アンテナ・まとめ RSS

2019年04月05日

マリノス、マルコス・ジュニオール2G1Aの大活躍で浦和に3-0完勝!暫定3位に浮上 J1第6節金曜開催2(関連まとめ)

【サッカー】J1第6節金曜開催2 浦和×横浜FM 結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1554467328/
マルコス・ジュニオール2019第6節ドリブル.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/04/05(金) 21:28:48.70 ID:tUdH5bwk9.net

浦和 0−3 横浜FM
[得点者]
07'マルコス ジュニオール(横浜FM)
61'マルコス ジュニオール(横浜FM)
70'広瀬 陸斗      (横浜FM)

スタジアム:埼玉スタジアム2002
入場者数:32,555人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/040503/live/#live


J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/


52: 久太郎 ★ 2019/04/05(金) 21:33:13.01 ID:tUdH5bwk9.net

>>1
横浜FM、浦和に快勝で公式戦6試合ぶり白星。M・ジュニオールが2G1Aの活躍

【浦和レッズ 0-3 横浜F・マリノス J1第6節】

 明治安田生命J1リーグ第6節の試合が5日に行われ、浦和レッズと横浜F・マリノスが対戦した。

 ルヴァン杯も含めて公式戦3試合連続の無得点に終わり、5試合白星から遠ざかっていた横浜FM。だがこの試合では開始7分で4試合ぶりのゴールを奪う。右サイドからのクロスがDFの足に当たってゴール前にこぼれたボールを、ファーポストから飛び込んだマルコス・ジュニオールが押し込んだ。

 25分にはCKに合わせたマウリシオのヘディングがクロスバーを直撃するなど、浦和にもチャンスはあったが同点ならず。横浜FMも決定的な追加点をGK西川周作の好守に阻まれ、前半は1点のリードで折り返す。

 61分には横浜FMに追加点。波状攻撃からペナルティーエリア手前で奪ったボールをM・ジュニオールが拾うと、回転をかけた絶妙な左足シュートをゴール左隅へ送り込んだ。

 さらに70分、右サイドでボールを持ったM・ジュニオールは相手のマークを引きつけ、左サイドへ大きく空いたスペースへと横パス。そこに走り込んだ広瀬陸斗が冷静に3点目を流し込んだ。浦和ユース出身の広瀬は古巣相手にJ1初ゴールを挙げることになった。 

 そのまま3-0でタイムアップを迎え、横浜FMは公式戦6試合ぶりの白星。浦和は逆に6試合ぶりの黒星を喫している。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190405-00316612-footballc-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:31 | 大阪 | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【戦術レオシルバ】鹿島、レオシルバ5人抜きスーパーゴールで名古屋に2-1逆転勝利!川崎とC大阪は1-1ドロー J1第6節金曜開催(関連まとめ)

【サッカー】J1第6節金曜開催 鹿島×名古屋、川崎×C大阪 結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1554465512/
レオシルバ2019第6節ドリブル.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/04/05(金) 20:58:32.37 ID:tUdH5bwk9.net

鹿島 2−1 名古屋
[得点者]
47'ガブリエル シャビエル(名古屋)
72'土居 聖真      (鹿島)
81'レオ シルバ     (鹿島)
スタジアム:県立カシマサッカースタジアム
入場者数:14,163人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/040501/livetxt/#live



川崎 1−1 C大阪
[得点者]
22'柿谷 曜一朗(C大阪)
49'知念 慶  (川崎)

スタジアム:等々力陸上競技場
入場者数:21,494人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/040502/live/#live



J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/


5: 久太郎 ★ 2019/04/05(金) 20:59:32.32 ID:tUdH5bwk9.net

>>1
レオ・シルバが“5人抜き”決勝弾!! 内田欠場の鹿島、首位名古屋を逆転撃破

[4.5 J1第6節 鹿島2-1名古屋 カシマ]

 J1リーグは5日、第6節を各地で行い、鹿島アントラーズが名古屋グランパスに2-1で勝利した。MFレオ・シルバの“5人抜き”ゴールが決勝点となり、これで公式戦7戦負けなし。今季好調を保ってきた首位の名古屋は、過去4勝1分20敗の鬼門カシマでまたしても敗れた。

 金曜ナイトゲームの茨城県立カシマサッカースタジアムに14,163人の観衆が集まったビッグマッチ。ホームの鹿島は前節磐田戦(△1-1)から先発1人を入れ替え、前節途中交代のDF内田篤人に代わってDF平戸太貴を起用。対する名古屋は前節の札幌戦(○4-0)と同じスターティングイレブンで臨んだ。

 名古屋は前半1分、左サイドで前を向いたMF和泉竜司が平戸とMF永木亮太を立て続けに抜き去り、角度のないところからファーストシュート。開始早々のビッグチャンスだったが大きく枠を外れた。その後も名古屋が小気味よいパス回しでボールを支配し、鹿島の陣形を一方的に押し込んだ。

 鹿島は前半10分、MFレオ・シルバのロングフィードからMFレアンドロが右サイドを駆け上がるもシュートまで至らず。名古屋は同14分、MF米本拓司の縦パスにDF吉田豊が左サイドを抜け出し、マイナス方向へのパスからMFジョアン・シミッチが強烈なシュートを放ったが、惜しくもゴール右に外れた。

 名古屋は前半30分ごろからビッグチャンスを連発。しかし、カウンターの応酬からMFガブリエル・シャビエルが右サイドを突破し、クロスに反応したMF長谷川アーリアジャスールのシュートは枠を外れると、波状攻撃から得たシャビエルの右CKに合わせたシミッチのヘッドもミートせず、前半はスコアレスで終えた。

 それでも後半2分、名古屋がさっそくスコアを動かした。自陣でボールをさばいたDF中谷進之介が果敢な攻め上がりから長谷川とのワンツーで右サイドを抜け出し、折り返しを受けたのはシャビエル。利き足とは反対の左で強烈なシュートを放つと、ボールはGKクォン・スンテのキャッチミスを誘ってゴールマウスに吸い込まれた。

 鹿島は後半7分、右サイドを突破したレアンドロが角度のないところから強烈なシュートを狙うもGKランゲラックが横っ飛びでセーブ。同8分には平戸に代わってMF三竿健斗がボランチに入り、永木が右サイドバックに回った。名古屋は同11分、ゴール正面やや右からのFKをシャビエルが狙い、クロスバーを叩いた。

 攻勢に出たい鹿島は後半16分、レアンドロに代わってMF安部裕葵を投入。すると同28分、安部が鋭いカットインからゴール前に迫り、シュートを打つと見せかけて右サイドの永木に送ると、横パスに反応した土居がダイレクトシュート。素早く両サイドを使った美しい駆け引きで同点に追いついた。

 勢いを失った名古屋は後半31分、宮原と長谷川を下げて古巣対戦のFW赤崎秀平とMF相馬勇紀を一挙に投入する。ところが同36分、鹿島は中盤で前を向いたレオ・シルバがスルスルと5人を抜き去ってPA内からシュート。これがネットを揺らし、2試合連続ゴールで逆転に成功した。このまま試合終了。敗れた名古屋は勝ち点を積むことができず、首位陥落の可能性が高まった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190405-43465570-gekisaka-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:24 | 大阪 | Comment(10) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、6/5トリニダード・トバゴとの親善試合が決定!コパ・アメリカ前に対戦

【サッカー】森保ジャパン、コパ・アメリカ前強化試合の対戦相手が1カ国決定!FIFAランク93位のトリニダード・トバゴと
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1554454565/
日本代表2019アジア杯カタール戦前.jpg
1: 豆次郎 ★ 2019/04/05(金) 17:56:05.37 ID:A4L3FQLG9.net

4/5(金) 16:14配信
森保ジャパン、コパ・アメリカ前強化試合の対戦相手が1カ国決定!FIFAランク93位のトリニダード・トバゴと

JFA(日本サッカー協会)は5日、6月5日に開催されるキリンチャレンジカップ2019の対戦相手が決定したことを発表した。

今年の6月にコパ・アメリカへと参戦する日本代表。招待国として、20年ぶりに南米王者を決める大会へと出場するサムライブルーは、これまでコロンビアやボリビアと対戦し、準備を進めている。

そんな日本代表にとって、大会までの強化試合は残り2試合。そして5日、JFAは6月5日に豊田スタジアムで開催されるキリンチャレンジカップの対戦相手がトリニダード・トバゴに決定したことを発表した。現在FIFAランキング93位の同国とは、2006年に対戦し、2-0と勝利を収めている。なお、フジテレビ系列にて全国放送されることが決定している。

9日にひとめぼれスタジアム宮城で行われる大会前最後の強化試合の相手については、追って発表されることになるようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190405-00010013-goal-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190405-00010013-goal-000-4-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:24 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

家長昭博、サッカー人生を振り返る「今になって代表に選ばれたい」寡黙な男が明かす後悔と海外で変化した人生観

【サッカー】「日本代表を本気で目指せばよかった」寡黙な男、家長昭博が初めて明かした後悔と海外で変化した人生観
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1554452132/
家長インタビュー.jpg

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/05(金) 17:15:32.68 ID:RUkI36t29.net

2018年12月。Jリーグの年間表彰式「Jリーグアウォーズ」で、最も注目されたMVPに輝いたのは川崎フロンターレのMF家長昭博だった。

川崎に加入してから2年目にしてリーグ連覇に大きく貢献したことが評価されての初受賞。

「このような名誉ある賞を、6得点7アシストという平々凡々な記録でもらうのは心苦しいですけど、本当にありがとうございます」

控え目な受賞スピーチからは謙虚さがにじみ出ていた。それはピッチで見せる姿においても多少、似ているところがあるのかもしれない。プレースタイルは淡々としていて、あまり感情を表に出すタイプでもない。

ただ、現在32歳の家長がJリーグを代表する選手へと成長した背景には、数々の経験に裏打ちされた“何か”があるからではないか――。

去年からそれを聞いてみたいと思っていた。ただ、周辺から聞こえてくるのは、家長は“気難しい”、“本音を中々話さない”という声。

もちろん、元々口数が少ない選手なのだろう。だからこそ、彼の本心と素顔に迫りたいと思い、インタビューを申し出た。
話を聞くうち、そこには、これまでのイメージが180度覆るほど、人間味あふれる“家長昭博”の姿があった。

昨年のJリーグMVP、それも元日本代表選手というトップアスリートを前に、初対面でこんなことをいきなり聞くのは失礼だと思ったが、すでに口が先走っていた。

「家長選手は取材が嫌いだと聞いたのですが」

すると、家長は表情を変えず淡々とこう答える。

「別に好んで出たい感じはないんです。それに自分からはそういう風に言っていないんですよ。
『取材は好きか、嫌いか?』と聞かれたら、『あまり好きではないかもしれないです』と言うだけです。それにあまり目立ちたいとかもなくて」

そう言われると少し身構えてしまいそうだが、第一印象として私は決してそうは思わなかった。

むしろ、家長から感じる雰囲気や話し言葉で、周囲が半ば強引に“気難しい”と思ってしまっている部分が、多少なりともあるのではないか。

決して心を開かない選手ではなく、自分のことをより客観的にとらえ、物事を深く考えているプロサッカー選手だった。

https://news.yahoo.co.jp/byline/kimmyungwook/20190405-00120122/
4/5(金) 11:00


2: 名無しさん@恐縮です 2019/04/05(金) 17:15:57.23 ID:RUkI36t20.net

プロ14年で9つのクラブを経験

家長は幼少期から“天才”と呼ばれていた。学生時代からエリート。一方でプロになってからの人生は“苦労人”だ。プロ人生の14年で渡り歩いたクラブは9つにもなる。

それこそ誰もが経験できるものではないが、それだけ、多くの苦労を乗り越えてきたとも言える。

家長はガンバ大阪のジュニアユース、ユースを経て2004年にトップチームへと昇格。その後、08、09年に大分トリニータと10年にセレッソ大阪に期限付き移籍した。

さらに11年にはスペイン1部のマジョルカでプレーし、そこから出場機会を求めて、韓国の蔚山現代FCと古巣のガンバ大阪に期限付き移籍してプレーしている。13年にはマジョルカに復帰したが、その後は日本へ。

14年からは大宮アルディージャに完全移籍。そして17年から現在の川崎フロンターレに籍を置いた。

川崎は17年と18年にリーグ2連覇を達成。サッカーは団体競技であり、11人でやるスポーツ。誰か一人で勝利できるものでもない。ただ、32歳になる家長の成長ぶりには目を見張るものがあった。

元々、定評のあるテクニックは健在で、中盤で作り出す緩急のリズム、フィジカルの強さを生かした攻守への貢献度は高かった。“天才”と呼ばれた形容詞が、ようやくピタリと当てはまった、と言っては大げさだろうか。


4: 名無しさん@恐縮です 2019/04/05(金) 17:16:19.27 ID:RUkI36t20.net

川崎では攻守において高いパフォーマンスを発揮。今季も活躍に期待がかかる(写真:築田純アフロスポーツ)

ただ、今シーズン、開幕してリーグ5試合を消化し、1勝3分1敗と決して好調とは言えない。家長ももちろんそこは悩みの種だ。

「チームはやっぱり、まだうまく波に乗れてない部分はあると思います。新しいチームになって毎年、感じる難しさを今も感じながらやっています。でもリーグは長いので、みんなで前向きにチームを作っていければいいと思ってやっています」

