アンテナ・まとめ RSS

2019年03月07日

前レアル監督ロペテギ氏、レアル・マドリードに約35億円の損害賠償訴訟を準備

【サッカー】前レアル・マドリード監督ロペテギ氏、クラブ相手に約35億円賠償提訴へ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1551955947/
ロペテギ.jpg
1: カエサル ★ 2019/03/07(木) 19:52:27.23 ID:4K+nCFRV9.net

3/7(木) 19:41 デイリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190307-00000130-dal-socc

 スペイン1部リーグレアル・マドリードの前監督ジュレン・ロペテギ氏が、レアル・マドリードを相手取り、およそ2800万ユーロ(約35億4000万円)の損害賠償訴訟を起こす準備をしていると、スペインのラジオ局オンダ・セロが伝えた。

 同局によると、ロペテギ氏はレアル・マドリードと2021年まで契約を結んでおり、請求額は契約満了までの給与3年分だという。

 ロペテギ氏はスペイン代表監督だった18年6月、ジネディーヌ・ジダン監督の辞任を受けレアル・マドリードの後任監督になることが発表された。レアル監督就任を事後報告したスペイン協会からは、二重契約になるとされロシアW杯直前に解任。指揮も振るわず、同年10月のスペイン1部リーグ・バルセロナ戦で1−5と大敗したことが引き金となり同クラブを追われた。



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:59 | 大阪 ☁ | Comment(15) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南野拓実、独1部レバークーゼンが獲得興味?ボルシアMGに続きブンデスクラブが熱視線

【サッカー】<南野拓実>ドイツの名門レバークーゼンが興味? 海外の移籍情報メディアが報じる...ボルシアMGに続いてブンデス勢が熱視線
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1551948411/
南野拓実2019EL拍手.jpg

1: Egg ★ 2019/03/07(木) 17:46:51.95 ID:cV1uRUVV9.net

オーストリア1部のレッドブル・ザルツブルクに所属する南野拓実に、ブンデスリーガの古豪、レバークーゼンが興味を持っているようだ。イタリアの移籍専門情報サイト『CALCIOMERCATO』が報じた。

 南野はザルツブルクで5年目を迎えており、同クラブとの契約は2021年6月末となっている。

 クラブでは絶対的なレギュラーにはなりきれていないとはいえ、18年9月以降、森保ジャパンでは主力として小さくないプレゼンスを発揮し、移籍市場における評価は高まっている。

 つい先日も、ドイツの老舗サッカー専門誌『kicker』が「ブンデスリーガのボルシアMGの獲得リストに南野拓実の名前がある」と伝えている。南野に興味を示していると報じられたドイツのクラブは、少なくともこれで2つめとなる。

 ザルツブルクは現在、オーストリア・リーグで首位を独走しているほか、ヨーロッパリーグ(EL)に参加中だ。ラウンド・オブ32ではベルギーのクラブ・ブルージュと対戦し、第1レグを1-2で落としたものの、第2レグでは4-0で快勝し、次ステージへの進出を決めた。現地時間3月7日にはラウンド・オブ16の第1レグ、イタリアの強豪ナポリと戦う。

 国内の強豪であり、ヨーロッパの舞台でも戦えるザルツブルクでプレーを続けるのも悪い選択肢ではないとはいえ、ステップアップを決断しても不思議はない。

 はたして、南野は来夏にブンデス挑戦を選択するのだろうか。

3/7(木) 17:39配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190307-00055121-sdigestw-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:08 | 大阪 ☁ | Comment(9) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「打ちっ放し場」ならぬ「蹴りっ放し場」が都内で誕生!

【サッカー】世界初?都内に“蹴りっ放し”の練習場が誕生!元Jリーガーが太鼓判
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1551942875/
蹴りっ放し場.jpg
1: ばーど ★ 2019/03/07(木) 16:14:35.70 ID:sllEJYSq9.net

 東京都内にインドアキック施設「蹴りっ放し」が誕生する。一般社団法人日本フットゴルフ協会が、「神保町ゴルフスクール」の協力の元、「蹴りっ放し in Tokyo」を3月16日にオープンさせることになった。ゴルフの練習をする「打ちっ放し」は広く知られているが、サッカーボールを蹴ることを主な目的とした「蹴りっ放し」は、恐らく国内だけでなく世界でも初となる。

「蹴りっ放し」を体験できるのは東京都千代田区神保町にある「神保町ゴルフスクール」。都内のど真ん中、しかも地下鉄神保町駅から徒歩1分という絶好の立地でサッカーボールが蹴れるようになる。営業日時は原則毎週土曜、日曜で夕方6時から夜の11時まで。ゴルフの打ちっ放しやインドア練習施設のように1時間1打席を2000円で貸し出す。

 これまでサッカーボールを蹴る練習と言えば、サッカーグラウンドやフットサルコート、または空き地が当たり前で、ボールを受けてくれる相手も必要だった。しかしこの「蹴りっ放し」では相手は不要。数メートル先のネットに蹴り込むことで、サッカーやフットサル、フットゴルフを楽しむ方のキックの練習になる。

「蹴りっ放し」の登場はキックに定評があった元Jリーガーたちも手放しで喜んでいるようだ。サッカーU−17元日本代表でフットゴルフ日本代表にも選ばれた中田英寿が認めた天才としても知られている 財前宣之氏は「フットゴルフはもちろん、サッカー選手にとって(「蹴りっ放し」は)いい練習場所になりますね。スクールで子供たちに教えていると、ドリブルが上手い子は増えましたがキックが上手い子が少ないと感じています。私が子供の頃は、ひたすら壁に蹴り込んでキックを磨きましたが、今の時代はサッカーができる場所が少なくなり、なかなかキックを一人で練習する機会が無いのだと思います。このような施設がきっかけでこれからフットゴルフを始める人もますます増えそうですね」と話している。

 また、元鹿島アントラーズでフットゴルフ日本代表の阿部敏之氏も「打ちっ放しならぬ『蹴りっ放し』はとても面白い取組みだと思います。キックの精度をあげたり、球種を増やすには『自分なりに考えて蹴るを繰り返す』しかありません。気軽にボールが蹴られる場所が街の中にあってストレス発散がてらキックのトレーニングが出来たら最高ですね!」。「魔法の左足を持つ天才」もサッカー選手やフットゴルファーが同施設でキックを磨くことを推している。

「蹴りっ放し in Tokyo」のHP
https://www.jfga.jp/kickingrange

3月7日
https://www.soccer-king.jp/news/japan/20190306/915083.html
https://www.soccer-king.jp/wp-content/uploads/2019/03/190306_golf_01.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☔ | Comment(13) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジダン氏、レアル・マドリード監督に6月復帰の可能性!モウリーニョ氏も候補に(関連まとめ)

【サッカー】ジダン、6月にレアル・マドリー監督復帰の可能性
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1551938233/
ジダンかモウリーニョ02.jpg
1: 豆次郎 ★ 2019/03/07(木) 14:57:13.58 ID:Q+s08Jw89.net

3/7(木) 13:26配信
ジダン、6月にマドリー監督復帰の可能性

ジョゼ・モウリーニョがサンティアゴ・ソラーリに代わってレアル・マドリーの監督に復帰するという多くの噂が出てきている。しかし、それらの噂において、復帰という部分は正しいが、戻ってくる人は、ジネディーヌ・ジダンとなるかもしれない。『LA SEXTA』の番組『Jugones』が、マドリーが数時間もしくは、数日中にマドリーの監督を引き受けて欲しいとジダンに打診するかもしれないと報じている。

『Jugones』によれば、ジダンがマドリー監督復帰の有力候補となっているものの、ジダン本人は、現在の生活を壊す気はなく、監督を引き受けるにしても6月からとなるだろうということである。つまり、もし報道内容が事実だとすれば、ソラーリが今シーズン終了までマドリーの監督を務めることになる。

会長フロレンティーノ・ペレスは、現在のクラブの危機的状況を終息させるためにも、できるだけ早くジダンを連れて来て、ファンとチームの両方に対策を講じ、来シーズンに向けた準備をしたいと考えている。

番組の司会者ジョゼップ・ペドレロルは、ジダンの監督復帰の可能性と現在のクラブにおいて気に入らない点を分析している。同氏は、来シーズンを待つことなく、早急な改革が必要だと考えている。

そして、「マドリーは、崩壊しいている。選手達は、監督ソラーリを信頼しておらず、クラブは、今すぐに何かしらのアクションを起こさなければならない。マドリーは、シーズン終了までこのままでいるわけにはいかない。放置すれば、悲惨な状態がさらに悪化する。監督ソラーリは、多くの選手達との関係が優れない。監督ソラーリが、ガレス・ベイルにチームを救うように頼むのか?イスコ・アラルコン、マルセロ、マルコ・アセンシオ、マリアーノ・ディアス、ブラヒム・ディアスにどのように犠牲を求めるのか?」とペドレロルは、述べている。

さらに、「監督ソラーリは、3試合連続で全員同じ選手を起用している。唯一、ラモスが出場停止で代わっている。その結果、ルカス・バスケスは怪我し、ヴィニシウス・ジュニオールも怪我している。つまり、監督ソラーリは、すでに終焉を迎えている。あとは、会長ペレスがどんな判断を下すかである。まず、一人目は、ベイルだ。放出だ。ベイルは、ウェールズでゴルフでもすればいい。そして次に、マドリーに本物の監督を迎える必要がある」とも語っている。

そして最後に、ペドレロルは、「モウリーニョかジダンかという2つの選択肢がマドリーにはある。自分は、両方いいと思う。ジダンは、マドリーの神話的存在であり、彼の復帰は、マドリーにとって素晴らしいニュースになるだろう。ジダンの代替候補としてモウリーニョがいる。もし、マドリーに彼が戻って来れば、複数の選手は、準備を開始するだろう」とも説明している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190307-00010010-sportes-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190307-00010010-sportes-000-1-view.jpg


ジダン氏、レアル復帰を拒否か…元会長が言及「すでに連絡済みだ」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190307-00915198-soccerk-socc

長を務めたラモン・カルデロン氏は、以前クラブの指揮を執っていたジネディーヌ・ジダン氏の復帰を否定した。7日にイギリスメディア『BBC』が報じている。

 レアル・マドリードはホームでアヤックスに1−4と大敗を喫し、チャンピオンズリーグ敗退が決定。コパ・デル・レイもライバルのバルセロナに下され敗退となり、リーグ戦でも再びバルセロナにホームで敗戦した。

 無冠でシーズンを終えることが予想される同クラブは、かつてチャンピオンズリーグ3連覇を達成したジダン氏を招へいしようと動いたが、拒否されたようだ。

 カルデロン氏は次のように語っている。

「フロレンティーノ・ペレス氏はチャンピオンズリーグ敗退が決まった翌朝、ジダン氏に連絡を取ったそうだ。しかし、彼はそのオファーを拒否した」

「『今は違う』と返答されたと聞いたが、6月に復帰することは前向きに検討するとのことだ」
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☔ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミュラー、突然のドイツ代表引退通告に怒り「やり方に怒りを覚える」「悪趣味で無思慮」(関連まとめ)

【サッカー】<トーマス・ミュラー>突然のドイツ代表引退宣告に怒り!「悪趣味で無思慮」 「まだ最高のレベルでプレーできる」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1551930710/
ミュラー下向く.jpg
1: Egg ★ 2019/03/07(木) 12:51:50.34 ID:cV1uRUVV9.net

サッカードイツ代表を率いるヨアヒム・レーブ監督からバイエルン・ミュンヘンの同僚ジェローム・ボアテング、マッツ・フンメルスとともに事実上の代表引退を宣告されたトーマス・ミュラーが6日、「悪趣味」な決定に怒りをあらわにした。

 レーブ監督は5日にミュンヘンを訪れ、29歳のミュラーと、ともに30歳のボアテングとフンメルスに対し、今後は代表に招集しないことを告げた。2014年W杯ブラジル大会を制したドイツ代表の中核を担った3人は、合計で246試合もの代表キャップを刻んでいる。

 自身のSNSに投稿した動画でミュラーは、「このことを考えれば考えるほど、そのやり方に怒りを覚える」と不満を訴えた。

「監督の突然の決定にとても困惑している。監督が戦術面の決断を下さなくてはいけないのは理解しているし。その点については問題ない」「だが今回の決定は理解できない。マッツもジェロームも自分も、まだ最高のレベルでプレーできる」

「事前に用意されていたドイツサッカー連盟(DFB)とラインハルト・グリンデル会長のプレスリリースは、自分に言わせれば悪趣味で思慮を欠いている」

 また、バイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲ社長も6日、レーブ監督が投下した爆弾に不快感を示した。

 ルンメニゲ社長はハサン・サリハミジッチスポーティング・ディレクター(SD)と共同で出したコメント文で、「われわれはこの発表のタイミングと状況を問題視している」「ドイツ代表の最後の国際試合は2018年の11月、つまり3か月半も前だ」と疑問を呈した。

 3月20日のセルビアとの親善試合、そして24日に行われるオランダとの欧州選手権予選に向けた代表メンバー発表を前に今回の発表をしたレーブ監督は、グループリーグで敗退した2018年W杯ロシア大会での失態を受け、チームを改革するよう圧力にさらされている。

3/7(木) 12:25配信 AFP
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190307-00000020-jij_afp-socc

写真
https://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/e/c/-/img_ecfafbe01be6cd6d993b3c71e7bfdfa3182696.jpg




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☔ | Comment(22) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアルFWヴィニシウス、靭帯負傷で全治2カ月の離脱…手術の可能性も ブラジル代表は辞退へ(関連まとめ)

レアルに打撃、ヴィニシウスがじん帯断裂…代表辞退へ、手術の可能性も
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190307-00915165-soccerk-socc
ヴィニシウスCLアヤックス戦靭帯負傷.jpg

 レアル・マドリードは6日、ブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールが右足脛腓骨関節のじん帯断裂と診断されたことを発表した。

 ヴィニシウスは5日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグのアヤックス戦で負傷。先発メンバーに名を連ねていたものの、35分に途中交代を強いられた。チームは1−4で敗れ、2試合合計3−5で敗退が決定。痛恨の結果となった。

 そして試合翌日、ヴィニシウスの診断結果が判明。レアル・マドリードは全治の見通しなどは明らかにしていないものの、スペイン紙『マルカ』によれば同選手は約2カ月の離脱を強いられると推測されている。同紙は今回の負傷が「複雑なもの」であるとし、症状がグレード1であれば保存療法で回復を図れるものの、場合によっては手術を強いられる可能性もあると報道。精密検査の結果を待つことになると伝えている。

 ヴィニシウスは先月28日に発表されたブラジル代表にも初めて選出されていたが、今回の負傷によって辞退することが濃厚となってしまった。

◆◇El Blanco Real Madrid 997◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1551869746/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:25 | 大阪 ☔ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神戸、バルセロナMFサンペール獲得を公式発表!イニエスタからの電話明かす「必ず気に入る」(関連まとめ)

【サッカー】<ヴィッセル神戸>MFサンペールを獲得!イニエスタ、ビジャに続く元バルサ戦士加入...背番号は「6」7人目の外国人選手
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1551928796/
サンペール神戸入団.jpg
1: Egg ★ 2019/03/07(木) 12:19:56.78 ID:cV1uRUVV9.net

ヴィッセル神戸は7日、バルセロナから元U−21スペイン代表MFセルジ・サンペールが完全移籍で加入すると発表した。背番号は「6」に決定したことも合わせて発表している。

 現在24歳のサンペールは、バルセロナの下部組織出身で、2014−15シーズンにトップチームデビューを果たした。

同クラブに所属するスペイン代表MFセルヒオ・ブスケツの後継者とも期待されたが、ケガなどもあり定位置を奪うには至らず。2016−17シーズンはグラナダに、2017−18シーズンはラス・パルマスにレンタル移籍した。

バルセロナには2018年1月に復帰。今シーズンはここまでコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)で1試合、33分プレーしたのみとなっており、今月4日にバルセロナとの契約解除合意が発表された。

 元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ、同FWダビド・ビジャに続く元バルセロナ戦士の加入は、神戸が掲げる“バルサ化”をより推し進めることとなりそうだ。

なお、神戸には元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ、ブラジル人FWウェリントン、ブラジル人DFダンクレー、韓国代表GKキム・スンギュも所属しており、サンペールは7人目の外国人選手に。

2019明治安田生命J1リーグではベンチ入り可能な外国人選手が5名までとなっており、神戸は毎試合上記のうち2選手がベンチを外れることになる。

3/7(木) 12:05配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190307-00914001-soccerk-socc

写真
https://www.soccer-king.jp/wp-content/uploads/2019/03/GettyImages-1017422604.jpg



元バルサMFサンペール、神戸加入会見でイニエスタとのやり取り告白 「必ず気に入る」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190307-00174511-soccermzw-socc

7日、神戸加入会見に出席したサンペール 「神戸の皆さんにお礼を言いたい」
 J1ヴィッセル神戸は7日、今シーズン途中までスペインの名門バルセロナに所属していたスペイン人MFセルジ・サンペールが完全移籍で加入すると発表した。同日に加入会見が行われ、壇上に登場したサンペールは昨夏神戸に移籍した元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタとのやり取りを明かしている。

 24歳のサンペールはバルセロナ下部組織出身で、2014年にトップチームデビュー。スペインの年代別代表でもプレーし、バルセロナの先輩にあたるスペイン代表MFセルヒオ・ブスケッツの後継者として期待されたが、武者修行を積んでいたラス・パルマスで左足首の内側側副靱帯断裂と腓骨骨折の重傷を負い離脱を余儀なくされた。18年1月にバルセロナへ復帰も、今季はスペイン国王杯で1試合、33分間の出場にとどまっていたなか、4日に契約解除。そして今回、神戸への移籍が決定した。

「コンニチハ。今日お集まりいただいたプレス、三木谷会長、チームの皆様、この場を設けてくれた社員の方に感謝したい。私にとって重要な1日になった。また、私に対して絶大な信頼を寄せてくれたヴィッセル神戸の皆さんにお礼を言いたい」

 加入会見でそう切り出したサンペールは、バルセロナで共闘したイニエスタとのやり取りを明かしている。

「アンドレスから電話をくれた時、神戸が綺麗な街でバルセロナに似ていると。そして必ず気に入ると。ヴィッセルはバルセロナと同じスタイルを標榜しているから、来ても困ることはないし、素晴らしいサッカー人生のステップになると言ってくれた」

 神戸移籍を決断した背景にイニエスタの後押しがあったと明かしたサンペール。バルセロナの下部組織出身コンビが神戸でどのようなハーモニーを奏でるのだろうか。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(15) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元ブラジル代表エジムンド氏、カーニバル満喫のネイマールに助言「現役は短い。サッカーのキャリアに集中すべき」

【サッカー】元フィオレンティーナFWエジムンド、カーニバル満喫のネイマールに助言「現役は短い。サッカーに集中すべき」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1551918911/
エジムンドリオのカーニバル.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/03/07(木) 09:35:11.71 ID:C9al5ilJ9.net

1月下旬のフランス杯で負傷、右足の第5中足骨の骨折で戦線離脱中のネイマール(PSG)が、療養中にも関わらず、連日カーニバルを満喫する姿が目撃され、ブラジル国内でも話題になっている。

 そんな中、かねてから熱烈なサンバファン、カーニバルファンを公言する元ブラジル代表のストライカー、エジムンドが、ネイマールに行った“助言”が注目を集めている。

 徹夜のサンバパレードで盛り上がるリオの会場でマイクを向けられたエジムンドは、苦笑いを浮かべながら、「俺はその事を話すのに適役じゃないけど、まあ、指名されたから言うよ。俺も現役時代に同じ事をした。ネイマールにとって耳の痛い話かもしれないけど、もし聞く気があるなら、今はサッカー選手としてのキャリアを優先するべきだ。カーニバルは引退した後だって何度もやってくる。現役生活は短い」と語った。

 エジムンドは、イタリアのフィオレンティーナに所属していた1998/99シーズンに、「カーニバルを楽しみたい」と、首位争いを演じるチームから離脱した事がある。その後、チームは失速し、3位に終わった上、チームメイトとも不仲になって、シーズン後に放出された。

 ネイマールはPSGから、「ブラジルで治療を続けてもよい」と許可を得てブラジルに滞在していたのだが、「松葉杖が取れたからって早速遊びまわっているのでは、フランスでの印象は最悪」と、ブラジルのマスコミも報じている。

 ネイマールは6日、UEFAチャンピオンズ・リーグ決勝トーナメント一回戦第2試合のPSG対マンチェスター・ユナイテッド戦を現地観戦するためにフランスに戻った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190307-00010002-nikkey-socc


ネイマールリオのカーニバル.jpg

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(12) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポルト、120分の激闘でローマ下し4年ぶりCLベスト8進出!延長戦にVAR劇的PK弾で逆転突破!CL決勝T1回戦第2戦(関連まとめ)

【サッカー】UEFA-CLベスト16第2戦 ポルト×ローマ 結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1551912132/
ポルト2019CL決勝T1回戦第2戦延長PK.jpg

1: 久太郎 ★ 2019/03/07(木) 07:42:12.17 ID:C9al5ilJ9.net

ポルト3−1 ローマ
第1戦 1−2
合計 4−3
[得点者]
ティキーニョ    (前半26分)  (ポルト)
ダニエレ・デ・ロッシ(前半37分)  (ローマ)PK
モウサ・マレガ   (後半7分)   (ポルト)
アレックス・テレス (延長後半12分)(ポルト)PK
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11296870


UEFAチャンピオンズリーグ
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/schedule/41


4: 久太郎 ★ 2019/03/07(木) 07:43:13.41 ID:C9al5ilJ9.net

>>1
120分間の死闘はポルトが制す! ローマは延長終盤にVARでPK献上…第2戦で逆転負け

[3.6 欧州CL決勝T1回戦第2戦 ポルト3-1ローマ]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)決勝トーナメント1回戦第2戦が5日に行われ、ポルト(ポルトガル)は本拠地エスタディオ・ド・ドラゴンでローマ(イタリア)と対戦し、3ー1で勝利。第1戦は1-2で敗れたものの、2試合合計4-3で逆転し、2014-15シーズン以来のベスト8進出を決めた。

 2月12日の第1戦では2-1で勝利したローマ。通常の4バックから3バックに変更し、3-4-3の布陣を敷く。前線は中央にFWエディン・ジェコを、左右にMFディエゴ・ペロッティと第1戦で2得点を挙げたMFニコロ・ザニオーロを起用した。

 FWヘスス・コロナが負傷から復帰したポルトは4-4-2の布陣を敷く。ゴールにはGKイケル・カシージャスが立ちはだかり、前線にはFWフランシスコ・ソアレスとFWムサ・マレガが配置された。

 ローマは第1戦を2-1で制したが、ポルトもアウェーゴールを奪い、逆転の可能性が残される。序盤からポルトが攻勢に出ると、前半26分に試合が動いた。中盤でボールを奪ったポルトはコロナが左サイドを突破してPA左に進入。左横に流したパスにマレガが反応し、中央に折り返すと、ソアレスがゴールに流し込んだ。

 先制したポルトが2試合合計2-2とし、アウェーゴールで優位に立つ。しかしローマも前半35分にチャンスを掴む。ペロッティがPA左からドリブル突破で進入すると、DFエデル・ミリトンのファウルを誘い、PKを獲得。不動のキャプテンMFダニエレ・デ・ロッシがカシージャスの逆を突き、試合は1-1の同点に。2試合合計で3-2と再びローマが優位に立った。

 追いついたローマだが、前半終了間際にデ・ロッシが負傷のために交代に。精神的支柱を失い、MFロレンツォ・ペッレグリーニが投入。前半はそのまま1-1で折り返した。

 ホームサポーターの声援を受けるポルトは後半開始から再び攻勢に。すると後半7分に再びゴールを奪う。2回のCKは失敗に終わるも、ローマのカウンターをコロナがすかさず奪って逆カウンター。左サイドから右足でインスイングのクロスを放つと、相手守備陣の裏を突いたマレガが右足で押し込み、2-1と勝ち越しに成功。2試合合計で3-3と試合を振り出しに戻した。

 このまま2試合合計3-3で行くと試合は延長戦に。ローマは後半10分にDFリック・カルスドルプに代えてMFアレッサンドロ・フロレンツィを投入する。ポルトも同24分、コロナを下げ、FWヤシン・ブライミを投入した。

 3バックのローマは最終ラインに5枚が並び、ポルトに押し込まれる展開が続く。すると後半32分にはDFイバン・マルカーノが下がり、中盤にMFブライアン・クリスタンテがピッチへ。中盤の枚数を増やし、4-2-3-1に布陣を変更した。

 ポルトも後半33分にソアレスに代えてFWフェルナンドを投入。試合はポルトが2-1でリードも、2試合合計3-3のままで90分間が終了し、延長戦へと突入する。しかし両者ともに疲弊しており、延長戦で追加される4人目の交代枠も使い切るも、延長前半でスコアは動かない。

 ローマは延長後半6分にチャンス。PA左に進入したジェコの右足シュートはゴール上にはずれる。さらに1分後、クリスタンテのパスを受けたジェコが再びPA内へ。飛び出した相手GKをかわすようにループシュートを放ち、ボールは無人のゴールに向かうも、DFペペのクリアに阻まれた。

 危機を乗り越えたポルトに大きなチャンスが到来。延長後半9分、フェルナンドがPA内でフロレンツィにユニフォームを引っ張られて倒れる。ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によりファウルが認められ、ポルトがPKを獲得。DFアレックス・テレスがゴール左に決めて3-1に、2試合合計でも4-3と勝ち越しに成功した。

 試合はそのまま終了し、120分間の死闘を制したのはポルト。14-15シーズン以来の8強進出を決めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190307-35633291-gekisaka-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:00 | 大阪 ☁ | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【世界よ!これがユナイテッドだ】マンU、ルカク2ゴールなどPSGに奇跡の3-1大逆転勝利!アウェーゴール差でCLベスト8進出!(関連まとめ)

【サッカー】UEFA-CLベスト16第2戦 パリSG×マンU 結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1551909536/
ルカク2019CL決勝T1回戦第2戦ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/03/07(木) 06:58:56.35 ID:C9al5ilJ9.net

パリSG 1−3 マンチェスター・ユナイテッド
第1戦  2−0
合計 3−3
※アウェーゴール差でマンUの勝利
[得点者]
ロメル・ルカク (前半2分) (マンU)
フアン・ベルナト(前半12分)(PSG)
ロメル・ルカク (前半30分)(マンU)
ラッシュフォード(後半49分)(マンU)PK
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11296867


7: 久太郎 ★ 2019/03/07(木) 06:59:51.19 ID:C9al5ilJ9.net

>>1
ユナイテッドがCL史上初の大逆転!ルカク2発&後半ATのPK弾でベスト8進出/CL決勝T1回戦第2戦

チャンピオンズリーグ(CL)は6日に決勝トーナメント1回戦セカンドレグが行われ、パリ・サンジェルマン(PSG)とマンチェスター・ユナイテッドが対戦した。

敵地でのファーストレグを2-0で制したPSG。本拠地で仕事を完了させるため、トゥヘル監督は第1戦とまったく同じメンバーを起用。リーグ前節ではCBをやっていたマルキーニョスを中盤で起用する4-2-3-1を採用した。

最低でも2ゴールが必要なユナイテッドだが、主力にケガ人が続出中。選択肢が限られているスールシャール監督は、ヤングを中盤右サイドで起用する4-4-2システムを使っている。なお控えメンバーは5人が10代の選手となっている。

後がないユナイテッドは、早々に先制点を奪う。2分、ケーラーが不用意にバックパスを送るとルカクがカット。そのままGKとの一対一を制し、欲しかった先制点を挙げた。

まさかの立ち上がりとなったが、PSGは慌てずに落ち着いてボールを回す。すると12分、最後はボックス内に飛び出したムバッペが折り返し、ベルナトが押し込んだ。すぐさま試合を降り出しに戻す。

その後ボールを握っていたPSGだが、30分に再び失点。遠い位置からラッシュフォードが無回転系の強烈なシュートを放つと、名手ブッフォンが抑えきれず。前にこぼれたボールをルカクが押し込んだ。ユナイテッドはついに逆転まで1点差に迫る。

ユナイテッドは35分、負傷でバイリーが交代となり、ダロットを投入。ヤングが右SBに入った。アクシデントがあったが勢いは失わず、直後のセットプレーでも相手ゴールを脅かす。前半は2-1でユナイテッドがリードして折り返す。

後半もPSGがボールを動かし、ユナイテッドが構える展開。PSGは56分、ゴール前でムバッペがヒールでフリックし、飛び出したディ・マリアがネットを揺らしたが、オフサイドの判定でノーゴールに。劣勢のユナイテッドは、60分付近でシステムを3バックに変更する。効果的な攻撃ができないPSGは、70分に2枚替え。痛めたドラクスラーと失点に絡んだケラーが下がり、パレデスとムニエが投入された。

攻めなければならないユナイテッドは、80分にペレイラを下げてチョンを投入。さらに87分には17歳グリーンウッドを入れ、CLデビューとなった若手アタッカー2人にゴールを託す。逆にPSGは、終盤にDFラインと入れ替わったムバッペが抜け出すがスリップ。こぼれ球をベルナトが押し込みにいくが、ポストを叩いた。

すると90分、試合を決定づけるような判定。ダロットのシュートの際、ボックス内でキンペンベの腕に当たったとし、ビデオ判定の結果ユナイテッドがPKを獲得。キッカーのラッシュフォードは、落ち着いて沈め、ユナイテッドがついに2試合合計スコアで逆転する。

試合はこのまま終了。セカンドレグを3-1で制したユナイテッドは、2試合合計スコア3-3、アウェイゴールの差で大逆転でのベスト8進出を決めた。なお、ホームでの第1戦を2点差以上で落としたチームが、セカンドレグで逆転するのは史上初めてのこととなった。一方のPSGは、3季連続でラウンド16敗退となった。

■試合結果
PSG 1-3 マンチェスター・U

■得点者
PSG:ベルナト(12分)
マンチェスター・U:ルカク(2分、30分)、ラッシュフォード(後半AT)



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:28 | 大阪 ☔ | Comment(41) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング