アンテナ・まとめ RSS

2019年09月20日

マンCダビド・シルバ、来季はMLSインテル・マイアミに移籍か?元マンUのベッカム氏がオーナー(関連まとめ)

【サッカー】ダビド・シルバ、来季はベッカム氏オーナーのインテル・マイアミに移籍か
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1568971252/
シルバとベッカム.jpg

1: 久太郎 ★ 2019/09/20(金) 18:20:52.06 ID:ifQ+7x/99.net

マンチェスター・CのMFダビド・シルバは来シーズンからデイヴィッド・ベッカム氏がオーナーを務める新しいMLSクラブインテル・マイアミでプレーすることになるかもしれない。イギリス紙『インデペンデント』が19日に伝えている。

 報道によるとクラブは地元マイアミで人気を得ることを目指しており、スペイン語話者であるシルバはマイアミのヒスパニック系コミュニティへアピールできるスター選手として期待しているようだ。今シーズン限りでマンチェスター・Cからの退団が決まっていることもあり、欧州のシーズン終了後にマイアミへ呼び寄せたい意向だという。

 10年間在籍したマンチェスター・Cで数多くのタイトルを獲得してきたシルバは、故郷カナリア諸島のクラブであるラス・パルマスへの移籍が噂されたこともある。今後の決断に注目が集まるところだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190920-00981818-soccerk-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:06 | 大阪 ☔ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U22中国代表、ヒディンク監督の退任を発表!事実上の解任 新体制で東京五輪予選へ

【サッカー】東京五輪目指す中国U-22代表、ヒディンク監督が退任。新体制で予選へ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1568910856/
ヒディンク監督中国.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/09/20(金) 01:34:16.58 ID:ifQ+7x/99.net

東京五輪を目指すU-22中国代表を率いていたフース・ヒディンク氏が退任することになった。中国サッカー協会(CFA)やアジアサッカー連盟(AFC)が明らかにしている。

 CFAは、東京五輪予選に向けて「チームの準備作業をさらに強化し、チームの構築と管理レベルを向上させるため」新体制を発足させたと発表。これまでチームを率いていたヒディンク氏に代わり、元女子代表監督であるハオ・ウェイ氏が新監督となることが発表された。

 オランダ出身のヒディンク氏は過去にオランダ、ロシア、韓国、オーストラリアなどの各国代表監督やレアル・マドリー、PSVなど有力クラブの監督を歴任。昨年9月にU-21中国代表監督に就任することが発表されていた。

 東京五輪の予選を兼ねるAFC U-23選手権2020に向けては、今年3月に行われた予選を順調に突破。だが今月8日にはベトナムとのフレンドリーマッチにホームで0-2の敗戦を喫していた。

 中国紙『体壇周報』は、CFAがヒディンク氏の仕事に対する姿勢やメディア対応に満足していなかったようだと伝えている。その上で、ベトナム戦の敗戦が解任の引き金になったとのことだ。

 AFC U-23選手権2020本大会は来年1月にタイで開催。五輪開催国である日本を除いた上位3チームが東京五輪の出場権を獲得する。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190919-00339164-footballc-socc


U-22中国代表監督のヒディンク氏を更迭…「中国滞在10日未満」も一因か
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190920-43471841-gekisaka-socc

 中国サッカー協会(CFA)はU-22中国代表の監督を務めていたフース・ヒディンク氏(72)を解任した。『新華社通信』をはじめ、中国の複数メディアが伝えている。

 CFAは公式サイト上で、東京五輪アジア予選に向けて「五輪準備リーディング・グループ」を新たに立ち上げ、トレーニングと準備を強化すると発表した。ヒディンク監督の名前に触れない異例の発表方法となったが、同氏は事実上の更迭。元女子中国代表のハオ・ウェイ氏が後任に就任したこともあわせて発表された。

 ヒディンク監督は昨年9月に東京五輪を目指すU-21世代の中国代表監督に就任したが、本大会を前に解任が決定。中国メディアによると、ヒディング氏の仕事に対する姿勢が問題視され、監督就任後もオランダなど欧州を拠点とし、中国滞在期間が10日未満だったことが更迭の一因になったようだ。

 今月8日に武漢で行われたベトナム代表との親善試合に0-2で敗れ、さらに批判が高まっていた。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☔ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なでしこジャパン、ベレーザFW田中美南を昨年11月以来の招集!3連続得点ランク首位!カナダ女子代表との親善試合のメンバー発表(関連まとめ)

【サッカー】なでしこジャパンが再始動! 3年連続得点王のFW田中美南が昨年11月以来の招集《国際親善試合》
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1568967847/
田中美南日テレ.jpg

1: 久太郎 ★ 2019/09/20(金) 17:24:07.65 ID:ifQ+7x/99.net

日本サッカー協会(JFA)は20日、国際親善試合のカナダ女子代表選に向けたなでしこジャパンのメンバーを発表した。

6月に女子ワールドカップ(W杯)を戦ったなでしこジャパンは、W杯以来の活動。東京オリンピックに向けた活動再開に向け、高倉麻子監督は24名を招集した。

W杯メンバーが大半を占める中、DF土光真代(日テレ・ベレーザ)、DF高橋はな(浦和レッズレディース)、MF松原有沙(ノジマステラ神奈川相模原)、MF宮澤ひなた(日テレ・ベレーザ)、FW田中美南(日テレ・ベレーザ)、FW宝田沙織(セレッソ大阪堺レディース)の6名が新たに招集されている。

なでしこジャパンは、10月6日(日)に静岡県のIAIスタジアム日本平でカナダ女子代表と14時30から対戦する。

◆なでしこジャパンメンバー
GK
池田咲紀子(浦和レッズレディース)
山下杏也加(日テレ・ベレーザ)
平尾知佳(アルビレックス新潟レディース)

DF
鮫島彩(INAC神戸レオネッサ)
熊谷紗希(リヨン/フランス)
三宅史織(INAC神戸レオネッサ)
土光真代(日テレ・ベレーザ)
清水梨紗(日テレ・ベレーザ)
宮川麻都(日テレ・ベレーザ)
南萌華(浦和レッズレディース)
高橋はな(浦和レッズレディース)

MF
中島依美(INAC神戸レオネッサ)
松原有沙(ノジマステラ神奈川相模原)
籾木結花(日テレ・ベレーザ)
長谷川唯(日テレ・ベレーザ)
杉田妃和(INAC神戸レオネッサ)
三浦成美(日テレ・ベレーザ)
宮澤ひなた(日テレ・ベレーザ)

FW
菅澤優衣香(浦和レッズレディース)
岩渕真奈(INAC神戸レオネッサ)
田中美南(日テレ・ベレーザ)
小林里歌子(日テレ・ベレーザ)
宝田沙織(セレッソ大阪堺レディース)
遠藤純(日テレ・ベレーザ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190920-00361805-usoccer-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☔ | Comment(4) | 女子サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仏誌、GK版バロンドールの「レフ・ヤシン賞」を今年から新設

【サッカー】<“GK版バロンドール”を今年から新設>主催誌フランス・フットボールが発表!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1568902340/
レフヤシン.jpg
※旧ソ連代表GKレフ・ヤシン氏
1: Egg ★ 2019/09/19(木) 23:12:20.87 ID:K5iQCqiB9.net

バロンドールの主催者である『フランス・フットボール』誌は19日、“GK版バロンドール”となる新たな賞として「レフ・ヤシン賞」を今年から創設することを発表した。

 バロンドールはサッカー界で最も重要視される個人賞のひとつであり、年間を通して最も活躍したと評価される選手に贈られる。1956年に創設され、今年で64年目となる。

 他の個人賞と同様に、バロンドールもFWやMFなど攻撃的ポジションの選手が受賞に有利であることがたびたび指摘される。過去にはFWクリスティアーノ・ロナウドとFWリオネル・メッシの2人がともに最多タイの5回ずつ受賞している。

「しばしば攻撃のスター選手たちの影となるGKに光をあてる」ため、新たな賞を創設すると『フランス・フットボール』誌は発表。現時点でバロンドールを受賞した唯一のGKである元ソ連代表のレジェンドにちなんで、「レフ・ヤシン賞」と名付けられる。

 第1回となる今年のレフ・ヤシン賞のノミネート10人は10月21日に発表されるとのこと。受賞者は12月2日に開かれるセレモニーにおいて、バロンドール、女子バロンドール、コパ・トロフィー(U-21バロンドール)の受賞者とあわせて発表される。

9/19(木) 22:23 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190919-00339159-footballc-socc

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20190919-00339159-footballc-000-1-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☔ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブラジルサッカークラブ、国内人気調査 1位はフラメンゴで国民全体の20%が支持!2位はコリンチャンス、3位はサンパウロ

【サッカー】<ブラジル>国内人気No1はフラメンゴ!国民全体の20%が支持。2位はコリンチャンス(14%)。3位はサンパウロFC(8%)
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1568937973/
フラメンゴサポ.jpg

1: Egg ★ 2019/09/20(金) 09:06:13.92 ID:PT4lI/cE9.net

ブラジルの世論調査ダッタフォーリャによると、ブラジル国民の20%はフラメンゴファン(フラメンギスタ)で、14%はコリンチャンスファン(コリンチアーノ)であることがわかった。
 
 どのサッカーチームを応援しているかに関する調査は、8月末に国内175市在住の2878人を対象に行われた。3位はサンパウロFC(8%)で、4位がパルメイラス(6%)、5位には4%でヴァスコ・ダ・ガマ、クルゼイロ、グレミオが並び、8位タイは3%のインテルナシオナルとサントスFCだった。 

 また、「どこのチームも応援していない」と答えた人も全体の22%いた。
 
 白人限定ではコリンチャンスが16%で、フラメンゴが13%、黒人限定ではフラメンゴが24%で、コリンチャンスは11%、褐色(パルド)ではフラメンゴが23%で、コリンチャンスが4%だった。 

 ブラジルを、北部、北東部、中西部、南東部、南部に分けると、リオ州のフラメンゴ、サンパウロ州のコリンチャンスが共に属する南東部ではコリンチャンス18%に対し、フラメンゴが17%で拮抗した。北部、北東部、中西部では、フラメンゴが1位で、コリンチャンスが2位だった。 

 南部だけは、南部に属するグレミオが1位。同じく南部に属するインテルナシオナルが2位。コリンチャンスは3位だった。

ホーム平均観客動員も唯一の5万人台

フラメンゴの人気はホームゲームの平均有料入場者数にも表れている。全国選手権全38節の半分にあたる19節までを消化した15日現在の平均観客動員数は、フラメンゴが5万694人で1位。2位のコリンチャンスは3万6621人、3位はサンパウロFCの3万6336人で、4位はパルメイラスの3万2475人だった。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190919-00010002-nikkey-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☔ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベルバトフ、38歳で現役引退を表明…マンU時代にプレミア得点王に

【サッカー】元ブルガリア代表FWベルバトフ、現役引退。マンU時代にはプレミア得点王も獲得
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1568943840/
ベルバトフマンU.jpg

1: 久太郎 ★ 2019/09/20(金) 10:44:00.69 ID:ifQ+7x/99.net

 元ブルガリア代表FWディミタール・ベルバトフが19日、現役引退を発表した。

 38歳のベルバトフは自らのSNSで「20年に及ぶサッカー選手としてのキャリアを止める時期が来た」と投稿した。

 1998年に母国のCSKAソフィアでプロとしてのキャリアをスタートさせたベルバトフは2001年にレバークーゼンに移籍する。その後、トッテナムを経て2008年に移籍したマンチェスター・ユナイテッドでは得点王に輝くなど3度のリーグ優勝に貢献する。

 ユナイテッド退団後はフラムやモナコなどでプレーし2017年からインドリーグのケーララ・ブラスターズに入団、2018年4月に同クラブを退団し無所属の状態が続いていた。なおブルガリア代表としても78試合に出場し48得点を決めていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190920-00339187-footballc-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、17歳FWグリーンウッドが決勝弾でプロ初ゴール!アスタナに1-0勝利しELグループ白星発進 EL第1節(関連まとめ)

マンUの17歳神童、プロ初ゴールが決勝点に! 1-0勝利でEL白星スタート
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190920-00339151-footballc-socc
グリーンウッド2019EL第1節ゴール.jpg

【マンU 1-0 FCアスタナ ELグループL組第1節】
 
 ヨーロッパリーグ(EL)グループL組第1節、マンチェスター・ユナイテッド対FCアスタナの試合が現地時間19日に行われた。ユナイテッドが1-0の勝利をおさめている。

 ユナイテッドは19歳のタヒス・チョンや17歳のメイソン・グリーンウッド、19歳のアンヘル・ゴメスなど、若手選手を先発起用して試合に臨んだ。試合開始して73分、ペナルティーエリア内に侵入したグリーンウッドがフェイントで相手を交わし、GKネナド・エリックの股の間を通すシュートを放って先制点を決める。

 グリーンウッドにとっては、EL初ゴールとなった。そのままリードを守りきり、ユナイテッドが1-0の勝利をおさめている。次節は現地時間10月2日に、菅原由勢が所属するAZと対戦する予定だ。

【得点者】
73分 1-0 グリーンウッド(マンU)

† Red Devils Manchester United 1391 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1568473237/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、18歳FWサカ1G2Aでフランクフルトに3-0完勝!長谷部・鎌田はフル出場 EL第1節(関連まとめ)

18歳14日のアーセナル新星が衝撃の1G2A!! 長谷部&鎌田はフル出場もホームで完敗
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190920-43471825-gekisaka-socc
サカ2019EL第1節アシスト.jpg

[9.19 ELグループリーグ第1節 フランクフルト0-3アーセナル]

 UEFAヨーロッパリーグ(EL)は19日、グループリーグ第1戦を行い、MF長谷部誠とMF鎌田大地が所属するフランクフルト(ドイツ)はホームでアーセナル(イングランド)と対戦し、0-3で敗れた。鎌田と長谷部は揃って先発フル出場。アーセナルの下部組織出身、18歳14日のMFブカヨ・サカが全3得点に絡む活躍を見せた。

 フランクフルトは前半4分、MFフィリプ・コスティッチのパスを鎌田が落とし、走り込んだMFジブリル・ソウがミドルシュート。前半25分にはDFダニー・ダ・コスタが右サイドから折り返し、鎌田が右足ダイレクトで狙ったが、シュートはGKエミリアーノ・マルティネスに阻まれた。

 アーセナルが徐々に流れを引き寄せ、均衡を破った。前半38分、カウンターからサカがスルーパス。抜け出したMFジョセフ・ウィロックが右足を振り抜くと、シュートはDFダビド・アブラムに当たってコースが変わり、ゴールマウスに吸い込まれた。

 先制に成功したアーセナル。前半41分にも高い位置でボールを奪ったサカが縦に仕掛けてチャンスを作ったが、長谷部が落ち着いて対応し、難を凌いだ。1点を追うフランクフルトは反撃に出たが、後半もチャンスを生かせない。鎌田は攻撃の中心となり、セットプレーから正確なキックでチャンスを作った。

 フランクフルトは後半35分にアクシデントに見舞われ、サカを倒したとしてDFドミニク・コールが2枚目の警告で退場。数的優位に立ったアーセナルは後半40分、カウンターからFWニコラ・ペペのパスを受けたサカがPA手前から左足を振り抜き、ゴール左隅に突き刺した。

 2-0と勝利を決定付けたアーセナル。3分後にも高い位置でボールを奪取したサカがラストパスを通し、FWピエール・エメリク・オーバメヤンがダメ押しゴール。アーセナルは敵地で3-0の完封勝利をおさめ、白星スタートを切った。

【Eintracht Frankfurt】 長谷部誠_86 【SGE】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1555885737/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:32 | 大阪 ☁ | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

C・ロナウド、メッシとのバロンドール競争に「私にとって、自分が歴代ナンバーワン」

【サッカー】<C・ロナウド>メッシとのバロンドール“賞レース”に言及! 「自分が歴代ナンバーワン」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1568886277/
メッシとCロナウド2019.jpg
1: Egg ★ 2019/09/19(木) 18:44:37.05 ID:Lf9g3kjW9.net

ユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、サッカー界で最大のライバルであるバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシよりも多くのバロンドール(欧州年間最優秀選手賞)を得るにふさわしいと述べている。英公共放送「BBC」が報じた。

 メッシとロナウドは、10年以上にわたって第一線で戦い続けてきた。メッシはバルセロナの下部組織で育ち、17歳の時にトップデビュー。チームとして数々のタイトルを獲得してきたが、個人としても5回のバロンドール受賞をはじめ、多くの賞を手にしてきた。

 一方のロナウドは18歳で母国の名門スポルティングCPからマンチェスター・ユナイテッドに移籍し、その後はレアル・マドリードでUEFAチャンピオンズリーグを4度制覇するなど栄華を極めた。バロンドールはメッシと並んで5回受賞し、昨夏にはイタリアの名門ユベントスに移籍し、新たな舞台でもリーグ優勝を果たしている。

 英テレビ「ITV」の番組「Good Morning Britain」で、ピアーズ・モーガン氏がパーソナリティーを務めるドキュメンタリーに出演したロナウドは、「メッシはサッカー史の一部だ」としたうえで、こう語っている。

「私は自分が彼よりも6、7、8個は多く得るべきだ。これまでの自分のやってきたこと、今やっていることを考えれば、私もきっとサッカー史の一部であろうし、史上最高の選手の1人だ。私にとっては、自分が歴代ナンバーワン。他のファンにとっては、別の選手がナンバーワンで私が2番かもしれないけど、それでも関係ない。自分がサッカー史の一部であり、史上最高の1人であることを分かっている」

 誰が“世界一”の象徴であるバロンドールを、今年受賞するのか。2019年もロナウドやメッシら有力候補を中心に、その行方が世界中のサッカーファンの注目を集めそうだ。

9/19(木) 17:50フットボールマガジンゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190919-00218602-soccermzw-socc

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20190919-00218602-soccermzw-000-1-view.jpg




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 | Comment(25) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月19日

大迫勇也、太もも負傷し4~6週間の離脱 10月の代表戦は欠場へ(関連まとめ)

ブレーメン監督が「大迫勇也は4〜6週間の離脱」と明かす。10月のW杯二次予選出場は絶望的に
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190919-00064361-sdigestw-socc
大迫2019ブレーメン02.jpg

現地紙は「太ももに重大な負傷」と報じていた
 ドイツ1部のブレーメンに所属する日本代表FW大迫勇也は、負傷のため4〜6週間の戦線離脱をするようだ。週末のRBライプツィヒ戦に向けた会見で、フロリアン・コーフェルト監督が公表した。

 先週末に行なわれたウニオン・ベルリン戦で、大迫は負傷交代。クラブは当初、「ふくらはぎの痙攣だった」と発表していたが、試合翌日に行なわれたトレーニングの後、「太ももの重大な負傷が判明したため、練習を離脱した」と現地紙が報道。クラブの対応が注目されていた。

そして現地時間18日に行なわれた会見で、コーフェルト監督は「ユウヤ・オオサコは離脱する」と発表した。
 
「オオサコは4週間から6週間程度、離脱する見込みだ。練習中、単純なターンをした時に、太もも裏の筋肉に裂傷を負った。その代わり、ミロト・ラシチャ、フィリップ・バルクフレーデはメンバー入りする。マキシミリアン・エッゲシュタインは、今日明日のトレーニングで様子をみて判断する」

 故障者を多数抱えるブレーメンにおいて、4試合で3ゴールをマークし、攻撃陣を牽引してきた大迫の離脱は手痛いものとなる。会見に同席したスポーツディレクターのフランク・バウマンは、「クラブにとってとてもつらい。だが、この逆境を乗り切れると信じている」とコメントした。

 懸念されるのが日本代表への影響だ。森保ジャパンは10月にカタール・ワールドカップ二次予選を控えており、10日にホームでモンゴルと、15日にアウェーでタジキスタンと対戦する。

 少なくとも1か月以上は離脱するという指揮官のコメントから判断すると、この2試合への出場は絶望的だろう。森保一監督にとっても、頭の痛い問題となりそうだ。

※芸スポ分追記しました。

【サッカー】<大迫勇也>離脱期間は「4〜6週間」と判明!10月代表戦は欠場決定的...
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1568900718/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:54 | 大阪 ☁ | Comment(7) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FIFAランキング、日本は2つ上げて31位に!ベルギーは1年間首位に

【サッカー】<最新FIFAランク発表!>ベルギーがついに1年間首位を譲らず、日本は2つ上げて31位に!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1568885777/
日本代表2019ボリビア戦前.jpg
1: Egg ★ 2019/09/19(木) 18:36:17.65 ID:Lf9g3kjW9.net

最新のFIFAランキングが発表になった。昨年9月の発表で首位に立ったベルギーが首位をキープ。1年間、首位の座を守ったことになる。2位には3位のフランスが浮上。ブラジルと入れ替わった。

 日本代表は順位を2つ上げて31位に浮上。アジア勢ではイランに次ぐ2位をキープした。10月にW杯アジア2次予選で対戦するモンゴルは183位、タジキスタンは115位となっている。

順位は以下の通り※()は前回順位

1.(1)ベルギー
2.(3)フランス
3.(2)ブラジル
4.(4)イングランド
5.(6)ポルトガル
6.(5)ウルグアイ
7.(9)スペイン
8.(7)クロアチア
9.(8)コロンビア
10.(10)アルゼンチン
11.(11)スイス
12.(12)メキシコ
13.(16)オランダ
14.(13)デンマーク
15.(16)イタリア
16.(15)ドイツ
17.(14)チリ
18.(18)スウェーデン
19.(19)ペルー
20.(20)セネガル
21.(22)アメリカ
22.(20)ポーランド
23.(24)ウェールズ
23.(23)イラン
25.(25)ウクライナ
26.(36)ベネズエラ
27.(27)オーストリア
28.(32)アイルランド
29.(29)チュニジア
29.(31)スロバキア
……………
31.(33)日本
37.(37)韓国
44.(46)オーストラリア
62.(62)カタール
66.(65)UAE
70.(68)サウジアラビア
97.(95)キルギス
115.(119)タジキスタン
145.(135)ミャンマー
183.(187)モンゴル

9/19(木) 18:18配信 激安
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190919-43471820-gekisaka-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:01 | 大阪 ☁ | Comment(9) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡崎慎司、ウエスカ初先発!「幻の初ゴール」や決定機多数もゴールならず ウエスカはアルバセテに敗れる(関連まとめ)

ウエスカFW岡崎慎司が初先発! “幻の初ゴール”に決定機多数も…
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190919-43471792-gekisaka-socc
岡崎慎司2019第6節ドリブル.jpg

[9.18 スペイン2部第6節 ウエスカ0-1アルバセテ]

 スペイン2部リーグは18日、第6節を各地で行い、FW岡崎慎司所属のウエスカがアルバセテに0-1で敗れた。岡崎は4-3-3のセンターフォワードで加入後初先発を果たしたが、多くの決定機は相手GKのビッグセーブにことごとく阻まれ、ノーゴールに終わった。

 岡崎は今夏、レスター・シティからスペイン2部のマラガに加入。しかし、マラガは財政事情により新戦力の補強を禁じられており、急遽ウエスカに加わった。ウエスカ加入後の2試合はベンチスタートからの途中出場が続いていたが、3試合目でついに初先発の機会が訪れた。

 試合は開始15秒、早速アルバセテにビッグチャンス。ペナルティエリアでFWマヌエル・フステルが倒され、いったんプレーは流されたが、すぐさまビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が介入する。オンフィールドレビューの末にPKが与えられると、前半4分にFWネストル・スサエタが決めて早々と先制に成功した。

 ビハインドを負ったウエスカは前半27分、MFエウゲニ・バルデラマの落としに反応した岡崎が絶妙な胸トラップからボレーシュートを放ったが、しっかり叩きつけたショートバウンドのボールは相手GKがビッグセーブ。40分すぎには、岡崎が立て続けにハードなスライディングを受け、ピッチに転ぶ場面が相次いだ。

 さらに前半アディショナルタイム、敵陣に攻め込んでの波状攻撃から味方がボールを頭でつなぐと、岡崎がゴール前でいち早く反応。華麗なボレーシュートをネットに突き刺し、移籍後初ゴールが決まったかと思われた。しかし、わずかな差でオフサイドポジションにいたとして得点は認められなかった。

 後半はややオープンな展開となり、アルバセテが決定機を迎える場面もあったが、GKアルバロ・フェルナンデスを中心としたウエスカ守備陣は冷静に応対。ウエスカもゴールポスト直撃のシュートがあり、直後の13分には後方からのフィードに反応した岡崎のループシュートが相手GKに再び阻まれた。

 後半39分にも右サイドからのクロスに岡崎が反応したが、ドンピシャのヘディングシュートはまたも相手GKがビッグセーブ。最後まで攻め続けたウエスカだったが、そのまま試合を終え、2試合ぶりの敗戦を喫した。

【岡崎初スタメン】ウエスカ×アルバセテ
http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livefoot/1568826153/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(13) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング