アンテナ・まとめ RSS

2019年10月07日

伊東純也、好クロスで同点アシスト!今季5アシスト目でゲンクの2-1逆転勝利に貢献(関連まとめ)

ゲンク逆転勝利! フル出場の伊東純也は右クロスで同点ゴール演出
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191007-43472505-gekisaka-socc
伊東純也2019第10節.jpg

[10.6 ベルギー・リーグ第10節 ゲンク2-1ムスクロン]

 ベルギー・リーグ第10節が6日に行われ、FW伊東純也の所属する6位ゲンクはホームで5位ムスクロンと対戦し、2-1で勝利した。伊東は3試合連続で先発フル出場。後半31分に同点ゴールを演出し、今季5アシスト目を記録した。

 前半をスコアレスで折り返した一戦は後半に動く。開始4分、ムスクロンの左CKの流れからFWジョナー・オサブテイがヘッドで押し込み、アウェーチームが先制した。

 追いかけるゲンクは後半31分、右サイドから伊東がクロスを送ると、途中出場のFWエベレ・ポール・オヌアチュが左足で蹴り込み、試合を振り出しに戻す。伊東は第8節オーステンデ戦(3-1)以来、2試合ぶりとなる今季5アシスト目をマークした。

 後半アディショナルタイム8分には右サイドのDFジョアキム・マーレがクロスを供給し、オヌアチュがヘディングを決めて2-1と逆転。ゲンクが直接対決を制し、5位に浮上した。

ネットでサッカー観戦◇2019-51
http://hayabusa5.2ch.sc/test/read.cgi/livefoot/1570291978/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:26 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、大不振で直近29年最悪のスタート…8試合で勝ち点「9」の12位 英記者、最大の問題は「利益に走りすぎだ」(関連まとめ)

【サッカー】<大不振のマンチェスター・ユナイテッド>最大の問題は?8試合を終え2勝3分3敗、勝ち点「9」直近29年間で最悪のスタート
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1570439861/
スールシャール2019第8節.jpg
1: Egg ★ 2019/10/07(月) 18:17:41.72 ID:JpavY+or9.net

「スールシャール解任は問題を覆い隠すものでしかない」
https://amd.c.yimg.jp/amd/20191007-00010024-goal-000-2-view.jpg

大不振に陥るマンチェスター・ユナイテッドについて、イギリス著名記者ヘンリー・ウィンター氏が「最大の問題点」を指摘している。

6日に行われたプレミアリーグ第8節で、ニューカッスルと対戦したマンチェスター・U。ポール・ポグバやアントニー・マルシャルらが離脱している中で敵地に乗り込んだが、前半からニューカッスルの攻撃に苦しむことに。すると72分、プレミアリーグ初出場となったマシュー・ロングスタッフに豪快なミドルシュートを叩き込まれる。その後反撃できず、0-1で敗れた。

開幕8試合を終えたマンチェスター・Uは、これで2勝3分3敗、獲得した勝ち点は「9」にとどまっている。データ会社『Opta』によると、これは1989-90シーズンの「8」以来、直近29年間で最悪のスタートとなっているようだ。当時のマンチェスター・Uは、結局13位でシーズンを終えている。

守護神ダビド・デ・ヘアは「何と言っていいのかわからない。僕がここに来てから最も難しい時間だと思う。どうしてこうなったのか、今何が起きているのか、僕にはわからない」と語りつつ、「すべてを変えなきゃいけない」と危機感を募らせた。オーレ・グンナー・スールシャール監督は「私の責任。頑張っても結果を手にできない現状が、選手に良くない影響を与えている」と、結果が出ない現状を憂慮している。

最悪の状況に陥る“レッド・デビルズ”。イギリスで最も尊敬を集める記者の1人であるヘンリー・ウィンター氏は、最大の問題は経営陣にあると自身のSNSで綴っている。

「マンチェスター・Uの衝撃。クオリティもない。信念もない。ファンは選手たちよりも反抗していた。ユナイテッドはスールシャールを解任することもできるが、それは単に問題を覆い隠すものでしかない。(エド)ウッドワード(CEO)とグレイザー(オーナー)という」

「フットボールではなく、利益に走りすぎた。緊急にディレクターが必要で、チームを再構築する必要がある」

マンチェスター・Uはインターナショナルウィーク明けの第9節でも敗れると、降格圏にすら転落する可能性がある。そんな重要な次節の相手は、全勝中のリヴァプールだ。

10/7(月) 17:22配信GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191007-00010024-goal-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:39 | 大阪 ☁ | Comment(19) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウィリアム王子・キャサリン妃、サッカー観戦し御贔屓のアストンビラ応援!5得点大勝にジョージ王子は大喜び

【サッカー】<キャサリン妃>家族でサッカー観戦しご贔屓チームが大勝利!ジョージ王子が喜ぶ様子にサッカー関係者も反応
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1570368590/
ウィリアム王子一家アストンビラ観戦.jpg
1: Egg ★ 2019/10/06(日) 22:29:50.51 ID:knukSRYM9.net

10月5日、ウイリアム王子とキャサリン妃のケンブリッジ公爵夫妻一家が地元ノリッジのキャロウロード・スタジアムを訪れ、プレミアリーグのノリッジ対アストン・ビラ戦を観戦。英大衆紙「デイリー・メール」が報じたところによると、これがジョージ王子の生まれて初めてのサッカー観戦となった。

【動画】何度も飛び上がって喜ぶジョージ王子がかわいい! ウイリアム王子とキャサリン妃も嬉しそう 幸せな家族の様子にほっこり
https://hint-pot.jp/archives/16946/2

 ◇ ◇ ◇

 イングランドFA(サッカー協会)の会長でもあるウイリアム王子は、大のサッカー・ファン。またアストン・ビラのサポーターとしても有名だ。そこで幼いルイ王子はお留守番だったが、ジョージ王子とシャーロット王女を連れ、夫妻で現在居住しているノリッジにあるスタジアムでご贔屓チームを観戦。この試合ではあいにくアウェイチームとなったが、なんとアストン・ビラが5−0で勝利。この大勝利に大興奮したのが、ジョージ王子だった。

 イギリスでは父がサポートするサッカーチームを息子が引き継ぐのが伝統だが、どうやらケンブリッジ公爵一家もその伝統通り、ウイリアム王子からジョージ王子へアストン・ビラ愛が引き継がれたようだ。「メール」紙は、歯の生え変わりで前歯がないジョージ王子がそのまま満面の笑みを浮かべている写真を掲載。「アストン・ビラがゴールを決める度に大喜びしていた」と伝えている。

 またアストン・ビラのクラブ側もケンブリッジ公爵一家の観戦を大歓迎。クラブの公式アカウントで「さすがは殿下、どのアストン・ビラの試合に来れば良いのかわかっていらっしゃる」とツイート。

さらに日本でもプレー歴があり、現在BBCの“サッカーの顔”である司会者のギャリー・リネカーさんは「どうやらジョージ王子は幼くしてサッカー病に感染したようです」とユーモラスなツイートをして、将来の国王が幼少から国技サッカーのファンになったことを歓迎した。

 ウイリアム王子とジョージ王子が応援するチームが大勝利したサッカー観戦で、キャサリン妃も終始笑顔。やや気温が下がりがちの英国で、「バブアー」のダウンジャケットを着用。英国のスポーツ観戦にぴったりの装いで一家の休日を楽しげに過ごされていた。

10/6(日) 18:13配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191006-00010000-hintpot-life

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20191006-00010000-hintpot-000-1-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(11) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊代表FWエル・シャラウィ、中国移籍を後悔か?イタリア復帰を希望し今冬退団も視野に

【サッカー】<イタリア代表FWエル・シャーラウィ>中国移籍を早くも後悔?早くも“帰国”を考えているという。 今冬の退団も視野か
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1570420793/
エルシャラウィ上海ベンチ.jpg

1: Egg ★ 2019/10/07(月) 12:59:53.44 ID:Z+Q23A+L9.net

イタリア紙は「ユベントスという選択肢も」

十分な覚悟をして、人生の新しい冒険に挑んだはずだった。だが、中国のクラブへ移籍して3カ月。ステファン・エル・シャーラウィは早くもイタリアへの“帰国”を考えているという。

 イタリア紙『Corriere dello Sport』は10月5日、エル・シャーラウィが母国へのノスタルジーを感じていると報じた。セリエA、ないし欧州のトップリーグへの復帰を望んでいるというのだ。

 ミランで頭角を現し、昨夏まで3年半にわたってローマでプレーしたエル・シャーラウィは、約1500万ユーロ(約18億8000万円)とされる高額年俸を提示した上海申花に移籍した。