今もなお模索し続けるチームと個人のスタイル。パズルのように自分をチームにフィットさせるために、努力し続けている最中でもある。

 ただ、家長にはこれまでも難しい状況を乗り越えてきた経験がある。そこには自信も見え隠れする。

「去年、僕個人としては何か突出したものを残せたシーズンではありませんでした。それは自分でも分かっています。チームが優勝できて、その中から『誰かにMVPを』ってなった時に、たまたま自分が選んでもらったっていうような感じはありました。 それに、今年は今年のチームなので、自分がどういう風に立ち回るべきか、自分の役割をいろんな部分で模索しながらやっています。 その辺もポジティブにやっていけたらいいなと。それにこれまで大なり小なり、いろんな経験はしてきました。それは僕の人生において生きてくると思います」

そう言って家長は、海外クラブ在籍時代を感慨深く振り返り始めた。

「海外に出て自分がちっぽけに見えた」

家長が海を渡り、プレーした海外クラブは2つ。スペインのマジョルカと韓国の蔚山現代FCだった。

「海外は文化が違うので、やっぱり考え方も違いますし、その土地に慣れていく、生きていくというのはとても大変です。 現地の言葉でコミュニケーションを図るのは難しいですし、サッカーのレベルも高い。競争もJリーグより激しい。すべてが厳しい世界の中で戦わなくちゃいけない。 毎日、自分との葛藤であり戦いでした。周りに誰も助けてくれる人がいない中で、人としての強さだったり、選手としても強くないと、海外で成功するのは難しいですよ」


6: 名無しさん@恐縮です 2019/04/05(金) 17:17:00.89 ID:RUkI36t20.net

家長は11年のスペイン1年目、マジョルカで14試合2得点、2年目は4試合出場に留まり得点はゼロ。 13年も7試合に出場してノーゴールで終わっている。さらにKリーグの蔚山現代FCでは12試合1得点という結果だ。

それでも蓄積してきた経験はすべてムダではなかった。

「海外に行くというのは、見えない景色が見られるってことだと思うんです。日本だけで生活しているのは分からないことがたくさんありましたし、やっぱり世界は広いんだって、そう単純に思います。 自分がよりちっぽけにも見えましたから。だからこそもっと頑張らないといけないなって、改めて思うようになりました。もちろん、サッカー選手としてシンプルに言えば、まだ自分がやったことないような環境でやりたかったっていうのもあります。違う文化にも触れたいし、異文化のサッカーにも触れたかったんです」

忘れられないナイジェリア選手の言葉

そのあと家長は、少し何かを考えていた。「言っていい話なのかな」と戸惑っていたが、マジョルカ時代の貴重なエピソードを一つ教えてくれた。

「マジョルカ時代に仲が良かった当時20歳のナイジェリア人の子がいたんです。彼は練習にいつもおしゃれをして来るので、ご飯を一緒に食べてる時に
『何で毎日、おしゃれにしてくるの?』って聞いたんです。そしたら彼が笑顔でこう言うんです。『自分は黒人だから、誰よりもきれいにして、きれいな服着て、いい匂いの香水をつけていないとダメなんだよ』と」

家長はその時、「ハッとした」という。

「それを聞いた時に、色々と考えさせられましたね……。彼らのルーツのこと、それに自分のアイデンティティーのことだったり。そういうのって、実際に話してみないと分からないなと実感した瞬間でした」

正直、家長の口から“アイデンティティー”という単語が出てくるとは思っていなかった。

「自分は日本人として、日本で育ちましたけど、一つの国に同じ民族だけが住んでいる国って、ほとんどないじゃないですか。そういう中で生きていくことの意味とか、どうにか自分で生き抜いていくっていう強さというか……。改めて人の強さについて、考えさせられたのを思い出します。やっぱり僕自身が想像だけで考えていることって、すごくちっちゃいと思うんです。この世界では色んな人が生きている。僕はサッカーの中だけですけど、いろんな人種のチームメイトがいて、みんなが自分のプライドとか、生きてきたバックボーンを抱えながらサッカーで成功しようと戦っている。そういう土壌は何なのか。だから僕がすごく勉強させられました」

日本では絶対に経験できないこの貴重な経験こそが、現在の家長を作っている。そう実感できるほどに彼の言葉は重みがあった。


8: 名無しさん@恐縮です 2019/04/05(金) 17:17:43.76 ID:RUkI36t20.net

「韓国選手の意識はチームメイトは家族」

一方で、韓国の蔚山現代でプレーした家長は、そこでも成長を感じられたのだという。 日本と韓国と言えば、どうしても政治の世界でギクシャクした関係のこじれからくるイメージが先行してしまいがちだ。

家長もまた「最初はどう受け入れられるのか」と心配はしていたという。だが、それも杞憂に終わる。

「僕も初めは韓国の方が、どういうふうに日本人のこと見てくれるのかっていうのは、多少は気にはしていたんです。 でもいざ、そこに入ってみるとみんなが優しくて、本当に自分のことをチームメイトとして大事にしてくれた。 韓国の選手はフィジカルが強く、相手に対してとても激しく当たったり、試合の中で熱くなりすぎる場面もよくありますよね?でも、あれって、チームメイトや家族を守ろうって意識がすごく強い人が多いからなんです。彼らにとって、チームメイトは家族と同じくらい大事な存在なんです」

現在、Jリーグのヴィッセル神戸に所属するGKキム・スンギュと家長は、蔚山で同僚だった時期がある。「彼にはソウル市内とか、よく色んなところに連れていってもらいました」と懐かしむ。

さらに大宮アルディージャでプレーしたことがあるDFイ・ホ(ムアントンユナイテッド)とも蔚山でチームメイトだった。

「彼なんて僕が韓国での試合でアウェーの遠征先のホテルにいたら、『アキ!ちょっと出掛けるぞ!』っていって連れ出してくれて。買い物で僕に色々なものを買ってくれて、ご飯も食べさせてくれました。すごく良くしてくれてかわいがってもらいましたし、楽しかった思い出が多いです」

家長は日本を出ることで、サッカー選手である自分と同時に、自分自身の生き方や考え方を見つめなおす機会になった。そして、生きていくための強さとは何なのかについても考えるようになった。

この時すでに私の中では、家長が“取材嫌い”だという先入観は完全に消え去っていた。


9: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/05(金) 17:18:40.03 ID:RUkI36t29.net

20代の自分に言いたい「時間を大切に」

ここからは家長の人生観の話だ。現在32歳。サッカー選手としてはもうベテランと言ってもいい。

ただ、今では若かりし頃と違って、年齢を重ねるごとに、落ち着きや余裕みたいなものが生まれているのではないか。それがプレーの幅を広げているのではないだろうかと思っていた。

「いや、本当に余裕なんてないんですよ。余裕がないから、やっぱり毎日の積み重ねが大事なんです。それに尽きるというか、自分が自信を持ってプレーできるように、毎日準備しています。1年後、半年後、自分がどこでどうなってるのかなんてほんとに分かりませんからね」

そこで家長に聞いてみたいことがあった。子供のころに想像していた自分になれているのかどうか――。

「正直、こんなに長くサッカー選手ができるとは思ってなかったです。逆に言うとこんな年齢までサッカーできるんだなというのもあります」

つまりは30代を超えてサッカー選手である自分が想像できなかったということだろう。

そこから10代、20代の自分に一言いうなら、どんな言葉をかけてあげたいかについても聞いてみた。

「10代はもっとサッカーも頑張って、もっと遊べって言います。本当にサッカーしかしてこなかったんで。10代にしかできない経験がいっぱいあるだろうなと今になって思います。20代の僕には『あっという間だぞ、だからお前は時間を大切にしろ!』って言いたいです(笑)」

20代はプロサッカー選手として、いろんなクラブで結果を残すために必死で駆け抜けてきた時期だ。紆余曲折を経ての今、家長が「あっという間」だったと思うのは至極当然のことかもしれない。

すると家長が逆質問してきた。「今年で33歳になるんですけれど、30代ってどうですか?早いですか?」と。

世間一般的には歳を取るのが年々、早いと感じる人が多いのは確かだろう。どの職業も関係なく、どんな人でも一概にそう言うのではないか、と家長に言った。

「この年齢でJリーグで優勝できるチームでできているのは、恵まれたこと。感謝しないといけない」(撮影:平野敬久)
「やっぱりそうですか」と言い、家長は「自分の人生をより充実させたい」と言い切った。


10: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/05(金) 17:18:58.87 ID:RUkI36t29.net

「今はサッカーができるっていう幸せがあります。この年齢でJリーグで優勝できるチームでできているのは、恵まれたことだと思います。
それにまず感謝しないといけない。それは充実している部分です。その半面、何か満たされてないのもあります」

日本代表へのモチベーションに後悔の念

満たされていない部分とは一体なんなのか。それがとても気になった。

「僕はサッカー選手なので、節目でいろんな岐路に立たされていくと思うんです。選択もしていかないといけない。そうなった時に自分の気持ちに正直に生きていければいいと思います。
それは10代、20代の時と変わりなく、30代も好奇心旺盛に、いろんなことに対して楽しみを持ちながら生きていきたいとは思っています」

淡々とした口調が少しずつ饒舌になり、会話が弾む。

家長は人生の岐路に立たされたとき、その選択や決断に対して、絶対に後悔だけはしないように突き進んできたのだろう。

選手引退後の人生について、特別に何かやりたいことがあったり、進みたい道を絞り込めているような言い方にも聞こえた。

話の最中、日本代表の話題も出た。家長は代表選手としては実績はなく「当時は代表に強い想いはなかった」と正直に答えていた。

「でも今、この年になって後悔はしています。代表をもっと目指して、モチベーションを持ち、代表に選ばれたい、活躍したいって思えなかった自分に後悔しています」と正直に吐露した。

「これからどのような選択をして生きていくべきかと、考えることが多くなった」と語る家長が描く未来には、何が待っているのだろうか。興味は尽きない(撮影:平野敬久)
 最後に聞いた。これから達成したいことについて。

「川崎の3連覇は課せられた使命みたいなところがあります。並行してほかの大会もあるので、できればすべてのタイトルを取る気持ちでやります。チームが優勝したときにしっかり貢献できた、力になれたと思えるようにがんばりたい」


12: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/05(金) 17:19:13.68 ID:RUkI36t29.net

「どういう生き方をしたいか」

さらにその先、何を見据えているのか。将来的に描いているものがあれば、教えてほしいと聞いた。

「これからどのような選択をして生きていくべきかと、考えることが多くなったかもしれません。チームを決める時もそうなんですけど、選択は本当に大きな決断です。歳を重ねてサッカーをずっと続けたいという感覚はあまりなくて、どういう生き方をしたいか、です」

そういえば、とおもむろに家長が切り出した。

「息子2人を川崎フロンターレのサッカースクールに入れてるんですけれど、最近、小学1年の下の息子が『引退します』っていきなり報告してきたんですよ。なかなか面白いな、こいつと思って(笑)。僕も家族を振り回してしまっているので、息子も好きにしたらいいと思います(笑)」

そう言って最後に笑顔を見せてくれた。昨年のJリーグMVP受賞は、ピッチ上で見えたプレーの結果だけではないのかもしれない。

奥深さのある言葉や思考から“人間・家長昭博”を見た気がした。



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(22) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、ボーンマスMFフレイザー獲得に興味!本人は「とても嬉しい」

25歳ボーンマスMF、アーセナルからの関心に“正直すぎる反応”
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190405-43465551-gekisaka-socc
ライアンフレイザー2019ボーンマス.jpg

ボーンマスに所属するスコットランド代表MFライアン・フレイザー(25)が、アーセナルからの関心に「とても嬉しい」と素直な反応を示した。英『スカイ・スポーツ』が報じている。

 母国リーグのアバディーンから2013年1月に加入したフレイザーは、2015-16シーズンにイプスウィッチに期限付き移籍したものの、ボーンマスに6シーズン半在籍。今シーズンはここまで公式戦36試合で7ゴール10アシストと自己最高のシーズンを送る。

 そんなフレイザーに対して、ウイングの強化を目指すアーセナルが獲得に関心を示している模様。この報道に小柄なスピードスターは「僕は嘘をつきたくない。とても嬉しいよ。僕のやっていることが正しいということだからね」と、正直な気持ちを口にした。

「彼らはビッグクラブだ。もし、身の周りで自分の名前が話題になったら、いつもボーンマスの選手としてベストを尽くそうと考えるんだ。自分がやっていることをやり続け、僕自身も楽しみ、チームのために試合に勝とうとしている」

 あくまで、ボーンマスでのプレーに集中しているフレイザーだが、「嘘をつくつもりはないよ。特にビッグクラブの場合は気分がいいね」と、アーセナルの関心に喜びを隠し切れなかった。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1350】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1554148720/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウルブス、メキシコ代表ラウール・ヒメネスをクラブレコード44億円で買い取り発表!ベンフィカからレンタル移籍し今季15得点7アシスト(関連まとめ)

7位躍進の昇格組ウルブス、“絶対的エース”をクラブレコードで買い取りへ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190405-43465553-gekisaka-socc
ラウールヒメネス完全移籍.jpg

 ウォルバーハンプトンは4日、メキシコ代表FWラウール・ヒメネス(27)の買い取りをオプションを行使したことを発表した。契約は2023年までの4年契約となる。

 昨夏ベンフィカから期限付き移籍で加入したヒメネスは、今季ここまで公式戦37試合で15ゴール7アシストを記録。チャンピオンシップ(2部相当)を優勝し、6年ぶりのプレミアリーグ復帰を果たしたチームの中で、プレミアリーグ7位躍進、FA杯準決勝進出に大きく貢献している。

 英『スカイ・スポーツ』によると、買い取り額はクラブレコードの3000万ポンド(約44億500万円)になるという。


【中下位専用】ENGLAND Premier League 22
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1551529491/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本田圭佑、「リトルホンダ」の定義に注文「面白おかしく言ってくる人がいる」

【サッカー】<本田圭佑>“リトルホンダ”の定義に注文!「おもしろおかしく言ってくる人がいる」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1554412750/
本田ペプシCM.jpg
1: Egg ★ 2019/04/05(金) 06:19:10.78 ID:YguYxAli9.net

 メルボルン・ビクトリーに所属するMF本田圭佑が、“リトルホンダ”の定義の改善を訴えた。

 本田は7日より順次オンエアされるペプシジャパンコーラの新CMに登場。CMでは14年のミラン入団会見時に発言した“リトルホンダ”を実写化。本田本人と心の声を発する“リトルホンダ”との掛け合いで、同商品をPRする。

 CM撮影を終えた本田は「“リトルホンダ”が登場してくるので、大丈夫かな?と思う部分もありましたが、意外に大丈夫でしたね。完成したCMを見ると、確かに笑える」と出来栄えに大満足の様子。

 ただし“リトルホンダ”の定義については、「直した方がいい」と注文をつけ、「おもしろおかしく言ってくる人が僕の周りにもたくさんいるのですが、みんな自分の心の中や頭の中にいる、いわゆるもう1人の本質的な素の自分だと思う。人間は本音で言わないし、見られたくないものを隠す。でも常に本当の自分は自分に対して嘘はつかないので。その一節を一回披露したばっかりに、おもしろおかしく言われるているんですけど」と本田節で改善を訴えた。

 また今季終了後についても言及。本田のメルボルンとの契約は今季で満了となる。「どこへ行くのかというのをまた予想して楽しんでもらえれば」と話すと、「誤解して欲しくないのは僕はまだヨーロッパ、世界のトップレベルでプレーできる実力はあるので。もう1回、ガンと行くのをちょっと作ろうかなと思っているところです」と意欲的に語った。

4/5(金) 4:00配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190405-43465545-gekisaka-socc



  

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 | Comment(9) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長谷部誠、独メディアでドイツ年間MVP候補の一人に!「チームにとって非常に重要な存在だ」

【サッカー】長谷部誠が日本人初の快挙へ?ドイツ年間MVP候補の一人と紹介「経験値だけではない」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1554427646/
長谷部誠2019振り向く.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/04/05(金) 10:27:26.37 ID:tUdH5bwk9.net

海外メディアが受賞候補の9人に長谷部を選出 「非常に重要な存在」
 元日本代表MF長谷部誠は今季もフランクフルトで不動の地位を築いているが、ブンデスリーガで活躍する選手と国外で活躍するドイツ人選手を対象としたドイツ年間最優秀選手賞の受賞候補9人に名を連ねている。サッカーメディア「90min」ドイツ版が報じた。

長谷部は今季負傷により出遅れたものの、復帰後はフランクフルトでの主戦場であるリベロで出場機会を重ねており、抜群の統率力を発揮して守備陣に安定感をもたらしている。チーム状態も上向き、ブンデスリーガでは第27節終了時点で来季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位に浮上。UEFAヨーロッパリーグ(EL)でもインテルの強力な攻撃陣を2試合とも完封し、ベスト8進出をつかみ取った。ドイツ勢では、CLを含めた欧州の舞台で唯一の生き残りとなっている。

 35歳にして全盛期を思わせるパフォーマンスを維持している長谷部だが、日本人初の快挙を達成する可能性が浮上している。ドイツでは例年、ブンデスリーガで活躍する選手と国外で活躍するドイツ人選手を対象とした年間最優秀選手賞が、ドイツスポーツジャーナリスト協会と独サッカー専門誌「キッカー」の投票によって選出される。サッカーメディア「90min」ドイツ版は、同賞の受賞候補9人を紹介しているが、そのなかに長谷部も選出されている。

「この日本人はキャリアの晩年を迎えているが、おそらく最高のシーズンを過ごしている。この35歳はフランクフルトの守備の中心を担っており、チームにとって非常に重要な存在だ。経験値だけではなく、『キッカー』でも平均点2.81を記録しており、フィールドプレーヤーとしては2番目に高い数値だ。ドルトムントの主将ロイスだけがそれを上回っている」

サンチョ、ロイス、レバンドフスキ、ザネ… 豪華な顔ぶれが候補者に並ぶ
 その他の候補者として名前が挙がっているのは、ブンデスリーガでは同じフランクフルトからセルビア代表FWルカ・ヨビッチ、フランス人FWセバスティアン・アレ、ブレーメンのドイツ代表FWマックス・クルーゼ、ドルトムントのイングランド代表MFジェイドン・サンチョ、ドイツ代表MFマルコ・ロイス、バイエルン・ミュンヘンのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキが選ばれている。

 国外のドイツ人選手としては、バルセロナのドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲン、マンチェスター・シティのMFレロイ・ザネが選出されている。いずれも世界トップクラスの実力を誇る選手が名を連ねているが、今季の長谷部はそれに比肩するだけの活躍を見せていると現地メディアでも認められているようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190404-00180729-soccermzw-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 | Comment(10) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なでしこJ、女子W杯開催国フランスに1-3敗戦 小林同点ゴールで一時追い付くも3失点許し黒星 欧州遠征

【サッカー】<なでしこジャパン>FIFフランス(FIFAランキング4位)に3失点!一時同点も力負け...1―3で敗れる
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1554411864/
なでしこフランス戦2019欧州遠征.jpg
1: Egg ★ 2019/04/05(金) 06:04:24.32 ID:YguYxAli9.net

サッカー女子日本代表「なでしこ1―3で敗れジャパン」は4日(日本時間5日)、フランスのオセールでの国際親善試合でフランスと対戦、1―3で敗れた。

 日本はFIFAランキング7位の日本は、同4位のフランスに前半4分に先制を許し追いかける展開。24分に中島のシュートGKがはじいたところを小林が決めて追いついたが、34分に勝ち越されて1―2で折り返した。

 後半はフランスの攻勢をしのいでいたが、37分にカウンターからのドリブルからシュートのこぼれ球を決められリードを広げられた。

 今回は6月にW杯フランス大会開幕を控えての欧州遠征で、9日にはドイツと対戦する。

4/5(金) 5:54配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190405-00000106-spnannex-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:59 | 大阪 | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジェフ千葉公式ツイッター、金沢ヤサガラスに乗っ取られる「へっぽこ犬に成り下がりたくなければ言うことを聞け」(関連まとめ)

【サッカー】<ジェフユナイテッド千葉>公式ツイッターが乗っ取られる!?犯人「へっぽこ犬に成り下がりたくなければ言うことを聞け」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1554376211/
ヤサガラス.jpg

1: Egg ★ 2019/04/04(木) 20:10:11.50 ID:JB8xJ0ZV9.net

ジェフユナイテッド千葉の公式ツイッター(@jef_united)が4日、次のような投稿を行った。

「ジェフサポーター諸君、俺様は悪の化身ヤサガラスだ」

「昨日は間違えて金沢戦とツイートしたらしいな。うっかり広報への罰として貴様らのアカウントを乗っ取ってやったぞ」

「ツエーゲンなんかに負けてへっぽこ犬に成り下がりたくなければ俺様の言うことを聞くんだな。フハハハハハハ」

“乗っ取り犯人”が名乗った「ヤサガラス」は、ツエーゲン金沢を邪魔する悪者として知られるマスコットだ。金沢のクラブ公式サイトで「スタジアムに突如現れた悪の化身」と紹介され、「一度は、ツエーゲン愛が目覚め改心したが、悪の組織に再び悪の心を植え付けられた。 何故、ツエーゲン金沢を憎むのか、何が目的なのか、謎は深まるばかり」だという。

ヤサガラスは7日に金沢のホームで行われるJ2第8節・千葉戦に向け、「ジェフサポーター諸君、俺様のチカラと貴様らの応援でツエーゲンを完膚なきまでに叩きのめし、共に最高の瞬間を味わおうではないか。奴らを絶望の淵へ叩き落とすため、黄色の戦士たちよ石川県へ来い!フハハハハハハ」と来場をあおっている。

その後、千葉の公式ツイッターは「ジェフサポーターの皆さん、お騒がせしましたが、ヤサガラスから無事にアカウントを取り返すことができました」と報告。 「ということで、今週末4月7日はアウェイ金沢戦!北陸新幹線も開通したことですし、3連勝を見届けに皆んなで参戦しましょう!フハハハハハハ」と呼びかけた。

4/4(木) 19:27配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190404-43465540-gekisaka-socc

写真
千葉2019第7節集合え.jpg










▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング