アンテナ・まとめ RSS

2018年12月28日

仙台、松本MF石原崇兆を完全移籍で横浜FM吉尾海夏をレンタル移籍で獲得!中野嘉大が札幌に、古林将太が湘南に移籍(関連まとめ)

主力流出の仙台、松本よりMF石原崇兆を完全移籍で獲得…横浜FMからは20歳MF吉尾海夏が期限付きで加入
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181228-00010017-goal-socc
石原松本と吉尾マリノス.jpg

ベガルタ仙台は28日、松本山雅FCよりMF石原崇兆が完全移籍で、横浜F・マリノスよりMF吉尾海夏が期限付き移籍でそれぞれ加入することを発表した。

92年生まれの石原は現在28歳。清水エスパルスユースから11年にファジアーノ岡山に加入。4シーズンを過ごし、15年に松本へ完全移籍で加入した。今季の明治安田生命J2リーグでは、42試合中41試合に出場し、2得点をマーク。松本昇格の原動力となった。

加入にあたり石原は「松本山雅FCから完全移籍で加入する石原崇兆です。チームの目標達成の力になれるよう全力で戦います。応援よろしくお願いします」とコメントしている。

また、期限付き移籍で加入することが決まった吉尾は、横浜FMユース出身の20歳。今季はリーグ戦デビューを果たし、シーズンで6試合に出場。JリーグYBCルヴァンカップでも6試合に出場した。加入に際し、吉尾は以下のように意気込みを語った。

「ユアテックスタジアム仙台のピッチでプレーする姿を1日でも早くお見せできるように日々のトレーニングから全力でがんばります。一緒にタイトルを獲得しましょう」

なお、吉尾の移籍期間は2020年1月31日までとなり、その間に行われる明治安田生命J1リーグでの横浜F・マリノス戦には出場できない。

仙台は今冬の移籍市場で野津田岳人がサンフレッチェ広島に、矢島慎也がガンバ大阪に、ハーフナー・マイクがヴィッセル神戸に復帰することが決まったほか、古林将太が湘南ベルマーレへ、中野嘉大が北海道コンサドーレ札幌へそれぞれ完全移籍が決定するなど、大きな転換期を迎えている。


札幌、仙台MF中野嘉大&元広島FWアンデルソン・ロペスを獲得
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181228-12993062-gekisaka-socc

中野仙台とアンデルソンロペス広島.jpg

北海道コンサドーレ札幌は28日、ベガルタ仙台MF中野嘉大(25)とFCソウルFWアンデルソン・ロペス(25)が完全移籍で加入することを発表した。

 中野は、仙台の公式サイトで「これまでベガルタ仙台の一員としてプレーでき、本当に幸せでした。自分の力を信じ、いつも背中を押してくれた監督、スタッフ、チームメート、サポーターのみなさんには本当に感謝しています」とコメント。札幌の公式サイトでは、「自分の力を評価していただいたこのクラブでプレーしたいと思い、移籍を決断しました。これから、更に上を目指していくクラブの力になれるように1日も早く適応してチームに貢献できるように頑張ります」と伝えている。

 一方、2016年夏から17年冬までを広島でプレーしたA・ロペス。札幌の公式サイトでは、「私はこの機会をいただき非常に楽しみにしてると同時に、早くチームメイトと共にグラウンドに立ってサポーターのみなさんの前でプレーして、たくさんの喜びを与えることが出来ればと思います。素晴らしいシーズンとなるように、みなさん共に頑張りましょう!」とコメントを発表している。


●MF中野嘉大
(なかの・よしひろ)
■生年月日
1993年2月24日(25歳)
■身長/体重
176cm/66kg
■出身地
鹿児島県阿久根市
■経歴
パルティーダ鹿児島U-15-佐賀東高-筑波大-川崎F-仙台-川崎F-仙台
■出場歴
J1リーグ:68試合5得点
カップ戦:14試合2得点
天皇杯:12試合3得点


●FWアンデルソン・ロペス
(Anderson Jose Lopes de Souza)
■生年月日
1993年9月15日(25歳)
■身長/体重
185cm/82kg
■出身地
ブラジル
■経歴
トンベンセ-アバイ-アトレチコ・パラナエンセ-広島-トンベンセ-ソウルFC
■出場歴
J1リーグ:39試合12得点
カップ戦:5試合0得点
天皇杯:4試合1得点

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11392
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1545971310/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:06 | 大阪 ☀ | Comment(2) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

湘南ベルマーレ、ブラジル人ジェズスの獲得を発表!登録名は「レレウ」に(関連まとめ)

J1湘南がMFクラウディオ・ソウザ・ジ・ジェズスを獲得 登録名はレレウに
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181228-00000088-dal-socc
レレウ.jpg

 J1湘南が28日MFクラウディオ・ソウザ・ジ・ジェズス(25)が完全移籍での加入が決まったと発表した。登録名はレレウとなる。

 レレウはブラジルのクラブを渡り歩き、アトレチコMG(ブラジル)から日本に移籍する。U−20ブラジル代表の経歴がある。

 湘南を通じ「湘南ベルマーレと契約できたことは非常に大きな喜びであり、かつ来シーズン、クラブにとっても私にとっても素晴らしいパフォーマンスと結果を得られると希望に満ちています」と喜びを語った。今季にルヴァン杯を獲得したことも知っているといい、「献身的にプレーし、選手、スタッフ、そしてサポーターのみなさんにいち早く溶け込む準備は整っています。日本の文化はとても好きです」など前向きだ。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11392
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1545971310/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:35 | 大阪 ☀ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J1神戸、タイ代表DFティーラトンとカタール代表DFヤセルの退団を発表!レンタル期間が満了(関連まとめ)

神戸の助っ人2選手が退団へ。ティーラトン、ヤセルの期限付き移籍が満了
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181228-00051960-sdigestw-socc
ティーラトンとヤセル.jpg

「ヴィッセル神戸は僕の原点です」(ティーラトン)
 J1のヴィッセル神戸が28日、DFティーラトンとDFアフメド・ヤセルの期限付き移籍満了を発表した。
 
 ムアントン・ユナイテッド(タイ)から今季開幕前に加入したティーラトンは、J1で28試合に出場。精度の高い左足からのクロスを武器に、主に攻撃面で貢献した。「Jリーグでプレーする事が僕の夢でした」と語った同選手は、神戸のHPで次のようにコメントを残している。
 
「Jリーグでプレーする事が僕の夢でした。この夢を叶えてくれたのはヴィッセル神戸。夢を、チャンスを与えてくれた事は心から感謝してます。少しでも恩返ししたいと思い、日々のトレーニング、試合に出るたびに自分のベスト尽くそう思いました。 この一年間はチームとして良い時も悪い時もありましたが、僕にとって全てが意味のある一年間でした。この一年間は自分を知る事が出来て、新しい事も学べました。神戸でサッカーだけじゃなく、人生経験を積むことができたのは僕の宝物です。最後に監督、コーチ、スタッフ、チームメイト、ヴィッセル神戸のサポーターの皆さまへ、いつも僕をサポートしていただき、ありがとうございました。心から感謝しています。もうヴィッセル神戸でプレーできないですが、ヴィッセル神戸のサポーターの一人として、これからも応援し続けます。いつの日か、ヴィッセル神戸に帰って来られたら…その時はまたよろしくお願いします。ヴィッセル神戸は僕の原点です。ありがとうございました」
 
 また、Jリーグ史上初のカタール人選手として今年8月にアル・ドゥハイルSC(カタール)から加入したヤセルは、リーグ戦7試合に出場。同じく神戸のHP上で感謝の気持ちを綴った。
 
「ヴィッセル神戸に関わるすべての皆様のサポートが私にとって大きな力となりました。本当にありがとうございました。非常に良い経験となりましたが、クラブの目標を達成することができず、とても残念な気持ちがあります。また近い将来、神戸でプレーすることができればと願っています」

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11392

http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1545971310/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:05 | 大阪 ☔ | Comment(9) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サガン鳥栖、FC東京GK大久保択生を獲得に動く!GK権田修一の後釜に ポルティモネンセとはクラブ間合意(関連まとめ)

鳥栖GK補強へ FC東京・大久保獲得目指す ハイボールに絶対的強さ
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/12/28/kiji/20181227s00002179419000c.html
大久保択生FC東京.jpg


GK権田流出に備え、鳥栖がFC東京GK大久保択生(29)獲得に動いていることが27日、分かった。

 大久保は1メートル90の大型GKで今季はリーグ3試合出場。J1通算出場は10試合と少ないが敏しょう性やハイボールに絶対的な強さを誇る。09年にはアジア杯の予備登録メンバーにも選出されており、潜在能力は高い。

鳥栖権田「やっぱり外に出たい」2度目海外へ意欲
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181228-00430410-nksports-socc


サガン鳥栖の日本代表GK権田修一(29)がポルトガル1部ポルティモネンセに移籍することが27日、分かった。

すでにクラブ間で合意に至っており、来年1月のアジア杯後に渡欧予定。鳥栖の竹原稔社長は「彼には欧州のチームで活躍したい夢があり、その中で今回あのチーム(ポルティモネンセ)があった。夢をかなえるため後押ししてあげたい」と移籍を認めた。権田はこの日の代表合宿の練習後に取材に応じ、まだ正式契約には至っていないことを明かし「(ポルティモネンセから)興味をいただいてるというのは聞いてます。やっぱり外に出たいという気持ちはある」と自身2度目の海外へ前向きな意思を示した。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11390
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1545922309/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:09 | 大阪 ☔ | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元日本代表FW玉田圭司、J2長崎に完全移籍決定「すべてをこのチームに捧げたい」(関連まとめ)

名古屋退団の玉田圭司、新天地は長崎!「すべてをこのチームに捧げたい」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181228-00882614-soccerk-socc
玉田2018名古屋.jpg

V・ファーレン長崎が、今季まで名古屋グランパスでプレーしていたFW玉田圭司を完全移籍で獲得した。28日に発表している。同選手は契約満了に伴う今季限りでの名古屋退団が今月6日に決まっていた。

 加入が決まり、玉田は長崎のクラブ公式HPでコメントを発表。新天地での意気込みを述べている。

「2019シーズンからV・ファーレン長崎でプレーすることになりました!J1昇格に向け、僕自身が持っているすべてをこのチームに捧げたいと思っています。皆さんとスタジアムでお会いできることを楽しみにしています!」

 現在38歳の玉田は習志野高校卒業後の1999年、柏レイソルに加入。06年に名古屋へ移籍すると、10年には初のJ1リーグ制覇に貢献した。その後、セレッソ大阪への移籍を経て17年に復帰。今季は5月以降からスタメンに定着し、J1リーグ戦24試合出場3得点を記録していた。


移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11391
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1545960000/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☔ | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マリノス、川崎MF三好康児を期限付き移籍で加入発表!東京五輪世代で今季札幌で活躍(関連まとめ)

東京五輪世代MF三好康児が横浜FMに期限付き移籍!今季は札幌にレンタル
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181228-00010012-goal-socc
三好札幌ドリブル.jpg

横浜F・マリノスは28日、川崎フロンターレよりMF三好康児が期限付き移籍で加入することを発表した。なお、移籍期間は2020年1月31日までとなり、2019シーズンの公式戦において川崎フロンターレと対戦する試合には出場できない。

川崎Fアカデミー出身の三好は現在21歳。15年にトップチームデビューを果たしたが、層の厚い川崎Fにおいて満足に出場機会を得ることができず。今季は北海道コンサドーレ札幌に期限付き移籍した。その札幌ではミハイロ・ペトロヴィッチ監督に重用され、明治安田生命J1リーグでは26試合に出場し、3得点をマークしていた。また三好は、東京オリンピック候補でもあり、各世代の日本代表にも選出されている。

横浜FM加入にあたり三好は「この度、加入することになりました三好康児です。チームから必要としてもらったからにはマリノスがタイトルを取るために貢献し、それと共に自分も日々成長していけるよう努めます。1日でも早く横浜の地で認めてもらえるようプレーで示したいと思いますのでよろしくお願いします」とコメントしている。

また所属元の川崎Fを通じては「川崎フロンターレの皆さんへ。まずはリーグ連覇おめでとうございます。今年は初めて移籍をして、契約上対戦試合には出られませんでしたが、外から川崎というチームを見た時に羨ましいくらい圧倒的な強さがあるなと思いました。その上で今の自分はこれからもっと成長していくために必要なことを考えて、来季も新たなチームで挑戦することを選びました。普段から色々な声を掛けていただき嬉しい気持ちも悩む気持ちもありましたがこの選択が間違ったものではないということを自分自身のプレーで証明したいと思います。これからも応援していただけたら嬉しいです」と、新天地での意気込みを語った。

そして今季1年間在籍した札幌に向けては、以下のようにコメントしている。

「北海道が辛く苦しい時でもいつも以上に大きな声援をくださり、背中を押してくれたファン、サポーター、スタッフの方々のおかげで1年間戦い抜くことが出来ました。最後目標としていた結果を得ることはできませんでしたが、ミシャの下で皆さんと共に戦えたこの1年間は僕にとってかけがえのない大きな意味を持つものになった事は間違いありません。そして正直なところ北海道という地をここまで好きになるとは思っていませんでした。札幌を離れるのは寂しいですが来季からも元気な姿を見せられるように頑張ります!試合で対戦する時以外はコンサドーレの躍進を心より願っています。本当にありがとうございました」

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11392
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1545971310/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:54 | 大阪 ☔ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J1札幌、長崎FW鈴木武蔵の獲得を公式発表!今季11得点の活躍(関連まとめ)

札幌、“新エース”候補の鈴木武蔵を獲得…今季は長崎で11得点と大ブレイク
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181228-00882616-soccerk-socc
鈴木武蔵2018長崎ゴール.jpg

 北海道コンサドーレ札幌は28日、V・ファーレン長崎から鈴木武蔵を獲得したと発表した。

 移籍が決まったことを受け、鈴木は長崎の公式サイトでコメントを発表。ファン・サポーターに別れを告げた。

「長崎の皆さん1年間という短い時間でしたが、本当にありがとうございました。社長をはじめ、監督、スタッフ、選手、サポーターの皆さんに、心から感謝しています。ありがとうございました。長崎に来て僕のサッカー人生は大きく変わりました。選手として人として未熟な僕を受け入れてくれて、共に成長できたことを決して忘れません。毎日なごみに足を運んでくださったこと、降格が決まってもアウェイの試合に僕達の応援に来てくださったこと、試合が終われば選手を称えてくださったことは特に胸に刺さりました。今回、ひとりのサッカー選手として更なる成長を遂げたいと考え、決断しました。自分勝手で本当に申し訳ありません。長崎での1年間をこれからも心に刻んでサッカー人生を歩んで行きたいと思います。本当にありがとうございました」

 そして、同選手は新天地となる札幌の公式サイトにもコメントを寄せ、意気込みを語っている。

「北海道コンサドーレ札幌の皆さん、はじめまして。長崎から移籍しました鈴木武蔵です。素晴らしいクラブ、そして監督、選手、スタッフ、サポーターと共に1つでも多くの勝利を分かち合い、共に成長していきたいです。どうかよろしくお願いします」

 現在24歳の鈴木武蔵は父の母国であるジャマイカで生まれ、出生後すぐに移り住んだ群馬県で育った。桐生第一高校を卒業後にアルビレックス新潟へ加入すると、3年目の2014年にはリーグ戦29試合に出場した。しかしその後はやや伸び悩み、水戸ホーリーホックや松本山雅FCへの期限付き移籍も経験した。今季長崎へ完全移籍すると、明治安田生命J1リーグ第26節名古屋グランパス戦でハットトリックを記録するなど飛躍を遂げ、最終的にチーム最多となる11得点を記録した。


移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11391
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1545960000/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 14:38 | 大阪 ☔ | Comment(4) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元日本代表の広島FW工藤壮人、J2山口に期限付き移籍が決定「ファン・サポーターには感謝の気持ちしかありません」

広島の元日本代表FW工藤壮人が山口に期限付き移籍…ファンに感謝「どんな時も前向きな言葉を…」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181228-00010002-goal-socc
工藤広島2018柏戦.jpg


サンフレッチェ広島は28日、同クラブに所属する元日本代表FW工藤壮人が2019シーズンにレノファ山口に期限付き移籍することを発表した。移籍期間は2019年2月1日から2020年1月31日まで。工藤は移籍期間中の公式戦において、広島との対戦時には出場できない。

柏レイソルユースから2009年に同クラブのトップチームに昇格した工藤は、2015年まで主力としてプレー。2016年はメジャーリーグサッカー(MLS)のバンクーバー・ホワイトキャップスに移籍したが、顎の骨折などもあって大きな結果を残せなかった。2017年からは広島に完全移籍し、Jリーグに復帰。今シーズンは明治安田生命J1リーグ12試合で1得点を記録した。

工藤は、今シーズンのJ2で8位となった山口への期限付き移籍に際して、「どんな時も前向きな言葉をかけてくださったファン・サポーター方々には感謝の気持ちしかありません。本当にありがとうございました。2019年がサンフレッチェ広島に関わる全ての皆さまにとって最高の年となりますよう、願っております」と、広島の関係者やファンに感謝のコメントを残した。また、山口の公式サイトを通じては、「J2優勝に向け、全身全霊で戦いますので、熱い応援宜しくお願い致します。一緒に戦いましょう!」と意気込みを口にしている。

また広島は同日、2018シーズンにFC岐阜に期限付き移籍していたDFイヨハ理ヘンリーの移籍期間を延長し、2019シーズンも同クラブに所属することを発表している。新たな期限付き移籍期間は2019年2月1日から2020年1月31日までとなる。


移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11391

http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1545960000/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☔ | Comment(5) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

G大阪MF泉澤仁、ポーランド1部から獲得オファー!今季はJ2東京Vでプレー(関連まとめ)

G大阪からJ2東京Vへ期限付き移籍中 泉沢にポーランド1部からオファー
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181228-00000010-spnannex-socc
泉澤東京V.jpg

G大阪からJ2東京Vに期限付き移籍しているMF泉沢仁(27)がポーランド1部ポゴニ・シュチェチンから獲得オファーを受けていることが27日、分かった。関係者によると細部の詰めを残すだけで、近日中にも渡欧予定。夢の海外挑戦の可能性が高まった。

 東京Vからは契約延長のオファーを受け、さらにC大阪など複数クラブも獲得に乗り出す中、日本人選手の獲得を目指していたポゴニが参戦。J屈指のドリブラーに白羽の矢を立てた。年俸は国内クラブよりも低くなる見込みだが泉沢本人は海外志向が強く、年齢的にもラストチャンスになるだけに前向きに考えているもようだ。

 ポゴニは27日時点で首位・レヒアと勝ち点11差の5位。ポーランドリーグからステップアップを果たしたベルギー1部アンデルレヒト所属の元日本代表MF森岡亮太(27)のように、活躍次第ではより大きなリーグへの移籍も見えてくる。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11390
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1545922309/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:05 | 大阪 ☔ | Comment(5) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長谷部誠、今季前半の独高級紙ベスト11に選出!「リベロという言葉がぴったり」

【サッカー】長谷部がドイツの高級紙による前半戦ベストイレブンに選出「“リベロ”という言葉がぴったり」 元ドイツ代表DFも称賛
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1545895387/
長谷部2018拍手.jpg
1: pathos ★ 2018/12/27(木) 16:23:07.72 ID:CAP_USER9.net

元日本代表MFの長谷部誠はドイツの高級紙『ズュートドイチェ・ツァイトゥング(SZ)』が選んだ今シーズン前半戦のチームに名を連ねた。

今夏のワールドカップ後に代表からの引退を表明した長谷部は今シーズン、フランクフルトで9月20日のヨーロッパリーグ・マルセイユ戦以降、16試合連続でフル出場している。バイエルンへと去ったニコ・コバチ監督の後任、アディ・ヒュッター体制ではリベロとして君臨。9月30日〜11月29日までの公式戦11試合負けなし(10勝1分け)に貢献し、チームの躍進において欠かせない存在となっていた。

そして、『SZ』もそんなベテランのパフォーマンスを高く評価し、今シーズン前半戦の「ベスト11」(実際には12人)に選出。首位を走るドルトムントからは4人、2位ボルシア・メンヒェングラットバッハ、6位フランクフルトからはそれぞれ2人が含められたこのリストだが、長谷部については次のようなコメントが記された。

「“最後のリベロ”と呼ばれてきた選手は少なくない。クラウス・アウゲンターラー、ローター・マテウス、イェンス・ノヴォトニーもその対象とされていたが、ここにきてこの肩書きの候補として違ったタイプの選手が現れている。もちろんマコト・ハセベは過去のアウゲンターラーやマテウス、ノヴォトニーとは一味異なるプレーを見せている。だが、フランクフルトの3バックの中央でプレーするこの日本人を目にすれば、その落ち着きぶりや技術、視野の広さを受け、“リベロ”がまさに彼がやっていることを的確に表現する言葉であることに気が付くかもしれない」

「前半戦において、彼はフランクフルトのサプライズシーズンに大きな要因となるほど、その役を上手くこなした。そして、今後ももう少しばかりかこの調子で続けることが考えられる。契約は延長となったハセベは現在34歳で、過去の多くの選手にとって、リベロとしての最高な時期が始まった年齢となっている」

なお『SZ』が選んだ前半戦のベストチームは以下の通り。

GK
ペテル・グラーチ(RBライプツィヒ)

DF
アクラフ・ハキミ(ボルシア・ドルトムント)
長谷部誠(フランクフルト)
マティアス・ギンター(ボルシア・メンヒェングラットバッハ)

MF
アクセル・ヴィツェル(ボルシア・ドルトムント)
マルコ・グルイッチ(ヘルタ・ベルリン)
セルジュ・ニャブリ(バイエルン・ミュンヘン)
ヨーナス・ホフマン(ボルシア・メンヒェングラットバッハ)

FW
ジェイドン・サンチョ(ボルシア・ドルトムント)
マルコ・ロイス(ボルシア・ドルトムント)
ルカ・ヨヴィッチ(フランクフルト)
パコ・アルカセル(ボルシア・ドルトムント)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00010008-goal-socc
今季前半戦の長谷部誠に「脱帽する!」…フランクフルトOBの元ドイツ代表DFが称賛
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181227-00010012-goal-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☀ | Comment(13) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング