アンテナ・まとめ RSS

2019年10月02日

【関根最高や!】浦和、ファブリシオ&関根スーパーゴールで広州恒大に2-0完封勝利!AG許さずACL制覇に向け前進 ACL準決勝第1戦(関連まとめ)

【サッカー】<ACL準決勝第1戦>浦和レッズ 2-0 広州恒大(中国) 「得点者」ファブリシオ(19分)、関根貴大(75分)アウェイゴール与えず!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1570018777/
関根2019ACL準決勝第1戦ゴール.jpg

1: Egg ★ 2019/10/02(水) 21:19:37.95 ID:ZMHQfbeQ9.net

浦和レッズ 2-0 広州恒大

19'ファブリシオ(浦)
75'関根 貴大(浦)

埼玉スタジアム2002

試合経過 Jリーグ公式
https://www.jleague.jp/sp/match/acl/2019/100201/livetxt/

第2戦

10月23日
広州恒大 21:00 浦和 [広州]

https://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?260307-260307-fl#2


99: Egg ★ 2019/10/02(水) 21:23:12.40 ID:ZMHQfbeQ9.net

浦和、2年ぶりのACL決勝進出へ王手!ファブリシオ&関根貴大の鮮烈弾で広州恒大に2-0快勝!!


アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は10月2日、浦和レッズ対広州恒大の準決勝第1戦が、埼玉スタジアム2002で行なわれ、2−0で浦和が勝利を収めた。

 ついに東地区の戦いは日本と中国の2クラブにまで絞られた。浦和は広州恒大とは、2016年のACLグループステージ以来、3年ぶりの顔合わせ。負傷が重なり、リーグ戦でベンチ外となっていたFW興梠慎三が先発に復帰するなど、浦和はここ最近のフルメンバーで挑んだ。

 試合は、立ち上がりから浦和がボールを落ち着いて回し、主導権を握る。そして19分、左サイドを持ち上がった関根が、ペナルティエリア手前左のファブリシオにボールを預ける。この位置からファブリシオが迷いなく右足を振り抜くと、GKから逃げていくような軌道のボールが右サイドネットに突き刺さり、貴重な先制ゴールを挙げる。

 その後も巧みな崩しから、決定機を創出した浦和が広州恒大を圧倒。追加点には至らなかったが、1点リードで前半を折り返した。
 
 浦和は、後半も激しいプレッシャーで相手のパウリーニョ、エウケソン、アンデルソン・タリスカらキープレーヤーに自由を与えず、中盤でのボール奪取から、縦に速い攻撃で攻め立てる。

 67分からは、先制点のファブリシオに代えて武藤雄樹を投入し、追加点を狙う。すると、75分に、CKのクリアボールを拾った関根が、鋭いグラウンダーのシュートでゴール右に突き刺し、追加点を決める。

 徐々に攻勢に出る広州恒大が、カウンターからゴールに迫るが、CBの槙野智章と鈴木大輔が落ち着いて対応。最後まで無失点で守り抜き、2−0でファーストレグを制した。

 浦和は第2戦は23日、ファイナル進出を懸けて広州恒大のホームに乗り込む。浦和が2年ぶりの決勝進出へ大きな1勝を手にした。

10/2(水) 21:19配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191002-00064822-sdigestw-socc


※一時表示に異常がございましたが、現在は修正いたしました。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:19 | 大阪 ☔ | Comment(14) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

G大阪、大阪ダービーでのフェアプレー宣言中のブーイングに謝罪声明(関連まとめ)

【サッカー】<ガンバ大阪>フェアプレー宣言中のブーイング…“大阪ダービー”での愚行に謝罪声明!「誠に申し訳ございません」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1570012333/
G大阪大阪ダービー.jpg

1: Egg ★ 2019/10/02(水) 19:32:13.35 ID:ZMHQfbeQ9.net

ガンバ大阪は2日、9月28日(土)に行われたセレッソ大阪との試合でのサポーターの行為に関して、声明を発表した。

“大阪ダービー”として、C大阪の本拠地であるヤンマースタジアム長居で行われた一戦。試合前から両チームサポーターが熱気を帯びる中、試合前にフェアプレー宣言が両チームの代表選手によって行われた。

G大阪のDF三浦弦太が先にフェアプレー宣言を行い、滞りなく終了。続いてC大阪のFW柿谷曜一朗がフェアプレー宣言を行おうとした際、ブーイングが。フェアプレー宣言中の愚行に、インターネット上でも多くの意見が寄せられていた。

G大阪はクラブ公式サイトを通じて声明を発表。一部サポーターの行為を謝罪した。

「いつもガンバ大阪をご声援頂き有難うございます。先日9/28(土)行われました大阪ダービーの試合において、キックオフ直前のフェアプレー宣言でビジターゴール裏からブーイングが発生しました」

「一部のサポーターによるブーイングは、一選手に向けたものが発端ではありましたが、フェアプレー宣言中に行なわれてしまうこととなり、クラブとしても非常に遺憾に思っております」

「ガンバ大阪を応援して頂いているサポーター・ファンの皆様、スポーツを愛する多くの皆様に不快な思いをさせてしまい、誠に申し訳ございません」

「応援を統率するサポーターともこの件について話をしており、今後、このような行為が行われないよう、サポーター・クラブが一体となり努めて参ります。引き続きご声援よろしくお願いいたします」

10/2(水) 18:35配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191002-00362381-usoccer-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:24 | 大阪 ☔ | Comment(16) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スペイン紙、不調のアザールを酷評「オーウェンに次ぐ酷い選手」(関連まとめ)

【サッカー】<アザール>過去にレアル・マドリードに加入した選手の中で、オーウェンに次いで酷い選手だと、スペインメディアが酷評
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569974349/
アザール2019-09レアル.jpg
1: Egg ★ 2019/10/02(水) 08:59:09.57 ID:r/v2zQ5N9.net

ベルギー代表のエデン・アザール(28)は、過去にレアル・マドリードに加入した選手の中で、マイケル・オーウェンに次いで酷い選手だと、スペインメディアが酷評していると1日付英紙サン電子版が報じた。

今夏チェルシーから1億5000万ポンドでRマドリードに加入したが、不調にあえいでいるアザール。本人は、これから向上していくと口にしているが、一部のファンらは愛想が尽きているという。特に厳しい口調のマルカ紙は、Rマドリードに査定をするように呼びかけたうえで、アザールより最低なスタートを切ったのは、04年にリバプールから移籍したオーウェンしかいない、とした。

過去に同クラブに加入したジネディーヌ・ジダン、デビッド・ベッカム、ルイス・フィーゴ、クリスティアーノ・ロナウド、カカらは、いずれも得点やアシストを量産している。オーウェンは当時、加入から6試合連続無失点だった。対するアザールは、これまでのところ4試合で得点がない

10/2(水) 8:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191002-10020074-nksports-socc

※無失点は無得点の間違いかと思われます
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鹿島、また負傷者か?MFセルジーニョが足の違和感で練習欠席(関連まとめ)

首位追う鹿島に負傷者続出 レオ・シルバに続き…セルジーニョが足の違和感で練習欠席
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191002-00000159-spnannex-socc
セルジーニョ2019広島戦.jpg

J1首位浮上を図る2位の鹿島に、負傷者が相次いでいる。MFセルジーニョが2日の練習を欠席。クラブ幹部は「(足に)違和感がある」と状態を説明した。次節の6日C大阪戦に間に合うかどうかは不透明。仮に4戦連続得点中で今季チーム最多得点(11得点)のMFを欠くとなれば、大きな痛手だ。

 また、先月から別メニューを続けるMF名古はC大阪戦に間に合わない可能性が高いという。1日には、前節の札幌戦で負傷したMFレオ・シルバが右ハムストリング筋損傷で全治5週間と診断されたばかり。左ハムストリング筋損傷のMF三竿も全治6週間の離脱中で、ボランチには特に故障者が集中している。

 シーズンを通してケガ人が多発する理由はいくつかある。日程上、開幕前のオフ期間が短く、60試合の公式戦をこなした昨季の疲労を引きずったままシーズンに入ってしまったことなどもその一つ。先月の9月は、月に4大会7試合を戦う過密日程でもあった。

 「みんなが出場してみんなが活躍しないと、結果は出せない」(MF永木)と、ここまではケガ人が出ても代わりの選手が高いプレーの質を見せて乗り切ってきた。勝ち点1差で追う首位FC東京の背中。手負いの鹿島が、総力戦で追いかける。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12292
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1569969900/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【小ネタ】札幌ジェイの英代表初招集エピソードがちょっと面白い「携帯電話にテキストメッセージが送られてきた」

FWジェイの本心。「イニエスタがいても 勝てない。Jリーグは甘くない」
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191002-00872680-sportiva-socc
ジェイインタビュー.jpg

Why JAPAN? 私が日本でプレーする理由北海道コンサドーレ札幌 ジェイ(3)

今年27シーズン目を迎えているJリーグは、現在、じつに多くの国から、さまざまな外国籍選手がやってきてプレーするようになっている。彼らはなぜ日本でのプレーを選んだのか。日本でのサッカーや、日本での生活をどう感じているのか? 彼らの本音に迫る。

◆ ◆ ◆

 北海道コンサドーレ札幌のジェイ・ボスロイドには大きな勲章がある。それはフットボール発祥地イングランドの代表として、1試合に出場した経験だ。

「間違いなく、僕のキャリアで最高の功績だ。家族や周りの人々がすごく喜んでくれたし、自分自身もとても誇らしかったよ」

 2010年、当時カーディフ・シティの一員としてチャンピオンシップ(イングランド2部リーグ)でプレーしていた彼は、開幕から好調を維持し、秋には6試合連続ゴールを記録。イングランドでは2部リーグにも大きな関心が払われ、当時のファビオ・カペッロ監督はジェイが出場した試合に度々アシスタントコーチを派遣していた。

「ファビオ・カペッロの右腕だったフランコ・バルディーニが、僕の出場した試合に訪れていることは知っていた。そして幸運にも、彼が来た試合で毎回、ゴールを決めることができたんだ。フランスとの親善試合に向けた30人強の代表候補に入り、それだけでもうれしかった」

 下部リーグでプレーする選手に代表から声がかかることは少ない。ジェイは代表候補に入ったことを喜んではいたが、あまり気にせずに生活していたという。そしてボクシングの試合(デイビッド・ヘイ対オードリー・ハリソン)の観戦に出かけていたところ、イングランド・フットボール協会(FA)から携帯電話にテキストメッセージが送られてきた──あなたが代表に選ばれました、と。

「最初はイタズラだと思ったよ。代表選出をテキストメッセージで伝えるなんて知らなかったし、それが本当だと思えなかったからね(笑)。だから、誰ですか、と返信したら、『FAです』と。集合の場所や時間も、そのままテキストで送られてきたんだ。ちょっと信じられなかったよ!」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191002-00872680-sportiva-socc&p=2

翌日に指定されたホテルへ行くと、主将のスティーブン・ジェラードがチームメイト全員を紹介し、彼やリオ・ファーディナンドがいろいろと面倒を見てくれた。ただし、彼を選出したカペッロ監督には、圧倒されたという。

「想像よりも体つきは小さかった。でもオーラがにじみ出ていて、存在感は絶大だった。ミーティングの時に監督が入ってくると、それまでしゃべっていた選手たちも途端に口を閉じたよ。最初の食事の時、僕はサンダルで向かおうとしたんだけど、ジェラードがやってきて、『監督はそういう格好が好きじゃないから、すぐにスニーカーに履き替えてくるんだ』と教えてくれた。あのまま向かっていたら、厄介なことになっていたかもしれないね」

 フランスとのフレンドリーマッチでは、後半途中に投入され、記念すべき1キャップが刻まれた。28歳での代表初出場──それは、気持ちを入れ替えて取り組んできたことの成果だとジェイは語る。

「若いころからプロになることを志していたけど、そのころの僕の練習態度やモチベーションは、必ずしもすばらしかったわけではない。今考えると、自分の才能を無駄にしかけていた。僕もそうだったけど、若い選手はいつまでもフットボールを続けられると考えがちだ。でも実際は違う。プロのフットボーラーのキャリアは短い。

 だから日々を、その瞬間の一つひとつを最大限に生かさなければ、大成できないんだ。周りにもそういう選手はいて、手遅れになってしまうケースも少なくない。幸いにも僕は20代前半で気づき、そこから短期と長期の目標を明確にし、着実にステップを重ねたんだ。そして、プレミアリーグやイングランド代表に到達できた。代表選手になって、自分のやり方が間違っていなかったと証明されたので、余計にうれしかったよ」

では着実に積み重ねてきたキャリアを通じて、ジェイがもっとも手を焼いた守備者たちは、誰なのだろうか。そう質問を向けると、彼はその長い日々を思い返すように、少し遠くを見つめるような目をした。

「パオロ・マルディーニ、リオ・ファーディナンド、真っ先に浮かぶのはこの2人だ。それからイバン・コルドバも厄介なDFだった。彼は大きくないのに、桁外れの運動能力を備えていて、ジャンプ力も凄まじく、空中戦にも強かったな」

 Jリーグで対戦した相手は、どうだろうか。

「昌子(源/トゥールーズ)だね。鹿島には常にタフなCBがいる印象だ。昌子が出て行ったあとも、鹿島の最終ラインは堅いね。それから浦和の槙野(智章)も強い。日本のDFも簡単な相手ではないよ」

 そう話すジェイは、自分と同じように、Jリーグに挑戦する外国籍選手がもっと増えたらいいと思っている。ただし、適切なモチベーションとコンディション、能力がなければ、通用する舞台ではないと語る。

「僕はここで成功したいと強く望んで、移籍を決断した。栄光のキャリアを誇る選手でも、余生を過ごすくらいの気持ちで成功できるほど、甘いリーグではない。(アンドレス・)イニエスタや(ダビド・)ビジャは真のワールドクラスだし、彼らがJリーグを甘く見ているとは思わないけど、彼らの存在だけで勝てるリーグではないことは、今シーズンの順位表を見ればわかるよね。だから、もし日本に来ることを考えている外国籍選手がいたら、正しい姿勢とモチベーション、強い意欲とともに来てもらいたいね」

ジェイJay Bothroyd/1982年5月7日生まれ、イギリス・ロンドン出身。北海道コンサドーレ札幌所属のFW。アーセナルの育成組織で育ち、プロ入り後はイングランドのクラブを中心にプレー。イングランド代表歴1キャップを持つ。2015年より日本へ。コベントリー→ペルージャ→(イタリア)→ブラックバーン→チャールトン→ウォルバーハンプトン→ストーク・シティ→カーディフ・シティ→QPR→シェフィールド・ウェンズデー→ムアントン・ユナイテッド(タイ)→ジュビロ磐田(日本)

※レスはやや少なめですがご容赦ください。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12291
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1569906212/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(7) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニース、高級時計窃盗で18歳FWファティガとの契約解除…同僚ドルベリの時計を盗んだ事を認める 仏2部パリFCに加入の見込み

【サッカー】同僚ドルベリの高級時計を盗んだニース18歳FWが契約解除! 仏2部パリFCに加入か
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569975617/
ドルベリとファティガ.jpg

1: 久太郎 ★ 2019/10/02(水) 09:20:17.85 ID:Q9w/5xsB9.net

ニースは1日、先日にデンマーク代表FWカスパー・ドルベリの高級時計が盗難された事件で容疑者とされていたフランス人FWラミーヌ・ディアビ=ファディガ(18)との契約を解除したようだ。フランス『レキップ』が伝えている。

ニースでは先月16日にトップチームの練習後に、ドルベリがロッカールームに保管していた7万ユーロ(約820万円)の高級時計が盗まれる窃盗事件が発覚。クラブの練習場での事件だけにクラブ関係者の犯行が疑われた中、地元警察による監視カメラなどの分析の結果、ディアビ=ファディガが容疑者に浮上していた。

『レキップ』が伝えるところによれば、警察の取り調べの中でディアビ=ファディガは自身の犯行を認めたという。そして、クラブは同選手の自供を受けて、契約解除という重い処分を下した。

なお、ニース下部組織出身でフランスの世代別代表歴もある188cmの左利きの大型ストライカーは将来を嘱望される有望な選手でもあり、リーグ・ドゥ(フランス2部)のパリFCが、フリーとなった同選手を受け入れる見込みだという。

通常の窃盗事件と異なり、自身の職場においてチームメートから窃盗する愚行を犯しただけに、今後どのクラブでプレーすることになっても、周囲からは厳しいまなざしを向けられることは想像に難くない。しかし、まだ18歳という年齢だけに今後はしっかりと更生してフットボールに真摯に取り組むことを期待したい。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191001-00362347-usoccer-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユベントス、イグアイン1G1A、C・ロナウド股抜き弾などレバークーゼンに3-0快勝!PSGはイカルディ初ゴールで長友佑都先発のガラタサライに1-0勝利 CL第2節(関連まとめ)

【サッカー】UEFA-CL第2節 レアル×クラブ・ブルージュ、トッテナム×バイエルン、ユベントス×レバークーゼン等
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569963594/
Cロナ2019CL第2節ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/10/02(水) 05:59:54.50 ID:Q9w/5xsB9

グループA
レアル・マドリード 2−2 クラブ・ブルージュ
[得点者]
エマ.net
   (後半40分)(レアル・マドリード)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083084


ガラタサライ 0−1 パリ・サンジェルマン
[得点者]
マウロ・イカルディ(後半7分)(PSG)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083085

※長友佑都先発出場 後半33分で交代



グループB
トッテナム 2−7 バイエルン
[得点者]
ソン・フンミン      (前半12分)(トッテナム)
ヨシュア・キミヒ     (前半15分)(バイエルン)
ハリー・ケイン      (後半16分)(トッテナム)PK
ロベルト・レヴァンドフスキ(前半45分)(バイエルン)
セルジュ・グナブリー   (後半08分)(バイエルン)
セルジュ・グナブリー   (後半10分)(バイエルン)
セルジュ・グナブリー   (後半38分)(バイエルン)
ロベルト・レヴァンドフスキ(後半42分)(バイエルン)
セルジュ・グナブリー   (後半43分)(バイエルン)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083096


レッドスター・ベオグラード 3−1 オリンピアコス
[得点者]
ルーベン・セメド   (前半37分)(オリンピアコス)
ミロシュ・ヴリッチ  (後半17分)(レッドスター)
ネマンヤ・ミルノビッチ(後半42分)(レッドスター)
リッチモンド・ボアキエ(後半45分)(レッドスター)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083097


グループC
アタランタ 1−2 シャフタール
[得点者]
ドゥヴァン・ゼパタ  (前半28分)(アタランタ)
モラエス・ジュニオール(前半41分)(シャフタール)
マノル・ソロモン   (後半50分)(シャフタール)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083108


マンチェスター・シティ 2−0 ディナモ・ザグレブ
[得点者]
ラヒム・スターリング(後半21分)(マンC)
フィル・フォーデン (後半50分)(マンC)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083109


グループD
ユベントス 3−0 レバークーゼン
[得点者]
ゴンサロ・イグアイン   (前半17分)(ユベントス)
フェデリコ・ベルナルデスキ(後半17分)(ユベントス)
クリスティアーノ・ロナウド(後半44分)(ユベントス)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083120


ロコモティヴ・モスクワ 0−2 アトレティコ・マドリード
[得点者]
ジョアン・フェリックス(後半03分)(アトレティコ)
トーマス       (後半13分)(アトレティコ)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083121

UEFA-CL
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/schedule/41

※アトレティコとロコモティヴのスコアが逆だったので修正しました

ユヴェントス、C・ロナウド弾など3発快勝…レヴァークーゼンは2連敗
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191002-00985204-soccerk-socc

試合序盤はレヴァークーゼンがボールを保持し攻撃の機会を窺う。しかし先手を取ったのはユヴェントス。17分、相手のクリアミスを見逃さなかったゴンサロ・イグアインが一瞬を突いてボールを奪取し、最後は冷静にゴールに流し込んで先制に成功した。

 さらにユヴェントスは39分、イグアインとミラレム・ピアニッチが連続してシュートを放つ。しかしこれらはGKやDFに阻まれてゴールネットを揺らすことはできない。

 1点リードで後半を迎えたユヴェントスは57分、フアン・クアドラードのクロスを受けたクリスティアーノ・ロナウドが素早いコントロールからシュートを放つ。しかしこれもレヴァークーゼンのGKルーカス・フラデツキーに阻まれてなかなか追加点には繋がらない。

それでも62分、ユヴェントスはイグアインのクロスからフェデリコ・ベルナルデスキが合わせて待望の追加点を挙げる。74分にはC・ロナウドが再び強烈なシュートを放つもGKに弾かれなかなか得点を挙げることができない。

 レヴァークーゼンは徐々に相手ゴールに迫る機会を増やすが、なかなか決定機を迎えられず。すると88分にはついにクリスティアーノ・ロナウドに3点目となるダメ押しゴールを決められて試合はそのまま終了。レヴァークーゼンがボール支配率で上回ったものの、最後はユヴェントスが実力差を見せつけ、ホームで順当な勝ち点3を獲得した。

【スコア】
ユヴェントス 3−0 レヴァークーゼン

【得点者】
1−0 17分 ゴンサロ・イグアイン(ユヴェントス)
2−0 61分 フェデリコ・ベルナルデスキ(ユヴェントス)
3−0 88分 クリスティアーノ・ロナウド(ユヴェントス)

PSG、イカルディの移籍後初得点でガラタサライに勝利…長友は77分までプレー
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191002-00985129-soccerk-socc

 チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節が10月1日に行われ、パリ・サンジェルマン(PSG)とガラタサライが対戦した。ガラタサライに所属する長友佑都はスタメン出場を果たし、77分までプレーした。

 試合は序盤からPSGが主導権を握る展開に。10分、右サイドを駆け上がったトーマス・ムニエのグラウンダークロスにアンヘル・ディ・マリアが合わせるも、フェルナンド・ムスレラに防がれてゴールならず。その後もPSGはボールを握って攻め続けるも、なかなかゴールに結びつかない。前半はこのままスコアレスで終了した。

 後半に入っても試合はPSGペースで進む。52分、マルコ・ヴェラッティのパスでDFラインの背後へ抜けたパブロ・サラビアが中央へ折り返すと、中で待っていたマウロ・イカルディが左足で押し込む。イカルディのPSG加入後初ゴールで、アウェイチームが先手を取った。

 PSGは61分にキリアン・ムバッペを投入し、攻勢を強める。76分にはエリック・マキシム・チュポ・モティングとのパス交換から抜け出したムバッペが左足で狙うも、またもムスレラが弾き出しゴールならず。

 試合はこのままタイムアップを迎え、PSGがCL開幕2連勝を飾った。次節は22日に行われ、PSGは敵地でクラブ・ブルージュと対戦する。一方、ガラタサライはホームにレアル・マドリードを迎える。

【スコア】
ガラタサライ 0−1 パリ・サンジェルマン

【得点者】
0−1 52分 マウロ・イカルディ(パリ・サンジェルマン)

※当記事の表示に異常があったので先ほど修正しました。謹んでお詫びいたします
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(1) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンC、スターリング1G1A・フォーデン絶妙弾でディナモザグレブに2-0快勝!CL開幕2連勝 ペップ監督にイエローカード(関連まとめ)

途中出場のスターリングが1ゴール1アシスト! マンCがCL開幕2連勝
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191002-00985131-soccerk-socc
スターリング2019CL第2節ゴール.jpg

 チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節が10月1日に行われ、マンチェスター・Cとディナモ・ザグレブが対戦した。

 試合はマンチェスター・Cペースで進むも、ディナモ・ザグレブが集中した守備を見せて得点を許さない。20分にはロドリのパスに抜け出したダビド・シルバが中央に折り返し、走りこんできたイルカイ・ギュンドアンが右足で狙う。しかし、シュートはクロスバーに弾かれてゴールならず。前半はスコアレスで折り返した。

 56分、マンチェスター・Cはラヒーム・スターリングを投入。すると65分、ロドリのスルーパスに抜け出したリヤド・マフレズがグラウンダーのクロスを送り、スターリングが右足でねじ込む。マンチェスター・Cが先制に成功した。

 後半アディショナルタイムにはスターリングがドリブルで持ち運び、DFを引きつけて横パス。待っていたフィル・フォーデンが落ち着いて右足で流し込み、マンチェスター・Cが試合を決定付けた。
 
 試合はこのまま2−0でタイムアップ。マンチェスター・CはCL開幕2連勝と好スタートを切った。次節は22日に行われ、マンチェスター・Cはホームにアタランタを迎える、一方、ディナモ・ザグレブは敵地でシャフタールと対戦する。

【スコア】
マンチェスター・C 2−0 ディナモ・ザグレブ

【得点者】
1−0 66分 ラヒーム・スターリング(マンチェスター・C)
2−0 90+5分 フィル・フォーデン(マンチェスター・C)

BLUEMOON マンチェスターシティ 347cityzens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1569933610/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル、クラブ・ブルージュと2-2ドロー!前半まさかの2失点もラモス&カゼミロのヘッド弾で追い付く

前半まさかの2失点も…レアル、S・ラモス&カゼミーロ弾でドローに持ち込む
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191002-00985115-soccerk-socc
Sラモス2019CL第2節ゴール.jpg

チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第2節が10月1日に行われ、レアル・マドリードとクラブ・ブルージュが対戦した。

 試合は序盤に動く。9分、左サイドでボールを持ったハンス・ヴァナケンがスルーパスを送ると、抜け出したパーシー・タウが中央へ折り返す。ペナルティエリア内で待っていたエマヌエル・デニスはコントロールをミスするも、そのボールがそのままゴールに吸い込まれ、クラブ・ブルージュが敵地で先手を取った。

 その後はレアル・マドリードが主導権を握る展開となるも、クラブ・ブルージュの守備陣を崩すことはできず。27分には右サイドのコーナーキックからラファエル・ヴァランが強烈なヘディングシュートを放つも、シモン・ミニョレがスーパーセーブを見せて得点を許さない。すると、39分には再びクラブ・ブルージュにチャンス。ルカ・モドリッチのパスをカットしたデニスがそのまま持ち運び、ティボー・クルトワの頭を超えるループシュートを沈める。前半はこのままクラブ・ブルージュの2点リードで終了した。

 後半に入ると、ホームで負けられないレアル・マドリードが怒涛の攻撃を見せる。55分、ペナルティエリア右側でボールを持ったカリム・ベンゼマがクロスを送ると、セルヒオ・ラモスが強烈なヘディングシュートを叩き込む。点差を1点に縮めた。

 83分にはクラブ・ブルージュのキャプテンであるルート・フォルマーが2枚目のイエローカードを受けて退場処分に。直後のフリーキックでトニ・クロースが正確なクロスを送ると、カゼミーロが頭で合わせる。ヘディングシュートはゴール右側に吸い込まれ、レアル・マドリードが土壇場で同点に追い付いた。

 試合はこのままドローでタイムアップ。次節は22日に行われ、レアル・マドリードは敵地でガラタサライと対戦。一方、クラブ・ブルージュはホームにパリ・サンジェルマンを迎える。

【スコア】
レアル・マドリード 2−2 クラブ・ブルージュ

【得点者】
0−1 9分 エマヌエル・デニス(クラブ・ブルージュ)
0−2 39分 エマヌエル・デニス(クラブ・ブルージュ)
1−2 55分 セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)
2−2 85分 カゼミーロ(レアル・マドリード)


【サッカー】UEFA-CL第2節 レアル×クラブ・ブルージュ、トッテナム×バイエルン、ユベントス×レバークーゼン等
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569963594/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:00 | 大阪 ☁ | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイエルン、トッテナムを7−2粉砕!ニャブリ4得点など敵地で圧巻のゴールショー!CL第2節(関連まとめ)

容赦ないバイエルン!敵地でトッテナムを7発粉砕…美弾連発のニャブリが4ゴール
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191002-00010004-goal-socc
ニャブリ2019CL第2節ゴール.jpg

驚きと悲しみのビッグマッチに
チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節が1日に行われ、トッテナムとバイエルン・ミュンヘンが対戦した。

トッテナムはクリスティアン・エリクセンがベンチスタートで、代わりにデレ・アリがスタメンに。ソン・フンミンとハリー・ケインが2トップを形成した。バイエルンはダビド・アラバが先発復帰した一方で、負傷のリュカ・エルナンデスがベンチ外。ヨシュア・キミッヒとコランタン・トリッソのダブルボランチで、フィリペ・コウチーニョが先発入り。最前線には開幕から絶好調のロベルト・レヴァンドフスキが入った。

最初のチャンスはバイエルン。セルジュ・ニャブリがキングスレイ・コマンのスルーパスに抜け出すと、左足を振り抜く。強烈なシュートが飛んだが、これはウーゴ・ロリスが見事な横っ飛びでセーブした。

トッテナムも返す刀で反撃。ソン・フンミンが抜け出してGKと1対1になるが、マヌエル・ノイアーが足でしのいだ。

しかし、ソン・フンミンが繰り返しのチャンスを活かす。12分、高い位置からプレスを掛け、トッテナムがトリッソのミスを誘うと、ムサ・シソコからソンへとスルーパス。これを右足でゴール左へとねじ込んだ。ノイアーは手に当てていたが、外にはじき出すことはできず。

そのリードも束の間。わずか3分後、キミッヒがミドルシュートをゴール右のサイドネットに沈め、バイエルンがあっという間に追いつく。

しかしペースはなおもトッテナム。セルジュ・オーリエのクロスからタンギ・エンドンベレが合わせるも、これをノイアーがビッグセーブで防ぐ。逆にバイエルンは、トッテナムの高いインテンシティに苦しみ、リーグ戦時のようにはボールを動かせない。

だが、試合の運び方で上回ったのがバイエルン。自分たちの時間を作り出すと、前半終了間際に好機が。レヴァンドフスキが右サイドから起点を作ると、一度はクリアされるも、再びバイタルエリアでカット。最後はレヴァンドフスキが反転から見事なシュートをゴール右隅に蹴り込み、逆転して前半を終える。

バイエルンは後半からアラバに代えてチアゴ・アルカンタラを投入。バンジャマン・パヴァールが左サイドバックに入り、キミッヒが右サイドバックへと下がった。チアゴは早速インターセプトや長いレンジのパスで存在感を見せていく。

すると後半開始早々から押し気味だったバイエルンが追加点。ニャブリが長い距離を一人で運ぶと、最後はシュートフェイントでヤン・フェルトンゲンを外しながら、強烈なシュートをゴール右隅へ叩き込む。

さらにバイエルンがたたみかける。トッテナムがビルドアップでのミスを誘うと、トリッソからニャブリへ。優しいシュートをゴール左ポストに当てながら、流し入れバイエルンが4点目を奪う。

それでもトッテナムは59分にPKを奪うと、ケインが確実に沈めて2点差に。ノイアーは方向を読んでいたが、触ることはできなかった。

追い上げムードのトッテナムはエリクセンも投入し、中盤に創造性を加える。直後にエリクセンが強烈なミドルシュートを放つが、ノイアーがわずかに触り、難を逃れた。

その後、バイエルンはジェローム・ボアテングの負傷もあり、3枚の交代枠を使い切ったが、トッテナムはエリック・ラメラも投入して勝負に出る。

しかし、バイエルンはプレスをいなしながら、パスを回すと83分にとどめ。チアゴのロングフィードからニャブリが抜け出し、最後はロリスの逆を突いてハットトリック達成。アーセナル出身のニャブリがかつての“宿敵”相手に大仕事をやってのけた。

なおも手を緩めないのがバイエルン。再び高い位置で奪うと、チアゴ、コウチーニョとつないで最後はレヴァンドフスキ。インサイドでゴール左へ流し込み、6点目。容赦ないバイエルンは止まらない。直後にもニャブリが見事なシュートを沈めて“ポーケル”をやってのけた。

驚きと悲しみに包まれたトッテナム・ホットスパー・スタジアム。バイエルンが衝撃の7ゴールでトッテナムを粉砕してみせた。

トッテナム 2−7 バイエルン
[得点者]
ソン・フンミン      (前半12分)(トッテナム)
ヨシュア・キミヒ     (前半15分)(バイエルン)
ハリー・ケイン      (後半16分)(トッテナム)PK
ロベルト・レヴァンドフスキ(前半45分)(バイエルン)
セルジュ・グナブリー   (後半08分)(バイエルン)
セルジュ・グナブリー   (後半10分)(バイエルン)
セルジュ・グナブリー   (後半38分)(バイエルン)
ロベルト・レヴァンドフスキ(後半42分)(バイエルン)
セルジュ・グナブリー   (後半43分)(バイエルン)

【サッカー】UEFA-CL第2節 レアル×クラブ・ブルージュ、トッテナム×バイエルン、ユベントス×レバークーゼン等
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1569963594/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 06:46 | 大阪 ☀ | Comment(24) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング