてスペイン代表でワールドカップ(W杯)制覇を共にした盟友との共闘が決定。
互いに指をさして笑みを並べている。早くも旧交を温めていたようだ。

ポドルスキはビジャが視察に訪れ、会見を行った本拠地でユニホーム姿のまま、ビジャと肩を組み、互いにサムアップを決めている。来季から前線でコンビを組むことになる2人はもうすっかり打ち解けている。 神戸で実現する世界一トリオ。目の当たりにした海外ファンも興奮している。

90万大反響「絶対に日本に試合を観に行こう」
 
合わせて90万件に迫る「いいね!」が殺到。コメント欄ではイニエスタに対し、「スペインのレジェンドが日本に集結」「日本のサッカーはチェックしなければならない」「時代は日本なのか?」 「再びこのコンビを見られるなんて感動だ」「レアルよりも強いのでは?」。ポドルスキに対し、「スペインとドイツの猛者が手を組んだ」「CLに出られる」「絶対に日本に試合を観に行こう」 「3人のW杯王者が集結。夢が実現した!」「ゲームの世界ではないよな?」との声が相次いでいた。

投稿ではイニエスタが「ようこそビジャ! 君と再びプレーできることを幸せに思う」と呼びかければ、ポドルスキも「我々のチームへようこそビジャ! 完璧な契約だ。2019年をお楽しみに!」と歓迎をつづった。 イニエスタのパスから前線のポドルスキ、ビジャの崩しで得点を奪う。そんな夢みたいなシーンがJリーグのピッチで見られることになる。

12/2(日) 9:33配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181202-00045243-theanswer-socc

写真

ビジャとポドルスキ.jpg



【サッカー】<神戸・三木谷オーナー>ビジャ獲得の経緯語る「強いだけじゃなく、お客さんを魅了するサッカーを追求していきたい」 ★2
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1543707183/



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:53 | 大阪 | Comment(24) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川崎、DFエウシーニョの退団を発表!清水エスパルスが獲得オファー!(関連まとめ)

【清水】川崎DFエウシーニョ獲得へ…すでに具体的なオファー
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181201-00000255-sph-socc
エウシーニョ川崎2018.jpg


 清水が川崎のブラジル人DFエウシーニョ(29)獲得に動いていることが1日、分かった。今季限りで契約満了する川崎は延長の意志を持っていたが金銭面で折り合いが付かず。清水はすでに具体的なオファーを出しているという。

 エウシーニョは15年に川崎入り。剛柔のドリブルを併せ持つ攻撃的な右サイドバック(SB)で、4年間で120試合20得点を挙げた。清水は今季、2年目の立田が同位置に定着。ただ来季は189センチの若武者を本職のセンターバックで起用する構想もあり、SBの補強を模索していた。

 また、今季限りで契約満了となるMF白崎、GK西部らに延長オファーを出す方針を固めている。


エウシーニョが退団=J1川崎
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181202-00000061-jij-spo


 J1の川崎は2日、DFエウシーニョ(29)が契約満了で退団すると発表した。ブラジル出身のエウシーニョは2015年に川崎に加入し、17年のJ1初優勝、今季の2連覇に貢献した。J1通算120試合に出場して20得点。 


☆〓〓〓〓川崎フロンターレ1275〓〓〓〓☆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1543559362/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:25 | 大阪 | Comment(9) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【GK神福元!!】東京ヴェルディ、磐田とのJ1参入プレーオフ決定戦進出!GK上福元がヘッドで劇的AT弾を生み横浜FCに勝利!J1参入PO2回戦

【サッカー】J1参入PO2回戦 最後に待っていたドラマ!東京Vが土壇場AT弾で勝ち抜き
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543730843/
ドウグラス東京V横浜FC戦ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2018/12/02(日) 15:07:23.65 ID:CAP_USER9.net

J1参入プレーオフ2回戦が2日に行われ、横浜FCと東京ヴェルディが対戦した。

3位でシードとなっていた横浜FCは2回戦から登場。1回戦で大宮アルディージャを破った東京Vをホームへと迎え入れた。


横浜FCはイバが先発に入った一方で、レアンドロ・ドミンゲスが間に合わず。メンバー外となった。一方の東京Vは内田達也が大宮戦で退場処分を受けたため、若干のメンバー変更を余儀なくされている。中盤は渡辺皓太、井上潮音、佐藤優平で構成され、前線は林陵平、奈良輪雄太、そして李栄直が入っている。

試合は序盤から激しいマッチアップが各所で繰り広げられ、ファウルで止まる時間が長くなっていく。

両チームともに前からプレッシングをかける戦術を選択。序盤から激しいマッチアップが各所で繰り広げられ、ファウルで止まる時間が長くなっていく。

ボールを支配する時間が長くなったのは東京Vだが、チャンスが訪れるのは横浜FC。20分にはペナルティーエリア内でボールを拾った齋藤功佑が右サイドからクロス。ファーで合わせたのは小兵、永田拓也。ヘディングで狙うが、シュートはバーを越えていく。

さらに28分には、横浜FCがカウンターから最後はイバがヘディングシュート。マイナス気味に入ったクロスを強靭な体幹で枠に飛ばすが、左ポストに嫌われてしまう。

後半に入ると、直後に東京Vは2枚替えを敢行。レアンドロ、梶川諒太を入れ、1点を奪うため勝負に出る。すると、ボールを拾える梶川、そしてターゲットになれるレアンドロが入ったことで、東京Vが流れを引き寄せていく。佐藤優平の直接FKがゴールを脅かすが、南雄太のセーブで横浜FCは窮地を脱する。

逆に横浜FCがカウンターから好機を作り出す。北爪健吾のシュートはGK上福元直人に阻まれ、スコアは均衡を保つ。すると東京Vのミゲル・アンヘル・ロティーナ監督は最後のカードを切ってドウグラス・ヴィエイラを投入。さらに勝負に出る。

逆に横浜FCは小島一仁、戸島章を入れて0-0で逃げ切る覚悟を見せる。逆に相手のミスから決定機を得るも決めきれず。

すると最後の最後にドラマが待っていた。東京Vの右からのコーナーキックで混戦の中、押し込んだのは途中出場のドウグラス・ヴィエイラ。土壇場で東京Vがリードを奪う。最後の最後に生まれた1点を守りきった東京Vが勝利し、ジュビロ磐田の待つ入れ替え戦へと駒を進めた。


横浜FC 0−1 東京V
[得点者]
90+6'ドウグラス ヴィエイラ(東京V)
スタジアム:ニッパツ三ツ沢球技場
入場者数:12,625人
https://www.jleague.jp/match/j1j2playoff/2018/120209/livetxt/#live


※タイトルの上福元選手を誤って、上福本と記載してしまいました。謹んでお詫び致します。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:58 | 大阪 | Comment(5) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川崎フロンターレ、C大阪MF山村和也の獲得に動く!神戸・浦和も獲得に動くも既に断り(関連まとめ)

川崎F “万能MF”C大阪・山村獲り 補強目玉“3度目”ラブコール
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181202-00000094-spnannex-socc
山村和也2018C大阪.jpg


 リーグ2連覇を果たした川崎Fが、C大阪の元日本代表MF山村和也(29)の獲得に動いていることが1日までに分かった。複数の関係者によれば、川崎Fは本職のボランチのほか、センターバック、トップ下も高いレベルでこなす山村の能力を高く評価。複数タイトル獲得を目指す来季へ、補強の目玉として白羽の矢を立てた。

 国見高から流通経大とサッカーのエリートコースを歩んだ山村は1メートル86の大型ボランチ。早くから将来を嘱望され、国内組中心で臨んだ10年1月6日のイエメン戦では、大学生として18年ぶりとなる招集でA代表デビュー。16強入りした10年W杯南アフリカ大会ではサポートメンバーにも選出された。

 争奪戦の末、12年に加入した鹿島では絶対的な主力にはなれなかったが、出場機会を求めて16年に移籍したC大阪では眠っていた能力が一気に開花。1年目はチームのJ1復帰に貢献すると、昨年就任した尹晶煥(ユンジョンファン)監督がトップ下にコンバートし、自己最多の8得点をマークするなど高い得点能力も見せた。

 川崎Fは大学4年時を含め過去2度のオファーを出しており、今回は3度目。C大阪も不可欠な戦力として慰留に努める方針で、山村の決断に注目が集まる。

 ◆山村 和也(やまむら・かずや)1989年(平元)12月2日生まれ、長崎市出身の29歳。国見高から流通経大に進学し、10年1月6日のイエメン戦で18年ぶりとなる大学生A代表デビュー。10年W杯ではサポートメンバー選出。12年に鹿島入りし、ロンドン五輪に出場。出場機会を求めて16年に移籍したC大阪で真価を発揮し昨年はルヴァン杯V。1メートル86、80キロ。利き足は右。

川崎FがC大阪山村獲り動く 移籍か残留の2択
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181202-00408186-nksports-socc

川崎フロンターレがセレッソ大阪のMF山村和也(29)の獲得に動いていることが1日、分かった。浦和レッズ、ヴィッセル神戸も含め複数クラブの争奪戦でC大阪も慰留に努めている。


複数の関係者によると、この日までに浦和、神戸には断りの連絡を入れ、川崎F移籍か残留かの2択になったという。万能型MF獲得となれば来季、ACLと複数のタイトルを目指す川崎Fにとって大きな補強になりそうだ。


移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11246
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1543682941/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 14:23 | 大阪 | Comment(11) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

C・ロナウド、PK弾でリーグ10得点目!14節での2桁得点はクラブ史上61年ぶり!ユベントスは3-0勝利しセリエA史上最速の勝ち点40達成

【サッカー】セリエA第14節 ユーベ、C・ロナウドのPK弾などで3-0快勝。早くも勝ち点40到達 14試合10得点
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543691552/
Cロナ2018第14節PK.jpg

1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/12/02(日) 04:12:32.18 ID:CAP_USER9.net

【フィオレンティーナ 0-3 ユベントス セリエA第14節】

現地時間1日に行われたセリエA第14節でユベントスはフィオレンティーナと対戦し、敵地で3-0の勝利を収めた。

首位を快走するユベントスと、引き分け続きで10位に位置しているフィオレンティーナの対戦。
フィオレンティーナは敵意をむき出しにして圧力をかけたが、先制したのはユベントスだった。

31分、敵陣中央付近でボールを持ったベンタンクールが縦にパスを入れると、ディバラがリターン。
クリスティアーノ・ロナウドが走って空けたスペースに入り、左足でゴールを奪った。

後半に入るとさらにリードは広がる。69分、セットプレーのこぼれ球をゴール前に入れ直すと、キエッリーニが右足で反転ボレー。
GKが弾いて舞い上がったボールにクリスティアーノ・ロナウドが反応するが、ボールには触れない。
そのまま地面に落下したボールには強烈な回転が掛かっており、ゴールに向かっていった。

これで楽になったユベントスは、79分にクリスティアーノ・ロナウドのPKでさらにリードを広げて3-0。
フィオレンティーナに快勝した。

【得点者】
31分 0-1 ベンタンクール(ユベントス)
69分 0-2 キエッリーニ(ユベントス)
79分 0-3 C・ロナウド(ユベントス)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181202-00299553-footballc-socc
12/2(日) 3:55配信

https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2018/ita/ita-11163382.html
試合スコア

https://www.nikkansports.com/soccer/world/italy/data/standings/
順位表

https://www.nikkansports.com/soccer/world/italy/data/ranking/
得点ランキング




超安定ユベントスがセリエA史上最速の勝ち点40到達。C・ロナウドは61年ぶり快挙
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181202-00299578-footballc-socc

今季のユベントスは、記録ずくめだ。セリエAで首位を独走するユベントスのデータをイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が紹介した。

 現地時間1日に行われたフィオレンティーナ戦に勝利したユベントスは、第14節を終えて13勝1分けで無敗を維持している。

 14試合で勝ち点40というのは、セリエAで史上初の快挙。2018年のリーグ戦1試合平均獲得勝ち点は2.7となっており、欧州5大リーグで最も優れた成績である。さらに、2018年はアウェイ無敗を継続中だ。

 見事な前半戦を過ごしているユベントス。その一因となっているのが、今年夏にレアル・マドリーからやってきたFWクリスティアーノ・ロナウドである。

 クリスティアーノ・ロナウドはフィオレンティーナ戦でPKを決めて、14試合で10得点6アシストとなった。デビューシーズンの第14節までに2桁得点を達成したのは、ユベントスの歴史で61年ぶりのこと。元ウェールズ代表のジョン・チャールズが1957/58シーズンに成し遂げて以来の出来事である。

 2位ナポリとの勝ち点差を暫定で11としたユベントス。この勢いはどこまで続くだろうか。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドルトムント、ロイスPK弾とアルカセル途中出場弾でフライブルクに2-0快勝!4連勝で開幕13戦無敗

ドルトムントが首位固め…またもロイス&パコ弾でリーグ戦4連勝
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181202-00000044-goal-socc
ロイス2018第13節ゴール.jpg

ブンデスリーガ第13節が12月1日に行われ、首位のドルトムントはフライブルクを迎え撃った。香川真司はメンバー外となっている。

立ち上がり、ドルトムントの両CBは不安定な動きを見せ、ピンチを招く。それでも、何とか耐えしのぐと、40分にジェイドン・サンチョが右サイドからの仕掛けでPKを獲得。これをマルコ・ロイスが正面に決め、ドルトムントが先制点を奪う。

直後から反撃に出るフライブルク。ジェローム・ゴンドルフの直接FKがバーを叩くなど見せ場を作る。

後半に入ってもドルトムントペースで試合は続く。終盤まで試合は動かず、このまま終了するかと思われたが、ドルトムントの“仕事人”が黙っていない。サンチョのドリブルで組織を破壊すると、持ち上がってきたウカシュ・ピシュチェクに渡る。キーパーと1対1のシーンで落ち着いて横パスを選択すると、途中出場のパコ・アルカセルが押し込んだ。

試合はそのまま2-0で終了。ドルトムントがリーグ戦4連勝を飾っている。


【BVB09】Borussia Dortmund 884
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1543358264/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:44 | 大阪 ☀ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大迫所属ブレーメン、柏DF小池龍太の獲得に動く!今冬の獲得に向け最終確認(関連まとめ)

【サッカー】<ブンデスリーガのブレーメン>J2降格の柏レイソル・DF小池龍太(23)獲り!今冬での獲得に向けて最終確認
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543616205/
小池龍太柏.jpg
1: Egg ★ 2018/12/01(土) 07:16:45.88 ID:CAP_USER9.net

ブンデスリーガのブレーメンがJ1柏の右サイドバック、DF小池龍太(23)の獲得に動いていることが30日、分かった。すでにスカウトを派遣し、Jリーグ視察などで情報を収集。柏のJ2降格により、今冬での獲得に向けて最終確認に入っている。

小池は豊富な運動量が持ち味で、今季ここまで31試合出場。 年代別日本代表経験はないが、同クラブ関係者は「機動力があり、能力は高い」と評価する。

ブレーメンは現在リーグ7位。1980年代に奥寺康彦氏(66)=横浜FC会長=が活躍し、 今夏に日本代表FW大迫勇也(28)が加入した。

12/1(土) 7:00配信 サンスポ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181201-00000026-sanspo-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 | Comment(7) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大迫勇也、バイエルン戦で半端無いヘッド!今季リーグ3得点目!ブレーメンはバイエルンに1-2敗戦(関連まとめ)

【サッカー】ブレーメン、大迫のヘディング弾炸裂も白星ならず…バイエルンが4試合ぶり白星
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543682644/
大迫2018第14節ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2018/12/02(日) 01:44:04.20 ID:CAP_USER9.net

ブンデスリーガ第13節が12月1日に行われ、バイエルンが日本代表FW大迫勇也所属のブレーメンを2−1で下した。

 試合は20分にセルジュ・ニャブリのゴールでバイエルンが先制。ブレーメンは33分に大迫のゴールで追い付いたが、後半立ち上がりの50分にニャブリがこの日2点目を挙げてバイエルンが勝ち越した。その後はブレーメンが同点を目指したがスコアは変わらず、このまま2−1でタイムアップを迎えた。

 次節、ブレーメンはMF宇佐美貴史所属のデュッセルドルフと、バイエルンはFW久保裕也所属のニュルンベルクと、それぞれホームで対戦する。

【スコア】
ブレーメン 1−2 バイエルン

【得点者】
0−1 20分 セルジュ・ニャブリ(バイエルン)
1−1 33分 大迫勇也(ブレーメン)
1−2 50分 セルジュ・ニャブリ(バイエルン)

【スターティングメンバー】
ブレーメン(4−1−4−1)
パブレンカ;ゲブレ・セラシェ、ヴェリコヴィッチ(63分 ラングカンプ)、モイサンデル、アウグスティンソン;シャヒン(76分 ピサーロ);J・エッゲシュタイン(66分 ムーヴァルト)、M・エッゲシュタイン、クラーセン、大迫勇也;クルーゼ

バイエルン(4−4−1−1)
ノイアー;ラフィーニャ、ズーレ、ボアテング、アラバ;ニャブリ(80分 チアゴ)、キミッヒ、ゴレツカ、リベリー(38分 コマン);ミュラー(90+1分 ハビ・マルティネス);レヴァンドフスキ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181202-00871281-soccerk-socc




大迫 王者バイエルンから今季リーグ3点目、ヘッドで同点弾もブレーメン●
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181201-00000174-spnannex-socc

 ◇ドイツ1部第13節 ブレーメン1―2バイエルン・ミュンヘン(2018年12月1日)

 ブレーメンの日本代表FW大迫勇也(28)が、リーグ6連覇中の王者を相手に今季リーグ3点目を決めた。

 1日、ホームのバイエルン・ミュンヘン戦で3試合ぶりに先発し、フル出場。0―1で迎えた前半33分、左クロスから打点の高いヘディングで同点弾を叩き込んだ。10月28日のレーバークーゼン戦以来4試合ぶりの得点。ドイツ代表DFボアテングらワールドクラスの選手を相手にポストプレーからチャンスをつくるなど、個の力をアピールした。チームは後半に失点し、1―2で競り負けた。

 1日付の地元紙ビルトによると、現在欧州視察中の日本代表・森保一監督(50)が、試合前日の11月30日にブレーメンの練習場を訪問。練習後に大迫、コーフェルト監督と会談しており、招集が確実視されている1月開幕のアジア杯に向けての調整などについて話し合ったとみられる。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 02:30 | 大阪 | Comment(7) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング