アンテナ・まとめ RSS

2019年08月21日

【速報】久保建英、スペイン1部昇格のマジョルカにレンタル移籍へ!スペインメディア一斉報道

レアル久保、“昇格組”の1部マジョルカ期限付き移籍か スペイン紙報道「彼の心は変わり…」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190821-00212017-soccermzw-socc
久保レアルダッシュ.jpg


バジャドリードへの期限付き移籍、カスティージャ残留の選択肢が報じられるなか…
 今夏、FC東京からレアル・マドリードに加入した日本代表MF久保建英は、現地時間24日のリーガ第2節バジャドリード戦に向けたトップチームの練習に2日連続で参加した。そんななか、現地スペインメディアで「久保はマジョルカに行く」と報じられている。

 久保はトップチームに帯同してプレシーズンマッチ計4試合に途中出場。その後はトップチームの練習とカスティージャ(レアルB)の試合を兼任してきた。

 トップチームに怪我人が続出中のため、20日、21日と2日連続で練習に参加。24日のバジャドリード戦のメンバー入りに期待も膨らむなか、スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」は「久保はマジョルカに行く」との見出しで、久保の最新レポートを伝えた。

 記事によれば、スペインテレビ局「La Sexta」の番組「Jugones」が「久保は今季、プリメーラに昇格したばかりのマジョルカへローンで行くだろう」と報道。それを受け、「ムンド・デポルティーボ」紙も次のように触れている。

「日本人はバジャドリードへ行くかに思われたが、彼と家族はカスティージャに留まることにした。しかし、彼の心は変わり、マジョルカに行く選択をする。エル・ブランコ(レアルの愛称)は久保をスペイン1部のクラブに送りたいと考えていた。今、マドリードの意図が実現するようだ」

 今季、スペイン1部に復帰したマジョルカは、過去に元日本代表FW大久保嘉人(ジュビロ磐田)、元日本代表MF家長昭博(川崎フロンターレ)がプレーしたことでも知られ、日本人選手にも馴染みがある。バジャドリードへの期限付き移籍の可能性が報じられた際には、レバンテ、エスパニョール、ビジャレアルとともに移籍先候補にも挙がっていた。果たして、久保はカスティージャの開幕戦を迎える前に、新天地へと渡ることになるのだろうか。

【Real】久保建英応援スレ part70【Castilla】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1566289479/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:58 | 大阪 ☁ | Comment(30) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロップ監督、今後やりたい事は「バイエルン監督、独代表監督、ドルトムント再任」「2〜3年で引退するかも」(関連まとめ)

「2〜3年で辞めるかも」「やりたいと思うことは…」クロップが監督生活からの引退を示唆!
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190821-00063098-sdigestw-socc
クロップ監督笑顔.jpg

熱血漢が語った未来像
 リバプールの熱血漢が自身の将来を展望した。

 現地時間8月20日、ドイツ紙『Bild』の取材に応じたリバプールのドイツ人指揮官ユルゲン・クロップが、今後2〜3年のうちに監督生活に幕を下ろす可能性があること明かした。

 2001年2月にマインツで指導者としてのキャリアをスタートさせたクロップは、後に代名詞となる“ゲーゲンプレス”をチームに浸透させ、当時2部に甘んじていた小規模クラブの1部昇格に貢献。その後、08年7月から就任したドルトムントでは、その類稀な人心掌握術でトップレベルの選手を巧みに操り、ブンデスリーガの連覇(10-11、11-12)とDFBカップ(11-12)をもたらした。

 15年10月にリバプールの指揮官となったクロップは、瞬く間にアグレッシブなスタイルを定着させ、就任3年目を迎えた昨シーズンは、プレミアリーグで王者マンチェスター・シティと最終節までもつれ込む優勝争いを展開(最終順位は2位)。そして、2年連続でファイナルに進出したチャンピオンズ・リーグではトッテナムを撃破して欧州制覇を成し遂げた。

 リバプールに来て4年目のシーズンを迎えた52歳の熱血漢の脳裏には、早くも「引退」の二文字が見え始めているという。

『Bild』が選ぶ昨シーズンの最優秀監督賞に輝いたクロップは、その受賞の式典において、「私はこの先もいまのように続けていきたいと思っている」と前置きしたうえで、次のように未来像を語った。

「続けたいが、2〜3年が経った時に何が起こるかはわからない。もしかしたら、引退しているかもしれない。必ずしもそれが起こるという意味ではないが、もし、そうなっても驚かないでほしい」

 さらにクロップは、今後のキャリアで“やりたいこと”も明かしている。

「私がこの先、やりたいと思うのは、ドイツ代表監督、バイエルンの監督、ドルトムントへの再任、そしてリバプールでキャリアを終えることだね。ただ、とくに深くは考えていないよ。私自身、何をするかはわかってないのさ」

 その熱さでサッカー界を大いに盛り上げているクロップは、どこまでキャリアを続けるのだろうか……。

〓〓 Liverpool FC 〓〓 1119 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1566059440/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:23 | 大阪 ☁ | Comment(19) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元仏代表MFリベリ、セリエAフィオレンティーナ加入が正式決定!2021年までの2年契約 バイエルンの黄金時代構築に貢献(関連まとめ)

【サッカー】リベリー、新天地はイタリアに決定!フィオレンティーナがフリーで獲得
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1566385597/
リベリフィオレンティーナ加入.jpg
1: 数の子 ★ 2019/08/21(水) 20:06:37.78 ID:LVAYYH2x9.net

フィオレンティーナは21日、元フランス代表MFフランク・リベリーの獲得をクラブ公式ツイッターで発表した。

 現在36歳のリベリーは、2007年にマルセイユからバイエルンに加入。昨シーズンでバイエルンを退団してフリーとなっていた。在籍した12年間では通算425試合出場124ゴール182アシストを記録している。注目されていた新天地はトルコや、中東などが噂されていたが、イタリアに決定した。
 
 フィオレンティーナは昨シーズン、セリエAを16位で終えている。新シーズンは25日にナポリとの試合で開幕し、この試合がリベリーのデビュー戦となる可能性もある。

SOCCER KING

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190821-00970891-soccerk-socc



元バイエルンのリベリ、フィオレンティーナ加入が正式決定!ファン300人の歓迎に「とてもハッピー」と喜びを語る
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190821-00063108-sdigestw-socc

2021年までの2年契約を締結
 8月21日、バイエルンを契約満了で退団した元フランス代表MFフランク・リベリが、フィオレンティーナに加入することが正式に決定した。契約は2021年までの2年間となっている。

 同日、フィレンツェの空港に到着した際、約300人のサポーター迎えられた36歳の名手は、次のようにコメントした。イタリア紙『Gazzetta dello Sport』などが伝えている。

「とてもハッピーだ。フィオレンティーナとは一週間話しをしてね。(バイエルン時代の同僚で元フィオレンティーナの)ルカ・トーニからも話を訊いた。彼は、『“ヴィオラ”(フィオレンティーナの愛称)は大きなクラブで、街は美しい』と教えてくれたんだ。イタリア語は好きだけど、少ししか話せないから、改善していかないとね。どうもありがとう!」
 
 リベリの輝かしいキャリアについては、周知の通りだ。2007年夏にマルセイユから移籍したバイエルンでは12年に渡ってプレー。9度のリーグ優勝と12-13シーズンのチャンピオンズ・リーグ制覇などに大きく貢献し、黄金時代の構築に寄与した。

 また、06年に初キャップを刻んだフランス代表では、81試合出場して16ゴール。06年のワールドカップ準優勝の原動力のひとりとなった。

 バイエルン退団後は、その去就が注目されていたが、デッラ・ヴァッレ・ファミリーからクラブを買収したロッコ・コミッソ新オーナーが、400万ユーロ(約5億円)とも報じられている年俸を用意し、口説き落とした格好だ。

 ビッグネームの到来に、ヴィオラのファンが熱狂するのは間違いないだろう。なお、22日には入団会見が行なわれる予定となっている。

長友獲得へフィオレンティナが調査も…「ガラタサライで居心地良い」と残留意思
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190821-00000182-spnannex-socc

 トルコ1部ガラタサライの日本代表DF長友佑都(32)について、衛星放送スカイ・イタリアは20日、セリエAのフィオレンティナが獲得に向けて調査を行ったと報じた。

 フィオレンティナは、左サイドバックのイタリア代表ビラギがインテル・ミラノへ移籍する可能性が出てきたため、後釜となる選手を調査。ガラタサライに対して水面下で打診を図ったが、「長友はガラタサライで居心地良く過ごせているため、最初の打診にはなびかなかった」と伝えた。

 長友側からはガラタサライ残留の意思を示されたが、今後も交渉を行う可能性はあるという。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:33 | 大阪 ☁ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

湘南FWクリスラン、右肘関節脱臼骨折で全治8週間の離脱…鳥栖戦で負傷交代(関連まとめ)

湘南FWクリスランが右肘関節脱臼骨折…今夏加入も8週間の離脱へ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190821-00010015-goal-socc
クリスラン湘南.jpg

湘南ベルマーレは20日、サガン鳥栖戦で途中交代したFWクリスランの負傷状況を発表した。

 同選手は17日に行われた明治安田生命J1リーグ第23節の鳥栖戦で、地面に手をついた際に右ひじを痛めてしまい、プレー続行不可能に。交代を余儀なくされていた。クラブによると、クリスランは右肘関節脱臼骨折で全治8週間の診断を受けたという。

 ブラジル出身のクリスランは、今夏より湘南に期限付き移籍で加入しており、今季はJ1で3試合に出場していた。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12176
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1566266404/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:30 | 大阪 ☀ | Comment(5) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【大誤報】鈴木優磨、ホームシック報道をSNSで即否定「ホームシック?俺が?笑 ないない」(関連まとめ)

【サッカー】<STVV加入のFW鈴木優磨>ホームシックに。先週から練習に姿を見せず…
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1566376043/
鈴木優磨シントトロイデン加入.jpg

1: Egg ★ 2019/08/21(水) 17:27:23.92 ID:fLdz1Kcq9.net

J1の鹿島アントラーズから今夏、ベルギー1部のシント=トロイデン(STVV)へ完全移籍したFW鈴木優磨がベルギーでホームシックになっているようだ。ベルギー『voetbalkrant』が現地時間の21日に報じた。

 鈴木は小学生時代から鹿島の下部組織で育ち、2015年にトップチームに昇格。J1で通算96試合に出場して27得点を挙げた。そして、今夏STVVに移籍し、欧州初挑戦となった。鈴木は現地時間の11日に行われたスタンダール戦ではベンチ入りしたものの、今季の出場は未だにない。

 同メディアによると、鈴木はホームシックになり、先週から練習に姿を見せていないという。鈴木は当初病気で練習を欠席と話していたが、どうやら病欠ではなかったようだ。

 今季のリーグ戦出場はまだない鈴木は、ホームシックから復帰しベルギーデビューを飾ることができるのだろうか。

2019.08.21 フットボールチャンネル
https://www.footballchannel.jp/2019/08/21/post335209/

写真https://img.footballchannel.jp/wordpress/assets/2019/08/a52f7aeb6259b9a56d2c898406378a5c.jpg




鈴木優磨ホームシック否定.jpg

鈴木優磨選手インスタグラムのストーリーより
https://www.instagram.com/stories/yuma.suzuki.9/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:01 | 大阪 ☀ | Comment(40) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大迫勇也、独地元紙が称賛「全盛期のエジルを彷彿とさせる」

【サッカー】「全盛期のエジルを彷彿」地元紙が“チャンスメイカー”大迫を称賛
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1566356533/
大迫2019第1節ドリブル.jpg

1: 久太郎 ★ 2019/08/21(水) 12:02:13.15 ID:HmbDQmUM9.net

日本代表FW大迫勇也の所属するブレーメンは17日、ブンデスリーガ開幕戦で昇格組のデュッセルドルフとホームで対戦し、1-3で敗れた。地元紙『ベーザー・クーリエ』が大迫のプレーをレポートしている。

 大迫は3トップの中央で先発出場。的確なポストプレーを見せ、攻撃の起点として機能した。しかし、チームは前半36分に先制点を献上。後半2分にFWヨハネス・エッゲシュタインのヘディング弾で一時追いついたが、その後に2失点を喫し、1-3で敗れた。

 昨季まで主将を務めていたFWマックス・クルーゼがフェネルバフチェに移籍したことで、その穴埋めにも注目が集まっていたブレーメン。大迫は後半途中からポジションを下げてチャンスメイクをこなしたほか、惜しいミドルシュートを放つなど攻撃をけん引し続けたが、チームを勝利に導くことはできなかった。

 同紙はこの試合の大迫のプレーに対し、「彼らしいものだった」と言及している。前半にMFミロト・ラシカへ送った巧みなパスについては「ピッチに向かって抱きしめたくなる」と称賛。さらに中盤でチャンスを作り出す姿を「(元ブレーメンの)メスト・エジルの全盛期を彷彿とさせた」と表現した。

 また、フロリアン・コーフェルト監督は「彼はたくさんボールに触り、多く展開していた」と振り返りつつ、「彼は低い位置でプレーしたが、それは大丈夫だ。なぜなら、かなり攻撃の枚数があったからね。しかしもちろん、1点は少なくとも決める必要があった。彼のヘディング、そして1-1の後のチャンスでね」と期待を込めて語っている。

 開幕黒星スタートのブレーメンは24日の第2節でホッフェンハイムのホームに乗り込む。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190821-43470741-gekisaka-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(32) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クエンカ、来季も鳥栖でプレーへ「契約更新について話し合っている」「長期的なプロジェクトになると思う」

鳥栖のクエンカ「厳しい現実を突きつけられた」2人の偉大なクラックとは
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190821-00010001-sportes-socc
クエンカ2019C大阪戦.jpg

2011年10月19日にFCバルセロナのトップチームとして公式戦デビューして以降、イサック・クエンカはジェットコースターのようなキャリアを送ってきた。

レウス出身のスペイン人MFは、オランダ、トルコ、イスラエルといった国々でキャリアを積み、現在は日本のJリーグ、サガン鳥栖でプレーしている。

多文化を経験してきたクエンカは今、公私ともに新たな生活に充実した時を過ごしているようだ。我々SPORTはクエンカへの独占取材に成功した。

■フットボールは、あなたをオランダやトルコ、イスラエル、そして日本といった様々な場所へ導いてくれました。今はどのように感じていますか?

どの国にも良くも悪くも、いろいろな風習があるけど、私は日本でとても幸せを感じられている。人生はすべて異なる。日本人はとても礼儀正しく、敬意を払ってくれて、私生活には全く介入してこない。これはスペインではあり得ないことだね。

■鳥栖の印象はどうですか。街や人々、チームでの役割を教えて下さい。

そうだね、私達はお互いをリスペクトし合っている。人々からは多くの尊敬と気遣いを感じるし、道端で何か差別を受けるようなこともない。私はチームで重要な存在だと感じられている。加入してから常に全力でプレーしているし、すでに契約更新について話し合っている。それは長期的なプロジェクトになると思う。

■地元クラブのレウスでの苦い経験の後、鳥栖に加入しました。それはあなたが経験した最も悲しい瞬間の一つでしたか。
※レウスはリーガ(当時2部)の財政状態の悪化によりファイナンシャルコントロールに引っ掛かり選手の登録人数が減ったことでクエンカは登録外となった。

とても難しかった。私は子供の頃からレウスでプレーしていたからまたプレーできることを楽しみにしていた。クラブは素晴らしいプロジェクトを描いていたけど、リーガの財政難によって選手は給与を受け取れずにトレーニングを行っていた。私は問題の解決を待っていたが、事態はさらに悪化し、人生の選択に迫られた。 ルイス・カレーラス(鳥栖前監督)は私を日本に連れて行ってくれた。今でも感謝している。

■アンドレス・イニエスタやフェルナンド・トーレス、ダビド・ビジャといったスペインフットボール界を牽引してきた選手達がJリーグでプレーしていますが、彼らは日本のプロフットボールにどのような影響を与えていますか。

彼らには多くの期待が寄せられている。全てのスタジアムが満員となり、フットボールが未だかつてないほどにイキイキしていると思う。今まで日本では野球が一番の人気スポーツだったと聞いていたが、世界のトップクラスで活躍する選手が日本に来たことにより、多くの人がフットボールに興味を持ち始めたと思う。
そのうちの一人、アンドレス・イニエスタは世界中の人々から尊敬されているが、日本でも同様、もしくはそれ以上に、尊敬に値する選手として一目置かれている。

今週の金曜日、イニエスタとトーレスの現役最後の対戦が行われる。この試合をもってトーレスは現役を引退し、試合後には盛大なセレモニーが開催される予定となっている。

■イニエスタに関してですが、バルサでは彼と共にプレーした時期がありました。トップチームに合流した頃にさかのぼって、何か記憶に残っていることはありますか。

とても早く時が過ぎ去っていった。私は当時20歳だったが、合流間もなく毎週のように遠征に行き、チャンピオンズリーグで戦っている姿も見た。世間では毎日のように新聞に取り上げられていた。彼とプレーして多くのことを学んだ。チームでのあり方、プロフェッショナルとしてのあり方を見せてくれた選手だった。

■2011年10月19日、ペップ・グアルディオラがあなたをトップチームにデビューさせました。そのシーズンは多くの注目を集めましたね。

ペップには感謝しかない。彼がいなければトップチームに入ることはできなかったかもしれない。チャンピオンズリーグの準決勝、対チェルシー戦。その非常に重要な試合でも起用してくれた。突然声が懸かって、ほとんど準備することなくピッチに入ったのを覚えているよ。

■なぜ、バルサには残らなかったのでしょうか

私は膝の故障で手術を受けなければならない状態だった。さらに監督の入れ替わりもあり、すべてが複雑な状況に陥っていた。全ての信頼を寄せていたティト(・ビラノバ)の身に何が起こったのかも整理できなかった。世界一のクラブにいながら、私のサッカー人生の中で最も苦難の時期だったと思う。

■メッシ以外で考えていただければと思いますが、あなたのキャリアの中で最も印象深いフットボール選手は誰ですか?

チャビ(・エルナンデス)とイニエスタだね。私がラ・マシアでプレーしていた時に、彼らがトップでプレーしていたのを見ていた。最高のクラブでプレーし、世界を驚かせていたのを覚えている。私は衝撃を受けたと同時に、厳しい現実を突きつけられた瞬間だった。


移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12177
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1566316885/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(5) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮市亮、初の右SBにルフカイ監督が称賛「柔軟性がある。どこをやっても輝く事ができる」(関連まとめ)

【サッカー】<宮市亮>人生初の右SBを務め上げ賞賛の声!「リョウは柔軟」「どのポジションでも輝ける」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1566346042/
宮市2019開幕戦.jpg
1: Egg ★ 2019/08/21(水) 09:07:22.76 ID:7KSHJlBI9.net

今季3試合目、フル出場を果たす

https://amd.c.yimg.jp/amd/20190821-00010002-sdigestw-000-2-view.jpg

今シーズンのブンデスリーガ2部は、現時点で3人の日本人選手がプレーしている。ハノーファーの原口元気、ベルギーのシント=トロイデンからレンタルで加入したシュツットガルトの遠藤航、そしてザンクト・パウリの宮市亮だ。

 1部昇格を目指す戦いはすでに開幕しており、現地時間8月16日に行なわれた第3節では、ザンクト・パウリがシュツットガルトと対戦し、1−2で敗れた。ベンチスタートの遠藤に出番はなく、日本人対決は“ニアミス”に終わったこの試合で、大きな注目を集めたのが先発フル出場を果たした宮市だった。

 というのも、「人生で初めてプレーした」(ドイツ紙『BILD』)という右SBで起用されたのだ。しかも、プレシーズンに試していたわけではなく、監督にその旨を通告されたのは、試合の数日前だったという。

「監督から右サイドバックのトレーニングをするように言われました。少し驚いたし、最初の2日間は戸惑うことが多かったので、きちんとできるか心配でした。今までこのポジションでプレーしたことがなかったからです。でも、今日の試合である程度は、うまくできたのではないかと思います」

 その言葉通り、慣れないポジションで攻守に奮戦した急造右SBを、『BILD』は「コンバートしたばかりだとシュツットガルトに気づかせることはなかった」と高く評価。ザンクト・パウリのジョス・ルフカイ監督は試合後の会見で、「リョウには柔軟性がある。スピードを武器に、正面を向いてボールを受けることができれば、どこをやっても輝くことできる」と称賛している。

 また、ドイツ・メディア『WELT』は、「ザンクト・パウリは故障者続出のため、数人が不慣れなポジションを務めなければならなかった。なかでも、宮市は全く未知のポジションでのプレーを強いられた」とその背景を説明しつつ、「試合には敗れ、チームとしての課題は残った。だが、宮市はその責務を十分に果たしたと言えるだろう」と称えている。

 これまでのキャリアで度重なる怪我に苦しんだ宮市だが、今シーズンは開幕から3試合連続でフル出場を果たしている。いつまで右SBを務めるのかは定かではないが、本人は「プレーの幅が広がる」と前向きに捉えているようだ。

 ここまで1勝2敗と負け越しているザンクト・パウリは、8月26日にホルシュタイン・キールと対戦する。現地紙によれば、宮市は引き続き右SBとしての起用が濃厚なようだ。攻守にわたる活躍で、チームを勝利に導くことができるか。

8/21(水) 6:12 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190821-00010002-sdigestw-socc


5: Egg ★ 2019/08/21(水) 09:10:44.77 ID:7KSHJlBI9.net

宮市亮の右サイドバック“新境地”を監督も高評価。「リョウはフレキシブル」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190819-00334897-footballc-socc

ドイツ2部のザンクト・パウリに所属する宮市亮は、先週末の試合で初のポジションとなる右サイドバックに起用された。ヨス・ルフカイ監督も新ポジションでのプレーに満足しているようだ。

 これまでのキャリアを攻撃的なポジションで戦ってきた宮市だが、現地時間17日に行われたブンデスリーガ2部第3節のシュトゥットガルト戦には4バックの右で先発フル出場。結果は1-2の敗戦に終わったが奮闘を見せた。

 クラブ公式サイトが試合後に伝えた宮市のコメントによれば、過去にやったことのないポジションではあるが、先週の練習中に監督から突然サイドバックに起用されたとのこと。それでも「今日はかなりうまくやれたと思います」と手応えを感じている様子だ。

 独紙『ビルト』は19日付で、ルフカイ監督の宮市についてのコメントを伝えた。「リョウはフレキシブルだ。彼のスピードを活かして試合の中で前線に出ていける場面がある」と、後方から長い距離を駆け上がっての攻撃参加で持ち味を発揮できることを期待している様子だ。

 度重なる負傷に苦しむキャリアを過ごしてきた宮市だが、今季はキャリア初となるリーグ戦開幕スタメンからの3試合連続フル出場に加え、DFBポカール(ドイツ杯)1回戦でも延長まで120分間フル出場。チームは1分け2敗と結果が出ていないとはいえ、これから充実したシーズンを過ごしていくことを期待したいところだ。



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(18) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

森保監督、W杯予選での若手中心の編成を示唆!東京五輪を見据え久保建英らの若手起用へ

【サッカー】<森保監督>W杯予選で東京五輪を見据え若手強化プラン!久保建英(Rマドリード)ら若手中心の編成
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1566335727/
森保監督2019precon.jpg

1: Egg ★ 2019/08/21(水) 06:15:27.33 ID:3zFjQZme9.net

日本代表の森保一監督(50)が20日、W杯アジア2次予選ミャンマー戦(9月10日・ヤンゴン)のメンバー選考で、MF久保建英(18)=Rマドリード=ら若手中心の編成を選択肢に入れていることを明かした。

国際親善試合のパラグアイ戦(同5日・カシマ)が行われる茨城県の県庁(水戸市)を訪問後に取材に応じた。 東京五輪を見据えた(A)若手強化型のほか、(B)慣例踏襲、(C)移籍組配慮と3つのプランがあり、30日に予定されるメンバー発表までに決断する。

森保監督は初めて挑むW杯予選を前に、3つの方向から選考に迫っていく。アジア2次予選開幕戦となるミャンマー戦へ向け、 「基本は現状のベストなチーム」と方針を示しながら「ひょっとしたら若手選手の方が多くなるかもしれない。柔軟に考えたい」と明かした。 年後の東京五輪を見据えたもので、まずはこれがプラン(A)「若手強化型」になる。

ミャンマーはFIFAランク135位。アウェーでの対戦とはいえ、同33位の日本から見れば実力差は歴然としている。 A代表が参加した6月の南米選手権で世界と戦えることを示した18歳MF久保、2得点と結果を残したMF三好康児(22)=アントワープ=ら、 東京五輪世代を選んだとしても結果が望める。そして、メダル獲得を目指す五輪世代の強化にもつながる。

ただ、指揮官の頭の中には4年前の苦い記憶も残る。ハリル・ジャパンが挑んだ2次予選の初戦・シンガポール戦は、ホームで0―0のドローに終わっている。 ミャンマーが守備重視の戦術を取る可能性は高い。切り崩すには時には経験と連係面の成熟が必要になる。初戦の難しさに重点を置いた場合は、実績のあるメンバーで構成したプラン(B)「慣例踏襲」となる。

プラン(C)は「移籍組配慮」の構成。今夏、多くの代表候補が欧州に渡り、欧州内でも多くの移籍があった。シーズン序盤はクラブ内で地位を確立する大事な時期。 残留した選手、または移籍してもポジションを確保した選手に絞って招集する考えもある。今回は、慣例よりも多くの選手に招集の可能性がある文書を送付している。

森保監督は「状況を見極めて選びたい」と話した。メンバー発表の30日まで、あと10日。欧州で視察にあたっている5人のスタッフから送られてくる情報を精査し、東京五輪、そして22年カタールW杯で結果を残すことを念頭に選考の軸を決めていく。(内田 知宏)

8/21(水) 6:10配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190820-00000289-sph-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20190820-00000289-sph-000-view.jpg




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 12:55 | 大阪 ☁ | Comment(21) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フェルナンド・トーレス、日本愛を語る「来日前は東京の印象が強くて」「でも、私が好きになった日本は…」

【サッカー】<FWトーレス(サガン鳥栖)>秘めた“日本愛”を吐露!「日本といえば、まさにこの風景を想像していた。けど…」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1566345100/
トーレス拍手.jpg

1: Egg ★ 2019/08/21(水) 08:51:40.18 ID:7KSHJlBI9.net

 サガン鳥栖の元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスは、23日のJ1リーグ第24節ヴィッセル神戸戦を最後に現役生活に別れを告げる。引退の瞬間が刻々と近づくなか、「DAZN」公式YouTubeチャンネルでは引退発表会見の裏側に密着した映像を公開。そのなかでスペイン人ストライカーは「好きになった日本は……」と“日本愛”を口にしている。

 母国アトレチコ・マドリードでトップデビューを飾ったトーレスは「エル・ニーニョ」(神の子)の愛称で高い人気を誇り、リバプール、チェルシー、ACミランと数々のビッグクラブを渡り歩いた。昨夏に鳥栖へ加入したが熾烈な残留争いに巻き込まれて苦戦。シビアな戦いが続くなか、フォア・ザ・チームのプレーに徹してJ1残留に貢献した。

 しかし、今季は度重なる負傷離脱なども重なり現役引退を決断。6月21日の自身のSNSを通じて引退を発表すると、23日には東京都内で引退会見を開き、「古くからの友人である(アンドレス・)イニエスタ選手との直接対決。そこでサッカー人生を終えることができるということでその日に決めました。神戸にはダビド・ビジャ選手もいます。そのなかで自分ができることを全て尽くしてやっていきたい」と語っている。

「DAZN」公式YouTubeチャンネルでは、引退発表会見の裏側を撮影した映像を公開。そのなかでトーレスは「良いことには必ず始まりと終わりがあって、これは素晴らしい18年間のフィナーレ」と語った一方、「一番苦しかったのは、引退という選択肢が頭に浮かんだ瞬間」と明かしている。

街並みを見ながら告白 「日本といえば、まさにこの風景を想像していた。けど…」

 多くの人に愛された“神の子”は日本で18年のキャリアにピリオドを打つ。トーレス本人にとっても日本での現役引退は予想外だったという。「移籍する度に『このクラブでキャリアを終える』と思ってやってきたけど、まさか日本に来るとは想像もしていなかった」と率直な思いを口にしている。

 そんなトーレスは引退会見で移動している際、東京の街並みを見ながら「来日前は東京の印象が強くて……」と切り出し、「日本といえば、まさにこの風景を想像していた。高層ビルが並んでいて、テクノロジーやイルミネーション、人通りの多い道路がたくさん」と語る。 ところが「でも……」と続ける。

「私が好きになった日本は、郊外や神社や日本家屋といった伝統的な日本だと気づいた。日本には期待以上のものがたくさんある」

 日本愛を口にするトーレスは「初日から温かく応援してくれた鳥栖のサポーターに感謝している。残留に貢献したF・マリノス戦のゴール、みんなで泣いたことは忘れられない。最後まで彼らと一緒に楽しみたいね」と鳥栖愛も強調した。

 キャリア最後の試合となる神戸戦で“神の子”はどのようなプレーを見せてくれるのだろうか。

2019.08.20 フットボールゾーン
https://www.football-zone.net/archives/211675

写真https://www.football-zone.net/wp-content/uploads/2019/08/20190820_FernadoTorres_Getty.jpg




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:46 | 大阪 ☁ | Comment(13) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル、また負傷者…復帰したばかりのブラヒム・ディアスが右足負傷し再離脱(関連まとめ)

マドリー、復帰したばかりのブラヒム・ディアスが再び負傷…
https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=360212
ブラヒム・ディアスレアル.jpg

レアル・マドリー20日、U-21スペイン代表MFブラヒム・ディアス(20)の負傷を発表した。

プレシーズン中に左足大腿二頭筋負傷で約1カ月離脱を強いられたディアスは最近、トレーニングに復帰。しかし、クラブの発表によれば、本日のトレーニングで右足ヒラメ筋を痛め、再離脱となったようだ。離脱期間は明かされていないが、スペイン『マルカ』の見立てによると、全治3〜4週間の離脱になる様相だ。

マドリーは17日に敵地で行われたリーガエスパニューラ開幕節のセルタ戦を3-1の勝利で飾り、今シーズンの初戦を白星スタート。24日に行われる次節、バジャドリーをホームに迎え撃つ。

※一部内容を訂正しました。

【Real】久保建英応援スレ part69【Castilla】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1566234292/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 | Comment(15) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長友佑都、セリエA復帰しリベリとタッグか!?フィオレンティーナが獲得狙う!リベリは加入目前(関連まとめ)

【サッカー】長友佑都、イタリア電撃復帰も!? フィオレンティーナが獲得に動くと伊報道
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1566311203/
長友トルコスーパー杯優勝.jpg

1: ゴアマガラ ★ 2019/08/20(火) 23:26:43.82 ID:0qFn1ikM9.net

トルコ1部のガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都に対し、イタリアのフィオレンティーナが獲得への動きを見せているという。イタリアメディア『トゥットメルカートウェブ』が20日に伝えた。

 フィオレンティーナのイタリア代表左SBクリスティアーノ・ビラーギは、長友の古巣でもあるインテルへの移籍の可能性が高まっているとみられる。フィオレンティーナはその代役として、長友の獲得を検討しているとのことだ。

 フィオレンティーナは今月11日にホームにガラタサライを迎えてプレシーズンの親善試合を行い、長友も出場していた。その機会に、フィオレンティーナは長友の獲得に向けてガラタサライとの接触を行ったとみられている。

 フィオレンティーナは他の新戦力候補にも目を向けつつ、長友獲得の可能性も考慮しているという。計8シーズンを過ごしたセリエAを熟知するベテランサイドバックが、再びイタリアの地に降り立つ可能性もあるのだろうか。

https://www.footballchannel.jp/2019/08/20/post335117/
https://img.footballchannel.jp/wordpress/assets/2019/06/20190606_nagatomo_getty.jpg



リベリ、フィオレンティーナ加入が合意と報道。イタリア初挑戦へまもなく発表か
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190820-00335115-footballc-socc
リベリバイエルン.jpg

バイエルン・ミュンヘンを退団してフリーとなっている元フランス代表MFフランク・リベリは、イタリアのフィオレンティーナ加入がほぼ確実になったとみられている。伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』など複数メディアが20日に伝えた。

 昨季限りでバイエルンを退団して以来、オーストラリアやサウジアラビア、プレミアリーグなどへの移籍も噂されてきたリベリ。だがここのところフィオレンティーナからの関心が盛んに報じられ、ダニエレ・プラデSD(スポーツディレクター)も獲得を望んでいることを認めていた。

 イタリアでの報道によれば、リベリのフィオレンティーナ加入に向けた交渉は完了し、正式発表を待つのみの状況になったという。契約期間は2年間となり、21日にも加入に向けたメディカルチェックが行われる見通しとのことだ。リベリの高額年俸はフィオレンティーナにとって大きな障害だったが、粘り強い交渉により要求額と提示額の差を埋めることに成功したとみられている。

 現在36歳のリベリは母国フランスの複数クラブでプレーしたあと、ガラタサライ、マルセイユを経て2007年にバイエルンに加入。12年間を過ごしたバイエルンではアリエン・ロッベンらとともに一時代を築き、9回のブンデスリーガ優勝など24個のタイトルを獲得した。フィオレンティーナ加入が決定すれば、イタリアでのプレーはキャリア初となる。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:00 | 大阪 ☁ | Comment(25) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング