アンテナ・まとめ RSS

2019年09月13日

清水、西澤2ゴールで名古屋との打ち合いに3-2勝利し暫定9位浮上!C大阪は松田・田中亜土夢ゴールで浦和に2-1快勝し4連勝!J1第26節金曜(関連まとめ)

清水が名古屋との打ち合いを制して暫定9位浮上! C大阪は浦和に競り勝ち4連勝
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190913-00979216-soccerk-socc
西澤2019第26節ゴール.jpg

2019明治安田生命J1リーグ第26節の2試合が13日に行われた。

 勝ち点2差で迎えた13位清水エスパルスと9位名古屋グランパスの一戦は、14分にアウェイの名古屋が宮原和也のヘディングシュートで先制。対する清水は25分に西澤健太が鮮やかなミドルシュートを決めて追い付き、前半は1−1で折り返した。

 後半に入り54分、清水はペナルティエリア手前右でこぼれ球に反応したエウシーニョがミドルシュートを放つと、河井陽介に当たってコースが変わったボールがゴール左に吸い込まれ、逆転に成功した。さらに直後の59分、カウンターから西澤がこの日2点目となるシュートをゴール右に流し込み、スコアは3−1となった。

 2点ビハインドの名古屋は75分、米本拓司の浮き球の縦パスにエリア手前の長谷川アーリアジャスールが反応。ヒールで合わせたボールがGKの逆を突く形でゴール右に決まり、1点差に詰め寄った。その後は名古屋が押し込む時間が続いたが同点ゴールは生まれず、逃げ切った清水が3−2で勝利を収めた。

【スコア】
清水エスパルス 3−2 名古屋グランパス

【得点者】
0−1 14分 宮原和也(名古屋)
1−1 25分 西澤健太(清水)
2−1 54分 河井陽介(清水)
3−1 59分 西澤健太(清水)
3−2 75分 長谷川アーリアジャスール(名古屋)
 

 6位セレッソ大阪と11位浦和レッズの一戦は、後半立ち上がりの47分にC大阪が先制。左サイドから丸橋祐介が折り返したボールをエリア右の松田陸がダイレクトでゴール左に流し込んだ。1点を追う浦和は60分、途中出場の荻原拓也がエリア内左で仕掛け、左足でシュート。右ポストに阻まれたボールを興梠慎三が押し込み、試合を振り出しに戻した。

 1−1で迎えた終盤の84分、C大阪は細かいパス交換で右サイドを崩すと、エリア手前の田中亜土夢がフリーでボールを受ける。ワンタッチから右足で狙いすました田中のシュートがゴール左上に決まり、勝ち越しゴールとなった。

 試合はこのまま2−1でタイムアップ。C大阪が4連勝を飾った一方、浦和は公式戦7試合白星なしとなった。

【スコア】
浦和レッズ 1−2 セレッソ大阪

【得点者】
0−1 47分 松田陸(C大阪)
1−1 60分 興梠慎三(浦和)
1−2 84分 田中亜土夢(C大阪)

※タイトルにミスがありましたので、編集し直しました。鈴木選手ではなく田中選手です。

【サッカー】J1第26節金曜 清水×名古屋、浦和×C大阪
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1568377671/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:01 | 大阪 ☁ | Comment(4) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本田圭佑、サッカースクールが評価される 国際的GPを受賞 世界4カ国75校を展開

【サッカー】本田圭佑のサッカースクール評価 国際的GP受賞
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1568366631/
本田圭佑スーツ02.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/09/13(金) 18:23:51.64 ID:g7735lYE9.net

オーストラリアAリーグのメルボルン・ビクトリーを退団し、所属先が未定の本田圭佑(33)がプロデュースしているサッカースクールが、活動ぶりを評価され、国際的なサッカー組織による表彰でグランプリを受賞した。

12日、モスクワでフランチェスコ・トッティ氏やフェルナンド・イエロ氏らレジェンド出席のもと「International Football Development Association(IFDA)」が主催する「Football Heroes Awards」の授賞式が行われた。

サッカー界への教育の貢献部門にノミネートされていた、サッカースクールを展開する本田の「ソルティーロ株式会社」が同部門のグランプリに輝いた。同表彰には、レフェリーやサポーターなど計11の部門がある。

本田のスクール「SOLTILO」は12年に大阪で設立された。現在、世界4カ国に計75校を展開。世界中で活動しており、本田もシーズンオフを利用し、これまで11カ国約1500名の子どもたちに直接サッカーを指導してきた。

一時帰国中の本田はビデオメッセージを寄せ「とてもうれしく誇りに思います」「私たちはこれからも、夢を抱く世界の子どもたちに、機会の提供を続けていきたいと思います」などとコメントした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190913-09130539-nksports-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:14 | 大阪 ☁ | Comment(12) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川真司、サラゴサ同僚FWスアレスが絶賛「カガワは本当に良い」「優れたクオリティーを持っている」

「カガワは本当に良い」「優れたクオリティーを持っている」サラゴサの若手FWが香川真司を絶賛!
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190913-00010001-sdigestw-socc
スアレスと香川サラゴサ.jpg

“トリデンテ”を組んで上々の結果を残す
 今シーズンに7年ぶりのラ・リーガ昇格を目指すレアル・サラゴサは、その大願を成就させるために攻撃陣へのテコ入れを敢行。新たに迎え入れられたのが、日本代表MFの香川真司とガーナ人FWのラファエル・ドゥワメナ、そしてコロンビア人FWのルイス・スアレスだった。

 4-3-1-2の布陣でトップ下に香川が入り、2トップをドゥワメナとスアレスが組むという“トリデンテ”がもたらす成果は上々だ。開幕から4試合を消化して3人で5ゴールを挙げ、チームも3勝1分けと好スタートを切っている。

 実際にプレーする選手たちも手応えを口にしている。地元紙『Heraldo』の取材で「結果には満足しているよ」と語ったのは、チーム最多の3ゴールをマークしているスアレスだ。

「僕らがマッチするのは時間の問題だった。カガワとドゥワメナの可能性は誰もが知るところだし、少し我慢さえしていれば、やれると思っていたよ」

 さらに21歳のストライカーは、コンビを組む2人についてこう語っている。

「カガワとドゥワメナは最高だ。シンジはブンデスリーガとプレミアリーグでプレーしていたから優れたクオリティーを持っている。それとドゥワメナは獣だ。彼にボールを預けたら安全なんだ。彼らは本当に良い選手たちだと思う」

 さらに「僕は世界最高の選手の一人になるために働いている。平凡な選手になるつもりはない」と野心を剥き出しにしたスアレスは、「サラゴサと一緒にプリメーラ(1部)に上がりたい」とも誓っている。

 やる気を漲らせるスアレスも含めた3人の連係が深まってくれば、必然的に香川も決定機に恵まれる場面が増えてくるはず。今後もアラゴンの古豪を支えるトリデンテのパフォーマンスに注目したい。

Real Zaragoza 香川真司 ファン専用 part43

http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1567986397/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:15 | 大阪 ☁ | Comment(17) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浦和レッズは硬派をやめたのか?「観客1万人減」からの新たな挑戦

浦和レッズは“硬派”をやめたのか。「観客1万人減」からの新たな挑戦。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190913-00840686-number-socc

浦和2019試合前.jpg


 Jリーグで一番熱狂的なクラブといえば? 

 そんな質問を受けたら、多くの人が浦和レッズの名前を挙げるだろう。

 ホームスタジアムの埼玉スタジアム2002に響くサポーターの大歓声と、鮮やかなコレオグラフィー。クラブが打ち出す「REDS WONDERLAND」という表現がピッタリである。

 しかしその熱さは一方で、はじめてスタジアムに行く人や、もしかすると他クラブのサポーターにも“敷居の高さ”を感じさせているのではないか。

 実際、「Jリーグ スタジアム観戦者調査2018」によると、2018シーズンから新たにレッズの試合を観始めたという新規層の割合は「1.3%」。これはJ1で最下位なのだという。

 もちろんこの数字は根強い固定ファン・サポーターが多いという、何よりの証拠だ。ただし、新規開拓に難しさがあるのは間違いない。

レッズは変わろうとしている?
 そんな事実がある中で、3月30日のFC東京戦の告知を見て、ビックリした。

 「『翔んで埼玉シート』登場!」

 「埼玉への徹底的なディスりが強烈なインパクトを放つ、今話題の衝撃的コミック『翔んで埼玉』に登場する名言のひとつ、『埼玉県人にはそこらへんの草でも食わせておけ! 』という壇ノ浦百美のセリフにちなんだ『翔んで埼玉シート』だけの限定特典が付く企画シートです」(クラブ公式サイトより)

 どうしちゃったレッズ、こんな企画やるクラブだったっけか。

 それが、最初に見たときの正直な印象だ。

 しかし今シーズンのホームゲームを見ていると、レッズは柔らかな企画を続々と仕掛けている。例えば5月3日の磐田戦では『Go Go Reds! デー』として小中高の学生の入場料を一律550円にし、埼スタの入り口にあたる南広場で大々的に集客イベントをやっていた。

 ちなみに昨シーズンはファン感謝祭にあたる「レッズフェスタ」で、宇賀神友弥や橋岡大樹、荻原拓也ら下部組織出身メンバーが告知ポスターに出演したのだが、そのレイアウトがアイドル雑誌よろしく笑顔で映っていた。

 レッズは変わろうとしている? 

 徐々に膨らんできたそんな思い。本当かどうかを確認するには“レッズの中の人”に聞くしかない。そう思い連絡すると、広報の星野高明さんが応対してくれた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190913-00840686-number-socc&p=2

平均観客数は全盛期から1万人減。
 星野さん、率直に聞いちゃうんですが、絶対“ライト層狙い”にシフトしてますよね? 

 「これは大前提なんですが、僕たちはピッチ付近では極力“柔らかめの企画”をやらないし、マスコットも登場しない。スタジアム内の雰囲気を柔らかく変えてしまおうだなんて全く考えていません。このスタジアムの熱狂は、ファン・サポーターの皆さんと僕たちにとって最大の財産だと考えています。『レッズって柔らかくなっていくんですね』と思われたかもしれませんが、そういうことではないんです」

 ……あれ、やっぱり硬派なのか。しかし、星野さんはこのように続ける。

 「ただ、硬いか柔らかいかの二者択一ではなく、多面性や多眼的な視点を大事にしたいと考えているんです」

 かつて浦和は、1回目のACL制覇などを果たした2000年代中盤に、平均観客数4万5000人を超えた時期もあった。しかし2018年は3万5000人台だ。3万3000人台だった年もあるので、昨季は持ち直した数字ではある。ただ言い方は厳しいが、約1万人の足が離れているのも事実。“レッズバブル”の状態が終わり、あらためて集客を考える段階に入ったのだ。

 「浦和レッズには、2万人強のシーズンチケットホルダーの方がいらっしゃいます。こうした方々を中心とした、既存のファン・サポーターの方々は私たちにとって宝物です。

 ですがそれと同時に、キャパシティが6万3700席というアジア最大級のサッカー専用スタジアムをホームスタジアムとする私たちは、既存のファン・サポーターの方々と共有してきた空気感を大切にしながら、もっといろんな趣味、嗜好、価値観を持った方々にも来ていただける環境作りをしてもいいんじゃないか、と。クラブ内で侃々諤々議論を重ねた結果、こういった取り組みを試みることにしたんです」

「席割りの細分化」の狙い。
 試みは多岐にわたっている。

 例えば、8月23日の松本山雅戦では、数量限定のタピオカミルクティーを発売したのだ! ……いや、それよりも象徴的なのは、席割りの細分化、南広場のエンターテイメント化である。

 前述した企画チケットだけでなく、浦和は今季から席割りを細分化した。その中の1つに「ウェルカムシート」というものがある。クラブが「はじめての観戦の方におすすめのお席」と明記しているこの席は、選手やクラブについて説明してくれるコンシェルジュを常駐させている。そして大人でも2000円台、子供なら750〜1200円という、自由席とほぼ同価格の設定にしてある。これには明確な狙いがあるのだという。

 「初めて来る方の多くは、まずはお試しでと一番安いチケットである自由席を買われます。そしてその方たちの中には、心の準備が出来ないままに世界のトップ5とも評される浦和レッズのゴール裏に入り、大きな声と手拍子で応援する環境に身を投じることになります。勿論、その体験が必ずしもネガティブなものになるとは言い切れませんが、ご本人にとっても、そして既存のファン・サポーターにとっても不必要なストレスが生じてしまう可能性は否定できません。

 ブランドイメージ調査に紐付くグループインタビューで、普段ゴール裏で応援してくださっているサポーターの方から『レッズはもっと家族連れで来やすいスタジアムにした方がいいよ! 』とおっしゃっていただいたことがあります。その時に、『ぜひそれを目指したいと思ってるんですけど、そうすると例えば、コンコースを子供たちが走り回ったり、レッズのことをあまり知らない方も皆さんの近くで観戦される可能性も出てきますよね』とお伝えすると、『うーん、それは……』という反応を示されていました。

 その方が、子供たちやレッズの事をあまり知らない方には埼スタに来てほしくないと思っている訳ではないにもかかわらずです。このやり取りからも、来場者の多様な要望にマッチする多様な観戦環境を、私たちが作れていない、作らなければならないということを感じたんです」

 熱心にチームをサポートしたいサポーターと、ちょっとカジュアルにサッカーを愉しみたいファン。それぞれにマッチした環境をきっちりと整備することにしたのだ。

※続きはこちら↓
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190913-00840686-number-socc&p=3
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190913-00840686-number-socc&p=4


◆健勇お前の番だ! レッズ本スレ◆
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/wc/1568251383/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(25) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久保建英、マジョルカ合流翌日にリーグ戦 モレノ監督は起用に消極的な見解「練習時間少ない」

久保建英は合流翌日にリーグ戦…マジョルカ指揮官「練習時間少ない」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190913-43471594-gekisaka-socc
久保マジョルカデビュー戦02.jpg

 マジョルカのビセンテ・モレノ監督は12日、リーガ・エスパニョーラ第4節ビルバオ戦に向けた記者会見を行い、日本代表MF久保建英の起用について「他の選手に比べて練習時間が少ないし、試合に入るのはより難しいだろう」と消極的な見方を示した。

 久保は9月の国際Aマッチウィークで日本代表に招集され、5日のキリンチャレンジ杯・パラグアイ戦で45分間、10日のカタールW杯アジア2次予選・ミャンマー戦で10分間にわたってプレー。スペインから日本、日本からミャンマー、ミャンマーからスペインという欧州組特有の三地点移動も初めてこなした。

 12日朝にマジョルカに戻ってきた久保だが、13日夜に行われるリーグ戦への出場は微妙か。スペイン紙『アス』によれば、練習は12日の一度だけ。モレノ監督は「疲れはあるが、プレーへの熱意がある。何事もなければ呼ぶ選択肢はある」としながらも、欧州出身の代表選手は11日の練習にも参加しており、彼らが優先されるとみられている。

 もっとも、指揮官は「代表活動やビザの手続き、パスポートの問題により、時間を必要していた選手たちが共に時間を過ごしてきたわけではなく、この15日間ほどがわれわれに多くのものをもたらしたわけではない」とも指摘。代表活動でトレーニングから離れていた久保だが、他の選手に大きく水をあけられたわけではなさそうだ。

【RCD】久保建英応援スレ part89【Mallorca】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1568091673/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(15) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元札幌DF横山知伸、脳腫瘍から復帰しJ2岐阜に加入!「またサッカーが出来る事に感謝して頑張ります」(関連まとめ)

脳腫瘍から復帰へ! DF横山が岐阜加入「またサッカーが出来ると思えませんでしたが…」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190913-43471596-gekisaka-socc
横山札幌ゴール.jpg


 FC岐阜は13日、昨季まで北海道コンサドーレ札幌に所属していたDF横山知伸(34)の加入が決まったと発表した。同選手は昨年末に脳腫瘍が見つかり、療養中だった今季は選手登録されていなかった。

 岐阜はクラブ公式サイトを通じて「守備的なポジションを幅広くこなせる大型プレイヤー。的確なポジショニングとコーチングで守備を安定させる」と紹介。背番号は『40』に決まった。

 横山は公式サイトで「自分を獲得していただいた事、凄く感謝しています。FC岐阜の為に全力で頑張ります。サポーターの皆さん、残り12試合を引き続き最高の声援で後押ししてください。よろしくお願いします。絶対に残留しましょう」と意気込みをアピール。

 さらに「最後にこの場を借りて、昨年末に脳腫瘍が発見された時には、またサッカーが出来ると思えませんでしたが、今回の契約に至ったのは自分に関わってくれた方々の力添えがあったからです。常に近くで支えてくれた家族、友人、先輩方ありがとうございます。素晴らしい人達に恵まれて、またサッカーが出来る事に日々感謝して頑張っていきますので、よろしくお願いします」と伝えている。

●DF横山知伸
(よこやま・とものぶ)
■生年月日
1985年3月18日
■身長/体重
184cm/75kg
■出身地
東京都
■経歴
三原台中-帝京高-早稲田大-川崎F-C大阪-大宮-札幌-熊本-札幌

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12241
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1568326242/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☔ | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル、今度はモドリッチが負傷…チーム合流後の練習中に右足内転筋負傷し2〜3週間の離脱

ケガ人続出のレアル、モドリッチも右足内転筋を負傷…2〜3週間離脱か
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190913-00978936-soccerk-socc
モドリッチレアル.jpg

 レアル・マドリードは12日、クロアチア代表MFルカ・モドリッチが検査を受けた結果、右足内転筋の負傷と診断されたことをクラブ公式サイトで発表した。

 モドリッチは、クロアチア代表で6日のスロヴァキア戦と9日のアゼルバイジャン戦のEURO2020予選2試合にフル出場していたが、スペイン紙『アス』によると、チーム合流後の練習中にケガを負った模様。2〜3週間の離脱と予想されている。

 レアル・マドリードはプレシーズンから負傷者が続出しており、同紙によると、選手の負傷離脱はこの2カ月ですでに11回だという。スペイン代表MFマルコ・アセンシオは7月に左ひざ前十字じん帯損傷及び外側半月板損傷で手術を受けて長期離脱を強いられ、その後も同代表MFイスコらが負傷離脱している。

 だが、その一方で、離脱していたベルギー代表MFエデン・アザール、コロンビア代表MFハメス・ロドリゲス、スペイン人MFブラヒム・ディアスは全体練習に復帰した模様。14日に行われるリーガ・エスパニョーラ第4節のレバンテ戦に出場する可能性もあるようだ。

◆◇El Blanco Real Madrid 1030◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1567079091/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☔ | Comment(12) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボローニャ冨安健洋、8月のクラブ月間最優秀選手に選出!22日ローマ戦で表彰へ

日本代表DF冨安健洋、ボローニャの8月度月間MVPに選出 22日のローマ戦で表彰へ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190912-00217279-soccermzw-socc
冨安2019第2節03.jpg

開幕2戦連続で右サイドバックとしてフル出場 ライバルを抑えてクラブの月間MVP受賞
 セリエAのボローニャは現地時間12日、日本代表DF冨安健洋がクラブの8月度月間MVPに輝いたことを発表した。22日のリーグ第4節ASローマ戦で表彰されるという。

 ベルギー1部シント=トロイデンからボローニャに完全移籍した冨安は、本職のセンターバックではなく、右サイドバックとして開幕から2試合連続でスタメン出場。現地時間8月30日のリーグ第2節SPAL戦(1-0)では、前半25分にマーカー2人を翻弄するダブルタチを披露すれば、後半8分にもブラジル人DFフェリペ相手に“裏街道”を鮮やかに成功させた。

 冨安はヴェローナ戦、SPAL戦でファンが選ぶゲームMVPに選出されていたが、ボローニャ公式サイトは12日、冨安がイタリア代表MFロベルト・ソリアーノとイタリア人FWリッカルド・オルソリーニを抑え、クラブの8月度月間MVPに輝いたことを発表した。22日のリーグ第4節ASローマ戦で表彰されるという。

 イタリアの地で上々のスタートを切った冨安が、どのような成長曲線を描いていくのか楽しみだ。


Bologna FC 冨安健洋 Part5
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1567643332/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:27 | 大阪 ☔ | Comment(13) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

札幌FW鈴木武蔵、差別ツイート受けるも大人の対応「ハーフである事、日本という素晴らしい国で育った事に感謝してます」

「お父さんの血がなかったら…」ヘイトスピーチに対する鈴木武蔵の“大人の対応”に絶賛の声
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190912-43471589-gekisaka-socc
鈴木武蔵日本代表.jpg

 北海道コンサドーレ札幌の日本代表FW鈴木武蔵(25)が12日にツイッター(@musatoro)を更新し、自身の出生や日本代表に選出されたことに関する一部の心無い声に対し、意見を述べた。

 ジャマイカ人の父と日本人の母を持つ鈴木は桐生一高から2012年に新潟へ入団し、水戸、松本、長崎を経て今季から札幌でプレー。開幕からここまでJ1リーグ戦25試合に出場し、チームトップタイの9得点を記録している。また、今年3月に日本代表デビューを飾り、今月10日に行われたカタールW杯アジア2次予選・ミャンマー戦(2-0)でも後半31分からピッチに立っていた。

 今回の自身に対する声を周囲から伝え聞いたという鈴木。ツイッターで「僕に報告してくれた方ありがとうございます」と感謝を示し、次のように思いを綴っている。

「でも大丈夫ですよ。サッカーで見返すしかないですからね。そうやって小さい頃からやってきたので。お父さんの血がなかったら日本代表になれてなかったと思いますし、ハーフである事、日本という素晴らしい国で育った事に感謝してます」

 鈴木が見せた“大人の対応”に対し、フォロワーからは絶賛の声が相次いでいる。

※差別的なツイートは現在削除されています。

秒刊コンサドーレ3152日目☆★☆札幌総合スレ☆★☆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1568149777/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☁ | Comment(36) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング