アンテナ・まとめ RSS

宮市亮、高速突破から絶妙アシスト!8戦連続フル出場!ザンクトパウリは2-0快勝し3戦負けなし(関連まとめ)

【サッカー】宮市亮、8試合連続のフル出場で2点目をアシスト!ザンクト・パウリは2-0勝利で3試合負けなし
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569763918/
宮市2019第8節祝福.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/09/29(日) 22:31:58.66 ID:84iav2Hl9.net

【ザンクト・パウリ 2-0 ザンクトハウゼン ブンデスリーガ2部第8節】

 ドイツ・ブンデスリーガ2部第8節、ザンクト・パウリ対ザンクトハウゼンが現地時間29日に行われた。試合はホームのザンクト・パウリが2-0で勝利した。

 前節で今季初ゴールを決めたMF宮市亮は、この日も先発し8試合連続のスタメンフル出場となった。スピードを生かし、縦に仕掛けるなど積極的な姿勢を見せ、前半ATにはアシストを記録した。

 先制したのはザンクト・パウリだった。8分、右サイドでボールを回すと、中央でベッカーが受け、ペナルティエリア手前までドリブルで仕掛ける。ベッカーはそのまま左足を振り抜き、グラウンダーでゴールを決めた。

 46分、ワンツーでペナルティエリア左に抜け出した宮市が中央へグラウンダーのパスを供給。そのボールにヴィクトルが中央で合わせた。ザンクト・パウリは2点リードで前半を折り返す。

 その後、ザンクト・パウリはチャンスを作るも、追加点は奪えず。試合はそのまま終了し、ザンクト・パウリが2-0で勝利を収めた。勝利したザンクト・パウリは3試合負けなしとなっている。

【得点者】
8分 1-0 ベッカー(ザンクト・パウリ)
45+1分 2-0 ヴィクトル(ザンクト・パウリ)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190929-00340447-footballc-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:17 | 大阪 ☁ | Comment(20) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

清水、湘南を6−0粉砕!西澤健太2G2A・エウシーニョ2発などゴールラッシュで残留争い対決制す J1第27節(関連まとめ)

【サッカー】J1第27節日曜夜 湘南×清水 結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569758533/
エウシーニョ2019第27節ゴール.jpg

1: 久太郎 ★ 2019/09/29(日) 21:02:13.20 ID:84iav2Hl9.net

湘南 0−6 清水
[得点者]
25'エウシーニョ(清水)
43'エウシーニョ(清水)
44'河井 陽介 (清水)
45+3'西澤 健太(清水)
52'ドウグラス (清水)
56'西澤 健太 (清水)

スタジアム:Shonan BMW スタジアム平塚
入場者数:12,042人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/092912/livetxt/#live


J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/


清水が下位対決で6発ゴールラッシュ!! 湘南は守備崩壊5戦未勝利
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190929-43472176-gekisaka-socc

[9.29 J1第27節 湘南0-6清水 BMWス]

 J1リーグは29日、第27節を各地で行い、清水エスパルスは敵地で湘南ベルマーレと対戦し、6-0で勝利した。清水は下位直接対決を制し、J1残留へ前進。今季最多得点となるゴール劇で勝ち点を「35」に伸ばし、10位に浮上した。

 ホームの湘南は14日の大分戦から先発4人を変更し、DF菊地俊介が13試合ぶりに先発復帰。対する清水は前節の名古屋戦と同じスターティングイレブンが並び、FW鄭大世が6試合ぶりにベンチ入りした。

 先制ゴールから清水がゴールラッシュをみせた。まずは前半25分、DFエウシーニョがMF西澤健太とワンツーの形から縦に突破し、右足シュートをゴール右下隅に突き刺した。エウシーニョは43分にも連続ゴール。ショートコーナーの流れから浮き球のパスを入れると、再び西澤のリターンを受けたエウシーニョは右足シュートを突き刺し、2-0にリードを広げた。

 なおも清水は攻撃を畳み掛ける。わずか1分後の45分、左サイドからDF松原后がクロスを入れると、胸トラップでおさめたFW河井陽介が左足シュートでDF山根視来の股間を抜いた。3-0と勝利を決定付けると、後半アディショナルタイム3分、MF金子翔太のスルーパスで抜け出したMF竹内涼がPA右のゴールライン際から折り返し、西澤がダイレクトで押し込んだ。

 湘南は前半だけで4失点。前半が終了すると、サポーターからはブーイングが飛んだ。しかし、後半も湘南の崩壊は止まらない。清水は後半7分、金子がスライディングでDF坂圭祐から高い位置でボールを奪取。FWドウグラスが持ち上がってそのままエリア内に侵入すると、左足シュートでGK秋元陽太の股下を抜いた。

 5-0とリードを広げた後半11分、エウシーニョがアーリークロスを入れると、河井、ドウグラとダイレクトでつなぎ、裏に抜け出した西澤がGKとの1対1を制し、6-0に突き放した。後半40分には鄭大世が投入され、約5か月ぶりに復帰。湘南は交代カードを切って反撃を試みたが、そのまま0-6で大敗。チョウ・キジェ監督が活動を自粛してから直近5試合未勝利で15位に転落し、苦境に陥っている。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:40 | 大阪 ☁ | Comment(4) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長谷部誠、頭部ぶつけ失神…ヒュッター監督「数日間、様子を見なければいけない」(関連まとめ)

【サッカー】<長谷部誠>終了間際に失神か! 監督は「数日間、様子を見なければいけない」と心配
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569687260/
長谷部2019第6節頭部負傷.jpg
1: Egg ★ 2019/09/29(日) 01:14:20.65 ID:ZTeBUYY29.net

フランクフルトに所属する元日本代表MFの長谷部誠はウニオン・ベルリン戦の終了間際に味方と交錯し、失神を起こした。アディ・ヒュッター監督は試合後、「様子を見なければいけない」と心配している様子だ。

現地時間27日に行われたブンデスリーガ第6節でウニオン・ベルリンと対戦したフランクフルト。前節に続いてキャプテンマークを巻いた長谷部は、このアウェーマッチに鎌田大地らとともにスタメンに名を連ねて、2-1の勝利に貢献した。

しかし、この一戦のアディショナルタイム5分、GKケヴィン・トラップが相手のハイボールを対応する際に長谷部と衝突。頭部に打撃を受けたリベロが倒れ込んでいる状況で、試合は終了のホイッスルを迎えた。

ヒュッター監督は試合後、その場面で長谷部は一時的に失神を起こしたことを示唆。「今は少し良くなっている。これからの数日間、どんな様子か見なければいけない」とキャプテンの状態を心配するとともに、「ケヴィン・トラップは肩から落ち、彼も痛みを感じた。まだ詳細は知らされていない」と接触の状況も説明している。

フランクフルトは10月3日に行われるヨーロッパリーグ第2節でポルトガルのギマランイシュと対戦。それまでにチームの守備を支える2人は回復を果たせるのだろうか。

9/28(土) 22:50配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190928-00010028-goal-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20190928-00010028-goal-000-2-view.jpg




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(1) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドルトムント、大迫ら負傷欠場のブレーメンと2-2ドロー…2戦連続引き分けでリーグ7位後退

ドルトムント、一時逆転もブレーメンにドローで2戦連続引き分け《ブンデスリーガ》
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190929-00362199-usoccer-socc
フリードル2019第6節ゴール.jpg

ブンデスリーガ第6節、ドルトムントvsブレーメンが28日に行われ、2-2で引き分けた。ブレーメンのFW大迫勇也は負傷欠場となっている。

前節フランクフルト戦を終盤のオウンゴールで痛恨の引き分けに終わったドルトムントは、3勝1分け1敗スタートとなった中、4日後にチャンピオンズリーグ(CL)のスラビア・プラハ戦を控える中、アルカセルやデラネイをベンチスタートとし、ゲッツェを最前線に配した。

大迫不在が響き、前節3敗目を喫したブレーメン相手にドルトムントは8分に先制を許す。クラーセンの浮き球パスをボックス右で受けたラシカに豪快に蹴り込まれた。

それでも1分後、ドルトムントがすかさず追いつく。ピシュチェクの右サイドからのアーリークロスをファーサイドのゲッツェが頭で押し込んだ。

試合を振り出しに戻した後もドルトムントの攻勢が続いた中、前半終盤に勝ち越した。41分、T・アザールの右クロスにロイスが頭で合わせてゴール左に流し込んだ。

しかし、迎えた後半の55分に追いつかれる。左CKからニアサイドのサージェントに頭で逸らされ、ファーサイドのフリードルに頭で押し込まれた。

勝ち越しを目指すドルトムントはブラント、アルカセルと投入していく。そして終了間際の追加タイム2分には左サイドで仕掛けたブラントの折り返しにアルカセルがボレーで合わせる決定機を演出するも、枠の上に外れタイムアップ。

2試合連続ドローに終わり、首位に浮上したバイエルンとの勝ち点差が3に広がっている。


【BVB09】Borussia Dortmund 901【jjj】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1564126958/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(14) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リトルなでしこ、U-16アジア選手権優勝!北朝鮮に2-1逆転勝利し4度目のアジア制覇!

【サッカー】リトルなでしこ、逆転劇で北朝鮮下し3大会ぶり4度目のアジア王者に!U-16女子アジア選手権
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569732311/
リトルなでしこ2019浜野ゴール.jpg
1: れいおφ ★ 2019/09/29(日) 13:45:11.99 ID:ujhjE5Qz9.net

28日、AFC U-16女子選手権の決勝がタイで行われ、U-16女子日本代表がU-16朝鮮民主主義人民共和国代表と対戦。
“リトルなでしこ”は、PKから先制を許す立ち上がりとなったが、2点を奪って逆転勝ち。アジア最多となる、4度目の王者に輝いた。

同大会の過去の優勝回数はともに3回ずつ。アジア最大のライバルを退け、盟主の座を勝ち取りたい日本。
スタメンはGK野田にな、最終ラインは右から小山史乃観、井手ひなた、林愛花、丹野凜々香。
ダブルボランチに天野紗と大山愛笑、右サイドに箕輪千慧、左に猪P結子、2トップに浜野まいかと根府桃子が入る4−4−2でスタートした。

最初のチャンスは朝鮮民主主義人民共和国。
前半8分、縦パスで最終ラインを抜け出したキム・チャンミを丹野が後ろから倒してしまい、ペナルティキックを献上。
これをホン・ソンオクがゴール右に決め、朝鮮民主主義人民共和国が先制する。

今大会初失点を喫した日本だったが、前半18分に、今大会無失点の朝鮮民主主義人民共和国ゴールをこじ開ける。
右サイドから中央、左サイドへとパスをつなぐと、天野が左足で流し込み、同点に追いついた。

そして前半22分、日本がファインゴールで逆転する。左サイドで得たフリーキックを猪Pが中央へ折り返すと、
ペナルティエリアの外から林が右足を振り抜き、ゴールに強烈なシュートを突き刺した。

前半31分には朝鮮民主主義人民共和国が決定機を迎えるが、右ポストに当たって跳ね返ったボールが左ポストに当たり、ゴールならず。日本にとってはヒヤリとする場面だった。

後半開始から、浜野に替えて西尾葉音を投入。後半16分には、西尾がドリブルで積極的に仕掛け、
ペナルティエリアの外からシュートを打つが、ゴールの枠を外れた。

日本はボールの失い方が悪く、相手陣内でパスミスを多発。
圧力をかける朝鮮民主主義人民共和国の前に守勢に回る時間が続くが、センターバックの井手と林、GK野田を中心にゴール前を固める。

後半27分、猪Pに替えて、今大会初出場の藤野あおばを投入。
後半32分には天野のパスを受けた箕輪が走り込んでシュートを打つが、サイドネット直撃。ようやく、日本らしいパスワークからチャンスを作る。

後半41分には、大山がペナルティエリアの外からフリーキックを直接狙うが、GKの好守に防がれてしまう。
後半45分にはボランチの大山に替えて、平中響乃を送り込む。
最後まで集中を切らさず戦った日本は、アディショナルタイム3分を守り抜き、2対1で勝利。見事、アジアナンバーワンの座を手にした。

試合後、狩野倫久監督は「先制されたが、選手たちが冷静で逆転できたのが良かった。
目標としていた優勝ができた。選手たちを育ててくださった、女子サッカーの関係者に感謝したい」と語り、
決勝ゴールの林は「苦しい時間帯がたくさんありましたが、ベンチで応援してくれる仲間、ピッチの仲間と励まし合って、最後まで走ることができました。
W杯はもっと厳しい戦いになりますが、レベルアップさせて挑みたい」と決意を語った。

アジア女王として臨むU-17女子W杯は、2020年11月にインドで開催される。

https://sportsbull.jp/p/626148/



リトルなでしこ2019アジア選手権優勝.jpg
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(1) | 女子サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FC東京、松本の堅守崩せず0-0ドロー!2位鹿島と勝ち点1差のまま J1第27節昼(関連まとめ)

【サッカー】J1第27節日曜昼 松本×FC東京 結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569740088/
永井2019第27節競り合い.jpg

1: 久太郎 ★ 2019/09/29(日) 15:54:48.61 ID:84iav2Hl9.net

松本 0−0 FC東京
[得点者]
なし

スタジアム:サンプロ アルウィン
入場者数:19,271人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/092911/live/#live


J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/


5: 久太郎 ★ 2019/09/29(日) 15:55:57.47 ID:84iav2Hl9.net

>>1
FC東京が勝点1を積み上げ首位の座を死守! 松本とのアウェー戦は0-0ドロー決着

松本が健闘! 72分にはFW永井龍のシュートがクロスバーを叩く
 J1リーグは9月29日、各地で27節の残り2試合を開催。サンプロアルウィンでは、松本山雅FC対FC東京の一戦が行なわれ、0-0の引き分けに終わった。

 前節終了時で首位のFC東京に対し、ホームの松本は降格圏の17位。対照的な両チームの激突は、ハードワークで食い下がる松本の健闘で拮抗した展開を見せる。

 序盤は町田也真人が果敢にゴールを狙うなど、松本が攻勢に出るが、徐々にFC東京がペースを掴み、三田啓貴の精度の高い縦パスから、快足を誇る永井謙佑が裏を狙うなどして松本を押し込んでいく。

 しかし、松本は押し込まれながらも自陣に堅牢を築き、ゴールを許すまでは至らない。スコアレスで迎えた後半も同様の展開となったが、徐々に松本もカウンターから好機を窺う。72分には右からのクロスをFW永井龍がコースを狙った絶妙なヘディングシュート。しかし、これは惜しくもクロスバーを直撃し、ゴールならず。

 結局、試合は0-0のままタイムアップ。スコアレスドローとなった一戦はともに勝点1ずつを分け合う結果に終わった。FC東京は勝点を53として、鹿島に1ポイント差をつけて今節も首位の座を死守。一方の松本は勝点25で、16位の鳥栖との差は依然3ポイント差となっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190929-00064727-sdigestw-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:45 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアルとアトレティコ、マドリード・ダービーは0-0ドロー!アトレティコGKオブラクが好守連発

マドリード・ダービーはスコアレス…レアルはアトレティコ守護神の好守破れず
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190929-00984290-soccerk-socc
ベンゼマとオブラク2019第7節.jpg


 リーガ・エスパニョーラ第7節が28日に行われ、アトレティコ・マドリードとレアル・マドリードが対戦した。

 今シーズン最初の“マドリード・ダービー”は、ホームの3位アトレティコが先にチャンスを作った。8分、ジョアン・フェリックスがペナルティエリア右へ抜け出してシュートを放ったが、これは枠の左に外れた。一方、リーガで唯一開幕無敗の首位レアルは23分、エデン・アザールがエリア左へ突破して折り返すが、相手DFにブロックされた。

 アトレティコは39分、J・フェリックスがエリア手前右から強烈なミドルシュートで相手ゴールを脅かす。レアルも40分にトニ・クロースがエリア手前中央から右足で狙ったが、シュートはGKヤン・オブラクの好セーブに阻まれた。

 後半に入って49分、アトレティコはジエゴ・コスタがエリア手前左からクロスを送ると、飛び出したアンヘル・コレアが頭で合わせたが、枠を捉えられず。レアルは55分、ギャレス・ベイルがミドルシュートを放つが、これはクロスバー上に大きく外れた。

 その後も膠着状態が続き、レアルは68分、フェデリコ・バルベルデを下げてルカ・モドリッチを投入。内転筋のケガで離脱していたモドリッチは公式戦5試合ぶりの復帰となった。アトレティコは70分、J・フェリックスを下げて今夏にレアルから加入したマルコス・ジョレンテを送り出す。

 レアルは75分、モドリッチのサイドチェンジからナチョ・フェルナンデスがクロスを送ると、中央のカリム・ベンゼマがヘディングシュートを放ったが、これもGKオブラクの好セーブに遭った。

 試合はスコアレスのままタイムアップとなり、マドリード・ダービーはドローで終わった。レアルは連勝が3で止まったものの、リーガ開幕7試合無敗。アトレティコは4勝2分け1敗となった。

 次節、アトレティコは10月6日にアウェイでバジャドリードと、レアルは同5日にホームでグラナダと対戦する。

【スコア】
アトレティコ・マドリード 0−0 レアル・マドリード

【スターティングメンバー】
アトレティコ・マドリード(4−4−2)
オブラク;トリッピアー、サヴィッチ、ヒメネス、ロディ(61分 レマル);コケ、トーマス、サウール、ビトーロ(46分 コレア);J・フェリックス(70分 ジョレンテ);D・コスタ

レアル・マドリード(4−3−3)
クルトワ;カルバハル、ヴァラン、S・ラモス、ナチョ;バルベルデ(68分 モドリッチ)、カゼミーロ、クロース;ベイル、ベンゼマ(88分 ヨヴィッチ)、アザール(77分 ハメス)


◆◇El Blanco Real Madrid 1033◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1569036706/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンC、マフレズ絶妙FK弾などエバートンに3-1快勝!首位リバプールとの勝ち点差を維持(関連まとめ)

マンC、マフレズの直接FK弾含む3発でエヴァートン撃破! 首位との差を維持
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190929-00984308-soccerk-socc
マフレズ2019第7節ゴール.jpg

 プレミアリーグ第7節が28日に行われ、エヴァートンとマンチェスター・Cが対戦した。

 試合は12分、右サイドのリヤド・マフレズが左足でクロスを供給すると、イルカイ・ギュンドアンがゴール前に飛び出して合わせる。しかし、ボールはクロスバーに弾かれて得点とはならない。

 24分、マフレズが右サイドを突破すると、ケヴィン・デ・ブライネに横バス。デ・ブライネはエリア外からワンタッチでゴール前に浮き球のパスを入れる。これをガブリエル・ジェズスがヘディングで押し込み、マンチェスター・Cが先制に成功した。

 追いつきたいホームのエヴァートンは33分、こぼれ球をシェイマス・コールマンが拾う。コールマンはペナルティエリア右から、ゴール前でフリーになっていたドミニク・カルヴァート・ルーウィンへパス。C・ルーウィンは頭で決めて、エヴァートンが同点に追いつく。

 前半を1−1で折り返すと、71分に試合が動く。マンチェスター・Cがペナルティエリア外でFKを獲得すると、キッカーを務めるのはマフレズ。マフレズが左足でシュートを放つとゴール左に流れ込み、マンチェスター・Cは勝ち越しに成功する。

 エヴァートンは79分、右CKからクロスを供給すると、ジェリー・ミナがヘディングでゴール左下に狙う。しかし、GKエデルソンがセーブ。

 84分、セルヒオ・アグエロがエリア右からクロスを入れるとラヒーム・スターリングが反応。スターリングはボレーシュートで合わせると、クロスバーに直撃したものの、ゴールラインを割って得点が認められる。マンチェスター・Cが追加点を奪った。

 このまま試合は終了して、アウェイのマンチェスター・Cが3−1でエヴァートンに勝利を収め、首位リヴァプールとの勝ち点差「5」を維持した。

【スコア】
エヴァートン 1−3 マンチェスター・C

【得点者】
24分 0−1 ガブリエル・ジェズス(マンチェスター・C)
33分 1−1 ドミニク・カルヴァート・ルーウィン(エヴァートン)
71分 1−2 リヤド・マフレズ(マンチェスター・C)
84分 1−3 ラヒーム・スターリング(マンチェスター・C)

【スターティングメンバー】
■エヴァートン(4−2−3−1)
ピックフォード;ディーニュ、ミナ、マイケル・キーン、コールマン;デルフ、シュナイデルラン(81分 デイヴィス);リチャーリソン、シグルズソン、ウォルコット(7分 イウォビ/74分 モイーズ・キーン);ルーウィン

■マンチェスター・C(4−3−3)
エデルソン;ジンチェンコ、オタメンディ、フェルナンジーニョ、ウォーカー;ギュンドアン、ロドリ、デ・ブライネ(80分 B・シウヴァ);スターリング(86分 D・シルバ)、ジェズス(66分 アグエロ)、マフレズ

BLUEMOON マンチェスターシティ 346cityzens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1569079308/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【奥川無双】奥川雅也、スーパーボレーなど1ゴール1アシストの大活躍!ザルツブルクの4-1逆転勝利に貢献(関連まとめ)

【サッカー】<奥川雅也>絶品ボレー!1ゴール1アシストで逆転勝利に導く!ザルツブルクは開幕9戦無敗...5試合で4ゴール2アシスト
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569714862/
奥川2019ザルツブルクゴール.jpg

1: Egg ★ 2019/09/29(日) 08:54:22.74 ID:ZTeBUYY29.net

オーストリア・ブンデスリーガ第9節が28日に行われ、日本代表FW南野拓実とFW奥川雅也が所属するザルツブルクとアウストリア・ウィーンが対戦した。奥川は先発出場、3日前のカップ戦で120分プレーした南野はベンチスタートとなった。

 ホームのザルツブルクは開始2分、相手のクロスに競り合ったアルバート・ヴァルチのオウンゴールでA・ウィーンにいきなり先制を許す。だがその後は1点を追って主導権を握り、33分にマジード・アシメルがリズム良いパス交換でエリア内に抜け出し、右足シュートを沈めて同点に追いついた。

 36分には奥川がエリア内に走り込んでシュートを放ったが、得点にはつながらず。それでも42分には、奥川が右サイドを抜け出して絶妙なクロスを送ると、セク・コイタが合わせて逆転ゴールを挙げた。

 1点リードで折り返したザルツブルクは55分、奥川がDFの裏をとってエリア右に走り込み、セク・コイタのロングパスに右足ダイレクトで優しく合わせると、シュートはGKの頭上を越えてゴールネットを揺らした。奥川は今シーズン4点目となった。

 その後も攻勢を続けるザルツブルクは79分、奥川がエリア左に抜け出して折り返したが、これは味方につながらず。それでもDFが触ったこぼれ球をセク・コイタがダイレクトで押し込み、ダメ押しゴールを挙げた。

 試合はこのままタイムアップを迎え、ザルツブルクが逆転勝利。今シーズン開幕から8勝1分けで9試合無敗をキープした。なお、奥川はフル出場で1ゴール1アシストを記録。南野に出番はなかった。

 次節、ザルツブルクは10月5日にホームでラインドルフ・アルタッハと、アウストリア・ウィーンは同日にホームでシュトゥルム・グラーツと対戦する。

【スコア】
ザルツブルク 4−1 アウストリア・ウィーン

【得点者】
0−1 2分 オウンゴール(アルバート・ヴァルチ)(A・ウィーン)
1−1 33分 マジード・アシメル(ザルツブルク)
2−1 43分 セク・コイタ(ザルツブルク)
3−1 55分 奥川雅也(ザルツブルク)
4−1 79分 セク・コイタ(ザルツブル)

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20190929-00984242-soccerk-000-3-view.jpg

9/29(日) 2:00配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190929-00984242-soccerk-socc


3: Egg ★ 2019/09/29(日) 08:55:41.98 ID:ZTeBUYY29.net

絶品ボレーで今季4得点目の奥川雅也、指揮官も称賛「最高だったね」

リーグ戦5試合で4ゴール2アシスト

オーストリア・ブンデスリーガは28日に第9節が行われ、ザルツブルクはオーストリア・ウィーンに4-1と快勝。先発した奥川雅也が、今季4ゴール目を挙げた。

今季好調を維持し、ザルツブルクでポジションを掴みつつある奥川。前節はベンチに座ったまま試合を終えていたが、A・ウィーン戦では2試合ぶりに先発出場を飾った。南野拓実はベンチスタートとなっている。

するとその奥川が結果を残す。1-1で迎えた43分、右サイドからのクロスでコイタの勝ち越し弾をお膳立てし、アシストを記録。すると55分、左サイドから相手DFライン裏へ走り出すと、コイタが低い位置からロングパス。これをジャンプしながら右足で合わせ、ループ気味のシュートをネットに押し込んだ。79分にはコイタが2点目を挙げ、ザルツブルクは4-1で快勝している。

巧みなゴールを奪った奥川は、この試合で1ゴール1アシスト。今季の得点数を「4」に伸ばした。オーストリアメディア『DER STANDARD』も、「素晴らしいクロスでコイタのゴールをアシスト」と称賛。そしてゴールシーンについては、「コイタのパスと完璧なタイミングでのボレーは、論理的な結果だった」と、見事な連携に賛辞を送った。

試合後、ジョゼ・マーシュ監督は「今日は多くの選手が素晴らしいパフォーマンスを見せ、再び必要なときに必要なプレーができることを証明した。チームにストレスはない」とし、「オクガワは最高だったね。2ゴールを決めたコイタもそうだ」と、手放しで称賛している。

今季リーグ戦出場5試合で4ゴール2アシストを記録する奥川。ザルツブルクはこの後、3日にチャンピオンズリーグでリヴァプールと激突するが、アピールを続ける23歳FWが欧州王者相手に先発する可能性は十分にありそうだ。

9/29(日) 6:55配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190929-00010007-goal-socc

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20190929-00010007-goal-000-1-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:42 | 大阪 ☁ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【世界よ!これがオカザキだ】岡崎慎司、スーパーゴールでスペイン初ゴール!ウエスカの1-0勝利に貢献(関連まとめ)

【サッカー】岡崎慎司がスペイン初ゴール! スーパーボレー弾が決勝点に。1-0でウエスカ勝利
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569693490/
岡崎スペイン初ゴール.jpg

1: 久太郎 ★ 2019/09/29(日) 02:58:10.06 ID:84iav2Hl9.net

【ウエスカ 1-0 ジローナ セグンダ・ディビシオン第8節】
 
 セグンダ・ディビシオン第8節、SDウエスカ対ジローナの試合が現地時間28日に行われた。ウエスカが1-0の勝利をおさめている。

 ウエスカに所属する岡崎慎司は3試合連続の先発出場を果たした。試合開始して43分、味方が頭で折り返したボールを岡崎が一度トラップし、右足を振り抜いて技ありのスーパーボレー弾を決める。岡崎にとってはスペイン初ゴールとなった。

 その後の追加点はなかったものの、岡崎の先制点を守り切ったウエスカが1-0の勝利をおさめている。次節は現地時間10月2日にアウェイでカディスCFと対戦する予定だ。

【得点者】
43分 1-0 岡崎(ウエスカ)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190929-00340218-footballc-socc


※一部追記しました
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 03:14 | 大阪 ☁ | Comment(30) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(24時間)

    人気記事ランキング(昨日)

      人気記事ランキング(先週)