アンテナ・まとめ RSS

【中島無双】中島翔哉、絶妙クロスで決勝アシスト!ファン投票のMOMに選出!ポルトの1-0勝利に大いに貢献(関連まとめ)

【サッカー】中島翔哉が約1か月ぶり先発出場…決勝アシストでポルトの勝利に大きく貢献
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569452677/
中島翔哉2019カップ戦1回戦.jpg
1: ゴアマガラ ★ 2019/09/26(木) 08:04:37.70 ID:JvkWlcRc9.net

ポルトガルのタッサ・ダ・リーガ(リーグカップ)のグループリーグ初戦が25日に行われ、ポルトはサンタ・クララと対戦した。

ポルトの中島翔哉は約1か月ぶりの先発出場。すると、大きな結果を残してみせる。前半アディショナルタイムの47分、セットプレーから中島が左サイドでボールを受ける。
そこから切れ込んで、右足でクロスを上げると、DFジオゴ・レイチの頭にドンピシャで合って先制点をアシストしてみせた。

その後、ゴールは生まれることがなかったものの、中島はフル出場で勝利に貢献。これまでとは異なるトップ下での起用となったが、一定の成果は残した。

ポルトは次戦、リーグ戦でリオ・アヴェと29日に対戦する。中島はチーム内の序列を覆せるのか、今後に注目だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190926-00010008-goal-socc



ポルト中島翔哉がキレキレのアシストで先制点を演出! MOMの活躍でカップ戦勝利の立役者に
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190926-00064576-sdigestw-socc

鋭いドリブルで攻撃陣を牽引
 現地時間9月25日、ポルトガルのリーグカップ「タッサ・ダ・リーガ」のグループステージ第1戦が行なわれ、ポルトは3日前にリーグ戦でも対戦したばかりのサンタ・クララと対戦した。

 ポルトのセルジオ・コンセイソン監督は、前線のゼ・ルイスやムサ・マレガらを先発から外し、ツートップには17歳のファビオ・シルバとソアレスを起用。その後方のトップ下に中島を配した。

 その中島は、開始2分でドリブルで切り込み、挨拶代わりのシュートを放つ。これは右ポスト上にわずかに外れるが、試合開始から存在感を示した。

 その後も左右に精力的に走り回り、30分には右サイドから持ち込んでDFをふたりを十分に引き付けてから、中央にパス。ボールを受けたソアレスはそのままシュートに持ち込んだ。残念ながらゴール左に外れたものの、決定機を次々に演出する。

 一方でディフェンスへの意識も失わず、時間が経つにつれて中島の動きはキレを増した。そして前半アディショナルタイム、最終ラインからのロングフィードを左サイドに流れながら受けると、右足でフェイントをかけながら身体を反転させ、すかさず左足で中央に鋭いクロスを送る。これに走り込んできたディエゴ・レイテが頭で合わせ、先制点を挙げた。

 このアシスト以外にも、前半のほぼすべてのチャンスの起点となった10番に対し、サンタ・クララは、後半開始早々から激しいチェックで臨む。中島の胸に敵DFの膝が直撃して倒れ込む姿も見られた。

 しかし日本代表MFは怯まず、54分には、今度は左サイドから、触ればゴールという絶妙なクロスを送り込むなど、精力的に前線に絡む。

73分には自陣でボールを受けると、鋭い切り返しでDF3枚をはがして前に運ぶキレキレのドリブルで敵陣へ突進。ホームのサポーターが「ナカ!」「エクセレント!」と声をあげるなど、会場を大いに沸かせた。

 試合終了までに攻守に動き回った中島は、90分フル出場で1-0の勝利に貢献。サポーター投票で決まるマンオブ・ザ・マッチにも選出されている。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(20) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冨安健洋、PK獲得につながるパスカットなど攻守に奮闘も…味方がチップキックでPK失敗しボローニャはジェノアと0-0ドロー(関連まとめ)

【サッカー】公式戦フル出場継続の冨安、パスカットからPKにつながるも…好機逃したボローニャはスコアレス
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569453132/
冨安2019第5節ジェノア戦.jpg
1: ゴアマガラ ★ 2019/09/26(木) 08:12:12.65 ID:JvkWlcRc9.net

[9.25 セリエA第5節 ジェノア0-0ボローニャ]

 セリエAは25日に第5節を行った。日本代表DF冨安健洋が所属するボローニャは敵地でジェノアと対戦し、0ー0でスコアレスドロー。冨安は右サイドバックで公式戦6試合連続のフル出場を果たした。次節は29日、敵地でウディネーゼと対戦する。

 今夏加入からコッパ・イタリアで1試合、セリエAでは5試合でフル出場を継続させている冨安は、今節も右SBとして先発メンバーに名を連ねた。前半2分にはDFマッティア・バーニから近距離でパスを受けると、その隙を狙っていたDFアントニオ・バッレーカにボールを奪われる。冨安はカウンターのピンチを潰すため、致し方なくファウルを犯し、前節に続いて今季2回目の警告を受けた。

 冨安は前節・ローマ戦(●1-2)でDFアレクサンドル・コラロフ、MFヘンリク・ムヒタリアン、FWエディン・ジェコといった面々をマークするタスクを担っていたが、今節は守備の負担も少なく、ビルドアップの起点としてプレー。前半24分には周囲とのリターンパスを繰り返しながら中盤まで前進し、攻撃を構築した。

 冨安は前半40分にゴールに迫る。右サイドでパスワークに加わりながらハーフスペースに走り込み、パスを受けるとすかさず右足シュート。相手のブロックに遭ったが持ち前の攻撃力を発揮してみせた。

前半を0-0で折り返すと、後半も互いに拮抗状態。するとボローニャの絶好機を冨安が演出する。後半32分、冨安はジェノアDFドメニコ・クリーシトの縦パスをスライディングでカットし、そのままFWフェデリコ・サンタンデールにつながりカウンターへ。FWニコラ・サンソーネがPA内にパスを送ると、走り込んだMFロベルト・ソリアーノが敵陣内で倒されてPKを獲得する。

 最大のチャンスを掴んだボローニャはサンソーネがPKのキッカーに。しかし相手GKの虚を突こうと放ったチップキックはクロスバーに当たり、先制点のチャンスを逃してしまった。試合はそのまま0-0で終了し、勝ち点1の痛み分けとなった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190926-43472043-gekisaka-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:01 | 大阪 ☀ | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル18歳FWロドリゴ、リーガデビュー戦で衝撃ゴール!レアルはオサスナに2-0快勝し首位浮上(関連まとめ)

18歳FWロドリゴが衝撃リーガデビュー!! 初シュートで初ゴール、無敗レアルは首位浮上
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190926-43472044-gekisaka-socc
ロドリゴ2019第6節後初ゴール.jpg

[9.25 リーガ・エスパニョーラ第6節 R・マドリー2-0オサスナ]

 リーガ・エスパニョーラは25日、第6節を各地で行い、レアル・マドリーはオサスナに2-0で勝利した。前半にFWビニシウス・ジュニオールが今季初得点を挙げると、後半には移籍後初出場のFWロドリゴ・ゴエスがファーストシュートでリーガ初ゴール。ここまで4勝2分のR・マドリーが首位に浮上した。

 ミッドウィークのリーグ戦に向け、R・マドリーは大幅にメンバーを変更。パリSGから加入したGKアルフォンス・アレオラが先発デビューを飾り、DFナチョ・フェルナンデスも今季初出場。DFエデル・ミルトン、MFフェデリコ・バルベルデが今季初先発を果たした。

 最初の決定機はR・マドリー。前半17分、DFアルバロ・オドリオソラが右サイドを猛スピードで駆け上がり、低いクロスを送ると、ニアで処理しようとしたDFラウール・ナバスがクリアミス。ボールは鋭く枠内に飛んだが、かろうじてGKルベン・マルティネスが弾き、跳ね返りを受けたFWルカ・ヨビッチのシュートは枠を外れた。

 それでも前半36分、R・マドリーがようやくスコアを動かした。中盤でMFカゼミーロのスルーを起点にMFトニ・クロースが縦パスを送ると、受け取ったビニシウスが強烈な右足シュート。ミドルレンジからの一撃が炸裂し、今季初ゴールが貴重な先制点となった。

 R・マドリーは後半開始直後、MFルーカス・バスケスの横パスを受けたL・ヨビッチが左足シュートを狙うも、大きく枠外。13分には再びL・バスケスのスルーパスに抜け出したL・ヨビッチが三度目の正直となるシュートを決め、リードを2点に広げたかと思われたが、今度はVARの介入によってオフサイドが認められ、ゴールは取り消された。

 それでも後半25分、R・マドリーはビニシウスに代わってサントスから加入のロドリゴを投入。期待の18歳がトップチームデビューを迎えた。するとわずか2分後、カゼミーロのフィードを左サイドで受けたロドリゴは足裏でトラップすると、鋭いカットインから右足シュート。これがネットに突き刺さり、ファーストシュートで初ゴールを記録した。

 華々しいデビューを飾ったロドリゴは本拠地サンチャゴ・ベルナベウにお礼のパフォーマンスを披露。その後、R・マドリーは負傷したバルベルデに代わってMFハメス・ロドリゲスが投入されるアクシデントもあったが、危なげなく試合をシャットアウト。ターンオーバーでも強さを見せ、今季無敗を6試合に延ばした。

◆◇El Blanco Real Madrid 1033◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1569036706/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:00 | 大阪 | Comment(22) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久保建英、アトレティコ相手にドリブル突破や絶妙パスなどで好機連発!惜しいシュートもあり初のフル出場!マジョルカはアトレティコに0-2敗戦

久保建英がA・マドリー相手に初先発! キレキレ突破で好機連発も、名手GKに阻まれ完封負け
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190926-43472041-gekisaka-socc
久保2019第6節ドリブル.jpg

[9.25 リーガ・エスパニョーラ第6節 マジョルカ0-2A・マドリー]

 リーガ・エスパニョーラは25日、第6節を各地で行い、MF久保建英所属のマジョルカはホームでアトレティコ・マドリーと対戦した。待望の初先発を果たした久保は右サイドハーフでフル出場。切れ味鋭いドリブル突破で大半のチャンスを導くも、最後までゴールには絡めず、チームは0-2で敗れた。

 リーグを代表する強豪チームに対し、立ち上がりは防戦一方となったマジョルカ。しかし、右サイドで先発した久保はボールを持てば堂々と渡り合うプレーを見せ、敵陣近くのセットプレーでもキッカーの位置についた。しかし、肝心のキックはMFサルマ・セビージャに委ねる場面が続き、チームもなかなか好機を活かせない。

 すると前半26分、A・マドリーが試合を動かした。久保のエリアを狙った攻撃から右コーナーキックを獲得すると、MFコケがファーサイドに送り込んだボールをFWジエゴ・コスタが強烈なヘディングシュート。これがネットに突き刺さり、今季初ゴールが貴重な先制点となった。

 さらに前半31分、右サイドからのクロスを中央で収めた19歳のFWジョアン・フェリックスがオーバーヘッドでゴールを狙い、このボールがマジョルカDFの腕に直撃。いったんはPKが宣告されたが、J・フェリックスの腕にもボールが当たっていたとして、VARの介入によりマジョルカの間接FKで試合が再開された。

 久保は前半40分、右サイドでノッキングした局面でドリブル突破をしかけると、MFビトーロに倒されてFKを獲得。このキックはまたもS・セビージャが決定機につなげることができなかったが、41分にもショートコーナーを受けた久保が体を揺らしたフェイントから味方につなぎ、クロス攻撃でチャンスを導いた。

 後半はさらに久保が魅せる。2分、中盤のトランジションでボールを拾うと、味方に預けてゴール前に走り込み、MFダニー・ロドリゲスのスルーパスに反応して右足シュート。これがポストに当たってゴールラインを越えるかと思われたが、名手GKヤン・オブラクにギリギリでかき出された。

 さらに後半4分、久保は右サイドのハーフスペースでオブラクのキックミスをカットすると、自ら持ち込んでから左足シュート。しかし、これはうまくミートせずに枠を外れた。その後はマジョルカが主導権を握り、16分には献身的なプレスバックを見せた久保がコケからボールを奪う場面もあった。

 ところが後半20分、A・マドリーはゴール前の空中戦からJ・フェリックスがボールを拾い、振り向きざまに左足シュート。マジョルカFWアンテ・ブディミルの身体に当たったボールがゴールラインを越え、マジョルカは2点のビハインドを負った。公式記録ではJ・フェリックスのゴールとなった。

 後半25分、ペナルティエリア右でMFトーマス・パルテイをかわした久保が右足でクロスを送り、中央のFWアブドン・プラッツがドンピシャで合わせたが、惜しくもオブラクの正面。それでもどんどん久保にボールが回るようになり、初先発にしてチームメートの信頼を勝ち取りつつあることを示した。

 A・マドリーは後半32分、途中出場のFWアルバロ・モラタが一度に2枚のイエローカードを受けて退場。その後はややオープンな展開になった中、マジョルカは試合を締めようとしてくるA・マドリーを相手に攻撃が停滞してしまう。そして、そのまま試合はタイムアップ。久保の初先発試合は完封負けに終わり、これでチームは5戦勝ちなし(1分4敗)となった。

【久保スタメン】アトレティコ対マジョルカ ★4
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/livefoot/1569436550/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 04:28 | 大阪 | Comment(26) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浦和レッズ、サポーターがバス囲み 大槻監督が降車し対応(関連まとめ)

完敗浦和バスをサポ取り囲む、大槻監督が降車し対応
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190926-09260004-nksports-socc
浦和バス囲み.jpg

<天皇杯:浦和0−2ホンダFC>◇4回戦◇25日◇埼玉

浦和レッズがアマチュアのHonda FCに完敗し、連覇を逃した。

0−0の後半38分にDF宇賀神、42分にMF荻原が左サイドを破られて2失点。4強に勝ち残ったACLから主力組10人を温存した結果の失態に、大槻監督は「非常に大きな責任を感じている」と話した。終了間際にはFW杉本が自ら得たPKを失敗。「本気で応援してくれる皆さんに申し訳ない」と肩を落とした。リーグ戦は15位。来季のACL出場がほぼ消滅し、試合後はサポーターが出口に集結。選手バスも約45分間、停車した。最後は大槻監督が降り、求められた闘う姿勢をさらに選手に伝えることを約束した。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12275
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1569415879/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 01:20 | 大阪 ☁ | Comment(29) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

札幌ジェイ、ラグビーW杯で母国代表の試合観戦!英国の友人に札幌ドームでプレー出来てラッキーだねと言われ「誇りに感じた」(関連まとめ)

札幌ジェイ「感動」ラグビーW杯母国代表の試合観戦
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190925-09250478-nksports-socc
札幌ジェイラグビーW杯観戦.jpg

コンサドーレ札幌FWジェイ(37)が24日、札幌市内で行われた練習に参加。22日に札幌ドームで行われたラグビーW杯イングランド対トンガ観戦を振り返った。初戦を勝利した母国代表の戦いに胸を熱くしたようだ。同日に開催されたファン感謝イベント「サポーターズデー」の最後、約9分間スピーチであいさつしたミハイロ・ペトロビッチ監督(61)の日ごろの熱血ミーティングの様子も教えてくれた。

 ◇  ◇  ◇

プロのラグビーの試合を初めて見に行ったんだ。GK菅野と一緒に。彼は英語を話せるから仲がいいんだ。すごく感動した。札幌ドームの雰囲気がいつもと違っておもしろかったし、いつもはピッチでプレーしているドームのスタンドに座って見るのも楽しかった。日本で初めてのラグビーW杯だから歴史に残るよね。行って良かったよ。

うれしいことがあったんだ。イギリスにいる知り合いがテレビで試合を見ていて「ジェイはいつもあのスタジアムでプレーしているの? ラッキーだね」って言ってくれた。誇りに感じたよ。

札幌にたくさんのイギリス人が来てくれて、みんなが札幌の素晴らしさを知ったと思う。帰国後にいろんな人に伝えて、観光に来てくれる人が増えるかもね。ラグビーをやっている息子のメイス(16)も見に来たがっていたけど、学校の授業があって来られなかった。大会のラグビーボールをもらったから、それにイングランド代表のサインをもらえたら、彼にプレゼントしてあげたい。

ラグビーを見ると感動する。フィジカルの強さがすごい。タックルされて転んでも、すぐに立ち上がって走っている。サッカーだったらずっと倒れたままかもしれない。イングランドの優勝の可能性は十分あるから、応援したい。

ミシャ(ペトロビッチ監督)のミーティングの様子を知りたい? 「サポーターズデー」のあいさつでも自分で「私はいつも話が長い」って言っていたね。

ミーティングは、いつもだいたい試合前日に1時間くらい。通訳される時間がなければ、もしかしたら30分くらいで終わるかもしれないけど、サッカーのことを話すと熱くなる。ビデオやホワイトボードを使って、ポジションの話や細かいことまで選手に教えてくれる。

普通に話していたと思ったら、突然声の音量が上がって、ビクッてなる選手が結構いる。選手を立たせて引っ張って実際に動かしたりすることもあるけど、通訳を通すとニュアンスまで伝えられないかもと思うことってあるから。俺もそういう時があるからわかる。最後に「何か言いたいことがある人は?」って聞くんだけど、誰も何も言わないのは、日本だなって思うよ。イングランドだったら誰か何か言う。俺も日本流で何も言わないようにしている。

28日リーグ戦次節鹿島戦は(累積警告で)出られないけど、来月はG大阪との第28節(4日)とルヴァン杯準決勝(9、13日)がある。同じ相手との3連戦なんて、キャリアで初めてだよ。これまでタイトルの経験はメジャーなのはないけど、ペルージャ(イタリア)時代の03年、インタートト杯優勝がある。UEFA杯出場権を得られる大会。札幌でもルヴァン杯で優勝できるように頑張らないといけない。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12273
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1569340004/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:25 | 大阪 ☁ | Comment(1) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JFL・Honda、浦和レッズを2-0撃破!鹿島は中村充孝の圧巻ハットなどマリノスに4-1大勝し天皇杯ベスト8進出決定!(関連まとめ)

【サッカー】天皇杯ラウンド16 鹿島×横浜FM、浦和×Honda 結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569412635/
honda天皇杯R16浦和戦.jpg

1: 久太郎 ★ 2019/09/25(水) 20:57:15.95 ID:j8ld2ukJ9.net

鹿島 4−1 横浜FM
[得点者]
13'中村 充孝 (鹿島)
22'エリキ   (横浜FM)PK
30'中村 充孝 (鹿島)
45+2'中村 充孝(鹿島)
77'伊藤 翔  (鹿島)

スタジアム:県立カシマサッカースタジアム
https://www.jleague.jp/match/emperor/2019/091805/live/#live

浦和 0−2 Honda
[得点者]
83'富田 湧也(Honda)
87'原田 開 (Honda)

スタジアム:埼玉スタジアム2002
https://www.jleague.jp/match/emperor/2019/091806/live/#live


26: 久太郎 ★ 2019/09/25(水) 20:59:35.05 ID:j8ld2ukJ9.net

>>1
Hondaがレッズを下して天皇杯8強へ! 鹿島は中村充孝3発などでマリノス破る

 天皇杯のラウンド16にあたる4回戦の2試合が25日に開催された。鹿島アントラーズと横浜F・マリノス、浦和レッズとHonda FCがそれぞれ対戦している。

 4回戦の他の6試合は先週水曜日の18日に開催。鹿島と浦和がAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝に勝ち進んだ都合により、残りの2カードは1週間遅れての開催となった。

 鹿島は約4ヶ月ぶりの公式戦出場となる中村充孝が先発起用に応え、13分に先制ゴールを記録。横浜FMもエリキが自ら獲得したPKから、一旦止められたボールを押し込んで22分に同点とする。

 30分には再び中村が決めて鹿島が勝ち越し。さらに前半アディショナルタイムにもGKとの1対1から中村がハットトリックとなるゴールを流し込んだ。後半にも伊藤翔が古巣相手に1点を加えた鹿島は4-1の勝利で8強進出を果たした。

 静岡県代表として今大会に出場しているJFL首位のHondaは、ここまでJリーグ勢の北海道コンサドーレ札幌や徳島ヴォルティスを破って勝ち進んできた。ACLでも勝ち進んだ過密日程の浦和はメンバーを大きく入れ替えて臨む。

 試合は前半をスコアレスで折り返し、両チームとも無得点のまま終盤へ。だが83分に富田湧也のゴールで先制したHondaはその4分後にも原田開がゴールを奪い、2-0で“ジャイアントキリング”を成し遂げた。

 鹿島とHondaは10月23日に行われる準々決勝で対戦する。準々決勝のその他のカードはヴィッセル神戸対大分トリニータ、サガン鳥栖対清水エスパルス、V・ファーレン長崎対ヴァンフォーレ甲府となっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190925-00339953-footballc-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:38 | 大阪 ☁ | Comment(10) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、ユーべFWマンジュキッチとバルサFWデンベレ獲得に興味!「ピルロ2世」伊代表MFトナーリにスカウト派遣

マンU、FW陣の補強へ。マンジュキッチとデンベレに興味か?
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190925-00339906-footballc-socc
マンジュキッチとデンベレ.jpg

 イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドは、FW陣を強化するため、ユベトスに所属するクロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチとバルセロナに所属するフランス代表FWウスマン・デンベレに興味を示したようだ。英メディア『インデペンデント』などが現地時間の25日に報じた。

 ユナイテッドは今夏、ベルギー代表FWロメル・ルカクを完全移籍で、チリ代表FWアレクシス・サンチェスを期限付き移籍でインテルに放出した。同クラブは、スウォンジーからFWダニエル・ジェームズを獲得したものの、新たなセンターフォワードは獲得しなかった。

 現在ユナイテッドのFW陣では、FWマーカス・ラッシュフォードとFWアントニー・マルシャルが負傷離脱中である。ユナイテッドはバックアップ要員として、以前から興味を示していたマンジュキッチを獲得しようとしているようだ。

 また、ユナイテッドはデンベレ獲得も目論んでいる。同メディアによると、1億ポンド(約133億円)以上の移籍金が必要であるという。

 果たして、ユナイテッドはFW陣の補強を成功させることができるのだろうか。

マンU、ブレシアの“ピルロ2世”にスカウトを派遣か…市場価値30億円の19歳
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190925-00982998-soccerk-socc
トナーリブレシア.jpg

 マンチェスター・Uが、ブレシアに所属するイタリア代表MFサンドロ・トナーリに関心を示しているようだ。24日、イギリス紙『デイリーメール』がイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』を引用して報じた。

 トナーリは2000年5月8日生まれの19歳。ブレシア生え抜きのセントラルMFで、2017年にトップチームデビューを果たして以降、公式戦59試合に出場して5得点10アシストを記録している。各年代別のイタリア代表にも名を連ね、昨年11月の代表戦でフル代表に初招集された。

 マンチェスター・Uは、24日に行われたセリエA第5節ブレシア対ユヴェントスの一戦にスカウトを派遣しトナーリを視察した模様。チームは1−2で敗れたものの、同選手は先制弾の起点になるなど活躍を見せていた。

 その風貌やパスセンス、ブレシアでキャリアをスタートさせたという共通点から、元イタリア代表MFアンドレア・ピルロ氏とも比較されるトナーリ。ドイツの移籍情報サイト『Transfermarkt』による市場価値は2500万ユーロ(約30億円)にも上り、その獲得にはマンチェスター・Uだけでなくユヴェントスやドルトムントも関心を示している。

† Red Devils Manchester United 1393 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1569165682/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:17 | 大阪 ☁ | Comment(11) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、2年連続でベネズエラとの親善試合が決定!11月19日で吹田スタジアムで開催

【サッカー】日本代表 11月にベネズエラと親善試合 通算成績は1勝3分け
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569397208/
日本代表2019パラグアイ戦.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/09/25(水) 16:40:08.58 ID:j8ld2ukJ9.net

日本サッカー協会は25日、日本代表が11月19日に開催する国際親善試合の対戦相手が、ベネズエラ代表に決まったと発表した。

 ベネズエラは今夏にブラジルで行われた南米選手権で8強入りし、FIFAランク26位。同31位の日本とは昨年11月16日に大分で親善試合(2−2)を行って以来、5度目の対戦。通算対戦成績は日本の1勝3分け。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190925-00000080-dal-socc


日本、2年連続でベネズエラとの対戦が決定
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190925-43472018-gekisaka-socc

日本サッカー協会(JFA)は25日、11月19日にパナソニックスタジアム吹田(大阪)で開催されるキリンチャレンジカップの対戦相手がベネズエラ代表に決まったことを発表した。

 最新FIFAランキングでは、日本が31位に対し、ベネズエラは26位。これまで4度対戦しており、1勝3分で日本が勝ち越している。直近では、昨年11月16日に大分銀行ドームで対戦しており、前半39分にDF酒井宏樹が先制点を挙げたが、後半36分に追いつかれて1-1で引き分けた。

 なお、2014年9月に対戦した際には2-2で試合終了したが、後日ベネズエラが出場停止選手を出場させたことが判明し、国際サッカー連盟の裁定により3-0で日本の勝利となっている。

 以下、試合概要

▼開催日時
2019年11月19日(火) 19:25キックオフ(予定)

▼対戦カード
日本代表 vs ベネズエラ代表

▼会場
大阪/パナソニックスタジアム吹田

▼テレビ放送
フジテレビ系列にて全国生中継(一部地域除く)

【関連記事】
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(12) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンCとアーセナル、若手起用し2部クラブに快勝!吉田フル出場のサウサンプトンも3部に4-0完勝!トッテナムは4部にPK戦の末まさかの敗戦 EFL杯3回戦(関連まとめ)

王者シティやアーセナル、吉田セインツが快勝! スパーズが4部相手に屈辱敗退…《EFLカップ》
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190925-00362011-usoccer-socc
マルティネッリEFL20193回戦.jpg

EFLカップ(カラバオカップ)3回戦の8試合が24日に行われた。

今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)、ヨーロッパリーグ(EL)参戦組の初戦となる3回戦。

大会2連覇中の王者マンチェスター・シティは敵地でチャンピオンシップ(イングランド2部)のプレストン・ノースエンドと対戦し、3-0で快勝した。

直近のリーグ戦でワトフォードに8-0の記録的大勝を収めたシティは、その試合からシルバ、ベルナルド・シウバの2選手を除く先発9人を変更。17歳DFハーウッド=ベリスをトップデビューさせたほか、GKブラーボ、アンヘリーニョ、エリック・ガルシア、フォーデン、カンセロが今季初先発を飾った。

戦前の予想通り、敵地でも立ち上がりから相手を押し込み続けるシティは幾つかの決定機を作った後の20分、ハーフウェイライン付近でE・ガルシアの縦パスを受けたスターリングが見事なドリブル突破でボックス内まで運んで右足シュート。DFに当たってコースが変わったこのシュートがゴールネットを揺らす。幸先良く先制に成功したシティはさらに攻勢を強めると、31分にはシルバ、スターリングと中央で繋ぎ最後はボックス左に抜け出したガブリエウ・ジェズスの冷静なフィニッシュで追加点。前半終了間際の42分にはシルバの折り返しが相手DFのオウンゴールを誘い、前半のうちに試合を決めた。

迎えた後半は完全に省エネモードに入ったシティは危なげなく試合をコントロール。反撃に打って出る相手の攻撃もE・ガルシアを中心とした若手急造最終ラインがきっちり跳ね返していく。その後、アンヘリーニョ、シルバ、スターリングと主力を下げてベルナベらをピッチに送り込んだアウェイチームはこのまま3-0で試合をクローズ。3連覇に向けた今季EFLカップ初戦を快勝で飾った。

◆スパーズが4部相手に屈辱の敗退…

一方、コルチェスターvsトッテナムは、0-0のスコアで90分間の戦いが終了。だが、PK戦を4-3で制したリーグ2(イングランド4部)所属のコルチェスターが今大会最大のジャイアントキリングを達成した。

直近の公式戦2戦未勝利と苦戦が続くトッテナムはのコルチェスター戦に向けてGKガッサニーガを除く先発10人を変更。今夏のプレシーズンに躍動したDFタンガンガ、FWパロットをトップデビューさせたほか、スキップやダイアーなど控えメンバーを起用した。

ダイアー、タンガンガ、ダビンソン・サンチェスを最終ラインに配した[3-4-2-1]の布陣で臨んだトッテナムは相手陣内でハーフコートゲームを展開。立ち上がりにパロット、デレ・アリと続けて際どいシュートを放ってゴールを予感させるが、その後はボックス内に多くの人数を割く相手の人海戦術に苦戦。前半は相手にシュートを1本も打たせなかったものの、自分たちの枠内シュートもルーカス・モウラの直接FKの1本のみと完全に攻めあぐねた。

迎えた後半は右サイドのウォーカー=ピータースを起点にポスト直撃のシュートなど決定機を作るも決め切れない。すると、この展開に業を煮やしたポチェッティーノ監督は66分にトップデビューの若手2人を下げてエリクセン、ソン・フンミンを同時投入。さらに、ラメラまでピッチを送り込んで攻勢を強めるが、最後まで相手の堅守を打ち破ることができず、まさかのゴールレスで90分の戦いを終えることに。そして、PK戦では1人目のエリクセン、5人目のルーカスが痛恨の失敗となり、4部相手に屈辱の敗退。公式戦3戦未勝利のチームは泥沼の状況に陥っている。

◆アーセナルは新星&復帰組躍動

アーセナルvsノッティンガム・フォレストでは、ホームのアーセナルが5-0の大勝を飾った。

前節、アストン・ビラ相手に数的不利を撥ね返す劇的逆転勝利を手にしたアーセナルはチャンピオンシップのN・フォレスト相手にELフランクフルト戦に近いメンバー構成を採用。その中で新戦力のDFティアニー、FWマルティネッリが先発デビューを飾り、長期離脱明けのホールディングもスタメンでの戦列復帰を果たした。

前述のトッテナムと異なり、この試合のアーセナルは4回戦進出という最低限のノルマ達成共に大きな収穫を得ることに。立ち上がりからハーフコートゲームを展開した中、31分には右サイドでサイドチェンジを受けたチャンバースの見事なダイレクトでの折り返しをマルティネッリがダイビングヘッドで合わせ、新戦力の移籍後初ゴールで先制に成功。

1点リードで折り返した後半は相手GKの好守もありなかなか追加点を奪えずにいたが、71分には直前に投入されたばかりのダニ・セバージョスの右CKを長期離脱から復帰したホールディングが見事なヘディングシュートで合わせ、自身の復帰を祝う。さらに、ティアニーに代わって投入されたベジェリンがこちらも長期離脱明けを祝うアシストでジョー・ウィロックの3点目を演出。さらに、84分と92分にはいずれもチャンバースのお膳立てからネルソン、マルティネッリにゴールが生まれ、若手と復帰組の活躍によって5-0の大勝を飾った。

◆吉田は大勝に貢献

また、日本代表DF吉田麻也を擁するサウサンプトンはリーグ1(イングランド3部)のポーツマスと対戦し、4-0の快勝を収めた。吉田はフル出場でクリーンシートに貢献している。24日に行われた3回戦結果と日程の一覧は以下の通り。

◆EFLカップ(カラバオカップ)3回戦

▽9/24(火)
プレストン(2) 0-3 マンチェスター・シティ(1)
コルチェスター(4) 0-0(PK:4-3) トッテナム(1)
アーセナル(1) 5-0 ノッティンガム・フォレスト(2)
ポーツマス(3) 0-4 サウサンプトン(1)

ルートン・タウン(2) 0-4 レスター・シティ(1)
ワトフォード(1) 2-1 スウォンジー(2)
シェフィールド・ウェンズデイ(2) 0-2 エバートン(1)
クローリー・タウン(4) 1-1(PK:5-4) ストーク・シティ(2)

▽9/25(水)
MKドンズ(3) vs リバプール(1)
マンチェスター・ユナイテッド(1) vs ロッチデール(3)
チェルシー(1) vs グリムズビー・タウン(4)
ブライトン(1) vs アストン・ビラ(1)

シェフィールド・ユナイテッド(1) vs サンダーランド(3)
バートン(3) vs ボーンマス(1)
オックスフォード(3) vs ウェストハム(1)
ウォルバーハンプトン(1) vs レディング(2)

※()の数字は所属カテゴリー

BLUEMOON マンチェスターシティ 346cityzens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1569079308/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:07 | 大阪 ☀ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【小ネタ】日本よ!これが神戸だ!アベンジャーズで神戸選手をコラ

アベンジャーズ神戸.jpg

アベンジャーズ2019.jpg
※元ネタと思われるAVENGERS END GAME


※日本よ、これが○○だ。とは
元は2012年に公開された映画「アベンジャーズ」のキャッチコピー「日本よ、これが映画だ」です。
その上から目線のキャッチコピーで当時話題となりました。
その後、このキャッチコピーは様々なパロディで使われました。管理人もよくブログタイトルでつかってます。

■□■□■ヴィッセル神戸Part1057■□■□
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1569090968/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:37 | 大阪 ☀ | Comment(12) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メッシ、再び負傷…左足大腿部に違和感で途中交代 バルサはビジャレアルに勝利

【サッカー】メッシがまた負傷 チーム勝利も左足大腿部に違和感
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569376925/
メッシ2019第6節負傷.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/09/25(水) 11:02:05.69 ID:j8ld2ukJ9.net

<スペインリーグ:バルセロナ2−1ビリャレアル>◇24日◇バルセロナ

バルセロナFWメッシ、チームは勝利するも再び負傷−。

23日にミラノのスカラ座で開催された国際サッカー連盟の19年ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズでFIFA最優秀選手賞を受賞したばかりのリオネル・メッシ(32)が24日、ホームで行われたリーグ第6節ビリャレアル戦で負傷したことをスペイン紙マルカ(電子版)が報じている。

今夏のプレシーズン中に負傷したメッシはこの日が今シーズンの公式戦初先発となった。ルイス・スアレス、グリーズマンと待望の3トップをキックオフから形成し、序盤はいいパフォーマンスを披露した。メッシは前半6分、CKからグリーズマンのヘディングでのゴールをアシストしている。

しかし同30分に左足大腿(だいたい)部に違和感を感じ始め、ピッチ脇で治療を受けるもハーフタイムにデンベレとの交代を余儀なくされた。

チームは2−1で勝利したが、メッシが再びけがしたことにより、素直には喜べない結果となっている。

25日に検査が行われる予定になっているが、重傷ではないと予想される。しかし28日にアウェーで行われる第7節ヘタフェ戦では無理をさせず、出場の可能性は低いとみられている。

メッシが今回痛めた部分は左足内転筋であり、プレシーズン中にけがをしていた右足ヒラメ筋負傷の再発ではないという。

(高橋智行通信員)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190925-09250184-nksports-socc


※一部内容を編集し直しました。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(11) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(24時間)

    人気記事ランキング(昨日)

      人気記事ランキング(先週)