アンテナ・まとめ RSS

2019年04月29日

マンCスターリング、記者投票のプレミア年間最優秀選手賞を受賞!最優秀若手賞と合わせて個人2冠達成(関連まとめ)

【サッカー】スターリングが記者投票のプレミア年間最優秀選手賞を受賞!PFA受賞のファン・ダイクに大差で選出
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1556537110/
スターリング受賞.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/04/29(月) 20:25:10.13 ID:j55BEnuP9.net

スターリングがFWA年間最優秀選手賞受賞!PFA受賞のファン・ダイクに大差で選出

マンチェスター・シティのイングランド代表FWラヒーム・スターリングが、イングランド・サッカー記者協会(FWA)が選出する年間最優秀選手賞に輝いた。

今シーズン、プレミアリーグ第36節終了時点で2位リヴァプールを勝ち点1上回り、首位に立っているマンチェスター・C。そして、90得点でプレミアNo.1の得点数を記録する攻撃陣の中で、一際輝いているのが24歳のスターリングだ。

2015年夏にリヴァプールからマンチェスター・Cに移籍したスターリングは、ジョゼップ・グアルディオラ監督の下で大きく成長。今シーズンは、リーグ32試合で17ゴール12アシストを記録した。結局は逃したものの、今シーズンのPFA(プロフェッショナル・フットボーラーズ・アソシエーション)年間最優秀選手賞(受賞はリヴァプールDFヴィルヒル・ファン・ダイク)候補にも挙げられていた。

しかし、FWAにおいては、スターリングは記者の入れる全400票のうち62%を集め、2位となったファン・ダイクに100票以上の差をつけたとのこと。さらに、3位にもマンチェスター・CからFWセルヒオ・アグエロが選ばれたことが伝えられている。なお、昨年はリヴァプールFWモハメド・サラーがマンチェスター・CのMFケビン・デ・ブライネを約20票上回り、栄誉に輝いていた。

先日に発表されていたPFAの年間最優秀若手選手賞と合わせて、スターリングはこれで個人賞2冠。残り2試合となっているリーグ戦で、新進気鋭のアタッカーのさらなる活躍に、期待がかかる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190429-00010033-goal-socc

関連スレッド

【サッカー】<DFとして14年ぶりの快挙!> ファン・ダイクが選手投票のプレミア最優秀プレーヤーに決定!ベストイレブンも改めて発表
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1556498405/



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:50 | 大阪 ☔ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柴崎岳、フル出場し攻守に奮闘も…ヘタフェはソシエダに1-2敗戦(関連まとめ)

【サッカー】リーガ第35節 柴崎岳、先発復帰で攻守に貢献も敗戦。ヘタフェは2試合勝利なしもCL出場圏内をキープ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1556486811/
柴崎岳2019第35節.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/29(月) 06:26:51.26 ID:CzxIs6bb9.net

【レアル・ソシエダ 2-1 ヘタフェ ラ・リーガ・サンタンデール第35節】

ラ・リーガ・サンタンデール第35節、レアル・ソシエダ対ヘタフェが現地時間28日に行われた。試合は日本代表MF柴崎岳が所属するアウェイのヘタフェが1-2で敗れた。

前節レアル・マドリーに引き分けた4位ヘタフェはレアル戦欠場となった柴崎が右サイドハーフで先発復帰となり、今季リーグ戦5試合目の出場を果たした。
ヘタフェはUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得へ向け、負けられない。

18分、ヘタフェがコーナーキックのピンチを迎える。R・ソシエダの左コーナーキックにメリーノがニアに飛び込むと、ジェネが後ろからスライディングタックル。
これは一度流されるが、主審が試合を止めVARで確認。R・ソシエダのPKの判定となった。これをホセが決め、R・ソシエダが先制した。

だが、ヘタフェも反撃。49分、左サイドで柴崎が相手にプレスをかけ、相手陣内で奪うと、そのままドリブルで前進。中央に絶妙なクロスを送るが、わずかに味方に合わなかった。だが、ヘタフェは追加点を許してしまう。 53分、ホセの右サイドからのグラウンダーのクロスに中央でオヤルサバルがダイレクトで合わせ、R・ソシエダが追加点を奪った。

諦めないヘタフェは89分、右からのクロスに相手DFがフリック。ファーサイドにいたサイスが拾って、右足でシュートを放つ。これがゴールに突き刺さり、ヘタフェが1点を返す。だが、結局同点ゴールを奪うことはできず、ヘタフェは1-2で敗戦を喫した。

敗れたヘタフェだったが、5位セビージャと6位バレンシアも共に敗れたため、順位は変わらず。セビージャを突き放せなかったものの、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位をキープした。

【得点者】
21分 1-0 ホセ(レアル・ソシエダ)
53分 2-0 オヤルサバル(レアル・ソシエダ)
89分 2-1 サイス(ヘタフェ)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190429-00319454-footballc-socc
4/29(月) 1:14配信

https://www.nikkansports.com/soccer/world/spain/data/standings/
順位表

https://www.nikkansports.com/soccer/world/score/2019/esp/esp-11162631.html
試合スコア

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/player/detail/920087
成績


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:34 | 大阪 ☔ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ネイマール、観客への暴行認める…ブッフォンら侮辱の観客を叩く「チームメイトを守った」(関連まとめ)

【サッカー/仏杯表彰式】ネイマールが暴行認める ブッフォンら侮辱の観客男性を殴打、 「チームメート守った」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1556514968/
ネイマール2019サポ小突く.jpg
1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2019/04/29(月) 14:16:08.10 ID:qRpGF8zf9.net

4/29(月) 10:35配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190429-00000009-jij_afp-socc
https://amd.c.yimg.jp/im_siggnFJek0qYXhMgV8VetItyYw---x900-y600-q90-exp3h-pril/amd/20190429-00000009-jij_afp-000-5-view.jpg
サッカーフランス杯決勝、レンヌ対パリ・サンジェルマン。試合に臨むPSGのネイマール(2019年4月27日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】27日に行われたサッカーフランス杯(French Cup 2018-19)決勝のレンヌ(Stade Rennes FC)対パリ・サンジェルマン(Paris Saint-Germain、PSG)戦で、準優勝となったPSGのネイマール(Neymar da Silva Santos Junior)が、表彰式の途中で自分たちを侮辱した観客に手を出したことがインターネット上で騒ぎとなっている。ネイマール本人も行為を認めている。

 試合はネイマールの得点などでPSGが早々に2点のリードを奪ったが、その後レンヌに追いつかれて延長戦に突入。そして迎えたPK戦に5-6で敗れ、チームは準優勝となった。

 すると表彰式で、PSGの選手が近くの観客と握手を交わしながらメダルを受け取るために階段を上っていく中、列の最後尾近くにいたネイマールが観客の一人の顔に向かって拳を繰り出した。この場面は、殴られた男性本人も含めて多くの観客がスマートフォンで撮影している。

 ネイマールは「自分がまずいことをしたかって?」「その通りだ。だけど黙っているわけにはいかなかった」とコメントしている。

 男性はレンヌから来た20代後半の配送ドライバーとのことで、アップロードされた動画の男性の言葉をネイマールの友人が書き起こし、自身のインスタグラム(Instagram)に投稿している。

 それによれば、男性はまず、この日出番のなかった控えのジャンルイジ・ブッフォン(Gianluigi Buffon)とライヴィン・クルザワ(Layvin Kurzawa)に対して「おいブッフォン、汚いブッフォン! おいクルザワ、触るんじゃねえよ」と叫び、さらにマルコ・ヴェッラッティ(Marco Verratti)には「このレイシスト!」と言っていた。

 そしてネイマールに「サッカーを勉強してこい」と言うと、これに反応したネイマールがスマートフォンを押しのけて男性の顔を殴った。友人の投稿に対して、ネイマールは「チームメートを守った僕のことは誰が守ってくれるんだ?」と返信している。

 クラブも迅速に行動し、「レンヌの選手の友人がわれわれの全選手を侮辱し、(SNSで)騒ぎを起こしている」と発表している。

 対して男性はスポーツ日刊紙レキップ(L'Equipe)に「侮辱したわけじゃない」「お前らは弱いと言ってやったんだ」「上がっていくヴェッラッティやブッフォンに『この雑魚どもが。行こうぜレンヌ!』とからかっただけだ」と話している。

 男性はネイマールのせいで「唇を切って鼻血が出た」と話しており、訴訟を起こすことも検討しているという。【翻訳編集】 AFPBB News
▽ 動画
https://video.twimg.com/ext_tw_video/1122268475207057408/pu/vid/636x360/DEQev9EXxyJrTXFM.mp4


▽ 関連
【サッカー】ネイマール、観客にパンチ 「最低だ」「処分されるべき」「史上最悪」と波紋広がる[動画]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1556429380/


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(24) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国代表、カンナバーロ監督がわずか2試合で辞任 広州恒大監督に専念 リッピ氏が代表監督復帰か

【サッカー】<中国代表監督にリッピ氏がまさかの復帰?>カンナバーロ監督は2試合で降板か
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1556461210/
カンナバーロ中国代表監督.jpg
1: Egg ★ 2019/04/28(日) 23:20:10.87 ID:GsyF3Ksl9.net

中国スーパーリーグ(CSL)の広州恒大を率いるファビオ・カンナバーロ氏は中国代表監督の兼任を拒否し、マルチェロ・リッピ氏が代表監督に復帰する可能性が出てきたという。
伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が28日付で伝えている。

2016年から中国代表を率いていたリッピ氏は、今年1月に行われたAFCアジアカップ2019を最後に退任。
3月には、広州恒大を率いるカンナバーロ監督が兼任の形で後任監督に就任することが発表されていた。

カンナバーロ監督はリッピ氏の率いたイタリア代表が2006年ワールドカップで優勝した際のキャプテン。
広州恒大でも2014年に前任のリッピ氏から監督を引き継いでおり、継続路線を取りたい中国協会にとっては自然な人選だったとみられる。

すでにカンナバーロ監督は3月に行われた2試合の国際親善試合で中国代表の指揮を執った。
だが伊紙によれば、クラブとの兼任による負担の大きさから、今後の代表監督継続には難色を示しているという。

リッピ氏は現在中国を訪れており、代表監督復帰に向けた交渉を行っていると『ガゼッタ』紙は伝えている。
他にはU-21中国代表を率いるフース・ヒディンク監督や、アメリカ代表などの元監督であるユルゲン・クリンスマン氏も新監督候補として言及されている。

4/28(日) 21:01配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190428-00319438-footballc-socc


中国代表、カンナバーロ監督がわずか2試合で辞任。再び広州恒大に専念
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190429-00319545-footballc-socc

 中国代表を率いていたファビオ・カンナバーロ監督は、就任からわずか1ヶ月半で辞任することになった。自身のインスタグラム公式アカウントで表明している。

 2016年から中国代表を率いていたマルチェロ・リッピ前監督は今年1月に行われたAFCアジアカップを最後に退任。そのリッピ監督がイタリア代表を率いて2006年ワールドカップで優勝した際のキャプテンでもあったカンナバーロ監督が後任監督に就任することが先月15日に発表されていた。

 中国スーパーリーグ(CSL)の広州恒大の監督でもあり、兼任の形で就任したカンナバーロ監督は、3月末に行われた2試合の親善試合で中国代表を指揮。だが、タイとウズベキスタンをホームに迎えていずれも0-1で敗れたその2試合のみで降板することになった。

 カンナバーロ監督はSNSで、「二重の職務は家族との時間をあまりにも多く奪ってしまいかねない」と辞任の理由を説明。「広州恒大のみを指揮することでも、中国の若い選手たちの成長に貢献できると思う」と述べている。

 後任の監督は未定だが、イタリアメディアはリッピ氏が監督に復帰する可能性があると伝えているほか、現U-21中国代表監督のフース・ヒディンク氏やアメリカ代表などの元監督であるユルゲン・クリンスマン氏も新監督候補に挙げられている。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル、最下位ラージョにまさかの敗戦…ジダン監督は怒り露わ「すべてが悪かった」

【サッカー】レアル・マドリーが最下位ラージョにまさかの完封負け!残留争いはますます混沌に・・・
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1556484344/
ジダン監督2019第35節.jpg
1: 豆次郎 ★ 2019/04/29(月) 05:45:44.73 ID:gd910mu/9.net

4/29(月) 5:40配信
 現地時間4月28日に開催されたラ・リーガ35節で、3位のレアル・マドリーが、最下位の20位に沈むラージョ・バジェカーノと対戦した。


 開始5分、マドリーはショートコーナーからマルセロが右足で強烈なシュートを放つも、GKアルベルト・ガルシアにセーブされる。

 最初にビッグチャンスが訪れたのはラージョだった。17分、マリオ・スアレスのパスを受けたホセ・ポソがGKティボー・クルトワと1対1となるも、これは決めきれない。

 迎えた22分、左サイドからのクロスに合わせようとしたハビ・ゲラがヘスス・バジェホに倒される。一度は流されたものの、VAR判定でホームチームがPKを獲得。これをアドリアン・エンバルバが落ち着いて決めて先制する。

 チームのここ8ゴールをすべて決めているカリム・ベンゼマを故障で欠くマドリーは、なかなか決定機を作り出せない。

 38分には、そのベンゼマの代役としてCFで先発したマリアーノ・ディアスが抜け出し、ループシュートでネットを揺らすも、オフサイドで取り消しとなる。
 
 後半も守りに入らず、アグレッシブなサッカーを展開するラージョは56分、ベベが得意のミドルでゴールを脅かす。クルトワのセーブに阻まれたものの、会場を盛り上げる。

 その後もマドリーに攻撃の形を作らせず、ピンチといえば69分にガレス・ベイルが蹴ったFKぐらいだった。

 結局、虎の子の1点を守りきったラージョが1-0で勝利。降格回避に望みを繋げる勝点3を挙げ、残留争いはますます混沌した状況となった。

 一方、主砲の不在が響いたマドリーは精彩を欠き、2試合連続のノーゴールに終わっている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190429-00057854-sdigestw-socc


レアル失態、最下位ラージョに“無得点”敗戦 ジダン監督も怒り露わ「すべて悪かった」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190429-00185700-soccermzw-socc

前半に喫した1点を返せず… 2試合連続のノーゴール
 レアル・マドリードは現地時間28日に行われたリーガ・エスパニョーラ第35節ラージョ・バジェカーノ戦に0-1で敗戦した。アウェーとはいえ最下位相手の敗戦に、ジネディーヌ・ジダン監督もおかんむりのようで、「我々は何もしていない」と会見で激怒したと、スペイン紙「マルカ」が報じている。

 この日の試合は、今季リーガで得点ランク2位タイとなる21ゴールを挙げている元フランス代表FWカリム・ベンゼマが負傷のため欠場。とはいえ前節終了時点で最下位のラージョ相手なら、レアルが勝ち点3を積み上げるというのが大方の予想だった。

 しかし、試合は前半23分にVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)判定によってラージョにPKを与え、先制点を許す。ビハインドとなったレアルはウェールズ代表FWギャレス・ベイルの突破、クロアチア代表MFルカ・モドリッチのゲームメークも冴え渡ったとは言い切れず、前節ヘタフェ戦(0-0)に続く無得点、そして勝ち点を落とす失態を演じた。

 これに怒りを露わにしたのがジダン監督だ。

「もちろん、時としてゴールを奪えないことはある、しかし我々は今日、何もしなかった。内容が悪いので怒っているし、責任がある」

 選手の兄貴分的な立場を取り、擁護することが多いジダン監督としては非常に珍しい発言だ。そして、このようにも続けている。

「すべてが悪かった。試合に臨む態度とピッチでのプレーにおいて、私たちは何も与えなかった。走り、戦う姿勢を見せることでラージョはプレーした。しかし我々は何もしなかった。私はいつも選手を守っているが、今日はそうではない。私たちはラージョのようにプレーすることはできていないし、私も責任がある」

 宿敵バルセロナのリーガ連覇が決まり、今シーズンの無冠が確定したレアル。10カ月ぶりに監督復帰したジダン監督の下で立て直しと来季への戦力見極めの段階にあるが、内容のない”消化試合”にしてしまったことは指揮官にとっても悔やみきれないだろう。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サガン鳥栖、6億円近くの赤字…トーレス補強、フィッカデンティ監督解任など影響(関連まとめ)

【サッカー】J1鳥栖6億円に迫る大赤字 トーレス補強、マッシモ監督解任など影響
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1556444645/
カレーラス監督就任.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/04/28(日) 18:44:05.16 ID:j6+EdFAb9.net

J1鳥栖を運営するサガン・ドリームスは28日、佐賀県鳥栖市内で定時株主総会を開き、
当期純損益が5億8178万9000円の赤字となる第15期(2018年2月〜19年1月)の決算が承認された。

赤字は4期ぶりで、J1に昇格した2012年度以降では過去最多額。
今年1月に6億円の第三者割当増資を行い純資産額は3638万円となったため、J1やJ2の参加資格を失う債務超過は回避した。

同社が開示した経営情報によると、売上高合計は過去最高の42億5781万6000円を計上。
広告料収入が前期比約7億2000万円増の22億9601万5000円となり、選手の他クラブへの移籍に伴って入る移籍金なども6億2212万1000円で前期より約2億円増えた。

一方で、元スペイン代表FWフェルナンドトーレスを獲得するなど大型補強を敢行したため、チームの人件費が前期比約7億6000万円増の25億7036万円に膨らんだ。
さらに昨年10月にマッシモ・フィッカデンティ監督らを解任したことによる違約金などで、例年は2000万円程度だった営業外費用が4億5285万5000円と大きく増え、大幅な赤字になったという。

竹原稔社長は同日のホーム湘南戦前に会見。「収支のバランスが悪くなっているのは事実だが、ビジネスモデルを変えている段階。
育成型クラブとして若手を育て、海外に出すプロジェクトを進めている」と説明。転換期として第17期(20年2月〜21年1月)までは赤字になる可能性を示唆した上で
「(選手放出に伴う移籍金が入る)その他収入を増やしつつ、(選手や監督との)契約を見直しながら違約金の発生による支出は減らしていきたい」と説明した。

運転資金の枯渇を懸念する声に対しては「資金繰りのスキーム(枠組み)はできあがっている。心配はいらない」と強調した。

人件費高騰の一因になっているフェルナンドトーレスが今季は前節までゴールなしにとどまっていることついて、
竹原社長は「トーレスから選手たちが学ぶ点はたくさんあるし、海外との懸け橋として進んでいるプロジェクトもある」と前向きに受け止めている。
その上で「まだまだシーズンは終わっていないので、彼には名を刻んでもらいたい」と奮起を期待した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190428-00010016-nishispo-socc
4/28(日) 14:28配信

https://www.nishinippon.co.jp/import/sagan/20190428/201904280001_000_m.jpg

https://www.nikkansports.com/soccer/jleague/j1/data/standings/
順位表




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 | Comment(8) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関根貴大、絶妙同点弾でベルギー初ゴール!鎌田大地2アシスト!シント・トロイデンは2-2ドロー

【サッカー】ベルギー1部、シントトロイデンの関根貴大が初得点! 中位プレーオフで引き分け
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1556493230/
関根ベルギー初ゴール.jpg
1: 豆次郎 ★ 2019/04/29(月) 08:13:50.85 ID:gd910mu/9.net

4/29(月) 7:47配信
共同通信

 【シントトロイデン(ベルギー)共同】サッカーのベルギー1部リーグの中位プレーオフで28日、シントトロイデンの関根貴大がホームのベールスホット・ウィルレイク戦にフル出場し、1―2の試合終了間際に同点ゴールを挙げた。今季初得点。シントトロイデンの日本勢は鎌田大地、冨安健洋、遠藤航もフル出場。木下康介は出番がなかった。チームは2―2で引き分けた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190429-00000018-kyodonews-socc


シント=トロイデン、関根貴大の加入後初ゴールで黒星回避…鎌田は2アシスト
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190429-00010004-goal-socc

日本人4選手が先発
シント=トロイデンは関根貴大ら日本人選手たちの活躍で、プレーオフ2での無敗と首位をキープしている。

ジュピラーリーグ・プレーオフ2第6節で28日、シント=トロイデンは節ベールスホット・ウィルレイクと対戦。前節に続き冨安健洋、遠藤航、鎌田大地、関根と日本人4選手が先発した。

試合は2点ビハインドとなったが、66分に鎌田のスルーパスから反撃の1点が生まれると、アディショナルタイムには関根が鎌田とのワンツーから左足でネットを揺らす。試合は2-2で終了した。

後半には鎌田のPK失敗もあったが、関根の加入後初ゴールでシント=トロイデンは何とか勝ち点1を獲得。残り4試合で、依然としてプレーオフ2の首位をキープしている。

※管理人の編集ミスで表示に異常がありましたが、先ほど修正いたしました。謹んでお詫びいたします。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:06 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプールDFファン・ダイク、PFA年間最優秀選手に選出!DFとして14年ぶり快挙

【サッカー】<DFとして14年ぶりの快挙!> ファン・ダイクが選手投票のプレミア最優秀プレーヤーに決定!ベストイレブンも改めて発表
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1556498405/
ファンダイクPFA年間最優秀賞.jpg
1: Egg ★ 2019/04/29(月) 09:40:05.30 ID:vvKUcQCS9.net

リバプールは29年ぶりの快挙も達成!

 イングランド・サッカー選手協会(PFA)は現地時間5月8日、リバプールのオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクを最優秀選手に選出したことを公式HPで発表し

 今シーズンのファン・ダイクのパフォーマンスは圧倒的だった。

 昨年1月にサウサンプトンからリバプールに移籍したため、レッズで実質1年目となった今シーズンは、開幕から攻守に渡ってフル稼働。守りでは圧倒的な高さと1対1での強さを武器に名アタッカーたちを軒並み封殺し、リーグ最少失点数(20)を誇るチームの大黒柱となり、攻撃でも正確なロングキックで幾度となく好機を演出した。

 選手間投票によって選考される同賞で、DFとしては2004-05シーズンのジョン・テリー(チェルシー)以来、14年ぶりに選出され、エデン・アザールやセルヒオ・アグエロ、サディオ・マネといった最終ノミネート者を押しのけて堂々の受賞となったファン・ダイクは、次のように喜びのコメントを発表した。

「本当に、本当に誇らしいし、言葉にするのは難しいね。毎週対戦している選手たちからの投票だから本当に名誉なことだと思う。これを受け取ることができて光栄に思うし、今日は特別な日だ。本当にみんなに感謝をしたい」
 
 また、PFAは同日に今シーズンのベストイレブンも改めて発表。最多の6人が選ばれたシティの面々をはじめとする以下の11人が名を連ねた。

GK
エデルソン(マンチェスター・C)

DF
トレント・アレクサンダー=アーノルド(リバプール)
フィルジル・ファン・ダイク(リバプール)
エメリック・ラポルト(マンチェスター・C)
アンドリュー・ロバートソン(リバプール)
 
MF
ポール・ポグバ(マンチェスター・U)
フェルナンジーニョ(マンチェスター・C)
ベルナルド・シウバ(マンチェスター・C)

FW
ラヒーム・スターリング(マンチェスター・C)
セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)
サディオ・マネ(リバプール)

 今シーズンのポグバ派、ピッチ内外でネガティブな話題が目立ち、お世辞にも好調とは言えなかった。それゆえにPFAの公式ツイッターには、「なんでだ?」や「あの程度の出来でも選ばれるのか」、「今のポグバよりも俺の方がマシ」といった疑問の声が上がった。

 また、シティに続く4人が選出されたリバプールには、「今シーズンの彼らなら納得」といった賛辞の声が集まっている。

 リバプールから4人が選出されるのは、アラン・ハンセン、スティーブ・マクマホン、ジョン・バーンズ、ピーター・ベアーズリーが名を連ねた1989-90シーズン以来、29年ぶりの快挙だ。ちなみにこのシーズンを最後にリバプールは国内リーグの優勝から遠のいている。

4/29(月) 6:58配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190429-00057699-sdigestw-socc

写真
https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/rcms_conv_webp/files/topics/57699_ext_04_0_1556190800.webp?v=1556489424



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、マタ先制弾もGKデヘアのファンブルで追い付かれチェルシーと1-1ドロー CL圏遠のく

マンチェスター・U、守護神のファンブルでチェルシーと痛恨ドロー…CL出場権が遠のく/プレミアリーグ第36節
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190429-00010001-goal-socc
マタ2019第36節.jpg

現地時間28日、イングランド・プレミアリーグは第36節が行われ、6位マンチェスター・ユナイテッドはホームのオールド・トラフォードに4位チェルシーを迎えた。

勝ち点3差で迎えた、チャンピオンズリーグ出場権を争う直接対決。今シーズン最後のビッグマッチとも呼ばれるこの一戦、特にホームのユナイテッドにとってはCL出場に向けて絶対に勝たなければならない試合だった。

そのモチベーションの高さが、立ち上がりのユナイテッドに大きな影響を与えていた。開始わずか4分、ルーク・ショーのロングパスに抜け出したロメル・ルカクがエリア内でキープしてシュートを放つも、ここはGKケパがブロックする。

さらに11分、ショーがポール・ポグバに預けてオーバーラップし、、ポグバからのパスを受けたルカクがペナルティーエリア内左に浮き球のパスを送る。3人目の動きで抜け出したショーの折り返しを、フアン・マタが右足で流し込み攻勢のユナイテッドが先制する。この日が誕生日のマタにとっては嬉しいバースデーゴールとなった。

その後もユナイテッドは中盤のパスワークでチェルシーのプレスを掻い潜り、ルカクとマーカス・ラッシュフォードが左右に動きながらボールを受けて攻撃に幅を持たせる。29分には、左CKをエリック・バイリーが頭で合わせるが、ゴール右へとわずかに外れる。

一方、“サッリボール”と呼ばれるパスワークが影を潜め、前線からプレスをかけるもうまくかわされてしまうチェルシーは、前線のゴンサロ・イグアインにボールが収まらず、頼みのエデン・アザールもサイドでボールを受けることが多くゴールに近い位置でプレーすることができない。

枠内シュートも0本のまま時間が過ぎていく中、43分にアントニオ・リュディガーがロングレンジからシュートを選択。強烈なシュートが枠を捉えると、GKダビド・デ・ヘアがファンブルし、こぼれ球をマルコス・アロンソが流し込んでチェルシーが同点に追いつく。

前半、ほぼプラン通りに試合を進めながらも追加点が奪えず、守護神の思わぬミスで同点に追いつかれてしまったユナイテッド。追いついたとはいえ、ボールポゼッションで持ち直しながらもほとんどシュートチャンスを作ることができなかったチェルシー。後半も拮抗した展開が続く中、62分にチェルシーにアクシデントが発生。リュディガーが左ひざを痛め、プレー続行不可能となってしまう。

ルベン・ロフタス=チークを投入しようと準備していた直前だったため、急遽、交代を変更してアンドレアス・クリステンセンが65分に投入された。ユナイテッドも同じタイミングでラッシュフォードに代えてアレクシス・サンチェスを投入する。

すると今度はユナイテッドにもアクシデントが。マテオ・コヴァチッチとの接触でバイリーが負傷し、71分にマルコス・ロホが投入される。

75分、チェルシーはロフタス=チークをコヴァチッチに代えて投入。膠着した展開を打破しようと試みるが、互いに決定機が遠い状況のまま。勝ち点3が欲しいユナイテッドは81分にマタを下げてスコット・マクトミネイを投入し交代枠を使い切る。

チェルシーはロホの危険なタックルを受けて足を痛めたウィリアンを84分にペドロと交代させ、こちらも3枚目のカードを切る。

両チームに負傷者が出て治療に時間を使ったこともあり、7分と長く取られたアディショナルタイム。93分にアシュリー・ヤングの左CKをロホがフリーで合わせるが、ゴールの中にいたペドロが頭でクリアしピンチを脱する。

終盤はユナイテッドがパワープレー気味にロングボールを多用して攻め込むが、チェルシーもペドロがアクセントとなり、互いに攻め合う展開となるも、決勝ゴールは生まれず。勝ち点1を分け合う結果に終わった。長かったリーグ戦も残り2試合、優勝争いと共にCL出場権争いも佳境を迎えている。

■試合結果
マンチェスター・U 1-1 チェルシー

■得点者
マンチェスター・U:マタ(11分)
チェルシー:M・アロンソ(43分)

† Red Devils Manchester United 1362 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1556468461/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:00 | 大阪 | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンC、アグエロ5年連続20ゴール達成でアンリ氏の記録に並ぶ!バーンリーに苦しみながらも1-0勝利!

シティが苦しみながらも12連勝!アグエロは5年連続20ゴール達成
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190429-43466448-gekisaka-socc
アグエロ2019第36節ゴール.jpg

[4.28 プレミアリーグ第36節 バーンリー0-1マンチェスター・C]

 マンチェスター・シティは28日、プレミアリーグ第36節でバーンリーと対戦し、1-0で逃げ切った。

 24日に第31節延期分でマンチェスター・ユナイテッドと対戦し、2-0でマンチェスター・ダービーを制したシティ。先発は1人を入れ替え、その試合で負傷したMFフェルナンジーニョに代えてMFリロイ・サネを起用した。

 前半はバーンリーが連携の取れた守備を形成。体を張ってブロックするなど集中した守りでシティの攻撃を防いだ。これにより、前半はスコアレスのまま終了。バーンリーの奮闘が光った前半だった。

 しかし、後半に入ると、シティが攻撃のテンポを上げ、バーンリーの統率された守備に綻びが見え始める。後半4分、左サイドからMFオレクサンドル・ジンチェンコが上げたクロスをDFアイメリック・ラポルトがヘディングシュート。7分にもFWラヒーム・スターリングのシュートのこぼれ球からMFベルナルド・シウバが左足を振り抜いたが、強烈なシュートはGKトム・ヒートンに阻まれた。

 その後もシティが波状攻撃で揺さぶると、後半18分に待望の先制点が生まれる。B・シウバが低い弾道の浮き球パスをPA中央に送り、FWセルヒオ・アグエロが粘って左足シュートを放つ。ライン上でDFマシュー・ロートンにクリアされたが、ゴールライン・テクノロジー(GLT)により得点が認められた。

 直後にシティはサネを下げてFWガブリエル・ジェズスを投入する。後半30分には、大きなサイドチェンジからジェズスがファーストタッチで相手の裏を取り、PA左へ進入。GKヒートンをかわして右足を振り抜いたが、カバーに入っていたDFベン・ミーにライン上でブロックされ、追加点とはならなかった。

 試合はそのまま1-0でシティが勝利。リーグ12連勝とした。なお、アグエロは5年連続20ゴールを達成。これは2005-06シーズンのティエリ・アンリ氏以来、歴代2人目となる。


BLUEMOON マンチェスターシティ 324cityzens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1556117888/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川真司、絶妙ワンツーアシスト!リャイッチのゴール演出!ロングパスでチャンスメイク連発しベシクタシュの4-1大勝に貢献

ベジクタシュ香川、絶妙ワンツーでチーム4点目アシスト! リーグ6連勝で首位猛追
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190429-00185645-soccermzw-socc
香川2019第30節.jpg


アンカラギュジュ戦に途中出場の香川、失点直後にMFリャイッチのゴールを演出
 日本代表MF香川真司の所属するトルコ1部ベジクタシュは現地時間28日、ホームでアンカラギュジュと対戦した。香川はベンチスタートとなったなか、ベジクタシュは4-1の快勝。後半途中に投入された香川はチーム4点目をアシストするなど、軽快な動きを見せて勝利に貢献している。

 試合は前半8分にエースFWブラク・ユルマズの強烈なシュートが決まり、ベジクタシュが先制。内容的に圧倒しているわけではないものの、アンカラギュジュにビッグチャンスは与えないようにリスク管理をしながら試合を進め、前半を1点リードのまま折り返した。

 すると後半9分にMFビダが相手GKのミスからボールを拾い、無人のゴールに蹴り込み追加点を奪取し、さらに同18分にはユルマズがPKを落ち着いて決めてリードを3点に広げることに成功している。そして直後の同19分、MFギュベン・ヤルチンに代わって香川が投入され、トップ下に入った。

 後半34分にはPKから1点を返されたベジクタシュだが、大崩れすることはなく立て直すと、同35分に香川が得点を演出する。左サイドから切れ込んだMFアデム・リャイッチからパスを受けた香川は、ワンタッチで正確なリターンパス。香川のアシストによってディフェンスラインの裏に抜け出したリャイッチが、落ち着いてネットを揺らした。

 その後も香川は前線でチャンスをうかがい、後半44分にはゴール前のこぼれ球を拾おうと猛チャージを見せたが、DFのカバーリングによって防がれた。後半アディショナルタイムに入っても攻撃的な姿勢を貫いたベジクタシュだが、追加点は生まれず。4-1のまま試合終了となった。

 これでリーグ6連勝となったベジクタシュは、首位のバシャクシェヒルと勝ち点3差の3位につけている。残り4試合での逆転優勝の可能性も、徐々に現実味を帯びてきた。

※海外サッカー板などでスレッドが立ちましたら、後程追記します

【DAZN】ベシクタシュ×アンカラギュジュ
http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livefoot/1556465966/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 03:19 | 大阪 | Comment(9) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング