アンテナ・まとめ RSS

2019年07月05日

上海上港、ウエストハムFWアルナウトビッチ獲得で合意!英メディア報道 ACLで浦和と対戦へ(関連まとめ)

【サッカー】ウェスト・ハムFWアルナウトビッチが30億円で中国上海上港に移籍で合意 ACL決勝Tで浦和と対戦か
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1562329156/
アルナウトビッチwestham.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/07/05(金) 21:19:16.81 ID:35Hk/ZKL9.net

 プレミアリーグのウェスト・ハムに所属するオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチは、中国スーパーリーグ(CSL)の上海上港へ移籍することが合意に達したようだ。英メディア『スカイ・スポーツ』などが伝えている。

 数日前には、ウェスト・ハムは上海上港からアルナウトビッチに届いた1970万ポンド(約26億7000万円)のオファーを断ったと報じられていた。だがその後、2500万ユーロ(約30億4000万円)のオファーを受けて合意に達したとのことだ。

 アルナウトビッチに対しては今年1月の移籍市場でも上海上港や広州恒大などからの巨額のオファーが取りざたされたが、結局ウェスト・ハムに残留していた。今回もクラブは当初放出を拒否していたが、本人が移籍を希望していることもあり、無理に引き留めることによるチームへの悪影響も懸念してオファーに応じることを決めたとみられている。

 MFオスカルやFWフッキなどを擁する上海上港は昨季CSLで優勝を飾り、今季も上位を争っている。AFCチャンピオンズリーグ(ACL)でも勝ち残っており、準々決勝では浦和レッズと対戦する。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190705-00329569-footballc-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:13 | 大阪 ☁ | Comment(15) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レスター、武藤所属ニューカッスルFWアジョセ・ペレスを完全移籍で獲得発表(関連まとめ)

武藤嘉紀の同僚A・ペレスがレスターに完全移籍…契約期間は4年
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190705-00954816-soccerk-socc
ペレスレスター.jpg

レスターは4日、FW武藤嘉紀が所属するニューカッスルからスペイン人FWアジョセ・ペレスを獲得したことを発表した。

 レスターはA・ペレスと4年契約を締結したことを発表。イギリスメディア『スカイスポーツ』によると、移籍金は3000万ポンド(約41億円)となったようだ。

 A・ペレスは1993年生まれの25歳。テネリフェの下部組織出身で、2014年にニューカッスルに加入した。同クラブでは公式戦通算195試合に出場し、48得点18アシストを記録。2018−19シーズンはリーグ戦37試合の出場で、チーム内得点王となる12得点を挙げた。

 なお、レスターにとってはルートン・タウン(英2部)から獲得したイングランド人DFジェームズ・ジャスティンに続く今夏2人目の補強となった。

いけいけ☆僕らのニューカッスル【53新城】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1550566011/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:36 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何故、西野朗氏のタイ代表監督就任の誤報は起きたのか?

【サッカー】西野朗氏のサッカー・タイ代表就任大誤報はなぜ起きた? タイ人サッカー関係者に聞いてみた
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1562315123/
西野タイ会談後.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/07/05(金) 17:25:23.21 ID:35Hk/ZKL9.net

決まってなかったの!? タイ人サッカーファンもがっかり
 7月1日、日本代表の前監督である西野朗氏がタイ代表の監督に就任するというニュースが日本とタイを駆け巡った。特にタイのファンたちは歓喜に沸いた。アジアで最も強く、憧れでもある日本代表の、しかもついこの間のワールドカップ・ロシア大会で16強に導いた監督がタイに来る。タイ国内のプロリーグも盛り上がり、タイもワールドカップ出場を目指そうとしているタイミングだ。夢に一歩近づいたと誰もが思ったに違いない。

ところが、発表翌日に帰国した西野氏が日刊紙の記者の問いかけに対し、タイ代表就任を否定するという事態になってしまった(参照:“西野朗氏がタイ代表監督就任を否定「現段階でない」”|日刊スポーツ)。いったいなぜこんなことになってしまったのか。タイのサッカー関係者に話を聞いた。

「信じられない」と思ってた人もいたタイサッカー界
 就任を否定した速報は7月3日の日本時間早朝に公開され、わずか3〜4時間後にはタイでも翻訳記事が出て、サッカーファンが大騒ぎになった。タイ・サッカー協会内部でも混乱が生じたために幹部に話を伺うことができなかったが、内部事情を知るタイ人記者はこう語っている。

「協会が発表する前からすでに西野氏の就任の噂があり、概ね合意していると聞いていました。要するに早い段階で情報が漏れていたんです。ただ、契約書にサインをする前の段階という状態でした。西野氏も訪タイしてタイのリーグの試合を視察され、報道関係者は動向を見守っていたところです」

 そして1日にタイ・サッカー協会がソムヨット会長と西野氏のツーショット写真と共にマスコミへ就任を公式発表してしまう。ところが、この時点においても、実際のところは噂の段階から特に進展がなく、サインはされないまま西野氏が帰国してしまったのだ。西野氏は2日に帰国しているようだが、タイ語のニュースだったことから氏の耳には入らないまま日本に到着され、日刊紙記者の問いに西野氏本人が驚くことになったというわけ。

 前出の記者が続ける。

「このケースは正直、よくあることなんですよ。だから、多くのタイ・サッカー関係者はどうなっているのかを静観していました。実際に西野氏と協会の記者会見が行われないことには信じられないと思っていた人もいるんです」

 ほかの、タイ人・外国人問わずスポーツ紙の記者やサッカー・ビジネスに関わる人に聞くと、たとえばタイ・サッカー協会が記者会見やイベントを開催すると公式に発表しても、場所と日時が間違っていて、直前に変更されるということは日常茶飯事なのだそうだ。そのため、公式発表であっても裏を取る必要があり、複数の幹部や関係者に確認して初めて真偽がわかるということがよくあるという。

 日本の報道もタイの西野氏就任の速報を見て追随したわけだが、協会の公式発表とあっては誰だって真実だと思うだろう。よほどの人脈がない限り、本当かどうかを確認する先も結局、情報を発したタイ・サッカー協会になってしまう。それがこの騒動の顛末であった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190705-00196306-hbolz-soci

>>2以降に続く


2: 久太郎 ★ 2019/07/05(金) 17:26:08.80 ID:35Hk/ZKL9.net

>>1
好感触に気を良くして協会側が先走り!?
 タイは第2次世界大戦以前から周辺諸国とは違い独立を保ってきた。これは、タイ人が交渉事に長けているからである。そんな交渉事に長けているタイ人のタイ・サッカー協会幹部たちがどうしてこういった失敗をしてしまったのか。ある熱狂的なサッカーファンで、協会にも知り合いがいるというタイ人が言った。

「おそらく交渉担当者は別にいたのだと見ています。担当者はトップシークレットで交渉を進めていた中でかなり感触がよかったのでしょう。そのことを黙っていられなくなり幹部に伝えたところ、ソムヨット会長を始め幹部たちは歓喜のあまりに合意したと思い込み、協会側もサッカーファンに言いたくなってしまったのではないでしょうか」

 喜びのあまりに先走ってしまう……、というのはタイ・サッカー業界ではよくあることらしく、過去にはあるプロのクラブチームが以前にも同じようなことをやらかしているという。日本人監督がクラブ監督に就任するにあたり合意前に発表してしまい一悶着があったのだ。

タイのサッカーファンはがっかりさせた協会に怒り心頭
 タイ側に立って言えば、お手本とするべき日本サッカーの著名人がタイに来るということはこの上ない喜びと期待がある。今回はさらに代表監督経験者であり、Jリーグでも輝かしい実績を持つ西野氏が来る(かもしれない)ということはタイ・サッカーに関わる人々の夢を叶える重要な一歩だ。いても立ってもいられなくなった協会側が思わずリークしてしまった気持ちはわからなくもない。それほど日本のサッカーを熱く見ているのである。

 日本の記事を翻訳で読んだファンたちもさすがに怒ったようで、協会関係のSNSなどはやや炎上気味のようだ。フェイスブックのオフィシャルページでは普段コメントが多くても100件程度だが、西野氏の発表の投稿には800件を超えるコメントが入っていた。タイのネット掲示板でも落胆のコメントや、逆に日本のニュースが間違いではないのかといったコメントが寄せられている。

 日本との時差2時間遅れのタイでも3日早朝に翻訳記事が出たため、同日は朝からタイ協会の幹部たちも内部でどうしてこうなったのかと大騒ぎになっているということも協会関係者から聞いた。いい意味でも悪い意味でもタイもアジアで、「契約」が口約束で成立することは多々ある。今回はタイ・サッカー協会が西野氏との会話の中でなにかしらの勘違いをしたのだろう。

 この発表はタイ・サッカー界にとって悪手になってしまったことは間違いない。西野氏も不信感を持った可能性もあり、契約書へのサインまでの道のりが遠くなったかもしれない。しかし、タイ・サッカー協会としても西野氏獲得をそう簡単にあきらめるわけにはいかないだろう。今後は交渉上手なタイ人たちの腕の見せ所となりそうだ。

<取材・文・撮影/高田胤臣>

【高田胤臣】
(Twitter ID:@NatureNENEAM)
たかだたねおみ●タイ在住のライター。近著『バンコクアソビ』(イースト・プレス)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190705-00196306-hbolz-soci&p=2



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:14 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中島翔哉、FCポルトと5日中も契約か?ポルトガル現地紙報道

日本代表MF中島翔哉、5日中に強豪ポルトと契約か 現地ポルトガル紙が一面で報道
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190705-00201619-soccermzw-socc
中島日本代表.jpg

ポルトガル紙「O JOGO」が中島のポルト移籍が最終局面に入ったと報じる
 日本代表MF中島翔哉の周囲が、騒がしくなってきた。ポルトガル紙「O JOGO」が一面で日本人アタッカーを大きく取り上げ、その動向について伝えている。

 イタリアのサッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」は、ポルトガル各紙の一面を紹介。そのなかには、中島が大きく取り上げられていた「O JOGO」の写真も掲載されている。

 同紙は記事のなかで、「中島は今日にもサインする」と見出しを打ち、「日本人サッカー選手はポルトへの移籍が近づいており、細かい条件を確認するのみとなっている」と言及。現地時間5日中に契約が成立する可能性を伝えた。

 中島は今年2月にポルトガル1部のポルティモネンセからカタールのアル・ドゥハイルに移籍し、リーグ戦7試合に出場して1得点、AFCチャンピオンズリーグでは6試合に出場して1得点を挙げていた。

 6月下旬からは、ポルトガルを中心に欧州各国のメディアでも頻繁に話題にあがり、その移籍金は2000万ユーロ(約24億5000万円)と言われている。森保一監督の率いる日本代表でも、中心選手として活躍を続ける小柄なアタッカーの欧州再挑戦が、いよいよ現実となりそうだ。

カタール中島13
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1555988862/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:15 | 大阪 ☁ | Comment(62) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

湘南、レバークーゼンU19FWトカチを完全移籍で獲得発表!U15トルコ代表に選出(関連まとめ)

トカチ選手 レバークーゼンU19より完全移籍加入のお知らせ
http://www.bellmare.co.jp/220567
トカチU19レバークーゼン.jpg

この度、レバークーゼンU19(ドイツ)よりトカチ選手が完全移籍加入することとなりましたのでお知らせいたします。

【トカチ選手 プロフィール】
◆氏名
エメル ベルケ トカチ
OMER BERKE TOKAC

◆登録名
トカチ(TOKAC)

◆背番号
36

◆国籍
ドイツ/トルコ

◆ポジション
FW

◆生年月日
2000年10月26日(18歳)

◆出身地
ドイツ・エンゲルスキルヒェン

◆身長/体重
170cm/71kg

◆サッカー歴
レバークーゼンU12(2010年:FW) ⇒ レバークーゼンU15(2013年:FW)⇒ レバークーゼンU17(2015年:FW)⇒ レバークーゼンU19(2017年:FW)

◆経歴
2014年 U-15トルコ代表

◆プレーの特徴
ゴールに向かう姿勢に溢れ、献身的なプレーでチームに貢献できる選手。

【コメント】
湘南ベルマーレの一員になれて大変嬉しく思います。サポーターの皆さんの前でプレーするのを大変楽しみにしています。
常に全力でプレーしクラブの力になっていきたいと思います。熱い応援よろしくお願いします。

トカチ湘南.jpg


湘南がレバークーゼンU-19から若きアタッカーを獲得!U-15トルコ代表歴も
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190705-00061032-sdigestw-socc

クラブはゴールに向かう姿勢と献身性を評価
 湘南は7月5日、レバークーゼンU-19からFWトカチを完全移籍で獲得したことを発表。背番号は36に決まった。
 
 トカチはドイツとトルコ国籍を持つ18歳で、U-12からレバークーゼンの下部組織で育ち、2014年にはU-15トルコ代表に招集された経験もある。昨シーズンはU-19ブンデスリーガウェストで23試合に出場し7得点を記録した。
 
 クラブは同選手の特徴について、「ゴールに向かう姿勢に溢れ、献身的なプレーでチームに貢献できる選手」と説明している。
 
 トカチのコメントは以下の通り。

「湘南ベルマーレの一員になれて大変嬉しく思います。サポーターの皆さんの前でプレーするのを大変楽しみにしています。常に全力でプレーしクラブの力になっていきたいと思います。熱い応援よろしくお願いします」

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12011
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1562291609/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:09 | 大阪 ☁ | Comment(15) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元伊代表GKブッフォン、ユベントス復帰が正式決定!1年契約を締結(関連まとめ)

【サッカー】ブッフォン、2季ぶりのユーヴェ復帰が正式決定! 1年契約を締結
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1562275763/
ブッフォン2019ユベントス再契約.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/07/05(金) 06:29:23.04 ID:JvXc8NCZ9.net

ユヴェントスは4日、パリ・サンジェルマン(PSG)退団が決まっていた元イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンの獲得を発表した。 契約期間は2020年6月30日までの1年間となっている。

現在41歳のブッフォンはパルマの下部組織出身で、1994−95シーズン開幕前にトップチームへ昇格した。 同クラブではコッパ・イタリア制覇などを達成し、2001年7月にユヴェントスへ移籍した。 同クラブでは17シーズンに渡ってプレーし、セリエAで通算509試合に出場。9度のセリエA制覇、4度のコッパ・イタリア優勝などに貢献した。

2017−18シーズン終了後にユヴェントスを退団し、PSGへ加入。 昨シーズンはリーグ・アンで17試合、チャンピオンズリーグでは5試合に出場していた。

ブッフォンを巡ってはバルセロナや古巣のパルマ、アタランタやポルトなどからの関心も報じられていたが、
同選手は17年間ゴールマウスを守り続けた古巣を新天地として選択した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190705-00954667-soccerk-socc
5(金) 3:51配信



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:42 | 大阪 ☁ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

G大阪FW中村敬斗、堂安所属オランダ1部フローニンゲンが獲得オファー(関連まとめ)

【サッカー】G大阪・中村敬、フローニンゲンからオファー 東京五輪へ堂安の道
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1562272579/
中村敬斗G大阪2019.jpg
1: 豆次郎 ★ 2019/07/05(金) 05:36:19.82 ID:/fUxypkJ9.net

7/5(金) 5:00配信
G大阪・中村敬、フローニンゲンからオファー 東京五輪へ堂安の道

 G大阪のU―20代表MF中村敬斗(18)に、オランダ1部フローニンゲンから獲得の申し入れが届いたことが4日、分かった。3日に行われた天皇杯2回戦のJ3讃岐戦をフローニンゲン関係者が視察。今後は詳細な条件面を提示し、交渉を進めていく。

 中村は今季公式戦16試合出場7得点5アシスト。U―20W杯では“ジョーカー”として全4試合に出場した。6月15日のリーグ磐田戦からスタメン定着。松本戦では1アシストをマークし、7―1で圧勝した讃岐戦ではプロ入り後初のハットトリックを達成した。力強いドリブル突破と正確なシュート技術は世代トップクラスの実力を誇り、欧州でも高い評価を受けている。

 フローニンゲンには日本代表MF堂安律(21)とMF板倉滉(22)が所属しており、堂安は2シーズンでリーグ59試合出場14得点7アシスト。ロコモティフ・モスクワ(ロシア)やサウサンプトン(イングランド)などが獲得に動いており、今夏のステップアップが濃厚となっている。中村には“ネクスト堂安”として期待されている。

 伸び盛りの18歳に対し、G大阪は必要戦力として慰留に努める方針。今夏、東京五輪世代ではMF久保建英(18=前FC東京)がレアル・マドリード、DF菅原由勢(19=前名古屋)がAZアルクマールへ移籍、、鹿島MF安部裕葵(20)はバルセロナから正式オファーを受けている。果たして中村も海を渡るのか。今後の交渉に注目が集まる。

 ▽FCフローニンゲン 1971年創設。クラブカラーは緑と白で1部リーグ優勝1回(1980年)、国内カップ戦は1回(14〜15年)。18〜19年シーズンは8位。元オランダ代表MFロッベン(前バイエルンM)やウルグアイ代表FWスアレス(現バルセロナ)も過去に在籍した。本拠地ユーロボルフスタジアムは2万2579人収容。

 ◆中村 敬斗(なかむら・けいと)2000年(平12)7月28日生まれ、千葉県我孫子市出身の18歳。三菱養和ユースに所属した17年にU―17W杯出場。1次リーグ初戦ホンジュラス戦の3得点を含む4得点を挙げた。高校2年生ながらJ複数クラブからオファーが届き、18年にG大阪に入団。同年2月24日のリーグ開幕名古屋戦でプロデビュー。11月24日の長崎戦でJ1リーグ初得点。1メートル80、75キロ。右利き。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190705-00000009-spnannex-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190705-00000009-spnannex-000-2-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 | Comment(15) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鹿島FW鈴木優磨、ベルギー1部シント・トロイデンが獲得に動く(関連まとめ)

【サッカー】ベルギー1部シントトロイデン、鹿島FW鈴木優磨獲り!今季公式戦出場0も能力評価
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1562272460/
鈴木優磨鹿島.jpg

1: 豆次郎 ★ 2019/07/05(金) 05:34:20.86 ID:/fUxypkJ9.net

7/5(金) 4:50配信
 ベルギー1部のシントトロイデンが、鹿島FW鈴木優磨(23)の獲得に動いていることが4日までに分かった。複数の関係者が明かした。鈴木は今季、ケガのために公式戦出場はないが、シントトロイデンは能力を高く評価。辞退したが昨年11月には日本代表に選出されるなど期待値の高い鹿島のエースに白羽の矢が立った。

 新たなFW獲得を目指すシントトロイデンが、鈴木の獲得に動きだした。関係者によれば、以前から能力を高く評価しているクラブが水面下での動きを活性化。本格交渉に向けて準備を進めている。

 鈴木は鹿島で9番を背負うプロ5年目のエース。ゴールへの抜群の嗅覚に加えポストプレーにも磨きがかかり、昨季は初めてJ1で2桁得点となる11点を挙げた。右足関節捻挫で辞退したものの、11月にはA代表にも選出。12月に右ハムストリングを損傷、再損傷を経て現在はチームに合流している。実戦から半年も遠ざかっているが、万全であればA代表でも活躍すべきFWへの評価は高いままで、補強の目玉に浮上した。

 シントトロイデンには18〜19年に6人の日本人が在籍していた。中でも34試合15得点を挙げる活躍を見せたFW鎌田は、レンタル期間が終了する。来季以降の欧州チャンピオンズリーグなどの出場を目指す上で新たなFW探しは急務となっており、鈴木に白羽の矢が立った。FWでは“ベトナムのメッシ”ことグエン・コン・フォンの獲得も濃厚。日本人では日本代表GKシュミット・ダニエル(仙台)の加入も決定している。

 もちろん鹿島側としては欠かせない戦力だ。今夏はFW安部、DF安西にも欧州からのオファーが届いており、主力の多数流失となれば手痛い。本人は「最大の目標は欧州CLに出場すること」と海外志向を公言しているが、昨夏には元エースの金崎が鳥栖に移籍した後、FWの補強をしなかったチームへの感謝と責任感から、複数クラブのオファーを断って残留を決めた経緯もある。交渉の行方に注目が集まる。

 ◆鈴木 優磨(すずき・ゆうま)1996年(平8)4月26日生まれ、千葉県銚子市出身の23歳。小1でサッカーを始め、鹿島ジュニアユース―鹿島ユースを経て14年に2種登録。15年にトップ昇格。16年のクラブW杯では好きなクリスティアーノ・ロナウド(当時レアル・マドリード)をまねたゴールパフォーマンスが話題になった。1メートル82、75キロ。J1通算96試合27得点。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190705-00000003-spnannex-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 | Comment(17) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元オランダ代表ロッベン、現役引退を表明…バイエルンでCL優勝などに貢献(関連まとめ)

【サッカー】ロッベンが現役引退 元オランダ代表アタッカー
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1562259286/
ロッベン拍手.jpg

1: 幻の右 ★ 2019/07/05(金) 01:54:46.28 ID:c9eCdzkK9.net

【ベルリン共同】サッカーの元オランダ代表で、2018〜19年シーズン限りでバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)を退団したアリエン・ロッベン(35)が現役引退を発表した。4日にドイツの専門誌キッカー(電子版)などが報じた。

 ロッベンはドリブル突破が得意なアタッカーで、チェルシー(イングランド)やレアル・マドリード(スペイン)でもプレー。Bミュンヘンでは12〜13年シーズンの欧州チャンピオンズリーグ(CL)制覇など多くのタイトル獲得に貢献した。

 オランダ代表では10年ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で準優勝し、14年ブラジル大会は3位となった。

7/5(金) 1:30
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190705-00000001-kyodonews-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:18 | 大阪 | Comment(14) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥栖トーレス、元日本代表MF加藤恒平とすき焼き・しゃぶしゃぶで舌鼓!「oishi」(関連まとめ)

引退表明のトーレス、盟友の元日本代表MFとの日本食2ショット公開 「ありがとう」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190704-00201338-soccermzw-socc
トーレスと加藤食事会02.jpg
昨季鳥栖で共闘した加藤恒平がトーレスの元を訪れ、すき焼きとしゃぶしゃぶを食す
 J1サガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスは、6月21日に自身のSNSで現役引退を表明した。30日に行われたJ1リーグ第17節清水エスパルス戦(4-2)では今季初得点を含む2ゴールを挙げて勝利に貢献したなか、7月4日に公式インスタグラムを更新。昨季鳥栖で共闘した元日本代表MF加藤恒平の訪問を受け、すき焼きとしゃぶしゃぶに繰り出したことを報告している。

 アトレチコ・マドリードでトップデビューを果たしたトーレスは、19歳でキャプテンを任され、類稀なゴール嗅覚から“エル・ニーニョ”(神の子)の異名をとった。その後、リバプールへ移籍するとゴールを量産し、世界的ストライカーへと飛躍。チェルシーではスランプに陥るも、ACミランを経て古巣アトレチコへと復帰した。

 そして昨夏に鳥栖へと加入。熾烈な残留争いに巻き込まれるも、前線で体を張るターゲットマンとして“フォア・ザ・チーム”のプレーに徹し、残留に貢献した。35歳を迎えた今季は故障に苦しみ、6月21日にSNSで現役引退を表明。後日行われた会見では、8月23日の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが所属する第24節ヴィッセル神戸戦がラストゲームとなり、引退後は鳥栖のアドバイザーに就任することを発表している。

 清水戦では強靭な肉体を生かしたヘディング2発で勝利に貢献したなか、トーレスは公式インスタグラムを更新し、盟友の訪問を伝えている。

「友よ、訪問ありがとう。日本式の夕食 #Sukiyaki #shabushabu」

 トーレスの元を訪れたのは、元日本代表MF加藤(ポーランド3部ヴィジェフ・ウッチ)だ。鳥栖加入1年目、日本語の理解に苦労していたトーレスを最も近くでサポートしていたのが、スペイン語を習得している加藤だった。ピッチ外でも良好な関係を築き、Jリーグ公式YouTubeチャンネルが企画した「もうひとつのルヴァンカップ」では、加藤とトーレスの“カトーレス”が堂々の1位に輝いていた。

 加藤はトーレスの引退表明を受け、自身のインスタグラムで「君のすべてにありがとう、フェルナンド。君はプロフェッショナルと人間性における最高の手本だ。君のことが恋しくなるだろうが、君のキャリアを祝福するよ! 親友の幸福を願っている」と感謝と惜別のメッセージを送っていた。

 トーレスは日本、加藤はポーランドと別々の道を歩むなかでも、2人の絆は今なお固く結ばれている。

※レスは短めですがご了承ください

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12008
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1562201187/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☁ | Comment(13) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング