アンテナ・まとめ RSS

2019年04月04日

歴代最高のFKキッカーは?3位ジュニーニョ、2位ベッカム、栄えある1位に輝いたのは? 英メディアが読者投票で選出

【サッカー】<史上最高のFKキッカーは誰?>英メディアが読者投票実施!ジュニーニョが23%、ベッカムが26%、42%を獲得した1位は
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1554381976/
ベストFKキッカー英メディア.jpg
1: Egg ★ 2019/04/04(木) 21:46:16.48 ID:JB8xJ0ZV9.net

ベッカム、ジュニーニョ・ペルナンブカーノら名だたる名手を抑え、メッシが1位を獲得
 
史上最高のFKキッカーは誰か――。サッカー界における永遠のテーマの一つだろう。
今回、英スポーツメディア「スポーツ・バイブル」が公式ツイッター上で投票を募った結果、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが42%の票を集めて1位に輝いた。

「スポーツ・バイブル」は、名FKキッカーとして元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム、元ブラジル代表MFジュニーニョ・ペルナンブカーノ、元ブラジル代表MFロナウジーニョ、
そしてメッシの4人をリストアップ。公式ツイッター上で「歴代最高のFKキッカーは誰?」と問いかけた。

投票結果はロナウジーニョが9%、ジュニーニョが23%、ベッカムが26%、そしてメッシが他を大きく突き放す42%で栄えある1位に輝いた。

メッシは現地時間2日、リーガ・エスパニョーラ第30節ビジャレアル戦(4-4)で3試合連続FK弾をマークしたが、記事によれば、これがキャリア通算47点目となる直接FKでのゴール。
3月30日の第29節エスパニョール戦(2-0)では、壁を越えるループ気味の“パネンカFK弾”も決めている。

記事では、軸足の角度が「50度」になっていることや、米スポーツ専門局「ESPN」で「正直、壁の上を越えてボールを蹴るのが好きだけど、
時々GKがボールの行き先が分からなくなるように織り交ぜるのが好きなんだ。GKに疑念を抱かせたい」と話したコメントを紹介している。

ドリブルからのゴールだけでなく、FKでも進化を続けているメッシは、今後もゴールを量産していきそうだ。

4/4(木) 19:20配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190404-00180785-soccermzw-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 ☀ | Comment(24) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハノーファー、浅野拓磨を買い取り拒否の構え…今季の公式戦出場は今後見送りへ(関連まとめ)

浅野拓磨、ハノーファーへのレンタルは実質終了か…買い取り義務回避の構え
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190404-00010023-goal-socc
浅野ハノーファー拍手.jpg

アーセナルはご立腹とも…
日本代表FW浅野拓磨は、ハノーファーで今シーズンの公式戦でプレーすることはないかもしれない。ドイツ誌『キッカー』が伝えた。

2017−18シーズンいっぱいでアーセナルからシュトゥットガルトへのレンタルが終了した浅野は、昨夏に1年の期限付きでハノーファーに加入。新天地ではDFBポカール1回戦の3部カールスルーエ戦で1ゴール1アシストを記録するも、以降残留争いにもがくハノーファーで、筋肉系の負傷にも苦しめられ、結果を残せていない状況が続いている。

そして、先月31日に行われた前節シャルケ戦(0-1)での途中出場が浅野にとってのハノーファーでの最後の試合となる可能性が浮上。『キッカー』の報道によると、次の出場でクラブ間の移籍契約に盛り込まれている買い取り義務条項の条件が満たされるため、ハノーファーは同選手のさらなる起用を見送る決断を下したという。

また同誌曰く、その条件は出場分数、ゴールやアシスト数によって満たされ、買い取り価格は350万ユーロ(約4億4000万円)に上るとのこと。すでにハノーファー側はアーセナルに浅野を今後起用しない決断を表明し、アーセナルの不満を買ったとも伝えられている。

この報道が事実であれば、浅野のハノーファーへのレンタルが実質終了したことになる。同選手と2020年までの契約を結んでいるアーセナルだが、契約を延長しなければ、契約最終年に入る選手をレンタルに送り出すことは規定上許されないことから、今後の動向が気になるところだ。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11727
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1554323223/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:20 | 大阪 ☀ | Comment(36) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【独杯】10人のバイエルン、2部に熱戦の末に5-4勝利!大迫ベンチ入りのブレーメンや酒井高徳ら所属HSVもポカール4強入り(関連まとめ)

バイエルンが2部クラブに大苦戦もポカール4強入り…大迫ベンチ入りのブレーメンも準決勝へ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190404-00010004-goal-socc
バイエルン2019独杯準決勝.jpg

DFBポカール準々決勝が3日に行われ、4強が出揃った。

昨季ファイナリストのバイエルン・ミュンヘンはブンデスリーガ2部のハイデンハイムと対戦。格下との対戦で、12分にレオン・ゴレツカのゴールで先制するも、直後にアクシデントが襲う。チアゴ・アルカンタラのパスミスをリカバーしようとしたニクラスジ・ジューレがスライディングで一発退場となってしまう。

すると、ハイデンハイムが反撃に転じ、前半のうちに2点を叩き込み、逆転に成功する。それでも後半に入ると、バイエルンが地力を発揮。前に出てきたハイデンハイムのスキを突いてカウンターからロベルト・レヴァンドフスキのゴールなどで、4-2に。しかし諦めないハイデンハイムは再び2点を3分間で挙げ、試合は振り出しに戻る。

終盤、PKを手にしたバイエルンは、レヴァンドフスキが確実に沈め、再度勝ち越し。このゴールを守りきって5-4と打ち合いを制した。

一方、ブレーメンはシャルケと対戦。アジアカップ以降、離脱が続いていた大迫勇也はついにベンチへと戻ってきた。試合は後半にミロ・ラシツァのスーパーゴールでブレーメンが先制。さらに72分には、デイヴィ・クラーセンが左サイドからルドウィグ・アウグスティンソンのロブパスを右足アウトのダイレクトで巧みに流し込み、リードを2点に広げる。そのまま2-0で終了し、ブレーメンが準決勝進出を決めた。大迫に出場機会は訪れていない。

前日にはハンブルガーSV(HSV)、RBライプツィヒが勝ち抜けとなり、準決勝進出4チームが決定。日本人が所属するHSV、ブレーメンもいるだけに、準決勝の組み合わせも大いに気になるところだ

FC BAYERN (XXXXX) MUNCHEN EV 275
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1553749985/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:18 | 大阪 ☀ | Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鎌田大地のアシストを木下康介が同点ゴール!シントトロイデンは2-1逆転勝利!

【サッカー】<鎌田大地のアシストから木下康介が同点弾!> その後追加点のシント・トロイデンは2-1の逆転勝利
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1554335350/
木下鎌田ゴール.jpg

1: Egg ★ 2019/04/04(木) 08:49:10.56 ID:Pp1oKJgP9.net

 現地時間3日にジュピラープロリーグ・プレーオフの試合が行われ、シント=トロイデンはベールスホットと対戦。

 シント=トロイデンに所属する鎌田大地、冨安健洋、遠藤航、木下康介の4人の日本人選手が先発出場を果たした。試合開始して10分に失点するも、29分に鎌田からパスを受けた木下がゴールを決めて同点に。

 58分にはペナルティーエリア内でベールスホットのプリチネンコがハンドしPKを獲得。このPKをジョルダン・ボタカが決めてシント=トロイデンに追加点が入った。そのままリードを守り切ったシント=トロイデンが2-1の逆転勝利をおさめている。

4/4(木) 8:29 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190404-00316407-footballc-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:07 | 大阪 ☀ | Comment(11) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カタールやUAEが推し進める「国家主導型選手養成機関」の実態 大金で身体能力秀でた外国人の子供を買い取る手法

【サッカー】<サッカー界を激変させる中東>「国家主導型選手養成機関」の実態!大金エサに身体能力に秀でた子供を”買い取る”手法
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1554337266/
カタール代表2019アジア杯.jpg
1: Egg ★ 2019/04/04(木) 09:21:06.87 ID:Pp1oKJgP9.net

◼?「買い取り」を問題視する声も

 アカデミアに所属する別の関係者の発言も興味深い。

 「明らかなことは、アスパイアに投資する国家や一部の王族はこのアカデミアをビジネスとして捉えていることだろう。年間50億円という莫大な費用も、年間に1人、ないしは2人の優秀な選手を育て上げれば、その選手の移籍金で充分にペイできるという考え方を持っている。

 慈善事業ではなく、ビジネスとして展開するための詳細なプランがあるんだ。ゆくゆくはカタールの選手がワールドカップに出場し、そこで価値を高めた選手達を、高値で他国リーグに売却する。そんなビジネスを10年以上の長いスパンで考えているんだよ。

 このビジネスモデルを確立するためには、まずはワールドカップなどの国際大会で成果を残さなければならない。だから、いまは将来への先行投資の段階だね」

 ここでひとつ、アスパイア・アカデミーの「問題点」を挙げておかなければならない。アスパイア・アカデミーはコーチだけでなく、世界中から「サッカー選手の卵」を呼び集めている。

 前述の「施設」に入るのは、カタール人だけではなく、ガーナ、セネガル、エジプト、スーダン、イラクなど、世界各国、特にアフリカから集められた若者たち。いまのカタール代表でも純粋なカタール人はかなり限定される。

 アジアカップのメンバーも23人中、実に14名が海外にルーツを持つ選手が占めていた。アスパイア関係者によればこれがアンダー世代になると、より顕著になっているというのだ。つまり、有望な選手を10代のうちに移民として家族ごとカタールに呼び、5年間生活させたのちに、自国のサッカー選手として帰化させているのだ。

 こういった「帰化問題」は、アジア大会中にカタールと犬猿の仲であるUAEサッカー協会がAFC(アジアサッカー連盟)に抗議文を提出したことでも物議をかもした。

 その内容は、カタール代表の主力であるスーダン出身のFWアルモエズ・アリ(22)、イラク出身のDFバサム・アルラウィ(21)の2選手の代表資格がFIFAの規定における帰化選手の要件を満たしていないというものであった。結果的にAFCはこの訴えを却下したが、欧米メディアはこぞってこの問題を報道した。

 米ニューヨーク・タイムズ紙にいたっては、優勝を報じた記事の中で「UAEがカタールチームのスーダン出身ストライカーのアリを含む2人の選手に代表資格がないとする申し立てを行ったことが、この試合の盛り上がりに影を投げかけていた」と辛辣な論調で展開している。

 先出のアスパイア関係者が続ける。

 「ガーナやアフリカ系の選手を中心に、マネーの力でカタールに連れてきて『自国の選手』にするという手法は、サッカー界でも賛否が分かれている。アジアカップの時にはUAEが抗議をしたけれど、実は国内でもこの手法の是非については頻繁に報道されているんだ。

 特に大金をエサに、身体能力に秀でた子供たちを”買い取る”手法は、FIFAからも問題視されている。最近では警察も、そういった活動を取り締まる動きが出てきているくらいだよ。成功の影で、大きな問題に直面しているのも事実

4/4(木) 9:00配信 現代ビジネス
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190404-00063827-gendaibiz-socc&p=1



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(14) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

墜落事故死のサラ選手の移籍金問題、平行線に…カーディフが直接協議提案もナントは返答せず

【サッカー】<亡くなったサラの移籍金問題は平行線>カーディフが直接協議提案もナント返答せず
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1554336160/
サラ選手ナント献花.jpg

1: Egg ★ 2019/04/04(木) 09:02:40.37 ID:Pp1oKJgP9.net

飛行機墜落で亡くなったFWエミリアーノ・サラの移籍金について、カーディフ・シティがナントとの直接協議を求めているようだ。3日に英メディア『BBC』が報じている。

 サラは1月の移籍市場でナントからカーディフへ完全移籍することが決定。しかし、同選手を乗せて英国へ向かった小型機が消息を絶った。その後、英仏海峡海底から引き上げられた機体の中にあった遺体がサラのものであることが確認されている。

 結果的にサラのカーディフ加入は実現しなかったが、ナント側は当初の合意どおりに移籍金を支払うことを要求。しかし、カーディフ側は未だにクラブ史上最高額の移籍金1700万ユーロ(約21億4000万円)を支払うことに応じていない。

 分割払いの第1回目となる600万ユーロ(約7億6000万円)の支払いは2月20日が期限とされていたが、両クラブの合意により1週間延長。だが1週間が経過した2月27日になってもカーディフは支払いを実行しなかった。そのため、ナントは国際サッカー連盟(FIFA)に訴えを起こしている。

 ナント側の言い分としては、必要な全ての事務処理は完了しており、移籍金は発生するというもの。それに対し、カーディフ側はサラの移籍金について「法的拘束力がない」とし支払いを拒否した。移籍が成立するには、ウェールズサッカー協会とフランス・プロサッカーリーグ機構、プレミアリーグの登録。さらに国際移籍証明書が必要になると主張。そのため、その根拠を示す証拠の提出をFIFAに求められることになった。

 同メディアによると、当初の期限は現地時間3日までだったが、現地時間15日まで返答期限が延長されたという。それに加え、FIFAの要請に沿って、直接協議することをカーディフ側が提案。だが、ナント側からの返答はまだないという。亡くなったサラの移籍金問題、平行線をたどったままだが、果たして両者納得いく形で終えることは出来るのだろうか。

4/4(木) 7:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190404-00316367-footballc-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル、バレンシアに敗れジダン監督復帰後で初の敗戦…今季リーグ10敗目(関連まとめ)

【サッカー】レアル、ジダン監督就任後初黒星。バレンシアに敗れリーグ戦10敗目
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1554327961/
ベンゼマ2019第30節.jpg
1: 豆次郎 ★ 2019/04/04(木) 06:46:01.76 ID:hMEmlV3k9.net

4/4(木) 6:26配信
レアル、ジダン監督就任後初黒星。バレンシアに敗れリーグ戦10敗目

【バレンシア 2-1 レアル・マドリー リーガエスパニョーラ第30節】

 現地時間3日、リーガエスパニョーラ第30節が行われ、レアル・マドリーはバレンシアと対戦した。試合はアウェイのマドリーが1-2で敗れた。

 両チームともチャンスが作れないまま迎えた35分、バレンシアはゲデスがソレールのパスをペナルティーエリア内で受けワントラップからシュートを打つとボールはゴール左下に決まりバレンシアが先制する。

 マドリーはボールを支配はするも攻撃のアイデアに欠けチャンスを作る事が出来ない。逆に53分にはカウンターからピンチを迎えるなど苦しい展開となる。得点の欲しいレアルは64分にイスコとベイルを投入するも流れを変える事は出来ない。逆に83分、セットプレーからバレンシアのガライにヘディングシュートを決められ勝負あり。

 93分にベンゼマがゴールを奪うもマドリーは1-2で敗戦、ジネディーヌ・ジダン監督就任後、リーグ戦3連勝とはならなかった。

【得点者】
35分 1-0 ゲデス(バレンシア)
83分 2-0 ガライ(バレンシア)
90+3分 1-2 ベンゼマ(レアル・マドリー)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190404-00316372-footballc-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190404-00316372-footballc-000-2-view.jpg




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【デブライネ復活】マンC、デブライネ先制ゴラッソ弾とサネ絶妙ゴールでカーディフに2-0快勝!8連勝し首位に再浮上

シティが8連勝で再び首位へ…デ・ブルイネ&サネ弾で完勝
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190404-43465521-gekisaka-socc

デブライネ2019第33節ゴール.jpg


[4.3 プレミアリーグ第33節 マンチェスター・シティ2-0カーディフ]

 マンチェスター・シティは3日、プレミアリーグ第33節で本拠地エティハド・スタジアムにカーディフを迎え、2-0で快勝。8連勝で再び首位に浮上した。

 6日にFA杯準決勝を控えているシティ。3月30日の第32節フルハム戦から7人を入れ替え、MFリロイ・サネやMFリヤド・マフレズ、FWガブリエル・ジェズス、MFフィル・フォーデンらを起用し、FWラヒーム・スターリングやMFダビド・シルバらはベンチスタートとなった。

 試合は開始早々に動いた。前半6分、敵陣中央の左サイドからDFアイメリック・ラポルトが前線へスルーパス。これに反応したMFケビン・デ・ブルイネがPA左の角度のないところから左足シュートをねじ込み、シティが幸先よく先制した。

 攻撃の手を緩めないシティは前半44分、ショートコーナーから右サイドのマフレズがクロスを上げ、PA左でフリーだったジェズスが胸で後方に落とし、サネが左足を一閃。これがゴール右に吸い込まれ、2-0とリードを広げた。

 後半は得点こそなかったものの、プレミアリーグ公式サイトによると、シティのポゼッション率は78.6%。シュートはカーディフの4本(枠内1本)に対し、27本(枠内11本)も放ち、勝ち点を『80』に伸ばして再び首位に立った。

BLUEMOON マンチェスターシティ 318cityzens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1553863644/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南野拓実、1ゴール2アシスト!ザルツブルクは3部クラブに6-0大勝しオーストリア杯決勝進出!(関連まとめ)

【サッカー】またもや南野がゴール!! 巧みなアシストも記録して6発大勝に貢献
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1554320599/
南野2019オーストリア杯準決勝.jpg
1: 豆次郎 ★ 2019/04/04(木) 04:43:19.60 ID:hMEmlV3k9.net

4/4(木) 2:53配信
またもや南野がゴール!! 巧みなアシストも記録して6発大勝に貢献

[4.3 オーストリアカップ準決勝 グラーツァー0-6ザルツブルク]

 オーストリアカップの準決勝が3日に行われ、FW南野拓実が所属するザルツブルクがグラーツァーに6-0の勝利を収めて決勝進出を決めた。先発出場を果たした南野は前半45分にチーム4点目を奪っている。

 前半6分にFWモアネス・ダブールの得点で先制したザルツブルクは、同13分にMFハネス・ボルフのパスを受けた南野が巧みにヒールでリターンパス。走り込んだボルフがPA内に侵入してネットを揺らし2点目。その後も攻撃の手を緩めずに同26分には右サイドから送られたクロスをダブールがヘディングで叩き込み、リードを3点差に広げた。

 さらに前半45分にはPA左からダブールが送ったクロスを、ファーサイドでフリーで待ち構える南野がヘディングで決めて4点目を奪取。3月31日のリーグ戦第23節で得点していた南野は公式戦2試合連続ゴールとなった。

 4-0と前半だけでザルツブルクが大量リードを奪うと、後半21分にボルフが自身2点目を冷静に流し込んで5点目。さらに同アディショナルタイムにはFWパトソン・ダカがゴールを陥れて6-0の勝利を収め、6季連続の決勝進出を果たした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190404-43465510-gekisaka-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190404-43465510-gekisaka-000-3-view.jpg




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:43 | 大阪 ☀ | Comment(2) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンUエレーラ、契約延長交渉が破談に…PSG移籍で事前合意か?(関連まとめ)

元スペイン代表MF、マンUとの契約延長交渉が破談 週給3000万円でPSGと事前合意か
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190403-00180375-soccermzw-socc

エレーラ2019manu.jpg

中盤の核エレーラが移籍金なしで流出か クラブが抱える主要選手の賃上げ要求問題
 マンチェスター・ユナイテッドの元スペイン代表MFアンデル・エレーラは、今季限りで契約満了となる。延長交渉を行っていたが、クラブと条件が折り合わずに破談。パリ・サンジェルマン(PSG)と来季加入に向けた事前契約に合意したと、英紙「デイリー・レコード」が伝えている。

 2014年にアスレティック・ビルバオから加入したエレーラは、現地時間4月1日時点で26試合に出場して3得点3アシストを記録。今季はオレ・グンナー・スールシャール監督就任以降、中盤の核として活躍している。指揮官は「彼のエネルギーと粘り強さは、我々にとって極めて重要」とエレーラを評価しており、慰留が暫定から正式に就任した監督の初仕事になると言われていた。

 英紙「テレグラフ」によると、ユナイテッドは現在の週給8万ポンド(約1200万円)を大幅に上回る額で3年契約のオファーを提示しているが、エレーラは週給20万ポンド(約3000万円)を要求していると言われ、両者には大きな隔たりがある。

 また、チリ代表FWアレクシス・サンチェスに週給50万ポンド(約7300万円)を支払うユナイテッドは、現在の倍近い金額(35万ポンド=約5100万円)を要求しているスペイン代表GKダビド・デ・ヘアを筆頭に、フランス代表MFポール・ポグバやベルギー代表FWロメル・ルカクなどからも賃上げ要求を受けている。「デイリー・レコード」紙も同様の状況を伝えたうえで、エレーラはユナイテッドの申し出を拒否し、契約満了後の2019年7月にPSGへ入団するという事前契約に合意したと伝えている。

 PSGはフランス代表MFアドリアン・ラビオの慰留に失敗し、今夏に移籍金なしでの流出が確定的となっている。そこでアヤックスのオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングの獲得を狙っていたが、バルセロナと合意されたため、来季に向けた補強の最優先として、中盤の選手を狙っていた。

 契約交渉が難航していると伝えているメディアが多く、現段階では確定とは言い難い。しかしながら、現在のユナイテッドは昇給要求を訴える選手との契約が難航しているのは事実で、高騰する給与に歯止めをかけるため、クラブにとってプライオリティーの低い選手とは再契約をしない可能性が十分にあり得るだろう。

† Red Devils Manchester United 1353 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1553960239/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング