アンテナ・まとめ RSS

2019年06月27日

柴崎岳、メキシコ・プーマス移籍は無し クラブ番記者が完全否定「彼は来ない」(関連まとめ)

「彼は来ない」柴崎岳のメキシコ・プーマス移籍を、クラブ番記者らが完全否定
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190627-00060674-sdigestw-socc
柴崎ヘタフェ.jpg

新天地はメキシコ以外に?
 日本代表の主将としてコパ・アメリカに出場した柴崎岳。ロシア・ワールドカップでも見せたクレバーなプレーぶりに、改めて脚光が当たっている。

 ただ、スペイン紙『MARCA』が、「コパ・アメリカで活躍したが、来季のヘタフェの構想に入ることはないだろう」と報じているように、クラブでの立場は良いとは言えず、今夏の移籍が濃厚だと見られている。

 その柴崎について、メキシコのプーマスが熱心に獲得を目指していると言われていたが、どうやら移籍が実現する可能性は低いようだ。
 
 現地時間27日、プーマスの番記者を務めているブライアン・シールズ氏は、自身のSNSで、「シバサキはプーマスのドアを叩かない」と投稿し、その理由として「彼を獲得するだけの資金はない」と指摘した。

 さらに、現地局『Televisa Deportes』のレポーター、アロンソ・カブラル氏も同じタイミングで自身のSNSを通じ、ファンからの柴崎に関する質問をふたつ取り上げて回答。「シバサキは本当に来るの?」という問いには、「彼は来ません!」ときっぱり否定。さらに「どのくらいの金額なら来てもらえる?」というクエスチョンにも、「いくら用意しても、彼は来ない…」と返している。

 また、現地メディア『ESPN』デジタル版のレポーター、マック・レセンディスさんは「プーマスが彼を獲得するという明確なソースは無い。ある関係者が、彼がチームに加わることはないと保証した」と自身のSNSで発信している。

 柴崎の新天地はメキシコ以外になるのか? コパ・アメリカの奮闘ぶりを見れば、獲得に動くクラブは少なくないだろう。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11982
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1561556002/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:26 | 大阪 ☔ | Comment(14) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

C大阪FW山根永遠(20)、J2金沢に育成型レンタル移籍!金沢にも所属したMF山根巌の息子(関連まとめ)

C大阪20歳FW山根永遠が金沢に育成型期限付き移籍「早くチームの勝利に貢献できるように」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190627-43468711-gekisaka-socc
山根2019J3C大阪.jpg

 ツエーゲン金沢は27日、セレッソ大阪からFW山根永遠(20=やまね・とわ)を育成型期限付き移籍で獲得したと発表した。20年1月31日までの契約となる。

 同選手は広島ユース出身。プレミアリーグWEST得点王の実績を持って17年にC大阪に入団。しかしこれまでの出場はJ3のみで、通算71試合13得点だった。

 クラブを通じ、「一日でも早くチームの勝利に貢献できるよう努力するので、応援よろしくお願いします」とコメントした。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11983
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1561596662/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☔ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイエルン、バルセロナFWデンベレの獲得を検討…マンCサネの獲得失敗に備える

バイエルンがバルセロナFWデンベレ獲得を検討中…サネ獲得が難航でプランB変更か
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190627-00010014-goal-socc
デンベレバイエルン噂.jpg

ブンデスリーガのバイエルンは、ドイツ代表FWレロイ・サネ獲得を目指していると伝えられていた。だがここにきてバルセロナのフランス代表FWウスマン・デンベレもターゲットに加えているようだ。

ドイツ『ビルト』は「サネの獲得には高額な契約解除金が必要になることから、プランBとしてバルサFWが浮上している」と伝えた。

「これまでバイエルンはサネ補強に向けて動いていたが、マンチェスター・Cは防御の姿勢を見せており、サネと新契約を締結する可能性がある。そうなると、サネを引き抜くには1億7500万ユーロ〜2億ユーロ(約213億円〜244億円)を要する見通し」

「サネの移籍交渉はまとまらない可能性も高いことから、プランBとしてバイエルンはデンベレ獲得に向けて動いているようだ。その場合は年俸の面でも、サネよりも200万ユーロ(約2億4400万円)ほど安価に収まる。クラブ幹部や経営陣からして、デンベレのほうが魅力的に見えるはずだ」

一部報道ではデンベレの契約解除に1億ユーロ(約122億円)が必要と伝えられており、決して安価な金額ではない。だがバイエルンにとってはアリエン・ロッベン、フランク・リベリの退団が決まっていることから、セカンドアタッカーの即戦力確保が急務となっており、デンベレも補強プランに入っているようだ。

果たしてミュンヘンから去る“ロベリー”の穴埋め役は誰が務めるのか。サネかデンベレか。どちらに決まっても、今夏最大級のビッグディールとなりそうだ。

FC BAYERN (XXXXX) MUNCHEN EV 277
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1559197821/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☔ | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元マリノス監督モンバエルツ氏、豪メルボルン・シティが新監督就任を発表

豪メルボルン・シティが元横浜FMモンバエルツ監督を招聘、「フランスや日本で成功してきた」と期待

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190627-43468709-gekisaka-socc
モンバエルツ監督.jpg


元横浜F・マリノス監督のエリク・モンバエルツ氏が、オーストラリアAリーグのメルボルン・シティの監督に就任することが正式発表された。3年契約が結ばれている。

 パリSGなどトップクラブで指導経験を持つ同氏は、15年より3シーズンで横浜FMを指揮した。

 メルボルン・Cの公式サイトによると、ブラッド・ロウズCEOは「エリクは攻撃的なサッカーを標榜し、フランスや日本で成功してきた。まさにメルボルン・シティが求めていたスタイルだ」と歓迎。

 モンバエルツ監督も「いいタイミングで、メルボルン・シティに加入することができて嬉しく思う。ここにはすばらしい若手選手が何人もいる。これから加入してくる選手にもワクワクしているし、いまいる戦力も揃っている。私は2つの目標を達成するためにここに来た。クラブにとって明確なアイデンティティとなるプレースタイルを確立すること、そしてそのスタイルで優勝することだ」と意気込んでいる。

◆◇◆ 横浜F・マリノス part1737 ◆◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1561296294/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☔ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FWザハ、アーセナル移籍を希望!C・パレスは主力2選手の放出に難色

ザハ、アーセナル入りを希望も…C・パレスは主力2選手の退団に待った
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190627-00952358-soccerk-socc
ザハ.jpg

 クリスタル・パレスに所属するコートジボワール代表FWウィルフレッド・ザハはアーセナルへの移籍を希望している。26日にイギリスメディア『BBC』が報じた。

 アーセナルを率いるウナイ・エメリ監督は、ザハに熱視線を送っており、獲得のために移籍予算の増額をクラブ側に要求するほど、同選手を高評価している。ザハ自身もキャリアのステップアップを希望しており、移籍に前向きだという。

 しかし、クリスタル・パレスは今夏の移籍市場で主力2選手の退団を許すことに懸念を抱いているようだ。すでにマンチェスター・Uと個人合意に至ったと伝えられているイングランドU−21代表DFアーロン・ワン・ビッサカの退団が決定的となっている同クラブは、ザハの売却にそう簡単には応じないという。

 クリスタル・パレスはザハの獲得には移籍金として8000万ポンド(約109億円)が必要であるとアーセナルに伝えた模様。同クラブは来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を逃したことから限られた移籍予算しか与えられておらず、獲得は困難とされる。

 同メディアによると、アーセナルはガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンかウルグアイ代表MFルーカス・トレイラなどの主力選手を売却し、軍資金を調達しない限りザハを獲得することは難しいという。果たしてエメリ監督は来シーズンに向けてチームをどのように編成するのであろうか。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1378】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1561293115/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☔ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、C・パレスDFワン・ビサカ獲得で合意!移籍金は5000万ポンド(約68億円)か 英BBC報道

マンU、U-21イングランド代表SB獲得が合意と報道。68億円で獲得か
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190626-00328274-footballc-socc
ワンビサカ2019パレス.jpg

マンチェスター・ユナイテッドは、クリスタル・パレスに所属するU-21イングランド代表DFアーロン・ワン=ビセカを獲得することが合意に達したとみられている。英メディア『BBC』などが26日付で伝えた。

 C・パレスで右サイドバックとして活躍するワン=ビセカにはアーセナルやマンチェスター・シティなどの関心も噂されていたが、ユナイテッドが獲得に近づいているとここ数日報じられてきた。本人との個人合意に続いて、クラブ間でも合意に達したとみられている。

 移籍金は5000万ポンド(約68億円)となる見通し。ポール・ポグバ、ロメル・ルカク、アンヘル・ディ・マリアに次ぐクラブ史上4位の金額での補強となる。ユナイテッドとの契約による週給は8万ポンド(約1090万円)で、現在C・パレスで受け取っている報酬の8倍になると見込まれている。

 ワン=ビセカはU-21イングランド代表としてU-21欧州選手権に出場していたが、チームがグループステージ敗退に終わったことで移籍への交渉が加速したとみられる。『スカイ・スポーツ』は、ユナイテッド加入に向けたメディカルチェックが24時間以内に行われる見通しとも伝えている。
† Red Devils Manchester United 1372 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1561041552/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中島翔哉、FCポルト移籍で事前合意か?ポルトガルメディア一斉報道(関連まとめ)

中島翔哉のポルトガル復帰が濃厚に…強豪ポルトとの事前合意を現地一斉報道
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190627-43468705-gekisaka-socc
中島翔哉日本代表.jpg

日本代表MF中島翔哉はポルトガルリーグに復帰することになるようだ。現地メディアは同国の強豪であるポルトとすでに合意に達しているとの見方を強めている。

 ポルトは中島がポルティモネンセでプレーしていた時から興味を示していたと言われるクラブ。アルドゥハル移籍後も定期的に調査を進めていたようだ。

 そして26日に同国で報道された「メルガド」という番組で、事前合意が伝えられた模様。これを受けて、『レコード』は「中島と事前合意しており、来シーズンに中島はポルトガルへ戻ることになるだろう」と報道。『desporto.sapo』も事前合意とともに、クラブは契約が切れるFWヤシン・ブライミの代役として期待していると伝えている。

 ポルトはポルトガルのビッグ3と呼ばれる強豪クラブの一つで、国内リーグ優勝は28回。UEFAチャンピオンズリーグも2回制している欧州屈指のクラブだ。リーグ戦で連覇を狙った昨シーズンは惜しくも2位に終わっていた。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11982
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1561556002/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☔ | Comment(29) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

関根貴大、浦和レッズ復帰へ!近日中にも正式発表!2年ぶりのJリーグ復帰へ(関連まとめ)

関根、古巣浦和へ2年ぶり復帰 最短出場は7・20アウェー磐田戦
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190627-00000098-spnannex-socc
関根シントトロイデン.jpg

浦和が今季、ドイツ2部インゴルシュタットからシントトロイデンに期限付き移籍していたMF関根貴大(24)を獲得することが26日、分かった。複数の関係者が明かした。今夏の移籍市場では欧州や国内の複数クラブが獲得に動く中、愛着ある浦和への復帰を決断した。近日中にも正式発表される。

 関根は17年夏、ドイツ2部インゴルシュタットに4年契約で移籍。だが出場機会に恵まれず、昨夏にはベルギーへ渡ったが、今度は左太腿などの負傷に苦しんだ。らしさを見せ始めたのは今春。出場機会も増え4月28日のベールスホット・ウィルレイク戦では待望の欧州初ゴール。完全復活を経て2年ぶりの復帰となる。

 浦和の大槻監督とはユース時代も師弟関係にあった。欧州では負傷に悩む時期が続いたが、古巣には信頼を置くトレーナーや医療スタッフがいるのも心強い。最短デビューはJ登録が可能となる7月19日以降で20日の磐田戦が有力。8強入りを決めたACLでも大きな武器となりそうだ。

 ◆関根 貴大(せきね・たかひろ)1995年(平7)4月19日生まれ、埼玉県鶴ケ島市出身の24歳。浦和の下部組織で育ち14年にトップ昇格。左右のウイングバックとしてJ1通算107戦13得点。17年夏にドイツ2部インゴルシュタット、昨夏からシントトロイデンに期限付き移籍。レンタル元の3部降格を受け去就が注目されていた。17年12月に元SKE48の金子栞と結婚。1メートル67、61キロ。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart11982
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1561556002/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☔ | Comment(4) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表DF冨安健洋、セリエAボローニャ移籍で合意!伊スカイ報道(関連まとめ)

【サッカー】<DF冨安健洋>ボローニャ加入でついに合意!移籍金額は8億円超えに...
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1561594192/
冨安日本代表.jpg
1: Egg ★ 2019/06/27(木) 09:09:52.96 ID:N8P6zbXx9.net

ボローニャはシント=トロイデン(STVV)に所属する日本代表DF冨安健洋の獲得交渉で合意に至ったようだ。イタリア『スカイ』など各メディアが報じた。

2018年1月にアビスパ福岡からSTVVに加わり、今シーズンはジュピラーリーグで印象的なパフォーマンスを残した冨安。今夏のステップアップは既定路線と伝えられており、これまでボローニャが具体的な動きを見せている。先日には600万ユーロ(約7億3000万円)の獲得オファーを提示するも、1000万ユーロ(約12億2000万円)を求めるSTVVに断られたと報じられている。

ここに来て、同じセリエAのラツィオも獲得に乗り出すと伝えられる中、ボローニャとSTVVがついに合意に至ったと報じられた。移籍金額に関しては二転三転があったものの、700万ユーロ(約8億5000万円)でまとまったという。

コパ・アメリカにも参加していた冨安は、28日に正式契約のためイタリアへと渡る見込み。いずれにせよ発表は今週にもされることとなりそうだ。

GOAL6/27(木) 7:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190627-00010003-goal-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190627-00010003-goal-000-4-view.jpg


“ボローニャ・冨安”ついに誕生か…地元メディアが獲得合意報道
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190627-00952325-soccerk-socc

シント・トロイデンに所属する日本代表DF冨安健洋が、ボローニャ移籍で合意に達したようだ。26日に、イタリアの衛星TV『スカイ・イタリア』が報じている。

 以前から移籍交渉を行っていた両クラブだったが、同メディアによると、ボローニャが700万ユーロ(約8億5,700万円)の移籍金+ボーナスという条件を提示したことで、合意に達した模様だ。

 冨安は2016年にアビスパ福岡でプロデビューを果たし、2018年1月にベルギー1部のシント・トロイデンへ移籍。今シーズンは公式戦40試合に出場し、1ゴールを記録した。また、2018年10月には19歳の若さで日本代表デビュー。その後は代表に定着し、コパ・アメリカでは守備の要として出色の出来を示した。

 金曜日に予定されているというイタリアでのメディカルチェックをクリアすれば、晴れて“ボローニャ・冨安”の誕生となる。

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:25 | 大阪 ☔ | Comment(31) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラジル人記者、日本代表に愛ある檄「3-0で勝つべき試合。敗退した事をもっと悔しがって」「皆日本を応援していた」「(ウルグアイ戦の)1試合で勝ち取ってしまった」エクアドル戦がブラジルで瞬間最高視聴率34%を記録

【サッカー】<ブラジル人記者>日本に愛の檄 !「3−0で勝つべき。もっと悔しがって」/エクアドル対日本の瞬間最高視聴率は34%
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1561555702/
日本代表エクアドル戦後.jpg
1: Egg ★ 2019/06/26(水) 22:28:22.01 ID:Ja8Afezh9.net

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20190626-00863680-sportiva-000-1-view.jpg

サッカーに関わる仕事に就いてすでに35年以上になる。取材でどこの国に行っても、どの大会に行っても、みんなが私を温かく、笑顔で受け入れてくれる。それは、私がブラジル人だからだ。サッカーの国からやって来たからだ。

ブラジル人記者が森保Jを高評価。「日本の皆さんにお詫びしたい」

「第一に応援するのはもちろん自分の国だが、その次に応援するのはブラジルだ。私の第二の心のチームだ」と言う人にも、これまで何度も出会ってきた。陽気で楽しいプレー、誰にもできないようなテクニック、そんなブラジルサッカーのおかげで、世界の多くの人がブラジルを愛してくれている。

 日本の皆さんは、日本もこのブラジルに近づきつつあることをおわかりだろうか?

 こうした人々の親しみという気持ちを、ブラジルはW杯をはじめとした国際大会で何年もかけ獲得してきた。しかし日本は、たったの1試合で勝ち取ってしまった。少なくともブラジルではそうだ。今回のコパ・アメリカで、日本はブラジル人が応援する第二のチームとなった。 

 証拠がある。エクアドル対日本のテレビの瞬間最高視聴率は34%。およそ3500万人のブラジル人がこの試合を見たと推定されている。また日本、エクアドル、パラグアイのうち、ブラジルがどのチームと対戦してほしいかというアンケートには、73%のブラジル人が日本と答えている。

 日本対エクアドル戦が行なわれたミネイロン・スタジアムには1万2000人の観客がいた。うち1000人はエクアドルサポーター、500人は日本のサポーターだとして、1万人以上が地元のファンだった。彼らはみな日本を応援していた。この日は地元ベロオリゾンテの子どもたち2500人が招待されていたが、誰から教わったのか、日本語で「ガンバル、ニッポン、ガンバル、バル、バル」と日本に声援を送っていた。  その彼らが終了25分前になって怒り出した。それは本気で応援していたからに他ならない。日本の先制後、誰もが日本は4−0で勝つと信じていたのに、その後は弱いエクアドルを、日本は攻めあぐねていた。どうしたらいいか、わからないようだった。そしてなにより、日本から「勝ちたい」という強い気持ちが感じられなかった。

スポルティーバ6/26(水) 17:17配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190626-00863680-sportiva-socc


2: Egg ★ 2019/06/26(水) 22:28:39.32 ID:Ja8Afezh9.net

スタジアムに来ていた元鹿島アントラーズのジョルジーニョは、試合後、私にこう話しかけてきた。

「彼らは何を怖がっていたんだ? 負けること? 勝たなくてはいけないこの試合で? 僕は日本がわからない。これは彼らの試合だったはずだ。3−0で勝たなければいけない試合だったはずだ!」

「たぶん、彼らは疲れ果ててしまっていたんだろう」

 私は彼にそう言った。そう、そうでなければ説明がつかない。チームのモーターであるべき柴崎岳は、またどこかに隠れてしまった。頭をケガした後は、下がり気味で、おそるおそるプレーしているように見えた。

 久保建英は、確かに天才ですばらしい選手なのかもしれない。しかし、もう少し足元にボールをキープすることを学ばなければいけない。ブラジルのテレビ局『グローボ』によると、彼は少なくとも9回ボールを失っている。

「もし岡崎(慎司)が不調ならば、後半は別な選手に代えるべきだった」と言っていたのは、元ヴェルディ川崎のアモローゾだ。

「勝たなければ後のない日本は、命をかけたような試合をするのだと思っていた。少なくとも私はそう信じていた。しかし、その期待はあっさり裏切られてしまった。日本は世界にその力を知らしめる機会を失ってしまった。これは日本サッカーにとって大きな損失だ。なぜ前田(大然)をもう少し早く入れなかったのか。彼を温存する必要などない。この試合に勝たなければいけなかったのだから。日本はエクアドルよりずっといい試合をしていた。エクアドルよりスピードもあり、プレッシャーもかけていた」

 なぜ日本は前田と安部裕葵を終了ぎりぎりになるまで投入しなかったのか。私にも、どうしてもわからない。日本人的な理由があるのなら、ぜひ教えてほしい。特に前田は、入ってからの数分で2度もチャンスを作っている。彼にはヨーロッパのチームが注目していて、その中にはバルセロナの名前もあるというではないか。

 エクアドルのエルナン・ダリオ・ゴメス監督は、すでにコパ・アメリカを7度も経験しているベテランだが、試合後こう言っていた。


3: Egg ★ 2019/06/26(水) 22:29:02.03 ID:Ja8Afezh9.net

「エクアドルのメディアが、我々が敗退したことに怒っていることには驚いた。我々はコパ・アメリカで最も優秀なチームのひとつ、日本と対戦して引き分けた。優勝候補のウルグアイと血で血を洗う試合をしたチームだ。今日、エクアドルは今大会で一番いいプレーをした。日本選手のスピードとテクニックを封じることに成功した。私は誇りをもって国に帰るよ」

 奇跡など起こす必要はなかった。日本は、持てる力をすべて発揮して日本らしいプレーをすればそれでよかった。しかし、エクアドル戦ではウルグアイ戦の50%の力しか出せていなかったかのように見えた。

 多くのブラジル人が、日本とブラジルの対決を楽しみにしていた。コパ・アメリカの決勝トーナメントのひと枠を、非南米チームが得ることは、普通ならあまり快くは思われない。実際、もしカタールが勝ち上がっていたならば、少なからずスキャンダルになっていただろう。しかしそれが日本ならば、誰もが納得したはずだ。

「インテリジェンスで軽快、日本のサッカーは見ていて楽しい。彼らは勝ち進むに値するチームだった」

 ブラジルのメディアは異口同音に、そう日本の敗退を惜しんだ。日本は敗退するにふさわしくないチームだった。南米の人々は日本がコパ・アメリカの舞台から去ってしまったことを悲しんでいる。若く無名のチームが強豪を倒す。それはサッカードリームと言っていい。日本はみんなの心のチームになった。そのプレーで人々から心の国境を外したのだ。

 これが我々、南米の人間から見た日本代表だ。日本のサッカーは日本人が思っている以上にポテンシャルがある。日本人が思っている以上に人々から愛され、期待されている。だから、コパ・アメリカがいい経験になったなどと言わないで、敗退したことを心から悔しがってほしい。

リカルド・セティオン●文 text by Ricardo Setyon



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 ☔ | Comment(36) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング