アンテナ・まとめ RSS

中国代表、キルギスGKの痛恨ミスなど2-1逆転勝利!アジア杯白星スタート アジア杯C組第1節(関連まとめ)

【サッカー】<アジアカップ>中国代表がキルギス代表に2-1で逆転勝利!白星発進

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1546867376/
中国2019キルギス戦アジア杯.jpg

1: Egg ★ 2019/01/07(月) 22:22:56.27 ID:0BPtO6Ee9.net

[1.7 アジア杯C組第1節 中国2-1キルギス]

アジアカップのグループC第1節が7日に行われ、マルチェロ・リッピ監督率いる中国代表がキルギス代表に2-1で勝利した。

前半42分に失点して1点ビハインドで折り返した中国だったが、後半5分にオウンゴールで同点。そして同33分、CKからMFユ・ターパオが決めて試合をひっくり返した。

グループCは韓国、フィリピンと同組。

1/7(月) 21:59配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190107-16140254-gekisaka-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20190107-16140254-gekisaka-000-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:54 | 大阪 ☀ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

G大阪、タイ・ムアントンDF青山直晃の獲得発表!「元チームメイトのチャナティップと対戦できるのも楽しみ」(関連まとめ)

「元チームメイト・チャナティップとの対戦が楽しみ」青山直晃が5年ぶりのJ復帰でG大阪へ完全移籍
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190107-00052416-sdigestw-socc
青山直晃ムアントン.jpg

「タイからのチャレンジャーとして、もう一度J1の舞台で勝負したい!」
ガンバ大阪は1月7日、タイ1部のムアントン・ユナイテッドからDF青山直晃が完全移籍で加入することが決まったと発表した。青山は5年ぶりのJリーグ復帰となる。

 昨季まで4シーズンにわたりタイで活躍していた日本人DFが5年ぶりに日本へ復帰する。清水エスパルスや横浜F・マリノス、そしてヴァンフォーレ甲府などでプレーしてきた青山直晃だ。タイでは、国内屈指の強豪、ムアントン・ユナイテッドに所属し、不動のセンターバックとして君臨。今年33歳を迎える青山は、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)でも日本のトップチームとしばしば対戦し、Jクラブ相手にも空中戦の強さや対人の強さを見せてきた。

 一方G大阪は、CB陣に日本代表の三浦弦太という柱がいるものの、パートナーのファビオが昨季限りで契約満了。新たな人材探しに奔走していた。
 
 青山はクラブ公式サイトを通じて、以下のコメントを発表している。
「ガンバ大阪のスタッフ、サポーターの皆様、初めまして。青山直晃です。タイのムアントン・ユナイテッドFCというチームで4年間プレーしていました。タイからのチャレンジャーとして、もう一度J1の舞台で勝負したい!と強く思った自分に対して、多大なるご尽力をいただきました皆様には本当に感謝していますし、チャンスを頂いたガンバ大阪の為に勝利に貢献できるよう全力で頑張りたいと思っています。
タイではJリーグがTVでも見れて、とても人気があります。ムアントン・ユナイテッドで元チームメイトであり、現北海道コンサドーレ札幌で去年のベスト11のチャナティップと対戦できるのも、楽しみにしています。
タイからのチャレンジャーとして、プロ生活15年目の全力で頑張りますので、どうぞよろしくお願い致します!」

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11432
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1546838190/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:23 | 大阪 ☀ | Comment(2) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仙台、東京五輪世代DF板倉滉の退団を発表!昨季川崎から期限付き移籍(関連まとめ)

“東京五輪世代”DF板倉滉が仙台との期限付き移籍期間満了「新たな環境で」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190107-00000143-spnannex-socc

板倉仙台.jpg

 J1の仙台は7日、J1で2連覇中の川崎Fから期限付き移籍中だったU―21日本代表DF板倉滉(21)が移籍期間満了に伴い、退団すると発表した。

 神奈川県出身の板倉はU―12、U―15、U―18と川崎Fのアカデミー(育成部門)育ちで、2015年にトップチームへ昇格。だが、出場機会に恵まれず、18年は同じJ1の仙台へ期限付き移籍し、リーグ戦24試合3得点と飛躍した。リーグ戦の通算成績はJ1が31試合3得点、J3が2試合0得点。各年代の日本代表に選出されており、来年の東京五輪世代にあたる。

 板倉は仙台を通じ、「仙台で過ごした時間は、サッカー選手としての成長を実感できる有意義なもので、ベガルタに来れてよかったと思っています」とコメント。「ここで培った経験を生かして新たな環境でチャレンジしていきたいと思います」と今後について触れた。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11432
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1546838190/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(4) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元日本代表FW前田遼一、FC岐阜に移籍が正式決定 J通算174得点の37歳(関連まとめ)

FC東京退団のFW前田遼一、J2岐阜加入が決定…J通算174得点の37歳
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190107-00885764-soccerk-socc
前田遼一FC東京2018.jpg

 FC岐阜は7日、昨季までFC東京に所属していたFW前田遼一が完全移籍で加入することが決まったと発表した。同選手は契約満了に伴い、2018シーズン限りでのFC東京退団が決まっていた。

 加入が決まり、前田は岐阜のクラブ公式HPでコメントを発表。ファン・サポーターに挨拶している。

「このたび、FC岐阜に加入することになりました。1日でも早くチームに馴染んで、1試合でも多く勝利に貢献できるように頑張ります。よろしくお願いします」

 現在37歳の前田は2000年から2014年までジュビロ磐田に所属し、2015年よりFC東京でプレーしていた。2018明治安田生命J1リーグでは18試合出場1得点、2018JリーグYBCルヴァンカップでは1試合出場を記録。FC東京U−23の一員としては2018明治安田生命J3リーグで8試合出場3得点を記録した。通算成績は、J1リーグ戦429試合出場154得点、J2リーグ戦37試合出場17得点、J3リーグ戦10試合出場3得点となっている。2007年から2013年にかけては日本代表にも招集され、国際Aマッチ通算33試合出場10ゴールを挙げた。

 岐阜は昨季のJ2で11勝9分け22敗の勝ち点「42」、20位に沈んでいた。ゴール数は42試合で「44」にとどまっており、前田の加入で得点力の改善へ期待が高まる。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11431
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1546820455/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(1) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

C大阪、神戸MF藤田直之の獲得を発表!MF山口蛍と結果的にトレードに「全身全霊を捧げる覚悟」(関連まとめ)

C大阪 MF藤田直之を完全移籍で獲得 神戸移籍の山口蛍と結果的“トレード”に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190107-00000113-spnannex-socc

藤田直之2018神戸.jpg

J1のC大阪は7日、J1神戸からMF藤田直之(31)が完全移籍で加入すると発表した。

 福岡県出身の藤田は東海大五高、福岡大を経て2010年に当時J2だった鳥栖入りし、正確なキックとロングスローを武器に活躍したボランチ。4年連続でキャプテンも務め、15年には日本代表デビューも果たしたが、16年に神戸へ完全移籍していた。リーグ戦の通算成績はJ1が209試合12得点、J2が55試合4得点。18年シーズンはJ1で29試合2得点だった。18分超のアディショナルタイムで話題になった昨年11月24日の清水戦では後半38分に退場処分を受け、12月1日の最終戦は出場停止だった。

 藤田はC大阪を通じて「セレッソサポーターの皆さま、はじめまして藤田直之です。 セレッソのために全身全霊ささげる覚悟でやってきました。それをピッチの上で表現して皆さまに認めてもらえるように頑張ります。よろしくお願いします」とコメント。

 神戸を通じては「ヴィッセル神戸サポーターの皆さま、チーム関係者の皆さま、3年前に初めての移籍で期待と不安を持ってやって来た僕を温かく迎えてくれて、応援して頂き、誠にありがとうございました。チームの目標を達成できずに残念ですが、ヴィッセル神戸での3年間は充実していてかけがえのないものになりました。3年間本当にありがとうございました」と談話を発表している。

 C大阪では、昨夏のワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場したMF山口蛍(28)が昨年12月に神戸への完全移籍しており、結果的にボランチ同士の“トレード”となった。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11432
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1546838190/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(1) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鹿島DF西大伍、ヴィッセル神戸移籍が正式決定!ACL初優勝などタイトル獲得に貢献(関連まとめ)

【サッカー】神戸、鹿島DF西大伍を獲得! 2年連続ベスト11の31歳「成長のために」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1546841889/
西大伍2018鹿島.jpg

1: 北村ゆきひろ ★ 2019/01/07(月) 15:18:09.93 ID:p2bNdX6O9.net

鹿島アントラーズに所属するDF西大伍が、ヴィッセル神戸へ完全移籍で加入することが決まった。7日に両クラブが発表している。

 西は1987年生まれの31歳。コンサドーレ札幌(現・北海道コンサドーレ札幌)の下部組織出身で、2007年からトップチームでのプレーをスタートした。2010年にはアルビレックス新潟への期限付き移籍を経験し、翌2011年に鹿島へ完全移籍で加入。
同クラブでは明治安田生命J1リーグと天皇杯、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)を1回ずつ、ヤマザキナビスコカップ(現・JリーグYBCルヴァンカップ)を3度制した。

 鹿島では明治安田生命J1リーグで221試合出場10得点を記録した西。昨季は23試合出場3得点を記録し、2年連続でベストイレブンに選出されている。

 完全移籍にあたり、西は鹿島の公式HPにて以下のようにコメントしている。

「8年間の在籍期間でサッカー選手として、また、人間として成長させていただきました。今回、より大きな成長を求めて、移籍します。選手、スタッフ、地域の皆様、応援してくれた全ての皆様、本当にありがとうございました。とても楽しかったです」

 そして加入する神戸の公式HPでは以下のようにコメントしている。

「ヴィッセル神戸でプレーすることを嬉しく思います。自身の成長とチームへの貢献のために移籍してきました。チームの目標を達成するため、そしてたくさんの方に心から応援してもらえるように選手、スタッフとともに頑張ります。よろしくお願いします」

https://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20190107/888305.html?cx_top=topix


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:35 | 大阪 ☀ | Comment(6) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイ代表、ライェヴァツ監督の電撃解任を発表!アジア杯初戦でインドに大敗(関連まとめ)

【サッカー】<激震>タイ代表、アジア杯初戦大敗で監督が電撃解任!アシスタントコーチが暫定指揮へ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1546833980/
ライェヴァツ監督.jpg
1: Egg ★ 2019/01/07(月) 13:06:20.20 ID:SrLQ5oRP9.net

アジアカップに参戦しているタイ代表は6日にグループステージ初戦でインドと対戦したが、1-4で大敗。試合後、タイサッカー協会はセルビア人のミロヴァン・ライェヴァツ監督を解任したと発表した。J1北海道コンサドーレ札幌のMFチャナティプ・ソングラシンらJリーガーも擁するタイに激震が走った。

 国の経済成長により、国内リーグが発展するなど進境著しいタイ。チャナティップや昨季までヴィッセル神戸で活躍したDFティーラトン、前サンフレッチェ広島FWティーラシンら豊富なタレントがインド戦の先発に顔を揃えた。

 前半はティーラトンのセットプレーから、ティーラシンのゴールも生まれて1-1で折り返したが、後半に入るとPKを含む3失点。FIFAランキング118位のタイは同97位のインドに大敗スタートとなった。

 そして、試合後にタイサッカー協会はライェヴァツ監督の電撃解任を発表。昨年2月に2020年まで契約延長を果たしたが、大舞台の初戦でつまずいたことから協会が英断を下した。

 アジアカップの残りの試合はアシスタントコーチのシリサク・ヨディヤタイ氏が暫定的に指揮を執ることになった。

1/7(月) 12:43フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190107-00159809-soccermzw-socc

写真
https://www.football-zone.net/wp-content/uploads/2019/01/20190107_Milovan-Rajevac.jpg

【サッカー】<アジアカップ>Jリーガーを擁する「タイ」が「インド」にまさかの4失点大敗...★2
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1546833659/




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(12) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル、ソシエダに痛恨0-2敗戦…ソラーリ監督は疑惑の判定を非難「ヴィニシウスのあれは私にとって明らかなものだった」

レアル、バルサが遠のく痛い敗戦。ソシエダ相手にホームで2失点完敗
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190107-00303789-footballc-socc
レアル2018ソシエダ戦敗戦.jpg

【レアル・マドリー 0-2 レアル・ソシエダ エスパニョーラ第18節】
 
 リーガ・エスパニョーラ第18節が現地時間の6日に行われ、レアル・マドリーはレアル・ソシエダと対戦した。試合はホームのマドリーが0-2で敗れた。

 前節にビジャレアルに対し引き分けたマドリーはこの日も序盤からリードを許してしまう。3分、カゼミーロがペナルティ

レアル、ソシエダにまさかの不覚 指揮官は“疑惑の判定”を非難「誰にも理解されない」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190107-00159760-soccermzw-socc


後半20分、ヴィニシウスがペナルティーエリア内で相手GKに倒されるもノーファウル

2019年に逆襲を期したはずのレアル・マドリードが、いきなりつまずいている。現地時間6日に行われたリーガ・エスパニョーラ第18節レアル・ソシエダ戦で0-2と敗れ、勝ち点を落とした。この試合で大きなプレーとなったのは19歳のブラジル人FWヴィニシウスが相手GKに倒されたかに見えたが、PK判定が下らなかったシーンだ。試合後、サンティアゴ・ソラーリ監督はVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が使用されなかったことに不満の意を示している。

 キックオフから3分、ブラジル代表MFカゼミーロがペナルティーエリア内でファウルを犯してPK。これをFWウィリアン・ホセに決められて先制を許すなど、開始早々からリズムに乗れない。その後は圧倒的にマドリードが押す展開になるが、同点ゴールが決められない。それに加えて後半16分にはスペイン代表MFルーカス・バスケスが退場して1人少ない状況となり、さらに不利な展開になった。

 そして不満がピークに達したのは後半20分のことだった。突破を図ったヴィニシウスがゴール前に侵入すると、ソシエダGKヘロニモ・ルジの手が引っかかって倒されたかのように見えた。しかし主審のホイッスルは鳴らず、同点機を逃す。そして同38分、ソシエダMFルーベン・バルドの追加点によって万事休した。

「ヴィニシウスのあれは、私にとっては明らかなものだった」

 その前にあったスペイン代表DFセルヒオ・ラモスのファウルについてVARが使用されたのは理解を示した一方で、「今日は全てがあべこべとなっている。ペナルティーが与えられなかったヴィニシウスのプレーは、誰にも理解されないものだった。(VARを)怠っていれば、サッカーに支払うべきものが増える」と恨み節を口にした。

 マドリードはFIFAクラブワールドカップ(W杯)で延期されていた3日のビジャレアル戦を2-2のドローと勝ちきれず、この日もホームのサンチャゴ・ベルナベウで勝ち点を落とした。首位バルセロナとの勝ち点差が「10」に開き、覇権奪回へ厳しい状況となっただけに、昨年末にクラブW杯3連覇を成し遂げた“白い巨人”だが、スペインでの戦いでは今年も苦戦が続くのだろうか。

◆◇El Blanco Real Madrid 986◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1544561284/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元英代表FWルーニー、逮捕…公衆で酔っ払い悪態

【サッカー】<名ストライカー>ルーニーを逮捕
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1546817811/
ルーニーMLS.jpg

1: Egg ★ 2019/01/07(月) 08:36:51.70 ID:C3I/v8cg9.net

サッカーの元イングランド代表のスター選手で米プロリーグ、MLSのDCユナイテッドに所属するFWルーニーが昨年12月にワシントン郊外のダレス国際空港で酩酊により逮捕されていたことが分かった。AP通信が6日に伝えた。

 裁判所の文書によるとルーニーは公衆で酔っぱらった状態で悪態をついていたといい、既に25ドル(約2700円)の罰金を支払った。

 33歳のルーニーは2003年に17歳で代表デビューし、歴代最多53ゴールを挙げた名ストライカー。昨年からMLSでプレーしている。

1/7(月) 7:46配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190107-00000017-kyodonews-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:42 | 大阪 ☀ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、ユーべDFベナティア獲得に動く!エメリ監督が1月補強示唆「CBを獲得する可能性がある」

1月の補強に動くアーセナル、ユーヴェDFに接触か…D・スアレスは移籍形態次第?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190106-00000014-goal-socc
ベナティアユーべ.jpg

アーセナルは、ディフェンスラインの強化へ向けユヴェントスDFメフディ・ベナティア獲得に動いているようだ。

今季はウナイ・エメリ新監督の下、21試合を終えた段階で5位につけるアーセナル。3季ぶりのチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を目指すチームは、4位チェルシーとは3ポイント差で前半戦を折り返している。

そんなアーセナルだが、負傷者が続出中。今季出場機会を掴んでいたDFロブ・ホールディングは前十字靭帯断裂の重傷で残りのシーズン欠場が決定的に。長期離脱から復帰したDFローラン・コシールニーやDFシュコドラン・ムスタフィも細かな離脱が続き、ディフェンスラインに不安を抱えている。

FAカップ3回戦のブラックプール戦(3-0)後には、エメリ監督が「1月のマーケットでCBを獲得する可能性もある」と語っており、補強に動いていることを示唆している。

伊『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のニコロ・スキーラ記者によると、アーセナルはユヴェントスDFベナティアへ接触しているという。今季公式戦の出場は6試合にとどまるモロッコ代表DFにはミランも関心を示しており、本人も移籍には前向きのようだ。しかし、ユヴェントスは1月の放出を考えておらず、実現にはまだ問題があると見られている。

一方、アーセナルはバルセロナMFデニス・スアレス獲得に迫っていると伝えられている。英『フットボール・ロンドン』のチャールズ・ワット記者によると、アーセナルは買い取りオプション付きの期限付き移籍を望んでいるが、バルセロナ側は1800万ポンド(約25億円)での完全移籍を希望しているようだ。

負傷者が続出するアーセナル。CL出場権獲得を目指し、1月のチーム強化に動いている。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1325】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1546753706/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイ代表、インドにまさかの1-4大敗…元広島のティーラシンが得点も黒星スタート アジア杯A組第1節(関連まとめ)

【サッカー】<アジアカップ>Jリーガー擁するタイはまさかの4失点大敗…インドが初戦を白星で飾る
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1546789030/
インド代表アジア杯初戦ゴール.jpg

1: Egg ★ 2019/01/07(月) 00:37:10.21 ID:0BPtO6Ee9.net

[1.6 アジアカップ2019 タイ1-4インド アブダビ]

 アジアカップ2019は6日、グループリーグ第1節2日目を行い、グループAはタイ代表とインド代表が対戦。インドがタイに4ー1で勝利した。

 タイは札幌所属のFWチャナティップや神戸所属のDFティーラトン、元広島のFWティーラシンといったJリーグと関わりが深い選手たちをスタメンで起用。東南アジア屈指の実力を持つタイが頂点を狙うべく、初戦でインドに挑んだ。

 しかし、思わぬ形でインドが先制に成功。前半11分、PA内でGKに跳ね返ったボールがティーラトンの腕に当たり、ハンドの判定に。PKを獲得したインドはFWスニル・チェトリが冷静にゴール左に決め、1-0とスコアを動かした。

 失点を食らったタイだが、慌てた様子は見せない。前半26分、中盤でFKを獲得すると、キッカーのティーラトンが左足でPA中央に蹴り込む。ティーラシンが頭で流し込んで、すかさず同点に追いついた。

 前半は1-1で折り返したが、インドが後半1分に追加点を決める。鋭いカウンターから右サイドのFWウダンタ・シンがクロスを上げ、チェトリが右足を振り抜いてこの試合2点目を挙げた。さらに同23分には再びカウンター。最前線のシンがPA内に入って後方にパスを出すと、最後はMFアニルドゥ・タパが右足でループシュートを放ち、飛び出したGKを越えてゴールに吸い込まれた。

 タイは1-3とリードを広げられても諦めず、後半28分には先発したチャナティップを下げて、FWシロー・チャットーンを投入する。しかし流れは変わらないまま、インドは同35分にFWジェジェ・ラルペクラがダメ押しの4点目を挙げた。

 試合はそのままインドが4-1で圧勝。Jリーガーを擁したタイは大量失点での大敗を喫した。インドは10日にUAEと、タイは同日にバーレーンと対戦する。

1/7(月) 0:21配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190107-15862422-gekisaka-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20190107-15862422-gekisaka-000-view.jpg


※タイトルにミスがありました。正しくは元広島のティーラシン選手です。謹んでお詫び申し上げます
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 01:17 | 大阪 ☀ | Comment(25) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(24時間)

    人気記事ランキング(昨日)

      人気記事ランキング(先週)