 だが、8月中旬に公式戦2試合連続で3得点をマークしたものの、ゴールやアシストを記録したのはこの2試合のみ。前節はベンチに座り、出番がなかった。

 同紙によると、エル・シャーラウィは現状にフラストレーションを感じ、ローマの友人に不満を訴えたという。加えて、遠い東アジアに来たことで、代表選出への影響を懸念しているようだ。10月の代表戦には招集されたが、来夏のEUROまで中国で戦い続けるのはハンディキャップとなる。

 そのため、同紙はエル・シャーラウィが再び移籍することになっても「サプライズではない」と報道。1月の移籍でなくても、来夏の可能性はあると示唆した。
 
 さらに、ローマと契約延長で合意できていなかったエル・シャーラウィが、中国に移籍していなければ、2020年夏にユベントスにフリーで移籍する可能性があったことも報じている。これが事実であれば、イタリア王者が今後、再びエル・シャーラウィに関心を寄せるかどうかも気になるところだ。

 来年のEURO2020が終わっても、2022年にはカタール・ワールドカップが開催される。その時、エル・シャーラウィは30歳。フットボール最大の祭典を視野に、“ファラオーネ”の動きが注目される。

10/7(月) 6:32サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191007-00064982-sdigestw-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20191007-00064982-sdigestw-000-8-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(11) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニューカッスル、マンU撃破!ロングスタッフ弟19歳が値千金決勝弾で1-0勝利!マンUはリーグ3戦未勝利で12位後退 武藤嘉紀は出場せず(関連まとめ)

ニューカッスル、19歳MFが値千金弾!マンUは0-1敗戦でリーグ戦3試合勝利なし
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191007-00341510-footballc-socc
ロングスタッフ弟2019第8節ゴール.jpg


【ニューカッスル 1-0 マンチェスター・ユナイテッド プレミアリーグ第8節】

 イングランド・プレミアリーグ第8節、ニューカッスル対マンチェスター・ユナイテッドが現地時間6日に行われた。試合はホームのニューカッスルが1-0で勝利を収めている。

 ユナイテッドは、ワントップにラッシュフォードを起用。左サイドにはダニエル・ジェームズ、中央にはマタ、右にはペレイラを配置した。前節は前半で途中交代となったニューカッスルに所属するFW武藤嘉紀は、登録メンバー外となっている。

 序盤からホームのニューカッスルが多くのチャンスを作る。42分には自陣からアルミロンがドリブルで駆け上がり、右サイドに展開。右サイドからクロスが上がると、中央でジョエリントンが待っているが、わずかに届かなかった。

 前半終了間際の45分、左コーナーキックから中央でマグワイアがヘディングで合わせるも、ゴール右に外してしまう。ユナイテッドが前半最大の決定機を逃した。

 均衡が破れたのは72分、ニューカッスルはカウンターからアラン・サン=マクシマンがセンターライン付近で受けると、ドリブルでユナイテッド陣内に侵入。サン=マクシマンは、左サイドを走っていたウィレムスにスルーパスを供給。ウィレムスは切り返しからボールをキープし、後方から上がってきたロングスタッフにマイナスのパス。ロングスタッフはダイレクトで強烈なシュートを放ち、ボールはゴールに突き刺さった。

 試合はこのまま終了。19歳MFショーン・ロングスタッフの値千金弾でニューカッスルが、1-0の勝利を収めた。敗れたユナイテッドはリーグ戦3試合勝利がない。

【得点者】
72分 1-0 ロングスタッフ(ニューカッスル)

※タイトルに誤りがありましたので、修正しました。謹んでお詫び申し上げます

† Red Devils Manchester United 1396 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1570321835/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(18) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡崎慎司、古巣マラガ戦で幻ゴール ウエスカは2-0快勝し暫定3位浮上

岡崎慎司、“古巣”マラガ戦で幻ゴール。ウエスカは2-0勝利で2戦ぶりの勝利
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191007-00341511-footballc-socc
岡崎2019第10節.jpg

【ウエスカ 2-0 マラガ セグンダ・ディビシオン第10節】

 セグンダ・ディビシオン第10節、ウエスカ対マラガの試合が現地時間6日に行われた。試合はホームのウエスカが2-0で勝利した。ウエスカに所属する岡崎慎司はフル出場した。

 14分にリコのクロスにファーサイドでプリードがダイレクトで合わせ先制に成功する。続く23分、右サイドからの低いクロスにニアサイドで岡崎がダイレクトで合わせゴールかと思われたが、その前にオフサイドがあり得点は取り消される。その後も右サイドを中心に攻撃を組み立てるウエスカは40分にレアル・ルイスがドリブルで相手を交わしペナルティーエリア内に入り込むと、GKとの1対1を冷静に決めリードを広げる。

 後半に入っても優位に試合を進めるウエスカは51分にPKのチャンスを掴むがフェデリコのシュートは相手GKがセーブし得点とはならず。54分には左サイドの低いクロスに岡崎がニアサイドに走りこむも惜しくも届かず。

 結局、終始試合をコントロールしたウエスカは3点目は奪えなかったが、マラガの攻撃を無得点に抑えホームで勝ち点3を獲得した。

【得点者】
14分 1-0 プリード(ウエスカ)
40分 2-0 レアル・ルイス(ウエスカ)

≠Malaga Club de Futbol≠ 岡崎慎司 ★147
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1563612178/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(5) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冨安健洋、7戦連続フル出場し奮闘!失点に絡むも伊紙で及第点以上の評価!ボローニャはラツィオと2-2ドロー(関連まとめ)

【サッカー】セリエA第7節 冨安健洋、7試合連続のフル出場。ボローニャは指揮官の復帰戦を白星で飾れず
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1570380034/
冨安2019第7節.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/10/07(月) 01:40:34.30 ID:s4yfVZuf9.net

【ボローニャ 2-2 ラツィオ セリエA第7節】

イタリア・セリエA第7節、ボローニャ対ラツィオが現地時間6日に行われた。
試合は2-2のドローに終わった。

日本代表DF冨安健洋はこの日も右サイドバックで先発し、開幕から7試合連続のフル出場となった。 また、白血病治療中のボローニャを率いるシニシャ・ミハイロビッチ監督は5試合ぶりにベンチ入りしてチームを指揮することになった。

先制したのはボローニャだった。21分、右サイドでオルソリーニが中央にクロスを供給。これをクレイチーがヘディングで合わせた。先制に成功したボローニャだったが、直後の23分にインモービレのゴールで同点に追いつかれてしまった。

31分、ボローニャが勝ち越しに成功する。左サイドからボールを受けたスバンベリがシュート。これは右ポストに直撃するも、こぼれ球にパラシオが反応し、ゴールに押し込んだ。リードした喜びもつかの間、インモービレの2点目でボローニャは、またも同点に追いつかれた。

60分、ラツィオのルーカス・レイバが悪質なファールでこの日2枚目のイエローカード。 レイバは退場処分となり、ラツィオは1人少ない状態で残りの時間を戦うことになった。だが、ボローニャもメデルが一発レッドで退場処分。両チーム共10人で戦うことになる。

ラツィオは終盤にPKを獲得するも、コレアが外してしまい、逆転の機会を逃してしまう。結局、試合はこのまま終了し、2-2のドローに終わった。

【得点者】
21分 1-0クレイチー(ボローニャ)
23分 1-1 インモービレ(ラツィオ)
31分 2-1 パラシオ(ボローニャ)
39分 2-2 インモービレ(ラツィオ)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191007-00341484-footballc-socc
10/7(月) 0:04配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20081165
試合スコア

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/standings/53
順位表

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/stats/53
得点ランキング


「この日本人は注目すべき」ラツィオに奮闘のボローニャ冨安健洋に伊メディアが大きな期待
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191007-00010016-goal-socc

冨安の評価は及第点
6日のラツィオ戦に出場したボローニャの日本代表DF冨安健洋について、イタリアメディアなどが及第点の評価を下した。

ボローニャは6日、セリエA第7節で強豪ラツィオとホームのスタディオ・レナト・ダッラーラで対戦。白血病で闘病中の指揮官シニシャ・ミハイロヴィッチもベンチへ戻り、勢いを得たボローニャは21分にラディスラフ・クレイチの先制ゴールを皮切りに2度にわたってリードする展開となったが、ラツィオのエース、チーロ・インモービレに2度の同点弾を許し、2-2とドローで試合を終えた。

冨安は7試合連続で右サイドバックとして起用され、フル出場。『メディアセット』は、チーム内最高評価の「6.5」を得たクレイチに次ぐ、「6」の及第点を日本代表DFに与えている。失点のシーンで冨安サイドを突かれたことは特に問題視せず、「この日本人選手のことは、注目していくべきだろう。もう少し時が経ち、経験を積めば、嬉しいサプライズになるはずだ」とコメント。手強い相手に奮闘した20歳DFのパフォーマンスを評価し、大きな期待を寄せた。なおチーム内最低評価は、ラツィオの決定機をファウルで阻止し、一発退場となったガリー・メデルの「5」だった。

『トゥット・メルカート・ウェブ』も同様に冨安のパフォーマンスを及第点の「6」と評価。「右サイドで素晴らしい駆け上がりを見せ、観客を沸かせて拍手を得た。彼はすでにロッソブルー(赤青の意でボローニャの愛称)のアイドルとなった」と絶賛した。さらに『ユーロスポーツ』も同様に「6」と採点。ただ寸評では、「素晴らしい守備への戻りで、素晴らしいカバーリング。攻撃参加も良かった。唯一のミスは、終盤、(ホアキン)コレアに得点のチャンスを与えそうになった場面のみだ」と綴り、一定の評価を与えつつ、課題も指摘している。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:02 | 大阪 ☀ | Comment(8) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ユベントス、インテルとの白熱のイタリアダービーを制す!ディバラ&イグアインのゴールで2-1勝利し首位浮上(関連まとめ)

ユベントス、2-1でイタリアダービー制す。ディバラ&イグアイン弾で首位浮上
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191007-00341530-footballc-socc
イグアイン2019第7節イタリアダービーgoal.jpg

【インテル 1-2 ユベントス セリエA第7節】
 
 イタリア・セリエA第7節、インテル対ユベントスが現地時間6日に行われた。試合はアウェイのユベントスが2-1で勝利した。

 試合は開始早々に動きを見せる。4分にピアニッチのパスを前線で受けたディバラがペナルティーエリア内でシュート、これが決まりユベントスが先制する。直後の9分には左サイドでボールを受けたクリスティアーノ・ロナウドが中央に切り込みシュートを打つもボールはバーに弾かれ追加点とはならず。

 一方のインテルも18分にデリフトがペナルティーエリア内でハンドしPKのチャンスを得ると、マルティネスが落ち着いて決め同点に追いつく。28分には再びマルティネスがシュートも今度はユベントスGKの好セーブでゴールならず。前半最後のチャンスはユベントス、41分にC・ロナウドがペナルティーエリア内でシュートチャンスを得るもGKの好セーブで得点ならず、同点でハーフタイムへ。

 後半最初のチャンスはユベントス、56分にケディラのスルーパスを受けたディバラがシュート、GKが弾いたボールを再びシュートするもボールはバーを越える。インテルも69分、ゴール正面で途中出場のベシーノがシュート、DFにブロックされたボールはポストに当たり得点とはならず。

 中盤以降は両チームとの選手交代で勝ち越しゴールを目指すと80分に途中出場のイグアインがベタンクールのパスをペナルティーエリア内で受け右足のシュート、これが決まりユベントスが勝ち越しに成功する。

 結局これが決勝点となりユベントスがイタリアダービーを制し首位に浮上した。

【得点者】
4分 0-1ディバラ(ユベントス)
18分 1-1 マルティネス(インテル)
80分 1-2 イグアイン(ユベントス)

※一時当記事の表示に異常がございました事をお詫びします。

† Serie A † Part 211
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1569414363/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(14) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、ダビド・ルイス決勝ヘッド弾で移籍後初ゴール!ボーンマスに1-0辛勝しリーグ3位浮上

アーセナル、D・ルイスの移籍後初ゴールが決勝弾に! ボーンマス撃破で公式戦8戦負けなし
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191006-00010043-goal-socc

ダビド・ルイス2019第8節ゴール.jpg

アーセナルは6日、プレミアリーグ第8節でボーンマスをホームに迎えた。

ここまで3勝3分け1敗のアーセナルと、同3勝2分け2敗のボーンマスが相まみえた。アーセナルのエメリ監督は、1-1で引き分けた前節のマンチェスター・ユナイテッド戦からトレイラに代えてセバージョスを起用する1点を変更。木曜日に行われたヨーロッパリーグ(EL)グループF第2節のスタンダール・リエージュ戦からはセバージョスのみ連続出場となった。

序盤から攻めるアーセナルは、6分に大きなチャンス。中央のサカからパスを受けた左サイドのオーバメヤンがカットインし、ペナルティアーク左付近でシュートを放つ。しかし、これはわずかに枠の右にはずれる。それでもアーセナルは9分、セバージョスの右CKに合わせたダビド・ルイスが移籍後初ゴールとなるヘディングシュートを決めて先手をとった。

ハーフタイムにかけてもアーセナルが主導権を掌握する。しかし、ボーンマスも集中を切らすことなく粘り強い守備を継続。アーセナルは1点リードのまま試合を折り返す。

迎えた後半は立ち上がりからボーンマスが反撃に出る。56分にはボックス右に抜け出したステイシーが枠内シュートに持ち込むも、好反応を見せたGKレノがはじき出す。

アーセナルのエメリ監督はペペに代えてマルティネッリ、75分にはセバージョスを下げてウィロックを投入する。その後、アーセナルは追加点こそ奪えなかったものの、相手をシャットアウトして逃げ切り。リーグ2試合ぶりの勝利で、公式戦8試合負けなしとした。

■試合結果
アーセナル 1-0 ボーンマス

■得点者
アーセナル:ダビド・ルイス(9分)
ボーンマス:なし

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1421】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1570369110/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:30 | 大阪 ☁ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウルブス、王者マンC撃破の大金星!アダマ・トラオレが快速カウンターで2ゴール!(関連まとめ)

ウルヴス、王者マンCを敵地で下す! トラオレの2得点で完封勝利
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191007-00987001-soccerk-socc
アダマトラオレ2019第8節ゴール.jpg

プレミアリーグ第8節が6日に行われ、マンチェスター・Cとウルヴァーハンプトンが対戦した。

 前半はマンチェスター・Cが試合をコントロールするも決定的なチャンスは演出できずにハーフタイムのホイッスルを迎える。スコアは0−0のまま試合を折り返す。

 後半に入り80分が経過。両者得点できぬままスコアレスドローに終わるかと思えたその時、ウルヴァーハンプトンが試合を動かす。カウンターで一気に敵陣に攻め込むと、アダマ・トラオレが冷静にボールを流し込み先制弾をあげた。

 するとアディショナルタイムに再びウルヴァーハンプトンにチャンスが訪れる。先制弾をマークしたトラオレがまたもカウンターでボールをゴール前まで持ち運ぶとGKと1対1の状況に。ボールを着実にゴールへと蹴り込み、2得点目を決めた。

 試合はそのままタイムアップを迎え、王者マンチェスター・Cはホームでまさかの敗戦。ウルヴァーハンプトンは2−0の勝利を収めた。

 次節、マンチェスター・Cは19日にアウェイでクリスタル・パレスと、ウルヴァーハンプトンは同日にホームでサウサンプトンと対戦する。

【スコア】
マンチェスター・C 0−2 ウルヴァーハンプトン

【得点者】
80分 0−1 アダマ・トラオレ(ウルヴァーハンプトン)
90+4分 0−2 アダマ・トラオレ(ウルヴァーハンプトン)

【スターティングメンバー】
マンチェスター・C(4−2−3−1)
エデルソン;ウォーカー(46分 ジンチェンコ)、オタメンディ、フェルナンジーニョ、カンセロ;ギュンドアン、ロドリ;マフレズ(60分 B・シウヴァ)、D・シルバ(75分 ジェズス)、スターリング;アグエロ

BLUEMOON マンチェスターシティ 348cityzens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1570371868/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:00 | 大阪 | Comment(13) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川真司、先発出場し前半好機演出も58分で途中交代 サラゴサは首位カディスに0-2敗戦し4位後退

香川真司、前半に好機作るも後半途中交代。サラゴサは0-2敗戦で4位に転落
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191007-00341498-footballc-socc
香川2019第10節.jpg

【サラゴサ 0-2 カディス セグンダ・ディビシオン第9節】

 リーガ・エスパニョーラ第9節、サラゴサ対カディスが現地時間6日に行われた。試合はホームのサラゴサが0-2で敗戦を喫した。

 前節マラガ戦を欠場したMF香川真司は、トップ下でスタメン復帰。58分に途中交代となった。香川は決定的なパスを供給したり、積極的にシュートを放つなど攻撃陣を牽引した。

 13分、左サイドからのボールをペナルティエリア手前の中央で受けた香川は、右足でシュート。だがこれは、ゴールのはるか上を越えてしまう。

 先制したのはカディスだった。57分、右コーナーキックにルイスがニアで合わせ、そのボールをロサノが押し込んだ。直後の58分、香川はポンボとの交代を命じられ、ピッチを後にした。0-1のカディスリードで迎えた80分、トラビエソに追加点を奪われ、2点のリードに広げられてしまった。

 試合はこのまま終了し、0-2でサラゴサが敗戦を喫した。敗れたサラゴサは4位に転落した。

【得点者】
57分 0-1 ロサノ(カディス)
80分 0-2 トラビエソ(カディス)

Real Zaragoza 香川真司 ファン専用 part51
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1570374552/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 01:24 | 大阪 ☁ | Comment(10) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(24時間)

    人気記事ランキング(昨日)

      人気記事ランキング(先週)