アンテナ・まとめ RSS

オランダ代表デパイ、プレミア復帰か?SNSに意味深動画を投稿!リバプールが候補に

「リヨン、ありがとう」…デパイがSNSに意味深投稿? 今夏にプレミア復帰か
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190527-00941641-soccerk-socc
デパイリバプール噂.jpg

リヨンに所属するオランダ代表FWメンフィス・デパイは今夏の移籍市場でプレミアリーグに復帰する可能性がある。27日にイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じた。

 デパイはリーグ・アン最終節が終わると、赤いプライベートジェットに乗り込む動画をSNSに投稿したようだ。キャプションには「リヨン、ありがとう」と綴っており、退団の可能性を疑うファンやメディアも少なくなかった。

 イギリス国内のスポーツ紙はリヴァプールが同選手の獲得に関心を示していると報道。ユルゲン・クロップ監督もデパイの獲得に前向きであるとの噂が浮上しているが、同メディアはそれらの報道を否定した。果たしてデパイは今夏の移籍市場で新たな挑戦に挑むのであろうか。

真っ赤なスーツで真っ赤なジェット機に搭乗! デパイの“衝撃動画”はリバプール移籍への暗示か
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190526-00010000-sdigestw-socc
デパイ赤スーツ.jpg


2年半ぶりのプレミア帰還を果たすか
 オランダ代表FWメンフィス・デパイが、意味深な動画を投稿して大反響を呼んでいる。

 リヨンの絶対エースは5月25日に自身のインスタグラムを更新。「ストーリー」に掲載したのは、真っ赤なスーツを着込んで真っ赤なプライベートジェット機に乗り込む衝撃の映像だった。シンプルに添えた文字は「Merci LYON(リヨンよ、ありがとう)」。これがリヨンへの別れの言葉で、真紅のチームカラーで有名なリバプールへの移籍を暗示していると話題なのだ。

 さらにデパイは、飛行機内から離陸の瞬間も撮影。その画像には、ディズニー映画『ライオンキング』に登場する主人公シンバ(ライオン)とザズー(鳥)があしらわれている。これに対してもSNS上でリバプール・ファンが「あれは“ライバーバード”だ!」と呼応。リバプールの街のシンボルで、クラブのエンブレムにも描かれている伝説の鳥を示したのではないかと、あれやこれやの大騒ぎである。

 今季の全公式戦でデパイは12得点・15アシストと大暴れ。5月24日のニーム戦がリーグ・アン最終節(3−2で勝利)だった。リヨンは3位でシーズンを終えている。

 25歳の名アタッカーは1年半在籍したマンチェスター・ユナイテッドで結果を残せなかった悔しさを忘れておらず、ふたたびプレミアリーグに舞い戻って活躍したいと目論んでいる。そんななか、リバプールのユルゲン・クロップ監督が強い関心を寄せている、クラブがデパイを獲得リストの最上位に据えたなど、移籍情報が盛んに報じられてきた。まさにそれを裏付けるかのようなタイミングで、ヤンチャなデパイならではの“おふざけ動画”が登場したのだ。

 ツイッター上でファンは「そのままメディカルチェックに行ったのでは?」「CL決勝後にも(入団が正式)発表されるだろう」「ようこそメンフィス!」など歓迎ムード一色。ちなみに赤いジェット機は、デパイと親交が厚いF1ドライバー、ルイス・ハミルトンがかつて所有していたもの。買い取ったのか借りているのかは定かでないが、とりあえず今回の目的地はリバプールではなく、アムステルダムだったようだ。デパイはオランダ代表として、6月6日のネイションズリーグ準決勝・イングランド戦を控えている。

 普段から全身真っ赤な出で立ちを披露しており、赤がことのほか好きなデパイ。これは単なるジョークだったのか、本人の切なる希望か、それとも水面下では移籍が確定しているのか──。真相は近いうちに明らかとなるだろう。




〓〓 Liverpool FC 〓 1093 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1558443233/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CSKA西村拓真、ロシアから帰国「すべての試合が印象的」来季EL出場へ(関連まとめ)

【サッカー】西村拓真(CSKAモスクワ)がロシアから帰国、来季EL参戦「楽しみ」12試合2得点
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1558950987/
西村2019帰国.jpg

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/05/27(月) 18:56:27.35 ID:hDijXzLq9.net

ロシア1部CSKAモスクワのFW西村拓真(22)が27日、帰国した。4月13日のオレンブルク戦で左頬を骨折し、フェースガードを着けていた顔も完治して笑顔で到着ロビーへ。

「初の海外挑戦ということで難しいことが多かったけど、確実に成長できたと思っています。向こうでは、やっぱり個の能力の差を感じました。チームメートは、ほとんど各国の代表。毎日、練習で悔しい思いをしています。その中でも日本にいた時と同様、しっかり自分と向き合うことができました」と振り返った。

昨年8月、ベガルタ仙台から完全移籍。9月23日のスパルタク・モスクワ戦でロシア・プレミアリーグデビューを果たすと「徐々に慣れて成長できた。試合に出るたびに新たな課題が見つかるので、実力を受け止めて、やっていくしかないと。1人の時間、1人で考える時間が日本よりも増えたので、よりサッカーに向き合うことができました」と振り返る。

10月10日のロシア杯チュメニ戦では初のフル出場、11月23日グロズヌイ戦ではリーグ戦初先発を経験。12月中旬から2月末までのロシア特有の長期冬季休暇中には練習試合で1得点2アシストするなど実力を認めさせていき、 再開2戦目の今年3月9日ルビン戦で待望の初ゴール。5月5日ディナモ・モスクワ戦で2点目を決めた。

リーグ戦は12試合で2得点。前半戦4試合が、後半戦は顔面骨折による離脱を挟みながらも8試合に倍増した。欧州CLでは、レアル・マドリード戦、ローマ戦に出場。レアル・マドリードに敵地で3−0で勝つという歓喜の瞬間も、途中出場でピッチに立って迎えた。

この1年間で感じた課題が「プレーエリアを広げること。1人1人の能力が高くてエリアが日本人とは明らかに違う。ボールを保持している時のエリアを広げていきたい」。味方が退場し「10人対11人になった試合に出たことがあるんですが、そこで感じたこと。向こうは各自のエリアが広いので10人になっても、ある程度は戦える。それくらい個の能力があることを痛感させられました」という。「すべての試合が印象的」と刺激的な毎日だった。

語学については「ロシア語はほとんどしゃべれないです」と笑いながら、「英語を勉強しています。今は日本人の通訳の方がいるんですけど、来年からいなくなると思う。覚えていかないと」。普段は練習場に誰よりも早く行き、帰宅後も自主トレーニングに励む。「自炊したり、たまに和食店にも行きますけど、向こうの料理はめちゃくちゃおいしいので。苦労…ないですね」と食生活も問題なく適応してことが、好調の要因のようだ。

また、CSKAモスクワといえば、10年1月から13年12月まで4年間プレーしたMF本田圭佑が、あまりにも有名だ。「ロシアでプレーした日本人の第1号が本田圭佑さんですからね。ファンからも、たまに『ホンダ』とか声をかけられたりするし、すごいです」。その先駆者とは「面識は全くないです」とした上で「やっぱり、本田さんのように代表で活躍したり、ビッグクラブへ移籍したい思いはある。日本人ですし、代表への思いもめちゃくちゃあります。ただ、今はクラブで活躍して結果を勝ち取らないと、代表でも活躍できない。簡単に呼ばれるところではないので、しっかり自分と向き合いたい」と日の丸への思いを少しずつ積み上げている。

オフ中も「トレーニングするつもりです」と向上に余念なし。2季目のリーグ戦と、来季参戦する欧州リーグに向けて「1歩1歩、前進していくしかないですからね。楽しみです」。22年W杯カタール大会を目指す22歳は、つかの間の休息をへて、再び海を渡る。昨夏W杯の舞台ロシアで優勝6度を誇るクラブで、日々の競争を通して牙を磨く。

◆西村拓真(にしむら・たくま)1996(平成8)年10月22日、名古屋市生まれ。3歳でサッカーを始め、名東クラブのジュニアとジュニアユースから富山一高へ。13年度の全国高校選手権で初優勝に貢献し、15年に仙台入りした。
16年4月の浦和レッズ戦でJ1初出場。同年9月のヴァンフォーレ甲府戦で初得点。17年はルヴァン杯4強に導き、クラブ史上初のニューヒーロー賞に輝いた。
昨年のリーグ戦は、CSKAモスクワ移籍までの全24試合に出場し、当時日本人1位タイの11得点を挙げた。J1通算64試合14得点。178センチ、72キロ。血液型O。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190527-05270543-nksports-socc
5/27(月) 18:17配信



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:15 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

札幌、U22日本代表GKオビ・パウエル・オビンナの獲得に乗り出す!流通経済大学所属の大型GK(関連まとめ)

【札幌】流通経大のU22日本代表GKオビ・パウエルオビンナを獲得へ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190526-00000217-sph-socc
オビ・パウエル・オビンナ.jpg

◆天皇杯1回戦 流通経大2ー0岩見沢教育大(26日・札幌厚別)

 J1北海道コンサドーレ札幌が、U―22日本代表GKオビ・パウエルオビンナ(21)=流通経大4年=の獲得に乗り出す方針を、26日までに固めた。三上大勝GM(47)は「GKとしての能力は申し分ないし、足元の技術もしっかりしている。他にも狙っている所はあるがオファーは出す」と明言。193センチの大型GK取りへ、J複数クラブとの争奪戦に全力で臨む。

 オビはこ日、札幌厚別で行われた天皇杯1回戦の岩見沢教育大戦に出場。的確なコーチングと安定した守備で2―0の完封勝利に導いた一戦を、札幌の竹林京介強化部長(43)ら計3人が視察した。試合後には本人を含めた大学関係者にあいさつし、意志を伝えた。

 今月7〜9日、クラブはその力をミハイロ・ペトロヴィッチ監督(61)らに確認してもらうため、オビを練習に参加させた。指導した赤池保幸GKコーチ(45)が潜在能力を含めたその素質を高く評価した事もあり、獲得の方針が固まった。クラブは来季のGKを、1人増の4人体制にしたい意向。その1人をオビにすべく、誠意を示していく。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11858
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1558883141/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、デリフト獲得レースから撤退か?デリフトはバルセロナ移籍希望か

やはり移籍先はバルサ? マンUがデ・リフトの獲得レースから撤退か
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190527-00941448-soccerk-socc
デ・リフトアヤックス.jpg

 マンチェスター・Uが、アヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフトの獲得レースから撤退する可能性がある。イギリスのスポーツ専門チャンネル『スカイスポーツ』が26日に報じた。

 25日にはイギリス紙『ミラー』がマンチェスター・Uのデ・リフト獲得への関心を報じたばかりだったが、『スカイスポーツ』によるとマンチェスター・Uのクラブ関係者の多くは、デ・リフトがバルセロナに移籍するだろうと考えているという。マンチェスター・Uは移籍金7000万ポンド(約97億円)を準備しているとも伝えられていたが、アヤックスでの同僚でもあり親友でもあるオランダ代表MFフレンキー・デ・ヨングがバルセロナに移籍したことで、デ・リフトの気持ちはバルセロナでのプレーに傾いているとも言われている。

“オランダの至宝”の決断に、引き続き注目が集まる。

† Red Devils Manchester United 1369 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1558843446/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元甲府監督の吉田達磨氏、シンガポール代表監督に正式決定(関連まとめ)

元J2甲府監督の吉田氏、シンガポール代表監督に正式決定
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190527-00000061-spnannex-socc
吉田達磨監督.jpg

 昨季途中までJ2甲府の監督を務めた吉田達磨氏(44)がシンガポール代表監督に就任することが正式決定した。日本協会の推薦もあり今年に入ってから交渉を続けてきたが、ようやく締結。近日中に発表される見込みとなっている。

 吉田氏はボールを保持した攻撃サッカーの構築に定評があり、柏や新潟の監督も歴任。22年W杯カタール大会アジア予選で森保ジャパンと対戦する可能性もある。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11860
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1558910633/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浦和、10年ぶり4連敗…中村GMは監督交代を否定 今夏の補強についても否定的(関連まとめ)

【サッカー】<浦和レッズ>10年ぶり4連敗…4失点完敗。サポーターから大ブーイングを浴びせられ「悲惨な午後になった」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1558915068/
浦和2019第13節試合後.jpg
1: Egg ★ 2019/05/27(月) 08:57:48.91 ID:rECDLTbq9.net

オリヴェイラ監督、0-4完敗の広島戦後に悔恨 「消耗の度合いを評価しきれなかった」

 浦和レッズのオズワルド・オリヴェイラ監督は、26日にホームで行われたJ1リーグ第13節サンフレッチェ広島戦に0-4で大敗した後の記者会見で、「我々にとって、悲惨な午後」と完敗を認めた。そして「火曜日の試合の消耗の度合いを評価しきれなかった」と、メンバー選考の部分での失敗だったと語った。

 浦和は21日のナイトゲームでAFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループステージ最終節、ホームの北京国安(中国)戦に臨み3-0と快勝した。両者が突破の可能性を残す直接対決だっただけに、かなり高いテンションで“決戦ムード”も色濃いゲームだった。そこでは、今季ベストとも言える内容で勝利を収めベスト16進出を果たしたが、同時にチーム内にすべてを出し尽くしたような達成感があったのも事実だった。

 北京国安戦から中4日で迎えた広島戦で、オリヴェイラ監督はスタメン10人が同じというメンバーを送り込んだ。残りの1人も、MF柏木陽介の負傷により前半13分からプレーしていたMF長澤和輝だっただけに、“全く同じメンバーで臨んだ”という表現も当てはまる顔ぶれと言えた。

 一方の広島は、22日にACLの敵地メルボルン・ビクトリー戦(3-1)に臨んだが、ベンチ入り4人と人数を絞ったうえに、浦和戦と連続スタメンだったのは2選手のみ。残りの9人はオーストラリア遠征を回避して調整し、この浦和戦に臨んだという点で大きな差があったのは事実だ。

 オリヴェイラ監督は「前の試合でかかった負荷、その影響が大きかったと思います。火曜日の試合の消耗の度合いを評価しきれなかったのかなと思っています。間の日数が4日間でしたので、選手たちが十分回復できているという見込みで、本日のメンバーを編成しました。しかし不運なことに、そうではなかったということがあったと思います。また、急激な気温の変化も、そこで悪影響を与えた可能性もあります」と、メンバー選考の部分についての質問を受けるまでもなく、自ら話している。

 現在のサッカー界では、様々な器具を使用しながら科学的に疲労の具合をチェックするのは一般的になっている。一方で、その達成感などに起因する精神的な疲労度を測るのは非常に難しい。そうした意味で、最終的なパフォーマンスに影響を及ぼした可能性は高いのだろう。

5/27(月) 6:45配信フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190527-00191564-soccermzw-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190527-00191564-soccermzw-000-1-view.jpg


泥沼4連敗の浦和GM、“監督交代”否定も危機感 「コンディションだけの問題ではない」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190526-00191530-soccermzw-socc


広島に0-4大敗で黒星先行 今季ホーム1勝1分5敗に中村GM「重く受け止めます」
 浦和レッズの強化責任者である中村修三ゼネラルマネージャー(GM)は、ホームで0-4と大敗した26日のJ1リーグ第13節サンフレッチェ広島戦後、報道陣の取材に対応し、現時点での監督交代は考えていないことを明かした。

 浦和はこの広島戦の敗戦でリーグ4連敗。5勝2分6敗と黒星が先行したうえに、今季リーグ戦のホームでの成績が1勝1分5敗という苦しいものになっている。本拠地で勝利を見せられていない姿について、中村GMは「ホームでの成績を重く受け止めます」と一言。そして、この広島戦について「惨敗。暑い中で見に来てくれたサポーターに悪い試合を見せてしまって申し訳ない」と話した。

 一方で浦和は、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)では決勝トーナメント進出を果たしている。リーグ前節の湘南ベルマーレ戦(2-3)では大幅なターンオーバーを敢行し、試合中のミスジャッジにフォーカスが集まってしまったものの、前半に勢いの良い試合を展開して一時は2-0とリードする光明もあった。そして、ACLの北京国安(中国)戦は3-0の快勝でグループステージ突破を決めた。そうした流れがあっただけに、中村GMも複雑な胸中を明かしている。

「複雑です。湘南戦でメンバーが少し変わって前半は良い試合というのがあり、ACLもいい形で突破。良い流れに乗った期待感があっただけに、今日の試合は自分としては少しショック。コンディションだけの問題ではないと思う」

夏の補強は「今は考えていない」 次節の川崎戦が正念場か
 このタイミングで取材対応をしただけに、リーグ戦とACLの同時制覇を掲げている中での苦しい現状や、監督人事についての質問も飛んだが「リーグ戦もまだ可能性は残っている。もうダメとは思っていない。しっかり分析をしてやっていくこと。監督ともコミュニケーションを取っていく」と、監督交代などの早急な動きはないことを明言した。

 また、6月から7月にかけてはシーズン中の補強ウインドーも開くが、「ファブリシオも復帰してきたところ。今は考えていない」と、新戦力獲得の動きについても否定的なコメントを残している。

 浦和はこの広島戦で負け越しに踏み込んだが、次節は敵地での川崎フロンターレ戦を控える。その後にインターナショナル・マッチウィークでの中断期間を迎えるだけに、川崎戦でのプレー内容と結果はより厳しい目で精査されることになりそうだ。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:38 | 大阪 ☁ | Comment(12) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元スペイン代表ダビド・シルバ、カタールから年俸8億円超オファーか?サン紙報道(関連まとめ)

【サッカー】<元スペイン代表MFダビド・シルバ>カタールから年俸8億円超オファーか マンC関係者は退団の可能性を示唆
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1558915353/
ダビドシルバ2019.jpg

1: Egg ★ 2019/05/27(月) 09:02:33.52 ID:rECDLTbq9.net

来季でマンCとの契約が切れるシルバ 年俸が実質2倍となるオファーを検討と英紙報道

マンチェスター・シティの元スペイン代表MFダビド・シルバは、今季も安定したパフォーマンスでチームに貢献し、プレミアリーグ連覇を達成している。オフシーズンに入りシルバはカタールのクラブから高額なオファーを受けた模様で退団の可能性が浮上していると、英紙「ザ・サン」が報じている。

 現在33歳のシルバは、バレンシア育ちでエイバルやセルタへのレンタル移籍を経て頭角を現し、その後は4シーズンにわたってバレンシアで活躍した。2010-11シーズンにシティへ移籍して在籍9シーズン目を迎えた今季は、公式戦50試合に出場して10得点14アシストという安定した活躍を見せ、プレミア2連覇を含む史上初の国内3冠達成に大きく貢献している。

 シルバとシティの契約は来年6月までとなっている。現在カタールのクラブから届いている内容は、年俸600万ポンド(約8億3000万円)で2年契約と言われている。しかも非課税となっているため、実質的には現在の年俸より2倍ほど高額になるという。

 また、シティはレスターのベルギー代表MFユーリ・ティーレマンスを狙っているようで、クラブはシルバの後継者として考えているようだ。クラブ関係者は、「もし、ダビドが去ることになったら本当にショックだが、彼には最高のオファーが届いていて真剣に検討している。現時点では、残るよりも退団の可能性が高そうだ」と話している。

 シルバはシティでの9シーズンで、4回のリーグ制覇など11のタイトル獲得に貢献している。サッカー選手としてキャリアの終盤に入り、最後のチャレンジを真剣に考えているのかもしれない。

5/27(月) 8:10配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190527-00191544-soccermzw-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190527-00191544-soccermzw-000-1-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セリエA、アタランタが悲願のCL出場決定!インテルもCL復帰!ミランはEL本戦、ローマはEL予選に(関連まとめ)

躍進のアタランタが悲願のCL出場決める! 残る1枠はインテルが獲得、ミランは勝ち点1及ばず
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190527-43467482-gekisaka-socc
アタランタ2019最終節.jpg

セリエAは25、26日に第38節を行った。最終節までもつれ込んだ残り2枠のUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)出場権争いは、3位アタランタと4位インテルが獲得した。

 勝利すればクラブ史上初の欧州CL出場が決まる3位アタランタはサッスオーロと対戦。前半19分に先制を許すが、同35分にはセットプレーからFWドゥバン・サパタが同点弾を挙げる。前半終了間際にはアクシデント。両チームが揉めてしまい、サッスオーロのFWドメニコ・ベラルディが一発レッドで退場処分になった。

 前半を1-1で折り返すと、アタランタは後半8分に逆転に成功。チームの大黒柱である“背番号10”MFアレハンドロ・ゴメスがこぼれ球を冷静に押し込んだ。同20分にはMFマリオ・パシャリッチが追加点を決め、サッスオーロが同38分に2人目の退場者を出したため、11人対9人の数的優位に立ったアタランタが試合を支配。そのまま3-1で欧州CL出場を決めた。

 4位インテルは勝利以外では降格が決まる17位エンポリと対戦。0-0で迎えた後半6分にFWケイタ・バルデが待望の先制点を挙げるが、エンポリも同31分に同点に追いついてくる。インテルが引き分けに終わり、3位アタランタと5位ミランが勝利すれば順位は逆転。どうしても白星がほしいインテルは同36分、MFラジャ・ナインゴランが勝ち越し弾を決め、2-1で欧州CL権をつかみ取った。

 5位ミランはSPALと対戦して3-2で勝利。接戦を制したものの、3位アタランタと4位インテルが勝利したために勝ち点1差は埋めることができず。ヨーロッパリーグ(EL)出場権は手にしたものの、欧州CLの舞台に返り咲くことはできなかった。

 セリエAは最終節を終え、首位ユベントス、2位ナポリ、3位アタランタ、4位インテルが来季の欧州CLに出場する。また5位ミランと、コッパ・イタリアを制したラツィオがELのグループステージに、6位のローマはEL予選からの出場となった。

以下、セリエAの順位表

1.ユベントス(90)+40
2.ナポリ(79)+38
3.アタランタ(69)+31
4.インテル(69)+24
5.ミラン(68)+19
6.ローマ(66)+18
7.トリノ(63)+15
8.ラツィオ(59)+10
9.サンプドリア(53)+9
10.ボローニャ(44)-8
11.サッスオーロ(43)-7
12.ウディネーゼ(43)-14
13.SPAL(42)-12
14.パルマ(41)-20
15.カリアリ(41)-18
16.フィオレンティーナ(41)+2
17.ジェノア(38)-18
降18.エンポリ(38)-19
降19.フロジノーネ(25)-40
降20.キエーボ(17)-50

セリエAをみるぞ!No.203
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1558172079/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 | Comment(18) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴィッセル神戸、ベンゲル氏に正式オファー!三浦SDらは既に渡欧!ベンゲル氏側からの接触(関連まとめ)

J1神戸、ベンゲル氏に正式オファー!三浦SD、平野氏が既に渡欧…詰めの交渉へ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190527-00000016-dal-socc
ベンゲル笑顔.jpg


 J1神戸が次期監督として昨季までイングランド・プレミアリーグのアーセナルを率いたフランス人のアーセン・ベンゲル氏(69)に正式オファーを提示していることが26日、分かった。21年末までの2年半契約で年俸400万ユーロ(約4億9000万円)。複数の関係者によると、既に三浦淳寛スポーツダイレクター(SD、44)、平野孝アカデミー部長兼スカウト部長(44)らが渡欧して交渉にあたっているという。条件面が折り合えば、6月にも“ベンゲル神戸”が誕生する。(金額は推定)

 世界的名将が再び日本の地に降り立つ可能性が浮上した。湘南戦後、報道陣の取材に応じた神戸の三木谷会長は「具体的な動きはありません」と繰り返し語ったが、水面下では“ベンゲル招聘(しょうへい)”が着々と進んでいた。

 複数の関係者によると、ベンゲル氏側から接触を受けた神戸は、21年末までの2年半契約で年俸400万ユーロ(約4億9000万円)の正式オファーを提示。三浦SDや現役時代にJ1名古屋でベンゲル氏の指導を受けた平野氏らが渡欧して交渉に臨んでいるが、アーセナル監督時代に年俸900万ユーロ(約11億円)を受け取っていたベンゲル氏側とは条件面の開きがあるという。三浦SDらはこの日までに帰国予定だったが、滞在を延長し詰めの交渉にあたっている。

 ベンゲル氏は96〜18年まで22シーズンにわたってアーセナルの監督を務め、プレミアリーグを3度制覇するなど数多くのタイトルを獲得した。昨夏には日本代表監督の候補にも挙がったが、ベンゲル氏自身は代表よりクラブでの指揮を強く望んでいるという。

 12〜15年に指導を受けた元ドイツ代表FWポドルスキは「素晴らしい監督だということは疑いない」と信頼を寄せた。95〜96年には名古屋の監督として天皇杯を制しており、神戸の監督に就任すれば23年ぶりの日本復帰となる。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11858
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1558883141/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:34 | 大阪 | Comment(28) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サッカーの主審がボール蹴り、まさかの珍ゴール!珍ハプニングが世界で話題に「完全にクレイジー」オランダ4部

【サッカー】<主審がまさかのゴール!>珍ハプニングに世界衝撃!「完全にクレイジー」「考えられない」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1558872864/
オランダ4部審判シュート02.jpg

1: Egg ★ 2019/05/26(日) 21:14:24.67 ID:ljlHZbuf9.net

動画




オランダ4部で生まれた珍ゴール、混戦から主審の一撃に反響「物議を醸している」

https://amd.c.yimg.jp/amd/20190526-00191556-soccermzw-000-6-view.jpg

 オランダ4部リーグで珍ハプニングが起きた。シーズン最終節ハルケマセ・ボーイズ対HSVフークの一戦で、ゴール前の混戦から主審の一撃がネットを揺らすという世にも珍しいゴールが生まれ、海外メディアで「完全にクレイジー」「物議を醸している」「考えられない」と反響を呼んでいる。

 試合はホームのハルケマセ・ボーイズが優位に試合を進め、後半途中まで3-1とリード。そして迎えた後半21分に問題のシーンが訪れる。

 劣勢のフークが相手ゴール前に攻め込み、ハルケマセ・ボーイズのGKが一度は好セーブでシュートを阻止。こぼれ球がゴールに向かって転がるなか、守護神は必死に戻ってボールをかき出した。だが、こぼれ球にフークの選手が反応し、ダイレクトでシュート。これは左ポストに当たるも、そのリバウンドが主審を直撃した。避けようとした主審だが足でボールを捉える形となり、偶然の一撃から主審のゴールという奇妙なプレーが生まれている。

 ハルケマセ・ボーイズ側は抗議したが、ルール上はゴール認定。3-2と1点差に詰め寄られたハルケマセ・ボーイズだが、その後に意地の追加点を決め4-2と勝利を収めた。白星を手にしたホームチームだが、やはり不服だったのだろう。クラブ公式ツイッターで問題のシーンを収録した映像を公開。「これは経験したことがない」と綴っている。

 この映像は瞬く間に世界中で拡散され、スペイン紙「マルカ」メキシコ版は「完全にクレイジー」「考えられないことが起きた」と言及。またオランダ紙「デ・テレグラフ」は「審判が奇妙なゴール(そして、それを承認!)」と伝えている。

 一方、ロシア放送局「ロシア・トゥデイ」スペイン語版は「このシーンは珍しく、物議を醸している」と波紋の広がりを報道。「SNSでは、プレー中の主審のポジションが批判されている」と記した。

 予想外の形から生まれた珍ゴールに、反響が広がり続けているようだ。

5/26(日) 19:50配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190526-00191556-soccermzw-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【強いぞ!日本】U20日本、メキシコに3-0完勝!宮代2発、田川1G1A、藤本2アシスト!U20W杯グループ突破に大きく前進!(関連まとめ)

【サッカー】日本が3−0でメキシコに勝利!  FIFA U-20ワールドカップ グループステージ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1558884302/
宮代2019U20W杯メキシコ戦ゴール.jpg
1: 豆次郎 ★ 2019/05/27(月) 00:25:02.08 ID:D7O2+P599.net

U20日本 代表3−0 U20メキシコ代表

前半21分 宮代 大聖
後半7分 田川 亨介
後半31分 宮代 大聖

https://soccer.yahoo.co.jp/japan/game/score/2019052614


29: 豆次郎 ★ 2019/05/27(月) 00:26:50.11 ID:D7O2+P599.net

>>1
5/27(月) 0:25配信
宮代&田川の2トップ揃い踏み!! U-20日本代表、メキシコ撃破でGL突破に大きく前進

[5.26 U-20W杯グループB第2節 U-20日本代表 3-0 U-20メキシコ代表]

 U-20日本代表は23日、U-20ワールドカップのグループリーグ第2戦でU-20メキシコ代表と対戦し、3-0で勝利した。2ゴールのFW宮代大聖(川崎F)、FW田川亨介(FC東京)と2トップが揃い踏み。勝ち点を「4」に伸ばした日本はグループリーグ突破に大きく近づいた。

 初戦のイタリア戦で右サイドハーフだった10番のFWディエゴ・ライネスを抑えたい日本は4-4-2のフォーメーションで左サイドバックにDF鈴木冬一(湘南)、左サイドハーフにMF山田康太(横浜FM)が入った。

 序盤はライネスがフリーで位置を取り、開始早々にドリブル突破からスルーパス。バイタルを突破され、PA内左に走り込んだFWロベルト・デ・ラ・ローサにシュートを打たれたが、GK若原智哉(京都)が冷静にセーブ。序盤の窮地をしのいだ日本は先制機をしっかりと仕留めた。

 前半21分、左サイドの鈴木冬が入れたクロスは相手に跳ね返されたが、クリアボールに反応したMF藤本寛也(東京V)がダイレクトで背後に浮き球を配給。ジャンプした田川を越えたボールに宮代が反応し、左足シュートを沈めた。

 この日、19歳の誕生日を迎えた“川崎の大砲”がバースデー弾。負傷者が出たメキシコは前半24分に1人目の交代枠を使い、MFロベルト・メラスを下げてMFアントニオ・フィゲロアを投入。ライネスは左サイドハーフに移り、4-4-2に変更した。

 日本は前半35分、右後方から菅原が入れたクロスを田川が頭で叩き込んだが、オフサイドの判定。それでも、1-0で折り返した後半立ち上がりにセットプレーから田川が追加点を奪う。右CKを獲得し、藤本が左足でクロスを入れると、ニアサイドに走り込んだ田川の頭をかすめたボールが左ポストに当たり、ゴールマウスに吸い込まれた。

 試合の主導権を握る日本は最初の交代枠を使い、後半31分、斉藤光に代えてFW中村敬斗(G大阪)を投入する。後半32分、中村が持ち上がってつなぎ、田川がスルーパス。抜け出した宮代がDFを振り切って右足シュートを突き刺し、マルチゴールを達成。3-0で完封勝利をおさめた日本はグループリーグ突破に大きく近づいた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190527-43467475-gekisaka-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190527-43467475-gekisaka-000-1-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 01:02 | 大阪 | Comment(17) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(24時間)

    人気記事ランキング(昨日)

      人気記事ランキング(先週)