アンテナ・まとめ RSS

2019年10月20日

食野亮太郎、絶妙ボレー弾!強豪レンジャーズ戦で先制ゴールし今季2得点目!ハーツは1-1ドローで10位浮上(関連まとめ)

【サッカー】食野亮太郎、強豪レンジャーズから貴重な先制点でドローに貢献…今季2ゴール目は絶妙ボレー
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1571577238/
食野2019第9節ゴール.jpg

1: 久太郎 ★ 2019/10/20(日) 22:13:58.42 ID:D7IDNh1i9.net

右サイドアタッカーで先発
ハーツに所属するU-22日本代表FW食野亮太郎が、強豪レンジャーズから鮮烈なゴールを奪っている。

ハーツは20日、スコティッシュ・プレミアシップ第9節で2位レンジャーズと対戦。食野はリーグ戦4試合連続の先発出場を飾った。すると開始早々の6分、食野が大きな衝撃を与える。

味方のシュートを相手GKが弾いたところを、ペナルティエリア外から食野が左足ダイレクトでボレーシュート。カバーリングに入っていたDFも触ることができない見事なシュートを沈め、ハーツに先制点をもたらした。食野にとっては加入後2ゴール目となっている。

その後、39分に追いつかれたものの、食野は右サイドのアタッカーとして奮闘。積極的にクロスでチャンスメイクするなど、得点以外でも存在感を発揮し、72分に交代した。

90分を通しては、チャンスの数で上回られたハーツだが、強豪レンジャーズと1-1のドローに持ち込み、1ポイントを奪取。10位へと浮上している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191020-00010037-goal-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スペイン代表セバージョス、アーセナルへの完全移籍を希望?レアルのペレス会長に直訴か(関連まとめ)

23歳スペイン代表MF、アーセナルへ完全移籍希望。レアル会長に直訴か
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191020-00343727-footballc-socc
セバージョス2019アーセナル.jpg

レアル・マドリーからアーセナルにレンタルされているスペイン代表MFダニ・セバージョスは、アーセナルへ完全移籍することをマドリーに要請したという。スペインメディア『エル・デスマルケ』が18日付で伝えた。

 現在23歳のセバージョスはマドリーで2年間プレーしたあと、今年夏に1年間のレンタルでアーセナルに加入。ユベントスへ移籍したアーロン・ラムジーの「8番」を受け継ぎ、プレーの面でもラムジーの穴を埋めることが期待されている。

 アーセナルでは継続して出場機会を得られていることもあり、本人はこのまま完全移籍することを望んでいるようだ。報道によれば、セバージョスはマドリーのフロレンティーノ・ペレス会長との“極秘会談”を先週行い、その意志を伝えたという。

 セバージョスはこれまでにアーセナルで公式戦11試合に出場し、1得点2アシストを記録している。マドリーからのレンタル契約には完全移籍のオプションは設定されていないが、今後両クラブ間で交渉が行われる可能性もあるかもしれない。英紙『デイリー・メール』は、セバージョスの獲得には移籍金3500万ポンド(約49億2000万円)ほどが必要になるとの見通しを示している


【Gunners】 Arsenal F.C.【part1424】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1571486035/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:05 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川崎DF谷口彰悟、倉田秋への応急処置の批判に「シュウ君が立とうとした」G大阪倉田秋は脳震盪・左頬骨骨折で離脱(関連まとめ)

谷口彰悟に倉田秋の件について聞いた【麻生レポート】
https://www.targma.jp/kawasaki/2019/10/20/post20340/

倉田2019第29節衝突.jpg

19日に行われたG大阪戦の試合中の行動により、谷口彰悟が批判されるということがあった。

65分の倉田秋の得点のシーン。頭を強打して意識をなくした倉田を、谷口が無理やり引き起こしたのではないかとSNSなどを中心に騒ぎになっていた。この件について谷口本人に話が聞けた。

「オレなんか色々と叩かれているみたいで、なんでそこまで言われるのか映像をちょっと見直したんですが、そしたら確かにあのアングルだとオレが無理やり起こしてるように見えるなと」

ただ、谷口は引き起こすつもりはなく、体を横向にしたかったのだという。

「倒れてる状態で突っ伏してて、舌が気道を塞ぐことは多分ないだろうなと。うつ伏せだったから。でも、首が危なそうだから、横向きにしてあげたかったんです。首の方向に肩を上げてあげたかった(右手で倉田選手の右肩を引き起こしたかった)んです」

ところがそこで倉田が意識を戻したという。

「そしたらシュウくんが意識朦朧としてる中、立とうとしたんですよ。起き上がろうとして」

それを見た周りの選手は「おお、起き上がるな、起き上がるな、寝とけ寝とけ」と声をかけ、また寝かしたという。

さすがに「あんなときに絶対に無理やり起こすことはしないですよ。さすがにそんなことはしないです」と谷口。

ちなみに救急対応については筑波大学時代に教えてもらっており「そこら辺の知識はある程度はあった」と話していた。

なお、倉田とともに登里享平が横たわっていたのも視野には入ったとのことだが「ノボリさんは目が開いていて、意識があることがわかった」ため倉田を優先させたという。

「首で支えてる状態だったので」

そんな話の終盤に「(倉田の)容体はわからないですか?」と自然な流れで倉田のことを聞かれた。報道されている内容以上の情報はなかったが、大事になってないことを願いたいと思う。

(取材・文・写真/江藤高志)

G大阪MF倉田 脳しんとう、左頬骨骨折で全治3〜4週間 川崎F戦で相手選手と接触
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191020-00000255-spnannex-socc

G大阪は20日、MF倉田秋(30)が脳しんとうと左頬骨骨折で全治3〜4週間の見込みと発表した。

 19日の川崎F戦(パナスタ)で後半20分にヘディングでゴールを決めた際、相手選手と激しく接触。そのままピッチに倒れ込み、同23分に負傷交代していた。

 その後に病院で精密検査を受け、結果と完治までの見込みが発表された。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12353
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1571552956/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:44 | 大阪 ☁ | Comment(29) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柏、三原2発で千葉とのダービー戦で3-0完勝!琉球は上門2ゴールで栃木に勝利!岐阜は愛媛に2-0勝利し残留に望み!岡山は仲間決勝弾で長崎に勝利!金沢が山形に勝利 J2第37節(関連まとめ)

【サッカー】J2第37節 鹿児島×山口、水戸×町田、栃木×琉球、金沢×山形、岐阜×愛媛、千葉×柏、岡山×長崎
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1571561924/
三原2019第37節ダービーゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/10/20(日) 17:58:44.36 ID:D7IDNh1i9.net

鹿児島 0−0 山口
[得点者]
なし
スタジアム:白波スタジアム
入場者数:5,646人
https://www.jleague.jp/match/j2/2019/102007/live/#live


水戸 1−1 町田
[得点者]
03'宮 大樹 (水戸)
24'中島 裕希(町田)

スタジアム:ケーズデンキスタジアム水戸
入場者数:5,619人
https://www.jleague.jp/match/j2/2019/102001/live/#live


栃木 0−2 琉球
[得点者]
79'上門 知樹 (琉球)
90+5'上門 知樹(琉球)

スタジアム:栃木県グリーンスタジアム
入場者数:6,255人
https://www.jleague.jp/match/j2/2019/102002/live/#live


金沢 1−0 山形
[得点者]
90'山本 義道(金沢)

スタジアム:石川県西部緑地公園陸上競技場
入場者数:5,658人
https://www.jleague.jp/match/j2/2019/102004/live/#live


岐阜 2−0 愛媛
[得点者]
65'當間 建文(岐阜)
79'川西 翔太(岐阜) PK

スタジアム:岐阜メモリアルセンター長良川競技場
入場者数:6,101人
https://www.jleague.jp/match/j2/2019/102005/live/#live


千葉 0−3 柏
[得点者]
19'三原 雅俊(柏)
22'瀬川 祐輔(柏)
61'三原 雅俊(柏)

スタジアム:フクダ電子アリーナ
入場者数:14,950人
https://www.jleague.jp/match/j2/2019/102003/live/#live


岡山 2−1 長崎
[得点者]
13'上田 康太(岡山)
28'仲間 隼斗(岡山)
69'玉田 圭司(長崎)

スタジアム:シティライトスタジアム
入場者数:9,331人
https://www.jleague.jp/match/j2/2019/102006/live/#live



J2順位表
https://www.jleague.jp/standings/j2/




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:16 | 大阪 ☁ | Comment(4) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

G大阪・宮本恒靖監督、来季も続投 クラブ幹部「まだ契約残っている」(関連まとめ)

G大阪宮本監督が来季続投「まだ契約が残っている」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191020-10190746-nksports-socc
宮本監督G大阪.jpg

ガンバ大阪の宮本恒靖監督(42)が来季も指揮を執ることが19日、分かった。

ホームの川崎F戦を2−2で引き分けた試合後、クラブ幹部が「契約は残っている」と、来季も託すと明言。宮本監督は昨季途中に就任し、J1残留に貢献したが、今季は現在9位と厳しい戦いが続く。苦闘を乗り越え、レジェンドが黄金時代を取り戻す。

G大阪が「ツネ様体制」を確定させ、黄金期を取り戻しにかかる。この日は、ホームの川崎F戦で、先制しながらも結果、2−2で引き分けて現在、9位。ルヴァン杯も準決勝で敗退しており、今季のタイトル奪取は厳しい状況だが、クラブは、来季も宮本監督で進める体制を決めた。

クラブ幹部は「まだ契約が残っている」と明かし「支えていく方向です」。宮本監督は昨季途中に就任し、9連勝を含めJ1残留に大きく貢献した。大きな期待を背負った今季だが、厳しい戦いが続く。その中で安定したチームを作り、その手腕は評価されてきた。

この試合も、先発に抜てきしたFW渡辺が前半5分に先制ゴールを決めた。「チャンスはあった。前半からうまく(ボールを)持たせてもらった。結果を残せて良かった」。その後、2失点し、MF倉田のヘッドで同点に持ち込んだ。指揮官は「内容的には物足りない」と話しながら、強敵相手の勝ち点1を評価した。

残り5試合、残留争いが当面の課題になる。「ケガ人も多かった。形を整えてけば、来季は勝負できる」とクラブ幹部。G大阪に功績を残したレジェンド監督のもと、黄金期の輝きを−。G大阪の来季に向けた戦いは早々にスタートする。

ガンバ大阪 Part3055  
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1571487694/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:07 | 大阪 ☁ | Comment(7) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドルトムント、ロイス決勝ゴールで首位BMG撃破!2度のゴール取り消しも1-0勝利!バイエルンはアウクスブルクに終盤追い付かれ2-2ドロー…DFズーレが大怪我

ロイス弾のドルトムントが首位ボルシアMGに競り勝って4戦ぶり勝利!《ブンデスリーガ》
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191020-00363164-usoccer-socc
ロイス2019第8節ゴール.jpg

ドルトムントは19日、ブンデスリーガ第8節でボルシアMGをホームに迎え、1-0で勝利した。

前節フライブルクとの上位対決では3試合連続で2-2の引き分けに終わり、勝ちきれない試合が続いて8位まで後退したドルトムント(勝ち点12)。4日後にチャンピオンズリーグ(CL)のインテル戦を控える中、現状のベストメンバーを送り込み、古巣対決となるT・アザールが先発となった。

前節首位に浮上したボルシアMG(勝ち点16)に対し、[4-2-3-1]で臨んだドルトムントは最前線にロイス、2列目に右からハキミ、ブラント、T・アザール、中盤センターにヴィツェルとデラネイ、センターバックにヴァイグル、右サイドバックにアカンジと並べた。

オープンな展開で立ち上がった中、6分にT・アザールがシュートに持ち込んだドルトムントは、直後のCKからデラネイが際どいヘディングシュートを浴びせた。

さらに12分、ロイスのスルーパスからボックス左のブラントがGK強襲のシュートを放ったドルトムントが流れを引き寄せるも、26分にピンチ。FKからライナーのボレーシュートが枠を捉えたが、GKビュルキが好守で凌いだ。

ひやりとしたドルトムントは33分、先制しかける。ボックス手前右からT・アザールの放った強烈なミドルシュートがGKの手を弾いてネットを揺らすも、その前にオフサイドがあったとしてVARの末にノーゴールに。ハーフタイムにかけては互いにチャンスなく0-0で前半を終えた。

迎えた後半、前半同様にオープンな展開で立ち上がった中、開始6分にドルトムントに決定機。分厚い攻めを見せ、ボックス内でルーズとなったボールをブラントがシュート。だが、枠を捉えきれなかった。

それでも58分、ドルトムントが先制する。T・アザールのスルーパスに反応したボックス右のロイスがGKとの一対一を制した。

先制されたボルシアMGがノイハウスとヘアマンを投入してきたのに対し、ドルトムントは70分にGKビュルキの負傷を受けてGKヒッツを投入する。

ここからボルシアMGの攻勢が強まり、ドルトムントは自陣に押し込まれてしまう。84分にはブラントのシュートがネットを揺らし、ドルトムントが加点しかけるも、ロイスのポジションがオフサイドでノーゴールに覆った。

それでも、6分の追加タイムを守り切ったドルトムントが4戦ぶりの勝利を飾っている。

バイエルンに大打撃…ジューレが前十字靭帯断裂か。指揮官「ひどいケガ。十字靭帯を損傷したと聞いた」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191020-00010013-goal-socc

今季は全試合先発
バイエルン・ミュンヘンDFニクラス・ジューレは、前十字靭帯断裂の重傷を負ってしまったのかもしれない。

19日に行われたブンデスリーガ第8節で、アウクスブルクと対戦したバイエルン。開始1分で失点後、その約10分後に追いくと、後半開始早々に逆転に成功。しかし、後半アディショナルタイムに同点弾を許し、2-2のドローに終わった。

首位浮上のチャンスを逃したバイエルンだが、それ以上に心配な出来事が。12分、相手DFと競り合った際に、ジューレが左膝を負傷。痛みを抱えてすぐに倒れこむと、治療中に顔を抑える場面も。結局自力では歩くことができず、スタッフに支えられながらピッチを後にした。後半初めに松葉づえをつきながらスタジアムを去っている。

ニコ・コバチ監督も、「ひどいケガに見える」とコメント。詳細は明かさなかったが、「私が聞いたのは、十字靭帯を損傷しているということ。膝のほかの部分に影響がないかを確認する必要がある」とし、大ケガを負ったことは確かだと語った。

ジューレは、当時19歳だった2014-15シーズンにも、十字靭帯断裂の大ケガを経験している。今季全試合で先発を飾っていた24歳ドイツ代表DFの離脱は、過密日程が続くバイエルンにとって大きな影響がありそうだ。

【BVB09】Borussia Dortmund 902【jjj】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1570026138/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:03 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプール、南野拓実獲得の可能性も?アジア市場強化へのアピールとリバプール地元紙が憶測

【サッカー】リバプール、南野拓実獲得でアジア市場へのアピール強化も? 地元紙が憶測
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1571481891/
南野拓実2019リバプール戦ゴール.jpg
1: 2019/10/19(土) 19:44:51.85 ID:uVLJ8MH49.net

リバプールは、ユニフォーム販売などに向けたアジア市場へのアピールを強めるため、レッドブル・ザルツブルクの日本代表FW南野拓実の獲得を試みる可能性もあるかもしれない。英紙『リバプール・エコー』が19日付で伝えている。

 南野は今月2日に行われたチャンピオンズリーグのリバプール戦で、1ゴール1アシストを記録するなど欧州王者を苦しめる活躍をみせた。それ以来、リバプールが南野の獲得を検討しているという噂が一部メディアで報じられてきた。

 地元紙は、リバプールの南野獲得に向けた新たな「ヒント」が生じたと伝えた。ユニフォームサプライヤーのニューバランス社から訴えられたリバプールは、法廷での答弁の中で、ナイキ社との新たな契約により極東市場への進出に向けた動きを強めることに意欲を示したという。

「マイケル・エドワーズ(スポーツディレクター)とユルゲン・クロップ(監督)が極東でのユニフォーム販売のために選手を獲得することは想像できない」と『エコー』紙は、この話を直接的に南野の獲得に繋げることは無理があると認めながらも、日本人選手獲得に向けた「小さなヒント」にはなり得ると述べている。

 現時点では憶測の域を出ないとしても、南野がリバプールの新戦力候補として引き続き地元メディアから意識されていることは確かなようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191019-00343655-footballc-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☁ | Comment(22) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンC、ジェズス先制ヘッド&ダビド・シルバ絶妙ボレーでC・パレスに2-0快勝!2試合ぶりの白星

ロドリCB起用のシティ、C・パレスを無失点に抑え2試合ぶり白星《プレミアリーグ》
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191020-00363165-usoccer-socc
シルバ2019第9節ボレー.jpg

 マンチェスター・シティは19日、プレミアリーグ第9節でクリスタル・パレスと対戦し、2-0で勝利した。

全勝を続けるリバプールに次いで2位につけているシティだが、前節はウォルバーハンプトンに0-2で完敗し早くも2敗目を喫した。これ以上ライバルに離されたくない今節、オタメンディが練習でケガをしたようで、センターバックはフェルナンジーニョとロドリが起用された。

そんなシティの攻撃はまずは7分、ベルナルド・シウバが相手のパスを奪って素早くシルバへ。ボックス手前中央のシルバは左足で狙ったが、これはGKの正面に。17分にはロドリのパスからベルナルド・シウバ。ボックス右から狙った強烈なシュートはGKヘネシーにセーブされた。

20分過ぎにもギュンドアンがゴールに迫ったシティ。先制は39分のことだった。フェルナンジーニョのビルドアップから右のベルナルド・シウバに展開。左足で上げたクロスにジェズスが頭で飛び込みコースを変えると、これが左ポストを跳ね返ってネットを揺らした。

さらにその2分後、今度はカウンターからデ・ブライネが持ち上がり、最後はスターリングの浮き球のパスに対し、シルバが走り込みながらGKの股を抜くボレーシュートを決めてリードを広げた。

後半もシティの攻勢は続く。52分に左ポストを掠めるシュートを放ったスターリングは、55分にもドリブルで相手を躱してシュートに繋げる。さらに63分にはデ・ブライネが相手にボックス内で倒される場面があったが、主審の笛はもらえなかった。

一方、注目の守備はここまで相手のシュートを3本に抑える仕事ぶり。ポゼッションで大きく上回っているため、センターバックにプレッシャーがかかることもほとんどない。

だが、そんな防戦一方のクリスタル・パレスも74分、ザハのクロスからファン・アーンホルトがシュート。さらにその2分後のCKでは、投入直後のベンテケがヘディングシュートを枠に飛ばしたが、GKエデルソンがファインセーブを見せた。

その後、シティはシルバを下げてストーンズを起用。これに伴い、センターバックを務めていたロドリが本来の中盤に戻った。

終盤にベンテケの強烈なシュートがGKエデルソンを強襲したものの、最後まで無失点に抑えたシティが2-0で勝利。2試合ぶりの白星となった。

【スコア】
クリスタル・パレス 0−2 マンチェスター・C

【得点者】
39分 0−1 ガブリエル・ジェズス(マンチェスター・C)
41分 0−2 ダビド・シルバ(マンチェスター・C)

【スターティングメンバー】
■クリスタル・パレス(4−3−3)
ヘネシー;ファン・アーンホルト、ケーヒル、トムキンス(84分 ダン)、ウォード;クヤテ、ミリボイェヴィッチ(76分 ベンテケ)、マッカサー;シュラップ(55分 タウンセンド)、アイェウ、ザハ

■マンチェスター・C(4−3−3)
エデルソン;メンディ、フェルナンジーニョ、ロドリ、カンセロ;D・シルバ(79分 ストーンズ)、ギュンドアン、デ・ブライネ(91分 フォーデン);スターリング、ジェズス、B・シウヴァ

BLUEMOON マンチェスターシティ 349cityzens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1571482435/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡崎慎司、反撃弾で今季2ゴール目!ウエスカは2点差追い付くも競り負けルーゴに2-3敗戦

岡崎慎司の反撃弾は実らず…ウエスカ、2点差追いつくも競り負けて3戦ぶり黒星
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191020-00990640-soccerk-socc
岡崎2019第12節ゴール.jpg

リーガ・エスパニョーラ2部第12節が19日に行われ、FW岡崎慎司が所属するウエスカはアウェイでルーゴと対戦した。岡崎は7試合連続のフル出場で1ゴールを挙げた。

 ルーゴは9分、左サイドからのクロスにヤニス・ラフマーニーがダイレクトボレーを放つと、GKセーブのこぼれ球をホセ・カルロス・ラミレスが押し込んで先制。さらに37分には相手のファールでPKを獲得すると、クリスティアン・エレーラがゴール左に沈めて追加点を挙げた。

 2点リードで折り返したルーゴは47分、ラフマーニーが2枚目のイエローカードを受けて退場となる。数的優位となったウエスカは54分、ペナルティエリア右に抜けたミゲロンが折り返すと、ゴール前に走り込んだ岡崎が左足で合わせてゴール。岡崎が4試合ぶり今シーズン2点目で反撃の狼煙を上げた。

 ウエスカは64分、敵陣中央のホルヘ・プリードがエリア右へロングボールを送ると、走り上がったミゲロンが右足で押し込んで同点に追いついた。ウエスカの逆転ムードが加速したが、69分にジョズエ・サが2枚目のイエローカードで退場となり、10人対10人での戦いとなる。

 すると直後の70分、ルーゴはボルハ・ドミンゲスの左CKから中央のマチュー・ペイベルネが打点の高いヘディングシュートをゴール右隅に沈めて勝ち越しに成功した。

 再びリードを許したウエスカは、岡崎が75分に右サイドからの折り返しに合わせ、77分には右サイドからのクロスに技ありのダイレクトボレーを放ったが、どちらのチャンスも得点には結びつかなかった。試合はこのまま終了し、ウエスカは3試合ぶりの敗戦。勝ったルーゴは今シーズン2勝目となった。

 次節、ウエスカは27日にホームでエルチェと、ルーゴは26日にアウェイでヌマンシアと対戦する。

【スコア】
ルーゴ 3−2 ウエスカ

【得点者】
1−0 9分 ホセ・カルロス・ラミレス(ルーゴ)
2−0 37分 クリスティアン・エレーラ(PK/ルーゴ)
2−1 54分 岡崎慎司(ウエスカ)
2−2 64分 ミゲロン(ウエスカ)
3−2 70分 マチュー・ペイベルネ(ルーゴ)

≠Sociedad Deportiva Huesca≠岡崎慎司 ★148
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1570389101/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久保途中出場のマジョルカ、レアル・マドリードに大金星!ラゴ決勝ゴールで1-0勝利し暫定14位浮上(関連まとめ)

マジョルカ久保建英、スペインも大注目の所属元レアルとの一戦に59分から出場…チームは1-0で大金星挙げる
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191020-00010005-goal-socc
久保2019第9節.jpg

9日のリーガ・エスパニョーラ第9節、ソン・モイシュでのマジョル対レアル・マドリーは1-0でマジョルカの勝利に終わった。レアル・マドリーからのレンタル移籍によってマジョルカでプレーするMF久保建英はベンチスタートとなり、59分から出場を果たしている。

スペインのスポーツ紙『マルカ』が18日付の紙面で独占インタビューを敢行した久保を1面に掲載し、さらに『アス』は試合当日のプレビュー記事で「Bプランのマドリーが大きな期待を生み出す日本人選手と対戦」との見出しをつけるなど、マドリー対久保という構図が強調されるこの一戦。とはいえ久保は、ベンチからこの試合を見守ることになった。

ナチョ、モドリッチ、アセンシオ、ベイル、ルーカス・バスケスを負傷で欠き、さらには第4子が生まれたアザールとカルバハルを招集外として、『アス』の記す通りにBプラン仕様のマドリーは、7分にマジョルカの堅守速攻の餌食となる。左サイドでボールを受けたラゴ・ジュニオールが、ドリブルでそのままペナルティーエリア内左に侵入し、左足のシュートでGKクルトワを破った(カルバハルの代わりに出場したオドリオソラは、対面するラゴへの守備が消極的であり、またも守備面に関して批判の対象となりそうだ)。

いきなりビハインドを負ったマドリーはその後、ヴィニシウスの果敢の突破を起点としてマジョルカのゴールに迫っていくが、同点には追いつけない。前半、最も惜しかったのは28分の場面。ハメスのロングフィードから最終ラインを突破したベンゼマが、バウンドするボールにうまく左足で合わせたものの、これはクロスバーに阻まれた。

後半もボールを保持したマドリーだが、マジョルカの堅守を前に停滞。その一方でマジョルカのビセンテ・モレノ監督は59分に2枚目の交代カードを切り、マドリーの下部組織出身フェバスとの交代で、マドリーからのレンタルでプレーする久保をついにピッチに立たせた。

久保は4-4-2の右サイドハーフを務める久保は、ボールが回ってくると気には積極的なドリブルやスルーパスを披露。ただし、同点を目指してマドリーが必死の形相で攻撃を仕掛けている状況のために、その回数は限られていた。

75分、マドリーはラゴに後方からタックルを仕掛けたオドリオソラが2枚目のイエローカードで退場となる。だが10人となっても、マドリーが一方的に攻撃に仕掛ける状況は変わらず。マジョルカはリスクを冒すことなく、久保含め後方に下がってマドリーの攻撃を受け止め続け、虎の子の1点を守り切る形で大金星を挙げている。

今季初黒星を喫したマドリーは勝ち点を18から伸ばすことができず、同日にエイバルを下したバルセロナに勝ち点1差をつけられて2位後退。今季3勝目を飾ったマジョルカは、勝ち点を10として暫定で14位に順位を上げた。


【RCD】久保建英応援スレ part112【Mallorca】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1571478592/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 06:28 | 大阪 ☁ | Comment(31) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング