アンテナ・まとめ RSS

2019年09月26日

久保建英、チーム最高タイの評価!スペイン紙「稲妻が始まった。久保に導かれたマジョルカだった」(関連まとめ)

【サッカー】久保建英に導かれ「稲妻が始まった」 0-2敗戦も…スペイン紙はチーム最高タイ評価
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569488262/
久保2019第6節02.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/09/26(木) 17:57:42.98 ID:IKUPLaDE9.net

アトレチコ戦でスペイン初先発、後半開始早々に決定的な一撃を放つ
 スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英は、現地時間25日に行われたリーガ・エスパニョーラ第6節アトレチコ・マドリード戦でスペイン初先発を果たした。チームは強豪相手に0-2で敗れたものの、後半2分にはポスト直撃の一撃を放ってゴールを脅かすなど、フル出場の久保は存在感を発揮。スペイン紙も一定の評価を与えている。

4-1-4-1の右サイドハーフに入った久保は、序盤はボールに触る機会が多く、右サイドからドリブルを仕掛ける姿も何度か見られた。しかし、前半26分にセットプレーの流れからアトレチコのスペイン代表FWジエゴ・コスタに先制のヘディングシュートを決められてしまう。

 その4分後、マジョルカ側にペナルティーエリア内で反則があったとして一度はPK判定が下ったが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)による映像確認の末、直前にポルトガル代表FWジョアン・フェリックスの腕に当たったとして取り消しになった。だがマジョルカは、その後もフェリックスとコスタの強力2トップを中心としたアトレチコの攻撃に苦しめられる。

 そして0-1で迎えた後半2分、久保に最大の見せ場が訪れる。自陣でボールを拾った久保は、MFサルバ・セビージャとのワンツーを交えながらドリブルで持ち上がり、右サイドを駆け上がってきたMFダニ・ロドリゲスに展開。そのままペナルティーエリア内に侵入し、ダニ・ロドリゲスのスルーパスに右足を振り抜いた。

 シュートはアトレチコのモンテネグロ代表DFステファン・サビッチの左足をかすめてゴールへ。ボールは右ポストを直撃して跳ね返り、スロベニア代表GKヤン・オブラクの臀部にヒット。ボールは浮き上がって再び右ポストを直撃し、オブラクも左手を伸ばすが弾き切れずゴールライン方向に飛んだが、回り込んだコロンビア代表DFサンティアゴ・アリアスに間一髪のところでクリアされて、久保のリーガ初ゴールはならなかった。試合はその後、後半19分にフェリックスに追加点を決められて、マジョルカは0-2で敗れている。

 スペイン紙「AS」は、後半開始早々の久保の決定機について、「後半稲妻が始まった。それは久保に導かれたマジョルカだった。エリアでちらりと顔を覗かせ、オブラクにミラクルなプレーを強いた。ゴールバーとアリアス、そしてゴールキーパーが2度にわたりゴールを防いだ」とレポート。選手採点で久保は、FWラゴ・ジュニオルとともにチーム最高タイの2つ星評価が与えられた。

「ソン・モイシュの観衆全員がゴールの中に入ったように見えていた」
 スペイン紙「マルカ」は、強豪相手に奮闘したマジョルカの全選手に1つ星評価を与え、久保の決定的なシュートシーンについては「ソン・モイシュの観衆全員がゴールの中に入ったように見えていた」と、限りなく得点に近づいた一撃だったとしている。

 前節ヘタフェ戦(2-4)での初アシストに続き、初スタメンを飾った試合で確かなインパクトを残した久保。チームは2連敗で5戦未勝利(1分4敗)と光明を見出せずにいるが、29日の次節アラベス戦では勝利に導く活躍を見せられるのか、注目が集まる。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190926-00219832-soccermzw-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:19 | 大阪 ☁ | Comment(16) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CSKA西村拓真、裏抜けから2ゴール!今季初得点でロシアカップ戦で勝利に貢献

【サッカー】西村拓真がロシアカップで今季初得点を含む2ゴール!CSKAモスクワは16強進出
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569479567/
西村拓真CSKA2019.jpg

1: 久太郎 ★ 2019/09/26(木) 15:32:47.87 ID:IKUPLaDE9.net

CSKAモスクワのFW西村拓真が、今シーズン初ゴールを記録した。

現地時間25日に行われた19−20ロシアカップのラウンド32で、CSKAモスクワはFCアラニア・ウラジカフカスとアウェーで対戦。この試合で西村拓真は先発出場を果たしている。

開始2分にCSKAはPKで先制すると、アラニアも19分にPKで1点を返し、前半20分で1−1に。

ここから西村の活躍が際立つ。34分、味方のパスに反応して裏に抜けた西村は相手GKの位置を見極めて右足でゴールを決め、CSKAは1−2とリード。西村はこれが今シーズンの公式戦初ゴールとなった。

後半に入り、72分にはゴール前で再び西村が裏に抜け、飛び出してきた相手GKをキックフェイントでかわしてからゴールへと流し込んで1−3に。西村は86分にお役御免でベンチに退いている。

試合は西村2ゴールの活躍もあり1−3で勝利したCSKAモスクワが、ラウンド16へと駒を進めている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190926-00010021-goal-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(14) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京五輪出場権かけたU23アジア選手権、組合せ決定!日本はカタール、サウジ、シリアと同組

【サッカー】東京五輪アジア最終予選の組み合わせ決定! 日本はカタール、サウジアラビア、シリアと同組
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569489195/
U-22日本代表2018.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/09/26(木) 18:13:15.89 ID:IKUPLaDE9.net

東京五輪アジア最終予選の組み合わせ決定! GLでの日本vs西野タイは実現せず

 アジアサッカー連盟(AFC)は26日、AFC U-23選手権タイ2020の組み合わせ抽選会を行い、日本はカタール、サウジアラビア、シリアと同じB組に入った。また、元日本代表指揮官の西野朗監督が率いる開催国タイはイラク、オーストラリア、バーレーンと同居するA組となっている。

 同大会は来年1月に開催。東京オリンピックのアジア最終予選を兼ねており、上位3チームが出場権を獲得する。16か国を4チームずつ4組に分けてグループリーグを行い、上位2チームが決勝トーナメントに進出。東京五輪ホスト国の日本がベスト4に入った場合、準決勝に勝ち上がった他の3チームが出場権を得ることになり、3位決定戦は実施されない。

以下、グループリーグの組み合わせ

▽グループA
タイ、イラク、オーストラリア、バーレーン

▽グループB
カタール、日本、サウジアラビア、シリア

▽グループC
ウズベキスタン、韓国、中国、イラン

▽グループD
ベトナム、北朝鮮、ヨルダン、UAE

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190926-43472066-gekisaka-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:58 | 大阪 ☀ | Comment(9) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北川航也が移籍後初ゴール!南野拓実の劇的決勝ゴールでザルツブルクがラピド・ウィーンに勝利しオーストリア杯3回戦進出(関連まとめ)

北川航也が初ゴール!南野拓実も劇的弾!…日本人対決実現の一戦はザルツブルクが制す
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190926-00983305-soccerk-socc
北川2019ウィーン移籍後初ゴール.jpg


オーストリア・カップ2回戦が25日に行われ、FW北川航也が所属するラピード・ウィーンと、日本代表FW南野拓実とFW奥川雅也が所属するザルツブルクが対戦した。北川と南野は先発出場で日本人対決が実現。奥川はベンチスタートとなった。

 大会連覇を狙うザルツブルクは50分、ペナルティエリア前右のFKでドミニク・ショボスライがゴール右上隅に完璧なシュートを突き刺して先制に成功した。しかしラピード・ウィーンは56分、北川が右サイドからの折り返しを右足ダイレクトで流し込み同点。移籍後初ゴールとなった北川は、豪快なガッツポーズで喜びを爆発させた。

 追いつかれたザルツブルクは60分にセク・コイタを下げて奥川と投入。ラピード・ウィーンも60分に北川を下げてフィリップ・ショーベスベルガーを送り出した。

 ラピード・ウィーンは65分、シュテファン・シュヴァーブが2枚目のイエローカードで退場となり数的不利に。さらに後半アディショナルタイム3分にはダリボル・ヴェリミロヴィッチも2枚目のイエローカードで退場となり、9人での戦いとなった。

 試合は1−1のまま延長戦に突入。すると終了間際の延長後半アディショナルタイム1分、エリア右のラスムス・ニスン・クリステンセンが折り返し、中央の南野が左足で合わせて劇的ゴール。南野の今シーズン公式戦5点目が決勝点となり、ザルツブルクが激闘を制した。

【スコア】
ラピード・ウィーン 1−2 ザルツブルク

【得点者】
0−1 50分 ドミニク・ショボスライ(ザルツブルク)
1−1 56分 北川航也(ラピード・ウィーン)
1−2 120+1分 南野拓実(ザルツブルク)


【サッカー】南野拓実が121分に決勝弾! 北川航也は移籍後初ゴール。ザルツブルクが2-1勝利
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569452856/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(4) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天皇杯ベスト8が出揃う!アマチュア界の雄Honda、鹿島に挑む!神戸vs大分、鳥栖vs清水、長崎vs甲府(関連まとめ)

【サッカー】<波乱の天皇杯>ベスト8が出揃う!準々決勝・神戸vs大分、鳥栖vs清水、長崎vs甲府、アマチュア界の雄Honda FCは鹿島に挑む
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569414672/
honda鹿島.jpg
1: Egg ★ 2019/09/25(水) 21:31:12.99 ID:wY7DAcwh9.net

天皇杯JFA第99回全日本サッカー選手権は25日、4回戦の2試合を行い、ベスト8が出揃った。

 鹿島アントラーズと横浜F・マリノスの一戦は、MF中村充孝のハットトリックの活躍により4-1で鹿島が勝利。一方、浦和レッズはJFLで現在首位を走るHonda FC(静岡県代表)に終盤に連続失点を喫し、後半アディショナルタイムにFW杉本健勇がPKを止めれ、0-2で敗れた。

 準々決勝は10月23日に行われ、ヴィッセル神戸と大分トリニータ、サガン鳥栖と清水エスパルス、V・ファーレン長崎とヴァンフォーレ甲府、そして鹿島はHonda FCと対戦する。

【4回戦】
9月18日(水)
甲府 2-1(延長)法政大 [中銀スタ]
磐田 1-1(PK3-4)清水 [ヤマハ]
神戸 3-2 川崎F [神戸ユ]
広島 1-1(PK9-10)大分 [Eスタ]
鳥栖 4-2 C大阪 [駅スタ]
長崎 2-1 仙台 [トラスタ]

9月25日(水)
鹿島 4-1 横浜FM [カシマ]
浦和 0-2 Honda FC [埼玉]

【準々決勝】
10月23日(水)
神戸 19:00 大分 [ノエスタ]
鳥栖 19:00 清水 [駅スタ]
長崎 19:00 甲府 [トラスタ]
鹿島 vs Honda FC [未定]

9/25(水) 21:02配信 ゲキサカ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190925-43472027-gekisaka-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【中島無双】中島翔哉、絶妙クロスで決勝アシスト!ファン投票のMOMに選出!ポルトの1-0勝利に大いに貢献(関連まとめ)

【サッカー】中島翔哉が約1か月ぶり先発出場…決勝アシストでポルトの勝利に大きく貢献
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569452677/
中島翔哉2019カップ戦1回戦.jpg
1: ゴアマガラ ★ 2019/09/26(木) 08:04:37.70 ID:JvkWlcRc9.net

ポルトガルのタッサ・ダ・リーガ(リーグカップ)のグループリーグ初戦が25日に行われ、ポルトはサンタ・クララと対戦した。

ポルトの中島翔哉は約1か月ぶりの先発出場。すると、大きな結果を残してみせる。前半アディショナルタイムの47分、セットプレーから中島が左サイドでボールを受ける。
そこから切れ込んで、右足でクロスを上げると、DFジオゴ・レイチの頭にドンピシャで合って先制点をアシストしてみせた。

その後、ゴールは生まれることがなかったものの、中島はフル出場で勝利に貢献。これまでとは異なるトップ下での起用となったが、一定の成果は残した。

ポルトは次戦、リーグ戦でリオ・アヴェと29日に対戦する。中島はチーム内の序列を覆せるのか、今後に注目だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190926-00010008-goal-socc



ポルト中島翔哉がキレキレのアシストで先制点を演出! MOMの活躍でカップ戦勝利の立役者に
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190926-00064576-sdigestw-socc

鋭いドリブルで攻撃陣を牽引
 現地時間9月25日、ポルトガルのリーグカップ「タッサ・ダ・リーガ」のグループステージ第1戦が行なわれ、ポルトは3日前にリーグ戦でも対戦したばかりのサンタ・クララと対戦した。

 ポルトのセルジオ・コンセイソン監督は、前線のゼ・ルイスやムサ・マレガらを先発から外し、ツートップには17歳のファビオ・シルバとソアレスを起用。その後方のトップ下に中島を配した。

 その中島は、開始2分でドリブルで切り込み、挨拶代わりのシュートを放つ。これは右ポスト上にわずかに外れるが、試合開始から存在感を示した。

 その後も左右に精力的に走り回り、30分には右サイドから持ち込んでDFをふたりを十分に引き付けてから、中央にパス。ボールを受けたソアレスはそのままシュートに持ち込んだ。残念ながらゴール左に外れたものの、決定機を次々に演出する。

 一方でディフェンスへの意識も失わず、時間が経つにつれて中島の動きはキレを増した。そして前半アディショナルタイム、最終ラインからのロングフィードを左サイドに流れながら受けると、右足でフェイントをかけながら身体を反転させ、すかさず左足で中央に鋭いクロスを送る。これに走り込んできたディエゴ・レイテが頭で合わせ、先制点を挙げた。

 このアシスト以外にも、前半のほぼすべてのチャンスの起点となった10番に対し、サンタ・クララは、後半開始早々から激しいチェックで臨む。中島の胸に敵DFの膝が直撃して倒れ込む姿も見られた。

 しかし日本代表MFは怯まず、54分には、今度は左サイドから、触ればゴールという絶妙なクロスを送り込むなど、精力的に前線に絡む。

73分には自陣でボールを受けると、鋭い切り返しでDF3枚をはがして前に運ぶキレキレのドリブルで敵陣へ突進。ホームのサポーターが「ナカ!」「エクセレント!」と声をあげるなど、会場を大いに沸かせた。

 試合終了までに攻守に動き回った中島は、90分フル出場で1-0の勝利に貢献。サポーター投票で決まるマンオブ・ザ・マッチにも選出されている。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(20) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冨安健洋、PK獲得につながるパスカットなど攻守に奮闘も…味方がチップキックでPK失敗しボローニャはジェノアと0-0ドロー(関連まとめ)

【サッカー】公式戦フル出場継続の冨安、パスカットからPKにつながるも…好機逃したボローニャはスコアレス
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569453132/
冨安2019第5節ジェノア戦.jpg
1: ゴアマガラ ★ 2019/09/26(木) 08:12:12.65 ID:JvkWlcRc9.net

[9.25 セリエA第5節 ジェノア0-0ボローニャ]

 セリエAは25日に第5節を行った。日本代表DF冨安健洋が所属するボローニャは敵地でジェノアと対戦し、0ー0でスコアレスドロー。冨安は右サイドバックで公式戦6試合連続のフル出場を果たした。次節は29日、敵地でウディネーゼと対戦する。

 今夏加入からコッパ・イタリアで1試合、セリエAでは5試合でフル出場を継続させている冨安は、今節も右SBとして先発メンバーに名を連ねた。前半2分にはDFマッティア・バーニから近距離でパスを受けると、その隙を狙っていたDFアントニオ・バッレーカにボールを奪われる。冨安はカウンターのピンチを潰すため、致し方なくファウルを犯し、前節に続いて今季2回目の警告を受けた。

 冨安は前節・ローマ戦(●1-2)でDFアレクサンドル・コラロフ、MFヘンリク・ムヒタリアン、FWエディン・ジェコといった面々をマークするタスクを担っていたが、今節は守備の負担も少なく、ビルドアップの起点としてプレー。前半24分には周囲とのリターンパスを繰り返しながら中盤まで前進し、攻撃を構築した。

 冨安は前半40分にゴールに迫る。右サイドでパスワークに加わりながらハーフスペースに走り込み、パスを受けるとすかさず右足シュート。相手のブロックに遭ったが持ち前の攻撃力を発揮してみせた。

前半を0-0で折り返すと、後半も互いに拮抗状態。するとボローニャの絶好機を冨安が演出する。後半32分、冨安はジェノアDFドメニコ・クリーシトの縦パスをスライディングでカットし、そのままFWフェデリコ・サンタンデールにつながりカウンターへ。FWニコラ・サンソーネがPA内にパスを送ると、走り込んだMFロベルト・ソリアーノが敵陣内で倒されてPKを獲得する。

 最大のチャンスを掴んだボローニャはサンソーネがPKのキッカーに。しかし相手GKの虚を突こうと放ったチップキックはクロスバーに当たり、先制点のチャンスを逃してしまった。試合はそのまま0-0で終了し、勝ち点1の痛み分けとなった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190926-43472043-gekisaka-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:01 | 大阪 ☀ | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル18歳FWロドリゴ、リーガデビュー戦で衝撃ゴール!レアルはオサスナに2-0快勝し首位浮上(関連まとめ)

18歳FWロドリゴが衝撃リーガデビュー!! 初シュートで初ゴール、無敗レアルは首位浮上
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190926-43472044-gekisaka-socc
ロドリゴ2019第6節後初ゴール.jpg

[9.25 リーガ・エスパニョーラ第6節 R・マドリー2-0オサスナ]

 リーガ・エスパニョーラは25日、第6節を各地で行い、レアル・マドリーはオサスナに2-0で勝利した。前半にFWビニシウス・ジュニオールが今季初得点を挙げると、後半には移籍後初出場のFWロドリゴ・ゴエスがファーストシュートでリーガ初ゴール。ここまで4勝2分のR・マドリーが首位に浮上した。

 ミッドウィークのリーグ戦に向け、R・マドリーは大幅にメンバーを変更。パリSGから加入したGKアルフォンス・アレオラが先発デビューを飾り、DFナチョ・フェルナンデスも今季初出場。DFエデル・ミルトン、MFフェデリコ・バルベルデが今季初先発を果たした。

 最初の決定機はR・マドリー。前半17分、DFアルバロ・オドリオソラが右サイドを猛スピードで駆け上がり、低いクロスを送ると、ニアで処理しようとしたDFラウール・ナバスがクリアミス。ボールは鋭く枠内に飛んだが、かろうじてGKルベン・マルティネスが弾き、跳ね返りを受けたFWルカ・ヨビッチのシュートは枠を外れた。

 それでも前半36分、R・マドリーがようやくスコアを動かした。中盤でMFカゼミーロのスルーを起点にMFトニ・クロースが縦パスを送ると、受け取ったビニシウスが強烈な右足シュート。ミドルレンジからの一撃が炸裂し、今季初ゴールが貴重な先制点となった。

 R・マドリーは後半開始直後、MFルーカス・バスケスの横パスを受けたL・ヨビッチが左足シュートを狙うも、大きく枠外。13分には再びL・バスケスのスルーパスに抜け出したL・ヨビッチが三度目の正直となるシュートを決め、リードを2点に広げたかと思われたが、今度はVARの介入によってオフサイドが認められ、ゴールは取り消された。

 それでも後半25分、R・マドリーはビニシウスに代わってサントスから加入のロドリゴを投入。期待の18歳がトップチームデビューを迎えた。するとわずか2分後、カゼミーロのフィードを左サイドで受けたロドリゴは足裏でトラップすると、鋭いカットインから右足シュート。これがネットに突き刺さり、ファーストシュートで初ゴールを記録した。

 華々しいデビューを飾ったロドリゴは本拠地サンチャゴ・ベルナベウにお礼のパフォーマンスを披露。その後、R・マドリーは負傷したバルベルデに代わってMFハメス・ロドリゲスが投入されるアクシデントもあったが、危なげなく試合をシャットアウト。ターンオーバーでも強さを見せ、今季無敗を6試合に延ばした。

◆◇El Blanco Real Madrid 1033◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1569036706/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:00 | 大阪 | Comment(22) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久保建英、アトレティコ相手にドリブル突破や絶妙パスなどで好機連発!惜しいシュートもあり初のフル出場!マジョルカはアトレティコに0-2敗戦

久保建英がA・マドリー相手に初先発! キレキレ突破で好機連発も、名手GKに阻まれ完封負け
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190926-43472041-gekisaka-socc
久保2019第6節ドリブル.jpg

[9.25 リーガ・エスパニョーラ第6節 マジョルカ0-2A・マドリー]

 リーガ・エスパニョーラは25日、第6節を各地で行い、MF久保建英所属のマジョルカはホームでアトレティコ・マドリーと対戦した。待望の初先発を果たした久保は右サイドハーフでフル出場。切れ味鋭いドリブル突破で大半のチャンスを導くも、最後までゴールには絡めず、チームは0-2で敗れた。

 リーグを代表する強豪チームに対し、立ち上がりは防戦一方となったマジョルカ。しかし、右サイドで先発した久保はボールを持てば堂々と渡り合うプレーを見せ、敵陣近くのセットプレーでもキッカーの位置についた。しかし、肝心のキックはMFサルマ・セビージャに委ねる場面が続き、チームもなかなか好機を活かせない。

 すると前半26分、A・マドリーが試合を動かした。久保のエリアを狙った攻撃から右コーナーキックを獲得すると、MFコケがファーサイドに送り込んだボールをFWジエゴ・コスタが強烈なヘディングシュート。これがネットに突き刺さり、今季初ゴールが貴重な先制点となった。

 さらに前半31分、右サイドからのクロスを中央で収めた19歳のFWジョアン・フェリックスがオーバーヘッドでゴールを狙い、このボールがマジョルカDFの腕に直撃。いったんはPKが宣告されたが、J・フェリックスの腕にもボールが当たっていたとして、VARの介入によりマジョルカの間接FKで試合が再開された。

 久保は前半40分、右サイドでノッキングした局面でドリブル突破をしかけると、MFビトーロに倒されてFKを獲得。このキックはまたもS・セビージャが決定機につなげることができなかったが、41分にもショートコーナーを受けた久保が体を揺らしたフェイントから味方につなぎ、クロス攻撃でチャンスを導いた。

 後半はさらに久保が魅せる。2分、中盤のトランジションでボールを拾うと、味方に預けてゴール前に走り込み、MFダニー・ロドリゲスのスルーパスに反応して右足シュート。これがポストに当たってゴールラインを越えるかと思われたが、名手GKヤン・オブラクにギリギリでかき出された。

 さらに後半4分、久保は右サイドのハーフスペースでオブラクのキックミスをカットすると、自ら持ち込んでから左足シュート。しかし、これはうまくミートせずに枠を外れた。その後はマジョルカが主導権を握り、16分には献身的なプレスバックを見せた久保がコケからボールを奪う場面もあった。

 ところが後半20分、A・マドリーはゴール前の空中戦からJ・フェリックスがボールを拾い、振り向きざまに左足シュート。マジョルカFWアンテ・ブディミルの身体に当たったボールがゴールラインを越え、マジョルカは2点のビハインドを負った。公式記録ではJ・フェリックスのゴールとなった。

 後半25分、ペナルティエリア右でMFトーマス・パルテイをかわした久保が右足でクロスを送り、中央のFWアブドン・プラッツがドンピシャで合わせたが、惜しくもオブラクの正面。それでもどんどん久保にボールが回るようになり、初先発にしてチームメートの信頼を勝ち取りつつあることを示した。

 A・マドリーは後半32分、途中出場のFWアルバロ・モラタが一度に2枚のイエローカードを受けて退場。その後はややオープンな展開になった中、マジョルカは試合を締めようとしてくるA・マドリーを相手に攻撃が停滞してしまう。そして、そのまま試合はタイムアップ。久保の初先発試合は完封負けに終わり、これでチームは5戦勝ちなし(1分4敗)となった。

【久保スタメン】アトレティコ対マジョルカ ★4
https://rio2016.5ch.net/test/read.cgi/livefoot/1569436550/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 04:28 | 大阪 | Comment(26) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浦和レッズ、サポーターがバス囲み 大槻監督が降車し対応(関連まとめ)

完敗浦和バスをサポ取り囲む、大槻監督が降車し対応
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190926-09260004-nksports-socc
浦和バス囲み.jpg

<天皇杯:浦和0−2ホンダFC>◇4回戦◇25日◇埼玉

浦和レッズがアマチュアのHonda FCに完敗し、連覇を逃した。

0−0の後半38分にDF宇賀神、42分にMF荻原が左サイドを破られて2失点。4強に勝ち残ったACLから主力組10人を温存した結果の失態に、大槻監督は「非常に大きな責任を感じている」と話した。終了間際にはFW杉本が自ら得たPKを失敗。「本気で応援してくれる皆さんに申し訳ない」と肩を落とした。リーグ戦は15位。来季のACL出場がほぼ消滅し、試合後はサポーターが出口に集結。選手バスも約45分間、停車した。最後は大槻監督が降り、求められた闘う姿勢をさらに選手に伝えることを約束した。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12275
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1569415879/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 01:20 | 大阪 ☁ | Comment(29) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(24時間)

    人気記事ランキング(昨日)

      人気記事ランキング(先週)