アンテナ・まとめ RSS

2019年08月12日

オランダ名門AZのスタジアム屋根、強風で倒壊…菅原由勢が所属 ホーム開催は不透明

【サッカー】菅原由勢所属のAZ、スタジアム屋根が大規模崩落。ホームゲーム開催は不透明
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1565595714/
AZスタジアム倒壊04.jpg

1: 久太郎 ★ 2019/08/12(月) 16:41:54.18 ID:9MeakjWx9.net

オランダ1部AZアルクマールの本拠地であるAFASスタジアムで、現地時間10日に大規模な屋根の崩落が発生した。クラブ公式サイトやオランダメディアなどが伝えている。

 屋根の崩落は10日午後に発生。観客席スタンドの上部に位置していた屋根が大幅に崩れ落ちた。幸い怪我人はいなかったとのことだ。

 AZのロベルト・エーンホールンGM(ジェネラルマネージャー)は会見で状況について説明。「我々全員が驚いた。強いショックを受けたが、人的被害がなかったことが何よりだ。今後の数日間に専門家による調査を行う」と話している。

 今週末のエールディビジでは、AZはアウェイでRKCと対戦する。次回のホームゲームは現地時間15日に行われるヨーロッパリーグ予選3回戦2ndレグのマリウポリ戦となり、その3日後にはエールディビジ第3節のフローニンゲン戦もホームで予定されていた。

 現時点では、それらのホームゲームが予定通り開催されるかどうかは不透明な状況。「安全な状況にならない限り試合を行うことはない。今後の試合については明らかになり次第報告する」とエーンホールンGMは話している。

 AZには今夏名古屋グランパスから移籍したDF菅原由勢も所属しており、ホームで行われた開幕戦では初ゴールも挙げて4-0の快勝に貢献していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190811-00333983-footballc-socc

画像

AZスタジアム倒壊.jpg

AZスタジアム倒壊02.jpg

AZスタジアム倒壊03.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:27 | 大阪 ☁ | Comment(11) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横浜FM、名古屋FWマテウスを期限付き移籍で獲得発表「スピード、左足を見てください」(関連まとめ)

横浜FMに名古屋FWマテウスが期限付き移籍加入「スピード、左足をみてください」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190812-43470431-gekisaka-socc
マテウス名古屋2019.jpg

横浜F・マリノスは12日、名古屋グランパスFWマテウスの期限付き移籍加入を発表した。なお、移籍期間は20年1月1日までで、期間中に行われる名古屋との公式戦に出場できないことが併せて発表されている。

 マテウスはクラブを通じて「名古屋グランパスから期限付き移籍で加入しましたマテウスです。スピード、左足をみてください。リーグ優勝へのチカラとなれるように頑張ります!」とコメントしている。

 以下、プロフィール

●FWマテウス
■生年月日
1994年9月11日(24歳)
■身長/体重
167cm/69kg
■出身地
ブラジル
■経歴
ECバイーア-大宮-ECバイーア-大宮-名古屋

◆◇◆ 横浜F・マリノス part1758 ◆◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1565438986/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:16 | 大阪 ☁ | Comment(2) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイエルン、インテルMFペリシッチをレンタル移籍で獲得濃厚!水曜日にも発表 マンCサネが重傷で獲得を断念

インテルMF、水曜日にバイエルン移籍発表か。デビューはブンデス開幕戦が濃厚
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190812-00334054-footballc-socc
ペリシッチ2019インテル.jpg

インテルに所属するクロアチア代表MFイバン・ペリシッチのバイエルン・ミュンヘン移籍が秒読み段階に入っているようだ。11日付けの独メディア『シュポックス』が報じている。

 同メディアは今週の水曜日にもペリシッチがメディカルチェックを受けバイエルンのトレーニングに参加する事を伝えている。なお16日に行われるブンデスリーガ開幕戦の対ヘルタ・ベルリン戦がペリシッチのデビュー戦になると予想している。

 バイエルンは当初、マンチェスター・シティに所属するドイツ代表FWレロイ・ザネを今季の補強の目玉として考えていた。しかし4日に行われたコミュニティーシールドで膝を怪我してしまい長期離脱が濃厚となり、急遽ペリシッチに方向転換した模様だ。

 ペリシッチは2015年からインテルでプレーし、4季連続リーグ戦30試合以上に出場するなど長らくレギュラーとして活躍してきた。しかし、インテルの新指揮官に就任したアントニオ・コンテ監督は現状のパフォーマンスに満足していないようで、レギュラーの座も確証されていない状況だ。

 なお、30歳のクロアチア人は買い取りオプション付きの1年間のレンタル移籍でバイエルンに加入する事になるようだ。また買い取りを行使する際の金額は2000万ユーロ(約24億4000万円)から3000万ユーロ(約36億6000万円)になる見通しだ。

FC BAYERN (XXXXX) MUNCHEN EV 279
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1564155953/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☁ | Comment(13) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鎌田大地、待望のフランクフルト公式戦初ゴール!長谷部誠と共にフル出場し逆転勝利に貢献!独杯1回戦(関連まとめ)

【サッカー】鎌田大地、フランクフルト初ゴール!長谷部誠とともにフル出場で逆転勝利に貢献
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1565577860/
鎌田2019独杯1回戦ゴール.jpg

1: 久太郎 ★ 2019/08/12(月) 11:44:20.85 ID:9MeakjWx9.net

【SVヴァルトホーフ 3-5 フランクフルト DFBポーカル1回戦】

 DFBポーカル1回戦、ドイツ3部のSVヴァルトホーフ対フランクフルトが現地時間11日に行われた。試合はFW鎌田大地とMF長谷部誠が所属するフランクフルトが5-3で勝利を収めた。

 鎌田は2トップの一角で、長谷部は3バックの一角でそれぞれ先発フル出場を果たした。鎌田はフランクフルトでの初ゴールを決めるなど積極的なプレーでチームに貢献している。長谷部はCBの真ん中でディフェン陣を引っ張るも、3点を奪われた。

 試合は意外な展開で幕開けとなる。SVヴァルトホーフがカウンターからシュートまで持ち込むと、最後はスレイマニがマイナスのボールを流し込み先制となった。なんとフランクフルトが格下相手にいきなり先制点を奪われた。続く11分にもスレイマニに決められ、フランクフルトは序盤に2点を失う。

 だが、鎌田が1点を奪う。21分、ヨヴェリッチのシュートが高く上がると、このこぼれ球を鎌田が押し込んだ。フランクフルトは早いうちに1点を返す。さらに、前半ATにコスティッチがゴールを決め、フランクフルトは前半のうちに振り出しに戻す。

 このまま勢いに乗りたいフランクフルトだったが、勝ち越しを許してしまう。72分、ビルドアップで長谷部がコスティッチにパスを送る。だが、コスティッチがこれをトラップミス。これを奪われ、最後はマルクスにゴールを決められ、勝ち越しを許した。
 
 だが、フランクフルトも意地を見せる。77分、右サイドを抜け出したドゥルムが中央にクロス。DFに当たるも、ファーサイドのレビッチに渡り、レビッチがダイレクトでゴールに沈めた。さらに81分と88分にレビッチが追加点を挙げ、フランクフルトが逆転に成功した。

 試合はこのまま終了し、フランクフルトが5-3で勝利。逆転で2回戦に駒を進めた。

【得点者】
3分 1-0 スレイマニ(SVヴァルトホーフ)
11分 2-0 スレイマニ(SVヴァルトホーフ)
21分 2-1 鎌田大地(フランクフルト)
45+1分 2-2 フィリップ・コスティッチ(フランクフルト)
72分 3-2 マルクス(SVヴァルトホーフ)
76分 3-3 アンテ・レビッチ(フランクフルト)
81分 3-4 アンテ・レビッチ(フランクフルト)
88分 3-5 アンテ・レビッチ(フランクフルト)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190812-00334030-footballc-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(10) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライザップ社、湘南・゙貴裁監督の該当スタッフへのパワハラ疑惑否定…一方で「オーバートレーニング症候群」と診断され移籍した選手の報道もJリーグ調査へ(関連まとめ)

ライザップ、湘南の゙貴裁監督から職員へのパワハラ疑惑否定「事実とは異なる内容」 指揮官の続投希望
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190812-00210143-soccermzw-socc
゙貴裁監督03.jpg

湘南の経営権を持つライザップが声明文を発表 出向職員への“パワハラ”について説明
 J1湘南ベルマーレの経営権を取得するRIZAP(ライザップ)が12日、曹貴裁監督のパワーハラスメント疑惑について公式ホームページで声明文を発表した。「一部報道について」と題し、ライザップからクラブへの出向職員が゙貴裁監督にパワーハラスメントを受けたと報道された件を「事実とは異なる内容」と説明している。

 同日朝、クラブの公式サイトに「湘南ベルマーレの監督である゙貴裁がパワーハラスメント行為を行った疑惑があるという内容の記事が掲載されております。クラブとしましては、記事内容の詳細を確認し、Jリーグと協議の上で、報道された内容に関する事実関係の調査を速やかに行ってまいります」と、緊急声明を掲載。これを受け、経営権を握るライザップもコメントを発表した。

「当社グループにおきましては、各種法令順守などを含めたコンプライアンス経営の強化を進めております。パワーハラスメント行為についても、『断じて行ってはいけない行為』であり、選手やスタッフ・従業員等は、このような行為から守られなければならない存在であると位置付けております」とし、「今回の記事内容については、湘南ベルマーレとの連携のもと、Jリーグと協議の上で、事実関係の調査を速やかに行ってまいります」と、湘南同様、調査を進める方針を示した。

 また、今回の報道でライザップから出向したスタッフが“パワハラ”を受けたとされたことに触れ、「RIZAPより出向したスタッフが精神的に追い込まれチームを離れたという記載がありましたが、事実とは異なる内容となっております」と真っ向から否定。「RIZAPから湘南ベルマーレに対する支援体制は都度見直しを行っており、本年6月までRIZAPから湘南ベルマーレに出向していたスタッフ1名は、当社の研究開発方針に基づき、RIZAP Lab(ライザップ ラボ)の体制強化のためRIZAP株式会社に帰任しております」と現状を明かした。

本人にも事実関係を確認 「パワーハラスメントの事実はありません」
 スタッフ本人にはすでに事実関係を確認したようで、「当該スタッフ本人に確認したところ、『゙監督からは愛情あるコミュニケーションを受け、私自身も成長できたと感じており、パワーハラスメントの事実はありません。゙監督には大変感謝しており、今後は、この経験を活かしていきたいと考えています。』と述べています」と説明。

「湘南ベルマーレ゙監督は、当社にとっても、かけがえのない大切な仲間でございます。当社と致しましては、今後の調査を通じて、重大なコンプライアンス違反の事実がなかったということが明らかにされ、引き続き、共に未来を歩んでいけることを信じております」と、調査を進めたなか、゙監督の“続投”も願った。

 今季就任8年目を迎えている曹貴裁監督の下、チームは11日のJ1第22節ジュビロ磐田戦で3-2と勝利。リーグ戦11位につけている


J1湘南でパワハラか Jリーグ、監督やコーチを聴取へ
https://www.asahi.com/articles/ASM8D53V0M8DULZU008.html

指導者によるパワーハラスメントの疑いがあるとして、JリーグがJ1湘南を調査することが12日、わかった。゙貴裁監督(50)やコーチをはじめ、クラブの幹部から近く事情を聴く予定。今年4月、日本サッカー協会が設置している「暴力等根絶相談窓口」に匿名による通報があり、Jリーグが調査を進めていた。

 関係者によると、通報は、同監督や一部のコーチがスタッフや選手に対して暴言や高圧的な態度を繰り返している、という内容。昨季限りで湘南から移籍していった選手の中には、シーズン途中で一時的に練習に出てこられなくなった選手が複数おり、いずれも「オーバートレーニング症候群」と診断されていたことも、関係者が認めている。

 湘南の水谷社長は12日、「Jリーグと連絡を取って、事実関係の確認を進め、対応していきたい」と話した。

 ゙監督は2012年に湘南の監督に就任して8年目。この間、チームをJ1昇格に3回導き、昨年にはルヴァンカップ初優勝を果たした。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12146
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1565577905/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:06 | 大阪 ☁ | Comment(20) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

磐田、元G大阪DFファビオの加入を公式発表「残留するため一生懸命頑張ります」

昨季G大阪所属のDFファビオが磐田に加入!「残留するために一生懸命頑張ります」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190812-00010016-goal-socc
ファビオG大阪.jpg

ジュビロ磐田は12日、昨シーズンまでガンバ大阪に所属していたブラジル人DFファビオ(30)が、完全移籍で加入することを発表した。

186cm、78kgと大型DFのファビオは母国クラブを渡り歩いた後の2012年に当時関東一部リーグだったSC相模原に加入。翌年に横浜F・マリノスに移って4年間を過ごし、2017年からG大阪に加わっていたが2018年に退団してからは新天地が定まっていなかった。昨シーズンは明治安田生命J1リーグ31試合に出場して3ゴールをマークしている。

磐田に加入することになったファビオは、「ジュビロファミリーの一員になれたことをとても嬉しく思います。自分にとっても新しい挑戦になりますし、ジュビロが残留するために一生懸命頑張ります。皆さん、共に勝ち上がりましょう。応援よろしくお願いします」と喜びを伝えた。

J1リーグ第22節終了時点で、磐田は残留ラインの15位ヴィッセル神戸まで勝ち点差6をつけられての最下位。新戦力の加入で、巻き返すことはできるのだろうか。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12145
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1565566301/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(5) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Jリーグ、湘南・゙貴裁監督のパワハラ疑惑で調査開始へ NHK報道(関連まとめ)

J1 湘南の監督 パワハラ疑いで調査へ

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190812/k10012032541000.html
゙貴裁監督02.jpg

サッカーJ1、湘南ベルマーレの※チョウ貴裁監督がパワーハラスメントを行った疑いがあるとして、Jリーグはベルマーレから聞き取り調査を行うことを決めました。

Jリーグによりますと、湘南ベルマーレのチョウ監督からパワハラを受けたとチームの関係者から訴えがあったということです。

関係者によりますと、チョウ監督はチームのスタッフに対して高圧的な言動を行った疑いがあるということです。

このためJリーグは、ベルマーレの関係者に対して聞き取り調査を行うことを決めました。

チョウ監督は京都府出身の50歳。ディフェンダーとして浦和レッズなどでプレーしたあと、ドイツの大学でサッカーの指導方法について学びました。2005年からベルマーレの育成年代のチームの監督を務め、2012年からはトップチームの監督に就任しました。

就任後はベルマーレを3回、J1に昇格させ、去年は国内三大タイトルの1つ、Jリーグカップで初優勝を果たすなど、実績を重ねてきました。

ベルマーレによりますと、聞き取り調査は今月中に行われる見通しで、13日からの練習は非公開になるということです。

※チョウは「曹」の縦棒が1本のみ。

一部報道について※湘南ベルマーレ公式
http://www.bellmare.co.jp/223206

8月12日(月)発行のスポーツ報知と日刊スポーツにおきまして、湘南ベルマーレの監督である゙貴裁がパワーハラスメント行為を行った疑惑があるという内容の記事が掲載されております。
クラブとしましては、記事内容の詳細を確認し、Jリーグと協議の上で、報道された内容に関する事実関係の調査を速やかに行ってまいります。

応援して下さるサポーターの皆さま、ご支援いただいている企業の皆さまに、多大なるご心配をおかけすることにつきましては、大変申し訳なく、心よりお詫び申し上げます。

※ライザップ社から説明がありましたので追記しました。

ライザップ、湘南の゙貴裁監督から職員へのパワハラ疑惑否定「事実とは異なる内容」 指揮官の続投希望
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190812-00210143-soccermzw-socc

湘南の経営権を持つライザップが声明文を発表 出向職員への“パワハラ”について説明
 J1湘南ベルマーレの経営権を取得するRIZAP(ライザップ)が12日、曹貴裁監督のパワーハラスメント疑惑について公式ホームページで声明文を発表した。「一部報道について」と題し、ライザップからクラブへの出向職員が゙貴裁監督にパワーハラスメントを受けたと報道された件を「事実とは異なる内容」と説明している。

 同日朝、クラブの公式サイトに「湘南ベルマーレの監督である゙貴裁がパワーハラスメント行為を行った疑惑があるという内容の記事が掲載されております。クラブとしましては、記事内容の詳細を確認し、Jリーグと協議の上で、報道された内容に関する事実関係の調査を速やかに行ってまいります」と、緊急声明を掲載。これを受け、経営権を握るライザップもコメントを発表した。

「当社グループにおきましては、各種法令順守などを含めたコンプライアンス経営の強化を進めております。パワーハラスメント行為についても、『断じて行ってはいけない行為』であり、選手やスタッフ・従業員等は、このような行為から守られなければならない存在であると位置付けております」とし、「今回の記事内容については、湘南ベルマーレとの連携のもと、Jリーグと協議の上で、事実関係の調査を速やかに行ってまいります」と、湘南同様、調査を進める方針を示した。

 また、今回の報道でライザップから出向したスタッフが“パワハラ”を受けたとされたことに触れ、「RIZAPより出向したスタッフが精神的に追い込まれチームを離れたという記載がありましたが、事実とは異なる内容となっております」と真っ向から否定。「RIZAPから湘南ベルマーレに対する支援体制は都度見直しを行っており、本年6月までRIZAPから湘南ベルマーレに出向していたスタッフ1名は、当社の研究開発方針に基づき、RIZAP Lab(ライザップ ラボ)の体制強化のためRIZAP株式会社に帰任しております」と現状を明かした。

本人にも事実関係を確認 「パワーハラスメントの事実はありません」
 スタッフ本人にはすでに事実関係を確認したようで、「当該スタッフ本人に確認したところ、『゙監督からは愛情あるコミュニケーションを受け、私自身も成長できたと感じており、パワーハラスメントの事実はありません。゙監督には大変感謝しており、今後は、この経験を活かしていきたいと考えています。』と述べています」と説明。

「湘南ベルマーレ゙監督は、当社にとっても、かけがえのない大切な仲間でございます。当社と致しましては、今後の調査を通じて、重大なコンプライアンス違反の事実がなかったということが明らかにされ、引き続き、共に未来を歩んでいけることを信じております」と、調査を進めたなか、゙監督の“続投”も願った。

 今季就任8年目を迎えている曹貴裁監督の下、チームは11日のJ1第22節ジュビロ磐田戦で3-2と勝利。リーグ戦11位につけている

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12146
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1565577905/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(23) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神戸FW古橋亨梧、オランダ名門AZが大分戦を視察し近日中にオファーへ!フローニンゲンは正式オファー(関連まとめ)

【サッカー】J1神戸・古橋亨梧に蘭1部フローニンゲン正式オファー 大分戦視察AZもオファーへ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1565553943/
古橋神戸2019.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/08/12(月) 05:05:43.04 ID:RU2ZzX/J9.net

J1神戸のFW古橋亨梧(24)にオランダ1部フローニンゲンから正式オファーが届いていたことが11日、複数の関係者の話で分かった。
同1部AZも古橋の獲得に乗り出しており、10日の大分戦(昭和電ド)をAZ関係者が視察。目の前で鮮烈なゴールを決めた古橋に対して、近日中にオファーを提示する見通しとなった。

神戸は海外でのプレーを夢見る古橋の意向を確認しつつも、必要な戦力として慰留に努める方針。
昨夏にJ2岐阜から古橋を獲得した際に違約金を設定しておらず、今後は両クラブの条件提示を精査しながら本格的な交渉を進めていくことになる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190812-00000008-dal-socc
8/12(月) 5:00配信



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(10) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

C大阪DF山下達也、J2柏に完全移籍を発表「新しいチャレンジを決断しました」(関連まとめ)

C大阪DF山下達也が柏に完全移籍「新しいチャレンジをしようと決断しました」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190811-43470396-gekisaka-socc
山下達也C大阪.jpg

 柏レイソルは11日、セレッソ大阪からDF山下達也(31)が完全移籍で加入することを発表した。背番号は『50』をつける。

 クラブを通じて山下は「レイソルさんは相手ディフェンダーにとって、やりにくい選手、そしてサポーターの声援があるチームという印象がすごく強いです。そういったチームの一員になれることを誇りに思いますし、このようなチャレンジを与えてくれたことに感謝しています。J1昇格は簡単なことではないですが、レイソルのために魂込めて戦っていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします」と挨拶した。

 また、12年半在籍したC大阪を通じては「急な発表になりますが、この度セレッソを離れることになりました。ここ数年は試合に出たり出なかったりが続くなかで、今回レイソルさんから話をもらい新しいチャレンジをしようと決断しました」と移籍を理由を説明。その上で古巣のファンに感謝の言葉を述べた。

「一年間は札幌にいきましたが、18歳の時からずっとセレッソにお世話になりました。長年いたので選手のみんなや、サポーターの皆さん、セレッソに関わるすべての方々に会えなくてなるのは寂しいですが、その気持ちを押しころして新たな地で頑張っていきます。話したいこと、感謝の気持ち沢山ありますが、長くなりそうなのでここには書ききれません。また試合で会えるように頑張ってきます。長い間ありがとうございました」

 なお、山下は今季J1リーグ10試合1得点、ルヴァン杯7試合、天皇杯1試合1得点を記録している。

●DF山下達也
(やました たつや)
■背番号
50
■身長/体重
182cm/73kg
■生年月日
1987年11月7日(31歳)
■出身地
兵庫県
■経歴
明石FC-大蔵中-御影工高-C大阪-札幌-C大阪
■通算出場記録
J1リーグ:125試合7得点
J2リーグ:134試合3得点
カップ戦:19試合
天皇杯:19試合2得点
ACL:13試合2得点

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12142
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1565525975/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 | Comment(1) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、オバメヤン決勝ゴールで開幕戦ニューカッスルに1-0勝利!武藤嘉紀は出場せず(関連まとめ)

新戦力デビューのアーセナルが白星スタート! オーバメヤン弾でニューカッスル撃破
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190811-00010031-goal-socc
オバメ2019開幕戦ゴール.jpg


プレミアリーグ開幕節、ニューカッスルvsアーセナルが11日にセント・ジェームズ・パークで行われた。

ラファエル・ベニテス監督が退任してスティーブ・ブルース監督が就任した昨季13位のニューカッスルが、ウナイ・エメリ体制2年目のアーセナルをホームに迎えた。ニューカッスルでは、武藤嘉紀がベンチスタート。アーセナルはMFジョー・ウィロックとFWリース・ネルソンの19歳コンビが先発し、ダヴィド・ルイス、ペペ、セバージョスら新加入組をベンチに置いた。

試合序盤、ボールを保持したアーセナルが能動的に仕掛けるのに対し、ニューカッスルは奪ってから縦に早く攻めていく。17分には右サイドからのクロスに合わせたジョエリントンが際どいヘディングシュートを放ち、ニューカッスルがアーセナルを脅かす。さらに、連係で相手を崩せないアーセナルに尻目に、ニューカッスルは20分にシェルヴェイがボックス左から左ポストを叩く強烈なシュートを放って先制点に近づく。

ハーフタイムにかけても展開は変わらない。徐々にリズムをつかんだアーセナルは31分、ショートカウンターからムヒタリアンのスルーパスを受けたオーバメヤンが枠内シュート。しかし、これはコースが甘く、GKドゥブラフカのセーブに遭う。

迎えた後半も好勝負となった中、58分に試合の均衡を崩したのはアーセナルだった。右サイドのハーフウェーライン付近でボールを奪ったメイトランド=ナイルズが縦に仕掛けてクロス。ゴール前でボールを受けたオーバメヤンがGKと一対一を制し、アーセナルが先手を取った。

エメリ監督は64分にウィロックを下げて、公式戦デビューとなるセバージョスを投入。さらに71分にペペ、84分にはマルティネッリをデビューさせる。

その後、ニューカッスルはリスクを冒して前に出るも、アーセナルもしっかりと耐えてシャットアウト。アーセナルが敵地での開幕節で白星を手にした。

■試合結果
ニューカッスル 0-1 アーセナル

■得点者
ニューカッスル:なし
アーセナル:オーバメヤン(58分)

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1396】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1565534682/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:00 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

湘南に激震!゙貴裁監督が電撃退任か…パワハラ疑惑浮上 Jリーグが調査へ(関連まとめ)

湘南曹監督が退任濃厚 コンプライアンス問題浮上
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190812-08111068-nksports-socc
゙貴裁監督.jpg

<明治安田生命J1:磐田2−3湘南>◇第22節◇11日◇ヤマハ

湘南ベルマーレの曹貴裁監督(50)が電撃退任することが11日、濃厚になった。コーチングスタッフや選手へのコンプライアンス(社会的規範やモラルの遵守)の問題が浮上。今後、Jリーグの調査も入るという。

12年から当時J2の湘南を指揮し、走る「湘南スタイル」を確立。降格、昇格を繰り返しながらも昨季はルヴァン杯のタイトルを手にしたクラブの象徴がピッチを去ることになる。チームはこの日、アウェーでジュビロ磐田に3−2で逆転勝ちし11位へ浮上した。

    ◇    ◇    ◇

湘南を指揮して8年目、曹監督が退任することになりそうだ。複数の関係者によると、昨季から曹監督の指導を受けたコーチングスタッフや選手がメンタル面の支障をきたす事案が続いていた。情報はJリーグにも入っており、調査が入る予定になっている。

チームは11日、アウェーで磐田に3−2で逆転勝ちを収め11位に浮上。2年連続J1残留も現実味を帯びてきた。ただ、試合後の会見で自身について触れることはなかった。その裏で電撃退任となれば、クラブを揺るがす大事態となる。

曹監督は12年に当時J2の湘南の監督に就任。同時期に、クラブはベテラン選手獲得でなく、若手を1から育てる方針へと転換した。走力と精神力を鍛える育成方針で、MF遠藤航(シントトロイデン)、MF永木亮太(鹿島)ら無名選手が日本代表へと羽ばたいた。主力選手が他クラブに引き抜かれる影響で2度の降格も経験したが、高卒、大卒の新人を積極的に起用することで、有望な若手を次々と育て上げた。昨季は東京オリンピック(五輪)世代のDF杉岡大暉らを軸にルヴァン杯のタイトルを獲得した。攻守にわたるハードワークが持ち味。そんな「走る湘南スタイル」を定着させたクラブの象徴的な存在だった。

最近では、ロッカールームで各選手が声を荒らげて本音をぶつけ合うミーティング映像などを収録したDVDが異例のヒットとなった。だが今後の調査次第となるが、昨今はコンプライアンス違反が世間で厳しくなっているだけに、事実が認定されれば社会的な問題へと発展することになる。クラブの大きな功労者で看板となる人物が、まさかの事態でシーズン途中の退任を避けられなくなった。

【湘南】曹貴裁監督にパワハラ疑惑、Jリーグが今月中にも調査へ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190812-00000028-sph-socc

 サッカーJ1湘南の曹貴裁(チョウ・キジェ)監督(50)が、所属選手やスタッフに暴言などのパワーハラスメント(パワハラ)を行っていた疑いがあることが11日、分かった。Jリーグは被害者や目撃者、関係者らから報告を受けており、今月中にもクラブや本人から事情を聞く方針を固めたもようだ。チョウ監督はこの日のJ1第22節でも指揮を執り、チームは磐田に3―2と逆転勝ちした。

 Jリーグは曹監督からのパワハラ行為を訴える複数の当事者、目撃者の声を受け、事実関係の調査を始める。今月中にも同監督やクラブ側へのヒアリング調査を行うとみられる。

 複数の関係者によると、曹監督は少なくとも2018年2月〜今年7月までの間、神奈川・平塚市内のクラブハウスや試合会場などで選手やチームスタッフらに、高圧的な態度や暴言を繰り返した疑いがある。

 同監督は、複数人の前でチーム関係者の能力を疑問視したように「どれだけ無能なんだ」「お前はウソつきだ」などと人格を否定するような発言を行った。また机をたたいたり、扇風機を蹴りながら選手に罵声を浴びせる行為が日常的にあった、とされる。

 精神的な苦痛や過度のプレッシャーから練習場に行けず、うつ病などを発症した関係者もいたという。クラブ親会社の「ライザップ」関係者によると、同社から今年1月に出向したスタッフは精神的に追い込まれ、6月からチームを離れたという。クラブの幹部は取材に「現地点で調査が入るという情報は聞いていない」、広報責任者は「クラブ内で問題にしているようなことは全くありません」と話した。

 2012年に厚生労働省が定義したパワハラの概念は〈1〉優越的な関係に基づいて(優位性を背景に)行われること〈2〉業務の適正な範囲を超えて行われること〈3〉身体的もしくは精神的な苦痛を与えること、または就業環境を害すること―の3基準を満たす行為としている。Jリーグは同監督の行為が該当するかどうか、慎重に調査を進める。

 日本サッカー協会は2013年に暴力根絶相談窓口を設置するなど、暴力・暴言の根絶に向けた対策を進めてきた。今年5月にはスポーツ界でパワハラなどが相次いだことを受け、新たに指導者の懲罰基準を定めている。Jリーグの広報担当者は「何も話せません」とした。

 曹監督は12年に湘南の監督に就任し8季目。「湘南スタイル」と呼ばれる運動量を武器とした躍動感あふれるスタイルで、昨季はルヴァン杯のタイトルを獲得した。

 ◆スポーツ界の主なパワハラ騒動

 ▽サッカー 15年8月、J2熊本の監督がスタッフの顔を水たまりに近づけさせ、背中を踏みつけるなどの行為

 ▽レスリング 18年1月、女子で五輪4連覇の伊調馨と、コーチだった田南部力氏が日本協会の栄和人強化本部長からパワハラを繰り返し受けたとする告発状が内閣府に出された

 ▽バスケットボール 19年8月、男子Bリーグ2部の香川で監督が選手に対する跳び蹴り、平手打ちなど計3件の暴力や暴言

 ▽野球 6月30日のDeNA戦(横浜)の試合後、広島の緒方孝市監督が、走塁で全力疾走を怠った野間峻祥外野手を平手で複数回叩いていたと球団が7月24日に発表。同15日付で厳重注意処分とされた。

 ◆曹 貴裁(チョウ・キジェ)1969年1月16日、京都府生まれ。50歳。洛北高から早大を経て、91年に柏の前身である日立製作所に入団。JリーグではDFとして柏―浦和―神戸でプレーし、97年に引退。2000年に川崎アシスタントコーチ、04年にC大阪ヘッドコーチを経て05年から湘南へ。ジュニアユース監督、ユース監督、ヘッドコーチを歴任して12年に監督に就任し、今季は8季目。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12142
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1565525975/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 | Comment(75) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、チェルシーに4-0完勝!マグワイアとワンビサカの新加入DFが鉄壁の守備みせる!新加入FWダニエル・ジェームズが初得点

マンU、チェルシーに4発快勝。”ベイル2世”が開幕戦で移籍後初ゴール!
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190812-00334039-footballc-socc
ダニエル・ジェームズ2019初得点.jpg

【マンチェスター・ユナイテッド 4-0 チェルシー プレミアリーグ第1節】

 イングランド・プレミアリーグ第1節、マンチェスター・ユナイテッド対チェルシーが現地時間1日に行われた。試合はホームのユナイテッドが4-0でチェルシーに勝利した。

 ユナイテッドは今夏レスターから加入したDFハリー・マグワイアとクリスタル・パレスから加入したDFアーロン・ワン=ビサカを起用。ベイル2世と呼ばれるMFダニエル・ジェームズがベンチスタートとなっている。一方、チェルシーはワントップにFWタミー・アブラハムを起用。新加入のMFクリスティアン・プリシッチ、エンゴロ・カンテがベンチスタートとなった。

 先制したのはユナイテッドだった。17分、ユナイテッドは中盤でボールを奪うと、カウンターを発動。マルシャルからペレイラ、リンガードと繋ぎ、リンガードがラッシュフォードへパスを出そうとするが、相手にボールが当たる。だが、高く上がったボールをラッシュフォードが拾い、ペナルティエリアにそのまま侵入。ズマに最後倒され、PKを獲得した。これをラッシュフォード自らが決め、先制となった。

 チェルシーは前半終盤に作った再三のチャンスを決め切ることができず、前半は1-0のユナイテッドリードで折り返す。
 
 1点の欲しいチェルシーは交代策に出る。58分、MFロス・バークリーに代え、プリシッチを投入。プリシッチは左サイドに入り、チェルシーでの公式戦デビューとなった。

 だが、ユナイテッドが追加点を決める。65分、ゴール前でキープしたアブラハムに対してプレスをかけたマグワイアが奪うと、そのままカウンターを発動。ボールを繋ぎ、ラッシュフォードがドリブルで相手陣内へ侵入すると、右に流れたリンガードへパス。パスは流れるが、右サイドに開いたペレイラにバックパス。ペレイラは一人かわし、中央へ低いクロスを供給。中央に走り込んだマルシャルが合わせ、ゴールに突き刺した。

 続く67分、ユナイテッドがカウンターを発動。ボールを奪った後、素早くボールを繋ぎ、センターライン手前でボールを受けたポグバが相手ディフェンスラインを抜け出したラッシュフォードにロングボールを供給。これをラッシュフィードがワントラップからゴールに流し込み、追加点となった。

 さらに82分、カウンターからポグバがマルシャルとワンツーで抜け出し、チェルシー陣内へ侵入。そのままペナルティエリア手前まで持ち込み、右サイドを駆け上がってきたダニエル・ジェームズにスルーパスを供給。ジェームズがシュートを放つと、相手に当たりながらもボールはゴールに吸い込まれた。ジェームズはユナイテッド移籍後初ゴールとなった。

 試合はこのまま終了し、ユナイテッドが4-0でチェルシーを下した。

【得点者】
18分 1-0 マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)
65分 2-0 アントニー・マルシャル(マンチェスター・ユナイテッド)
67分 3-0 マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)
82分 4-0 ダニエル・ジェームズ(マンチェスター・ユナイテッド)

マグワイアとワンビサカとダニエル・ジェームズ.jpg

† Red Devils Manchester United 1383 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1565543138/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 03:23 | 大阪 | Comment(14) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング