アンテナ・まとめ RSS

2019年09月30日

岡田武史氏、J1神戸の大型補強を支持「間違いじゃない。僕もイニエスタ見たいもん」

【サッカー】<岡田武史氏>ヴィッセル神戸の大胆補強に「間違いじゃない」イニエスタ加入後、平均集客率が上昇。対戦相手にも巨額の利益
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569846605/
岡田武史ビジネスマネジメント.jpg

1: Egg ★ 2019/09/30(月) 21:30:05.59 ID:cT5AJU1T9.net

コンサルティング大手のデロイトトーマツグループが実施する、J全54クラブのビジネスマネジメントを分析した「Jリーグマネジメントカップ」の18年度ランキング発表会が30日、都内で行われ、同社の特任上級顧問を務めるFC今治オーナーの岡田武史氏(63)が登壇した。

主にマーケティング、経営効率、経営戦略、財務状況の4分野から各クラブをポイントでランキング。J1は川崎フロンターレ、J2(当時)は松本山雅FC、J3はギラヴァンツ北九州がそれぞれ1位となった。

財務状況ではMFイニエスタら世界のトップ選手を獲得したJ1ヴィッセル神戸が100億円に迫る営業収益を計上するなど、圧倒的な数字を残した。

神戸はイニエスタの加入後、スタジアムの平均集客率が上昇。ホーム82・1%に対してアウェーは87・8%と、対戦相手にも巨額の利益をもたらしているのが特徴的だ。

神戸の大胆な補強策に岡田氏は「決して間違いじゃない。僕もイニエスタ見たいもん」と理解を示した上で、「借金(投資)をしてまでやることではない。どこか(のクラブ)でやってもらって、ウチの集客が上がるのが最高。みんな、神戸にお金を渡さなイカンね」と冗談めかして、話して、笑いを誘った。

現在JFLを戦うFC今治は、25年までに28〜30億円規模の経営でJ1を制覇することを目指している。

今治市の人口は約16万人。集客面を強化するには、遠方からの観客を呼び込むことが必須だ。

岡田氏はサッカーだけで人を呼び込むのではなく、ショッピングモールなどを併設したスタジアム施設の建設を描いているといい、「半日過ごせる複合型スタジアム、365日人が集う場所を作りたい」と理想を語った。

9/30(月) 18:33配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190930-09300684-nksports-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190930-09300684-nksports-000-7-view.jpg




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:16 | 大阪 ☁ | Comment(23) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【リベリ最高や!】フィオレンティーナ、リベリ絶妙ゴールなどミランに3-1快勝!ミランは3連敗で16位転落(関連まとめ)

名門の看板は今何処…ミランはフィオレンティーナに為す術なし、3連敗喫する
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190930-43472200-gekisaka-socc
リベリ2019第6節ゴール.jpg

[9.28 セリエA第6節 ミラン1-3フィオレンティーナ]

 セリエAは28日に第6節を行い、ミランはホームでフィオレンティーナと対戦。1-3で敗れて3連敗となり、順位は13位から16位に転落した。

 名門復活を掲げてジャンパオロ監督体制としてスタートした今シーズンだが、一向に上昇の気配は見られず。今節は同じくいまだ2勝と不調にあえぐフィオレンティーナとの戦いとなったが、地力の差を見せつけられる形となった。

 フィオレンティーナは前半12分、FWフランク・リベリがドリブル突破からシュートを放ち、GKジャンルイジ・ドンナルンマに阻まれるも、FWフェデリコ・キエーザがこぼれ球を拾ったところで倒され、PKを獲得する。MFエリック・プルガルが冷静にPKを決め、1-0と先制する。

 前半はそのままスコアは動かず。ミランは後半に反撃に出たいところだったが、後半9分にDFマテオ・ムサッキオが相手選手の軸足に足を入れてしまい、一発レッドを食らってしまう。するとフィオレンティーナは同21分、DFニコラ・ミレンコビッチのボール奪取からカウンター。キエーザがPA右からグラウンダーのクロスを折り返すと、ドンナルンマにはじかれるが、MFガエターノ・カストロビッリが押し込んで2-0と点差を広げた。

 フィオレンティーナは後半25分、カストロビッリがPKを獲得してキエーザがPKを蹴るも、ドンナルンマの意地のセーブに阻まれる。しかし同33分、キエーザのパスを受けたリベリがPA左で鋭く切り返して右足シュート。今季2点目となるダメ押しの3点目を挙げた。

 ミランは後半35分にFWラファエル・レオンが軽やかな個人技からシュートを決め、加入後初ゴールで一矢報いるが、そのまま試合終了に。名門対決はフィオレンティーナが3-1で勝利。ミランは2勝4敗に、フィオレンティーナは3勝2敗2分になった。

【VIOLA】 ACF FIORENTINA 83
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1564478013/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:52 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中島翔哉、リーグ初先発で勝利に貢献!ポルトは4位リオ・アヴェに1-0勝利(関連まとめ)

【サッカー】<中島翔哉>ポルトでリーグ戦初先発を飾る! 先制点の起点となり、勝利に貢献
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569801921/
中島翔哉2019第7節ドリブル.jpg

1: Egg ★ 2019/09/30(月) 09:05:21.78 ID:cT5AJU1T9.net

ポルトはリーグ戦6連勝を飾
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190930-00064759-sdigestw-000-4-view.jp

現地時間9月29日、ポルトガルリーグ第7節が行なわれ、リーグ戦5連勝で3位につけているポルトは、アウェーで現リーグ4位のリオ・アベと対戦した。

 中島翔哉は4-4-2の左サイドハーフで先発。この試合が、中島にとってポルトでのリーグ戦初先発試合となった。

 立ち上がりはお互いに様子を見ながら慎重な試合運びとなったが、11分に中島翔哉が中央に切り込み、左サイドに展開。このプレーでアレックス・テレスがCKを獲得し、12分にムサ・マレガが頭で決め、先制点をあげた。

 31分にも中島とマレガの連携で左サイドから崩すなど、前線とのコンビネーションも少しずつ合っている様子が見られたが、崩しきれず、リオ・アベの最終ラインにはじき返される。

 こうして前半は追加点を奪ずもどかしいポルトに対し、ホームのリオ・アベは4バックから3バックに戦術を変更して1点を狙いに出る。

 そして63分、リオ・アベのメヒディ・タレミがポルトDFの裏を取って飛び出し、GKをかわして同点ゴール。しかし、これはVAR判定によってオフサイドと判定され、無効となっている。

 一進一退の攻防が展開するなか、中島はあまりボールに触れない時間が続く、それでも要所で攻撃にアクセントを生むが、フィニッシュには持ち込めず。中島は76分にゴール前で倒されFKを獲得した直後、DFシャンセル・ムベンバと交代してピッチを退いた。

 非常に拮抗した試合となったが、アウェーチームが前半に奪った虎の子の1点を守り切って、勝利をもぎ取っている。また、リーグ戦6連勝と勝ち星を伸ばした。

 ポルトは、現地時間10月3日にヨーロッパリーグ第2節でフェイエノールトとアウェーで対戦する。

9/30(月) 6:00 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190930-00064759-sdigestw-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190930-00064759-sdigestw-000-4-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:27 | 大阪 ☁ | Comment(7) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中井卓大、鮮烈左足ミドル弾とダブルタッチをスペイン紙絶賛「マドリーの新たな希望だ」「衝撃を与える!」(関連まとめ)

【サッカー】<15歳・中井卓大>ダブルタッチ&左足ミドル弾をスペイン紙が激賞!「マドリーの新たな希望だ」「衝撃を与える!」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569800117/
中井卓大2019.jpg
1: Egg ★ 2019/09/30(月) 08:35:17.72 ID:cT5AJU1T9.net

マーカー2人を立て続けにかわして左足を一閃

https://amd.c.yimg.jp/amd/20190930-00064760-sdigestw-000-4-view.jpg

この夏にレアル・マドリーのカデーテA(U-16チーム)からフベニールC(フベニールは17〜19歳がプレー。マドリーのCチームは基本的に17歳以下の選手で構成)に昇格した“ピピ”こと中井卓大の一撃が話題を集めている。

【動画】見事なドリブルから左足でゴラッソ!中井卓大が投稿した鮮烈ミドル弾はこちら!


 18チームが戦うリーグ戦に参戦しているフベニールCは、9月28日にその第3節を戦い、アルバカのフベニールCに6−1の大勝を飾った。

 その6発のうち、とりわけ鮮烈なゴールを決めたのが、日本の15歳だった。
 
 3‐0で迎えた39分、ペナルティーエリアの外側のやや右寄りでこぼれ球を拾うと、ダブルタッチで敵のプレスを颯爽とかわし、中央へドリブル。マーカー2人を立て続けにかわしてシュートコースを作ると、左足を振り抜き、見事なミドルシュートを突き刺してみせた。

 スペインの全国スポーツ紙『AS』は、この中井の昇格後初ゴールとなったゴラッソを動画付きで紹介。「バルデベバス(マドリーの練習場)は衝撃を受ける。マドリーの新たな希望、ピピのゴールだ」と見出しを打ち、「“ピピ”タクヒロ・ナカイは、マドリーのフベニールCのスターのひとりだ。彼は15歳で、週末にこのゴールをマークした」と綴った。

 ひとつ上のカテゴリーでも特大のインパクトを残した15歳から、今後も目が離せない。

9/30(月) 6:28 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190930-00064760-sdigestw-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:09 | 大阪 ☁ | Comment(14) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レスター、ヴァーディ2発などニューカッスルを5-0粉砕し3位浮上!武藤嘉紀は先発出場も味方退場の影響で前半途中交代(関連まとめ)

武藤嘉紀、今季初先発も味方の退場で前半途中交代。ニューカッスルは数的不利響き5失点大敗
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190930-00340471-footballc-socc
ヴァーディ2019第7節ゴール.jpg

【レスター 5-0 ニューカッスル プレミアリーグ第7節】

 イングランド・プレミアリーグ第7節、レスター・シティ対ニューカッスルが現地時間29日に行われた。試合はアウェイのニューカッスルが0-5で敗戦を喫している。

 FW武藤嘉紀はトップ下で今季初先発となった。武藤は味方の退場処分で、前半ATに途中交代となっている。

 序盤に武藤にチャンスが訪れる。12分、ペナルティエリア外の右でヘイデンがボールを受けると、中央にグラウンダーの早いクロスを供給。ディフェンスラインの裏を抜け出した武藤が合わせようとするも、上手くミートできず。決定機を生かすことができなかった。

 立ち上がりにチャンスを作ったニューカッスルだったが、先制したのはレスターだった。16分、自陣でペレイラがボールを持ち、前線のペレスに縦パスを供給。ペレスはダイレクトでペレイラに合わせ、ペレイラはそのままドリブルで相手陣内へ侵入。ペレイラは左足を振り抜き、ゴールに突き刺した。

 1点ビハインドのニューカッスルに不運が襲う。43分、ニューカッスルは相手ペナルティエリア手前の中央付近でボールロスト。ボールを拾ったプラートに対して、ヘイデンがスライディングタックル。このプレーでファールの判定を受け、ヘイデンは1発レッドで退場処分となってしまった。これにより、ボランチを失ったニューカッスルは、武藤に代え、キ・ソンヨンを投入。武藤の今季初先発は、46分で終わってしまった。

 後半開始早々に1人多いレスターが追加点を奪う。自陣からのロングボールに反応した左サイドのバーンズが抜け出すと、後方から中央に走り込んできたヴァーディーに浮き球のパスを供給。ヴァーディーはワントラップから左足を振り抜くと、ドゥブラフカの手に当たるも、ボールはゴールに吸い込まれた。続く57分には、ダメットのオウンゴールでニューカッスルが追加点を許す。

 完全に試合を決めたレスターは、64分にヴァーディーがこの日2点目となるゴールを記録。試合終了間際にもレスターは追加点を奪った。これで試合は終了し、5-0でレスターが勝利を収めた。敗れたニューカッスルは、4試合勝利なしとなってしまった。

【得点者】
16分 1-0 ペレイラ(レスター)
54分 2-0 ヴァーディー(レスター)
57分 3-0 ダメット【OG】(レスター)
64分 4-0 ヴァーディー(レスター)
90分 5-0 ウィルフレッド・ディディ(レスター)

【中下位専用】ENGLAND Premier League 25
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1567007467/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英5部で珍事!ボールボーイ全員が遅延行為で退場処分

【サッカー】英5部、ボールボーイが全員退場処分
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569749100/
レッドカード.jpg

1: 久太郎 ★ 2019/09/29(日) 18:25:00.78 ID:84iav2Hl9.net

ボールボーイ全員が退場処分 遅延行為で サッカーのイングランド5部リーグ

【ロンドン原田公樹】サッカーのイングランド5部リーグでボールボーイ全員が遅延行為により、退場処分になるという珍事があった。28日、ヨービルタウンがホームで戦ったブロムリー戦。ヨービルタウンの公式ツイッターなどによると、3―1でリードして迎えた後半39分、ジャクソン主審は、1人のボールボーイがボールを隠し、遅延行為を行ったとして退場処分にした。しかしその後も他のボールボーイたちが遅延行為を繰り返したため、主審は最終的にボールボーイ全員を退場処分にした。

 代わりにジャクソン主審は、ラインを割って出たボールを走り回って拾って選手へ戻し、ゲームを円滑に進めたという。

 試合は3―1でヨービルタウンが勝利。試合後、地元デジタルメディアのサマーセットライブが、退場処分を受けたボールボーイたちをピッチ上に再び戻して記念撮影。少年たちは、地元チームを勝利へ導く手助けをしたことを誇りの思っているのか、笑みを見せながら写真に納まった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190929-00010009-chuspo-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冨安健洋、6戦連続フル出場も2選手へのマーク難しく…ボローニャはウディネーゼに0-1敗戦(関連まとめ)

【サッカー】今季全試合フル出場の冨安健洋、2選手へのマークは難しく…攻撃陣不発のボローニャは今季2敗目
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569770962/
冨安2019第6節.jpg

1: 久太郎 ★ 2019/09/30(月) 00:29:22.39 ID:6/esVTGg9.net

[9.28 セリエA第6節 ウディネーゼ1-0ボローニャ]

 セリエAは28日に第6節を行った。日本代表DF冨安健洋が所属するボローニャは敵地でウディネーゼと対戦し、0ー1で今季2敗目。右サイドバックで先発した冨安は、コッパ・イタリアも含む今季公式戦全7試合でフル出場を果たしている。次節は10月6日にホームでラツィオと対戦する。

 勝ち切れない試合が続くボローニャは前線にFWロドリゴ・パラシオではなく、ボールを収められるFWフェデリコ・サンタンデールを起用。ポストプレーから2列目のFWリカルド・オルソリーニ、MFロベルト・ソリアーノ、FWニコラ・サンソーネが攻めるスタイルを選択した。冨安は開幕節から右SBの位置で配置され続けている。

 冨安は守備時に右サイドをカバーも、オルソリーニが前線に残るため相手選手2人をマーク。すると前半27分、その過剰な守備タスクから失点が生まれてしまう。冨安はPA手前のFWイリヤ・ネストロフスキのマークにつくと、ボールは右サイドのDFイェンス・ストリガー・ラーセンへ。すかさず冨安がノーマークの右サイドに回るが間に合わず、ラーセンの上げたクロスからFWステファーノ・オカカにヘディングシュートを打たれ、先制点を決められた。

 一方で、ボローニャは攻撃陣が勢いに乗れないまま0-1で前半を折り返す。卓越した技術を持つ2列目3選手だが今節は連係が悪く、後半9分にはオルソリーニに代えてFWアンドレアス・スコフ・オルセンを、同14分にはサンソーネに代えてパラシオを投入する。

 しかしボローニャはシュートを打てど枠内には収まらず。同点に追いつくことができず、0-1で今季2敗目を喫した。冨安は個では安定感のあるプレーを見せたが、2選手に対応しなければいけない難しい状況に苦戦した

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190929-43472186-gekisaka-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(11) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元悪童ジョーイ・バートン監督、ラグビー日本代表に興奮!「なんて試合、なんて強度だ」

【ラグビー】サッカー界きっての“悪童”バートンがラグビー日本代表の歴史的番狂わせに大興奮!「なんて試合、なんて強度だ!」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569746010/
バートン監督.jpg

1: 久太郎 ★ 2019/09/29(日) 17:33:30.35 ID:84iav2Hl9.net

自身が指揮を執る試合前に…
 9月28日、ラグビーワールドカップ・1次リーグA組の日本対アイルランドが静岡・エコパスタジアムで行なわれ、日本が19−12の逆転勝利。世界ランク2位の強豪から大金星を挙げ、8強入りに向けて大きく前進した。

 前回大会の南アフリカ戦を思い起こさせる日本のアップセットを、欧州メディアもこぞって称賛。英公共放送『BBC』が「史上最大の番狂わせのひとつ」と綴れば、英紙『The Guardian』も「まるでオールブラックス(ニュージーランド代表の愛称)が赤と白のジャージを着ているようだった」と称えた。

 フットボール界でも興奮を隠しきれない男がいた。これまで数々の問題行為で世間を騒がせてきた“悪童”ジョーイ・バートンだ。元イングランド代表MFは、ノーサイドの後、いち早くツイッターを更新。次のようなメッセージを投稿した。
 
「なんて試合だ!日本はなんて強度なんだ!
情熱と献身によって、アイルランドは(日本を)止めることができなかった。スタジアムは大歓声だ」

 文末に、絵文字の拍手マークを10個も並べたことからも、その興奮ぶりが伝わってくる。

 マンチェスター・シティや、ニューカッスル、QPRなどで活躍したバートンは、2017年にユニホームを脱ぎ、現在はイングランド3部のフリートウッドで監督を務めている。

 この日本対アイルランド戦の直後に行なわれた、スリューズベリとのアウェー戦(第11節)に3‐0で勝利し、フリートウッドは暫定3位に浮上。2部昇格に向け好位置につけた。

 試合前に「日本のように情熱を持って献身的に戦え」と選手たちを鼓舞したかどうかはわからないが、歴史に残る番狂わせを目撃し、少なくともバートンからいつも以上のアドレナリンが出ていたのは間違いないだろう。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190929-00064731-sdigestw-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

堂安律、絶妙股抜きゴールでPSV移籍後初得点!ズヴォレ戦で4-0完勝に貢献(関連まとめ)

【サッカー】堂安律が移籍後初ゴール!PSVはファン・ウェルメスケルケン際が先発のズヴォレに4-0快勝
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569768777/
堂安2019第8節ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/09/29(日) 23:52:57.51 ID:84iav2Hl9.net

【ズヴォレ 0-4 PSV オランダ・エールディビジ第8節】

 オランダ・エールディビジ第8節、ズヴォレ対PSVが現地時間29日に行われた。試合はアウェイのPSVが4-0で勝利を収めた。

 PSVに所属する堂安律は、ベンチスタート。51分から途中出場し、移籍後初ゴールを記録している。ズヴォレのDFファン・ウェルメスケルケン・際は、この日も先発入りし、4試合連続のスタメンフル出場を果たした。DF中山雄太はベンチ入りしたものの、出番はなかった。

 序盤は、ズヴォレがサイドから積極的に仕掛け、ペースを握る。だが、PSVも徐々にリズムを掴み、ズヴォレゴールに襲いかかる。39分にロサリオがゴールを決め、PSVが前半終了間際にリードを奪った。

 1点リードのPSVは51分、ナ・バンニャに代え堂安を投入。堂安はこれで2試合連続の出場となった。右ウィングに入った堂安は、左サイドバックのファン・ウェルメスケルケン際とマッチアップとなった。

 すると、PSVが追加点を奪う。68分、ペナルティエリア外の左でベルフワインが仕掛け、マレンにバックパス。マレンは右足を振り抜き、ゴールに突き刺した。

 続く72分、堂安に待望の瞬間が訪れる。ペナルティエリア中央を抜け出したベルフワインが、右にいた堂安にパスを供給。すると堂安は、ワントラップから左足を振り抜き、ゴールを陥れた。ファン・ウェルメスケルケン際がプレスをかけるも、堂安の移籍後初ゴールが決まった。

 終了間際にもPSVが追加点を奪い、4-0で勝利を収めた。PSVは無敗を維持している。

【得点者】
39分 0-1 ロサリオ(PSV)
68分 0-2 マレン(PSV)
72分 0-3 堂安律(PSV)
90+4分 0-4 グティエレス(PSV)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190929-00340455-footballc-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:00 | 大阪 | Comment(7) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

乾貴士、今季初アシスト!VARで幻ゴールも直後に結果残しエイバルの連勝に貢献(関連まとめ)

【サッカー】乾貴士、VARで今季初ゴール取り消されるも…直後に今季初アシスト!エイバルは2-0勝利で連勝
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569769035/
乾2019第6節幻ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/09/29(日) 23:57:15.46 ID:84iav2Hl9.net

【エイバル 2-0 セルタ リーガ・エスパニョーラ第7節】

 リーガ・エスパニョーラ第7節、エイバル対セルタが現地時間29日に行われた。試合はホームのエイバルが2-0で勝利を収めた。

 前節セビージャ戦で前半途中交代となったMF乾貴士は、左ウィングで先発フル出場を果たし、5試合連続のスタメン出場となった。乾は、味方のハンドで今季初ゴールを取り消されたものの、今季初アシストを記録している。

 序盤はエイバルの守備がハマり、ボールを保持する時間が多かったが、中々得点を奪うことができない。35分にようやくセルタが最初のシュートを放つ。左サイドでフリーになったデニス・スアレスがアスパスからパスを受けると、そのまま右足でシュート。だが、これはゴール左に外れた。

 先制したのはエイバルだった。後半開始早々、ペナルティエリア手前の中央からデ・ブラシスが、ペナルティエリア内に抜け出したエスポシートに浮き球のパス。エスポシートはループシュートを放ち、ボールはGKの頭上を越え、ゴールに吸い込まれた。

 続く57分、エイバルは自陣で相手ボールを奪い、右サイドを抜け出したオレジャーナが中央にグラウンダーのクロスを供給。ファーサイドから中央に入ってきた乾が、ダイレクトで合わせ、ゴールネットを揺らした。これで、乾の今季初ゴールとなったかに思われたが、主審がVARで確認。カウンター前にアルバレスがハンドを犯したと判定され、乾の今季初ゴールは取り消された。

 だが、その直後のFKでボールをつないだセルタから、乾が相手陣内でボールを奪う。すると、そのままドリブルでペナルティエリア内に侵入し、中央のオレジャーナにパスを供給。これをオレジャーナが冷静に決め、今度こそエイバルのゴールとなった。

 セルタは終了間際にPKを獲得。アスパスのPKをドミトロビィッチが止めた。試合はこれで終了し、エイバルが2-0で勝利を収め、連勝となっている。

【得点者】
47分 1-0 エスポシート(エイバル)
60分 2-0 オレジャーナ(エイバル)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190929-00340451-footballc-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 | Comment(6) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川真司、7戦連続先発出場し攻守に奔走もゴール決めきれず サラゴサは最下位オビエドと2-2ドロー 開幕無敗で3位キープ

執拗なマークに苦しんだ香川真司、チャンスを決めきれず…。拙攻が目立ったサラゴサは最下位相手にドロー
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190930-00064755-sdigestw-socc
香川2019第8節.jpg

サラゴサはエースの2ゴールで追いつくも勝ち越せず…
 現地時間9月29日、ラ・リーガ2部の第8節が行なわれ、3位のレアル・サラゴサは敵地で最下位のレアル・オビエドと対戦した。

 サラゴサの香川真司は、この日も4-3-1-2のトップ下で先発。これで開幕から7試合連続スタメンとなった。

 開幕から無敗を維持しているサラゴサが主導権を握るかと思われた一戦は、そうした下馬評を覆すように、開始早々にオビエドが均衡を破る。1分、左サイドを突破したベルホンのクロスをホセルがスルーし、流れたところに待っていたオルトゥーニョが左足で豪快に蹴り込んでゴール左下隅へねじ込んだ。

 リーグトップの6点目を相手エースに決められ、出鼻をくじかれたサラゴサは、少しずつボールポゼッション率を高めていったものの、自陣に引いたオビエドの堅牢を前に攻めあぐねる。

 チームが苦戦を強いられるなかで、香川はボールサイドに寄って積極的にプレー。相手の執拗なチェックに苦しみながらも、29分にはエリア内でカットインしてから右足でシュートを放つ。惜しくもGKに弾かれたものの、決定機を自ら演出した。

 徐々にギアを上げ、相手を一方的に押し込むようになったサラゴサは、37分に試合をエースが振り出しに戻す。スアレスが自ら獲得したPKを冷静に決めたのだ。

 国籍を変更し、スペインの年代別代表への招集も囁かれる21歳のコロンビア人FWのシーズン4点目で追いついたサラゴサは、その後もオビエドを攻め続けながらハーフタイムを迎えた。

 1-1で迎えた後半、その序盤は前半と同様にホームチームがペースを握る。守備に難のある相手の10番ハビ・ロスの陣取る左サイドから幾度となく攻撃を展開。サラゴサを押し込むと、55分にはVARの末にPKを獲得。これをオルトゥーニョが決めて勝ち越しに成功した。

 前半と同じように立ち上がりに失点をしたサラゴサは、ボルテージが上がった会場の雰囲気にも飲まれ、ペースを乱し、ビルドアップでミスを連発してしまう。

 しかし、64分にポンボとA・ブランコを入れ、布陣を4-2-3-1に変更すると、この采配が的中する。66分、ポンボのスルーパスに抜け出したスアレスがループシュートを決めて再び同点としたのだ。

 何とか追いついたサラゴサだったが、そこからはトーンダウンしてしまう。香川もトップ下から自陣にまで下がって、ビルドアップに絡もうと奔走したが、相手の執拗なチェックを前に思ったようなプレーができない。その後、運動量の低下が見られた日本代表MFは、83分にラスーレと交代となり、お役御免となった。

 得点シーン以外では、拙攻が目立ったサラゴサは、最後まで勝ち越し点を奪えずに、結局、試合も2-2で終了。最下位相手に2戦連続のドローで、2位浮上のチャンスを逸した。


Real Zaragoza 香川真司 ファン専用 part49
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1569774204/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 03:56 | 大阪 | Comment(23) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久保建英、2戦連続フル出場も厳しいマークに苦しむ…マジョルカはアラベスとの下位対決に0-2敗戦し6戦未勝利(関連まとめ)

【サッカー】久保建英、2戦連続スタメンも徹底マークに苦しむ!マジョルカは連敗で泥沼の6戦未勝利
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569772739/
久保2019第7節競り合い.jpg

1: 久太郎 ★ 2019/09/30(月) 00:58:59.46 ID:6/esVTGg9.net

前節に続いてスタメン出場
 現地時間9月29日に行なわれたラ・リーガ第7節で、久保建英が所属する19位のマジョルカが敵地で17位のアラベスと対戦。2試合連続でスタメンに起用された久保は、いつも通り右サイドハーフに入った。

 その久保は、アラベスの厳しいマークを受ける。27分にはワカソに激しいレイトタックルを食らい、うずくまる場面もあった。仕掛けたガーナ代表MFには、イエローカードが出されている。

 前半は両軍とも攻撃の精度を欠き、マジョルカの決定機は、パスカットしたフェバスとのパス交換からブディミルが左足で狙った10分のシーンぐらいだった。

 後半も一進一退の攻防が続き、ようやく試合が動いたのは75分だった。CKの競り合いでマジョルカのラーゴがピナを倒し、VAR検証の末にPKを与えてしまう。これをルーカスに決められ、先制を許す。

 さらに、85分にもカウンターからホセルに決められ万事休す。最後までチャンスが作れなかったマジョルカは0‐2で敗れ、2戦連続の完封負けで6戦勝ちなし(1分け5敗)となった。

 久保は前節に続いてフル出場を果たしたものの、ボールを持つと徹底的にケアされ、見せ場を作れなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190930-00064754-sdigestw-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 01:36 | 大阪 ☁ | Comment(43) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング