アンテナ・まとめ RSS

2019年05月20日

マンC、レスターDFマグワイアをコンパニ後継者に狙う?移籍金はDF史上最高額か?

マンC、コンパニの後継者はレスターの英代表? 移籍金は“DF史上最高額”か
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190520-00322229-footballc-socc
マグワイア2019レスター.jpg

 マンチェスター・シティは、今季限りでの退団が発表されたDFヴァンサン・コンパニの後継者として、レスター・シティのイングランド代表DFハリー・マグワイアの獲得に動くのではないかとみられている。英紙『デイリー・メール』が伝えた。

 イングランド史上初となる国内3冠を達成した翌日の19日、シティは11年間在籍していたキャプテンのコンパニの退団を発表。コンパニは古巣であるベルギーのアンデルレヒトに選手兼監督として復帰することになった。

 コンパニに代わる新たなDFとして、シティは26歳のマグワイアの獲得に動く見通しだと英紙は伝えている。イングランド代表として昨夏のロシアワールドカップなどでも評価を高めたマグワイアは、マンチェスター・ユナイテッドなどへの移籍も噂されたが、レスターに残留してプレーを続けている。

 2月に就任したレスターのブレンダン・ロジャース監督もマグワイアを非常に高く評価しており、そう簡単に手放す気はないとみられる。昨年9月には新たな5年契約にもサインしたため、獲得には巨額の移籍金が必要となりそうだ。

 2018年1月にはリバプールがサウサンプトンからオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクを獲得し、7500万ポンド(約105億円)という移籍金はDFの選手としてはサッカー界歴代最高額となった。だがマグワイアの年齢やイングランド人であることを考慮すると、シティが獲得に成功するとすれば移籍金はさらに高額になるとも予想されている。

BLUEMOON マンチェスターシティ 331cityzens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1558260711/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 ☔ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Jリーグ、浦和×湘南戦の審判団に公式戦割り当て停止措置を決定…8月から追加副審導入へ(関連まとめ)

【サッカー】<Jリーグ>湘南戦の誤審問題で審判陣の公式戦割り当て停止措置決定!8月から追加副審導入へ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1558352315/
浦和湘南戦杉岡ゴール.jpg
1: Egg ★ 2019/05/20(月) 20:38:35.21 ID:i86/utv+9.net

17日のJ1リーグ浦和―湘南戦でゴールラインを割った湘南の得点が認められなかった問題について、日本サッカー協会は20日に臨時審判委員会を開催。山本主審とゴールに近い位置にいた川崎副審を18日から2週間、中野副審と熊谷第4審を1週間の公式戦割り当て停止とする措置を決定した。

【写真】誤審で幻のゴールとなった杉岡の左足シュート

 今後、4人は日本協会が定める適切なプログラムを受講し、再発防止に努めていく。試合では前半31分に湘南のMF杉岡のシュートが右ポストの内側に当たってゴール左に転がりこんだが、山本主審はゴールを認めなかった。

 臨時審判委員会後に囲み取材に応じた小川審判委員長は「重く受け止めている。Jリーグでこういうことがあると残念」と神妙な面持ちで話した。臨時委員会では再発防止策として8月以降のJ1リーグで追加副審を導入する案が話し合われ、承認に向けて関係各所と調整を進めていく方向性を確認した。また、今季すでにルヴァン杯決勝トーナメント13試合とJ1参入プレーオフ1試合での導入が決定しているVAR(ビデオアシスタントレフリー)についても、小川委員長は「(導入へ)加速していくために協議を続けていく」とJ1リーグでの早期導入へ意欲を示した。

5/20(月) 19:56配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190520-00000203-spnannex-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190520-00000203-spnannex-000-3-view.jpg

J1浦和―湘南(17日)で湘南の明らかなゴールが得点と認められない誤審が起きた問題で、日本サッカー協会は20日、東京都内で臨時の審判委員会を開き、J1で8月からペナルティーエリア内の反則やゴール判定を補助する追加副審を導入する方針を固めた。Jリーグの理事会などで議論し、承認される見通し。

 試合を担当した山本雄大主審とゴール判定に関与した川崎秋仁副審は、Jリーグや日本協会管轄の公式戦の割り当てが18日から2週間停止となる。中野卓副審と第4の審判員だった熊谷幸剛氏は1週間の停止。審判員への措置の公表は異例。

5/20(月) 20:29配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190520-00000157-kyodonews-socc

【サッカー】<Jリーグ史に残る“令和の大誤審”浦和vs湘南>世界に反響拡大!他のJ選手もSNSで非難!山本主審の処分必至...
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1558343924/



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:08 | 大阪 ☔ | Comment(28) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元韓国代表パク・チュホ、Jリーグのシステム絶賛「ピッチ内で何が求められるか。守るべき礼節などを教えてくれる」

【サッカー】<元韓国代表DF>Jリーグのシステム絶賛!「ピッチ内で何が求められるか。守るべき礼節などを教えてくれる」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1558311039/
パクチュホ韓国代表.jpg

1: Egg ★ 2019/05/20(月) 09:10:39.28 ID:putta9+J9.net

かつてJリーグ3クラブで活躍し、ドルトムントで日本代表MF香川真司(ベジクタシュ)と共闘した経験を持つ元韓国代表DFパク・チュホ(蔚山現代)が、韓国テレビ局「MBC PLUS」のインタビューで日本での日々を回想し、「外国人にも不利益がないか尋ねてくれた」とJクラブのシステムを称えている。

 現在32歳のパク・チュホは母国の大学在学中に来日し、2008年に水戸ホーリーホックへ加入。2009年には鹿島アントラーズでプレーし、2010年から1年半にわたってジュビロ磐田に在籍した。以降はスイスのバーゼル、ドイツのマインツ、ドルトムントを渡り歩き、2018年から蔚山現代で活躍している。

 昨年12月から韓国プロサッカー選手協会の理事を務めているパク・チュホは、母国サッカー界の改革に動き出しているなか、Kリーグが抱える問題点は少なくないと指摘。その一方でJリーグのシステムに感銘を受けているようだ。

「Jリーグにはチームごとに選手協会の代表者がいる。その選手らが、ルーキーが入ってくると教育する。プロ選手としての姿勢とはどういうものか。ピッチ内で何が求められるか。守るべき礼節などを教えてくれる」

 KリーグとJリーグでは、選手をサポートする体制が異なるとパク・チュホは感じているようだ。「11年前(2008年)、日本に初めて行った時からそうしたシステムが上手く機能していた」と振り返る。

「外国人である私にも『Jリーグでプレーして不利益がないか』と尋ねてくれた。『もし助けが必要なら言ってほしい』と。そうしたシステムは今、J3にまで影響を与えている」

 徐々にKリーグや韓国クラブのシステムを改善したいと語るパク・チュホ。「周囲の人たちがサッカー選手を見て、『プロらしい』という感嘆の言葉が出てくるぐらい努力したい」と尽力する構えだ。

2019.05.19フットボールゾーン
https://www.football-zone.net/archives/189962

写真
https://www.football-zone.net/wp-content/uploads/2019/05/20190519_Park-Joo-Ho.jpg




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(14) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

清水ヨンソン前監督、今季苦戦の背景語る「冬の移籍でうまくいかなかった」(関連まとめ)

清水エスパルス退任のヨンソン前監督「冬の移籍でうまくいかなかった」今季苦戦の背景を語る
https://www.tv-tokyo.co.jp/sports/articles/2019/05/004336.html
ヨンソン清水監督.jpg

 先日、今季の成績不振でシーズン途中に清水エスパルスを去ることになったヤン・ヨンソン前監督が、離日前に単独取材に応じた。

サンフレッチェ広島やヴィッセル神戸でもプレーし、古巣の広島では2017年に指揮も執ったスウェーデン出身58歳の前監督は、就任1年目だった昨季は14勝7分13敗で8位に入り、2013年シーズン以来6年ぶりの一桁順位を記録。優勝した川崎フロンターレにあと1ゴールで並ぶという総得点56の攻撃力を見せるチームに導いた。

しかし今季は5月12日第11節にホームで川崎に0-4と大敗を喫し、11戦を終えて2勝2分け7敗でJ2降格圏の17位に低迷。総得点は11でリーグ12位タイ、総失点26はリーグワーストと振るわず、降格圏からの脱出を図りたいクラブは川崎戦終了から数時間後に指揮官交代を決め、事実上の解任となる同監督の退任を発表した。

昨シーズンから今シーズンへ何がどう変わり、チームにどう影響したのか。清水での最後の試合となった川崎戦から数日後、ヨンソン前監督に話を訊いた。


―残念な形でクラブを去りますが、今季は何がうまく行かず、難しかったのでしょうか?

 昨季チームは本当に良いシーズンを過ごすことができたので、今季同じようにならなかったのは残念です。昨年は8位でしたが、上位に近づきましたし、バランスのとれた良いアタッキングフットボールを展開して、多くの人が評価してくれましたし、私自身もハッピーに思っていました。

 そのシーズンを受けて、今季はさらに目標を上げてクラブは5位以内を目指し、そのためにはチーム強化が必要でした。しかし、ここまでうまくいかず、特に冬の移籍のところでうまくいきませんでした。


―それはどういうことですか?

 昨年よい成長を見せて、私が是非とも今季も手元においてチーム力アップの柱にしたいと考えていた選手が2人いました。彼らは性格も良く、守備の面でも大きな貢献をしていました。1人は鹿島へ行ったMF白崎(凌兵)選手です。

私は彼の昨季の成長ぶりに、オフシーズンになったら、より大きなクラブへの移籍もあり得ると感じていました。クラブに彼と早目に契約更新を済ませるように話していたのですが、そうなりませんでした。

 もう一人はDFフレイレ選手(現・湘南)です。練習でも試合でも性格の強さを発揮して、最終ラインを締めてくれていました。

 そのほか、これはどうしようもないところがあったのですが、FWドウグラス選手が心臓やフィジカルに問題を抱えて、プレシーズンから今季序盤に出遅れることになりました。それは不運だったとしか言いようがありません。彼は昨シーズン活躍して、FW北川航也選手のレベルアップを押し上げてくれました。彼らのコンビネーションが戻ることを願っていましたし、実際にドウグラス選手は試合に復帰して、その兆しがあると感じていました。

 私がクラブから言われたのは、「強化を進められず、そうできない状況にあったことは分かっているので、そこは少し気の毒に思う。しかし最初の10試合で勝点9ポイントを得て夏に強化を図りたかったが、獲得できたのは8ポイントだった」ということでした。

その勝点の基準をどの段階で決めたのか分かりませんが、私は事前に言われていなかったので、これは少しきついと言えると思います。「この目標を達成できなければ、手を打たなければならない」と言っておいてくれたらよかったと思います。


―クラブは守備が改善されない点を問題視していたようですが、その点については?

 昨季は優勝した川崎の総得点に1ゴール少ない、リーグ2位の得点を挙げていましたが、バランスは取れていました。昨季から守備に多くの時間を割いて取り組んできて、今季いくつかの部分で改善も見られました。ただ、クロスへの対応は依然として問題で、たくさんではなくても、相手が良いチームになると直接失点につながることもありました。

フレイレ選手が抜けた影響は、誰もが見てとれたと思います。彼はトレーニングでも試合でも強い性格を出す、強いDFです。白崎選手も優れたサッカー頭脳の持ち主で、良い攻撃をする一方で、バックラインを保護するためのバランスをチームに与えてくれていました。

 選手によっては、どれだけ言っても、練習で良くても試合で相手を捕まえられずにボールを見る癖が出てしまう選手もいます。守備というのは、ほとんどが良くても5%、いえ、1%でも足りなければ、相手につけ入られてしまいます。今季は守備のリーダーも不在で、私は良い守備をした時の良いイメージを選手たちに持たせて、自信を取り戻すような精神面での働きかけも試みていました。

昨シーズンの主力で戦術理解の高いMF石毛(秀樹)選手が、今季もフルにプレーできればよかったのですが、彼は靭帯を痛めて離脱を強いられました。その点も不運だったと思います。怪我人がかなり多くなったことも、昨年とは大きく違う点です。昨年はその点でラッキーだったと思います。これは決して言い訳ではなく、状況説明なのですが。


―チームを率いた間に成長した選手もいました。昨年日本代表に選ばれた北川選手はその1人ですが、彼のステップアップには何があったのでしょうか?

 北川選手は昨年シーズンを通して良かったと思いますが、特にドウグラス選手が入ってからの後半はさらに良くなって、彼らのコンビネーションは対戦相手への脅威になっていました。その結果、北川選手は日本代表としてアジアカップで決勝まで行ったのですが、清水で見せているような、素早いコンビネーションを使ったプレーを代表でも見せていました。

今季はドウグラス選手不在が続いた影響もあって、まだ昨季ほどのプレーは見せていませんが、彼自身のレベルは高いですし、ハードワークを厭わずに良く走ります。まだ若く、吸収するのが早い。昨季はドウグラス選手のほか、白崎選手、MF金子(翔太)選手らとともに攻撃だけでなく、前線からの守備でも高い戦術的理解を見せていました。

ドウグラス選手は現在試合ごとに良くなっていて、それに呼応するように北川選手とのコンビネーションもプレーごとに良くなっています。このままの調子でドウグラス選手が完全に復調すれば、また昨シーズンのような活躍を見せてくれると思います。


―選手たちにはどんなメッセージを残しましたか?

 クラブを離れる前に選手たちに話をする機会があったのですが、「ここ2試合の結果は悪くて、いつもできているように得点できていない。だがこの2試合だけを見て、自信を失わないでほしい」と伝えました。

実際に、それ以前の浦和戦でも静岡ダービーの磐田戦でも、我々は相手より良い試合をしました。FC東京とのアウェイ戦ではリードを奪って、相手の長谷川(健太)監督に「自分たちより良い試合をした」と言わしめた。彼らと同じかそのレベルに近づいているということです。

選手たちには「怪我人も戻ってくる。他の試合でも、良いところをたくさん見せてきている。堅い守備とアタッキングフットボールを見せた昨年のマインドに戻ろう」と話しました。

 私は、クラブに対する忠誠心も高くてハードワークする選手たちが、昨年のあのレベルに戻ってほしいと願っていますし、自信を取り戻して気持ちを強くするには結果が一番なので、結果が出てほしいと思っています。


―熱い声援を送ってくれていたファンに伝えたいことはありますか?

 彼らは本当にすばらしい存在で、広島でもそうでしたが(私の出身の)スウェーデンの旗を掲げて応援してくれました。清水での1年半、とても楽しく仕事ができました。良い気質の選手たちとクラブ愛の強いファンに囲まれて、自分が関わることができて本当に良かった。今季は昨年のような良い結果を出せず、残念ですし、申し訳なく思います。

 ですが、エスパルスとあの地域のサッカー文化、そしてユース育成を考えると、清水は前途有望だと思います。リーグで若いチームの1つで、地域から選手が育ってきているのは喜ばしいことですし、昨季我々が見せたパフォーマンスは、エスパルスの未来を示すことができるものだったと思います。

そういうパフォーマンスを見せることができたのは、ファンのみなさんのおかげでもあります。ホームでもアウェイでもいつも変わらずに熱い応援を送ってくれたことに、心からたくさんの感謝の気持ちを送りたい。オツカレサマデシタ。そして本当にありがとうございました。

取材・文:スポーツジャーナリスト 木ノ原句望

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11837
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1558264953/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:09 | 大阪 ☁ | Comment(10) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋、離脱中のエドゥアルド・ネットの来日発表!母国ブラジルで治療行い合流遅れる(関連まとめ)

好調維持する名古屋に朗報! 離脱中のエドゥアルド・ネットがついに来日決定
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190520-00939141-soccerk-socc
エドゥアルド・ネット名古屋.jpg

 名古屋グランパスに所属するブラジル人MFエドゥアルド・ネットの来日が決定した。20日、同クラブが公式サイト上で発表している。

 エドゥアルド・ネットは今年1月、右股関節インピンジメントと診断され、母国ブラジルで治療を行うため、チームへの合流日が未定となっていた。

 クラブによると、21日に来日するようだ。また、現在の状態や今後の出場の可否は発表されていない。

 名古屋は現在、明治安田生命J1リーグ12節終了時点で、7勝3分け2敗の2位につけている。2018年6月に川崎フロンターレから加入した同選手の復帰は、好調を維持する名古屋を加速させそうだ。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11838
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1558321189/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セリエA、CL出場権残り2枠が最終節に持ち越しに! アタランタ、インテル、ミラン、ローマで争う

アタランタ、インテル、ミラン、ローマ…CL出場権残り2枠の争いは最終節まで持ち越しに
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190520-43467211-gekisaka-socc

アタランタインテルミランローマ2019.jpg


セリエAは18、19日に第37節を行った。

 3位インテルは2位ナポリとの上位対決に。しかし、ナポリが持ち前の攻撃力を発揮していく。前半16分にMFピオトル・ジエリンスキの豪快な右足ミドルがゴールに刺さると、折り返した後半16分にはMFホセ・カジェホンのアーリークロスをFWドリース・メルテンスが頭で合わせて追加点を奪った。

 インテルもチャンスをつくるが、DFカリドゥ・クリバリらナポリの守備陣に阻まれる。すると、ナポリは後半26分にMFファビアン・ルイスがDFケビン・マルキュイの折り返しを冷静に沈め、さらに同36分にファビアンがダメ押しの4点目。インテルは同36分にFWマウロ・イカルディがPKを決めて一矢報いるも、そのまま1-4で大敗を喫した。

 5位ミランはすでに降格が決定している19位フロジノーネと対戦。前半を0-0で折り返すと、ミランは後半開始3分でPA内のファウルによりPKを献上してしまう。しかし、GKジャンルイジ・ドンナルンマがドンピシャのスーパーセーブでゴールを守り、チームに勢いをもたらした。

 するとミランは後半12分に先制。右サイドからのクロスがファーサイドに流れると、FWファビオ・ボリーニがPA左からボレーを放つ。ボールがゴール前に来た瞬間にFWクシシュトフ・ピョンテクがワンタッチで軌道を変え、今季22点目となる先制点を挙げた。

 ミランは後半21分、PA手前のFKをMFスソが直接沈めて追加点。終盤にはドンナルンマが再びスーパーセーブでゴールを守り切り、試合はそのまま2-0で終了した。

 4位アタランタが首位ユベントスと引き分け、3位インテルと同勝ち点66に。直接対決の勝敗により順位が逆転し、アタランタが3位、インテルが4位となった。次いで、勝ち点3を積んだミラン(勝ち点65)が5位、痛恨ドローのローマ(勝ち点63)は6位に位置している。

 セリエAは最終節を残すのみ。首位ユベントス、2位ナポリはUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)出場権を獲得しているものの、残る3位4位の2枠はアタランタ、インテル、ミラン、ローマに獲得の可能性が残されている。

 最終節はアタランタがホームでサッスオーロと、インテルはホームでエンポリと、ミランは敵地でSPALと、ローマはホームでパルマと対戦する。

■セリエA順位表
1.ユベントス(90)+42
2.ナポリ(79)+39
3.アタランタ(66)+29
4.インテル(66)+23
5.ミラン(65)+18
6.ローマ(63)+17
※1〜4位:欧州CL出場圏内 ※5、6位:EL出場圏内

セリエAをみるぞ!No.203
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1558172079/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元日本代表DF加地亮とMF二川孝広の対談が面白いと話題に

加地亮×MF二川孝広(FC TIAMO枚方)<前編>
https://reibola.com/column/post473/
二川と加地.jpg


現役サッカー選手と元サッカー選手によるREIBOLAスペシャル対談。
今回は、06年から約9年半にわたって同じガンバ大阪に在籍した元チームメイトの二人が、サッカーや人生について語り合いました。

二川 久しぶりです。
加地 何年ぶりだっけ?
二川 最後に会ったのは16年だと思います。味スタで対戦したJ2リーグの『東京ヴェルディ対ファジアーノ岡山』戦。奇跡的に僕も加地さんも先発でした。
加地 あったね! 17年は…岡山ホームの試合はフタがメンバー外で、ヴェルディがホームの試合は俺がメンバー外やから、会えてないしな。
二川 そうですね。ご無沙汰しています。
加地 何?その他人行儀な感じは?
二川 いや、他人なので(笑)。
加地 とか言いながら、引退を決めた時にはわざわざ電話をくれてありがとう。
二川 フフフ(笑)。
加地 フフフ、ちゃうわ。電話なんか来てへんし、いまだに電話番号も知らんわ!
二川 でも…加地さんに引退のイメージはなかったから、かなり、びっくりしていました。

加地 していた?なら連絡をするやろ!ま、ガンバでプレーしている時も、うちのカフェからそう遠くない場所に住んでいたのに一度も来なかったし、電話番号も教えてくれへんし、結婚も、子供が生まれたのも知らんかったし、離婚したのも知らんかったしな。

二川 いや、離婚はしてない(笑)。ちなみに東京にいる間に二人目が生まれました。
加地 でた。秘密主義。で、何歳になったの?
二川 38歳です。
加地 ちゃうわ!子供や!
二川 5歳と2歳(笑)。二人とも男の子。
加地 同じ顔してるの?
二川 いや、俺より可愛い。
加地 良かった〜。で、性格は?ムッツリ?
二川 いや、天真爛漫(笑)。

加地 まぁ、でも当時でこそフタみたいなコミュニケーション下手なタイプが珍しかったけど、今の時代は似たようなタイプが増えたよね。無口で、喜怒哀楽が表情に出ない子がやたらと多い。

二川 先取りですね。現代っ子の先取り(笑)。

加地 かなりの最先端をいってたな!でも、ガンバのチームメイトはみんなフタの性格を理解していたから一つのキャラクターとして認めていたし、マスコットとしても可愛がられた。実際、こんな可愛い奴は、なかなかおらんしな。てか、お前にその可愛らしさがなかったら、単なるハゲやからな!

二川 いや、禿げてはない(笑)。以前から言っていますけど、僕は髪の毛が薄いんじゃなく、デコが広いだけです。で、加地さんの息子さんはガンバのジュニアユースに入ったんですよね?
加地 今年の春からね。
二川 プロ志望?
加地 そうらしいけど、僕は別にプロになって欲しいとは思ってないよ。大変な世界だと知っているだけに余計に勧められない。でもそこは本人に任せてるよ。親がどうこう言ってなれるものでもないし、なりたいなら、それなりの努力も必要やから、結局は本人次第だし。息子は小さい時からガンバがめちゃ好きだったから、そのチームの一員になれたことで、これから先、また思うことも出てくるんじゃないかな。フタは?息子をサッカー選手にしたいって思う?

二川 いや、俺も基本は息子たちがやりたいことを好きなようにしてくれたらいいと思ってます。

加地 って、子供の話をフタとしていること自体が不思議やわ!で?これまたネットニュースで知ったけど、FC TIAMO枚方に加入したって?
二川 はい、今日はその報告に…。
加地 嘘つけ!で、完全移籍?
二川 はい。16年の6月末にガンバから期限付き移籍で東京ヴェルディに行き、去年は同じく期限付き移籍で栃木SCに在籍していたんですけど、去年限りでガンバとも契約満了になったので。
加地 でも現役を続けたい、と?

二川 正直、最初はJクラブからオファーがなければやめようと思っていて。そしたらJ3クラブからオファーをいただいたんですけど、正直、家族との生活を考えると条件的に厳しいな、と。で、引退も考えてていたら、FC TIAMO枚方に誘っていただいたので、決めました。
加地 ってことはオファーをくれたJ3クラブよりTIAMOの方が条件が良かった、と?

二川 そうですね。でも理由はそれだけじゃないです。TIAMOは今年、関西リーグ1部に所属して3シーズン目なんですけど、今シーズンは本格的にJFL昇格を目指そうと、野沢拓也や田中英雄ら、元Jの選手を何人か補強したし、チームとして目指すところが明確だったのでそのチャレンジなら面白いな、と。またサッカー以外の時間を利用して、クラブが斡旋してくれる学校に臨時コーチとして指導に行っているんですが、そうやってセカンドキャリアをイメージしながら現役生活の終盤を過ごせるのも魅力でした。

加地 所属選手の全員が指導者でもある、と?
二川 学校の臨時コーチとして教えに行っているのは僕と野沢、英雄の3人ですけど、それ以外にも子供たち向けのスクールで指導をしている選手もいますし、クラブが斡旋してくれた会社で仕事をしながらサッカーをしている選手もいます。なので、普段は全員が午前中は練習をして、午後からそれぞれの仕事に行くって感じです。
加地 大変やな!
二川 大変といえば大変ですけど、キャリアの晩年に差し掛かっている今、次のキャリアを描きながらサッカーをやれるのは、恵まれているなって思います。

加地 でもどうなん? 例えばガンバにいる時代は、どれだけ大変でも、その分のお金ももらっていたから、いろんな努力も当たり前にやれただろうけど、今は正直、プロの世界でプレーしていた時ほどお金をもらっているわけじゃないやん?でも、きっとプロとしてやってきていた時代に培ってきた自分なりのサッカーへの向き合い方やルーティン、準備方法などの『質』はきっと下げることもできない、と。そこにはどうやって折り合いをつけているの?

二川 確かにそこはすごく難しいです。今はまだ公式戦も1試合しか戦っていないし、プロとしてやってきた延長でサッカーにも向き合っているけど、この先、シーズンが進むにつれて何を感じるかは未知なところで…。ただ、条件的には下がりましたけど、さっきも言ったように、セカンドキャリアを考えながら過ごせるのはある意味、自分にとっては財産なので。特に僕の場合は、引退後の自分が何をできるか、何をしたいかが明確ではなかっただけに、臨時コーチという立場で『指導者』を経験できるのは、自分の向き不向きを見極める上でも、今後のキャリアを考える上でもすごくありがたいです。だって普通はどの選手も引退したら、ポンと外の世界に放り出されるじゃないですか? チームに残ってコーチとか出来ればいいけど、誰もがその職に就けるわけでもない。そう考えると、契約満了を告げられて、丸裸で違う世界に放り出されるよりは、間違いなく気持ち的な準備もできる。だからこそ、この時間を無駄にしたらアカンなって思います。

加地 それは間違いない。フタからサッカーを取り上げたら、ただのエロくそジジイでしかないからな(笑)。それに、サッカーほど情熱を注げるものって、そう簡単には見つからんしな。

二川 加地さんはどうなんですか?引退して1年経って、自分の進むべき道は見えてきたんですか?
加地 俺は…カフェのイケメン店員。
二川 それを一生の仕事にする、と?
加地 え?悪い?
二川 いや、いいけど(笑)。
加地 正直、この1年いろいろやってみたけど…選手以外でやりたいことってそうそう見つからんからなぁ。
二川 引退を後悔したこともありました?
加地 いや、それは全くない。ボールを蹴りたいとも思わないし、まだ引退して1年なのに既に「俺、よくあんなしんどいことやってたな。二度とできひんわ」って感覚になってる。今や自分がプロサッカー選手であったことも遠い昔の話って感じよ。だから同じ年のヤット(遠藤保仁/ガンバ大阪)が今もJ1リーグでバリバリやっているとか、フタにしても環境的には決して良くない中で現役を頑張れているのって心から尊敬する。

二川 そういえば、一昨日、スーパーで加地さんのサッカー教室のポスターが貼ってあるのを目撃しました。そういうイベントにも出ているんですか?

加地 タイミングが合えばイベントにも参加するし、頼まれたら講演にも行くし、去年はフルマラソンも走ったし、テレビの解説やコメンテーターもやった。でも、そのどれもがすごくやりたいことかと聞かれたら、そこまででもない。
二川 現役時代は保育士になるって言ってませんでした?

加地 あの時は本気でそう思っていたけど、年を重ねるにつれて現実的ではなくなったな。でも、少し形は違うけど、今も北摂近辺の保育園とか学童保育の子どもたち向けにサッカーを教えたりはしてるよ。それは自分のやりたいことの1つでもあるしね。というのも、この先自分が何をやるかは別として、とりあえずサッカーの楽しさを世の中の人に伝えていく活動は続けていきたいと思っているから。もろ、サッカーの現場というより、サッカーとは全く関係のところに飛び込んで、サッカーの面白さを伝え、「サッカーを始めてみたいな」って思う人を増やしたい。そのきっかけが、例えばサッカー教室なのか、講演なのか、単に加地亮という人間に興味を持ってもらうことかは分からんけど、どこかに引っかかればいいな、と。あとはいずれ淡路には帰りたい。淡路には嫁の家族が経営している民宿もあるし、いずれは向こうでカジカフェの2号店をしてもいいかな、とも思う。まぁ、これも今のカジカフェをどうするかにもよるから、まだ先の話やけど。

二川 テレビの情報番組にも出演していますよね?なんでしたっけ?
加地 またまた。そう言いながら、俺が出ている番組は、録画しているくせに!てか、テレビの世界に興味があるの?なら、俺とコンビで売り出す?俺がフタをイジり倒すだけで、フタのキャラが際立ちまくって人気爆発や!
二川 いや、無理。
加地 未だにフタがガンバファンに愛されているのは、誰のおかげか分かってる?
二川 え?誰やろ…。
加地 俺や!俺がガンバのファン感でお前にアンパンマンの被り物をさせたから、ググっと人気が上がったんや。
二川 あ〜、あれで? 
加地 アンパ〜ンチ!ってやってたやん。
二川 汚点、汚点(笑)。
加地 アホか。過去は消せへんねん!受け入れて活かしていけ!だから今年はゴールを決めたら「アンパ〜ンチ!」ってやっていいから。
二川 無理(笑)!
加地 アンパンマンからオファーくるかもよ。
二川 なら、子供も喜ぶし、やろうかな…。
加地 やるんかい!

<PROFILE>
加地亮(かじ・あきら)
1980年1月13日生まれ。兵庫県出身。
滝川第二高校を卒業後、98年にセレッソ大阪でプロキャリアをスタート。大分トリニータへを経て02年にFC東京に、05年にガンバ大阪に移籍。不動の右サイドバックとして定着し、数々のタイトルに貢献した。14年にはチーバスUSA(アメリカ)への海外移籍を実現したがチーム解散を受け、15年はJリーグに復帰。ファジアーノ岡山で3年プレーし、17年シーズン限りで引退した。Jリーグ通算499試合出場7得点。日本代表としては03年10月の初選出を皮切りに定着し、06年のワールドカップ・ドイツ大会にも出場。国際Aマッチ64試合出場2得点。

<PROFILE>
二川孝広(ふたがわ・たかひろ)
1980年6月27日生まれ。大阪府出身。
中学生まで高槻FCで育ち、96年にガンバ大阪ユースに加入。99年にトップチームに昇格すると、同年8月の横浜F・マリノス戦でJリーグデビューを果たした。01年頃からレギュラーに定着すると03年には日本人選手としては初めて『10』任されるなど主軸の一人に。05年のJ1リーグ初優勝や08年のAFCチャンピオンズリーグ優勝など、ガンバがこれまでに獲得した全タイトル獲得に貢献した。16年6月には出場機会を求めて17年間過ごしたガンバを離れて東京ヴェルディへ期限付き移籍。18年の栃木SCを経て今年、FC TIAMO枚方に完全移籍で加入した。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11838
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1558321189/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(17) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メッシ、今季36得点で3季連続6度目のリーガ得点王!テルモ・サラ氏の得点王記録に並び最多タイに

【サッカー】メッシが36ゴールで3年連続6度目の得点王! テルモ・サラ氏の最多記録に並ぶ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1558290923/
メッシ2019第38節ハイタッチ.jpg
1: 豆次郎 ★ 2019/05/20(月) 03:35:23.12 ID:ua9vHVZI9.net

5/20(月) 2:51配信
メッシが36ゴールで3年連続6度目の得点王! テルモ・サラ氏の最多記録に並ぶ

 2018−19シーズンのリーガ・エスパニョーラは18日と19日に行われた第38節で全日程が終了。バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが得点王に輝いた。

 現在31歳のメッシは最終節のエイバル戦でも2得点を記録。同選手は今シーズン34試合に出場し36ゴールを挙げ、レアル・マドリードのフランス代表FWカリム・ベンゼマやバルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスの21ゴールに大きく差をつけて見事得点王に輝いた。同選手の得点王は2016−17シーズンから3シーズン連続6回目となり、6度目の受賞はテルモ・サラ氏に並び最多タイの記録となっている。

■2018−19 リーガ・エスパニョーラ 得点ランキング
1位 36得点 リオネル・メッシ(バルセロナ)
2位 21得点 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)
2位 21得点 ルイス・スアレス(バルセロナ)
4位 20得点 イアゴ・アスパス(セルタ)
5位 19得点 クリスティアン・ステゥアーニ(ジローナ)
6位 18得点 ウィサム・ベン・イェデル(セビージャ)
7位 17得点 ボルハ・イグレシアス(エスパニョール)
8位 15得点 アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード)
9位 14得点 ラウール・デ・トマス(ラージョ・バジェカーノ)
9位 14得点 シャルレス(エイバル)
9位 14得点 ハイメ・マタ(ヘタフェ)
9位 14得点 ホルヘ・モリーナ(ヘタフェ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190520-00938863-soccerk-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190520-00938863-soccerk-000-1-view.jpg




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長友佑都、ガラタサライ優勝に貢献!バシャクシェヒルとの天王山で逆転勝利に貢献 ガラタサライは2連覇と2冠達成(関連まとめ)

【サッカー】長友佑都、同点弾呼び込み逆転勝利に貢献。ガラタサライが連覇&二冠達成!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1558290516/
長友2019優勝決定戦試合後.jpg

1: 豆次郎 ★ 2019/05/20(月) 03:28:36.44 ID:ua9vHVZI9.net

【ガラタサライ 2-1 イースタンブール・バシャクシェヒル スュペル・リグ第33節】

 トルコ・スュペル・リグ第33節、ガラタサライ対バシャクシェヒルが現地時間19日に行われた。試合はDF長友佑都が所属するホームのガラタサライが2-1で勝利した。

 優勝を飾ったカップ戦で欠場した長友はこの日、左サイドバックで先発フル出場。リーグ戦5試合連続のスタメンとなった。安定した守備と果敢な攻撃参加を見せた。勝てば連覇が決まるガラタサライはワントップにディアニェを起用。左サイドにオニェクルを配置し、長友とコンビを組む。

 ガラタサライは早々にピンチを迎える。10分、バシャクシェヒルのハイプレスに苦戦しているガラタサライは右のマリアーノがルインダマに戻す。さらにルインダマはGKのムスレラに戻すと、ムスレラはダイレクトで大きく蹴り出そうとする。だが、これがバイッチの下に飛んでしまい、シュートまで持ち込まれるが、ムスレラが防いだ。ガラタサライはミスでピンチを迎えたが、守護神自らのセーブで難を逃れる。

 だが、ガラタサライが先制点を奪われる。17分、左サイド深い位置でクリシーがエリアに短いパス。エリアは一人かわし、中央にクロスを供給。これにバイッチがヘディングで合わせ、ゴールに突き刺した。この直後にバイッチはガラタサライサポーターに向かってガッツポーズ。この煽る行為に怒ったガラタサライサポーターがペットボトルなどをピッチに投げ込んだ。警備が出てくるなどスタジアムが騒然となり、一時中断。両チームの選手たちがもみ合いになり、主審がVARを確認。これでまず、バイッチとマルコンにイエローカード。さらに、ベンチにいたバシャクシェヒルのアデバヨールとガラタサライGKチペにイエローカードが出た。

 40分、ガラタサライは左コーナーキックから中央でマルコンがダイレクトで合わせるが、これはGKギュノクのセーブに阻まれる。

 1点ビハインドのガラタサライは同点のチャンスを迎える。47分、長友が左サイドを仕掛け、左コーナーキックを得る。すると、このコーナーキックにフェグリがヘディングで合わせる。これはクロスバーに阻まれるが、跳ね返りをフェグリが今度はオーバーヘッド。これがファーサイドに決まり、ガラタサライが後半開始早々に同点に追いついた。

 すると55分、ガラタサライはカウンターからオニェクルが左サイドを仕掛けると、オーバーラップしてきたベランダにパス。ギリギリのところでベランダが相手GKよりも先に触り、ゴールに流し込んだ。だが、オニェクルが自陣でボールを奪った際にハンドがあったとして、主審がVARで確認。結局、オニェクルのハンドの判定が下り、ゴールが取り消された。ガラタサライは逆転のチャンスを逃した。

 さらに62分、ベランダのスルーパスに抜け出したオニェクルがゴールに流し込むが、オニェクルのオフサイドの判定で、またもゴールが取り消された。だが、ようやく逆転ゴールが決まる。64分、ペナルティエリアからやや離れた位置でガラタサライがFKを得ると、バシャクシェヒルDFが触りファーサイドへ流れる。これをオニェクルが押し込み、今度はゴールが認められた。

 結局試合はこのまま終了し、ガラタサライが2-1で勝利を収め、2年連続22度目の優勝を果たした。

【得点者】
17分 0-1 バイッチ(バシャクシェヒル)
47分 1-1 フェグリ(ガラタサライ)
64分 2-1 オニェクル(ガラタサライ)

https://www.footballchannel.jp/2019/05/20/post322132/



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:37 | 大阪 ☁ | Comment(7) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル・マドリード、ベティスに0-2敗戦し今季リーグ12敗…移籍濃厚のベイルは最終節出場せず

【サッカー】レアル、ベティスに敗れ最終節を勝利で飾れず…移籍濃厚のベイルは不出場
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1558271805/
ベティス2019最終節ゴール.jpg

1: 豆次郎 ★ 2019/05/19(日) 22:16:45.12 ID:SA+LEmo/9.net

5/19(日) 21:00配信
 リーガ・エスパニョーラ最終節が行われ、レアル・マドリードはベティスと対戦する。

 レアル・マドリードでは退団が決定的とされるケイラー・ナバスとマルコス・ジョレンテが先発入り。注目のギャレス・ベイルはベンチスタートとなっている。

 前半は拮抗した展開が続き、両チーム無得点のまま終了。スコアが動いたのは61分、カウンターからアンドレス・グアルダードが左サイドのスペースに抜け出すと、ドリブルからの折り返しを中央のローレン・モロンが流し込んだ。ベティスが先制に成功する。

 その後追いつきたいレアル・マドリードはマルコ・アセンシオやイスコを投入。しかし75分、ジュニオル・フィリポのアシストから途中出場のヘセ・ロドリゲスに恩返し弾を決められて2点差に広げられた。

 試合はそのままタイムアップ。レアル・マドリードはベティスに0−2で敗れ最終節を勝利で飾ることができなかった。またベイルは途中出場することなく、ベンチで敗戦を見届けた。なおレアルはリーガ・エスパニョーラで今シーズン12敗となり、これは1998ー99シーズン以来の屈辱とった。

【スコア】
レアル・マドリード 0ー2 ベティス

【得点者】
61分 0−1 アンドレス・グアルダード(ベティス)
75分 0−2 ヘセ・ロドリゲス(ベティス)

【スターティングメンバー】
レアル・マドリード(4−3−3)
ナバス;マルセロ、ヴァラン、ナチョ、カルバハル;バルベルデ(69分 イスコ)、ジョレンテ、モドリッチ;ブラヒム・ディアス(60分 アセンシオ)、ベンゼマ(76分 バスケス)、ヴィニシウス

ベティス(3−5−2)
P・ロペス;マンディ、フェダル、バルトラ;クアルダード、フィリポ、カルヴァーリョ(90+2分 シドネイ)、カプトゥーム(68分 ヘセ)、ゲレーロ;モロン(74分 テージョ)、ロ・チェルソ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-00938730-soccerk-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング