アンテナ・まとめ RSS

レアル、また負傷者…DFメンディが左脚負傷し2~3週間の離脱 本職左SB不在に

マドリーに痛手…メンディが今季2度目の離脱で本職の左SBが不在に
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190924-00361998-usoccer-socc
メンディレアル.jpg

レアル・マドリーは24日、フランス代表DFフェルラン・メンディが負傷したことを発表した。

22日に行われた直近のセビージャ戦で先発フル出場を果たしていたメンディだが、24日に行われたメディカルチェックの際に左足内転筋の負傷が判明。クラブは離脱期間に関して言及していないが、スペイン『アス』は、2〜3週間の離脱になると推測しており、オサスナ戦とアトレティコ・マドリーとのダービーを欠場することになる模様だ。

今夏に総額5300万ユーロ(約62億7000万円)でリヨンからマドリーに加入したフランス代表DFだが、7月下旬にも負傷しており、今季2度目の離脱に。ただ、その時は今回とは逆の右足前直筋の負傷だった。

なお、マドリーではブラジル代表DFマルセロも離脱中であることから、左サイドバックを本職としている選手が不在の緊急事態に。

そのため、25日に行われるオサスナ戦では両サイドバックでプレー可能なDFナチョ・フェルナンデス、DFダニエル・カルバハルを起用するか、リザーブチームのレアル・マドリー・カスティージャからカンテラーノを上げるか、3バックに並びを変更してMFルーカス・バスケスなどのサイドアタッカーをウイングバックとしてプレーさせるか、いずれかの策を講じる必要がある。

◆◇El Blanco Real Madrid 1032◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1568894870/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:43 | 大阪 ☁ | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Jリーグ、JFL今治など4クラブにJ3ライセンスを認定

【サッカー】FC今治と、奈良クラブ、ラインメール青森、東京武蔵野シティFCにJ3ライセンス認定
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1569314555/
FC今治.jpg

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/09/24(火) 17:42:35.92 ID:mBKS/ZvK9.net

Jリーグは24日に行われた理事会において、 J3クラブライセンスの申請があったクラブ(J3入会を希望するクラブ)に関する判定を決定した。 FC今治と、奈良クラブ、ラインメール青森、東京武蔵野シティFCに4クラブが認定を受けている。

なお、東京武蔵野シティFCに関しては例外が適用されており、 スタジアムに関して最初の昇格から3年目のシーズンのライセンス申請時に場所、予算、整備内容を整えた具体的な計画を提示しないといけない。

なお、J3に昇格するためにはJFLで4位以内、かつ百年構想クラブのうち上位2クラブになり、 そのうえで平均入場者数2000人超の成績をクリアすれば、正式に交付される。

23日現在、JFLで今治が2位、東京武蔵野シティが6位、奈良クラブが10位、青森が12位。J3ライセンス認定をされていない百年構想クラブのテゲバジャーロ宮崎が5位となっている。

9/24(火) 17:24配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190924-43471995-gekisaka-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:24 | 大阪 ☁ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボローニャ監督代理、ローマ戦の冨安健洋を擁護「前線の選手の対応が不十分だった」

ボローニャ指揮官代理、ローマFWに苦しめられた冨安健洋を擁護「前線の問題」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190923-00010027-goal-socc
冨安2019第5節ローマ戦.jpg
前線の選手の対応が不十分と指摘
ボローニャ指揮官シニシャ・ミハイロヴィッチの代理を務めるエミリオ・デ・レオが、22日のローマ戦終了後に記者会見に出席し、試合を振り返った。

ボローニャは22日、セリエA第4節で強豪ローマとホームで対戦。試合は前半からローマが押し込む展開となり、スコアレスで後半を迎えた49分にアレクサンダル・コラロフに直接FKを決められて失点する。それでも、ボローニャは直後にPKを獲得して同点に追いつき、84分にはローマのジャンルカ・マンチーニが2枚目のイエローカードで退場。しかし、数的優位に立ったボローニャだったが、アディショナルタイムにエディン・ジェコに決勝弾を許して1-2の敗戦を喫した。監督代理で会見に臨んだデ・レオは、試合をこう分析する。

「チームの持ち味が出てきたのは後半になってからで、我々が望んでいた通りの積極的なプレーが見られた。だが、我々が決定機を逃した一方で相手はミスをしなかった。パフォーマンスを見ても、引き分けが妥当な試合だったと思う。それでもすべてにおいて良かったわけでないので仕方ない。次に集中したい」

この試合で躍動したコラロフと対面したのは、4試合連続で右サイドバックとして起用された日本代表DF冨安健洋だった。しかし、デ・レオは問題が前線のリッカルド・オルソリーニの対応にあったと指摘し、冨安を擁護した。

「オルソリーニは前半、(フェデリコ)ファシオにもっとプレッシャーをかけるべきだった。そうすればトミヤスもコラロフをもっと抑えることができたはず。オルソリーニが数メートル後ろに下がったことで、ファシオはフリーでボールを持ち、ローマはボールを自由に動かすことができた。そのためトミヤスはコラロフに追いつけなかった。私は前線の選手の対応が不十分だったと考えている」

Bologna FC 冨安健洋 Part6
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1569155071/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(10) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Jリーグ、来季J1全試合でのVAR導入を正式決定 J2・J3の導入通達は無し(関連まとめ)

【サッカー】<Jリーグ>来季J1全306試合でのVAR導入が決定!理事会で承認なお、J2やJ3での導入は伝えられていない。
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569314754/
VARロシアW杯05.jpg
1: Egg ★ 2019/09/24(火) 17:45:54.12 ID:trlubjWO9.net

Jリーグは24日、2020シーズンの明治安田生命J1リーグ全試合でビデオアシスタントレフェリー(VAR)を導入することが、同日開催された理事会で承認されたと発表した。

今回発表されたところでは、J1リーグの全306試合を始めとする4つのコンペティションでVARが導入。スーパーカップの1試合、リーグカップ・ノックアウトステージの全13試合、J1参入プレーオフ決定戦の1試合で運用されることとなる。なお、J2やJ3での導入は伝えられていない。

Jリーグは、2018年からVARに関する様々なテストやトレーニングを行ってきた。そして、今年はJリーグYBCルヴァンカップの準々決勝から初の実戦投入。また、12月に行われるJ1参入プレーオフ決定戦でもVARが導入される予定となっている。

9/24(火) 17:28配信GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190924-00010023-goal-socc

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20190924-00010023-goal-000-2-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:02 | 大阪 ☁ | Comment(13) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サッカー、脳震盪のルール変更を検討!一時的な選手交代を可能に

【サッカー】サッカーで脳震盪の新ルール検討、一時的な選手交代を可能に
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569301755/
ライアン・メイソン脳震盪.jpg

1: 久太郎 ★ 2019/09/24(火) 14:09:15.49 ID:3mMJlCJB9.net

【AFP=時事】サッカーの規則作成を行う国際サッカー評議会(IFAB)が23日、脳振とうの疑いがある場合は一時的な選手交代を認めるよう検討していることが分かった。

 IFABは試合における「脳振とうの評価と管理の審議」を手始めにする意向だと明かしたている。

 ラグビーでは一時的な選手交代が認められているケースがあり、頭部を打った選手がさらに深刻な事態に陥る兆候があると判断された場合にはそれが可能となる。

 一時的に最大10分間ピッチを離れることで、メディカルスタッフは選手が試合続行可能か判断する時間を確保できる。

 IFABの広報はAFPに対し、「非常に複雑な案件のため、目に見える進展があるまで一定の時間が必要になるだろう。十分な時間をかけて専門家と協力し、サッカーにおける最良な解決案を見つけたい」と明かした。【翻訳編集】 AFPBB News

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190924-00000010-jij_afp-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(13) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィッカデンティ名古屋新監督、練習初日からカラー全開(関連まとめ)

練習初日からカラー全開
https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/grampus/news/201909/CK2019092402000099.html

フィッカデンティ監督名古屋練習.jpg

 初日から、何もかもが風間前体制とは違っていた。残り8試合となったシーズン終盤での立て直しに向け、新指揮官は休日返上を決断。まずは、冒頭のランニングから改革に着手した。

 技術を重視する風間前監督は、ボールを使ったメニューがほとんど。走るだけの練習は好まなかった。新監督はタイムを気にしながら、ジョグと40メートルダッシュの繰り返しを課した。

 前政権と同じ「攻守一体の攻撃サッカー」を掲げる。それは、今後もクラブが目指していくスタイル。新監督は「コンパクトに攻守が連動しながらプレーする」と表現した。ただ、アプローチが変わった。

 紅白戦形式での練習中、右サイドバックの宮原へ注意した。ポジション不問の風間スタイルなら、前線へ走り出す場面。指揮官は宮原に「上がるな」と語りかけ、全選手に向けて最終ラインに3人以上が残ることを指示した。

 風間前監督はボールを保持し、90分間攻め続けることを目指した。だが、新体制では味方ゴール付近でのボール回しは失点リスク。「相手が人数をかけてきた時は、FWに蹴ろう」と指示し、FW赤崎ら前線の選手はDFライン裏へ積極的に走り込んだ。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12271
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1569240214/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(13) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冨安健洋、イタリア地元記者が絶賛「普通じゃない」「卓越した身体能力」(関連まとめ)

【サッカー】<DF冨安健洋(ボローニャ)>地元紙記者も太鼓判!「普通じゃない」CBサイズでSBこなす「卓越した身体能力」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569285154/
冨安ドリブル.jpg
1: Egg ★ 2019/09/24(火) 09:32:34.95 ID:UPAew+qH9.net

イタリア・セリエAの古豪ボローニャに加入した日本代表DF冨安健洋(20)が新天地イタリアで好スタートを切った。22日にホームのローマ戦にフル出場し、開幕からリーグ4試合連続、公式戦5試合連続のフル出場。ファン投票による8月のクラブ月間MVPに輝いた。本職のセンターバック(CB)ではなく、右サイドバック(SB)で高いパフォーマンスを発揮しているセリエA11人目の日本人選手について、地元のボローニャ担当記者に話を聞いた。(取材協力=ボローニャ・神尾光臣通信員)

 カテナチオ(イタリア語でかんぬき)と呼ばれる堅守が伝統のイタリアで、冨安は“二刀流”でインパクトを与えた。地元記者が口をそろえて語った印象は「普通じゃない」。身長1メートル88のセンターバックが、開幕から全試合で右サイドバックで起用されている理由についてコリエレ・ディ・ボローニャ紙のモッシーニ記者は「卓越した身体能力を持っている。チームはそれを生かすため、あえてSBをやらせている」と説明した。

 トゥット・ボローニャ・ウェブのミングッツィ記者は「センターバックのフィジカルを持つ冨安が、敏しょう性が求められるサイドバックでプレーしているのは普通じゃない。2つのポジションができるのは監督にとって有利」と評価。似たタイプの選手を聞くと「挙げるのは難しい」「ある意味、一番答えるのに困る」とともに思いつかないそうで、冨安は現在、セリエAで唯一無二の存在と言えるのかもしれない。

 今後の起用法については意見が分かれた。モッシーニ記者は「もし(CB)デンスビルの調子が上がらなければ、遅かれ早かれ冨安を本職でプレーさせることになるのではないか」と予想。一方、ミングッツィ記者は「DFの人数が少ないから、たまにCBで出ることになると思うが、今のチームでは当分SBで出続けることになると思う」と層が薄い右SBに固定されるとの見方を示した。

 モッシーニ記者は「守備のマンマーク、攻撃の組み立てもしっかりできる」とプレーの良い点を挙げた一方で課題については「戦術面を鍛えればもっと良くなると思う。ここ2戦はやや苦しんでいるが、まだ20歳だし、シーズンの最初で浮き沈みがあるのは当然のこと」。月間MVPにも選出され、「ファンは関心を持って冨安のことを見て、好きになっている」という。既に地元サポーターのハートをつかんでおり、主力選手として大きな期待を集めそうだ。

9/24(火) 9:00配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190924-00000112-spnannex-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190924-00000112-spnannex-000-2-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

前田大然、PK獲得し自らゴール!今季2得点目!マリティモはブラガと2-2ドロー(関連まとめ)

【サッカー】<前田大然>PK奪取で今季2点目! チームはブラガとドロー《プリメイラ・リーガ》
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569286587/
前田大然2019第6節ゴール.jpg
1: Egg ★ 2019/09/24(火) 09:56:27.57 ID:UPAew+qH9.net

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190924-00361966-usoccer-000-1-view.jpg

マリティモは23日、プリメイラ・リーガ第6節でブラガと対戦し、2-2で引き分けた。日本代表FW前田大然はフル出場し、1ゴールを記録している。

前節のベレネンセス戦を1-3で敗れた14位・マリティモ(勝ち点4)。15位・ブラガ(勝ち点4)とのアウェイ戦に向けて、前田は2トップの一角で先発した。

試合は32分、前田が敵陣中央右から供給されたスルーパスに反応し、ボックス右外からワンタッチでボックス右に侵攻を図ると、相手DFにスライディングで倒されてPKを獲得。これを自らが落ち着いて決めて、マリティモが先制する。

1-0でリードして試合を折り返すと、マリティモは53分、ザイナディーヌがボックス内で相手選手を倒してしまい、PKを献上。しかし、ここはGKアベドサデフがゴール左へのシュートを読み切り、チームを救う。

それでもその3分後、マリティモは相手に左サイドからのクロスを許し、ゴール前左のパウリーニョにシュートを打たれる。これをゴールライン付近のルベンがブロックを試みるも、ボールはそのままゴールに吸い込まれた。

追いつかれたマリティモだったが、70分、敵陣中央右でFKを獲得。キッカーを務めたエドガル・コスタのファーサイドへのクロスが相手GKの頭上を越えると、フランク・イブ・バンボックが頭で押し込み、2-1と勝ち越しに成功する。

しかし、マリティモはこのリードを守り切れず。78分、ボックス左手前からのクロスに合わせたパウリーニョにヘディングシュートを決められ、2-2の同点に。このまま試合は終了し、勝ち点1を分け合った。

ブラガ 2-2 マリティモ
【ブラガ】
OG(後12)
パウリーニョ(後33)
【マリティモ】
前田大然(前32[PK])
バンボック(後25)

9/24(火) 9:45配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190924-00361966-usoccer-socc


※一部タイトルに誤りがありましたので修正いたしました。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メッシ、最多6度目のFIFA最優秀選手賞を受賞!ファン・ダイクやC・ロナウドを抑える

【サッカー】<メッシ>史上最多6度目のFIFA年間最優秀選手受賞!C・ロナウド&ファン・ダイクを抑える...昨季公式戦50試合で51得点
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569270571/
メッシFIFA2019最優秀選手賞.jpg
1: Egg ★ 2019/09/24(火) 05:29:31.88 ID:3N/C9SAE9.net

現地時間23日、イタリア・ミラノで国際サッカー連盟(FIFA)による2019年の『ザ・ベスト・FIFAフットボールアウォーズ』の授賞式が行われ、男子最優秀選手にバルセロナ所属のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが選ばれた。

 メッシは昨季公式戦50試合で51得点を挙げる活躍を見せ、リーガエスパニョーラで自身10度目の優勝と15度目の得点王に輝いた。またチャンピオンズリーグ(CL)でも得点王となった。2009年に初めて同賞を獲得したメッシは2010年、2011年、2012年、2015年そして今回で6度目となりクリスティアーノ・ロナウドの5回を超え史上最多となった。

 なおユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド、リバプールに所属するオランダ代表DFフィルジル・ファン・ダイクも最終候補に選ばれていた。

9/24(火) 5:20フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190924-00339655-footballc-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190924-00339655-footballc-000-1-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:34 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

激震!名古屋グランパス「ポジションは関係ない」風間サッカー、選手の起用法でバランス崩す

[激震名古屋グランパス、緊急連載(上)]「ポジションは関係ない」選手の起用法でバランスを崩した風間サッカー
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190923-00010024-chuspo-socc
風間監督2019.jpg

名古屋グランパスは11位に低迷し、8試合を残すシーズン大詰めで風間八宏監督(57)の解任騒動に発展した。風間政権が誕生し、クラブで初めて主戦場をJ2とした2017年から2年半。攻守一体の攻撃サッカー実現へ向けた小西社長、風間監督、大森スポーツダイレクター(SD)の強固なトライアングルはなぜバランスを失い、壊れたのか。3回にわたって連載する。

 風間監督は変わらなかった。いや、変わる必要がなかった。3年契約で幕開けした風間政権。クラブ関係者によると実は契約を結び直している。延長は1年で、つまり来季が最終年。だから社長も監督も「順位だけにとらわれない戦いをする」と口をそろえ、攻守一体の攻撃サッカー実現を追い求められた。

 白星を積み重ねれば小さなひずみは封じられる。ただ、勝てないと緊迫する。ひずみは大きくなり社長、監督、強化部門のバランスは崩れていく。5試合勝ちなしで迎えた第17節・神戸戦(ノエスタ)はターニングポイントだった。ボランチのシミッチがセンターバック(CB)で出場。スタメン発表では、グランパスサポーターもどよめいた。助っ人外国人は人生初のポジションに戸惑い、慌てた。相手FWビジャにぶち抜かれるなど、今季ワースト5失点。6戦勝なしとなった。

 選手から疑問の声が上がれば、強化部も動かざるを得ない。関係者によると、大森SDは指揮官に起用説明を求めている。同SDは強化部トップであって、現場の権限を掌握するゼネラルマネジャー(GM)ではない。監督に起用法を進言するのが、越権行為だとはわかっていたに違いない。その上で、選手の声を届けることがクラブのためになると考えたのだろう。その場で、監督の口から出た言葉は「ポジションは関係ない」。確かに、風間サッカーはポジション不問の攻撃サッカー。CBで起用された助っ人は怒りをあらわにしたという。CB起用は超えてはいけない一線。シミッチは試合後の取材対応に応じなかった。

 この件に関して、大森SDは否定も肯定もしない。一般論として「起用は監督が決めること。強化担当は適材適所で選手を探し、整えるのが仕事です」とだけ話す。Jリーグ関係者は「シミッチのCBはあり得ないでしょ。名古屋はまずい方向に行くよ」とコメントしている。ここから、勝ちなしは10試合まで伸びた。強化との溝が決定的になったシミッチCB起用だった。

 理想追求と、勝利という現実の距離感を失ったまま、夏の移籍市場が開く。東京五輪候補のルーキーFW相馬が鹿島へレンタル移籍するなど、選手流出に歯止めがかからない事態が起こる。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12270
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1569213029/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☁ | Comment(11) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮市亮、独キッカー誌でMOMと今節ベスト11に選出!「最も危険なアタッカーになった」(関連まとめ)

【サッカー】今季初ゴールの宮市亮、独誌でMOM&ベスト11に選出!「最も危険なアタッカーになった」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569242413/
宮市2019第7節02.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/09/23(月) 21:40:13.99 ID:KpU+yocJ9.net

今シーズン初ゴールを決めたブンデスリーガ2部ザンクト・パウリのFW宮市亮は、ドイツ誌『キッカー』にマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選ばれ、第7節のベスト11にも選出されている。

今シーズン公式戦すべてにフル出場していた宮市は、21日に行われたブンデスリーガ2部第7節、オスナブリュックとのアウェーマッチでも90分間プレー。ここまで右サイドバックやヴィングバックといった守備的な役割を任されていた同選手は、前節ハンブルガーSVとのダービー(2-0)から右サイドのアタッカーに復帰している。

12分に昇格組のチームに先制点を奪われたザンクト・パウリは、22分に宮市が攻撃的な選手としての価値を示す。左サイドからの鋭いクロスに左足でしっかりと合わせ、豪快にネットを揺らして今シーズン初ゴールを記録。その後も右サイドで攻撃のアクセントとなりながら、敵地での1-1ドローに貢献した。

そして、『キッカー』はそんな宮市のパフォーマンスを両チーム単独トップの「2」と評価し、MOMや第7節のベスト11に選出。寸評では「リョウ・ミヤイチは序盤はダイブしたが、そこから最も危険なアタッカーになった。ディアマンティコスによる完璧なアシストから同点弾をマークし、ザンクト・パウリを試合に戻した」と記している。

(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190923-00010034-goal-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:23 | 大阪 ☁ | Comment(14) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(24時間)

    人気記事ランキング(昨日)

      人気記事ランキング(先週)