アンテナ・まとめ RSS

2019年04月15日

「C・ロナウド2世」ジョアン・フェリックス(19)、長谷部誠が絶賛!移籍金250億円とも…(関連まとめ)

【サッカー】<長谷部誠が絶賛!>C・ロナウド2世躍動! 移籍金250億円
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1555324646/
ジョアン・フェリックスEL準々決勝第1戦.jpg

1: Egg ★ 2019/04/15(月) 19:37:26.59 ID:uOjLzgWg9.net

“新ロナ”がまたしてもチームの勝利に導いた。ポルトガル1部ベンフィカに所属するFWジョアンフェリックス(19)は、ホームでのセトゥバル戦に先発し、1得点2アシストを記録。4−2の勝利に貢献した。3月にはA代表に初招集され、母国の大先輩ロナルド(ユベントス)の再来として「ネクスト・ロナルド」と評されている。

11日の欧州リーグでは、MF長谷部が所属するフランクフルト戦(ドイツ)でハットトリックを記録。19歳152日での達成は同大会史上最年少記録となった。長谷部も「19歳であれだけできるし、点も取れる。良い選手」と絶賛した。

プレースタイルは、ロナルドよりもメッシ(バルセロナ)タイプ。柔らかいボールタッチでのドリブルが持ち味で、利き足の右足だけでなく、左足やヘディングでも強烈なシュートを打てる。リーグ戦ではチーム内2位の11得点7アシストをマーク。すでにバルセロナやRマドリード、ユベントス、マンチェスターUなど、ビッグクラブから注目されている逸材だ。移籍金は2億ユーロ(約250億円)とも報じられるなど、今夏の移籍市場で注目の存在だ。

4/15(月) 19:12配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190415-04150698-nksports-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元英代表ジョーイ・バートン監督、相手監督を殴り捜査中(関連まとめ)

【サッカー】悪童健在? バートン監督が相手指揮官を殴り捜査中 英報道
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1555317553/
バートン監督.jpg

1: 久太郎 ★ 2019/04/15(月) 17:39:13.36 ID:p5Rs++1v9.net

【AFP=時事】サッカーイングランド代表の選出歴も持ちながら、現役時代から数々の問題行動で知られたフリートウッド・タウン(Fleetwood Town FC)のジョーイ・バートン(Joey Barton)監督が、対戦相手の指揮官を殴って負傷させた疑いで捜査対象となっていることが分かった。


 問題の件は、13日に行われたフットボールリーグ1(3部)のバーンズリー(Barnsley)戦で起こり、フリートウッド・タウンを率いるバートン監督は2-4で敗れた試合後、バーンズリーのダニエル・シュテンデル(Daniel Stendel)監督に暴行を加えた可能性があるという。

 この件については、バーンズリーの選手がツイッター(Twitter)に、シュテンデル監督が「襲われて顔から血を流している」とのつぶやきを投稿したが、後に削除した。一方で、警察官が会場を後にしようとするバートン監督の車のボンネットを押さえ、その場を離れるのを阻止しようとする動画も公開されている。

 サウスヨークシャー州警察(South Yorkshire Police)は「本日4月13日土曜日、バーンズリーFC(のスタジアム)において暴行があったとの通報を受けた。犯罪事件として徹底的に捜査する予定だ」と発表。バーンズリーは「事件性のある出来事が発生したことは間違いない」「警察の取り調べに協力している」と話し、対するフリートウッド・タウンは「この件について把握している」「現在は事実を確認中」と述べた。

 BBCラジオのシェフィールド放送局(BBC Radio Sheffield)によれば、シュテンデル監督は「顔にけがをした」が「無事」だという。

 イングリッシュ・フットボールリーグ(EFL)のショーン・ハービー(Shaun Harvey)CEOは、今回のことに「衝撃を受けている」と話し、「すべてはまだ可能性の段階ではあるが、極めて下品な出来事が発生したようだ。迅速かつ適切に対処する必要がある」と続けた。

 現在36歳のバートン監督は、現役時代は素晴らしい才能を持つ選手として知られ、イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・シティ(Manchester City)やフランス・リーグ1のオリンピック・マルセイユ(Olympique de Marseille)など数々のクラブを渡り歩いた後、バーンリーFC(Burnley FC)を最後に現役を退いた。イングランド代表にも1試合選出された経歴を持っている。

 その一方で短気な性格でも知られ、現役の頃からピッチ内外でたびたび問題を起こしてきた。2008年には故郷のリバプールで深夜に暴行事件を起こし、禁錮6か月を命じられると、シティ時代にチームメートを練習中に殴った罪でも執行猶予付きの禁錮4か月の判決を受けた。また10年間で1260回のサッカー賭博を行い、2017年に18か月間のサッカー活動禁止処分を受けている。【翻訳編集】 AFPBB News

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190415-00000026-jij_afp-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 | Comment(18) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

G大阪DF藤春広輝、左鎖骨を骨折…全治2カ月の離脱へ

G大阪藤春、左鎖骨骨折で長期離脱も 浦和戦で負傷
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190415-04150724-nksports-socc
藤春2019第7節鎖骨負傷.jpg

ガンバ大阪DF藤春広輝(30)が長期離脱する可能性が15日、出てきた。

14日の浦和戦で転倒した際に左鎖骨を負傷し、途中交代。この日、検査を受けて骨折が発覚した。全治2カ月ほどかかる見込みだという。藤春は左サイドバックの主力として今季全7試合に出場。横浜との開幕戦ではゴールも決めていた。昨季途中に宮本監督が就任後、初めてリーグ戦3連敗を喫しているG大阪にとって、手痛い離脱となる。

ガンバ大阪 Part2959 
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1555220276/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:01 | 大阪 ☀ | Comment(5) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナント・ハリル監督、原口元気と宇佐美貴史の獲得検討?東スポ報じる(関連まとめ)

【サッカー】<ナント・ハリル監督>原口と宇佐美を獲る!?
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1555314869/
原口と宇佐美デュッセルドルフ.jpg
1: Egg ★ 2019/04/15(月) 16:54:29.21 ID:ZVNiRA9e9.net

元日本代表指揮官でフランス1部ナントを指揮するバヒド・ハリルホジッチ監督(66)が欧州でプレーする日本人選手の獲得に乗り出すことになった。昨年10月にナントと2020年6月までの契約を結んだ同氏は今オフに大型補強を検討しており、かつて“ハリルチルドレン”と呼ばれたMF原口元気(27=ハノーバー)、MF宇佐美貴史(26=デュッセルドルフ)らをリストアップしているという。

 欧州事情に詳しい代理人は「ハリルはチーム再建策の一つとして、日本人選手の獲得を考えているようだ。自分が高く評価している選手や、現在の所属チームで出場機会に恵まれない選手などを中心に狙うのではないか」と明かす。

 ハリルホジッチ氏は、昨年4月に日本代表監督を電撃解任された後、同10月に選手時代にプレーした古巣のフランス1部ナントの監督に就任した。それまで2部降格圏の19位に沈んでいたチームで公式戦4連勝をマークするなど奮闘を見せるも、現在15位と上位進出を果たせずにいる。契約最終年となる来季に向けてチームの強化が急務の状況だ。

 そこで白羽の矢を立てたのが、日本代表監督時代に抜てきした“チルドレン”だ。同代理人は「(日本人選手が所属する)ハノーバーと(同1部)ニュルンベルクは降格の可能性が高くなってきている。このまま落ちれば選手側は移籍先を探すだろうし、勝手知ったる指揮官のもとでプレーできるなら(選手も)行きやすい」と指摘する。

 最下位で2部降格が濃厚なハノーバーのMF原口はハードワークを武器に攻守両面で活躍が見込めるハリルホジッチ氏の“大本命”。アーセナル(イングランド)からレンタル移籍中で、買い取り条件を満たさないよう“起用禁止令”が出た同クラブのFW浅野拓磨(24)、ニュルンベルクのFW久保裕也(25)も候補だろう。また、かつてハリルホジッチ氏が寵愛した潜在能力の高いMF宇佐美も有力候補としてリストアップ済みとみられる。

 あえて日本人選手を狙うのは、指揮官がパフォーマンスを熟知していることに加え、ナントのチーム事情もかかわっている。1月にイングランド・プレミアリーグのカーディフへの移籍が決定後、エースのFWエミリアーノ・サラが飛行機事故で急逝。その移籍金の支払いを求めてナントが国際サッカー連盟(FIFA)に提訴し係争中で、資金繰りに苦労しており、獲得資金が比較的安価な日本人選手がターゲットになったわけだ。

 ハリルホジッチ氏は、ロシアW杯前の解任を巡る日本サッカー協会との裁判も自ら訴えを取り下げ、日本選手と仕事をするうえで“障壁”もなくなった。来季も続投となれば、ナントが“ハリルジャパン”と化すかもしれない。

4/15(月) 16:39配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190415-00000038-tospoweb-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:55 | 大阪 ☀ | Comment(14) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マリノスにまた負傷者…GKパク・イルギュが右眼窩内側壁骨折で全治3週間(関連まとめ)

横浜FM朴一圭が右眼窩内側壁骨折で全治3週間
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190415-43465963-gekisaka-socc
パクイルギュ2019マリノス.jpg

横浜F・マリノスは15日、13日に開催されたJ1リーグ第7節名古屋戦で負傷したGK朴一圭(パク・イルギュ)が、川崎しないの病院で検査を受けて右眼窩内側壁骨折と診断されたと発表した。なお、全治までは3週間の見込みと併せて発表されている。

 今季、琉球から横浜FMに加入した朴はJ1リーグ第5節鳥栖戦でJ1デビューを飾ると、その後も先発出場を続けていた。


移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11752
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1555305904/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FC東京社長、久保建英のバルサ復帰報道に緊急会見「事実無根」久保「なんなんですかね」(関連まとめ)

【サッカー】久保建英のバルサ内定報道をFC東京・大金社長が否定「事実無根」「『出したくないな』というのは本音としてあります」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1555232486/
久保建英2019第7節ドリブル.jpg
1: 豆次郎 ★ 2019/04/14(日) 18:01:26.64 ID:lmoJSVf69.net

4/14(日) 17:43配信
久保建英のバルサ内定報道をFC東京・大金社長が否定「事実無根」

 バルセロナ復帰が内定したと報じられたFC東京MF久保建英に関して、大金直樹社長が「事実無根。何も決まっていない」と否定した。

 J1第7節鹿島戦(3-1)後、取材陣に対応した大金社長は「記事では内定という表現になっていたが、バルセロナと契約行為があった事実はない。交渉そのものも、現時点ではありません」と強調。スペイン『マルカ』は代理人に問い合わせを行ったと報じたが、「代理人はいないというのがクラブとしての理解」と説明した。

 久保は今年6月4日の誕生日で18歳になると、欧州移籍が可能になる。スペイン『ムンド・デポルティボ』はバルサのほか、レアル・マドリー、パリSGが獲得に興味を示していると報じた。大金社長は「オファーではなく、調査という点においては他のクラブからも事実としてある」と認めたうえで、「獲得の意思、オファーは全くない」とした。

 今季、著しい成長を見せる17歳は攻撃の起点となり、FC東京の無敗に貢献している。大金社長は「チームの好調は建英の力もある。世界が注目することもあると感じているが、『出したくないな』というのは本音としてあります」と言及した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190414-43465915-gekisaka-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190414-43465915-gekisaka-000-5-view.jpg


「久保バルサ内定報道」を受けFC東京の大金社長が緊急会見。「クラブとしては事実無根」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190414-00057156-sdigestw-socc

久保本人も「なんなんですかね」と
[J1・7節]FC東京−鹿島/4月14日/味の素スタジアム

 スペイン発の「久保バルサ復帰内定報道」を受け、鹿島戦後、FC東京の大金直樹社長がミックスゾーンで緊急会見を開いた。

「クラブとして、事実ではないと言いますか、『内定』という表現になっていますけど、例えばバルセロナと契約行為があったとか、そういったことはございません。交渉そのものも現時点ではありません」

「(久保の)代理人が誰なのか知りませんし、私の中では代理人がいないという理解です。これはクラブとしての理解でもあります」。

 久保とバルセロナ間に優先的な契約事項もなければ、他のクラブとのそれもない。大金社長は久保と今後のことについても「話してない」ともコメントしたが、他クラブが“調査”という形で久保に興味を示していることはあると明言した。

「オファーではなくて、紙が送られてきて調査という点については他のクラブからもございます。それは事実としてあります。ただ、獲得の意思を示されたりとか、オファーが来るということはまったくありません。例えば試合に海外のクラブがスカウティングでこられることはあります」
 
 つまり、クラブとしては今回の記事について「事実無根」と結論付けているのだ。大金社長はこの件に関して久保と話すと、「なんなんですかね」と言われたという。

 ちなみに、今季の久保の活躍について大金社長は次のようにコメントしている。

「チームの好調さは(久保)建英の力もあってのものなので、監督も含め彼が必要だということは言っています。ただ、世界が注目しているんだろうなということは感じます。注目されるのはいいけれど、出したくないというのは本音としてあります」
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(28) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プレミアで珍事!相手選手に「キス」で珍イエローカード!英紙「リップサービス」

【サッカー】英プレミアで衝撃シーン!相手の顔に“キス”でイエローカード…珍事の決定的瞬間に反響「型破り」「奇妙」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1555301515/
バーンズ2019第34節キス.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/04/15(月) 13:11:55.67 ID:p5Rs++1v9.net

バーンリーFWバーンズ、口論のカーディフDFベネットの鼻先にキスでイエローカード
 イングランドのサッカー史において珍しいイエローカードが出た。現地時間13日のプレミアリーグ第34節バーンリー対カーディフ(2-0)の一戦で前半終了間際、両軍の選手が口論を繰り広げたなか、感情が高ぶったなかで顔にキスをしてイエローカードを提示される珍事が起きている。

 試合は前半31分、右CKに頭で合わせたニュージーランド代表FWクリス・ウッドの一撃でホームのバーンリーが先制。カーディフも反撃に出るなかで球際での攻防は激しさを増していく。前半終了間際、右サイドからバーンリーの10番FWアシュリー・バーンズがドリブル突破を図ったなか、カーディフDFジョー・ベネットがタックルで阻止。両者は激しく交錯し、バーンリーにFKが与えられた。

 注目を集めているのは直後のシーンだ。球際で接触したバーンズとベネットがヒートアップし、両者ともに歩み寄って口論に発展。怒気を帯びた表情の2人が顔を近づけて威嚇し合い、両者の顔が密着した。その際にバーンズが口を突き出すと、何を思ったのかベネットの鼻先にキス。その行為を二度繰り返してからその場を去った。

 ドリブルを止めたベネットにイエローカードが提示された一方、バーンズも口論中のキスによりイエローカードを受けている。このシーンを海外メディアも大きく取り上げ、英紙「ザ・サン」は冗談交じりに「リップサービス」と記し、「バーンズが二度のキスでみんなを驚かせた」と伝えた。また英メディア「スポーツ・バイブル」も「プレミアリーグの歴史において型破りなイエローカード」と報じ、「主審も最も奇妙なイエローカードを提示しなければならなかった」と続けている。

 試合は終了間際、ウッドがこの日2ゴール目を決めてバーンリーが2-0と勝利したが、その結果以上に珍イエローカードが脚光を浴びているようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190415-00183040-soccermzw-socc

画像
https://pbs.twimg.com/media/D4C72YwW0AEuP1O.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊東純也、絶妙クロスでアシスト!ゲンクはクラブ・ブルージュとの上位対決制し、PO1首位キープ(関連まとめ)

【サッカー】「完璧なラストパス!」伊東純也、絶妙クロスで1アシスト! 上位対決を制したヘンクはPO1の首位をキープ!!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1555295350/
伊東純也2019PO1第4節.jpg

1: 久太郎 ★ 2019/04/15(月) 11:29:10.73 ID:p5Rs++1v9.net

すっかり定着した右サイドで躍動
 ベルギーリーグのレギュラーシーズンが終わり、現地時間4月14日、プレーオフ1(PO1)の第4節が行なわれ、勝点1ポイント差で現在1位のヘンク、2位のクラブ・ブルージュが直接対決。3-1でヘンクが勝利し、首位を維持している。

このプレーオフでは、レギュラーシーズンの最終的な勝点を半分にした状態で6チームが総当たり戦を行なう。PO1に勝利し、リーグ優勝を決めたチームには、来シーズンのチャンピオンズ・リーグ出場権が与えられる。

 PO1で現在まで2勝1敗のヘンクは4-3-3の布陣。レギュラーに定着した伊東純也は右ウイングで先発し、フル出場で勝利に貢献した。

 立ち上がりから攻守が目まぐるしく入れ替わる激しい展開の中、先制点はヘンクが奪う。敵陣でC・ブルージュ守備陣からのバックパスを奪った主将のレアンドロ・トロサールが、自らシュートを決めて先制する。

 その後も左右サイドから果敢に攻め込むヘンクだが、あと一歩のところで好守に阻まれ、追加点が奪えない。

 数少ないチャンスを活かしたC・ブルージュは34分、ヘンクDFが中盤から飛び込んできたルート・フォルメルをペナルティエリア内で倒してしまい、PKを与えてしまう。これをハンス・ファナケンが冷静に決め、1-1と試合を振り出しに戻されてしまった。

 しかし、レギュラーシーズン王者は意地を見せる。後半アディショナルタイム、ルシアン・マリノフスキが倒されてFKを獲得。これをセバスティアン・デウェストが頭で合わせてゴール。だが、これはVAR判定によりオフサイドと判明し、無効となってしまった。

 1点を奪い合って迎えた後半、52分にヘンクFWマブワナ・サマッタがペナルティエリア内で放ったシュートをC・ブルージュのDFが腕で防いだとしてPKを獲得。これをマリノフスキが決めて、2-1と勝ち越しに成功する。

 必死のC・ブルージュは、ヘンクに波状攻撃で襲い掛かる。しかしそんな流れを断ち切るかのように73分、右サイドを駆け上がった伊東の低めのグラウンダーパスをゴール前に流し込んだ。触れば入るという最高のラストパスだったが、サマッタがゴール前でつんのめってしまい、惜しくも流れてしまった。

 79分に自ら切り込んでシュートを放った伊東は80分、再び右サイドを駆け上がり、DFを1枚かわして浮いたクロスを中央に送る。すると、今度こそサマッタが頭で合わせてゴールネットに叩き込み、3-1とC・ブルージュを突き放した。

 このクロスを、現地紙『De Standaard』は「完璧なパスがイトウからサマッタに通ったゴール! ヘンクはホームでパーティーを開いていたようだ!」と絶賛している。

 残り10分は伊東ら前線のスピードを活かしたカウンター攻撃でチャンスを伺いつつ、全員でアウェーチームの猛攻に耐えきり、勝点3を獲得。C・ブルージュとの差を4ポイントに広げ、首位を維持している。

 ヘンクは次節は4月19日、アウェーでスタンダール・リエージュと対戦する。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190415-00057204-sdigestw-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:21 | 大阪 ☀ | Comment(6) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアルユース中井卓大、左足弾丸ミドルで先制ゴール!「ミサイルのようだ」「彼は殺し屋だ」称賛鳴りやまず(関連まとめ)

【サッカー】「彼は (殺)し屋だ!」R・マドリーの15歳、中井卓大が今度は左足で“弾丸ミドル弾”!称賛の声鳴りやまず
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1555281960/
中井卓大2019レアル.jpg

1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2019/04/15(月) 07:46:00.43 ID:M3/d1dci9.net

4/15(月) 6:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190415-00057208-sdigestw-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190415-00057208-sdigestw-000-7-view.jpg

 レアル・マドリーのカデーテA(U-16)に所属する“ピピ”こと中井卓大が、またしてもゴラッソを決めた。

 小学4年生でスペインへ渡り、マドリーの下部組織で研鑽を積んでいる15歳の超逸材は、4月14日に行なわれたカデーテAリーグの第26節、コンプルテンセ・アルカラ戦に先発出場。0-0で迎えた12分だった。

 前線に顔を出してパスを受けるとワントラップして、ペナルティーエリアのやや外から左足を一閃。文字通りの弾丸ミドルでネットを揺らし、ゴールラッシュの先陣を切る。

 これで25メートル級のシュートを右足で突き刺した、4月7日のラス・ロサス戦に続いてのファインゴール。5-0の快勝と首位キープに貢献した。
 
 試合後、中井は自身のインスタグラムにこのゴールシーンの動画を投稿。ファンから、「彼は殺し屋だ!」、「ゴラッソ!」、「ミサイルのよう」、「がんばれ、クラック!」、といった称賛コメントが続々と寄せられた。

 世界最高峰のクラブで順調に成長を遂げているこの新鋭に、ますます注目が集まっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:20 | 大阪 ☀ | Comment(7) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンC、スターリング2得点とデブライネ2アシストでクリスタルパレスに3-1快勝!リーグ9連勝でトッテナムとのCL決戦へ

2発のスターリングが今季17得点目! マン・C、リーグ9連勝でスパーズとのCL決戦へ/プレミアリーグ第34節
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190414-00010036-goal-socc

デブライネとスターリング2019第34節.jpg


マンチェスター・シティは14日、プレミアリーグ第34節でクリスタル・パレスとのアウェー戦を迎えた。

1試合未消化の状況で首位のリヴァプールを2ポイント差で追うマン・Cが、13位のクリスタル・パレスと対戦した。マン・Cのグアルディオラ監督は、0-1で敗れた9日のチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝ファーストレグ、トッテナム戦から4選手を変更。オタメンディ、デルフ、フェルナンジーニョ、マフレズに代えてコンパニ、メンディ、デ・ブライネ、サネを起用した。

試合は序盤からマン・Cがいつも通り能動的に仕掛けていく。10分には、ボックス左奥に個人技で侵入したダビド・シルバの折り返しに正面のスターリングが合わせる。しかし、フリーだったスターリングはダイレクトシュートを枠内に飛ばすことができず、絶好機を逸する。

それでも、スターリングはすぐさま名誉挽回する。15分、デ・ブライネの好スルーパスでボックス右に抜け出すと、冷静にゴールを陥れて先制点をもたらした。ハーフタイムにかけてもマン・Cが優位に試合を進めたが、追加点を獲得できないまま前半を終える。

迎えた後半はC・パレスもボール保持率を高めるが、チャンスをなかなか作れないでいると、スコアを動かしたのはアウェーチーム。アグエロ、ダビド・シルバとつなぐと、最後はボックス左角のサネが入れたクロスにスターリングが合わせる。このダイレクトシュートがゴール左に決まり、スターリングのこの日2得点目、リーグ戦通算17得点目でマン・Cがリードを広げる。

その後、グアルディオラ監督はCLを見据えてか、ダビド・シルバ、アグエロを下げて、ベルナルド・シルバとガブリエウ・ジェズスを送り出す。81分にはペナルティアーク付近からミリボイェヴィッチに直接FKでネットを揺らされて1点差とされるも、90分には途中出場のガブリエウ・ジェズスがデ・ブライネのお膳立てから決めて勝負あり。リプレーではオフサイドと思える位置だったものの、ゴールは認められた。

リーグ戦9連勝としたマン・Cはこの後、17日にホームに行われるCL準々決勝セカンドレグでトッテナムを相手にファーストレグ0−1からの逆転突破を狙う。

■試合結果
クリスタル・パレス 1-3 マンチェスター・シティ

■得点者
C・パレス:ミリボイェヴィッチ(81分)
マン・C:スターリング(15分、63分)、ガブリエウ・ジェズス(90分)

BLUEMOON マンチェスターシティ 320cityzens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1554844093/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☔ | Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【エジプト神サラー】リバプール、サラースーパーゴールなど苦手チェルシーに2-0完勝!暫定首位に再び浮上

サラーの強烈ミドル炸裂! リヴァプール、苦手チェルシー下し暫定首位再浮上
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190415-00928052-soccerk-socc
サラー2019第34節ゴールパフォ.jpg

 プレミアリーグ第34節が14日に行われ、リヴァプールとチェルシーが対戦した。

 立ち上がりから主導権を握ったホームのリヴァプールは5分、サディオ・マネのクロスにモハメド・サラーがボレーシュートで合わせたが、これはGKケパ・アリサバラガがキャッチした。チェルシーは30分、カウンターからドリブルで駆け上がったウィリアンが左サイドから中央に切れ込み右足を振り抜いたが、シュートは枠を捉えることができなかった。38分にはサラーの折り返しにマネが決定機を迎えたが、シュートはゴール右へと外れた。前半はスコアレスのまま折り返した。

 試合が動いたのは51分、ジョーダン・ヘンダーソンのクロスにフリーのサネが頭で押し込み、リヴァプールが先制した。さらに53分には右サイドでボールを受けたサラーが中央へ運んでいくと、ペナルティエリアの外から左足を一閃。強烈なミドルシュートがゴール左隅に突き刺さり、リードを2点に広げた。

 一方のチェルシーは59分、エメルソンがDFの裏へ浮き玉のパスを送ると、抜け出したエデン・アザールが巧みなトラップからシュートを放ったが、ボールは左ポストを直撃。続く60分にもウィリアンのクロスにアザールが決定機を迎えたがこれはGKアリソンがセーブした。

 本拠地アンフィールドで2012年5月以来のチェルシー戦白星を挙げたリヴァプールは、リーグ戦5連勝を達成し、暫定ながら首位に再浮上。一方、敗れたチェルシーはリーグ戦4試合ぶりの黒星を喫した。

 次節、リヴァプールは21日にアウェイでカーディフと、チェルシーは22日にホームでバーンリーと対戦する。

【スコア】
リヴァプール 2−0 チェルシー

【得点者】
1−0 51分 サディオ・マネ(リヴァプール)
2−0 53分 モハメド・サラー(リヴァプール)

【スターティングメンバー】
リヴァプール(4−3−3)
アリソン;A・アーノルド、マティプ、ファン・ダイク、ロバートソン;ヘンダーソン(77分 ミルナー)、ファビーニョ、ケイタ(66分 ワイナルドゥム);サラー(90分 シャチリ)、フィルミーノ、マネ

チェルシー(4−3−3)
ケパ;アスピリクエタ、リュディガー(40分 クリステンセン)、D・ルイス、エメルソン;カンテ、ジョルジーニョ、ロフタス・チーク(75分 バークリー);ハドソン・オドイ(56分 イグアイン)、アザール、ウィリアン

〓〓 Liverpool FC 〓 1067 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1555251007/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 02:53 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング