アンテナ・まとめ RSS

2019年02月10日

元Jリーガーのダニエル、36歳の若さで死去…甲府、名古屋、大分などでプレー(関連まとめ)

元Jリーガーのダニエルが36歳という若さで死去
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-27218326-gekisaka-socc
ダニエル甲府.jpg

 元Jリーガーのダニエル氏が36歳で死去した。ブラジル『グローボ』が伝えている。

 1982年5月30日生まれのダニエル氏は、母国カボフリエンセでプロ生活をスタートさせると、2009年にヴァンフォーレ甲府に期限付き移籍。翌2010年に完全移籍を果たし、2012年に名古屋グランパス、その後一度ブラジルへと戻り、2014年9月から大分トリニータでプレーしていた。

 そして、癌と診断されたことを受け、大分に所属していた2016シーズン限りで現役を引退。闘病生活を続けながら、2018年には古巣カボフリエンセでU-17のコーチに就任し、指導者として活動していた。しかし、闘病生活もむなしく、10日の朝に死亡が確認されたという。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11593
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1549799184/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:24 | 大阪 ☁ | Comment(7) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴィッセル神戸、沖縄キャンプにファン4000人 町民のおよそ1/3(関連まとめ)

【サッカー】<ヴィッセル神戸>沖縄キャンプ…開始1時間以上も前からファンが殺到!町民のおよそ3分の1にあたる約4000人
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549792156/
ヴィッセル神戸沖縄キャンプ.jpg

1: Egg ★ 2019/02/10(日) 18:49:16.95 ID:KX+ZPuMv9.net

大型補強を行ったJ1神戸が10日、沖縄・金城町で春季キャンプをスタートさせた。13日までの4日間、気温20度超の南国でトレーニングを行う。初日のこの日は練習が公開され、開始1時間以上も前からファンが殺到。町民のおよそ3分の1にあたる約4000人が神戸の選手バスを出迎えた。

 今季加入した元スペイン代表FWダビド・ビジャ(37)、昨季加入した同MFアンドレス・イニエスタ(34)の2人も元気に参加。ランニングなどで体をほぐし、シュート練習などを行った。

2/10(日) 16:37配信 サンスポ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00000551-sanspo-socc

写真 https://www.sanspo.com/soccer/images/20190210/jle19021016350007-p1.jpg




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:08 | 大阪 ☁ | Comment(10) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル、伊代表FWフェデリコ・キエーザ獲得か?父は元伊代表FWエンリコ・キエーザ フィオレンティーナは約76億円で放出容認

【サッカー】レアル、逸材FWキエーザ獲得か(元イタリア代表FWエンリコ・キエーザ氏の息子)…フィオレンティーナは約76億円で放出容認
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549717260/
キエーザJr.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/02/09(土) 22:01:00.13 ID:ePQTOmKW9.net

レアル・マドリードが、フィオレンティーナに所属するイタリア代表FWフェデリコ・キエーザの獲得を目指しているようだ。 イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が7日付で報じている。

複数ポジションこなせるキエーザを巡っては、かねてからユヴェントスやナポリといったイタリアのビッグクラブをはじめ、マンチェスター・Uやバイエルンといった国外の強豪クラブが注視していると報じられており、獲得レースにレアル・マドリードも参戦するようだ。
 
また、フィオレンティーナは適切なオファーがあれば放出を容認する姿勢をみせているようだ。報道によると同クラブは6000万ユーロ(約76億円)以上のオファーで手放すという。

キエーザは1997年生まれの21歳。元イタリア代表FWエンリコ・キエーザ氏の息子で、2016−17シーズンのセリエA開幕戦でトップチームデビューを果たした。昨年5月にはイタリア代表にも招集され、今年3月にデビュー。フィオレンティーナとは2022年までの契約を結んでいる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190209-00905017-soccerk-socc
2/9(土) 21:22配信



エンリコ・キエーザ.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドルトムント、3点差から追い付かれホッフェンハイムと3-3ドロー!18歳サンチョが3得点に絡む活躍

首位ドルトムント、3点差追いつかれ…まさかのドロー。18歳FWは全得点に絡む活躍
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190210-00308831-footballc-socc
サンチョ2019第21節ゴール.jpg

【ドルトムント 3-3 ホッフェンハイム ブンデスリーガ第21節】

 現地時間9日にブンデスリーガ第21節の試合が行われ、首位ドルトムントはホームに8位ホッフェンハイムを迎えて対戦した。

 試合開始して11分、早いパス回しからホッフェンハイムの守備を崩すと、最後は18歳のジェイドン・サンチョがドリブルでペナルティーエリアに侵入。相手のクリアがサンチョに当たってゴールネットを揺らすも、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の判定によってノーゴールとなる。21分にはマキシミリアン・フィリップが強烈なシュートを放つが、ゴール左に外れて先制点ならず。

 すると32分、ウカシュ・ピシュチェクからダイレクトパスを受けたサンチョが右足を振り抜き、今度は正真正銘のゴールを決めた。43分には、ドリブルで仕掛けたサンチョが相手の守備を崩してシュート。ホッフェンハイムのGKオリヴァー・バウマンに止められるも、こぼれ球をマリオ・ゲッツェが押し込んでドルトムントに追加点が入る。

 67分には、サンチョとゲッツェのパス交換から、ゴール前に折り返したボールにラファエル・ゲレイロが合わせてチーム3点目が入った。75分にホッフェンハイムのイシャク・ベルフォディルに1点を返されると、83分にはパヴェル・カデラベクにヘディングシュートを決められ1点差に。

 そして87分、フリーキックからベルフォディルが得点し、ホッフェンハイムが土壇場で同点に追いついた。結局、3点差を追いつかれたドルトムントは、ホッフェンハイムと3-3の引き分けに終わっている。

【得点者】
32分 1-0 サンチョ(ドルトムント)
43分 2-0 ゲッツェ(ドルトムント)
67分 3-0 ゲレイロ(ドルトムント)
75分 3-1 ベルフォディル(ホッフェンハイム)
83分 3-2 カデラベク(ホッフェンハイム)
87分 3-3 ベルフォディル(ホッフェンハイム)


【BVB09】Borussia Dortmund 895【jjj】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1549001671/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(13) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大迫勇也、スパイクなど用具をナイキに変更!現役代表主力選手の契約メーカー変更は異例(関連まとめ)

【サッカー】大迫勇也、用具をナイキに変更…現役代表主力選手の契約メーカー変更は異例 
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549751555/
大迫ナイキ.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/02/10(日) 07:32:35.70 ID:e2q539tS9.net

日本代表FW大迫勇也(28)=ブレーメン=が、ナイキ社とスパイクなどの用具提供契約を結んだことが9日、分かった。 日本代表が参加した1月のアジア杯(UAE)まではアシックス社製のスパイクを履いていたが、10日のアウクスブルク戦からナイキ社製を使用する。現役日本代表の主力選手が契約メーカーを変更するのは異例だ。

大迫は鹿島時代にナイキ社と契約していた。そのスパイクで主力への階段を上り、ドイツ移籍を果たした。14年ブラジルW杯では力を発揮できず悔しい思いもしたが、常に挑戦する気持ちを持っていた。今回の変更はナイキ社から高い評価を得たことに加え、3年後のカタールW杯へ向けて、挑戦する気持ちを大切にしたいという思いが込められている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190209-00000350-sph-socc
2/10(日) 6:08配信



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(15) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、最下位ハダースフィールドに苦しみながらも2-1勝利!イウォビとラカゼットがゴール

アーセナル、最下位相手に辛勝…ラカゼット弾など前半の2ゴール守り切る
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00905165-soccerk-socc

ラカゼット2019第25節ゴール.jpg


プレミアリーグ第26節が20日に行われ、ハダースフィールドとアーセナルが対戦。アーセナルはアウェイでハダースフィールドに2−1で勝利を収めた。

 試合は16分、セアド・コラシナツが左サイドをドリブルで突破するとそのままクロスを上げる。ペナルティエリア(PA)右の空いたスペースからアレックス・イウォビがダイレクトでボレーシュートを放つ。DFに当たると軌道が変わり、そのままゴールに入る。イウォビのゴールでアーセナルが先制した。

 44分、ヘンリク・ムヒタリアンが右サイドに上がってきたエインズリー・メイトランド・ナイルズにパスを送ると、ナイルズはゴール前に折り返す。アレクサンドル・ラカゼットはゴール前で冷静にシュートを決めて、アーセナルは2−0とした。

 ハダースフィールドは得点には繋がらないものの、アーセナルのゴールを脅かし続ける。後半ATの93分にハダースフィールドは1点をもぎ取った。アダマ・ディアカビがスルーパスに反応してPA右からシュート。このシュートをコラシナツが触りゴールネットを揺らしてしまい、1点差となった。

 試合はこのまま終了して、アーセナルはアウェイでハダースフィールドに2−1で勝利した。アーセナルは勝ち点「50」で6位につけており、次節24日にサウサンプトンと対戦する。

【スコア】
ハダースフィールド 1−2 アーセナル

【得点者】
16分 0−1 アレックス・イウォビ(アーセナル)
44分 0−2 アレクサンドル・ラカゼット(アーセナル)
90+3分 1−2 オウンゴール(ハダースフィールド)

【スターティングメンバー】
アーセナル(3−4−3)
レノ;ムスタフィ、コシェルニー、モンレアル;ナイルズ、トレイラ(59分 エルネニー)、ゲンドゥージ、コラシナツ;イウォビ(88分 ウィロック)、ラカゼット、ムヒタリアン(76分 D・スアレス)


【Gunners】 Arsenal F.C.【part1335】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1549514301/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(11) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

木下康介、デビュー戦でラッキー劇的決勝ゴール!途中出場3分でラッキーボーイに!シント・トロイデンを勝利に導く!

【サッカー】<木下康介(シント=トロイデン)>終了間際に劇的な決勝ゴール! 途中出場からわずか“3分”でラッキーボーイに!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549750533/
木下2019デビュー戦ゴール.jpg
1: Egg ★ 2019/02/10(日) 07:15:33.61 ID:oS750Gjm9.net

遠藤、鎌田に続いて日本人選手が3度目の“デビュー戦ゴール”!

https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/53978_ext_04_0_1549746791.webp?v=1549748429

現地2月9日、ベルギー・リーグ第25節が行なわれ、シント=トロイデン(STVV)がワースランド・ベベレンと対戦。2-1で勝利し、プレーオフ1を目指す同チームにとって貴重な勝点3奪取となった。

 現在6人の日本人選手を擁するSTVV。この日の先発には鎌田大地、そしてアジアカップから戻った冨安健洋が名を連ね、ベンチには関根貴大、今冬に加入した木下康介が入った。アジアカップで負傷した遠藤航は日本でのリハビリを終えてベルギーに戻ったが、小池裕太とともにメンバー外となった。

 試合は前半、VARでお互いにPKを取り合うという珍しい展開になった。

 16分、ジョーダン・ボタカがペナルティーエリア内で倒され、VAR判定によりPKに。これをきっちりボタカ自身が決めて1-0と先制したSTVVだが、その3分後にGKケニー・ステッペが自陣で敵FWを倒したプレーが、またしてもVARによってPK判定となる。これを決められ、1-1の同点とされた。

 1点を奪い合って迎えた後半、STVVが主導権を握る。3試合連続でゴールを決めているヨアン・ボリ、アレクシス・デ・サール、鎌田大地の前線トライアングルに両SBが絡み、積極的に攻め込む。しかし、ゴールネットを揺らすには至らない。

 選手たちにも焦りが見え始めた85分、ボタカと交代して木下がベルギーデビューを果たす。そしてピッチに登場してわずか3分後、木下が大仕事をやってのけるのだ。

 クリスチャン・セバロスがゴール前に放り込んだクロスを、木下が190センチの長身を活かし、ゴール前で相手守備陣と競り合う。混戦の合間を縫って木下がヒールで蹴り込むも、GKに弾かれた。しかしこのボールが偶然にも木下の足元に戻り、ゴールに背中を向けたままの木下の左足ヒールに当たってそのままゴールイン! なんとも“ラッキー”な形で勝ち越しゴールが決まった。STVVに加入した日本人選手がデビュー戦でゴールを決めるのは、遠藤航、鎌田大地に続いて3人目だ。

 試合はこのまま終了し、鎌田、冨安、そして木下がホームでの貴重な勝利に貢献した。
 
 プレーオフ1圏内の6位以内を目指すSTVVは、これで3連勝。木下というラッキーボーイの勢いを加え、2月16日のズルテ=ワヘレム戦に臨む。

2/10(日) 6:35 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190210-00053978-sdigestw-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(10) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル、アトレティコとのダービー戦を3-1勝利し2位浮上!S・ラモスが決勝PK弾

【サッカー】レアル・マドリー、リーガ優勝戦線に生き残る!アトレティコとのダービーを制して2位浮上 ベイルがダメ押しゴール決める
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1549732279/
ラモス2019第23節ゴール.jpg

1: 豆次郎 ★ 2019/02/10(日) 02:11:19.01 ID:FoyuehPS9.net

2/10(日) 2:09配信
レアル・マドリー、リーガ優勝戦線に生き残る!アトレティコとのダービーを制して2位浮上

9日のリーガ・エスパニョーラ第23節、ワンダ・メトロポリターノを舞台としたアトレティコ・マドリー対レアル・マドリーのダービーは3−1でレアル・マドリーの勝利に終わった。

ボアテングのバルセロナ行き以上の驚きは?世界の“奇妙な”移籍16選

スペイン首都の二大巨塔が激突する、同国を代表するダービー。首位バルセロナとは2位アトレティコ・マドリーが勝ち点6差、3位レアル・マドリーが勝ち点8差という状況で、優勝レース生き残りをかけた一戦でもある。

アトレティコは先発予定だったロドリゴが試合直前に足に違和感を覚えて、急遽ベンチスタートに。シメオネ監督はGKオブラク、DFアリアス、ヒメネス、ゴディン、リュカ、MFアンヘル・コレア、トーマス、サウール、レマル、FWモラタ、グリーズマンをスタメンとしている。システムはいつもの4−4−2。

対してソラーリ監督は、ミッドウィークに行われたコパ・デル・レイのクラシコから先発を3選手変更。ケイロール・ナバス、マルセロ、マルコス・ジョレンテの代わりにクルトワ、レギロン、カセミロを起用して、GKクルトワ、DFカルバハル、ヴァラン、セルヒオ・ラモス、レギロン、MFモドリッチ、カセミロ、クロース、FWルーカス・バスケス、ベンゼマ、ヴィニシウスというスタメンを組み、こちらも普段の4−3−3システムを使用している。

6万8000人の観客が高らかにアトレティコのイムノを歌ったり、「キエン・ノ・サルテ・マドリディスタ・エス(跳ばない奴はマドリディスタ)」のチャントとともにジャンプしたりと、メトロポリターノは試合前からダービーらしい盛り上がりを見せてキックオフのホイッスルを迎える。序盤に優勢に試合を進めたのは、そうした後押しを受けたアトレティコ。ボールを奪われても激しいプレッシングですぐに奪い返して、レアル・マドリー陣地で攻撃を仕掛け続けた。

しかし10分を過ぎると、アトレティコのハイプレスの強度が落ち、クラシコから中3日のレアル・マドリーが徐々に押し返す。そして16分に同チームの先制点が決まった。クロースの右CKから、ファーサイドでフリーとなっていたカセミロが豪快なバイシクルシュートを突き刺している。

だがホームのアトレティコも負けじとゴール。25分、グリーズマンが最終ラインを抜け出してGKクルトワと1対1となり、落ち着き払ったシュートでネットを揺らした。これはオフサイドか、直前のプレーでアンヘル・コレラがヴィニシウスに対してファウルを犯していたかでエストラーダ・フェルナンデス主審がVARと相談したが、ゴールは認められている。

このグリーズマンのゴールによってメトロポリターノの観客は再び活気づくが、しかしレアル・マドリーの攻撃がその活気を再び沈めていく。ヴィニシウスがベンゼマらとの連係やスピードあふれるドリブルによって再三にわたりサイドを突いていった。そして40分、ペナルティーエリア内右に侵入したヴィニシウスがヒメネスに倒され、レアル・マドリーがPKを獲得(エリア外にも見えたが……)。GKオブラクと対峙したキッカーのセルヒオ・ラモスはお馴染みのパネンカ(チップキック)ではなく、枠の左に強いシュートを決めている。

1−2で迎えた後半も、レアル・マドリーがヴィニシウスを中心に攻撃を展開。対するアトレティコは54分、ロングボールに反応したモラタがループシュートでネットを揺らしたが、これはVARとの相談の結果、オフサイドによって取り消されている。

ソラーリ監督は57分、突出した存在感を示しながらも、アトレティコの選手たちから削られていたヴィニシウスをベイルと代える。一方のシメオネ監督は59分にレマルをビトロ、65分にアンヘル・コレアをコンディションに不安が残るロドリゴと代え、さらに71分にはモラタとの交代でカリニッチもピッチに立たせた。

そして75分、この勝負を決定づける次のゴールが決まった。得点したのは……、レアル・マドリー。モドリッチのスルーパスからペナルティーエリア内左に侵入したベイルが、グラウンダーのシュートでオブラクを破っている。アウェー席のレアル・マドリーサポーターは、この得点後に「アシ! アシ! アシ・ガナ・エル・マドリー(マドリーはこうやって勝つ)!」と勝利を宣言し、これにそのほかのスタンドが指笛を吹いて対抗していた。


■試合結果
アトレティコ・マドリー 1-3 レアル・マドリー

■得点者

レアル・マドリー:カセミロ(16分)、セルヒオ・ラモス(43分)、ベイル(75分)
アトレティコ・マドリー:グリーズマン(25分)

続きはこちらで↓
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00010005-goal-socc


※一部追記編集し直しました
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプール、ワイナルドゥム絶妙弾などボーンマスに3-0完勝!CLバイエルン戦に向け弾み

リヴァプールがボーンマスに3発完勝! 3試合ぶり白星でバイエルンとの大一番へ/プレミアリーグ第26節
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00010004-goal-socc
サラー2019第25節ゴール.jpg

リヴァプールは9日、プレミアリーグ第26節でボーンマスをホームに迎えた。

プレミアリーグで暫定ながらもマンチェスター・シティに得失点差で首位を奪われた2位のリヴァプールが、10位に位置するボーンマスをホームに迎えた。2試合連続引き分け中のリヴァプールを率いるクロップ監督は、前節のウェスト・ハム戦からララナに代えてワイナルドゥムを起用する1点を変更した。

試合は立ち上がりからリヴァプールが主導権を掌握すると、24分に先制する。右サイドからミルナーが上げた好クロスに正面のサディオ・マネがヘッド。マネの4試合連続弾が決まり、リヴァプールが試合の均衡を崩した。

さらにリヴァプールは、34分に美しいゴールで追加点を得る。ボックス左に走ったワイナルドゥムがロバートソンのフィードを受ける。GKが前に出ているところを見逃さなかったワイナルドゥムがバウンドしたボールをループシュート。絶妙にコントロールされたボールがGKの頭上を越え、ネットを揺らした。

迎えた後半、リヴァプールは立ち上がりにリードを広げる。48分、ナビ・ケイタの素晴らしいスルーパスでボックス右に抜け出したフィルミーノがヒールパス。絶妙なボールを受けたサラーがゴール左にシュートを流し込み、スコアを3−0とする。

サラーの今季リーグ戦17ゴール目で試合を楽にしたリヴァプールは、その後ややギアを落とす。負傷明けのアレクサンダー=アーノルドも復帰させたリヴァプールは、77分にサラーがバー直撃のシュートで4点目に迫る。

その後、相手をシャットアウトしたリヴァプールは、リーグ戦3試合ぶりの白星を獲得。今週末はすでに敗退しているFAカップが開催されるため、リヴァプールの次戦は19日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16、ホームでのバイエルン・ミュンヘン戦となる。

■試合結果
リヴァプール 3-0 ボーンマス

■得点者
リヴァプール:サディオ・マネ(24分)、ワイナルドゥム(34分)、サラー(48分)
ボーンマス:なし

〓〓 Liverpool FC 〓 1045 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1549543717/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:00 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川真司、ホームデビュー戦で途中出場しチャンス作る!ベシクタシュはユルマズ2ゴールでブルサスポルに2-0快勝

香川真司が途中出場で本拠地デビュー! ベシクタシュはユルマズの2発で快勝
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00905110-soccerk-socc

香川2019第21節試合前挨拶.jpg

 スュペル・リグ第21節が9日に行われ、香川真司所属のベシクタシュが2−0でブルサスポルを下した。

 ベシクタシュは40分にブラク・ユルマズが移籍後初ゴールを決めて先制。さらに62分には再びユルマズがゴールを奪い、リードを2点に広げた。直後の67分にはベンチスタートとなった香川真司がピッチに立ち、本拠地デビュー。2試合連続ゴールとはならなかったが、トップ下の位置で約25分プレーした。

 次節、ベシクタシュは15日にアウェイでマラティヤスポルと対戦する。

【スコア】
ベシクタシュ 2−0 ブルサスポル

【得点者】
1−0 40分 ブラク・ユルマズ(ベシクタシュ)
2−0 62分 ブラク・ユルマズ(ベシクタシュ)

【スターティングメンバー】
ベシクタシュ(4−2−3−1)
カリウス;ギョニュル、ヴィダ、イシマ・ミラン、アドリアーノ(82分 ウイサル);ハッチンソン、トキョズ;レンス(67分 香川真司)、リャイッチ、ヤルチン(73分 エルキン);ユルマズ

香川2試合連続弾ならず ファンからカガワコールも
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00476896-nksports-socc
<トルコリーグ:ベシクタシュ2−0ブルサスポル>◇9日◇第21節◇イスタンブール

今冬にドルトムントからトルコ1部ベシクタシュに期限付き移籍したMF香川真司(29)の2試合連続ゴールはならなかった。

本拠地デビューとなったボーダフォン・アリーナでのホーム戦はベンチスタート。地元メディアはこぞって先発予想していたが、途中出場で2発の衝撃デビューを飾った3日アンタルヤスポル戦に続き、試合中の出番をうかがうことになった。

会場には香川を歓迎するフラッグが掲げられ、クラブ公式テレビもウオーミングアップする香川をアップにするなど、注目度の高さをうかがわせた。約4万2000人を収容するスタジアムの入場券も完売。クラブは、お辞儀ポーズで迎える準備もサポーターに求めており、途中出場を心待ちにしている。

試合は前半40分、元トルコ代表FWブラク・ユルマズ(33)が左足で先制。サイドラインでウオーミングアップしていた香川は拍手で喜んだ。前半は出番がなかった。

再びユルマズが決めて2−0になった後半19分、スタジアムにシンジ・カガワのコールが起こった。その声援に後押しされ、21分に出番が来る。ホームの白ユニホームを初披露。4−2−3−1のトップ下に入った。まず1点を返したい相手がボールを握る難しい時間帯が続いた中、香川はボールを受けに下がったり、指示を出して修正。38分にはパス、40分にワンタッチプレーでチャンスをつくった。

しかし、この日はシュートを放つことができず。前節の「16秒弾」を含む2発に続く、連発をホームのファンの前で見せられなかった。ただ、チームは勝利。香川は率先してチームメートをたたえ、スタンドに向かって手を挙げた。さらには仲間と一緒にはねて喜ぶと、シンジ・カガワのコールが起き、両手を振り下ろしてから頭上で手をたたくチームの喜び方を初めて行い、感謝した。

【ベシクタシュJK】香川真司 part7
https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/football/1549731871/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 03:22 | 大阪 ☁ | Comment(7) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、ポグバ2ゴール・マルシャル1G1Aでフルハムに3-0完勝!暫定4位に浮上しCLパリSG戦に弾み

ポグバ2発!マルシャル1G1A!マンUがフルハムに快勝でパリSG戦へ弾み
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190209-26890463-gekisaka-socc
ポグバとマルシャル2019第25節ゴール.jpg

[2.9 プレミアリーグ第25節 フルハム0-3マンチェスター・U]

 マンチェスター・ユナイテッドは9日、プレミアリーグ第25節でフルハムのホームに乗り込み、3-0で勝った。

 12日にホームでのUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)パリSG戦を控えているユナイテッド。3日のレスター・シティ戦(1-0)から6人を入れ替え、DFフィル・ジョーンズとDFクリス・スモーリング、DFディオゴ・ダロット、MFフアン・マタ、FWロメル・ルカク、FWアントニー・マルシャルを起用した。

 立ち上がりはFWアレクサンダル・ミトロビッチ、FWアンドレ・シュールレがシュートを放つなどフルハムの方が入りは良かった。だが、先手を取ったのはユナイテッドだった。前半14分、敵陣中央でMFアンデル・エレーラがパスカットすると、マルシャルがPA左へスルーパス。オフサイドラインギリギリで抜け出したMFポール・ポグバが角度のないところから左足シュートを突き刺した。

 さらにユナイテッドは前半23分に追加点。自陣中央でボール奪取し、P・ジョーンズが素早く左サイドのマルシャルへ。そのままフランス代表のアタッカーがスピードに乗ったドリブルで相手のプレスをかわしてPA内から右足シュートを流し込んだ。

 その後はフルハムの荒いプレスに苦しんだユナイテッドだが、後半19分にルカクの折り返しからマタがDFマキシム・ル・マルシャンに倒されてPKを獲得。キッカーのポグバが落ち着いてゴール右隅に蹴り込み、3-0とリードを広げた。

 これを受けてオーレ・グンナー・スールシャール監督は、後半25分にマルシャルに代えてFWアレクシス・サンチェス、29分にポグバに代えてMFスコット・マクトミネイ、そして39分にエレーラを下げてDFエリック・バイリーを入れて3バックに変更した。

 試合はフルハムに得点を許さなかったユナイテッドが3-0で完封勝利。スールシャール監督就任後、公式戦11試合負けなし(10勝1分)とした。


† Red Devils Manchester United 1342 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1549716548/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:05 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング