アンテナ・まとめ RSS

中島翔哉、華麗なターンやキレキレドリブルに欧州ファン興奮「ドラゴンの大空翼だ」(関連まとめ)

【サッカー】「なんてこった!」「大空翼だ」中島翔哉の鮮やかターン&キレキレドリブル投稿に欧州興奮!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569586035/
中島翔哉2019ポルト.jpg
1: 豆次郎 ★ 2019/09/27(金) 21:07:15.34 ID:pZVqOyYc9.net

9/27(金) 20:14配信
「なんてこった!」「大空翼だ」中島翔哉の鮮やかターン&キレキレドリブル投稿に欧州興奮!

 現地時間9月25日、ポルトガルのリーグカップ「タッサ・ダ・リーガ」のグループステージ第1戦が行なわれ、中島翔哉が所属するポルトはサンタ・クララに1‐0で勝利を収めた。


 この試合で、サポーター投票によるマンオブ・ザ・マッチに選出されたのが中島だ。持ち前の打開力を活かして次々にチャンスを演出し、前半アディショナルタイムには、左サイドからのピンポイントクロスでディオゴ・レイテのヘッド弾をアシスト。結局これが、決勝ゴールとなった。
 

 スーパーゴールや珍プレーなど、世界の様々なサッカー動画を公開しているツイッターアカウント『433』が、この試合の中島のキレキレぶりを集めた動画を投稿。「ナカジマがショーを見せている」と題したそれには、鮮やかなターンでスライディングをかわし、即座にフェイトで敵を抜き去るシーンや、2人のマーカーを背負いながらボールをキープし、ヒールパスを味方に通す圧巻のプレーが収められている。

 この投稿に欧州のファンも興奮! 次のようなメッセージが寄せられている。

「なんてこった!」
「目が離せない!」
「ドラゴン(ポルトのホームスタジアム)の大空翼だ」
「カタールから彼を救い出してよかった」
「素晴らしいショーだ」
「才能がある」

 主力として期待されながら、ここまでなかなか本領を発揮できていなかった中島がようやく“らしい”プレーで欧州のファンを唸らせた。レギュラー確保に向け、この一戦がターニングポイントとなるか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190927-00064647-sdigestw-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190927-00064647-sdigestw-000-6-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:23 | 大阪 ☀ | Comment(17) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮市亮、今季ドイツ2部最高速度35.17kmを記録!独紙注目「鱒(マス)が泳ぐように速く走る」

【サッカー】元日本代表FW宮市亮が「走る、走る」 甦った快足に独紙が注目「鱒が泳ぐように…」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569579153/
宮市2019ホームドリブル.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/09/27(金) 19:12:33.48 ID:blgZ1K0M9.net

リーグ第7節オスナブリュック戦で今季独2部最速のトップスピード時速35.17kmをマーク
 ドイツ2部ザンクト・パウリの元日本代表FW宮市亮は、現地時間21日のリーグ第7節オスナブリュック戦(1-1)で、2019-20シーズンのドイツ2部で最速となるトップスピード「時速35.17km」を記録した。今季開幕から7戦連続フル出場中と好調の快足アタッカーに対し、ドイツメディアも「宮市が走る、走る」と報じている。

 宮市は中京大中京高在学中の2010年12月にイングランドの名門アーセナルと契約。その後は期限付きでフェイエノールトに移籍するなど順風満帆なキャリアを積み重ねると思われていた。しかし、期限付き移籍を繰り返すなかで、両膝の前十字靭帯を断裂するなど大怪我に苦しんできた。それでも、負傷を乗り越えて復帰。現在、ザンクト・パウリではレギュラーをつかみ取り、再び輝かしい道を歩もうとしている。

 21日の2部第7節オスナブリュック戦でも開幕から7試合連続スタメン出場。1点ビハインドの前半22分、左サイドを突破したギリシャ代表FWディミトリオス・ディアマンタコスからのクロスを豪快に左足で叩き込み、今季初ゴールで同点に追いついてみせた。

 ザンクト・パウリ公式ツイッターは、宮市がこの試合でトップスピードの時速35.17kmを記録し、今季2部で最速だと伝えていたが、ドイツ地元紙「Hamburger Morgenpost」によれば、ハンブルガーSVのDFヤン・ギャメラー(時速34.92km)、同DFヨシュア・ヴァグノマン(時速34.89km)の上位勢を抜いてトップに立ったと改めて伝えている。

「ザンクト・パウリのプロがスピード記録。スローダウンしないこのロケット! 宮市亮が走る、走る…。彼は鱒が泳ぐように速く走る。それでも宮市の記録はトップの陸上競技大会では十分ではない。ウサイン・ボルトは世界記録達成時に最速44.72km/hと平均37.58km/hを達成した」

 陸上100メートルの世界記録保持者であるウサイン・ボルトにはもちろん及ばないものの、故障続きとなる以前を彷彿とさせる充実ぶりを見せる宮市。まだ26歳。プロ10年目の節目にさらなる成長曲線を描けるのか、注目が集まる。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190927-00220134-soccermzw-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:09 | 大阪 ☀ | Comment(17) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジェラード監督、クロップ監督の後継者指名に「驚いたし、とても嬉しいけど…」

ジェラード、クロップからの後継者指名に反応「驚いたし、とても嬉しいけど…」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190927-00362122-usoccer-socc
ジェラードとクロップ.jpg

レンジャーズのスティーブン・ジェラード監督が、リバプールのユルゲン・クロップ監督からの後継者への指名に反応した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

クロップ監督は2015年10月にリバプールの監督に就任し、低迷していたクラブを徐々に再建。昨シーズンにはプレミアリーグで優勝こそ逃したものの、最終節までもつれ込む優勝争いを演じると、チャンピオンズリーグ(CL)ではクラブに14年ぶり6度目の優勝をもたらした。この功績が認められ、23日に行われた『ザ・ベストFIFAアワード2019』ではFIFA男子最優秀監督賞を受賞している。

その後のインタビューでクロップ監督は、自身の後継者について問われると、「明日、私が解雇された場合…」と話し、クラブのレジェンドであるジェラード監督の名前を挙げていた。

この発言にジェラード監督は、名将からの指名に喜びをあらわに。それでもリバプールファンとして、クロップ監督の長期政権と成功を願っていることを明かした。

「驚いたし、とても嬉しいよ」

「でもユルゲン・クロップは『明日、解雇されたら』と言ったんだ。クロップは明日、解雇されることはないし、されてほしくないよ。彼は素晴らしい仕事をしているからね」

「僕自身もリバプールファンだ。地球上のすべてのリバプールファンが僕の言葉に賛同してくれるはずだよ。僕らは彼に何年も指揮を執ってもらい、できる限り多くの成功をクラブにもたらしてほしいのさ」

「それでもああやって言ってもらえたことはとても嬉しいよ」


〓〓 Liverpool FC 〓〓 1131 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1569237544/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Jリーグ、J2町田・鹿児島・琉球にJ1ライセンス交付決定!水戸は条件付交付!J2ライセンスは4クラブ(関連まとめ)

町田、鹿児島、琉球にJ1ライセンス交付決定! J2ライセンスは4クラブに
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190927-00983818-soccerk-socc
Jリーグ旗.jpg
 Jリーグは27日、2020シーズンのJリーグクラブライセンス判定について発表した。

 J1ライセンスは新たにFC町田ゼルビア、鹿児島ユナイテッドFC、FC琉球を加えた44クラブへ交付される。なお、水戸ホーリーホックはJ1ライセンス交付についての解除条件があり、スタジアムの短期改修工事を行わないことが確定した場合はJ2ライセンスに切り替わる。

 J2ライセンスは、明治安田生命J3リーグで現在6位のガイナーレ鳥取、9位のブラウブリッツ秋田など合計4クラブに交付される。

 町田は昨季、J1ライセンスが交付されなかったためにJ1昇格が不可能となっていた。2020シーズンのJ1ライセンス交付を受けて、以下のように声明を発表した。

「クラブとして念願のJ1ライセンスが取得できましたこと、石阪丈一市長をはじめとした町田市関係者様、ファン・サポーター、パートナー企業の皆様に厚く御礼を申し上げます。本当にありがとうございました。チームは今、厳しい順位となっておりますが、このクラブ初となるJ1ライセンス交付を勇気と自信に変え一丸となって戦って参ります。皆様、引き続き熱い応援をよろしくお願い申し上げます」

 クラブ史上初めてJ1ライセンスが交付されたFC琉球は以下のように声明を発表した。

「FC琉球に初めてJ1クラブライセンスが交付されることになりました。今回のJ1クラブライセンス交付にあたり、ホームタウン沖縄市をはじめ、新練習拠点としてご協力いただくことになった八重瀬町、日頃よりお世話になっております関係企業各社の皆様、そしてファン・サポーターの皆様など、多くの方々に多大なるご協力を賜りましたことを心より御礼申し上げます」

 2019シーズンのJリーグクラブライセンス一覧は以下のとおり。

▼J1クラブライセンス

北海道コンサドーレ札幌
ベガルタ仙台
モンテディオ山形
水戸ホーリーホック
鹿島アントラーズ
栃木SC
ザスパクサツ群馬
浦和レッズ
大宮アルディージャ
ジェフユナイテッド千葉
柏レイソル
FC東京
東京ヴェルディ
川崎フロンターレ
FC町田ゼルビア
横浜F・マリノス
横浜FC
湘南ベルマーレ
ヴァンフォーレ甲府
松本山雅FC
アルビレックス新潟
カターレ富山
ツエーゲン金沢
清水エスパルス
ジュビロ磐田
名古屋グランパス
FC岐阜
京都サンガF.C.
ガンバ大阪
セレッソ大阪
ヴィッセル神戸
ファジアーノ岡山
サンフレッチェ広島
レノファ山口FC
徳島ヴォルティス
愛媛FC
アビスパ福岡
ギラヴァンツ北九州
サガン鳥栖
V・ファーレン長崎
ロアッソ熊本
大分トリニータ
鹿児島ユナイテッドFC
FC琉球

▼J2クラブライセンス

ブラウブリッツ秋田
AC長野パルセイロ
ガイナーレ鳥取
カマタマーレ讃岐

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12278
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1569555000/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:03 | 大阪 ☁ | Comment(1) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バルセロナ、罰金3万5千円…グリーズマンの移籍巡る不正接触で

【サッカー】バルセロナ、グリーズマン獲得時の不正接触で3.5万円の罰金…今夏145億円で移籍
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569549860/
グリーズマンバルサ.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/09/27(金) 11:04:20.05 ID:blgZ1K0M9.net

 バルセロナが、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンの獲得において不正を行ったとして、スペインサッカー連盟(RFEF)に300ユーロ(約3万5000円)の罰金を科された。スペイン紙『マルカ』が26日に報じた。

 バルセロナは7月にアトレティコからグリーズマンを獲得。1億2000万ユーロ(当時レートで約145億円)の契約解除金を支払い、5年契約を締結していた。だが、アトレティコは、バルセロナが3月から同選手との交渉を開始し、契約解除金が2億ユーロ(約236億円)から1億2000万ユーロに下がる7月1日よりも前に合意に至っていたとして、金額が不足していると主張していた。

 RFEFによると、グリーズマンがアトレティコとの契約を残しているにもかかわらず、バルセロナとの契約にサインしたという疑惑は証明できなかったという。それでも、バルセロナがアトレティコの許可なしに交渉を始めたことで、罰金処分が決まった。

 この不正疑惑に対して罰金300ユーロでは処分が軽すぎるとして、ホームゲームでの無観客試合処分を下される可能性も報じられていたが、RFEFによると「十分な理由ではない」として、無観客試合処分は科されなかった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190927-00983593-soccerk-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳥栖FW豊田陽平、第3子誕生のコメントが面白い(関連まとめ)

鳥栖FW豊田陽平に第三子誕生 「令和ベイビー大切に」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190927-00362120-usoccer-socc
豊田2019鳥栖.jpg

サガン鳥栖は27日、元日本代表FW豊田陽平(34)に第三子が誕生したことを発表した。

第三子は19日に誕生。3児の父親となる豊田はクラブの発表を受け、公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

「この度、私事ですので、子どもの為にもニュースとならないで欲しいのですが、今月豊田家第三子が誕生しましたことをお知らせ致します。子育てのような大きな問題は楽しく、クールで、セクシーに取り組むべき。だと聞きました。令和ベイビー大切に育てていきたいと思います」

豊田は2010年から鳥栖に籍を置き、2018年に蔚山現代FCにレンタル移籍。同年夏に復帰した。今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグ18試合に出場。3ゴールを記録している。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12278
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1569555000/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(1) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AZ菅原由勢、リーグ戦初アシスト!フェイエノールト戦で3-0快勝に貢献(関連まとめ)

【サッカー】<DF菅原由勢(AZ)>フェイエノールト戦で初アシストで勝利に貢献!開幕戦以来となるリーグ戦2度目のフル出場も達成
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569533085/
菅原2019第7節.jpg
1: Egg ★ 2019/09/27(金) 06:24:45.92 ID:1xpiMPph9.net

オランダ1部・エールディビジ第7節のフェイエノールト対AZが現地時間26日に行われた。試合はアウェイのAZが3-0で勝利した。AZのDF菅原由勢は先発でフル出場し、1アシストを記録している。

 39分に先制したAZはリードして折り返すと迎えた50分、右サイドでボールを受けた菅原がゴール中央でフリーのステングスにパス、ワントラップから左足で打ったシュートはゴール左下に決まる。これが菅原にとってリーグ戦初のアシストとなった。

 ボール支配率で上回るAZは終了間際にもダメ押し点を決め敵地で貴重な勝ち点3を獲得、3位で1位アヤックスと2位PSVを勝ち点1差で追っている。なお菅原は開幕戦に続きリーグ戦2度目のフル出場を果たした。

9/27(金) 5:55配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190927-00340118-footballc-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190927-00340118-footballc-000-2-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(8) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

デンマーク代表ドルベリの高級時計窃盗事件、まさかの展開に…同僚のU18仏代表FWファティガが窃盗、最悪の場合解雇に

【サッカー】フランス1部クラブで衝撃の事態! 18歳の逸材FWがエース候補の高級時計を窃盗。最悪の場合は解雇も
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569537712/
ドルベリとファティガ.jpg

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/09/27(金) 07:41:52.30 ID:HC99V3og9.net

フランスの年代別代表に選ばれてきた逸材が…

衝撃の真相が明らかになった。

現地時間9月26日、フランス紙『Nice Martin』をはじめとする複数のメディアは、今月16日にリーグ・アンのニースに所属するデンマーク代表FWキャスパー・ドルベアが所持していた900万円相当の高級腕時計が、クラブ施設の更衣室で盗まれた事件の犯人が「見つかった」と大々的に報じた。

ニースの地元紙『Nice Martin』によれば、なんと犯人はチームメイトで、センターフォワードのポジションを争うラミヌ・ディアビ・ファティガだったという。

現在18歳のディアビ・ファティガは、フランスの年代別代表に招集されてきた有望株で、「過去10年でも指折り才能を持つストライカー」とも称され、将来を嘱望されている。

今年4月に右足首を痛めた影響で、長期離脱を余儀なくされていたが、今月初めにチームのトレーニングに復帰。そんななかで起こした騒動は波紋を広げている。

フランスの全国紙『L'Equipe』によれば、ニースは、地元警察の協力を得ておこなった監視カメラの映像解析で、犯人を突き止めという。近々で聴聞会を開き、最悪の場合は、ディアビ・ファティガを解雇する可能性もあるようだ。ちなみに当人は弁護士とともに練習場を訪れ、パトリック・ヴィエラ監督とチームに謝罪をしているという。

何はともあれホッとしているのは、“被害者”となったドルベアだろう。

今夏の移籍市場でニースにやってきたばかりのエース候補は事件発覚当時、クラブの首脳陣に対して、「犯人と時計の所在が明らかになるまでプレーしたくない」と気を落としていただけに、胸をなでおろしているはずだ。同僚の中に犯人がいたというショックも、小さくないかもしれないが……。

ディアビ・ファティガの処遇とともに、“相棒”が戻ってきたドルベアのパフォーマンスにも注目したい。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190927-00010002-sdigestw-socc
9/27(金) 5:50配信

https://kruf468c.user.webaccel.jp/files/topics/64615_ext_04_0.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(16) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三好康児、2ゴールなど3得点に絡む大活躍!アントワープを勝利に導く!天野純アシストのロケレンに延長戦の末勝利!小池龍太も出場

【サッカー】<三好康児>アントワープを勝利に導く2得点! 延長戦で天野純&小池龍太出場のロケレン下す
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569532361/
三好2019ベルギー杯R32ゴール.jpg
1: Egg ★ 2019/09/27(金) 06:12:41.78 ID:1xpiMPph9.net

【アントワープ 4-2 ロケレン クロキー・カップ6回戦】

 現地26日、クロキー・カップ(ベルギーカップ)の6回戦が行われ1部のロイヤル・アントワープFCと2部のロケレンが対戦した。

 アントワープは日本代表MF三好康児がトップ下で移籍後公式戦初先発。ロケレンでは柏レイソルから移籍したDF小池龍太が右ウィングで先発起用され、横浜F・マリノスから加入の日本代表MF天野純はベンチスタートとなった。

 試合は開始早々に動く。ロケレンがキックオフとともに攻め込み、MFギオルギ・ベリーゼのゴールで先制に成功した。開始11秒、電光石火の先制弾となった。

 しかし、主導権はアントワープが握り、すぐに取り返す。6分、三好が絶妙なタメを作ってスルーパスを繰り出し、左サイドの選手を走らせる。そしてMFディディエ・ラムケル・ゼの低いクロスに、ファーサイドで待っていたFWディウメルシ・エンボカニが合わせて同点に追いついた。

 そして三好はさらなる輝きを放つ。33分、ボールが右から左へ展開される間に相手センターバックの背後を取ると、ラムケル・ゼのスルーパスに抜け出してゴール前へ。飛び出してきたGKの動きを見極め、左足で逆転ゴールを流し込んだ。

 38分には先制ゴールを決めたベリーゼに代わって、天野が登場。日本人選手3人がピッチ上に揃い、アントワープの1点リードで前半終了となった。

 後半も三好はゴールに迫る。60分、ペナルティエリア内でこぼれ球を拾って強烈なシュートを放つも、これは相手GKの好セーブに遭い2点目とはならない。

 すると天野も負けじと、なんとかチャンスを作るべく縦横無尽に動き回って奮戦する。67分にはペナルティエリア内で倒されて主審の笛が吹かれ、PK獲得かと思われたが判定はシミュレーション。イエローカードをもらい、これには天野も苦笑いだった。

 後半の終盤はこう着状態となり、アントワープも主導権を握りながらチャンスをものにできず。すると85分、今度は天野が左足で貴重な同点ゴールを演出する。左サイドでボールを受けると、中央を確認してピンポイントクロス。最後はゴール前でフリーになっていた途中出場のFWフラン・ナバーロが頭で合わせて2-2とした。

 試合はそのまま延長戦に突入する。そして延長前半の98分、再び三好の左足が火を噴いた。右サイドからのクロスを落とし、パスを受けたMFハリス・ハルーンがシュートを放つ。これはGKに弾かれたが、こぼれ球に反応した三好が角度のないところから押し込み、値千金の勝ち越しゴールを奪った。

 延長後半は両チームとも運動量が落ちてきてオープンな展開に。ロケレンがボールを握る時間帯も増えたが、アントワープは勝負を決める追加点をカウンターで奪った。114分、中盤でボールを奪うと前線の3人で速攻に移り、三好が右から左に流れたことによってできたスペースに途中出場のFWアマラ・バビーが走り込み、エンボカニからのスルーパスを受けてフィニッシュ。リードを2点に広げた。

 これで勝負あり。アントワープは120分の死闘の末にロケレンを4-2で下し、ベルギーカップベスト16進出を決めた。2得点の三好だけでなく、1アシストの天野、2つのポジションで延長戦まで走りきった小池と日本人3選手が確かな存在感を示した一戦となった。

【得点者】
1分 0-1 ベリーゼ(ロケレン)
6分 1-1 エンボカニ(アントワープ)
33分 2-1 三好康児(アントワープ)
85分 2-2 ナバーロ(ロケレン)
99分 3-2 三好康児(アントワープ)
114分 4-2 バビー(アントワープ)

9/27(金) 5:58 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190927-00340116-footballc-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190927-00340116-footballc-000-1-view.jpg


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:44 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浦和レッズ、天皇杯敗退で緊急全隊ミーティング(関連まとめ)

天皇杯で不覚敗退の浦和が緊急の全隊ミーティング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190926-09260764-nksports-socc
※現在は全体に直っています

大槻監督記者会見.jpg

浦和レッズは天皇杯4回戦敗退から一夜明け、埼玉・大原サッカー場で非公開練習を行った。

予定を変更して全体ミーティングから始め、大槻監督がACL優勝とリーグ戦15位からの浮上へ覚悟を表明。前夜にJFLのホンダFCに敗れた後、バスを降りてサポーターから受け取った意見を、その場にいなかった選手にも伝えたという。28日は勝ち点4差のリーグ16位サガン鳥栖と敵地で直接対決。MF長沢は「危機感があれば勝てるわけではない。一丸となって戦う」と引き締めた。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12277
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1569487004/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☁ | Comment(12) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川真司、サラゴサ記者会見!「必ずこのチームで昇格を味わうために戦い続けたい」代表招集について質問も「僕が決める事ではない」

香川真司、新天地スペインで「いいスタート切れた」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190926-09261177-nksports-socc
香川サラゴサ記者会見2019-09.jpg

スペイン2部サラゴサに所属するMF香川真司(30)が26日、ホームスタジアム、ラ・ロマレダの記者会見場でチームの記者会見に出席した。

香川はここまでリーグ開幕から6試合連続でトップ下に入り先発出場。2得点を記録し、4勝2分で3位につけるチームに貢献している。会見では「いいスタートを切れたと思っています」と話す一方で、「慢心したり余裕を感じているようではすぐに足をすくわれる」と“かぶとの緒”を締めた。会見の一問一答は次の通り。(高橋智行通信員)

   ◇   ◇   ◇

−代表入りした場合、サラゴサで2試合出られなくなる可能性があることについて

まだ正式には分からないので、取りあえず次の日曜日(オビエド戦)の試合に集中しており、代表のことは今は考えていない。僕が決めることではないので、しっかりと日曜日の試合に勝つことだけに集中しています

−代表招集された場合は参加するか?

それは僕が決めることではないので行くしかないですし、2試合出られない事実はあるが、選ばれたら行くし、選ばれなければここでやるだけです

−ここ1カ月半くらいたっているが、サラゴサで順調にフィットしているか?

いいスタートを切れたと思っています。ただ、まだ課題が個人としてもチームとしてもあると感じていますが、それはもちろん当然のこと。これからもっと僕たちはシーズンが進むについて、チームとしての戦い方や個人個人のコンディションが上がってくると思っています。今は何より内容よりも結果を重要視している中で、いいスタートは切れているなと。ただまだ5、6試合の話なので、これから10試合、20試合と続いていく中で、チームとしてもっと戦い方を含め向上していくために、ハードワークし続けてやっていきたいと思っています

−スペインサッカーで驚いたことについて

非常にどのチームもタフというか、簡単に勝てる試合が存在しないことをあらためて感じている。この間のホームの試合に関しても、相手は必死に守備を固めてくるというチームが今後も増えてくるというのを含めて、僕たち自身も戦い方の幅を広げることであったり、今はいろんな相手と対戦しながら、どんな相手に対しても自分たちの良さを、試合の流れを見ながらどんどん発揮していけるように、そういうバリエーションを増やしながらやっていきたい。タフな試合が多いし、今週もアウェーでのタフな試合が待っているので、この間は引き分けたということを含めて必ず勝てるように、特にメンタル面で良い準備をして臨みたいと思っています

−前の試合で主審と話していたが、その主審についてどう思うか?

いろいろな判定に対しては試合の中で一瞬の感情というのは選手ですから表現するのは当たり前の話ですが、だからといって試合が終わって何があるかとか、判定がどうだとかは全くないですし、審判に対して別に何も思いません

−ホームの観衆の雰囲気について

素晴らしいの一言です。彼らは僕が来た初日から素晴らしい歓迎をしてくれていて、本当にホームのサポーター含めスタジアムの雰囲気には常に感謝したいと思っています。ただ僕はファンの声援に対してしっかりとピッチで証明していかないといけないですし、それは何かというとチームが勝ち続けること、僕自身も結果を残し続けることなので、それを常に頭に入れながら、常にピッチの上ですべての評価が決まるということをあらためて自分の問い聞かせながら、日々過ごしていきたいと思っています

−最下位のオビエドとの次節について

この時点で順位はあまり関係ないので、相手が最下位だろうが僕自身は非常に厳しい試合になると思っているんで、そのための準備をしっかりとすること、さっきも言いましたが、特にメンタル面でしっかりと試合に向けた準備をすること、整理をすることが非常に重要になってくると思う。この前の試合で出た課題を含め、どうやったら相手を崩せるか、試合をコントロールできるかを、次の試合でチームとして発揮できるように、残りの日曜日までの時間を過ごしていきたいと思っています

−監督からの指示について

特別なことは求められていないですが、そのポジションにおいて何を求められるかというのは、攻撃においての最後の局面だと思っているので、それは常に求めていかなければいけないですし、ゴールにしろアシストにしろ、そこの意識を毎試合持って戦い続けていきたいと思います。その中で結果を残すために必ずプロセスがあるわけで、それをしっかりと仲間と共有することが何より大事ですし、チームメートとより深い連係を今後も試合や練習を通じてやっていき続けたい。まだまだチームとしてベストの戦いはできていないので、これからもっとそういうものを証明し続けるために、試合を重ねていきたいし、試合を重ねていくごとに僕たちは必ずレベルアップしていく、そしてそのクオリティーがあると強く感じている。本当にこの序盤戦、しっかりとまずは結果というものを追い求めながら、それと並行して内容にもトライしていければ素晴らしいシーズンを過ごせると思っています

−このあとシーズンの終盤まで何を楽しみにしているか?

終盤は意識していないです。今はまだ来て1カ月で、この序盤の5試合から10試合は非常に大事だと思っている。何回も繰り返し言ってきましたけど。次の試合、そして次の試合と目先の試合にまずは目を向けながら、そしてチームとしてより良くなっていくために練習を続けていくしか方法はないと思っている。地道にハードワークすること、そしてやはりこれから長いシーズンの中でケガ人が出たり代表選手が抜けたり、うまくいかない時期もシーズンを通して出てくると思うので、そういう時にチーム力が問われると思っているし、そういうことが今後必ず起きてくると思っているので、そういうものを想定しながら日々油断せずに目の前の試合に向けて全力を尽くすことを意識して頑張っていきたいと思っています

−ここ1カ月の状況を満足しているか

満足しているかは分からないですが、ここでのチャレンジに対し、本当に日々新鮮味を感じているし、喜びを感じていることを非常に実感できています。ただまだ1カ月でチームも個人としても、ベストなパフォーマンスはまだまだ出せていないと思っています。ただそれは当然なことで、まだシーズンが始まって1カ月なので、シーズンが過ぎるにつれ僕たちは強くなっいくし、右肩上がりにどんどん成長していくんだということを信じているし、それができると感じている。そのためにはやることは一つです。日々ハードワークして目の前の試合に全力を尽くしていければ、素晴らしい結果を見られると信じています

−先週の練習でのケガの状態について

僕も30歳で年を取っているので、慢性的なケガはあるが、試合に対しては全く問題ないのでしっかりと準備をしていきたいと思っています

−最大の目標は1部で活躍することだと思うが、1部で活躍するのに必要なものは?

もちろんサッカー選手であれば誰もが1部でプレーすることを夢見ていると思うが、僕は今そのような話に興味はなく、それを達成するためにこのチームやファンと一緒にこのタフなシーズンを乗り越えるために1試合1試合戦っていく。本当にタフなシーズンになると僕はこの1カ月で実感しているし、少しでも慢心したり余裕を感じているようではすぐに足をすくわれると思っている。必ずこのチームで(来年の)5月や6月に昇格を味わうために戦い続けたいし、サッカーは一人でやるスポーツではないので、このチームのスタッフ、選手、ファンみんなで日々戦い、目の前の試合に勝ち続けて、最後、みんなと喜びを共有できるように、それを信じてやることが何よりも大事だと思っています

Real Zaragoza 香川真司 ファン専用 part47
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1569084020/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:31 | 大阪 ☁ | Comment(23) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(24時間)

    人気記事ランキング(昨日)

      人気記事ランキング(先週)