アンテナ・まとめ RSS

2019年06月22日

元新潟FWターレスさん、交通事故で24歳の若さで死去 母国ブラジル(関連まとめ)

元新潟FWターレスさんが死去 24歳 母国ブラジルで交通事故 昨季J2で34試合に出場
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190622-00000265-spnannex-socc
ターレスドリブル.jpg

 昨季J2新潟でFWとしてプレーしたターレスさん(ターレス・リマ・デ・コンセイソン・ペーニャさん)が母国ブラジルで交通事故のため死去したことが22日、分かった。24歳だった。所属元のヴァスコ・ダ・ガマが発表した。

 クラブは、ターレスさんがリオデジャネイロ市内で発生した事故で犠牲になったことを発表。クラブ公式ツイッターで「事故のニュースにショックを受け、ストライカー・ターレスの死を深く後悔している」とコメントした。

 U―20、21ブラジル代表に選出された経験を持つターレスさんは、昨季ヴァスコ・ダ・ガマから新潟に期限付き移籍で入団。リーグ戦34試合に出場し、4得点を記録した。今季はヴァスコ・ダ・ガマからポンチ・プレッタに期限付き移籍していた。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11962
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1561205174/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:27 | 大阪 ☁ | Comment(1) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【メッシノ最高や!】G大阪、食野劇的カットインゴールで湘南に勝利!清水は西澤劇的ATゴールで名古屋に2-1勝利!C大阪は磐田に2-0快勝 J1第16節(関連まとめ)

【サッカー】J1第16節夜 名古屋×清水、G大阪×湘南、C大阪×磐田 結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1561204704/
食野2019第16節ゴール.jpg

1: 久太郎 ★ 2019/06/22(土) 20:58:24.87 ID:nqlV5KuG9.net

名古屋 1−2 清水
[得点者]
68'ドウグラス(清水)
90+1'前田 直輝(名古屋)
90+5'西澤 健太(清水)

スタジアム:パロマ瑞穂スタジアム
入場者数:19,501人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/062206/live/#live



G大阪 1−0 湘南
[得点者]
90+1'食野 亮太郎(G大阪)

スタジアム:パナソニック スタジアム 吹田
入場者数:19,162人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/062207/live/#live


C大阪 2−0 磐田
[得点者]
20'ブルーノ メンデス(C大阪)
51'水沼 宏太    (C大阪)

スタジアム:ヤンマースタジアム長居
入場者数:17,728人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/062208/live/#live


J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/


31: 久太郎 ★ 2019/06/22(土) 21:01:27.51 ID:nqlV5KuG9.net

>>1
“持ってる男”がまた決めた!ルーキー西澤の2戦連続後半AT弾で清水が劇的な2連勝

明治安田生命J1リーグ第16節が22日に開催。名古屋グランパスと清水エスパルスがパロマ瑞穂スタジアムで対戦した

ホームの名古屋は前節、大分トリニータと1-1で引き分けたものの4試合未勝利。順位も6位まで転落している。先発は前節から1人変更。和泉竜司に代わってマテウスがサイドに入った。

一方の清水は現在4試合無敗。篠田善之新監督の下、復調を果たしているところだ。前節は好調の横浜F・マリノスに逆転勝ち。終盤に2ゴールを奪い、一気に勝利を手繰り寄せた。清水も先発の変更は1人のみ。中村慶太に代わり、前節劇的逆転弾を奪った大卒ルーキーの西澤健太がスタメンに入った。

先に決定機を迎えたのは、アウェイの清水だった。6分、ドウグラスが右からクロスを挙げると、PAでフリーとなっていた金子翔太がヘディングシュートを放つ。しかし、これはわずかに枠の左に逸れた。

名古屋はボランチのジョアン・シミッチが攻撃のタクトを振るい、縦パスを入れていく。前線でジョーとガブリエル・シャビエルが受けて決定機を見出そうとするが、清水もブロックを敷いて応戦。前半は互いにゴールを奪うことなくスコアレスで折り返した。

後半に入るとゴールを目指す両者がアグレッシブな攻めを見せる。名古屋は48分、ジョーのラストパスを受けたシャビエルが、GKとの1対1を迎えたが、シュートは枠をとらえられず。いきなり訪れたビッグチャンスを逃した。

すると今度は逆展開に。清水はその直後、裏に抜け出した松原后がGKとの1対1を迎えるも、これはGKランゲラックが一枚上手だった。飛び出してシュートコースを制限。ピンチの芽を摘み取った。

さらに清水は61分、松原が左からクロスを送ると、ゴール前でフリーとなっていた北川航也がヘディングシュートを放つ。しかし、これもGKランゲラックが驚異の反応を見せてストップ。名古屋は守護神の奮闘もあって、清水に先制点を許さない。

一方の名古屋は、敵陣でボールを回す機会が増える。63分に長谷川アーリアジャスールに代わって入った前田直輝がいきなりミドルシュートを放ったが、大きく枠を外れた。

こう着状態が続くなか清水は68分、ついに待望の先制点を奪取する。エウシーニョが縦パスを送ると、裏へ飛び出したヘナト・アウグストがPA右から中へ折り返す。これにドウグラスが合わせて清水が先制に成功した。

清水は直後にもディフェンスラインの裏に抜け出した竹内が決定機を迎えるが、放ったループシュートはわずかに枠の上に外れた。

追う展開となった名古屋は76分に、マテウスに代わって入った和泉がクロスを送ると、ゴール前は混戦に。最後はシャビエルの落としから前田が左足シュートで狙ったが、枠をとらえられず。

しかし後半アディショナルタイム、名古屋は再三チャンスを迎えていた前田が強烈な左足シュートを叩き込み、同点に。しかし、これで終わらないのがいまの清水。右からのクロスに西澤が合わせて勝ち越し。前節プロ初ゴールを挙げた男が、またも後半アディショナルタイムに決勝弾を奪取。清水が2-1と激戦を制し、篠田体制無敗を継続。リーグ戦今季2度目の連勝を飾った。

■試合結果
名古屋グランパス 1-2 清水エスパルス

■得点者
名古屋:前田直輝(90+1分)
清水:ドウグラス(68分)西澤健太(90+5分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190622-00010034-goal-socc


48: 久太郎 ★ 2019/06/22(土) 21:02:52.49 ID:nqlV5KuG9.net

>>1
ガンバ、21歳FW食野亮太郎の後半AT弾で湘南を撃破‼ 4試合ぶり白星で降格圏を脱出!

後半頭から遠藤を投入するもゴールは遠く…
 J1リーグは6月22日、各地で16節の6試合を開催。パナソニックスタジアム吹田では、ガンバ大阪対湘南ベルマーレの一戦が行なわれ、G大阪が1対0で勝利を収めた。

 試合は互いに好機を生み出すものの、決め手を欠く展開。0-0で前半を折り返すと、G大阪は遠藤保仁を投入し、湘南も59分に鈴木冬一を投入してリズムチェンジを図る。

 しかし、互いにゴールが遠い試合は終盤までスコアが動かなかったものの、後半アディショナルタイムにドラマが待っていた。73分に投入された食野亮太郎が右サイドでボールを受けると、カットインから右足を一閃。シュートはゴール右に突き刺さり、G大阪が先制した。

 結局、食野のゴールが決勝点となり、G大阪が1対0で勝利。勝点を17に伸ばして、降格圏からの脱出に成功した。一方の湘南はG大阪と同じ勝点17にとどまっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190622-00060482-sdigestw-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:24 | 大阪 ☁ | Comment(7) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マリノス、エジガル単独トップ今季8点目で松本に勝利!神戸はビジャ先制ゴールも大分に追い付かれ2-2ドロー J1第16節夕(関連まとめ)

【サッカー】J1第16節夕 横浜FM×松本、神戸×大分 結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1561201076/
エジガル・ジュニオ2019第16節.jpg

1: 久太郎 ★ 2019/06/22(土) 19:57:56.42 ID:nqlV5KuG9.net

横浜FM 1−0 松本
[得点者]
80'エジガル ジュニオ(横浜FM)

スタジアム:日産スタジアム
入場者数:27,364人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/062204/live/#live


神戸 2−2 大分
[得点者]
06'ダビド ビジャ(神戸)
08'オナイウ 阿道(大分)
26'ウェリントン (神戸)
89'小林 成豪  (大分)

スタジアム:ノエビアスタジアム神戸
入場者数:20,192人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/062205/live/#live


J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/


6: 久太郎 ★ 2019/06/22(土) 19:59:45.73 ID:nqlV5KuG9.net

>>1
エジガル単独トップの8点目!! 松本こじ開けた横浜FM、勢い持って首位攻防戦へ

[6.22 J1第16節 横浜FM1-0松本 日産ス]

 J1リーグは22日、第16節を各地で行い、横浜F・マリノスが松本山雅FCを1-0で破った。横浜FMが一方的にボールを支配しながら、松本も組織的守備からのカウンターで応戦したが、後半37分にFWエジガル・ジュニオが4試合連発となる決勝点をマーク。前節の痛い敗戦から立ち上がった横浜FMが、次節FC東京との首位攻防戦に勢いをつけた。

 ホームの横浜FMは前節の清水戦(●2-3)で退場したFWマルコス・ジュニオールが出場停止のため、U-20W杯に出場していたMF山田康太が今季初出場。対する松本は前節の仙台戦(●0-1)で負傷したDF橋内優也ら3選手に代わり、今季初出場のFW山本大貴、DFエドゥアルド、MFパウリーニョが入った。

 試合は立ち上がりから激しい攻め合いの様相。前半6分、松本は右サイドをMF田中隼磨が崩すと、折り返したボールがGKチアゴ・マルチンスに当たってゴール方向に飛んだが、GK朴一圭が絶妙な反応で止める。横浜FMも同8分、MF天野純の縦パスにFW仲川輝人が抜け出したが、シュートはGK守田達弥がストップした。

 松本は前半10分、相手DFがロングボールの処理を誤ったのにつけ込み山本がシュートを狙うも枠外。横浜FMは同11分、DF和田拓也の縦パスを天野がつなぎ、山田がペナルティエリア右寄りを攻め込んだが、右足で狙ったシュートはゴールポストに阻まれた。同18分、ゴール約25m前からの天野の直接FKはクロスバーに直撃した。

 互いに決定機を多く作る中、松本は前半26分、DF今井智基のクロスをT・マルチンスがクリアできず、セカンドボールを拾ったMF宮阪政樹が左足ボレーを狙ったが、これもクロスバーに直撃。横浜FMは同36分、左サイドに位置取った仲川のクロスから和田が強烈なシュートを狙うも、わずかに左へ外れ、スコアレスでハーフタイムを迎えた。

 後半も一進一退の攻防でスタートしたが、先に動いたのは松本の反町康治監督。持ち前のスピードをなかなか活かせない山本に代わってMF中美慶哉を2トップの一角で起用した。対する横浜FMのアンジェ・ポステコグルー監督は同19分、前半に絶好機を逃した山田を下げてMF大津祐樹を投入した。

 すると後半21分、横浜FMにビッグチャンス。中盤でボールを奪った仲川がドリブルで攻め込み、大津がつないだボールをFW遠藤渓太がシュート。しかし、ゴール右に飛んだボールはわずかに枠を外れた。さらに同25分、天野の左CKをDF畠中槙之輔が頭で合わせたが、これもゴール上へと飛んだ。

 やや劣勢となった松本は後半26分、FW永井龍に代えてFW高崎寛之を投入し、前線に攻撃の起点をつくろうと試みる。ところが同35分、横浜FMは大津が左サイドを突破すると、ゴールライン際で中央に折り返し、FWエジガル・ジュニオがトラップ。華麗なターンから右足でネットを居抜き、ついに松本の堅守をこじ開けた。

 E・ジュニオは今季8ゴール目。シーズン序盤に4試合の負傷欠場を経験したが、得点ランキング単独トップに立った。ビハインドを負った松本は後半37分、左サイド攻撃から宮阪がクロスを送り、ニアで高崎がつぶれて流れたボールに田中が大外から反応したが、シュートは惜しくも枠外。そのまま試合は終わり、横浜FMが大きな勝ち点1を奪った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190622-43468522-gekisaka-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☁ | Comment(5) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サガン鳥栖MF松岡大起(18)、試合中に腰痛め緊急搬送(関連まとめ)

【サッカー】鳥栖の18歳MF松岡大起が試合中に救急搬送 
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1561192444/
松岡2019第16節負傷退場.jpg
1: すらいむ ★ 2019/06/22(土) 17:34:04.83 ID:ZtGSzsr49.net

鳥栖の18歳MF松岡大起が試合中に救急搬送

[6.22 J1第16節 札幌-鳥栖 札幌厚別]

 サガン鳥栖の18歳MF松岡大起が22日に敵地で行われているJ1第16節・札幌戦で負傷退場を強いられた。

 ボランチで先発した松岡は前半7分、左サイドのタッチライン際で札幌MFルーカス・フェルナンデスと接触。直後に右の腰付近を気にする仕草を見せながらもプレーを続けていたが、同12分にプレーと関係のないところでピッチに座り込んでしまう。

 その後、担架で運び出され、前半13分にFW小野裕二が緊急投入された。
 現地情報によると、腰を痛めた松岡は救急車で病院に搬送されることになったようだ。

 鳥栖の下部組織出身の松岡は昨年から2種登録でトップチームに帯同し、今季J1第2節・神戸戦でスタメンとしてJリーグデビュー。
 今月5日、クラブ史上初となる高校在学時でのトップ昇格を果たしていた。

ゲキサカ 6/22(土) 14:59
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190622-43468512-gekisaka-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(2) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エジプト代表、トレゼゲ決勝ゴールでジンバブエに勝利!アフリカ・ネイションズカップ開幕(関連まとめ)

【サッカー】アフリカ・ネイションズカップ開幕!サラー擁する優勝候補エジプトが白星発進
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1561175859/
エジプト2019アフリカネーションズカップ第1節.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/06/22(土) 12:57:39.85 ID:nqlV5KuG9.net

アフリカ・ネイションズカップ2019は21日に開幕を迎え、オープニングゲームではエジプトとジンバブエが対戦した。

これまでは冬開催であったが、今大会から欧州シーズンのオフ期間中に行われることになったアフリカ・ネイションズカップ。当初はカメルーンが開催地となっていたが、準備の遅れや不安定な治安などを理由に開催地がエジプトに変更となるなど、右往左往しながらも21日に開幕戦を迎えている。

最多優勝回数(7)を誇るエジプトだが、前回大会は決勝戦でカメルーンに敗れており、2010年大会以来となる5大会ぶりの優勝を狙う。開幕戦ではエースであるサラーやトレゼゲ、エルネニーなどベストメンバーで臨んだ。

エジプトペースで試合は進むと、41分に動く。左サイドを突破したトレゼゲがワンツーでボックス内に侵入すると、右足でネットを揺らした。背番号7の見事な個人技で、エジプトが先制に成功する。

エジプトはその後も攻め立てるが、なかなか追加点を奪えず。それでもクリーンシートをキープし、試合はそのまま終了。開催国にして優勝候補であるエジプトが、1-0と大会白星スタートを決めている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190622-00010001-goal-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表FW上田綺世、お手本はファルカオ「死に方が上手い」

【サッカー】上田綺世(日本代表FW)、初得点へ目指すお手本はファルカオ。「死に方がうまい」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1561183361/
上田2019南米選手権チリ戦.jpg
1: 豆次郎 ★ 2019/06/22(土) 15:02:41.33 ID:sfz0ziTl9.net

6/22(土) 14:41配信
上田綺世、初得点へ目指すお手本はファルカオ。「死に方がうまい」【コパ・アメリカ】

 コパ・アメリカ2019(南米選手権)に出場している日本代表は、現地時間24日に行われるグループリーグ最終節のエクアドル戦に向けて準備を進めている。代表初得点への期待がかかるFW上田綺世が、ゴールを狙う上での意識について語った。


 大学生ながらも日本代表への初招集を受けてコパ・アメリカに臨んだ上田は、初戦のチリ戦に先発して代表デビュー。決定的な形でシュートを放つ場面も何度かあったが、最後の精度を欠いて初得点はならなかった。

「(気持ちを)切り替えたって言ったら嘘になるかもしれないけど、だから点を取りにいけないっていうのは結局FWじゃないし、外すこともある。それがこの代表の、責任のある場で起きてはいけないですけど、それを反骨心に変えて次の試合もどんどんトライしていきたいなと思います」と上田はゴールへの意気込みを述べた。

 グループ第2節のウルグアイ戦では後半途中からの交代で出場し、経験豊富な岡崎慎司と一緒にプレーした。「やっぱり体の使い方とかもうまくて、収まるし、戦いっていう部分ではやっぱりすごく戦えていた。収めて動き直してっていう、オカさんのストロングっていうのはすごく出てたので、そこは自分も出していくってことが大事だなと思います」と岡崎のプレーについて話している。

 一方で、ルイス・スアレスとエディンソン・カバーニという世界レベルのFWのプレーも目の当たりにした。「シンプルにその2枚に入れて、2枚がどうにかするみたいなスタイルでも結局できてしまうというか、その2人で攻撃を成り立たせてしまうというか、収めるスピード、ドリブルとかも含めてやっぱり世界的にもハイランクだなというのは感じました」と上田は印象を語った。

 代表初ゴールを目指す上で、上田は相手DFから消える動きを意識していることを強調した。「ディフェンスに死んだふりをするってことが結局大事。ずっと動き続けると点を取るって部分では逆に難しくなることもあると思うから、うまくサボったり、死んだふりしながら、スッと相手のスキを突けるように。相手のスキを作るっていうのも裏を取る上で必要なんじゃないかと思います」

 その動きを参考にしている選手としては、コロンビアのFWラダメル・ファルカオを挙げている。「ファルカオ選手とかはやっぱり死に方がうまい。サボってるようで歩きながらスーッとDFのスキに付け入って、ぐっと体の向きを変えて背後を取ったりとか、攻め残りから背後を取ったりとか。彼は僕の中では結構目指したいスタイルの選手だと思います」と、今大会にも出場しているコロンビアの9番について語った。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190622-00327489-footballc-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190622-00327489-footballc-000-1-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(26) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

札幌、石川直樹・ジェイ・鈴木武蔵ゴールで鳥栖に3-1快勝!引退発表のトーレスは出場せず J1第16節(関連まとめ)

【サッカー】J1第16節昼 札幌×鳥栖 結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1561186613/
石川ジェイ武蔵2019第16節ゴール02.jpg

1: 久太郎 ★ 2019/06/22(土) 15:56:53.66 ID:nqlV5KuG9.net

札幌 3−1 鳥栖
[得点者]
19'石川 直樹(札幌)
31'ジェイ  (札幌)
70'金崎 夢生(鳥栖)
84'鈴木 武蔵(札幌)

スタジアム:札幌厚別公園競技場
入場者数:6,836人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/062203/live/#live


J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/


13: 久太郎 ★ 2019/06/22(土) 15:58:20.32 ID:nqlV5KuG9.net

>>1
札幌が2戦ぶり白星! トーレス引退発表の最下位鳥栖はアクシデントも響き3連敗

[6.22 J1第16節 札幌3-1鳥栖 札幌厚別]

 J1第16節が22日に行われ、7位北海道コンサドーレ札幌は札幌厚別公園競技場で18位サガン鳥栖と対戦し、2-1で競り勝った。前半19分にDF石川直樹、同31分にFWジェイが決め、後半25分に鳥栖のFW金崎夢生に1点を返されたが、同39分にMF鈴木武蔵がダメ押し弾を奪取。2試合ぶりの白星で4戦無敗(2勝2分)となった。

 鳥栖は前日21日にFWフェルナンド・トーレスが今季限りで現役を引退することを発表。2試合連続でベンチスタートとなった元スペイン代表ストライカーの出場が注目された中、立ち上がりにアクシデントに見舞われる。

 前半12分にMF松岡大起が腰を押さえて立ち上がれなくなり、担架でピッチの外へ。同13分にFW小野裕二が急きょ投入された。

 ホームの札幌は前半19分に先制。右CKを獲得し、キッカーのMFルーカス・フェルナンデスが右足でクロスを送ると、ファーの石川が滑りながら左足で押し込む。石川は2017年の札幌復帰後初ゴールとなった。

 前半31分にはジェイも続く。左CKからキッカーのフェルナンデスが右足でクロスを供給。ファーに飛び込んだジェイが打点の高いヘディングをゴール右に叩き込む。ジェイは今季ルヴァン杯で1得点を挙げていたが、リーグ戦ではこれが今季第1号となった。

 追いかける鳥栖は後半25分、右サイドでのパスワークからPA内右のこぼれ球をDF小林祐三が中央へ送ると、途中出場FWビクトル・イバルボがトラップミスしたボールを金崎が右足でゴール右へ蹴り込み、1点を返す。金崎は今季J1出場15試合目にして、待望の初得点をマークした。

 しかし、札幌が終盤に鳥栖を突き放す。後半39分、カウンターからドリブルで持ち上がったMFチャナティップが右横へパスを送り、受けた鈴木がPA内右での巧みな切り返しから左足でシュート。鋭い弾道でゴール左下に突き刺さり、2試合連続となる今季6得点目を記録した。

 鳥栖はそのまま1-3で敗戦。3連敗を喫し、最下位からの脱出とはならなかった。また、F・トーレスは出番なしとなっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190622-43468515-gekisaka-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:37 | 大阪 ☀ | Comment(5) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元アルゼンチン代表ケンペス、メッシ外し提言「メッシがいる事で他の選手の個性が全く発揮でない」

【サッカー】<「闘牛士」マリオ・ケンペス>“メッシ外し”を進言!「メッシがいることで、他の選手の個性が全く発揮できていない」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1561172428/
メッシ2019南米選手権アルゼンチン代表.jpg

1: Egg ★ 2019/06/22(土) 12:00:28.42 ID:woliJUzJ9.net

アルゼンチンの元選手であるマリオ・ケンペスが母国の代表チームに対してコメント。レオ・メッシに“休養”を与える事を勧めた。

スアレスが日本戦で負傷 ポルト・アレグレの病院に運ばれる

コロンビアに0-2で敗れ、パラグアイと1-1で引き分けのアルゼンチン代表。コパ・アメリカで良い結果を残せておらず、次は決勝トーナメントへの生き残りをかけてカタールと対戦する。

ケンペスは「現状からメッシを休ませることは悪いことではないと思う。もしくは彼自身が休養を取るべきだ」と『TyC Sports』で発言している。

“マタドール(ケンペスの愛称で闘牛士という意味)”は、アルゼンチン代表が迎えている現状を分析し、その主な原因の一つとして“メッシ依存”を指摘。チームの全選手に対し「メッシに(ボールを)渡さなくてはいけない」これが「個性の欠如」を証明していると意見した。

■“メッシ依存”終焉に向けて
ケンペスはバルセロナの選手抜きでアルゼンチン代表を構成する事を支持している。
「もしこの代表チームからメッシを外すと何が起きるかって?彼抜きの代表チームを構成し、所属クラブでは優れたプレーを披露している選手の姿を見られるのではないか」と発言を加えた。

アルゼンチン代表監督のリオネル・スカローニは、メッシの不振を前にリスクがあると考えているものの、メッシは“代わりを見つけることのできない”選手であり“世界一”だとみなしている。

「彼の代わりを見つけることは不可能だ。今後数日でメッシの代わりを見つけることはないが、世界一の選手抜きで代表チームを構成することはできる。悪い結果になる可能性もあるが、すでに悪い結果は出ている。メッシがいることで、他の選手の個性が全く発揮できていない」とバレンシアや、ロサリオ・セントラル等でプレーした元選手は断言した。

ケンペスは「月日が経ち」、6月24日に32歳の誕生日を迎えるアルゼンチン代表とバルサでキャプテンを務めるメッシは、「疲れを感じている」と主張している。

「メッシは既に代表チームでの任務を果たしている。彼はプレーを望んでいるが、月日が経ち、疲れを感じている。代表チームで何かを獲得するために全力を尽くしてきた」と強調した。

■カタールとの対戦
アルゼンチン代表はコパ・アメリカ2019で、決勝トーナメント進出をかけて日曜日にカタール代表と対戦する。他のグループの結果も踏まえてにはなるが、勝利が必要となっている。

成績上位の3位(3グループの内、成績の良い3位の2チームが決勝トーナメントに進出)の一つとなる希望を残しており、そのためケンペスは、日本と共に招待国として今回のコパ・アメリカに参戦しているカタールとの対戦に不安を感じている事を認めている。

「アルゼンチンは常に失敗から立ち上がってきたが、今の選手達にはその気質が感じられない。結果がこのようになっていることから、私は日曜日の試合にとても不安を感じている」と締めくくった

6/22(土) 11:26配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190622-00010007-sportes-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190622-00010007-sportes-000-1-view.jpg




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(29) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イニエスタ、第4子誕生を報告!スペインに一時帰国!22日大分戦に間に合えば出場も(関連まとめ)

【サッカー】<イニエスタ>一時帰国!第4子出産立ち会い。22日夜の大分戦までに再来日する予定..J1神戸
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1561119428/
イニエスタ2019第15節.jpg
1: Egg ★ 2019/06/21(金) 21:17:08.76 ID:xLGX1z+j9

前節の首位FC東京戦で決勝ゴールを奪ったJ1神戸のMFアンドレス・イニエスタ(35)が第4子の出産に立ち会うため、母国スペインに一時帰国していることが21日、分かった。クラブによると、22日夜の大分戦までに再来日する予定で、メンバー入りの可否は状態を見て判断するという。

 クラブによると、イニエスタは18日の一般公開練習後、母国に戻った。日本時間の21日午前5時前、自身のツイッターを更新し、「ようこそロメオ。ママと彼は素晴らしい」などと投稿した。子どもは男児とみられる。

 今月5日には、各界の最もすてきなお父さん「ベストファーザー」に贈られるイエローリボン賞にも輝き、フィンク新監督も「おめでたいニュース。ポジティブな方向に進める」と祝福した。(有島弘記)

6/21(金) 19:37配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190621-00000026-kobenext-socc


イニエスタ帰国 第4子誕生を報告 再来日準備も22日大分戦は…
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190622-00000134-spnannex-socc

神戸の元スペイン代表MFイニエスタが一時帰国していたことが分かった。関係者によると、第4子出産に立ち会うためフィンク監督の了承の下、19日前後に出国。インスタグラムで「ようこそ、ロメオ」と無事に生まれたことを報告した。

 フィンク体制初陣となった前節・FC東京戦はイニエスタの今季初得点で勝利。再来日に向けて準備しており、22日の大分戦(ノエスタ)に間に合えば、コンディションを見て出場を判断する。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(4) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チリ代表、サンチェス技有決勝ゴールでエクアドル下し南米選手権決勝T進出!エクアドルは次戦日本と3位通過かけ対戦へ(関連まとめ)

【サッカー】南米選手権第2節 チリ、次節日本戦のエクアドル撃破で2連勝…サンチェスのループ弾が決勝点に
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1561165457/
サンチェス2019南米選手権第2節ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/06/22(土) 10:04:17.23 ID:nqlV5KuG9.net

 コパ・アメリカ2019のグループC第2節が21日に行われ、エクアドル代表とチリ代表が対戦。2−1でチリがエクアドルに勝利を収めた。

 試合は8分にいきなり動く。チリが右CKを起点に先制点のチャンスを作ると、こぼれ球にホセ・ペドロ・フエンサリーダが反応。フエンサリーダはペナルティエリア内で右足を振り抜くとゴール左下に入り、チリが先制に成功する。

 追いつきたいエクアドルは26分、ジェクソン・メンデスがエリア内でチリGKガブリエス・アリアスに倒されてPKを獲得。キッカーのエネル・バレンシアは冷静にゴール中央に決めて、エクアドルが同点に追いついた。

 後半に入ると51分にチリが均衡を破る。右サイドからの高いクロスにアレクシス・サンチェスがワンタッチで合わせる。A・サンチェスのループ性のシュートはゴール右に吸い込まれ、チリが勝ち越しに成功した。

 試合はこのまま終了してチリが2−1でエクアドルに勝利し、今大会2連勝を飾った。次節、エクアドルは日本と、チリはウルグアイと対戦する。

【スコア】
エクアドル代表 1−2 チリ代表

【得点者】
8分 0−1 ホセ・ペドロ・フエンサリーダ(チリ代表)
26分 1−1 エネル・バレンシア(エクアドル代表)
51分 1−2 アレクシス・サンチェス(チリ代表)

【スターティングメンバー】
エクアドル代表(4−3−3)
ドミンゲス;ラミレス、アチリエル(90分 退場)、アルボレダ、ベラスコ;グルエソ、オレフエラ、メンデス(60分 A・バレンシア);イバーラ(69分 ガルセス)、E・バレンシア、メナ(82分 プレシアード)

チリ代表(4−3−3)
G・アリアス;ボーセジュール、マリパン、メデル、イスラ;A・ビダル(90+2分 ハラ)、プルガル、C・アランギス;A・サンチェス、バルガス(86分 エルナンデス)、フエンサリーダ(70分 ディアス)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190622-10950671-soccerk-socc


5: 久太郎 ★ 2019/06/22(土) 10:05:14.53 ID:nqlV5KuG9.net

>>1
【グループC順位】
チリ    (勝ち点6/得失点差5)
ウルグアイ (勝ち点4/得失点差4)
日本    (勝ち点1/得失点差−4)
エクアドル (勝ち点0/得失点差−5)



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:48 | 大阪 ☀ | Comment(16) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柴崎岳、東京五輪OA枠にほぼ決まりか?再浮上したパートナー問題

【サッカー】<東京五輪のオーバーエイジは「柴崎岳」でほぼ決まり>再確認した俊英ボランチの凄みと再浮上したパートナー問題
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1561105978/
柴崎岳2019南米選手権第2節02.jpg
1: Egg ★ 2019/06/21(金) 17:32:58.45 ID:ov2HshdZ9.net

・チリ戦よりも明らかに縦パスの回数が増え、前線の4人をうまく使って攻撃を組み立てていた。

 ウルグアイ戦は、2−2のドローに終わったが次に繋がる好ゲームだった。
 
 負ければグループリーグ突破はかなり困難になっていただけに、「次勝てば」という状況でエクアドル戦に挑めるのは貴重な経験になるし、モチベーション的にも大きい。
 
 ウルグアイ戦は、三好康児が南米の雄相手に一歩も引かない気持ちの強さを見せて、2ゴールを奪った。コパ・アメリカについて、三好は「経験しに行く場ではない。戦いに勝ちにいくところ」と語っていただけに、その気持ちをプレーで見せ、結果を出したことは自信になっただろう。久保健英に続き三好が台頭してきたことで来年の東京五輪、これからの日本代表にとってもプラスになる。
 
 2ゴールを決めた三好は、このウルグアイ戦のMVPだ。
 しかし、攻守にわたって気の効いたプレーを見せてくれたのは、柴崎岳だった。
 
 三好の1点目は、柴崎が左サイドからの右サイドにいた三好に完璧なサイドチェンジをすることで生まれた。同サイドの中島に縦につける選択肢もあったが、三好の前に大きなスペースがあることを見抜き、ゴールへの可能性がより高い方を選択した。視野の広さとパス技術の高さを見せたすばらしいアシストだった。さらに柴崎は攻撃面でチリ戦よりも明らかに縦パスを入れる回数が増え、岡崎慎司、中島翔哉、安部裕葵、三好の4人をうまく使って攻撃を組み立てていた。

 守備では鼻が効いた守りを見せた。
 同点に追いつかれた直後の34分、杉岡大暉が出したボールが相手に引っ掛かって、その背後にいたスアレスにボールを出されそうになった時、カバーに回っていた柴崎がボールを奪い、決定機の芽を摘んだ。何気ないプレーだが、試合展開的にウルグアイが同点に追いつき、ひっくり返そうとしている中、冷静に対処できたのは経験がなせる術だろう。若いチームにあって柴崎の経験や気の利いたプレーは必要不可欠になっている。
 
 柴崎が代表で存在感を高めたのは、昨年のロシアW杯だった。
 全4試合にスタメン出場し、ベルギー戦では自陣から原口元気にロングパスを送り、先制点の起点になるなど、日本のベスト16進出に貢献した。その後、ヘタフェに戻り、さらなる活躍が期待されたが、ホセ・ボルダラス監督の守備的な志向によりなかなか試合に出場することができなかった。

6/21(金) 17:14 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190621-00060425-sdigestw-socc&p=1

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190621-00060425-sdigestw-000-1-view.jpg


2: Egg ★ 2019/06/21(金) 17:33:07.64 ID:ov2HshdZ9.net

柴崎はリーダーとしての姿も板についてきた。

 一方、日本代表では10月のパナマ戦で森保一監督のチームに初めて招集された。それ以降、アジアカップを経て、完全に主力のひとりになった。「ボランチは柴崎を軸に」という構想は、森保監督がロシアW杯でコーチとして帯同した際、柴崎のプレーや人間性を把握し、信頼していたので自然な流れだったのかもしれない。
 
 今回はリーダーとしての姿も板についてきた。
 森保監督のサッカーを理解し、どうチームを完成形に導いていくのか。その前提としてリーダーは選手に一目置かれる存在であることが求められるが、コパを戦うチームにおいて多くの攻撃が柴崎経由で進むことを見れば、誰が中心で指揮を揮っているのか容易に理解できる。また試合中における選手への声掛けは頻繁にしているし、試合終了後はいち早くセンターサークルに行き、相手選手と握手を交わすなど、あらゆる面でリーダーとしての自覚を感じることができる。
 
 今大会で気になるのは、柴崎のパートナーだ。チリ戦の中山雄太は失点に絡むなど精彩を欠き、ウルグアイ戦の相棒の板倉滉は攻守に中途半端で森保監督に「もっと前で絡むように」と再三、指示を出されていた。両者とも柴崎がゲームメイクをする中、自分が何をすればいいのか、もうひとつクリアになっていなかったようだ。
 

 サンプルになるのは昨年10月、埼玉スタジアムで行なわれたウルグアイ戦でボランチを組んでいた遠藤航だ。守備的な要素が強い選手だが、攻撃では「ここぞ」という時に絡む積極性がある。昨年のコスタリカ戦では中島にボールを預けてボックス内に入り込み、そのボールを受けて中央にパスを出し、南野拓実のゴールをアシストした。中盤エリアではデュエルの強さを見せ、ボール狩りやカバーも的確だった。中山も板倉もまだその域には達していないが、そのくらいやらないと試合には出られないということだ。
 
 森保監督が今回、東京五輪世代中心のチームに柴崎を入れているのは、来年の東京五輪でのオーバーエイジ枠を見越しているからだろう。おそらく中島もその候補だろうが、では、柴崎が東京五輪のチームの第1ボランチになった際、パートナーは誰になるのか。
 
 U−20W杯ポーランド大会でベスト16に貢献した伊藤洋輝(名古屋)、齊藤未月(湘南)、そしてトゥーロン国際大会や川崎フロンターレで好プレーを見せている田中蒼あたりだろう。田中は技術はもちろん、危険察知能力が高く、カバーリングも的確だ。齊藤は球際に厳しく、デュエルの強さを見せつけてボールを奪取、運動量も多い。サイズはないが、柴崎との相性を一度、試合で見てみたい。 
 
 グループリーグ最終戦となるエクアドル戦は、誰が柴崎と組むのか。
 中山と板倉にセカンドチャンスを与えるのか、それとも満を持して松本泰志を起用するのか。その選択が楽しみではあるが、勝点3を取るために柴崎はいつも以上に凄みのあるプレーを見せてくれるだろう。その本気度が若い選手に伝播し、チーム全体で表現されれば柴崎が望むさらに厳しい試合(決勝トーナメント)を戦うことが可能になるはずだ。
 


※田中蒼ではなく田中碧選手
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☁ | Comment(24) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング