アンテナ・まとめ RSS

2019年01月06日

豪州代表、ヨルダンにまさかの0-1敗戦!前回王者がアジア杯黒星スタート アジア杯B組第1節(関連まとめ)

【サッカー】<アジアカップ>1点守り切ったヨルダンが大金星!前回王者オーストラリアは初戦黒星スタート
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1546779307/
ヨルダン代表2019アジア杯豪州戦ゴール.jpg

1: Egg ★ 2019/01/06(日) 21:55:07.12 ID:CAP_USER9.net

[1.6 アジアカップ2019 オーストラリア0-1ヨルダン アルアイン]

 アジアカップ2019は6日、グループリーグ第1節2日目を行い、グループBはオーストラリア代表とヨルダン代表が対戦。ヨルダンが前回王者のオーストラリアに1ー0で勝利した。ヨルダンは10日にシリアと、オーストラリアは11日にパレスチナと対戦する。

 オーストラリアのスタメンには、元横浜FMのDFミロシュ・デゲネクや元千葉のDFマーク・ミリガンが名を連ねる。一方、名古屋所属のGKランゲラックや浦和所属のFWアンドリュー・ナバウトはベンチスタートとなった。

 序盤はボールを保持するオーストラリアに対して、ヨルダンはカウンターでチャンスを作っていく。すると、先制に成功したのはヨルダン。前半26分、左CKをショートコーナーで始めると、FWムーサ・アル・ターマリが左サイドからクロスを上げる。PA中央のDFアナス・バニ・ヤシーンが頭で合わせ、豪快にゴールネットに突き刺した。

 ヨルダンは前半30分にもチャンスを作る。PA手前でFKを得ると、MFバハー・アブドゥルラフマンが右足シュート。GKマシュー・ライアンの左手をかすめたボールはクロスバーを叩き、追加点とはならなかった。

 パス回しからチャンスをつくるオーストラリアだが、ヨルダンの4-4-2のブロックに苦戦。前半はヨルダンが1-0のリードで折り返した。

 後半に入ると、オーストラリアはMFトム・ロギッチを中心に攻撃を組み立てる。後半27分、MFクリス・イコノミディスがPA左にスルーパスを出し、DFアジズ・ベヒッチがクロス。最後はPA中央のロギッチが左足で合わせるが、ゴール上に大きくはずれていった。

 オーストラリアは幾度と敵陣に入り込んでゴールに迫るが、ヨルダンの固い守備に阻まれる。一方、ヨルダンは圧のあるプレスからボールを奪い、素早いカウンターで前のめりになっているオーストラリアを脅かしていった。

 オーストラリアは後半41分にFWジェイミー・マクラーレンのシュートでゴールネットを揺らすが、オフサイドで判定はノーゴールに。試合はそのままヨルダンが1-0で勝利。前回王者のオーストラリアは初戦黒星スタートとなった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190106-15830226-gekisaka-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:40 | 大阪 ☀ | Comment(20) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年、今冬移籍金0円で獲得できる大物外国人11名!ペペ、ヤヤ・トゥーレ、エブラ、ベルバトフら

“究極のお買い得”…移籍金ゼロで獲得できる大物外国人選手11名を選出
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190105-00887168-soccerk-socc&p=1
お買い得選手2019.jpg

 2019年が幕を明け、冬の移籍市場がオープンした。2日には、チェルシーがドルトムントのアメリカ代表MFクリスティアン・プリシッチを発表。移籍金は6400万ユーロ(約80億円)と、早くもビックディールが成立した。

 もっとも、大半のクラブにとって、冬の移籍市場は「人員整理」と「戦力補填」の意味合いが強い。シーズンの折り返しを迎え、前半戦で上手くいかなかった部分を改善することが最優先。戦力の穴埋めを行うべく、狙うのはピンポイント補強だろう。

 そこで“究極のお買い得”と言えるのが、無所属の選手たちだ。どのクラブにも属していないため、移籍金は必要ない。もちろん、実力的に問題を抱えた選手も多いが、過去にトップレベルで活躍し、数々の実績を残してきた大物プレーヤーもまた存在する。たとえピークを過ぎていたとしても、豊富な経験をチームに還元できるという点で存在価値はあるはずだ。

 そこで今回は、移籍金ゼロで獲得可能な大物外国人選手を11名選出。新シーズンへ向けて補強を進めるJリーグの各クラブにとっても魅力的な戦力となるであろうプレーヤーたちをピックアップしてみた。

ペペ
(1983年2月26日/ポルトガル/DF)
ペペお買い得選手2019.jpg


2017年夏までレアル・マドリードに所属し、ロシアW杯にも出場していたペペ。昨季からトルコのベシグタシュでプレーしていたが、昨年12月に契約を解除。突如として、フリーになった。その後、ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズへの移籍が取り沙汰されたが、ポルトガルへ帰国する可能性も浮上している。

ヤヤ・トゥーレ
(1983年5月13日/コートジボワール/MF)
ヤヤお買い得選手2019.jpg

昨季限りでマンチェスター・Cを退団したあと、古巣オリンピアコスに復帰したが、わずか3カ月で契約を解消。出場5試合でチームを去ることになった。全盛期のような活動量はないが、プレミアリーグで優勝3度、また欧州制覇も経験している選手はそう多くいないため、貴重な駒となるはずだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190105-00887168-soccerk-socc&p=2

パトリス・エヴラ
(1981年5月15日/フランス/DF)
エブラお買い得選手2019.jpg

マンチェスター・Uやユヴェントスで数々のタイトルを獲得してきたフランス屈指の左サイドバック。昨年2月、ウェストハムと短期契約を結んだが、延長を勝ち取れずフリーに。今年5月に38歳の誕生日を迎えるが、再び公式戦のピッチに立てるだろうか。

ディミタール・ベルバトフ
(1981年1月30日/ブルガリア/FW)
ベルバトフお買い得選手2019.jpg

ブルガリア代表の歴代最多得点記録を保持し、全盛期にはトッテナムやマンチェスター・Uで活躍したベルバトフ。2017年8月にインドのケーララ・ブラスターズと契約を交わすと、セントラルMFとしてプレーするなど新境地を開拓した。しかし、リーグ戦9試合の出場に留まり、昨年4月に退団。監督業への関心を認めているが、引退を宣言しないのは現役に未練があるからかもしれない。

グレン・ジョンソン
(1984年8月23日/イングランド/DF)
グレンジョンソンお買い得選手2019.jpg

チェルシーとリヴァプールで公式戦250試合以上に出場し、イングランド代表としても54キャップを記録しているベテランDF。昨季限りでストークを退団したあとは所属先がない状態が続いており、キャリアの岐路に立たされている。

ロベルト・フート
(1984年8月18日/ドイツ/DF)
フートお買い得選手2019.jpg

あの“ミラクル・レスター”の一員だったフート。しかし、昨季はケガに見舞われて公式戦出場ゼロに終わった。契約満了に伴い退団を余儀なくされると、どこからも声がかからず無所属に。最近になって、主力DFに負傷者が出た2部リーズのファンの間で“フート待望論”が浮上しているという。

アントニオ・ノチェリーノ
(1985年4月9日/イタリア/MF)
ノチェリーノお買い得選手2019.jpg

ミラン所属時には、「ジェンナーロ・ガットゥーゾの後継者」と称されたハードワーカー。2016年のミラン退団後は、渡米してオーランド・シティでプレー。その後、半年間の浪人生活を経てセリエBのベネヴェントに加入したが、昨年12月に契約を解消した。まだまだ動けるだけに、引き取り手が現れるのを望むばかりだ。

アルベルト・アクイラーニ
(1984年7月7日/イタリア/MF)
アクイラーニお買い得選手2019.jpg

プロデビュー当時は将来のイタリアサッカー界を背負って立つと言われた。しかし、2009年のローマ退団以降はケガにも悩まされ、各クラブを転々とする日々が続く。そして、昨夏にラス・パルマスを退団すると無所属になった。意外性あふれるパスをピッチ上で再び披露する日は訪れるだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190105-00887168-soccerk-socc&p=3

ジュゼッペ・ロッシ
(1987年2月1日/イタリア/FW)
ロッシお買い得選手2019.jpg

度重なる大ケガに見舞われながら、ビジャレアルやフィオレンティーナで活躍してきたロッシ。しかし、昨季所属したジェノアではリーグ戦9試合出場1得点の成績に留まり、退団が決まった。数週間前、代理人が古巣フィオレンティーナにラブコールを送ったが、クラブ側は復帰に否定的な見解を示している。

オスカル・ウスタリ
(1986年7月3日/アルゼンチン/GK)
ウスタリお買い得選手2019.jpg

2005年のU−20W杯優勝メンバーで、2008年の北京オリンピックでは、リオネル・メッシやセルヒオ・アグエロらと共に金メダルを獲得した。母国アルゼンチンの他、スペインやイングランドでプレーしたあと、2016年にメキシコのアトラスに加入。2年半にわたって在籍したが、昨夏に退団後は浪人生活が続いている。

フロランタン・ポグバ
(1990年8月19日/ギニア/DF)
ポグバ兄お買い得選手2019.jpg

マンチェスター・Uに所属するMFポール・ポグバの実兄。昨夏のロシアW杯では、フランス代表が優勝を決めた後にピッチに降り立ち、弟と喜びを分かち合う姿が目撃された。しかし選手としては、トルコのゲンチレルビルリイを昨季限りで退団して以降、無所属状態に。弟のコネもフル活用して、再就職を決めたいところだ。


【サッカー】冬に移籍金ゼロで獲得できる大物外国人選手 ペペ、ヤヤ・トゥーレ、ベルバトフ、ロッシ、ポグバ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1546755308/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:30 | 大阪 ☀ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仙台MF菅井直樹、現役引退を表明!仙台一筋16年「今後はスタッフとして恩返しを」(関連まとめ)

仙台MF菅井直樹が現役引退を発表「今後はスタッフとして恩返しを」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190106-00888011-soccerk-socc
菅井仙台.jpg

ベガルタ仙台は6日、MF菅井直樹が昨シーズン限りで現役引退するとクラブ公式HP上で発表した。

 現在34歳の菅井は山形中央高校から2003年に仙台へ加入。以来16シーズンにわたり仙台一筋でプレーした。通算成績は明治安田生命J1リーグで203試合出場20得点、J2リーグで186試合出場20得点を記録している。

 同選手は、引退に際し、次のようにコメント。クラブやファン・サポーターに感謝を述べている。

「ベガルタ仙台に加入して16年目となった2018シーズンをもちまして、現役から退くことを決断いたしました。J2降格、J1昇格を経験し、2012年にリーグ戦2位、翌年のACL出場、そして天皇杯準優勝、うれしいことも悔しいこともありましたが、すべての経験が大きな財産であり、チームメート、スタッフには心から感謝しています。心残りはエンブレムの上に星を付けることができなかったこと、今後、実現できても選手ではないことです。この思いはこれからベガルタでプレーする選手たちに託します。スポンサー各社のみなさまには継続的に支援いただき感謝しています。メディアのみなさまは口数の少ない私を取材するのは大変だったと思いますが、お付き合いいただきありがとうございます」

「そして、どんな時も熱く、力強くサポートしてくれたファン、サポーターのみなさまには本当に感謝しています。多大なる応援がエネルギーとなり、今日まで走り続けることができました。クラブは東日本大震災発生以降、希望の光になるために戦い続けてきましたが、私にとってみなさんこそが希望の光でした。今後、運営・地域連携本部 地域連携課のスタッフとして、クラブに関わってきたすべての方々、地域のみなさまに恩返しをしていきます。言葉にするのが苦手なので、引退会見は控えさせていただきます。2019シーズンのホーム開幕戦のスタジアムでみなさんにお会いできることを楽しみしています。選手としてオーバーヒートするまで走り切りました。たくさんのご支援、ご声援本当にありがとうございました」

 仙台も同選手の引退にあわせてメッセージを掲載している。

「今後は2月1日より、ベガルタ仙台 運営・地域連携本部 地域連携課のスタッフとして、業務にあたります。クラブ創立25周年の節目の年であり、同選手には「KIZUNA未来プロジェクト」に注力していただきます。選手時代に培った経験を存分に生かし、活躍していただきたいと期待しております。2003年に加入後、ベガルタ一筋を貫き、神出鬼没なプレーでファン、サポーターを魅了し、寡黙ながらもガッツあふれる姿が印象的でした。これからは当クラブのスタッフの一員として、チームをサポートしていただきますので、引き続き温かく見守ってください」


移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11427
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1546749183/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:13 | 大阪 ☀ | Comment(2) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マラドーナ氏、胃の内出血で緊急入院!現在は無事退院 監督業は続行へ

【サッカー】58歳のマラドーナ氏が緊急入院、胃に問題が発覚…監督業は続行へ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1546695744/
マラドーナ2018.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/01/05(土) 22:42:24.75 ID:CAP_USER9.net

アルゼンチンのレジェンド、ディエゴ・マラドーナ氏が緊急入院した。
イギリスメディア『スカイスポーツ』が4日に伝えている。

現在、メキシコ2部のドラドスで監督を務めているマラドーナ氏は4日、メキシコサッカー連盟に提出を求められていた健康診断の結果を用意するために病院へ。
すると、そこで問題が見つかったそうだ。

報道によると、58歳の同氏は胃の内出血があった模様。
深刻な状態ではないが、一時的に入院するという。
なお、1997年の現役引退以来、マラドーナ氏は何年にもわたり入院を頻繁に経験してきた。

同氏の代理人マティアス・モルラ氏は「ディエゴ・マラドーナはドラドス(の監督業)を続けることを決めており、
シーズンを通してチームの監督として留まる」とツイッターで言及。トラドス指揮官の交代はないようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190105-00887034-soccerk-socc
1/5(土) 13:22配信




マラドーナ氏が胃の内出血で緊急入院 現在は無事に退院「彼は大丈夫」
https://www.sanspo.com/soccer/news/20190105/sci19010517350004-n1.html

アルゼンチン代表のレジェンドであるディエゴ・マラドーナ氏が胃の問題で入院したものの、無事に退院することができたようだ。イギリス『BBC』が伝えた。

 マラドーナ氏に関しては、母国アルゼンチンでの検診により、胃の問題が判明。緊急入院したことが伝えられていた。報道によれば、胃の内出血があったとのことだが、大事には至らなかったようだ。

 マラドーナ氏の娘であるダルマさんは父親の状態について、「父を心配してくださっている皆様に対して、私は彼が大丈夫であることを伝えることができます。彼はすぐに家に戻ってきます」と話し、深刻な状況ではないことを強調した。

 マラドーナ氏は現在、メキシコ2部のドラドス・デ・シナロアで監督を務めている。同氏は、ロシア・ワールドカップ期間中にも、アルゼンチンがナイジェリアに勝利した試合後に倒れていたため、健康状態に注意して指揮を執ってもらいたいところだ。(Goal.com)
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J2新潟、J3得点王レオナルドと大宮からレンタルのカウエを完全移籍で獲得!FW河田篤秀は徳島に完全移籍(関連まとめ)

J2新潟、外国人2選手の獲得を発表…レオナルドとカウエが完全移籍加入
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190106-00887981-soccerk-socc
カウエとレオナルド.jpg

 アルビレックス新潟がガイナーレ鳥取のFWレオナルドを完全移籍で獲得した。また、昨季レンタル移籍でクラブに在籍していたMFカウエも大宮アルディージャから完全移籍を果たした。6日にクラブ公式HPにて発表された。

 レオナルドは移籍が決まり、次のようにコメントを残している。

「自分の全力を尽くしJ2のタイトルを取るために、そしてチームメイトと共にJ1に上げるために新潟へやって来ました。今年一年を通して、皆さんから応援されるよう頑張ります」

 また、カウエも同様に移籍について次のようにコメントを残した。

「大宮アルディージャから来ました、カウエです。アルビレックス新潟の一員になることを大変うれしく、光栄に思っています。昨年は短い期間でも温かく応援してくれたファン・サポーターの皆さまと、また一緒に戦いたいと思います。あらためて、アルビレックス新潟に貢献できるように頑張っていきます。一緒に戦いましょう、一緒に喜びましょう!」

新潟が31戦24発J3得点王の鳥取レオナルド獲得
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190106-00437553-nksports-socc

J2のアルビレックス新潟は6日、J3のガイナーレ鳥取FWレオナルド(21)の完全移籍での加入を発表した。

180センチ、71キロのレオナルドは昨季、ブラジルのサントスから鳥取に加入。31試合で24得点を挙げ、2位のFWジョンガブ(SC相模原)に7差をつけて得点王を獲得。チームを過去最高の3位に引き上げる原動力となった。

レオナルドはチームを通じ「自分の全力を尽くしJ2のタイトルを取るために、そしてチームメイトと共にJ1に上げるために新潟へやって来ました。今年1年を通して、皆さんから応援されるよう頑張ります」とコメントした。


徳島、新潟のFW河田篤秀を完全移籍で獲得「全力で取り組み続けます」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190106-00887964-soccerk-socc
河田新潟.jpg

 徳島ヴォルティスが、アルビレックス新潟のFW河田篤秀を完全移籍での獲得が内定したことを1月6日に発表した。1月のメディカルチェック後に正式決定となる。

 移籍が決まり、河田は新潟のクラブ公式HPでコメントを発表。ファン・サポーターに別れを告げた。

「この2年間では、思うような活躍ができずに悔しく、また新潟の街もすごく好きになり、とても悩みましたが、2018シーズン限りでアルビレックス新潟から移籍することを決断しました。僕に関わっていただいたすべての方々に本当に感謝しています。ありがとうございました」

 そして、同選手は新天地となる徳島のクラブ公式HPにもコメントを寄せ、意気込みを語っている。

「アルビレックス新潟から加入することが決まりました河田篤秀です。徳島のために、自分のために全力で取り組み続けます。応援よろしくお願いします」

 現在26歳の河田は阪南大付属高等学校、阪南大学を経て、アルビレックス新潟シンガポールに加入。その後新潟で2017、2018年とプレーした。明治安田生命J1リーグでは11試合3得点、J2リーグでは39試合9得点を記録している。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11426
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1546711744/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J1名古屋、大宮MFマテウスの獲得を発表!昨季J2で12得点を記録(関連まとめ)

名古屋、大宮からマテウスを完全移籍で獲得! 昨季は40試合12得点を記録
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190106-00887974-soccerk-socc
マテウス大宮.jpg


 名古屋グランパスは6日、大宮アルディージャからMFマテウスの完全移籍加入を発表した。昨季は明治安田生命J2リーグで40試合に出場し、12得点を記録している。両クラブの公式HPを通じてコメントを発表した。

■名古屋
「はじめまして、大宮アルディージャから来ました、マテウスです。よろしくお願いします。名古屋グランパスの一員として、このチームのユニフォームを着て、新しいチャレンジができることをうれしく、そして誇りに思います。自分の全力のプレーをし、チームの勝利に貢献できるように頑張りますので、応援よろしくお願いします。ファン・サポーターの皆さま、一緒に闘って、一緒に喜びましょう!」

■大宮
「あけましておめでとうございます。少し長い文章になりますが、自分を支えてくれたクラブ、ファン・サポーター、クラブ関係者、選手の仲間、大宮アルディージャに関わる全ての皆さまに報告いたします。このたび、サッカー選手として新たなチャレンジに挑戦したいという思いがあり、名古屋グランパスに移籍することを決めました。神の御加護があり、素晴らしいクラブである大宮アルディージャでプレーするチャンスをもらったことに感謝しています。5シーズンにわたって自分を支えてくれた、大宮アルディージャに関わる全ての方々に感謝しています。どんなに辛いときも熱い応援を続けてくれたファン・サポーターの皆さまに、心からお礼を伝えたいと思います。熱いサポートのおかげで、常に全力でプレーすることができました。自分にとって、いつも戦うための大きなモチベーションでした。素晴らしいファン・サポーターの皆さまには感謝しかありません。少しでも期待に応えられたことは、自分の成長につながったと思っています。熱い応援は一生、忘れません!」

「大宮アルディージャでたくさんの人々に出会い、様々なことを学ぶことができました。全ての方々に感謝を伝えたいです。また、クラブの歴史の一部に関われたことを誇りに思います。これからはサポーターの一人として、大宮アルディージャを応援し続けます。2019シーズンからは名古屋グランパスの選手になりますが、引き続き応援していただけたらうれしいです。大宮アルディージャに関わる全ての方々に心から感謝しています。本当にありがとうございました!大宮アルディージャが大好きです!!」

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11426
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1546711744/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(4) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベンゼマ、仏紙のストライカー15傑で選外に「やぁレキップ、僕を16番目にしてくれますか?」

【サッカー】<FWベンゼマ>仏紙選出ベストストライカー15人に入れず「やあL'Equipe、僕の友人達。僕を16番目にしてもらえますか?」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1546691494/
ベンゼマボール追う.jpg

1: Egg ★ 2019/01/05(土) 21:31:34.48 ID:CAP_USER9.net

フランス紙『L'Equipe』は2018年の世界のベストストライカー15人のリストを発表した。
そして、そのリストにベンゼマは含まれなかった。

2018年にチャンピオンズリーグ3連覇を達成したレアル・マドリーのストライカーが同紙のリストに入らなかったのは多くの人々を驚かせたが、選手自身もそれには驚いたようだ。
ベンゼマは自身のInstagramのアカウントに『L'Equipe』が発表したリストの画像と一緒に「やあL'Equipe、僕の友人達。僕を16番目にしてもらえますか?」というメッセージを投稿した。

そのメッセージが投稿された後、SNS上ではカリム・ベンゼマが2018年のベストストライカーのリストに含まれるべきだったかどうかの議論が展開された。
それは当然と考える人々がいる一方、それは戯言だと見る人々もいた。

なお、『L'Equipe』が選出した2018年の世界のベストストライカー15人は以下の通り。

セルヒオ・アグエロ (マンチェスター・シティ)
マウロ・イカルディ (インテル・ミラノ)
ピエール=エメリク・オーバメヤン (アーセナル)
ルカ・ヨビッチ (フランクフルト)
エディソン・カバーニ (PSG)
ハリー・ケイン (トッテナム)
エディン・ジェコ (ローマ)
ロベルト・レヴァンドフスキ (バイエルン)
ロベルト・フィルミーノ (リヴァプール)
マリオ・マンジュキッチ (ユヴェントス)
オリビエ・ジルー (チェルシー)
クリシュトフ・ピアチェク (ジェノア)
アントワーヌ・グリーズマン (アトレティコ)
クリスティアーノ・ロナウド (ユヴェントス)
ルイス・スアレス (FCバルセロナ)

1/5(土) 20:15配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190105-00010016-sportes-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20190105-00010016-sportes-000-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、19歳ウィロック2ゴールなどブラックプールに3-0完勝!FA杯4回戦進出!バルサMFデニス・スアレスを獲得へ

主力温存のアーセナルが格下に快勝! 19歳新星ウィロックが2ゴール
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190106-00887840-soccerk-socc
ウィロック2019FA杯3回戦ゴール.jpg

 FAカップ3回戦が5日に行われ、アーセナルは敵地でブラックプール(3部)に3−0の勝利を収めた。

 この日は守護神ベルント・レノやエースのピエール・エメリク・オーバメヤンがベンチ外。アーセナルは主力メンバーを温存し、若手にアピールの場を与えると、普段ベンチを温めていた選手たちは期待に応えた。

 11分、アーロン・ラムジーがFKで直接ゴール狙うと、ポストに当たって跳ね返ったボールを19歳のジョー・ウィロックが頭で押し込んでアーセナルが先制した。37分にはまたもウィロックがゴールを奪い、スコアを2−0に。さらに80分には再びウィロックがゴールネットを揺らしたが、クロスを上げたセアド・コラシナツがオフサイドの判定を受け、ハットトリック達成とはならなかった。それでも82分、ラムジーのシュートのこぼれ球をアレックス・イウォビが詰めて3点目。格下相手にアーセナルが3−0快勝した。

【スコア】
ブラックプール 0−3 アーセナル

【得点者】
0−1 11分 ウィロック(アーセナル)
0−2 37分 ウィロック(アーセナル)
0−3 82分 イウォビ(アーセナル)

【スターティングメンバー】
アーセナル(4−2−3−1)
チェフ;ジェンキンソン、リヒトシュタイナー、ソクラテス、コラシナツ(83分 メドレイ);エルネニー、ラムジー;メイトランド・ナイルズ、ウィロック、イウォビ(86分 サカ);ケシャ(64分 ラカゼット)

D・スアレスのアーセナル移籍は決定的か…英国メディアがサイン済みと報道
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190106-00887852-soccerk-socc
デニス・スアレスバルサ.jpg

イギリスメディア『スカイスポーツ』によれば、バルセロナのスペイン人MFデニス・スアレスはアーセナルとの契約にサインしたようだ。

 今季バルセロナで出場機会を失っているD・スアレスは今冬の去就に注目が集まっている。イギリスメディア『ミラー』は、ミランやローマなどイタリアクラブからの関心を報じていたが、『スカイスポーツ』によると、新天地はウナイ・エメリ監督率いるアーセナルに決まったようだ。

 エメリ監督とD・スアレスはセビージャで共演済み。今回、同選手が出場機会を求めていることをエメリ監督が聞くと、バルセロナで不遇の24歳の教え子を招へいしたようだ。D・スアレスもEL制覇を一緒に成し遂げた指揮官との再会を喜んでいるという。

 バルセロナは2015年夏、セビージャにレンタルしていたD・スアレスをビジャレアルへ4年の買戻オプション付きで放出。しかし翌年には早くもオプションを行使し、D・スアレスを買い戻していた。

 なお、ウェールズ代表MFアーロン・ラムジーが今季限りでアーセナルを退団する可能性があり、同クラブは同選手の後釜としても、D・スアレスが魅力的のようだ。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1324】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1546418665/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ザッケローニ監督率いるUAE、ハリルPK弾で追い付きバーレーンと1-1ドロー!アジア杯開幕戦(関連まとめ)

【サッカー】<アジアカップ開幕!>ザッケローニ監督率いるUAE代表はハリルのPK弾で初戦ドロー!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1546728165/
UAEバーレーン戦2019アジア杯.jpg
1: Egg ★ 2019/01/06(日) 07:42:45.25 ID:CAP_USER9.net

【スコア】

バーレーン1-1アラブ首長国連邦

【得点者】
78分 0-1 モハメド・マルズーク・アル=ロマイヒ(バーレーン)
87分 1-1 アーメド・カリル(UAE)

http://www.the-afc.com/asiancup/news/group-a-uae-1-1-bahrain

アジアカップ2019は5日に開幕した。開催国のUAE代表とバーレーン代表が開幕戦を行い、1-1のドローで終えた。

 大会ファーストゴールはバーレーン。後半33分、右サイドからのクロスをFWモハメド・アル・ロマイヒが頭で合わせるが、相手DFにブロックされる。しかし再びロマイヒが左足で押し込んで、クロスバーに当たりながらゴール。バーレーンが先制に成功する。

 追い込まれたUAEを率いるのは、元日本代表指揮官でもあるアルベルト・ザッケローニ監督。先制を許したUAEは後半36分にFWアフメド・ハリルを投入する。すると、この采配が的中。同43分にPKを獲得すると、ハリルが豪快に決め切り、1-1の同点となった。

 試合はそのまま1-1で終了となり、痛み分けのドローとなった。UAEは10日にインド代表と、バーレーンは同日にタイ代表と対戦する。日本代表は9日にトルクメニスタン代表との初戦を迎える。

1/6(日) 6:43配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190106-15635077-gekisaka-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:01 | 大阪 ☀ | Comment(16) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、ルカク3戦連続ゴールなど公式戦5連勝!レディングに2-0勝利!サンチェスが負傷交代 FA杯4回戦進出

マンチェスター・U、スールシャール体制で5連勝! ルカク3戦連発&マタPK弾で格下に快勝/FAカップ3回戦
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190105-00010012-goal-socc
マタ2019FA杯3回戦ゴール.jpg

マンチェスター・ユナイテッドは5日、FAカップ3回戦でレディングをホームに迎えた。

スールシャール暫定監督体制でリーグ4連勝を記録したマンチェスター・U。チャンピオンシップ(イングランド2部)23位に位置する今回のレディング戦ではデ・ヘア、マティッチ、ポグバ、エレーラらレギュラーを完全休養させた一方、コンディションを上げている途中のサンチェスやルカクらを先発起用した。

試合は立ち上がりからマンチェスター・Uが積極的に仕掛ける。16分には、ルカク、フレッジ、マクトミネイとつないで、最後はペナルティアーク付近のサンチェスが右足を一閃。鋭いシュートが飛んだが、これはわずかに枠を捉えることができなかった。

それでも、22分にはマンチェスター・Uが先行する。ボックス内でフレッジのパスを受けたマタが倒されると、VAR検証の結果でPKに。このPKをマタが自ら沈めて、マンチェスター・Uが先手をとる。

ハーフタイムにかけてはレディングが反撃に出る。マンチェスター・Uはアディショナルタイム、自陣ボックス内から枠内シュートを浴びる場面があったが、GKロメロがこれをセーブすると直後に2点目を挙げる。サンチェスのスルーパスで抜け出したルカクがGKをかわして無人のゴールへ流し込み、公式戦3試合連続弾を記録した。

迎えた後半、マンチェスター・Uは53分にゴール正面からハリオットに強烈な枠内シュートを浴びるが、ここもGKロメロがファインセーブ。そんな中、スールシャール監督は63分にフレッジとマタに代えて、フェライニと19歳のオランダ人ウインガーであるタヒス・チョンを投入。アカデミー育ちのチョンは、トップチームデビューとなった。

しかし、直後にアクシデントが発生。ハムストリングを痛めた様子のサンチェスが交代を要求し、ラッシュフォードとの交代でベンチに退く。その後、マンチェスター・Uは追加点こそ奪えなかったものの、GKロメロが好守を続けたこともあってシャットアウト。スールシャール体制下で公式戦5連勝としたマンチェスター・Uが順当に4回戦進出を決めた。

■試合結果
マンチェスター・ユナイテッド 2-0 レディング

■得点者
マンチェスター・U:マタ(22分)、ルカク(49分)
レディング:なし

† Red Devils Manchester United 1335 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1546512236/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、DF冨安健洋をボランチでテストか アジア杯直前最後の練習試合(関連まとめ)

アジア杯前最後の練習試合 ボランチに冨安をテストか
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190105-00000101-sph-socc
冨安と北川2019代表合宿.jpg

日本代表は5日、開幕前最後の練習試合を地元のプロクラブ・アルワハダと行う。試合は非公開となり、報道陣にはウオーミングアップの冒頭15分のみが公開された。

その際、グラウンドでアップを行っていた11人は、GK権田、DF酒井、三浦、槙野、冨安、長友、MF柴崎、堂安、原口、南野、FW北川で、1本目のスタメン組とみられる。MF守田が負傷離脱し、手薄になるボランチのポジションに、J2福岡時代にはボランチとしてプレーしていた冨安が起用される可能性が浮上した。

なお1トップは、右でん部痛で別メニュー調整が続くFW大迫に代わり、FW北川がテストされる見込みだ。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11424
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1546679145/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:13 | 大阪 ☀ | Comment(10) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング