アンテナ・まとめ RSS

2019年05月04日

トッテナム、ソンフンミン退場・途中出場フォイス2分13秒で退場しボーンマスに敗戦…CL出場圏はさらに混戦に(関連まとめ)

【サッカー】<FWソン・フンミン(トッテナム)>”突き飛ばし”で一発退場! 次節出場停止でシーズン終了・・・
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1556976213/
ソン2019第37節退場.jpg

1: Egg ★ 2019/05/04(土) 22:23:33.27 ID:oAceCh1r9.net

ボーンマスMFレルマに対して怒りを露わにし、両手で突き飛ばしてプロ2度目の退場
 
トットナムの韓国代表FWソン・フンミンは現地時間4日のプレミアリーグ第37節、敵地ボーンマス戦に先発出場したが、前半44分に相手選手を突き飛ばしてプロキャリア2度目の一発退場処分を受けた。これで最終節は出場停止となり、一足先にプレミアリーグのシーズンを終えることが決まった。

0-0で迎えた前半44分、ソン・フンミンは自身のファウルでプレーが止まった際にボールを手で拾い上げようとした。そこへ体をぶつけてきたコロンビア代表MFジェフェルソン・レルマに対して怒りを露わにし、思わず両手で突き飛ばした。
その様子を近くで見ていた主審は迷わずにレッドカードを提示。韓国代表FWに退場を宣告した。

英サッカー専門サイト「Squawka」は、ソン・フンミンの退場はレバークーゼン時代の2014年10月以来キャリア2度目だと紹介。また、英公共放送局「BBC」によれば、プレミアリーグでレッドカードを受けた初の韓国人選手になったという。珍しく感情を抑えることができなかった。

これにより、ソン・フンミンはプレミアリーグ最終節で出場停止となることが確定。UEFAチャンピオンズリーグでの戦いは残っているものの、今季のプレミアリーグではこの退場がラストプレーとなった。

5/4(土) 21:40配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190504-00186906-soccermzw-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20190504-00186906-soccermzw-000-view.jpg



ソン・フンミン退場、フォイス2分13秒で退場…9人のトッテナム敗戦でCL出場権争いは大混戦/プレミアリーグ第37節
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190504-00010029-goal-socc

プレミアリーグは4日に第37節が行われ、トッテナムはボーンマスと対戦した。

先日のチャンピオンズリーグ(CL)準決勝第1戦でアヤックスに敗れ、公式戦直近5試合で4敗目を喫したトッテナム。現在4位チェルシーと勝ち点2差の3位につけているが、ケガ人が続出する中で激しいトップ4争いに巻き込まれている。3位を確実なものとするために勝利が欲しい状況で、14位ボーンマスの本拠地バイタリティ・スタジアムに乗り込んだ。

アヤックス戦で頭部を痛めて交代したフェルトンゲンはベンチ外、またケインも引き続きメンバー外に。8日にはCLセカンドレグを控える中、ソン・フンミンやエリクソンらが先発した。一方ボーンマスでは、19歳のGKマーク・トラバーズがプレミアリーグ初先発を飾った。

過密日程に加えてランチタイムキックオフということもあり、やや動きのキレを欠くトッテナム。19分にルーカスのシュートで相手守備陣を脅かすが、多くの決定機を生み出すには至らない。24分にもルーカスがシュートを放ったが、GKトラバースのセーブに防がれた。徐々に圧力を強めるトッテナムだが、GKトラバースが立ちはだかり中々ゴールをこじ開けられない。30分過ぎには1枚警告を受けていたダイアーが後ろからタックルを仕掛け、あわや退場かと思われたが、ここは笛が鳴らなかった。前半終了前にはピンチを迎えたが、GKロリスが防ぎ失点を許さず。

しかし44分、試合を左右するような大きな出来事が。ソン・フンミンがファールを取られると、後ろからボールを蹴ろうとしたレルマに激高。突き飛ばしてしまい、一発退場となった。通常レッドカードは3試合の出場停止となるため、ソン・フンミンのプレミアリーグの今シーズンは終了となった。前半はスコアレスで折り返す。

後半開始から警告を受けていたアルデルヴァイレルトとダイアーを下げたトッテナムだったが、48分にフォイスが危険なタックルで一発退場。後半投入された21歳DFだが、プレー開始からわずか2分13秒で退場となった。トッテナムは9人となる。

その後ボーンマスにボールを握られ、ゴール前を固めるトッテナム。ボーンマスが攻撃の精度を欠くこともあり、猛攻を受けながらも失点は許さない。

しかし後半アディショナルタイム、トッテナムはついに力尽きる。CKからアケがヘッドでゴールを奪った。ボーンマスはこのままリードを守りきり、ホーム最終戦を1-0の勝利で飾った。

この結果、トッテナムは直近公式戦6試合で5敗目を喫した。勝ち点は70のままとなり、トップ4フィニッシュを確定できず。翌日に試合を控える2ポイント差の4位チェルシーに抜かれる可能性がある。また5位アーセナルが勝利した場合、1ポイント差に詰め寄られることとなった。

トッテナムは8日にアヤックスとのCL準決勝セカンドレグを戦った後、12日の最終節でエヴァートンと対戦する。しかし、この一戦ではソン・フンミンを欠くことが決定し、ケインも欠場することが濃厚。最終盤にして、トップ4フィニッシュに暗雲が立ち込めている。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:16 | 大阪 | Comment(19) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長谷部同僚ヨビッチ、レアル・マドリードに移籍決定か?移籍金75億円の6年契約とスペイン紙報道(関連まとめ)

【サッカー】フランクフルトFWヨビッチ、75億円でレアル・マドリー移籍決定か…6年契約締結とスペインメディア報道
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1556969907/
ヨビッチ2019フランクフルト.jpg

1: 久太郎 ★ 2019/05/04(土) 20:38:27.82 ID:MbO8E2lG9

大注目の神童ヨビッチ、75億円でレアル・マドリー移籍決定か…6年契約締結と西メディア報道

レアル・マドリーは、フランクフルトFWルカ・ヨビッチの獲得を決めたようだ。スペイン『as』が報じている。

残り3試合となったブンデスリーガで4位につけ、ヨーロッパリーグでも準決勝に進むなど躍進を見せるフランクフルト。その中で、ヨビッチは公式戦44試合で26ゴールを挙げるなどチームの中心として活躍している。ベンフィカからの期限付き移籍という形で所属していた21歳FWに対し、先日フランクフルトは買い取りプションを行使。正式に保有権がフランクフルトに移ることが決まっていた。

躍進を支えるヨビッチだが、そのパフォーマンスから多くのビッグクラブの関心を集めている。中でもバルセロナやレアル・マドリーが獲得に熱心だと伝えられており、フランクフルトSDは「レアル・マドリーのようなビッグクラブが望めば、彼をとどめるチャンスがないことも分かっている」と語り、オファーがあれば移籍はやむを得ないと認めていた。

そして3日、『as』はレアル・マドリーがヨビッチ獲得を決めたと報じている。移籍金は6000万ユーロ(約75億円)で、選手とは6年契約を結ぶようだ。なお移籍金の20%である1200万ユーロ(約15億円)は、前所属のベンフィカと代理人で分け合うことになるという。最近ではパリ・サンジェルマンがオファーを出すなど争奪戦が激化していたが、他クラブとの交渉が進む前に確保した形となる。

なお、レアル・マドリーではFWカリム・ベンゼマの負担を減らす役割のほか、共存できるとも考えられているようだ。

また同メディアによると、ヨビッチの代役の補強を狙うフランクフルトは、フベニルA(レアル・マドリーU-19)FWペドロ・ルイスを望んでおり、今回の交渉を利用して19歳FWの引き入れを画策しているようだ。

世界中のビッグクラブが獲得を狙っていたヨビッチ。そんなセルビアの神童は、レアル・マドリーが確保することに成功したようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190504-00010016-goal-socc



※後程、フランクフルトSDから否定報道でました。
フランクフルト幹部、エースFWのレアル移籍合意報道を否定。「接触はない」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190504-00320135-footballc-socc

 フランクフルトのフレディ・ボビッチSD(スポーツディレクター)は、同クラブ所属のセルビア代表FWルカ・ヨビッチがレアル・マドリーへの移籍に合意したという報道を否定した。米『ESPN』が同SDのコメントを伝えている。

 現在21歳のヨビッチは今季フランクフルトで最大の得点源として活躍。ブンデスリーガで17得点、公式戦合計26得点を叩き出し、守備の要を務める長谷部誠らとともにチームの好成績に大きく貢献している。

 その活躍には多くのビッグクラブも関心を示し、特にマドリーが有力な移籍先候補だと噂されてきた。スペイン紙『アス』は3日付で、移籍金6000万ユーロ(約74億7000万円)でのマドリー移籍が両クラブおよび選手の間で合意に達したと報じた。

 だがボビッチSDは合意を強く否定している。「レアル・マドリーとは何の接触もない。嘘をつく必要などない。本当に彼らからの連絡はまだ何も受けていない」と同SDは語った。

 移籍金の20%が前所属クラブのベンフィカに支払われる契約の存在もあり、フランクフルトは6000万ユーロをさらに上回る移籍金を要求する考えではないかとの見方も伝えられている。果たしてマドリーへの移籍は実現するのだろうか。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:22 | 大阪 | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鹿児島、柏に逆転勝利し暫定でJ2最下位脱出!大宮も大前2得点演出で愛媛に2-1逆転勝利!新潟は山口に2-0快勝!J2第12節(関連まとめ)

【サッカー】J2第12節土曜 鹿児島×柏、大宮×愛媛、新潟×山口 結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1556953315/
牛之濱2019第12節ゴール.jpg

1: 久太郎 ★ 2019/05/04(土) 16:01:55.79 ID:MbO8E2lG9.net

鹿児島 2−1 柏
[得点者]
12'江坂 任  (柏)
45+2'五領 淳樹(鹿児島)
67'牛之M 拓 (鹿児島)

スタジアム:白波スタジアム
入場者数:7,965人
https://www.jleague.jp/match/j2/2019/050406/live/#live


大宮 2−1 愛媛
[得点者]
09'山瀬 功治(愛媛)
79'河面 旺成(大宮)
87'石川 俊輝(大宮)

スタジアム:NACK5スタジアム大宮
入場者数:11,732人
https://www.jleague.jp/match/j2/2019/050407/live/#live

新潟 2−0 山口
[得点者]
16'レオナルド(新潟)
45'渡邊 凌磨(新潟)

スタジアム:デンカビッグスワンスタジアム
入場者数:20,121人
https://www.jleague.jp/match/j2/2019/050408/live/#live


J2順位表
https://www.jleague.jp/standings/j2/


9: 久太郎 ★ 2019/05/04(土) 16:03:37.24 ID:MbO8E2lG9.net

>>1
J2最下位の鹿児島が逆転で柏を撃破! Jリーグ唯一の“令”と“和”の新元号コンビは共演ならず

[5.4 J2第12節 鹿児島2-1柏 白波スタ]

 J2第12節が4日に行われ、22位鹿児島ユナイテッドFCはホームで暫定6位の柏レイソルに2-1で勝利した。前半12分に柏のFW江坂任に先制点を献上したが、同アディショナルタイム2分にMF五領淳樹、後半22分にMF牛之濱拓が決めて逆転。柏の反撃をしのぎ、2試合ぶりの白星で3戦負けなし(2勝1分)とした。

 3試合連続のスコアレスドローでゴールから遠ざかっていた柏だったが、序盤に幸先よく先制する。前半12分、右CKからキッカーのFWクリスティアーノが右足でクロスを送り、PA内中央で相手に競り勝った江坂がヘディングシュート。ゴール左に決まり、背番号10の今季初得点で1-0とした。

 ビハインドを負った鹿児島はボールを丁寧につないで反撃を図る。前半27分、複数人が絡んだパスワークから五領がPA内右にフリーで走り込み、右足でシュート。しかし、利き足と逆だったこともあり、ゴール左に外れた。

 それでも次のチャンスをしっかりと仕留める。前半アディショナルタイム2分、左サイドでのボール回しから牛之濱が折り返し、PA内中央の五領が左足でダイレクトシュート。GK中村航輔が動けないままゴール左に突き刺さり、1-1でハーフタイムを迎えた。

 後半22分には縦に速い攻撃から途中出場のFW韓勇太がドリブルで持ち上がり、右の五領にパス。五領がワンタッチで折り返すと、左から走り込んだ牛之濱は飛び出したGK中村にコースを消されていたが、左足で冷静に浮かせてネットを揺らす。これが決勝点となり、昨季までJ1に所属していた相手に2-1で逆転勝利。一方、柏は6試合ぶりの敗戦で5試合未勝利(4分1敗)となった。

 なお、鹿児島はJリーガーで唯一“令”が名前に含まれているFW米澤令衣が2試合連続で欠場。“和”が名前に含まれるDF砂森和也は先発フル出場したが、新元号『令和』への改元後初のゲームで2人の共演は叶わなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190504-43466625-gekisaka-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:22 | 大阪 | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大分、鳥栖との九州ダービー制し3位浮上!鳥栖は監督欠席で金コーチが暫定指揮 名古屋は湘南に追い付き1-1ドロー!FC東京はG大阪と引き分け連勝は「4」でストップ J1第10節夕(関連まとめ)

【サッカー】J1第10節夕 湘南×名古屋、G大阪×FC東京、大分×鳥栖
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1556960309/
オナイウ2019第10節ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/05/04(土) 17:58:29.89 ID:MbO8E2lG9.net

湘南 1−1 名古屋
[得点者]
45+1'山ア 凌吾   (湘南)PK
65'ジョアン シミッチ(名古屋)

スタジアム:Shonan BMW スタジアム平塚
入場者数:14,221人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/050403/live/#live

G大阪 0−0 FC東京
[得点者]
なし
スタジアム:パナソニック スタジアム 吹田
入場者数:33,905人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/050404/live/#live

大分 2−0 鳥栖
[得点者]
48'オナイウ 阿道(大分)
60'小塚 和季  (大分)

スタジアム:昭和電工ドーム大分
入場者数:24,516人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/050405/live/#live

J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/


10: 久太郎 ★ 2019/05/04(土) 17:59:37.08 ID:MbO8E2lG9.net

>>1
昇格組大分が5戦無敗で3位浮上!! “監督欠席”鳥栖は通算1ゴールで10試合終了

[5.4 J1第10節 大分2-0鳥栖 昭和電ド]

 J1リーグは4日、第10節を各地で行い、昇格組の大分トリニータがサガン鳥栖との6年ぶりの『九州ダービー』を2-0で制した。5試合負けなし(3勝2分)で3位浮上。不振の続く鳥栖は指揮官がベンチ入りせず、今季9試合目の無得点。10試合をわずか1得点で終えた。

 ホームの大分は前節のC大阪戦(△0-0)から先発1人を変更。DF福森直也がメンバーを外れ、大分U-18から昇格したDF高畑奎汰がプロ入り初先発を飾った。対する鳥栖はルイス・カレーラス監督がベンチ入りせず、前節の湘南戦(●0-2)から4人を変更。金明輝コーチの指揮下でFWフェルナンド・トーレス、FW金崎夢生が前線に復帰した。

 試合はお互いに堅い立ち上がり。大分が一方的にボールを握り、敵陣にサイドを使いながら攻め込もうと目論むが、3-4-2-1で構える鳥栖守備陣もなかなか侵入を許さない。前半30分、大分はMF松本怜の浮き球パスからDF岩田智輝がペナルティエリア角を取ったが、クロスは相手ディフェンスに阻まれた。

 大分は前半40分、松本のクロスにDF鈴木義宜が頭で合わせたが枠内には飛ばず。鳥栖は同42分、右からのクロスに反応したMF原川力のシュートはミートせず、ファーサイドに流れたボールはFWフェルナンド・トーレスがダイレクトで狙ったが、これも大きく枠を外れていった。

 ハーフタイムを終えた後半3分、ようやく大分が均衡を破った。MF高山薫のボールキープから左サイドを破ると、高畑が鋭いクロスを供給。ニアサイドでFW藤本憲明がつぶれ、ファーのFWオナイウ阿道が落ち着いてネットを揺らした。対する鳥栖は同5分、トーレスに代わってMF安庸佑を投入し、暗い雰囲気を打開しにかかる。

 それでも後半15分、大分は右サイドをオーバーラップした岩田がアーリークロスを送ると、ニアサイドのDF高橋祐治に当たってコースが変わり、ファーに走り込んだMF小塚和季が反応。角度のないところからヘディングシュートを流し込み、待望の自身J1初ゴールでリードを2点に広げた。

 鳥栖は後半18分、左サイドからのクロスをFW金崎夢生が頭で合わせたが、ここはGK高木駿がビッグセーブで防ぐ。その後は大分にボールを持たれる展開が続き、スコアは動かないままタイムアップ。カレーラス監督の事実上解任が推測される中、今季9試合目の無得点試合となった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190504-43466631-gekisaka-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

酒井宏樹、体を張って先制アシストも…マルセイユはストラスブールと1-1ドロー EL圏遠ざかる(関連まとめ)

【サッカー】酒井宏樹、先制アシストも逃げ切れず痛いドロー
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1556946182/
酒井宏樹2019第35節.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/05/04(土) 14:03:02.26 ID:MbO8E2lG9.net

<フランスリーグ:ストラスブール1−1マルセイユ>◇3日◇ストラスブール

DF酒井宏樹が所属するマルセイユはGK川島永嗣が所属するストラスブールとアウェーで1−1で引き分けた。

後半2分、縦パスからのカウンター攻撃で右サイドバックで先発した酒井が右へ流れたFWバロテリと交差して中央へ走り込み、バロテリのパスを受け相手DFを背負いながら落としたボールをFWジャーメインが流し込んで先制。しかし、同20分にDFラミのファウルでPKを献上。MFマルタンのキックはGKマンダンダがセーブしたが、こぼれ球をDFララに押し込まれて同点に追いつかれた。

酒井はフル出場。川島はベンチ入りしなかった。

マルセイユは16勝7分け12敗の勝ち点55で暫定5位。欧州リーグ圏の4位サンテティエンヌとは暫定で4差となり痛いドローとなった。ストラスブールは10勝16分け9敗の勝ち点46で暫定9位。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190504-05040029-nksports-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(2) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

札幌、進藤スーパーオーバーヘッド弾&鈴木武蔵強烈ダイビングヘッド弾で神戸に2-1逆転勝利!C大阪はメンデス・奥埜の新加入組ゴールで松本に2-0快勝!J1第10節(関連まとめ)

【サッカー】J1第10節昼 札幌×柏、松本×C大阪 結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1556953071/
鈴木武蔵2019第10節.jpg

1: 久太郎 ★ 2019/05/04(土) 15:57:51.14 ID:MbO8E2lG9.net

札幌 2−1 神戸
[得点者]
62'ダビド ビジャ(神戸)PK
68'進藤 亮佑  (札幌)
75'鈴木 武蔵  (札幌)

スタジアム:札幌ドーム
入場者数:34,591人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/050401/live/#live


松本 0−2 C大阪
[得点者]
21'ブルーノ メンデス(C大阪)
83'奥埜 博亮    (C大阪)

スタジアム:サンプロ アルウィン
入場者数:18,397人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/050402/live/#live


J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/


29: 久太郎 ★ 2019/05/04(土) 15:58:56.27 ID:MbO8E2lG9.net

>>1
札幌、進藤バイシクル&武蔵ヘッドで4連勝!! “VIP”揃わない神戸はビジャ弾守れず4連敗

[5.4 J1第10節 札幌2-1神戸 札幌ド]

 J1リーグは4日、第10節を各地で行い、北海道コンサドーレ札幌がヴィッセル神戸に2-1で逆転勝ちした。これでリーグ4連勝。一方の神戸はメンバーに大幅なテコ入れを行ったが、FWダビド・ビジャの得点で奪ったリードを守り切れず4連敗となった。

 ホームの札幌はここまで得点ランキング首位タイのFWアンデルソン・ロペスが前節の磐田戦(○2-1)で負傷し、長期離脱が決定。先発1人を入れ替え、MF荒野拓馬が入った。対する神戸はMFアンドレス・イニエスタとFWルーカス・ポドルスキがメンバー外となり、前節の川崎F戦(●1-2)から5人の入れ替えを敢行した。

 立ち上がりは4-4-2の布陣を採用し、出足の良いボールアプローチを見せる神戸が押し込んだ。前半11分、MF三田啓貴の直接FKは惜しくも枠外。札幌は同12分、人数をかけた攻撃からDF進藤亮佑がペナルティエリアまで攻め上がり、鋭く折り返したが今季初先発のDF宮大樹がブロックした。

 徐々にペースを取り戻した札幌は前半14分、MFチャナティップのスルーパスにFW鈴木武蔵がフリーで抜け出すも、猛スピードで戻ってきたDFダンクレーが阻止。カウンター攻撃を狙う神戸は同40分、FW古橋亨梧のクロスにFWダビド・ビジャが合わせたが、わずかにゴールマウスを外れた。

 後半の立ち上がりも札幌が優勢を保ったが、神戸も8分、三田が果敢なドリブル突破から右足でシュートを狙い、4試合ぶりスタメン復帰の勢いを見せつける。すると神戸は同15分、DF西大伍がペナルティエリア内でDF福森晃斗に倒されてPKを獲得。これを同17分、ビジャが落ち着いて決め、今季4得点目が先制点につながった。

 1点ビハインドを負った札幌だったが後半23分、右サイドで得たFKを福森が左足で蹴りこむと、ゴール前でダンクレーのクリアが味方に当たってペナルティエリア内へ。このセカンドボールに進藤が反応し、豪快なバイシクルシュートでネットを揺らした。進藤はここ4試合で3得点目。再び試合が振り出しに戻った。

 さらに後半30分、札幌は右サイドのペナルティエリア角でMF宮澤裕樹がタメを作り、右サイドにはたいて途中出場MF早坂良太が鋭いクロスを配給。これに反応したFW鈴木武蔵が力強いヘディングシュートで叩き込み、瞬く間に逆転に成功した。最後はGKク・ソンユンのビッグセーブもあり、そのままタイムアップ。札幌が豪快な2得点で逆転勝利をおさめた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190504-43466627-gekisaka-socc


178: 久太郎 ★ 2019/05/04(土) 16:05:56.23 ID:MbO8E2lG9.net

>>1
3戦不発のC大阪を救ったのはメンデス&奥埜!!新加入アベック弾で松本に勝利

[5.4 J1第10節 松本 0-2 C大阪 サンアル]

 J1第10節が4日に開催され、暫定14位のセレッソ大阪は敵地で11位松本山雅FCと対戦し、2-0で勝利を収めた。前半21分にFWブルーノ・メンデス、後半38分にMF奥埜博亮と、新加入の2選手が揃って今季初ゴール。5試合ぶりの白星で2戦負けなし(1勝1分)とした。

 前節終了時点で総得点がリーグワースト3位の松本(6得点)と同2位C大阪(5得点)の対決。互いに攻撃面に課題を抱える中、先にスコアを動かしたのはアウェーのC大阪だった。

 前半21分、右サイド後方のMF水沼宏太が前線に入れたボールをメンデスがヘディングで裏のスペースへ流し、走り込んだ奥埜がゴールライン際からクロスを送る。ニアのメンデスが頭でそらすようにゴール左に決め、加入後リーグ戦初得点をマーク。3試合連続ノーゴール中だったC大阪は、チームとして4試合ぶりの得点となった。

 後半もボールを保持して主導権を握ったC大阪。後半16分にPA内へ抜け出したFW都倉賢がGK村山智彦との1対1を迎え、同24分には都倉のヘディングの落としから水沼が至近距離でシュートを放つが、いずれも追加点には至らない。

 それでも後半38分、PA内中央で水沼がつぶれ、こぼれ球を拾ったメンデスが左足でシュートを打つと、GK村山に弾かれたボールを奥埜が右足で押し込む。今季加入した奥埜は、これが新天地での初ゴール。2点のリードを守り抜いたC大阪が5試合ぶりの勝利をつかんだ。松本は2試合連続の無得点と複数失点。今季2度目の連敗を喫した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190504-43466628-gekisaka-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:44 | 大阪 ☀ | Comment(7) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミラン、チーム全員で強制合宿!バカヨコのガス欠遅刻で連帯責任か?

【サッカー】<ACミラン>選手全員に5日間の強制合宿!MFバカヨコのガス欠遅刻で“連帯責任”か
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1556808260/
バカヨコミラン.jpg

1: Egg ★ 2019/05/02(木) 23:44:20.93 ID:mk6jKwsl9.net

 セリエAで苦しい状況に陥ったミランは、選手全員に5日間の“強制合宿”を課すことを決めた。その最終的なきっかけとなったのは、MFティエムエ・バカヨコの練習遅刻だとみられている。イタリア『スカイ』などが伝えた。

 ミランは先月24日にコッパ・イタリア準決勝2ndレグのラツィオ戦に敗れて決勝進出を逃したのに続いて、28日にはセリエAのトリノ戦にも敗戦。来季チャンピオンズリーグ(CL)出場圏内の4位から陥落し、一気に7位にまで順位を落とした。

 残りの4試合で状況を立て直し、CL出場権獲得の至上命題を達成するため、クラブは選手たちに対して改めて最大限の努力とプロ意識を要求していた。だが緊張感が求められるその状況の中で、1日午前の練習にバカヨコが約1時間遅れて到着したという。

 伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などによれば、バカヨコは練習に向かう車のガス欠が遅刻の理由だと主張しているとのこと。いずれにしても同選手の遅刻に激怒したジェンナーロ・ガットゥーゾ監督は、チーム全体に合宿を命じたようだ。

 次節のホームでのボローニャ戦が行われる6日まで、選手たちは5日間にわたって帰宅できず、練習場に拘束されることになる。また、バカヨコには重い罰金処分も科される見通しだと伝えられている。

 バカヨコは先月13日のラツィオ戦でも、MFフランク・ケシエとともに相手選手と交換したユニフォームを挑発的に掲げたとして、イタリアサッカー連盟(FIGC)からの罰金処分を受けたばかりだった。

5/2(木) 20:05 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190502-00319913-footballc-socc

写真https://img.footballchannel.jp/wordpress/assets/2019/05/20190502_bakayoko_getty.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:35 | 大阪 ☀ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本田圭佑、欧州復帰の可能性!メルボルンからの4億円オファーを断り欧州クラブ移籍か

【サッカー】本田が欧州復帰の可能性 メルボルンVの約4億円の年俸を蹴って欧州のクラブへ移籍か
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1556918251/
本田圭佑2019メルボルン試合後.jpg
1: 豆次郎 ★ 2019/05/04(土) 06:17:31.28 ID:8kjI0NS99.net

5/4(土) 4:00配信
オーストラリアAリーグのメルボルン・ビクトリーMF本田圭佑(32)が今夏、欧州に復帰する可能性があることが3日、分かった。20年東京五輪を年齢制限外のオーバーエージ枠で日本代表として戦い、金メダルを獲得するという最大の目標のため、より高いレベルでのプレーを求めているようだ。セリエAの名門ACミランに所属した16−17年シーズン以来、3季ぶりに欧州に舞い戻る可能性が出てきた。


その動きを裏付けるようにこの日、オーストラリアの有力メディアFOXスポーツ電子版が去就について、コメント入りの記事を掲載。その中で「まだ来シーズン、どこでプレーするのか決めていない。ただ、1年だけ在籍するということは分かっていたこと。誰も驚かず、誰もがっかりしないでほしい」と退団を示唆した。

もともと契約は今季限り。ミランを退団しパチューカ(メキシコ)に移籍した時から、1年契約を貫く。出身地を「アース(地球)」と表現し、移籍金に縛られず“身軽”な立場で、世界をまたにかけ、実質的なカンボジア代表監督も務めている。欧州の有力エージェントによれば、すでに欧州各国リーグの複数クラブから、オファーが舞い込んでいるという。

クラブは契約更新を望んでおり、残留すれば破格の年俸360万ドル(約4億円)を再び手にできる見込みだが、南半球での挑戦はひと区切りとするようだ。08年に欧州に渡り12年目。新天地にオランダ、ロシア、イタリア以外を選べばメキシコ、オーストラリアも加え実に6カ国目となる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190504-05031307-nksports-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 14:34 | 大阪 | Comment(7) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

札幌アンデルソン・ロペス、左ひざ靭帯損傷で一時帰国…今季得点ランク首位(関連まとめ)

得点王の札幌アンデルソン・ロペス、負傷で一時帰国
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190504-05040209-nksports-socc
Aロペス松葉づえ.jpg

コンサドーレ札幌は4日、FWアンデルソン・ロペス(25)が左膝靱帯(じんたい)損傷と診断されたと発表した。

4月28日磐田戦で負傷し、同29日に札幌市内の病院で検査を受けていた。現在は治療のため、ブラジルへ一時帰国している。

ロペスは今季加入。開幕から先発を務め、9試合で7得点を挙げてリーグ最多に並んでいた。

順調に回復すれば、今夏には復帰が可能と見られる。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11790
https://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/soccer/1556937236/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:04 | 大阪 | Comment(1) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊東純也、技有ゴール!今季3得点目!ゲンクはアントワープに4-0完勝し2位以上が確定!(関連まとめ)

【サッカー】伊東純也、今季3点目を技アリシュートでゲット! ヘンクはホームで快勝、2位以上が確定
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1556917839/
伊東2019PO第7節3点目.jpg
1: 豆次郎 ★ 2019/05/04(土) 06:10:39.25 ID:8kjI0NS99.net

5/4(土) 5:28配信
伊東純也、今季3点目を技アリシュートでゲット! ヘンクはホームで快勝、2位以上が確定

アントワープを突き放す3点目の技アリゴール!

 現地時間5月3日にベルギーリーグのプレーオフ1第7節が行なわれた。伊東純也が所属する現在首位のヘンクは、ホームでアントワープと対戦し、4-0で勝利。先発出場した伊東は、フル出場した。


 ヘンクが参加しているプレーオフ1(PO1)は、レギュラーシーズンの最終的な勝点を半分にした状態で6チームがホーム&アウェーの総当たり戦を行なう。PO1に勝利し、リーグ優勝を決めたチームには、来シーズンのチャンピオンズ・リーグ(CL)出場権が与えられる仕組みだ。

 リーグ戦を首位で終えたヘンクは、PO1の第6節が終了した時点で首位、5勝1敗と好調を維持している。このうちの1敗を喫したアントワープとの“再戦”で、伊東は定位置となった4-3-3のトップ右で先発した。

 6分にCKから伊東が好機を迎えるが、先に攻撃のリズムをつかんだのは、アウェーのアントワープだった。

 だが、勢いよく攻め込み流れを引き寄せ始めていた23分、ペナルティエリア内で競った末にクリアした際、アントワープDFが腕にボールを当ててしまう。これがPKと判定され、25分にルシアン・マリノフスキがきっちりきめてホームチームが先制する。

 アントワープの堅守に苦しむヘンクだが、33分、FKから伊東が絶好のチャンスを作るもシュートはミートせず。惜しくもシュートはGKに阻まれた。

 その後も好守でしのぎを削り合う展開が続く。アントワープ選手との接触プレーで危うい場面も見られたが、前半はヘンクが1点をリードして折り返した。
 

 55分、アントワープ中盤のバックパスのミスを逃さず捉えたマブワナ・サマッタが今季23点目のゴールを決める。そして57分には、左サイドを駆け上がったレアンドロ・トロサールのバウンドしたクロスに、伊東が走り込みながら右足にダイレクトで合わせ、技アリのバウンドシュートを蹴り込んだ。

 3点差をつけられたアントワープはプレーの荒さを増し、イエローカードが飛び交う展開にとなったが、ヘンクは辛抱強くプレーし、主導権を奪われないまま終盤を迎えた。

 90分、伊東、トロサールと渡ったボールを受けたジェレ・ウロネンがエリア内で倒され、今日2本目のPKを獲得。きっちろとブライアン・ヘイネンが決め、ダメ押しの4点目をあげてゲームを締めた。

 この勝利で勝点3を積み上げたヘンクは、リーグ2位以上が決定。早ければ、次節5月11日に行なわれるアウェーのクラブ・ブルージュで優勝が確定する状況だ。

 ベルギーリーグでは、優勝チームには来季チャンピオンズ・リーグ(CL)参加権が、2位にはCL予選の参加権が付与される。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190504-00058076-sdigestw-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190504-00058076-sdigestw-000-5-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:53 | 大阪 | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンC番記者、ダビド・シルバの去就に「今は日本がもっとも可能性が高い」(関連まとめ)

【サッカー】<ダビド・シルバの去就について>マンチェスター・シティの番記者が見解!「日本が最も可能性が高い」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1556892576/
ダビド・シルバ2019city.jpg
1: Egg ★ 2019/05/03(金) 23:09:36.87 ID:HprLiW6P9.net

元スペイン代表MFダビド・シルバの去就について、『Goal』でマンチェスター・シティ番記者を務めるサム・リー氏が見解を示している。

2010年にマンチェスター・Cへ加入し、これまで公式戦393試合に出場してきたD・シルバ。プレミアリーグ3度制覇を経験し、スペイン代表としてもワールドカップやEURO優勝を達成するなど数々の成功を収め、世界屈指の司令塔として活躍を続けている。

そんな33歳MFは、現行契約が2020年で満了となる。米『ESPN』は新天地候補に日本を挙げており、ヴィッセル神戸が獲得に興味を示していると伝えている。

『Goal』の番記者を務めるサム・リー氏によると、契約終了後にJリーグのクラブに加入する確率は高いようだ。

「数カ月前、キャリアの晩年に(生まれ故郷である)ラス・パルマスに行くことはないだろうと言われた。そして彼の息子が学校へ行くまでは、アメリカも選択肢にあった。だが先月、今は日本が最も可能性が高いと言われた。それはシティでの最終年が終わった後のみだ」

「日本行きの背景は、(アンドレス)イニエスタ、(フェルナンド)トーレス、(ダビド)ビジャがいるということだ」

また、もしD・シルバが移籍を決断した場合、マン・Cはすぐに代役を確保することになるとも予想している。

「もし彼が今すぐに移籍を希望する場合、ポルトガルメディアが伝えたブルーノ・フェルナンデスのシティ移籍が加熱することになる。だが私の想定では、彼が来る場合、それは(イルカイ)ギュンドアンの代わりとなる」

2010年W杯を制した元スペイン代表選手が多くプレーするJリーグ。また新たに大物選手が加わることになるのだろうか。

5/3(金) 18:01配信 goal
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190503-00010032-goal-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☀ | Comment(11) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング