アンテナ・まとめ RSS

2018年12月04日

Jリーグ、ベストヤングプレーヤー賞候補12名を発表!鹿島安部、湘南杉岡、横浜FM遠藤ら

Jリーグ、ベストヤングプレーヤー賞の対象選手を発表…鹿島の安部ら12名
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181204-00872688-soccerk-socc
安部杉岡遠藤.jpg

Jリーグは4日、2018シーズンのベストヤングプレーヤー賞の対象選手12名が決定したことを発表した。

 ベストヤングプレーヤー賞は明治安田生命J1リーグ全18チームの監督・選手による投票を基に、選考委員会にて受賞者を決定する。受賞者は12月13日に行われるJリーグ公式メディアでのライブ配信番組内にて発表され、18日に行われる「2018Jリーグアウォーズ」にて表彰される。

 ベストヤングプレーヤー賞の対象選手は1997年4月2日以降に出生した者で、2018シーズンの明治安田生命J1リーグで17試合以上の出場が条件となっている。ただし、代表チームでの活動の為にリーグ戦に出場できなかった分の試合数は加算試合数としてカウントされる。また、過去に同賞および新人王を受賞した選手は対象外となっている。

 2018シーズンのベストヤングプレーヤー賞の対象選手12名は以下の通り。

■菅大輝(北海道コンサドーレ札幌/20歳)・明治安田生命J1リーグ33試合出場1得点

■椎橋慧也(ベガルタ仙台/21歳)・明治安田生命J1リーグ17試合出場0得点

■安部裕葵(鹿島アントラーズ/19歳)・明治安田生命J1リーグ23試合(1試合)出場2得点

■橋岡大樹(浦和レッズ/19歳)・明治安田生命J1リーグ27試合(2試合)出場1得点

■遠藤渓太(横浜F・マリノス/21歳)・明治安田生命J1リーグ32試合(5試合)出場2得点

■齊藤未月(湘南ベルマーレ/19歳)・明治安田生命J1リーグ21試合(3試合)出場1得点

■杉岡大暉(湘南ベルマーレ/20歳)・明治安田生命J1リーグ34試合(4試合)出場1得点

■立田悠悟(清水エスパルス/20歳)・明治安田生命J1リーグ26試合(1試合)出場1得点

■菅原由勢(名古屋グランパス/18歳)・明治安田生命J1リーグ18試合(5試合)出場0得点

■中村敬斗(ガンバ大阪/18歳)・明治安田生命J1リーグ17試合出場1得点

■郷家友太(ヴィッセル神戸/19歳)・明治安田生命J1リーグ24試合(2試合)出場2得点

■田川亨介(サガン鳥栖/19歳)・明治安田生命J1リーグ25試合(2試合)出場2得点

※()内は加算試合数。上記の出場試合数には加算試合数も含まれている。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11259
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1543900229/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 ☁ | Comment(19) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロッベン、J1神戸移籍の可能性も!?東スポ報じる(関連まとめ)

【サッカー】<元オランダ代表>ロッベンも!? Jリーグ神戸浮上
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543909781/
ロッベン2018バイエルン02.jpg
1: Egg ★ 2018/12/04(火) 16:49:41.27 ID:CAP_USER9.net

超ビッグネームのJリーグ参戦は加速していくのか――。ドイツ1部の名門バイエルン・ミュンヘンで黄金時代を築いた元オランダ代表FWアリエン・ロッベン(34)が、2日に今シーズン限りでの退団を正式に表明した。すでに日本行きの動きも取り沙汰されているなか、やはり気になるのは大物外国人を次々と獲得している“あのクラブ”の動向だ。

 オランダ代表で長年エースとして活躍したロッベンは、2日のファンミーティング後に「これが(Bミュンヘンで)最後の年になる。クラブは先に進み、私も先に進む」と10年間在籍した名門を今季限りで去ることを明言。「先には進むが、完全にやめるわけではない」と引退はせず、他のクラブで現役を続行する考えを示した。

 世界屈指のスター選手だけに、当然退団後の行き先が注目される。34歳という年齢もあり、欧州の主要リーグでプレーを続けるのは難しいのが実情。米スポーツ専門メディア「ブリーチャー・リポート」は「MLS(米メジャーリーグサッカー)や、アンドレス・イニエスタとルーカス・ポドルスキ、ダビド・ビジャが移籍して注目の目的地となっている日本でキャリアを続けることも考えられる」とJリーグ入りの可能性を伝えた。

 実は、昨季からロッベンの日本参戦が噂されていた。このときはBミュンヘンと契約を1年延長したため、実現しなかったとみられるが、今回の退団表明を受けてJ1浦和や名古屋など資金力のあるクラブが獲得に動く可能性もささやかれている。とりわけ注目されるのは神戸だろう。

 昨季に元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(33)を獲得したのを皮切りに、今夏に元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)、さらに1日には同じスペイン代表のエースFWダビド・ビジャ(37)の加入も発表。世界的な大物選手が相次いで入団して話題を呼んでいる。

「イニエスタを獲得してから、神戸には海外の大物選手から多くの売り込みが来ている。まだまだ(大物の加入が)あるんじゃないか」とJクラブの強化担当者が指摘するように、神戸がロッベン獲りに動いても不思議ではない。さらに、同じくBミュンヘンから今季限りで退団する見通しとなった元フランス代表FWフランク・リベリ(35)の動向にも熱視線が注がれそうだ。

 神戸は日本の“銀河系軍団”となるのか。はたまた対抗するクラブが現れるのか。Jリーグは来季から外国籍枠を現行の3人から5人に拡大するが、さらなる盛り上がりを見せそうだ。

12/4(火) 16:41配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181204-00000046-tospoweb-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:36 | 大阪 ☁ | Comment(16) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吉田所属サウサンプトン、前ライプツィヒ監督のハーゼンヒュットル氏が新監督就任へ(関連まとめ)

サウサンプトン新監督に昨季までライプチヒ監督のハーゼンヒュットル氏が就任へ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181204-00000145-spnannex-socc
ハーゼンヒュットル監督ライプツィヒ.jpg

日本代表DF吉田麻也(30)が所属するイングランド・プレミアリーグ、サウサンプトンの新監督に、昨シーズンまでドイツ1部ライプチヒで指揮を執ったオーストリア人のラルフ・ハーゼンヒュットル氏(51)が就任することが有力となった。3日に英BBC放送(電子版)など複数の英メディアが就任で大筋合意したと報じた。

 サウサンプトンはリーグ10戦未勝利で、14節を終えて降格圏の18位に低迷。3日に、3月に就任したマーク・ヒューズ監督(55)の解任を発表した。最近の公式戦4試合連続でフル出場中の吉田は4日付の地元紙デーリーエコー(電子版)で「(昨季)我々をプレミアリーグ残留に導いてくれて本当に感謝している。とても悲しいし、個人的にも責任を感じる」と語った。

【中下位専用】ENGLAND Premier League 20
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1540771087/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:12 | 大阪 ☀ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J1神戸、チェルシーMFセスクの獲得に動く?ミランなど多数クラブと争奪戦に(関連まとめ)

【サッカー】<ヴィッセル神戸>セスク獲得にも動く!? 熾烈な争奪戦のライバルとなるのは…
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543911348/
セスク2018チェルシー.jpg

1: Egg ★ 2018/12/04(火) 17:15:48.62 ID:CAP_USER9.net

2018年のJリーグ最終節が行なわれた12月1日、ヴィッセル神戸は元スペイン代表FWのダビド・ビジャを獲得したことを電撃的に発表した。


 昨年3月にルーカス・ポドルスキ、そして今年5月にアンドレス・イニエスタを獲得していた神戸にとっては、これで3人目のワールドカップ優勝経験者をチームに加えたことになった。ビジャの本格始動は2019年シーズンからとなるが、その活躍への興味は尽きない。

 そんな神戸だが、すでに次なる大物助っ人に興味を示しているようだ。イタリア・メディア『Calciomercarto』によれば、スペイン代表MFのセスク・ファブレガスに白羽の矢を立てたという。このバルセロナ出身の司令塔は今シーズン、所属するチェルシーで出番に恵まれておらず(プレミアリーグでの出番はここまで48分間で、ほとんどカップ戦要員化)、契約満了を迎える来年6月を前に移籍が囁かれている。

 そして同メディアは、「神戸はすでにスペインのスターを2人獲得しているが、それだけでは不十分だと考えている。彼らは新たにセスクとの契約に動いている」と報じたのだ。
 セスク獲得が実現すれば、神戸には2010年の南アフリカ・ワールドカップ制覇を成し遂げた“無敵艦隊”を支えた3人が揃うことになるが、獲得を争うライバルは少なくない。中国クラブやアトレティコ・マドリー、リヨンなども狙っているとされるが、なかでも熱心に動いているミランとの争奪戦は熾烈を極めそうだ。

 イタリアの複数メディアが伝えたところでは、すでにミランは同選手サイドの移籍意志も確認済みとされ、チェルシー側にも1月の売却を迫っている段階にあると見られている。ミランは元アーセナルCEOであるイバン・ガジディス氏の代表取締役就任が内定。同氏はセスクとアーセナル在籍時に良好な関係を築いていただけに、交渉はよりポジティブに進んでいくとされている。

 一連の情報からすれば、セスクの神戸移籍の可能性は小さいようにも思えてくるが、決してノーチャンスではない模様。というのも、セスクはミランに移籍する場合には減俸を受け入れなければならないとされているからだ。事実、イタリア紙『Gazzetta Di Parma』は、「日本のチームはミランよりも高い給料を提供できる」と伝えている。

 また、11月29日のヨーロッパリーグのPAOK戦後にセスクは、「誰とも話していない」とコメントしており、交渉の余地は十二分にあるだろう。

「もちろん、1月に(来シーズンに向けたプレ契約に)サインすることはできる。自分が望むチームとね。おそらく、そのことは多くのクラブを惹きつけるだろう。でも、いまのところ、僕に言える限りでは、シーズンが終わるまでここに残るはずだよ」

 現在31歳となりキャリアの過渡期を迎えているセスクだが、今後もトップレベルでのプレーを望んでいると伝えられている。そのことを踏まえれば、ミラン移籍という道を最優先に考えそうではあるが、かつての戦友であるイニエスタとビジャから共闘を持ちかけられれば心が動かないとも限らない。

 今後の展開に注目が集まる。

12/4(火) 16:43配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181204-00051083-sdigestw-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(11) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロッベン、Jリーグ移籍の可能性は?新天地は家族との生活を考慮「中国と中東には行かない」

【サッカー】<ロッペン>「中国と中東には行かない」ではJリーグ参戦の可能性は?「妻と子供たちも楽しめる生活じゃなくちゃいけない」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543870549/
ロッベン2018バイエルン.jpg


1: Egg ★ 2018/12/04(火) 05:55:49.01 ID:CAP_USER9.net

ついに名手が、慣れ親しんだ赤いキットに別れを告げる。

 日曜日、元オランダ代表のMFアリエン・ロッベンが声明を出し、今シーズンいっぱいでバイエルン・ミュンヘンを退団すると発表した。34歳のウインガーとドイツ王者の現行契約は2019年6月末まで。延長交渉は行なわれず、そのままフリートランスファーとなるようだ。

 2009年夏に鳴り物りでバイエルンに入団。この9年間で掴んだタイトルは合計13個で、ブンデスリーガが7度、DFBポカール(ドイツカップ)が4度、そしてチャンピオンズ・リーグとクラブワールドカップがそれぞれ一度ずつと輝かしい。今シーズンはここまで膝の怪我などでベンチ外となるケースがあるものの、公式戦14試合に出場して5得点・2アシストとしっかり存在を示している。

 来夏以降の身の振り方はまったくの未定としており、現役続行か引退かも明確にはされていない。そこで、母国オランダのスポーツラジオ局『NOS Langs de Lijn』がロッベン本人を直撃し、その胸中に迫った。

 なにを置いても、バイエルンを離れるという決断そのものが痛みを伴ったという。

「本当に難しい選択だったよ。僕のキャリアのなかで一番だったといっても過言ではない。いろんな出来事が走馬灯のように蘇ってね。でももう決めたことさ。残る時間を大切に過ごしたいと思う。先のことかい? 正直に言うよ。プレーを続けるか、引退するか、あらゆるオプションがある。それが事実なんだ」

 現役を続ける条件として挙げたのは、“家族の同意”だ。「もし現役を続けるなら100パーセントの確信がなければやらない。ベストを尽くせるか、楽しくやれるかも大事だ」と話したうえで、「それは家族も同じ。妻と子どもたちも楽しめる生活じゃなくちゃいけない。家族はいつもひとつだからね」と説明した。

 これはドイツやオランダをはじめとした西欧諸国ではなく、アメリカやアジアという地での新たな生活を意味しているのか。インタビュアーが兼ねてから噂されている中国スーパーリーグからの誘いについて問うと、ロッベンはあっさりとこれを否定した。

「まだなにも決めてはいないけれども、中国あるいは中東のクラブでプレーするというオプションは存在しない。とにかくいまはオープンに物事を考えているよ。いくつかのオファーがあるのは確かだ。よく吟味して、ゆっくり決めたい。といってもあまり時間はないんだけどね」

つづく

12/4(火) 5:08 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181204-00010000-sdigestw-socc


3: Egg ★ 2018/12/04(火) 05:56:39.43 ID:CAP_USER9.net

「日本はロッベンにとってホットな目的地と言えよう」

 となると、気になるのがJリーグへの参戦だ。中国と中東は選択肢にないと断言したが、アジア全域を指したわけではない。実際に今春にはJ1の某クラブがロッベン・サイドと接触を図り、かなり良いところまで交渉が進んでいたとの情報もある。オランダの名手のなかで「日本行き」の選択肢は消えていないのかもしれない。

 アメリカのスポーツサイト『Bleacher Report』はロッベンのバイエルン退団と新天地について特集を組み、そのなかでJリーグ参戦は現実味のある話だと言及している。

「ロッベンが来シーズンどこでプレーするのかは不透明で、どこを希望しているのかさえ判然としていない。いまだプレーの力強さは健在で、MLS(メジャーリーグサッカー)や日本で現役を続けるのではないか。とりわけ日本は、ここ最近だけでもアンドレス・イニエスタ、ルーカス・ポドルスキ、ダビド・ビジャが選択しているリーグで、(ロッベンにとっても)ホットな目的地と言えよう。しかし一方で、彼の長きに渡る怪我の歴史を考慮するならば、どうだろうか。ブーツをかける(引退する)選択が賢明なのかもしれない」

 稀代のアタッカーはどんな最終決定を下すのだろうか。まだまだ十八番の豪快なカットインに衰えは微塵も感じられない。ぜひともJリーグでその妙技を拝みたいものだが、はたして──。




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グリーズマン、バロンドール受賞ならず「僕はW杯とELを勝ち取った。それ以外に何をしなければならないのか」

【サッカー】<グリーズマン>W杯&EL優勝もバロンドール受賞ならず…「それ以外に何をしなければいけないのか」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543877553/
グリーズマン2018バロンドール発表会場.jpg
1: Egg ★ 2018/12/04(火) 07:52:33.10 ID:CAP_USER9.net

フランス代表のアントワーヌ・グリーズマンとキリアン・ムバッペが、2018年度バロンドール授賞式の後でコメントを残した。

フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』が主催する、その年最も活躍した選手へと送られるバロンドール。1956年に創設され、世界中のジャーナリストによる投票で、年間最優秀選手が選出される。最終候補者30名の中から、その年最も輝いた選手1人に名誉ある賞が授与されることになる。

2018年度のバロンドールは、レアル・マドリーMFルカ・モドリッチが栄冠に。ロシア・ワールドカップ王者に輝いたグリーズマンは3位、ムバッペは4位となった。

グリーズマンはフランス代表としてW杯王者を勝ち取った他に、昨年のヨーロッパリーグでも優勝。しかし、初のバロンドール受賞とはならなかった。

授賞式前には「フランス人が勝ち取らなければ悲しいね。おそらく、欧州カップ戦はワールドカップよりも重要なんだろう。でも、どうなるか見てみよう……」と悲観的に見ていたグリーズマン。そして式典終了後には、悔しさをにじませている。

「世界王者として表彰台に上がるのは本当に誇らしいことだ……。将来ルカのポジションになれるように、クラブと代表のチームメイトとともに続けていくよ」

「僕はヨーロッパリーグとW杯を勝ち取った。それ以外に何をしなければいけないかはわからないかな」

一方ムバッペは、「失望? 問題はないよ。短期間で7位から4位となった。前には3人がいるけど、僕よりも値するよ。将来受賞できるよう、働き続けないとね」とコメントしている。

12/4(火) 7:43配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181204-00000045-goal-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(20) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

V・ファーレン長崎、手倉森誠氏の新監督就任を発表!仙台監督、リオ五輪代表監督、日本代表コーチを歴任(関連まとめ)

>J2降格の長崎、来季監督に手倉森誠氏が就任「共闘、よろしくお願いいたします」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181204-07713967-gekisaka-socc
手倉森誠スーツ.jpg

 V・ファーレン長崎は4日、来季より手倉森誠氏が新監督に就任することを発表した。長崎は今季、初となるJ1の舞台で戦ったが、8勝6分20敗の勝ち点30で最下位となり、来季のJ2降格が決まった。

 08年から13年まで仙台の監督を務めた手倉森氏は、その後リオデジャネイロ五輪代表監督、ロシア・ワールドカップに出場した日本代表コーチを務めている。

 手倉森氏はクラブを通じて、「これまで長崎が積み上げたもの、関わった多くの方々の想い、そして今季の悔しさを来季へ運び、1年でのJ1復帰と将来V・ファーレン長崎が描く壮大なプロジェクトに私の力を存分に注ぎます! J1へ、日本を代表するクラブへ向かうために、サポーター、県民のより大きな力添えが必要です。共闘、よろしくお願いいたします」と意気込みを語っている。

 またフィットネスコーチに、日本代表でアスレティックトレーナーやコンディショニングコーチを務めた早川直樹氏の就任が併せて発表されている。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11258
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1543877113/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(6) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【動画有】中村俊輔、特集番組に出演!岡崎慎司と対談!育児についても語る「ベストファーザー賞、私 」【THIS IS 中村俊輔 〜語り尽くす40歳の本心】(関連まとめ)

THIS IS 中村俊輔 〜語り尽くす40歳の本心〜
 https://www.fujitv.co.jp/b_hp/181202shunsuke/
俊輔ベストファザー賞.jpg

40歳中村俊輔に独占密着。ロシアワールドカップで盛り上がりを見せた2018年、中村は節目の40歳を迎えた。

これまで数々の挫折を経験してきた中村が、今季は人生3度目の手術を含む4度の離脱。

かつてないほどの怪我に苦しみ、自らのプレーにも影響が。それでも前を向き、目標を持って突き進むことができるのは、挫折は成長させてくれるものであることを知っているから。

そんな中村が今見据えるものは…。中村が夢を語った。

数々の挫折を経験してきた男がみせるその生き様はまさにサッカー小僧。

年齢を重ねても怪我をしても変わらずに持ち続ける信念はサッカーへの想いが誰よりも強いから。

中村俊輔40歳が本心を語った。

また、ワールドカップを終えたばかりの岡崎慎司との対談も実現し、ワールドカップでの裏話も語った。

さらにテレビカメラが初めて中村の自宅に潜入。そして、日本サッカーが強くなればいいと語る40歳中村俊輔が到達した境地とは…。

【中村俊輔】ていうかTHIS IS 中村俊輔〜語り尽くす40歳の本心〜 1228
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1543519449/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(11) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モドリッチ、初のバロンドール受賞!UEFA・FIFA年間最優秀選手賞に続き3冠目(関連まとめ)

【サッカー】2018年度バロンドールはモドリッチに!UEFA/FIFA年間最優秀選手賞に続き個人賞三冠達成
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543876652/
モドリッチ2018バロンドール受賞.jpg
1: Glide Across The Line ★ 2018/12/04(火) 07:37:32.86 ID:CAP_USER9.net

12/4(火) 6:22配信
GOAL
2018年度バロンドールはモドリッチに!UEFA/FIFA年間最優秀選手賞に続き個人賞三冠達成
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181204-00010003-goal-socc
モドリッチが三冠達成(C)Getty Images
https://amd.c.yimg.jp/im_siggH2jE2jeeR_Pbhx0Ce_I6bA---x900-y534-q90-exp3h-pril/amd/20181204-00010003-goal-000-3-view.jpg

フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』は3日、2018年バロンドール受賞者を発表。ルカ・モドリッチが、世界最高の選手に選ばれた。

1956年に創設されたバロンドール。世界中のジャーナリストによる投票で、年間最優秀選手が選出される。最終候補者30名の中から、その年最も輝いた選手1人に名誉ある賞が授与されることになる。

そして2日、バロンドールの受賞者が発表。モドリッチがキャリア初めて栄冠に輝いた。

モドリッチは昨シーズン、所属クラブのレアル・マドリーでチャンピオンズリーグ史上初の三連覇に大きく貢献。さらに今夏行われたロシア・ワールドカップでは、クロアチア代表の主将として、同国史上初の決勝進出に導いた。大会最優秀選手にも選出されている。

その活躍から、2018年のUEFA年間最優秀選手賞、FIFA年間最優秀選手賞をすでに獲得。今回のバロンドール受賞で、同年の個人賞三冠達成という偉業を成し遂げている。
(以下ソース参照)



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:41 | 大阪 ☀ | Comment(22) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Jリーグ、2018J1前後半「勢い落差」ランキング!最も加速したのは名古屋!最も失速したのは広島

【サッカー】<Jリーグ/J1前後半戦「勢い落差ランキング」>全18チーム中…最も加速したのは名古屋、最も失速したのは広島
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1543844357/
J1-2018選手監督.jpg
1: Egg ★ 2018/12/03(月) 22:39:17.96 ID:CAP_USER9.net

●前半戦と後半戦の順位表から明暗くっきり、前後半でそれぞれ“主役”を担ったのは?
 
J1リーグは1日にシーズン最終戦の第34節が各地で行われ、最終順位が決定した。
川崎フロンターレが連覇を飾り、16位のジュビロ磐田がJ1参入プレーオフに回る一方、17位の柏レイソルと18位のV・ファーレン長崎はJ2自動降格が決まっている。
J1全34節を終えたなか、前半戦(1〜17節)と後半戦(18〜34節)の順位表とともに、前後半戦の成績差から“勢いの落差”をチェック。果たして、どのクラブが最も加速し、最も失速したのか――。

J1は前半戦と後半戦で明暗が鮮明に分かれた。その差は二つの順位表を見ると明らかで、さらに両順位表から後半戦における好不調クラブが浮き彫りとなっている。

2018J1前半成績.jpg


【図1】2018 J1リーグ 前半戦「1節〜17節」成績【画像:Football ZONE web】
 
前半戦(1〜17節)の主役はサンフレッチェ広島だ(前半戦順位【図1】)。今季から率いる城福浩監督の下、ブラジル人FWパトリックを中心に勝ち点を積み重ね、17節を終えた段階で13勝2分2敗の勝ち点41。
2位のFC東京が勝ち点34で追走していたものの、その時点で勝ち点7差がつくなど破竹の勢いを見せた。その一方、18位名古屋グランパス、17位サガン鳥栖、16位ガンバ大阪などが苦戦を強いられていた。
とりわけ名古屋は17試合で2勝のみで、最少得点(15)、最多失点(33)と危機的状況に陥っていたのが分かる。

2018J1後半成績.jpgbr /> 【図2】2018 J1リーグ 後半戦「18節〜34節」成績【画像:Football ZONE web】

後半戦(18〜34節)の順位表【図2】に目を向けると、連覇を遂げた川崎がコンスタントに結果を残して最多勝ち点を積み重ねた一方、前半戦で低迷していたクラブの巻き返しが際立つ。
なかでも第18節にレヴィー・クルピ前監督から宮本恒靖新監督にシフトしたG大阪(前半戦16位)は、第25節から破竹の9連勝。

最終節こそ柏レイソルに2-4と敗れてクラブ新記録更新は逃したが、後半戦で主役級の存在感を放った。
一方、後半戦では長崎が最少勝ち点でJ2降格の憂き目に遭い、前半戦2位のFC東京が一転して後半戦は17位と低迷するなど勢いが衰えた。

>>2以降につづく

2018.12.02 フットボールゾーン
https://www.football-zone.net/archives/151458


2: Egg ★ 2018/12/03(月) 22:39:31.84 ID:CAP_USER9.net

●最も加速したのは名古屋、最も失速したのは広島 ペースダウンが顕著だったのは…
 
驚異的な挽回を見せたのが名古屋だった。前半戦18位(勝ち点10)と最下位に沈んだ名古屋だが、後半戦は4位と好成績を残した(最終順位15位)。
前後半戦の勝ち点差はリーグ最多21で、勝利数(8)、得点数(22)においても最も上積みをしている。

その中心的役割を担ったのがJ1得点王に輝いた元ブラジル代表FWジョーだ。シーズンを通して24ゴールを決めたが、後半戦だけで18ゴールと尻上がりに調子を上げた。
チームは後半戦リーグ最多37ゴールを叩き出したが、ジョーは一人で半数近くを奪っている。

その一方で、まさかの大ブレーキにより失速したのが広島だ。前半戦は1位と快走していたが、後半戦は16位と大苦戦(最終順位2位)。
前後半の成績差を見ると勝ち点(-25)、勝利数(-9)、得点数(-5)がいずれも減少し、敗戦数(+7)と失点数(+19)は増加している。得点減少よりも失点増加が顕著で、チームの異変が窺える。

自動降格した柏と長崎、J1参入プレーオフに回った磐田は、それぞれ異なる状況が浮かぶ。柏(前半戦14位、後半戦13位、最終順位17位)と長崎(前半戦15位、後半戦18位、
最終順位18位)は、シーズンを通して低空飛行が続き、後半戦で改善を図れなかった点が大きく響いている。最終順位16位の磐田は前半戦9位に食い込むも、後半戦は15位に転落しており、そのペースダウンは顕著だった。



●イニエスタ加入の神戸、トーレス加入の鳥栖 前後半戦の成績で見られる大きな違い
 
元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタを補強したヴィッセル神戸、同FWフェルナンド・トーレスが加入したサガン鳥栖は、前後半の成績で大きな違いが見られる。

神戸は前半戦6位に食い込むも、徐々に調子を落とした後半戦は12位(最終順位10位)。前後半の成績差を見ると、勝ち点(-5)、勝利(-2)、得点数(-3)がいずれも減少し、敗戦(+1)と失点数(+12)は増加した。
イニエスタや元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキの共演で話題を集めたが、残留争いに巻き込まれたのが実情だ。

一方、鳥栖はシーズン最終盤の5試合で3勝2分と好成績を残し、最終順位14位で終えた(前半戦17位、後半戦7位)。トーレスは17試合3得点に終わったものの、キャプテンマークを巻いてチームを牽引し、
最前線で体を張ったプレーを披露。ゴール以上のポジティブな影響をチームに与えたと言えるだろう。

神戸は1日、元スペイン代表FWダビド・ビジャの加入を発表するなど、各チームが来季に向けて動き出している。それぞれが本格的に編成を進めるなか、来季はどのような戦いが繰り広げられるのだろうか


【一覧】J1全18チーム、前後半戦の「勢い落差ランキング」
2018J1前後半成績差.jpg



※一部内容を編集し直しました

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☔ | Comment(12) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング