アンテナ・まとめ RSS

2019年03月11日

乾貴士、古巣エイバル監督と良い関係 メンディリバル監督「あいつは本当にくそったれだ(笑)」と祝福(関連まとめ)

乾貴士、ホーム初得点。古巣監督も 「あいつはくそったれだ」と祝福
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190310-00010002-sportiva-socc
乾とメンディリバル握手.jpg



「あいつは本当にくそったれだ(笑)。ゴールを決めた後に謝りに来たんだよ。だったら決めんなって話だよ(笑)。我々のところ(エイバル)でプレーしていた時よりも、アラベスで多くの得点を決めている。ゴールの仕方はベティスで学んだんだろう。いや、ベティスでは試合に出てなかったから、エイバルで学んだのかな(笑)」

 バスク地方のダービーであるアラベス対エイバル戦。試合後の記者会見でエイバルのホセ・ルイス・メンディリバル監督が笑顔で話をすると、会見場に集まった記者からも笑い声が溢れた。

 この試合、乾貴士は主役となる活躍を見せた。

 58分、エイバルの右CKのこぼれ球は、乾からジョニーにつながり、アラベスのカウンターが発動する。ジョニーがボールを運んでいくのを乾が追いかけ、ジョニーはペナルティエリア付近まで進むと、エリア内に侵入した乾にパスをつなぐ。すると乾はエイバルのDFホセ・アンヘルを引き連れながらドリブルし、中央のボルハ・バストンを確認。そんな乾の動きにGKマルコ・ドミトロビッチが反応したが、乾はワンフェイトを入れて元チームメートを地面に転がし、無人となったゴールへと流し込んだ。アラベスの貴重な先制点だった。

 試合はその後、エイバルが同点ゴールを決めて1−1の引き分けに。前節ビジャレアル戦に続く2試合連続決勝ゴールとはならなかったが、ミックスゾーンでメディアに応対した乾には笑顔が浮かんでいた。古巣エイバルの選手たちやメンディリバルにチャチャを入れられると、乾はスペイン語で話をしていた。

「エイバルとの試合がイプルア(エイバルのホームスタジアム)でできないのは残念。イプルアに帰りたかった。ベティスはシーズンの終わりに(イプルアでエイバルと)対戦があるけど、アラベスは(エイバルと)もうホームでしか戦えなかったからね」

 この日のエイバル戦は、乾にとって特別な試合だった。古巣であり3年間を過ごした思い出の地というだけではない。乾がベティス移籍を決断した理由のひとつは、メンディリバルに出会い、その新たなサッカー観に触れたことにあった。声をかけられたベティスでも新たな経験ができると期待して、大好きなクラブを離れたのだ。

「勝ち点1だったけど悪くはないと思うし、いい試合はできたと思う。欲を言えば勝ちたかったけど、個人的な感想で言えば、引き分けでよかったかな」

 そんな愛するクラブとの対戦だったからこそ、いつもはチームの勝利を一番に望んでいる乾が、引き分けに満足感を抱いていた。

 欧州では、古巣との対戦で、たとえゴールを挙げても祝福せずにそっけない態度をとる選手も多い。だが、冒頭のメンディリバルの話のように、乾は自らのゴールを祝福した。その理由について乾は次のように語った。

「ホームなので。イプルアなら祝福はやらなかったけど、メンディソロサでの初ゴールだったので、そこは祝っておきたいと思いました」

 ゴールアナウンスが「Inuiiii(イヌイィィィー)」と声をかけると、スタンドからは「takashiii(タカシィィィー)」の声が。そんな掛け合いが何度も何度も繰り返された。すでに乾がアラベスサポーターの信頼と愛情を手にしていることがわかった。それだけでなく、乾がメンディリバルをはじめとした古巣エイバルの元同僚たちと、変わらぬ友情を保っていることを感じさせてくれた試合だった。

山本孔一●文 text by Yamamoto Koichi

【サッカー】乾貴士、スペインのSNSで「Inui」がトレンドワードに!「メッシ級ゴール」「まさに魔法」など称賛続出
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1552182933/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 ☀ | Comment(8) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長谷部誠、鼻骨骨折…フェイスガードで出場の可能性!独誌は温存を予想(関連まとめ)

【サッカー】長谷部誠の鼻骨骨折が判明。“バットマン”姿で出場の可能性も!独誌は温存を予想
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1552303002/
長谷部と宮本.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/03/11(月) 20:16:42.58 ID:BAHnwECa9.net

長谷部も”バットマン”に!?
 フランクフルトの長谷部誠が、ヨーロッパリーグ(EL)のインテル戦で鼻骨を骨折していたことが明らかになった。

 現地時間3月8日、フランクフルトはインテルをホームに迎えたELラウンドオブ・16第1レグをスコアレスドローで終えた。リベロで奮闘した長谷部は、敵の強力な攻撃陣を失点ゼロで抑えた守備陣の中でも、際立った活躍を見せている。

 ベスト8を賭けた戦いとあって、試合はヒートアップ。後半にセバスティアン・アレがペナルティーエリア内で倒されるもPKと判定されなかった場面では、長谷部が審判に詰め寄ってイエローカードを提示されている。また、判定に苛立ってペットボトルを蹴り飛ばした指揮官アディ・ヒュッターも退席処分となった。

 熾烈な試合の中で、激しい接触があったのだろう。長谷部が痛みを訴えている場面はあったが、その後もプレーを続け、フル出場を果たしている。

 試合後、ヒュッター監督は長谷部が鼻骨を骨折したことを明かした。月曜日にはブンデスリーガのデュッセルドルフ戦が行なわれるが、「彼がマスク(フェイスガード)を装着してプレーできるか、判断する必要がある。ただ、危険と判断した場合、私がすべきことはひとつだ」とコメントしている。
 
 ドイツの老舗サッカー専門誌『kicker』は、このコメントから「インテルとの第2レグ(3月14日)でプレーするために、長谷部はリーグ戦を欠席する可能性が高い」と予想。ブンデスリーガ第24節のホッフェンハイム戦で試合中に右ヒザを捻挫したアンテ・レビッチとともに、ミラノでの決戦に備えて温存するだろうとしている。

 フェイスガードと言えば、2002年のワールドカップで黒いそれを着用してプレーし、“バットマン”と呼ばれた宮本恒靖(現ガンバ大阪監督)が想起される。長谷部が次にピッチ立つ時は、同じようなマスクを着用する可能性が高い。

 今やフランクフルトに欠かせない存在である長谷部。新たな“バットマン”のプレーに、注目が集まる。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190311-00055352-sdigestw-socc

鼻骨骨折の長谷部誠、リーグ戦温存?「監督は彼に関してリスクを冒したくないだろう」と独誌


なお同誌は14日のインテルとのアウェーマッチに向けて「監督はハセベに関しては絶対にリスクを冒したくないだろう。木曜日のインテルとのセカンドレグではトップフォームの状態のベテランを必要とする」と言及。出場停止となっているMFジェルソン・フェルナンデスの代わりにボランチでプレーする可能性が高いとの見方も記された。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190311-00010031-goal-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:13 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミランFWピォンテク、決勝ゴールで今季19得点目!C・ロナウドらと並び得点ランク首位に!ミランはキエーボ下しリーグ5連勝

“ガンマン”ピョンテクが決勝弾をぶっ放す! ミラン怒涛の5連勝で次節ミラノダービーへ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190310-36702744-gekisaka-socc
ピョンテク2019第29節ゴール.jpg

[3.9 セリエA第27節 キエーボ1-2ミラン]

 セリエAは9日に第27節を行い、ミランは敵地でキエーボと対戦し、2-1でリーグ戦5連勝。FWクシシュトフ・ピョンテクが今季合計19ゴール目を挙げ、FWクリスティアーノ・ロナウドらに並んで得点ランク同数首位に立った。

 リーグ戦9試合無敗(6勝3分)のミランは第26節終了時点で3位に浮上。絶好調の中で次節のミラノダービーに弾みをつけるべく、敵地のキエーボ戦に挑んだ。

 ミランは前半31分、MFルーカス・ビリアがPA手前のFKを鮮やかに沈めるも、同41分にキエーボに得点を許し、1-1で前半を折り返す。すると後半12分に、今冬加入のピョンテクが真価を発揮する。

 PA左の深い位置から緩やかなクロスが上がり、MFサムエル・カスティジェホがヘディングでゴール前へ。すると、ボールが地面に着地する瞬間にピョンテクが右足でワンタッチ。鋭い嗅覚でゴールに押し込み、ミランでの公式戦8ゴール目とした。

 また、前所属のジェノアでの得点と合わせると、今季リーグ戦19得点目に。得点ランク首位のC・ロナウドやFWファビオ・クアリャレッラに並んだ。

 “ピストレロ(ガンマンの意)”ピョンテクの得点が決勝弾となり、ミランは2-1で勝利。リーグ戦5連勝とし、暫定で2位ナポリと勝ち点5差としている。

※ピォンテク選手のゴールパフォーマンスは2丁拳銃だそうです


ミランがキエーボ下す、決勝点のピョンテクは「カンフーキック」で物議
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190310-00000019-jij_afp-socc

【AFP=時事】18-19イタリア・セリエAは9日、第27節の試合が行われ、ACミラン(AC Milan)は最下位キエーボ・ベローナ(Chievo Verona)を2-1で下し、来季の欧州チャンピオンズリーグ(UEFA Champions League 2019-20)出場権獲得に前進したが、クシシュトフ・ピョンテク(Krzysztof Piatek)の決勝点を挙げる直前の「カンフーキック」は物議を呼んでいる。

 今年1月にジェノア(Genoa CFC)から移籍したピョンテクは、加入後の9試合で8得点目をマーク。5連勝を飾ったミランは、昨年のクリスマス以降リーグ戦では無敗となっている。

 けがから復帰したルーカス・ビリア(Lucas Biglia)は31分、FKを直接沈めて昨年2月以来となるミランでの2点目を決め、チームに先制点をもたらした。ホームのキエーボは41分にペルパリム・ヘテマイ(Perparim Hetemaj)のヘディングで同点としたが、ミランは57分にピョンテクが決勝点をマーク。しかしこの一連のプレーは議論を呼んでいる。

 23歳のピョンテクは、ゴール前の混戦の中、サム・カスティジェホ(Samuel ‘Samu' Castillejo Azuaga)がヘディングで送り込んだボールに合わせてゴールネットを揺らしたが、その前のオーバーヘッドキックはキエーボの選手に当たっていたように見えた。

 ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の判定でこのゴールは認められたが、キエーボのドメニコ・ディカルロ(Domenico di Carlo)監督は怒りをあらわにしている。

「言い訳はしたくないが、ここ6試合でVARはことごとくわれわれに不利に作用している」 「ピョンテクのファビオ・デパオリ(Fabio Depaoli)に対するプレーはサッカーではなかった。カンフーだ」「見出しに『キエーボはカンフーキックに敗れた』と書いてくれ」

 今季リーグ戦での得点数を19に伸ばしたピョンテクは、ユベントス(Juventus)のクリスティアーノ・ロナウド(Cristiano Ronaldo)、サンプドリア(Sampdoria)のファビオ・クアリアレッラ(Fabio Quagliarella)と並び得点ランクトップタイにつけている。

 3位ミランは、10日にサッスオーロ(US Sassuolo)と対戦する2位ナポリ(SSC Napoli)との勝ち点差を5としている。

 ミランと4ポイント差の4位インテル(Inter Milan)は、同じく10日にSPALと戦う。ミラノを本拠地とする両チームは、次節直接対決を控えている。【翻訳編集】 AFPBB News

■□■□╋ AC MILAN パート738☆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1550762947/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FIFA会長、来週の理事会で新クラブW杯開催とコンフェデ杯廃止を推進へ

【サッカー】<FIFA会長>新クラブW杯開催とコンフェデ杯廃止を推進へ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1552269315/
インファンティノ会長.jpg
1: Egg ★ 2019/03/11(月) 10:55:15.21 ID:xivJP5Lw9.net

国際サッカー連盟(FIFA)のジャンニ・インファンティーノ(Gianni Infantino)会長は、来週に米マイアミで開かれる理事会で、新たなフォーマットのクラブW杯(FIFA Club World Cup)の計画を加速させ、コンフェデレーションズカップ(Confederations Cup)の廃止を進めたいと考えている。ドイツ公共放送ZDFが10日に報じた。

【写真特集】トヨタカップ、クラブW杯歴代優勝チーム―2001年以降

 14日と15日に開かれる理事会でインファンティーノ会長は、クラブW杯の参加チーム数を現行の7から欧州の12チームを含む24に拡大する方針について議論を深めたいと考えている。

 またインファンティーノ会長は、W杯ホスト国で大会前年に開催されるコンフェデレーションズカップの廃止を望んでいるという。

 ZDFの報道によると、新たなクラブW杯は2022年W杯カタール大会(2022 World Cup)前年の2021年から開催される見通しだという。これに対して欧州サッカー連盟(UEFA)は、過密日程を理由に2021年からの実施に反対している。

 FIFAの理事を務めるブラジル人のフェルナンド・サルネイ(Fernando Sarney)氏はZDFに対し、「その通りだ。そういう方向になるだろう。われわれは(現行のフォーマットの)クラブW杯に別れを告げたいと思っているし、そういう決定をするつもりだ」とコメントしている。

 一方、インファンティーノ会長は世界規模のネーションズリーグ導入の計画については先送りしたいと考えているという。【翻訳編集】 AFPBB News

3/11(月) 10:50配信 AFP時事
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190311-00000008-jij_afp-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神戸MF山口蛍、一般女性との入籍報告「より一層、責任と覚悟を持って」(関連まとめ)

神戸MF山口蛍が入籍「より一層、責任と覚悟を持って邁進してまいります」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190310-36920882-gekisaka-socc

山口蛍神戸.jpg

ヴィッセル神戸は10日、MF山口蛍(28)が一般女性と入籍したことを発表した。

 クラブを通じて山口は「このたび、かねてよりお付き合いさせて頂いてた方と入籍いたしました。これからもより一層、責任と覚悟を持って邁進してまいります。引き続き応援よろしくお願いします」とコメントしている。

 今季、セレッソ大阪から加入した山口は、ここまでリーグ戦3試合にフル出場している。



【サッカー】J1神戸、山口蛍が一般女性と結婚

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1552223435/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☔ | Comment(1) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原口元気、無念…コントロールシュートが雪に阻まれ今季初ゴールならず 2戦連続アシストもハノーファーはレバークーゼンに敗れる

【サッカー】原口元気、不運…“雪”に阻まれ今季初ゴールならず。1アシスト記録も敗戦
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1552280076/
原口元気2019第25節雪.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/03/11(月) 13:54:36.55 ID:BAHnwECa9.net

 ドイツ・ブンデスリーガ第25節の試合が現地時間10日に行われ、ハノーファーとレバークーゼンが対戦。激しい雪の中で行われた試合はアウェイのレバークーゼンが3-2で勝利を収めた。

 ハノーファーの原口元気は先発でフル出場。浅野拓磨はベンチ入りしなかった。2点のビハインドから原口のアシストによるゴールなどで一旦は追いついたハノーファーだが、終盤に突き放されての敗戦に終わった。

 レバークーゼンがケビン・フォラントの2ゴールでリードしたあと、34分には原口に決定的なチャンス。GKからのロングボールを受けて守備陣を振り切り、相手GKもかわして無人のゴールに向けてシュートを放った。だがグラウンダーのボールは薄く積もった雪に阻まれて急激に減速し、ゴールラインわずか手前でストップ。戻ってきたDFに対応されてしまった。

 それでも51分には原口のアシストからジョナタスが1点を返し、73分にはミッチェル・ヴァイザーのオウンゴールで2-2の同点。しかし87分にはカイ・ハフェルツが決勝ゴールを奪いレバークーゼンが勝利を収めた。

 ハノーファーはこれでリーグ戦4連敗。残留圏の15位アウクスブルクには8ポイント、プレーオフ圏の16位シュトゥットガルトには5ポイントの差をつけられ、残り9試合で苦しい状況に追い込まれている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190311-00312720-footballc-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川真司チャント、トルコでこだまする!劇的AT弾に現地サポ大興奮「キングありがとう」他、サンチョら元同僚が祝福

こだまする『シンジ・カガワ』のチャント。香川真司の“再生”は始まった。心も信頼も掴むAT劇的弾
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190311-00010001-footballc-socc
香川2019第25節ゴール02.jpg

トルコ・スュペルリグ第25節、ベシクタシュはMF香川真司がアディショナルタイムに決勝ゴールを決めてコンヤスポルに3-2で勝利した。負傷の影響で75分からの途中出場となった香川だが、短い時間の中で結果を出した。チーム加入以降、これで3ゴール1アシスト。ファンの心もチームの信頼も確実なものとした。(取材・文:本田千尋)
●「100パーセントの状態ではなかった」ものの

 “再生”が始まっている。3月10日、淡いピンク色の夕暮れが優しく包むボルポラス海峡、そのほとりに佇むボーダフォン・アリーナーー。 

 辺りはすっかり漆黒の闇に覆われた、後半のアディショナルタイムのことだった。左サイドの高い位置で、アドリアーノとの連動でボールを奪った香川真司。

「良い形でアドリ(アドリアーノ)がボールを奪って、前を見た瞬間、最初、中にもね、ブラク(イルマズ)がいたのでパスも考えましたけど、ドリブルした瞬間に、いい視野に入れた」

 視界が開けた。ペナルティエリア内に突き進むと、ためらわず左足を振り抜く。ボールは敵のGKセルカン・キリンティリの股の下を射抜いて、サイドネットを揺らした。諦めかけた歓喜が爆発するアリーナ。湧き踊るアドレナリン。背番号23は、悠然とコーナーフラッグに向かって走った。 

 スュペル・リグ第25節、対コンヤスポル戦。香川真司に出場機会が巡ってきたのは75分のことだ。先制点を決めたアデム・リャイッチに代わり、トップ下で出場。背番号23は「100パーセントの状態ではなかった」という。

「正直、怪我をしていたので、ちょっとやはり100パーセントの状態ではなかった。なので、ちょうどこのぐらいの時間かなあっていうのは予測していました」

●「チームに与える影響も含めて大きい」

 すると直後、中盤からのロングボール一発で、モリケ・フォファナに右サイドを抜け出され、ベシクタシュは失点してしまう。ここ数試合の不安定な守備は相変わらず。手にしたはずの勝利が逃げて行こうとする、嫌な流れを目の当たりにした。だが、香川は、「チャンス」が来ると信じ続けた。自分の役割は「チームを勝たせること」。そう考えている。このまま試合をドローで終わらせていいわけがなかった。

「(香川投入時のスコアは)2-1だったので、入ってすぐに追い付かれたっていうのは、非常に難しいシチュエーションでしたけど、15分あったので、必ずチャンスはあるだろうな、と。それが最後に来ましたけど、それを信じ切れたことは非常に良かったと思います」

 信じた末に、最後の最後に訪れた「チャンス」。確実にモノにした香川は、「1つ非常に大きな自信に繋がる」と言う。

「(個で打開しようとしてゴールを)取り切るか取り切らないかっていうのは非常に大きくて、それを取り切ったっていうことは非常に、結果としても形としても、チームに与える影響も含めて、大きいのかなあと思います」

 ベシクタシュに期限付き移籍で加入して以来、定位置を確保し切れていない香川にとって、このコンヤスポル戦での“AT劇的弾”は、シェノル・ギネシュ監督、チームメイトたちから確固たる信頼を掴むために、大きなインパクトを残したに違いない。

●「代表戦まであと1試合しっかりとやり切って」

 そして何より、今季のボルシア・ドルトムントで出場機会を失った背番号23が輝きを取り戻すためには、毎試合のように結果を残していく必要はあるだろう。そういった意味では、フェネルバフチェとのダービーを除けば途中出場が続く中、5試合で3ゴール1アシストの結果を残してきたことで、“再生”は始まっていると言えるのではないか。

 香川によれば、コンディションは「さらに上がっていく」という。

「後半戦、1月下旬に加入して、チームが固まっている部分もあるので、多少なりの時間は必要ですし、ただそれにしっかりと結果が付いてきているっていうのは非常に大きいので、それは別に焦る必要はないですし。最終的に4月、5月が、僕自身の今の感じではピークに持っていくことができる感じはするので。3月、代表戦まであと1試合しっかりとやり切って、そこからさらに上がっていくんじゃないかな、と思います」

 試合が終わると香川は、ピッチを後にしながら、ゴール裏に向かって手を叩いた。

 『シンジ・カガワ』のチャントが広がり、漆黒の闇の中で光り輝くアリーナにこだまする。 

 コンヤスポル戦での“AT劇的弾”は、改めてファンの心も掴んだようだ。

(取材・文:本田千尋)


ベジクタシュ香川真司、“劇的決勝弾”にファン興奮 「サムライが救った」「偉大すぎる」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190311-00175364-soccermzw-socc


負傷明けの香川が途中出場、決勝ゴールにファンも賛辞 「キング」「ありがとう」
 MF香川真司が所属するベジクタシュは現地時間10日、リーグ第25節でコンヤスポルと対戦し、3-2と勝利した。鼠径部を負傷して前節欠場の香川は後半30分から途中出場したなか、後半アディショナルタイムに決勝ゴールを叩き込んだ。クラブ公式ツイッターがゴールを速報すると、返信欄にはファンからの興奮コメントが相次いでいる。

 試合は前半14分、FWアデム・リャイッチのゴールでベジクタシュが先制。同19分、FWオメル・アリ・シャヒネルに被弾して追いつかれるも、同33分に相手ペナルティーエリア前で獲得したFKをFWブラク・ユルマズが沈め、ベジクタシュが2-1とリードした。 香川は後半30分から途中出場したなか、直後に相手FWモリケ・フォファナに同点ゴールを奪われ、2-2と振り出しに戻る。

 しかし後半アディショナルタイムに日本人MFが魅せた。敵陣でDFアドリアーノがボールをカットすると、こぼれ球を拾った香川がドリブルでペナルティーエリアに侵入。小刻みなタッチをしながら左足を振り抜き、強烈な一撃をゴール右隅に突き刺す。香川が決勝ゴールを挙げ、ベジクタシュが本拠地で3-2と勝利した。

 クラブ公式ツイッターは「GOOOOOOOOOOOOOOOOOL SHINJI KAGAWA」と記して、香川の写真とともに決勝ゴールを速報。すると返信欄には海外ファンから300近いコメントが殺到した。

「神が祝福」
「ARIGATO」
「俺たちのヒーロー」
「キャプテン翼」
「君は偉大すぎる」
「キング、ありがとう」
「サムライが救った」
「イェェェース」
「カガワ、来季移籍しないで」
「カガワがいなければ勝てなかった」

 チームに勝利をもたらした日本人アタッカーの働きをファンも称え、賛辞が増え続けている。怪我からの復帰戦で1ゴール、それも本拠地での決勝弾という最高の形で結果を残し、ファンに大きなインパクトを与えたようだ。

【ベシクタシュJK】香川真司part14 【黒い鷲】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1552234218/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(18) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長友佑都の1歳長男が可愛い過ぎると話題に!「U.S.A.」に合わせてダンス!120万再生突破

【サッカー】天使すぎる!長友が1歳長男の「U.S.A.」ダンス公開 再生回数115万越え
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1552223652/
長友夫妻トルコ.jpg

1: 豆次郎 ★ 2019/03/10(日) 22:14:12.26 ID:rHD1D2xC9.net

3/10(日) 21:16配信
 サッカー日本代表DF長友佑都(32=ガラタサライ)が昨年大ヒットした「DA PUMP」の「U.S.A.」に合わせて踊る1歳長男の動画を自身のツイッターにアップ。10日午後9時現在で再生回数が115万回を越え、8万以上の「いいね」がつくなど大きな話題を呼んでいる。


 長友は日本時間9日夜、ツイッターに長男の動画をアップして「息子の大好きな曲。機嫌が悪くてもこの曲を聴くと治る」とツイート。「DA PUMPさん偉大だ」と両手を合わせる絵文字を添えた。

 動画は42秒間。自宅リビングと見られる室内に置かれたテレビ画面の中で「DA PUMP」の7人が「U.S.A.」ダンスを披露し、ボーカルを務めるISSA(40)の歌声が響く中、今年2月に1歳の誕生日を迎えた“バンビーノ”が一生懸命にひざでリズムを取り手を振る可愛い姿が映し出されている。動画のラストには長友の妻であるタレント平愛梨(34)のものと思われる「パチパチパチパチ〜…終わっちゃった!」という声も。

 この天使すぎる姿にフォロワーも「かわいい」「ちゃんと踊ってる」と大興奮。「うちもそう!子育てに欠かせない!」という同じ子育て世代からの声や「体幹がしっかりしてますね」とパパ譲りの体幹をほめる声なども届いた。

 そして、「DA PUMP」のDAICHI(30)からも「とってもごきげんですね」とコメントが。これには長友も「お世話になってます」と再度手を合わせる絵文字を添えて感謝のメッセージを返していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190310-00000181-spnannex-socc





▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☔ | Comment(4) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、マンUとの大一番で2-0快勝し4位浮上!ジャカ先制ミドル、オバメヤンPK弾で上位対決を制す(関連まとめ)

アーセナルがCL出場権争いに一歩リード! ジャカのミドル弾などでマンU撃破
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190311-00916332-soccerk-socc
ジャカ2019第30節ゴール.jpg

プレミアリーグ第30節が11日に行われ、アーセナルとマンチェスター・Uが対戦。アーセナルはマンチェスター・Uに2−0で勝利を収めた。

 ホームのアーセナルは3バックを採用し、メスト・エジルが先発出場。前節はトッテナムと引き分け、勝ち点「57」で5位につけている。一方、負傷者が続出するマンチェスター・Uは19歳のディオゴ・ダロトを右ウィングに先発起用。前節はサウサンプトンに逆転勝利を収めており、勝ち点「58」で4位。両者の勝ち点差はわずか「1」で、チャンピオンズリーグ出場権獲得を目指すクラブ同士の対戦となった。

 試合は12分、アレクサンドル・ラカゼットが中央のグラニト・ジャカにボールを渡すと、ジャカがそのままミドルシュートを放つ。ブレ玉のシュートはGKダビド・デ・ヘアの逆を突いてゴール左に吸い込まれ、アーセナルが先制に成功した。

 追いつきたいマンチェスター・Uは19分、フレッジがPA外からゴール右に狙ってミドルシュートを打つが、ポストが阻む。38分、マンチェスター・UはFKを起点にショーが右サイドにクロスを供給。前線に上がっていたクリス・スモーリングはヘディングで合わせるが、ゴール右にそれる。

 45分にジャカとラッシュフォードが接触。両選手は一時的に試合から離脱したものの、選手交代には至らず、直後に両選手はピッチに戻った。

 後半に入ると50分、マンチェスター・Uに同点のチャンスが訪れる。相手DFの裏でルカクがボールをもらうとゴール前でシュート。しかし、GKベルント・レノのナイスセーブによりアーセナルはゴールを与えない。

 果敢に攻めるマンチェスター・Uは58分に左寄りの位置でFKを獲得。キッカーのラッシュフォードのシュートはゴール右にそれる。

 62分、セアド・コラシナツが左サイドをドリブルで突破すると、中央のエジルに渡す。エジルは右サイドに開いたピエール・エメリク・オーバメヤンにスルーパス。オーバメヤンはPA右からシュートを放つが、追加点とはならない。66分、ジャカのゴール右を狙ったミドルシュートは枠をとらえられない。

 69分にラカゼットがPA右で倒されたとして、アーセナルがPKを獲得。オーバメヤンは冷静に決めて2−0とした。

 その後、激しい攻防を繰り広げたが、スコアは動かずそのまま試合終了。アーセナルが2−0でマンチェスター・Uに勝利した。この結果、アーセナルは勝ち点「60」で4位に浮上。3位トッテナムとの勝ち点差を「1」に沈めた。一方、マンチェスター・Uは5位となり、オーレ・グンナー・スールシャール体制でリーグ戦初黒星となった。

 次節、アーセナルは4月2日にニューカッスルとホームで、マンチェスター・Uは31日にホームでワトフォードと対戦する。

【スコア】
アーセナル 2−0 マンチェスター・U

【得点者】
1−0 12分 グラニト・ジャカ(アーセナル)
2−0 69分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(アーセナル)

【スターティングメンバー】
アーセナル(3−4−1−2)
レノ;ソクラティス、コシェルニー、モンレアル;ナイルズ、ラムジー、ジャカ、コラシナツ;エジル(76分 イウォビ);ラカゼット(86分 ヌケティア)、オーバメヤン(80分 D・スアレス)

マンチェスター・U(4−3−3)
デ・ヘア;ヤング、スモーリング、リンデロフ、ショー;ポグバ、マティッチ(80分 グリーンウッド)、フレッジ;ダロト(70分 マルシャル)、ルカク、ラッシュフォード

† Red Devils Manchester United 1350 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1552240368/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:00 | 大阪 ☔ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【救世主・香川】香川真司、チームを救う絶妙決勝ゴール!ベシクタシュはシーソーゲームを3-2勝利(関連まとめ)

【サッカー】香川真司、途中出場で決勝弾!ベシクタシュがシーソーゲームを制す/シュペルリグ第25節
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1552240843/
香川2019第25節ゴール雄たけび.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/03/11(月) 03:00:43.01 ID:BAHnwECa9.net

途中出場の香川真司が決勝弾!ベシクタシュがシーソーゲームを制す/シュペルリグ第25節

現地時間10日、トルコ・シュペルリグ第25節が行われ、香川真司の所属するベシクタシュはホームにコンヤスポルを迎えた。

前節、フェネルバフチェとのダービーでアシストを記録しながらも、守備面での物足りなさを指揮官より指摘された香川はベンチスタート。エースのブラク・ユルマズ、リカルド・クアレスマらが先発した。

立ち上がりから地力で上回るベシクタシュがペースを握り、14分には中盤でボールを奪うと、ユルマズからのスルーパスに抜け出したアデム・リャイッチがGKを嘲笑うかのようなチップキックで華麗に先制点を奪う。

あっさりリードを奪ったベシクタシュだが、3-0から追いつかれた前節のように、失点が多いのもベシクタシュの特徴の一つ。19分、ユルマズが中盤でボールを奪われ、デニ・ミロセヴィッチのスルーパスに抜け出したオメル・アリ・シャヒネルがシュート。コースは甘かったがGKロリス・カリウスは防ぎきれず、コンヤスポルが同点に追いつく。

33分、ゴール正面、約20メートルからのFK。ユルマズのキックは壁の上ギリギリを抜けてゴール右へと決まり、ベシクタシュが勝ち越しに成功する。

2-1のまま迎えた後半、58分にベシクタシュがリードを広げる絶好機を得る。高い位置でインターセプトしたアドリアーノがそのままゴール前へ突進。ユルマズが中で待っている状況の中、シュートを選択するが、これはGKにセーブされてしまう。

迎えた75分、リャイッチに代わって香川がピッチに登場する。試合を決める3点目が欲しいベシクタシュだが、香川の交代直後、ロングパスに抜け出したモリケ・フォファナが鮮やかなループシュートを沈め、再び試合を振り出しに戻した。

勝ち越したいベシクタシュはここから猛攻を仕掛けるが、77分にエリア内に侵入した香川のシュートはブロックしたDFに当たってコースが変わり、GKがかろうじてCKへと逃れる。82分には、左サイドを抜けた香川がファーサイドでフリーとなっていたクアレスマへとクロスを送るが、決定的なボレーは枠に飛ばない。

香川はその後も頻繁にゴール前に顔を出し、フィニッシュに絡む仕事をしようとするが、コンヤスポルも人数をかけて守る。このままドローかと思われた終了間際、高い位置でボールを奪うと、エリア内左にドリブルで侵入した香川が左足でシュート。これが逆サイドネットへと決まり、香川が劇的な勝ち越しゴールを奪う。結果、これが決勝ゴールとなり、香川のゴールでベシクタシュが勝ち点3を手にした。

■試合結果
ベシクタシュ 3-2 コンヤスポル

■得点者
ベシクタシュ:リャイッチ(14分)、ユルマズ(33分)、香川(90+3分)
コンヤスポル:シャヒネル(19分)、フォファナ(75分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190311-00010005-goal-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 03:27 | 大阪 ☔ | Comment(30) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング