アンテナ・まとめ RSS

2019年06月25日

久保建英、幻ゴールのVAR判定で祈りのポーズ「クリアミスにならないかなと思ってました」

【サッカー】<久保建英>VAR判定待ちで“祈りポーズ”の胸中は?「なんかクリアミスとかにならないかなと思ってました」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1561434692/
久保2019南米選手権第3節祈り.jpg
1: Egg ★ 2019/06/25(火) 12:51:32.16 ID:Gi6mmZi39.net

後半ATに久保がゴールもオフサイド判定、その直後にVARで試合は一時ストップ
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190625-00199425-soccermzw-000-5-view.jpg

 森保一監督率いる日本代表は、現地時間24日のコパ・アメリカ(南米選手権)グループリーグ第3戦でエクアドルに1-1と引き分けた。MF久保建英(FC東京→レアル・マドリード)は後半アディショナルタイムにネットを揺らしたがオフサイド判定となり、直後にVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の確認で一時試合が中断。久保は両手を合わせて祈りのポーズを見せていたが、その時の胸中を明かした。

【動画】久保建英がペナルティーエリア内でパスを受けて左足一閃! 強烈な一撃がエクアドルのゴールを強襲
https://www.football-zone.net/archives/199425/3?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=199425_6

 日本は前半15分、MF中島翔哉(アル・ドゥハイル)のスルーパスにFW岡崎慎司(レスター・シティ)が反応し、前に出た相手GKのクリアボールを拾った中島が無人のゴールに蹴り込んだ。一度は岡崎がオフサイドと判定されたが、VARの確認により日本の先制ゴールが認められた。

 しかし同35分、エクアドルに右サイドからのクロスを頭で合わせられると、GK川島永嗣(ストラスブール)が弾いたボールをFWアンヘル・メナに押し込まれて同点。1-1のまま終盤に突入したなか、日本にチャンスが訪れる。

 後半アディショナルタイム4分、相手ペナルティーエリア内から中島がシュート。これはGKに防がれるも、こぼれ球に反応した久保がシュートを放ってゴールネットを揺らした。歓喜に沸いた日本だったが、これはオフサイド判定で取り消しとなった。

 しかしその直後、一転してVARの確認が入って試合はストップ。その間、久保は祈るように両手を合わせていたが、18歳アタッカーは何を思っていたのか。

久保自身も「オフサイドだろうなと思っていた」と告白、それでも一縷の望みに賭け…

 自分でも「オフサイドだろうなと思っていた」と語りつつ、「なんかクリアミスとかにならないかなと思ってました」と一縷の望みに賭けていた。しかし結局判定は覆らず、ノーゴールのまま1-1ドローに終わった。

「決まっていれば、ここでこうやって話すこともなかった。オフサイドだったので力不足とかはないですけど、しっかり枠にも入れているので。その前に自分もチャンスはあったので、そこは悔しいですね」

 最後のチャンスを冷静に振り返った久保は、確かな自信を手にして大会を後にした。

6/25(火) 12:38 フットボールマガジンゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190625-00199425-soccermzw-socc

【サッカー】<久保建英>惜しくもヒーローなれず…終盤にネット揺らすもオフサイド
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1561425054/



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 ☀ | Comment(10) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鹿島、2年連続ACL準々決勝進出!土居2ゴールでアウェーゴール差で広島を上回る ACL決勝T1回戦第2戦(関連まとめ)

【サッカー】“王者”鹿島、2年連続ACL8強!2戦合計3-3、アウェーゴールで広島を上回る
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1561463963/
土居2019ACLベスト16第2戦ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/06/25(火) 20:59:23.66 ID:OlbzkOts9.net

数的優位に立ちながら広島の猛攻を浴びる展開に… 微妙な判定にも救われる
 J1鹿島アントラーズは25日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)ラウンド16で、サンフレッチェ広島との“日本勢対決”第2戦に臨み、アウェーで2-3と敗れた。これで2戦合計スコアは3-3となるもアウェーゴールで上回り、鹿島が優勝した昨年に続き2年連続のベスト8進出を決めた。

 18日に行われたホームでの第1戦では、MFセルジーニョのゴールを守り切り1-0で勝利していた鹿島。優位な立場で迎えたアウェーでの一戦だったが、キックオフ直後に思いもよらぬアクシデントが起きた。前半3分に広島に攻め込まれたシーンで、DFチョン・スンヒョンが左足を負傷。そのままピッチに倒れて担架で運ばれると、18歳のルーキーDF関川郁万が緊急投入された。

 予想外の展開となった王者鹿島だが、チーム全体でこの危機をしのぐと、広島の出方を窺いながら攻撃の糸口をつかんでいく。そして迎えた前半33分、カウンターを仕掛けるとゴール正面でこぼれ球を拾ったMF土居聖真が右足を一閃。強烈な一撃が決まり、鹿島が大きなアウェーゴールを奪って先制した。

 3点を奪わないと敗退が決まる広島は、後半開始からFWパトリックを投入。すると同21分、右サイドからのクロスボールに飛び込んだパトリックのヘディングシュートが鹿島DFに当たり、ゴールネットに吸い込まれ2戦合計1-2とした。

 勢いに乗る広島は同27分にも、パトリックのヘディングシュートからの混戦で、DF佐々木翔がゴールを決めて2戦合計2-2。試合は白熱した展開となるが、2分後に鹿島がカウンターから土居が抜け出すと、広島GK中林洋次に倒されレッドカード。劣勢の鹿島が11人対10人と数的優位を得た。

 しかしその後も広島の猛攻を受け、後半35分には広島にネットを揺らされるも、微妙な判定でノーゴールに。騒然としたなかで試合が進むなか、鹿島は総攻撃を仕掛けた広島の隙を突いてカウンターから再び土居が決めた。後半アディショナルタイムにはPKで失点し、2戦合計3-3となったがアウェーゴールで広島を上回り、2年連続のベスト8進出を決めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190625-00199559-soccermzw-socc

広島 3−2 鹿島
1戦目0−1
合計 3−3

[得点者]
33'土居 聖真(鹿島)
66'パトリック(広島)
72'佐々木 翔(広島)
89'土居 聖真(鹿島)
90+6'パトリック(広島)



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:27 | 大阪 ☀ | Comment(17) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表DF冨安健洋、セリエAラツィオが獲得競争に参戦!イタリア地元紙報道(関連まとめ)

【サッカー】<DF冨安健洋(20=シントトロイデン)>ボローニャに続きラツィオも参戦!伊地元紙報道
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1561455035/
冨安日本代表.jpg

1: Egg ★ 2019/06/25(火) 18:30:35.96 ID:pnOOGWUK9.net

セリエAの古豪ボローニャが獲得に動いている日本代表DF冨安健洋(20=シントトロイデン)に関し、25日付のボローニャ地元紙「イル・レスト・デル・カルリーノ」は、同じセリエAの強豪ラツィオも争奪戦に参戦したと報じた。同紙によれば、ラツィオは昨冬から冨安の動向を注視していたようで、ここ来てシントトロイデン側と再びコンタクトを取り始めたという。

 また同紙はボローニャの新シーズンへ向けた補強状況を改めて報道。「現時点での優先順位はDF」との見出しで、冨安の日本代表でプレーする写真を掲載するとともに、ボローニャが冨安の獲得を熱望しているした。ボローニャは昨季セリエA残留に貢献したDFリャンコがレンタル元のトリノ復帰。そのことでセンターバックの補強は急務となり日本代表でも成長著しい冨安に白羽の矢を立てた。

 同紙によれば、シントトロイデンは21日にボローニャの移籍金600万ユーロ(約8億9000万円)の正式オファーを拒否。それを受けボローニャは新たな作戦で再び冨安獲得に向けて動く予定という。

スポニチ6/25(火) 17:16
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190625-00000162-spnannex-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190625-00000162-spnannex-000-2-view.jpg


※一部レスを編集し直しました
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(24) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

武藤所属ニューカッスル、ベニテス監督の退任を発表!中国・大連一方監督に就任か(関連まとめ)

武藤所属のニューカッスル、ベニテス監督の退任を発表「感謝します」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190624-00951582-soccerk-socc
ベニテスニューカッスル.jpg
日本代表FW武藤嘉紀が所属するニューカッスルは24日、ラファエル・ベニテス監督が今シーズン限りで退任することを発表した。

 現在59歳のベニテス監督は、レアル・マドリードの下部組織で指揮官としてのキャリアを始め、これまでバレンシア、リヴァプール、インテル、チェルシー、ナポリなどの監督を歴任。リヴァプールの指揮官に就任した1年目には、CL決勝でミラン相手に3点を先制され前半を折り返しながらも、同点に追いつき、PK戦の末に勝利を収め、CL制覇へと導いた。この試合は、“イスタンブールの奇跡”と呼ばれ、現在も語り継がれている。

 ベニテス監督は、2016年3月よりニューカッスルの指揮を執っていた。2015−16シーズンはチャンピオンシップ降格を味わったが、翌シーズンに1年でプレミアリーグへ復帰。2018−19シーズンは12勝9分け17敗の勝ち点『45』で13位でフィニッシュした。

 ニューカッスルは公式HPで、「契約を延長するために一生懸命努力をしてきましたが、合意に達することは不可能でした」とコメント。「過去3年間の彼とコーチングチームの努力、そして成し遂げてきたことに感謝します」と伝えている。

 イギリスメディア『スカイスポーツ』によると、ベニテス監督には中国クラブからオファーが届いているという。大連一方の新指揮官に就任する可能性があるようだ。
【中下位専用】ENGLAND Premier League 23
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1557093537/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久保建英、欧州各国メディアが絶賛「久保がメッシに扮した」「バルサとレアルが争った理由を見せた」(関連まとめ)

【サッカー】<欧州メディア>「久保建英」の躍動を絶賛!「バルサとレアルが争った理由を見せた」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1561435246/
久保2019南米選手権第3節03.jpg

1: Egg ★ 2019/06/25(火) 13:00:46.44 ID:Gi6mmZi39.net

https://amd.c.yimg.jp/amd/20190625-00328052-footballc-000-4-view.jpg

コパ・アメリカ2019(南米選手権)グループリーグC組第3節のエクアドル代表対日本代表戦が現地時間24日に行われ、1-1のドローに終わった。MF久保建英がこの試合でみせたパフォーマンスに対しては欧州メディアからも賛辞が寄せられている。

【動画】久保建英、鮮やかドリブルでゴール演出!相手DFを翻弄する超絶テクを披露

 先発で出場した久保は決定的なスルーパスなどで日本のチャンスを演出し、自らも積極的にゴールを狙う。後半アディショナルタイムにはゴールネットを揺らし、劇的な決勝点を挙げたかに見えたが、オフサイドの判定のため無効とされた。

 スペイン『アス』紙電子版ではエクアドル戦での久保のプレーを動画で紹介。久保の「独演会」と評し、「ドリブルもシュートもスピードもあり、さらに素晴らしいプレービジョンもある。ラスト30分間はチームを背負っていた」と活躍を称えている。

 この試合の選手採点を行ったイタリア『トゥットメルカートウェブ』では、久保に両チームを通して最高点となる「7」をつけている。「体は小さいが、バルセロナとレアル・マドリーが獲得を争った理由を見せた」と寸評を記した。

 スペイン『Besoccer』は「久保がメッシに扮した」とそのプレーぶりをバルサのエースにたとえた。「日本のベストプレーヤーだった」「97分間を通してチームメートに良いパスを出し続けた」と森保ジャパンの18歳を称賛している。

フットボールチャンネル6/25(火) 11:59
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190625-00328052-footballc-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(32) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【珍プレー】ウルグアイ代表スアレス、GK相手にハンドアピール!?(関連まとめ)

【サッカー】南米選手権第3節 ウルグアイがカバーニ決勝点でチリ下し逆転首位通過!チリは決勝T1回戦でコロンビアと対戦
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1561428317/
スアレスGKハンドアピール.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/06/25(火) 11:05:17.17 ID:OlbzkOts9.net

コパ・アメリカ2019グループC第3節は日本時間25日、チリ代表vsウルグアイ代表の首位攻防戦がマラカナンスタジアムで行われた。

グループ突破を決めている両チームによる一戦。連勝している首位のチリ(勝ち点6)はアレクシス・サンチェスやチャルレス・アランギスらを起用したもののアルトゥーロ・ビダルらをベンチに置き、ルイス・スアレスやエディンソン・カバーニらを送り出した2位のウルグアイ(勝ち点4)を迎え撃った。

試合序盤、ポゼッションを高めて攻め込んでいるチリに対して、ウルグアイはラインをあまり高く設定せずカウンターを狙っていく。
22分にはボックス内に抜け出したL・スアレスがGKアリアスとの1対1を迎えたが、上手くサイドに追いやられて得点に繋げることはできない。

首位浮上に向け勝利が求められるウルグアイはハーフタイム中に選手交代を敢行。ニコラス・ロデイロに代えてナイタン・ナンデスを送り出した。

0-0で迎えた後半、チリにアクシデントが発生。キャプテンの54分にガリー・メデルが負傷により交代を余儀なくされ、イゴル・リチノフスキが投入される。

それでも69分にはチリに決定機。左サイドからのクロスにパブロ・エルナンデスが飛び込んでヘディングシュートを放つと、これが枠を捉える。しかし、ゴール目前でホセ・マリア・ヒメネスにクリアされて得点は奪えない。

82分、ついに試合が動きを見せる。ウルグアイの細かい繋ぎからL・スアレスが左サイドに展開し、ボックス手前左のホナタン・ロドリゲスがアーリークロスを供給。カバーニが頭で合わせ、ゴール左のネットを揺らした。

試合は1-0でウルグアイがリードを保って終了。この結果首位通過を決めたウルグアイは日本時間30日にペルー代表、2位のチリは29日にコロンビア代表と対戦する。

■試合結果
チリ代表 0-1 ウルグアイ代表

■得点者
チリ:なし
ウルグアイ:エディンソン・カバーニ(82分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190625-00010015-goal-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:21 | 大阪 ☀ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、エクアドルと1-1ドロー!森保監督、南米選手権を終え「『あと少し』を超えるのは本当に大きな改善と努力が必要」まとめその4(関連まとめ)

森保監督が明かした率直な感想「“あと少し”を超えるのは本当に…」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190625-00951726-soccerk-socc
森保監督2019南米選手権第3節.jpg


日本代表は24日にコパ・アメリカ2019・グループステージ第3節でエクアドル代表と対戦し、1−1で引き分けた。

 勝てば決勝トーナメント進出という状況だったが惜しくもドローに終わり、2分け1敗で敗退が決まった。試合後の会見に出席した森保一監督は、「まず、選手たちはこの短期間で成長を見せてくれたと思っています」と選手を労いつつ、「勝ち切れなかったという部分については、まだまだ力が足りなかったということ」と反省。「真摯に受け止めて、私自身も代表の強化にあたっていきたいと思いますし、選手たちには勝ち切れなかったという部分、さらに力をつけるということを考えて、所属チームに戻って活動してもらいたいと思っています」と今後を見据えた。

 具体的な反省としては、「今日もウルグアイ戦もそうですが、先制して追いつかれた、というところ」と言及。「世界のトップトップの相手を無失点に抑えることは簡単ではありませんが、圧力をかけられたときにしっかりと守り切れるように」とまずは守備面での課題を挙げた。

 また、「攻撃では十分、勝てるだけのチャンスは作れたと思います」としたうえで、「最後の決定力という部分は上げていくというところ。選手に明確な目標を持ってもらって、今後の成長につなげてほしいと思っています」とフィニッシュの精度に関しても改善が必要だと述べた。

 そして大会については「惜しいというところから“あと少し”を超えるのは本当に大きな改善と努力が必要だと思います」と率直な感想を漏らした。それでも、「アジアのサッカーもレベルは上がっていると思いますし、南米をはじめ、世界の強豪とも渡り歩いていける戦いができている。そこは選手たちも謙虚に、相手に敬意を払いながらも、『自分たちはできる』と普段通りのメンタリティと勇気を持って戦ってくれた部分は、アジアと世界の差が縮まっているところだと思っています」と自信も覗かせている。


アビスパ福岡
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1560684902/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:04 | 大阪 ☀ | Comment(46) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、エクアドルと1-1ドロー!柴崎岳「僕らとしては実りのある試合だった」まとめその3(関連まとめ)

柴崎岳、渦巻いた“日本批判”に持論 「毎試合0-4とかなら他国もなんだよとなるけど…」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190625-00199403-soccermzw-socc
柴崎岳2019南米選手権第3節.jpg

招待国の日本、若手中心の編成で他国から批判も…柴崎は好感触「実りのある試合だった」
 森保一監督率いる日本代表は、現地時間24日のコパ・アメリカ(南米選手権)グループリーグ第3戦エクアドル戦で1-1と引き分け、最終的にグループ3位で決勝トーナメント進出は叶わなかった。キャプテンを務めたMF柴崎岳(ヘタフェ)は、招待国として参戦した日本に対する他国からの批判を受けて、「僕らとしては良かったんじゃないですか」と持論を展開している。

 17日のチリ戦(0-4)、20日のウルグアイ戦(2-2)に続き、エクアドル戦でもキャプテンとしてプレーした柴崎は、中盤の要として攻守に奮闘。エクアドルに勝利すれば決勝トーナメント進出という状況のなかで引き分けに終わり、「勝つチャンスは十分にあったけど、チームとして実力不足。これが現時点のレベルだったと思う」と振り返っている。

 また今大会の日本代表は、これまでの主力クラスを招集できず、東京五輪世代の若手を中心に編成。他国の代表監督からは“大会軽視”などの声も上がったが、実際には代表チームに拘束力がなく、所属クラブにも派遣義務がないため招集が実現しなかった裏事情がある。それでも、カタールとともに招待国として参戦し、若手メンバーが主体の日本に対しては批判の声が強まっていた。

 エクアドル戦後、柴崎はそんな風潮について「僕らとしては良かったんじゃないですか。他の国がどう考えるかは別として、僕らには実りのある試合だった」と言及。そのうえで「これが毎試合0-4とか、0-5なら他の国もなんだよとなるけど、2試合目からは互角以上の戦いをした部分もあるので」と主張している。

 日本戦の前にエクアドル代表のエルナン・ダリオ・ゴメス監督も「日本とカタールが来ているのは良いこと」と擁護して話題となっていた。若手の多い日本だったが、コパ・アメリカという真剣勝負の場を経験した意味は大きかったに違いない。


鹿島アントラーズPart2615
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1561114253/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:23 | 大阪 ☀ | Comment(18) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本、エクアドルと1-1ドロー!久保建英は輝き放ち決定機演出パス「7本」まとめその2(関連まとめ)

輝き放った久保建英の圧倒的なスタッツ…決定機演出パスはぶっちぎりの「7本」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190625-00010020-goal-socc
久保2019南米選手権第3節02.jpg

日本代表は、コパ・アメリカ2019・グループC第3節でエクアドル代表と1-1で引き分けた。この試合で先発したMF久保建英は、抜群の存在感を放っている。

勝てば決勝トーナメント進出が決定する大一番に臨んだ森保ジャパン。前節優勝候補ウルグアイと2-2で引き分けたメンバーから、久保のみを入れ替えて臨んだ。15分に中島翔哉のゴールで先制に成功したが、35分に追いつかれる。後半は何度も決定機を迎えたが、最後まで勝ち越し点を奪えず。1-1で引き分けに終わり、グループリーグ敗退が決定した。

『Opta』データによると、この一戦で日本は16本のシュートを記録。枠内シュートは6本、パス本数は494本で、ポゼッション率は50.7%だった。エクアドルもほぼ同じスタッツを記録しており、データからは互角の戦いだったと言える。

そして、ドリブルや鋭いパスで何度も決定機を演出していた久保だが、素晴らしいスタッツを記録している。決定機に繋がったラストパスの本数は「7」。これは日本のどの選手よりも6本も多く、エクアドルのメナの3本を4つも上回る圧倒的な数字だ。さらに中島(5本)に次いで3本のシュートを記録し、敵陣パス本数はチーム最多「32」(成功率は81.3%)。さらに、チーム最多「17」のデュエルを記録し、被ファールも最多「3」。また、1試合でのシュート関与数が「10」と、今大会通じて3番目の記録となった(1位は日本戦のルイス・スアレス:13回)ピッチ上で最も輝いた選手であったと言えるだろう。

得失点差の関係で惜しくも敗退となった日本。それでも、東京オリンピックを見据えたメンバーで臨んだ中で大きな経験を手にした。そして、レアル・マドリーへの移籍が決定した久保は、世界に大きなインパクトを与えるようなパフォーマンスを見せている。


■言いたい放題FC東京 3085■
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1561292889/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:42 | 大阪 ☀ | Comment(27) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【久保建英無双】日本、中島翔哉先制ゴールもエクアドルに追い付かれ1-1ドロー!久保はチャンスメイク連発!日本は南米選手権決勝T進出はならず まとめその1(関連まとめ)

【サッカー】日本代表、決勝トーナメント進出ならず!  中島が先制ゴールを決めるも追いつかれエクアドルと引き分ける
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1561424177/
久保2019南米選手権第3節.jpg
1: 豆次郎 ★ 2019/06/25(火) 09:56:17.29 ID:ag8A6aNd9.net

コパ・アメリカ


日本 1−1 エクアドル

■得点者
中島 翔哉 前半15分
アンヘル メナ 前半35分


https://soccer.yahoo.co.jp/japan/game/score/2019062403


240: 豆次郎 ★ 2019/06/25(火) 09:58:28.24 ID:ag8A6aNd9.net

>>1
6/25(火) 9:55配信
日本、2分1敗でGS敗退が決定…中島のゴールで先制もエクアドルとドロー

 コパ・アメリカ グループステージ第3節が25日に行われ、日本代表とエクアドル代表が対戦した。


 勝てばグループステージ突破が決まる日本は15分、岡崎慎司がスルーパスに抜け出すと、相手GKがエリアを飛び出しクリア。これを中島翔哉が拾うと無人のゴールへ突き刺した。岡崎が抜け出したシーンでオフサイドが疑われるもVARの末、中島の今大会初ゴールが認められ日本が先制した。

 しかし、35分にシュートのこぼれ球をアンヘル・メナに押し込まれ、エクアドルが同点に追いついた。

 後半に突入するとエクアドルが猛攻を仕掛け、日本がしのぐ展開に。そのまま両者決め手を欠き、1−1で試合終了。この結果、日本(勝ち点2、得失点差-4)はグループC3位に終わるも、グループA3位のペルー(勝ち点4、得失点差-3)、グループB3位のパラグアイ(勝ち点2、得失点差-1)を下回り、グループステージ敗退となった。

【スコア】
エクアドル代表 1−1 日本代表

【得点者】
0−1 15分 中島翔哉(日本)
1−1 35分 アンヘル・メナ(エクアドル)

【スターティングメンバー】
日本代表(4−2−3−1)
川島永嗣;杉岡大暉、植田直通、冨安健洋、岩田智輝;板倉滉(88分 前田大然)、柴崎岳、中島翔哉、三好康児(83分 安部裕葵)、久保建英;岡崎慎司(66分 上田綺世)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190625-00951567-soccerk-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190625-00951567-soccerk-000-1-view.jpg




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:29 | 大阪 ☀ | Comment(78) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、エクアドル戦スタメン発表!久保建英が先発復帰!ウルグアイ戦メンバーがベース 南米選手権第3節(関連まとめ)

【サッカー】日本代表スタメン発表 エクアドル戦
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1561413142/
日本代表南米選手権第2節試合前.jpg
1: 豆次郎 ★ 2019/06/25(火) 06:52:22.67 ID:ag8A6aNd9.net

コパ・アメリカ エクアドル戦の日本代表スタメン発表

GK:川島永嗣

DF:岩田智輝、植田直通、冨安健洋、杉岡大暉

MF: 柴崎岳、板倉滉、三好康児、久保建英、中島翔哉

FW:岡崎慎司

ウルグアイ戦からの変更は安部裕葵→久保建英のみでした!

https://twitter.com/atsushi1010/status/1143274810090254336?s=21
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


11: 豆次郎 ★ 2019/06/25(火) 06:54:21.37 ID:ag8A6aNd9.net

>>1
6/25(火) 6:51配信
【日本代表スタメン速報】久保建英が先発復帰!日本代表、前節のスタメン10名継続でエクアドルとの決戦へ
日本代表は現地時間24日(日本時間25日)、コパ・アメリカ2019・グループC第3節でエクアドル代表と対戦する。試合に先立って日本のスターティングメンバーが発表された。


日本は、日本時間18日に行われたチリ代表との初戦に0-4で大敗で大敗したものの、続く21日のウルグアイ代表戦で2-2と健闘。勝ち点1を拾い、最終戦を前にグループ3位につけている。対するエクアドルは4位に沈んでいるものの、他グループの結果によりこの試合の勝者が決勝トーナメントに進出できる状況となっている。

一騎打ちとなる運命のエクアドル戦に向けて、森保一監督は「勝利するためにより確率が高いと考えられる選手を送り出したい」と語り、先発メンバーの「ベースになるのはウルグアイ戦」であると明言した。

その言葉通り、ウルグアイ戦から9名を引き続きスタメンに選出。久保建英が先発復帰し、前節のMOMに輝いた三好康児や中島翔哉が送り出された。なお、2列目の並びは左から中島、久保、三好の順になると見られる。

エクアドル戦は25日8時にエスタジオ・ミネイロンでキックオフを迎える。

スターティングメンバーは以下の通り。

【日本代表 スターティングメンバー】
▽GK
1 川島永嗣(ストラスブール/フランス)

▽DF
2 杉岡大暉(湘南ベルマーレ)
5 植田直通(セルクル・ブルージュ/ベルギー)
16 冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー)
19 岩田智輝(大分トリニータ)

▽MF
4 板倉滉(フローニンヘン/オランダ)
7 柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)
11 三好康児(横浜F・マリノス)
10 中島翔哉(アル・ドゥハイル/カタール)
21 久保建英(レアル・マドリー)

▽FW
18 岡崎慎司(レスター/イングランド)

【日本代表 控えメンバー】
▽GK
12 小島亨介(大分トリニータ)
23 大迫敬介(サンフレッチェ広島)

▽DF
3 中山雄太(ズウォレ/オランダ)
15 菅大輝(北海道コンサドーレ札幌)
14 原輝綺(サガン鳥栖)
22 立田悠悟(清水エスパルス)

▽MF
6 渡辺皓太(東京ヴェルディ)
8 伊藤達哉(ハンブルガーSV/ドイツ)
17 松本泰志(サンフレッチェ広島)
20 安部裕葵(鹿島アントラーズ)

▽FW
9 前田大然(松本山雅FC)
13 上田綺世(法政大)

【コパ・アメリカ日本代表日程(日本時間)】※全試合DAZN独占配信
グループC第1節:6月18日(火)8:00〜 0-4 チリ
グループC第2節:6月21日(金)8:00〜 2-2 ウルグアイ
グループC第3節:6月25日(火)8:00〜 vsエクアドル

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190625-00010006-goal-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190625-00010006-goal-000-1-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:16 | 大阪 | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング