アンテナ・まとめ RSS

浦和と対戦するアル・ヒラルってどんなチーム?ゴミス&ジョビンコの強力ツートップ

浦和がACL決勝で対戦するアル・ヒラルってどんなチーム? ジョビンコ&ゴミスの強力2トップは要警戒! FC東京の元主将がDFラインに君臨
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191024-00065717-sdigestw-socc
ゴミス2019ACLアルヒラル.jpg

2年前の決勝の再現に
 10月23日、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)準決勝第2戦に臨んだ浦和レッズは、敵地で広州恒大に1−0の勝利。2試合トータル3−0で2年ぶりの決勝進出を決めた。
 
 3度目の戴冠を狙う浦和がファイナルで激突するのが、その2年前の決勝でアグリゲートスコア2−1と下したサウジアラビアのアル・ヒラルだ。11月9日に敵地での第1レグ、24日に埼玉スタジアム2002での第2レグが予定されている。
 
 では、決勝の舞台で相まみえるアル・ヒラルには、どんな選手が在籍しているのか?
 
 サウジアラビアの首都リヤドに本拠地を置くこのクラブは、最多15回の国内リーグ制覇を誇る同国きっての強豪だ。ACLは前身のアジアクラブ選手権時代に二度の優勝(1991年、2000年)。00年の決勝ではジュビロ磐田を破っている。ただ、ACLにフォーマットが変更されて以降は、14年、そして浦和に敗れた17年と二度に渡りファイナルで敗れており、言わずもがな鼻息は荒い。
 
 チームを指揮するラズバン・ルチェスク監督は、インテルやシャフタールなどを率いた名将ミルチェア・ルチェスクの実子。母国のルーマニア代表やギリシャのPAOKなどの指揮官を歴任した経験を買われ、今年の6月にアル・ヒラルに招聘された。
 
 その50歳のルーマニア人監督が操舵するチームの最大の武器は、破壊力のあるアタッカー陣だろう。なかでも、元フランス代表FWバフェティンビ・ゴミスと元イタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコの2トップは強力だ。
 
 リーグ・アンのリヨンやマルセイユで活躍し、スウォンジーやガラタサライでもプレーしたゴミスは、屈強なフィジカルを活かした泥臭いプレーを得意とし、184センチの上背を活かした空中戦もお手の物。加入1年目の昨シーズンは、公式戦33試合で29ゴールを叩き出すなど、その得点力を遺憾なく発揮した。
 
 この主砲の周りを動き回ってチャンスを作り出すのがジョビンコだ。ユベントスやパルマで実績を積み、MLSのトロントFCで大活躍した160センチの小兵アタッカーは、抜群のテクニックを駆使したボールキープと、パンチの利いたシュートが持ち味。FKも要注意だ。

Jリーグでプレーした元韓国代表DFが守備の要
 その凸凹コンビをサポートする、右サイドアタッカーのアンドレ・カリージョも警戒すべき選手だ。ポルトガルで研鑽を積んだペルー代表戦士は、縦の突破からの正確なクロスが専売特許。右足の強烈なシュートも持ち併せている。

 守備の要は、日本でもお馴染みの元韓国代表DFチャン・ヒョンス。今年7月までプレーしたFC東京では腕章も巻いたCBは、堅実なディフェンスとエアバトルの強さで最終ラインに君臨する。

 こうした外国籍選手の脇を固めるのが、サウジアラビア代表の名手たち。往年の名守護神モハメド・アル・デアイエを彷彿とさせる手足の長いGKアブドゥラー・アル・ムアイフ、精力的に上下動を繰り返す右SBのモハンメド・アル・ブレイク、タイミングのいい攻め上がりから高精度のクロスを供給する左右兼用のSBヤシル・アル・シャハラニ、そして中盤の底で的確な組み立てをみせるサルマン・アル・ファラジといった面々だ。

 国内に実力派に名うてのタレントを加え、2年前のリベンジを目論むアル・ヒラルを、浦和は返り討ちにできるのか。アジア王座を懸けた一戦に注目が集まる。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12361
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1571840333/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 ☔ | Comment(29) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドルトムント、モウリーニョ氏を新監督に招聘か?ファブレ監督を解任の可能性

ドルトムント指揮官ファーブルに更迭のうわさ…後任候補にモウリーニョが急浮上
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191024-00010042-goal-socc
モウリーニョとファブレ.jpg

ポルトガル人指揮官ジョゼ・モウリーニョが、ブンデスリーガで再スタートする可能性が高まっているようだ。

現地時間23日、ドイツメディア『ビルト』が伝えたところによると、ドルトムント幹部はルシアン・ファーブル体制の現状に不満を示しており、更迭をプランの一つに加えているという。また、ドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴァツケ会長はモウリーニョとは長年親交があることでも知られており、後任の有力候補としてポルトガル人指揮官が急浮上しているという。

モウリーニョは今夏、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』に対し「今、ドイツ語を学んでいるよ。言語の習得は私にとってライフワークのようなものだ。ポルトガル語に英語、スペイン語、フランス語、イタリア語を習得してきた。今度はドイツ語もそこに加えたい」と語っており、将来的にブンデスリーガで率いることを示唆していた。

だが、モウリーニョはこれまで輝かしい実績を残していることから、ドルトムントだけでなくバイエルン、トッテナム、古巣レアル・マドリーなども後任監督として関心が寄せているという。そのため『ビルト』はモウリーニョだけでなく「ドルトムントが狙いを定めている候補の中にはラルフ・ラングニックもいるようだ」とも伝えている。

ラングニックはかつてホッフェンハイムで一躍評価を高め、その後シャルケ、ライプツィヒなどで指揮官を務めた。現在は指導者の立ち位置から一歩引き、ライプツィヒ、ザルツブルク、NYレッドブルズなど、レッドブルグループの傘下にある複数チームの統括責任者に就いている。それだけにドルトムントがラングニックを監督として招へいできるかどうかは不透明な状況だ。

ドルトムントのファーブル監督は2021年まで契約を残しているが、任期途中で更迭となるのだろうか。23日に行われたUEFAチャンピオンズリーグ、インテルvsドルトムントは0−2で敗れる結果となり、そして26日にはシャルケとアウェーでのルール・ダービーが控えている。もしこの試合でドルトムントが敗れると、指揮官更迭を求める声がさらに高まるものと見られる。

2018年12月よりフリーの状態が続いているモウリーニョは、ドルトムントで再スタートするシナリオについて、首を縦に振るのだろうか。近日中に大きな動きが発生する可能性も十分にありそうだ。

【BVB09】Borussia Dortmund 902【jjj】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1570026138/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:04 | 大阪 ☔ | Comment(33) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FIFAランキング、日本は3つ上昇し28位に浮上!アジア最高位のイランは27位に転落

【サッカー】FIFA最新ランク発表!日本は3ランク上昇で28位、アジア最高位イランに1差
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1571906594/
日本代表2019モンゴル戦先発.jpg
1: ぜかきゆ ★ 2019/10/24(木) 17:43:14.00 ID:2JxZ7M3i9.net

FIFA最新ランク発表!日本は3ランク上昇で28位、アジア最高位イランに“1差”と肉薄!!

アジアトップ5の顔ぶれは変わらず

 FIFA(国際サッカー連盟)は10月24日、最新の世界ランキング(男子)を発表。前回31位の日本は、3つ順位を上げて28位にランクされた。日本は10月の国際Aマッチで、ワールドカップ・アジア2次予選のモンゴル戦で6対0、タジキスタン戦で3対0と、それぞれ勝利を収めていた。

 アジア勢の上位陣トップ3はイラン、日本、韓国で変わらず。イランは前回23位から27位へ4つ順位を下げ、韓国は前回37位から39位と2つ順位を下げた。それに次ぐオーストラリアは前回44位から変わらず。5番手のカタールは62位から57位へ5ランク上昇した。

 総合首位は前回と同じくベルギーで、29ポイント差の2位にフランス。以下、3位ブラジル、4位イングランドまでは変わらず。5位は前回6位のウルグアイが浮上。ポルトガルが前回5位から1ランクダウン。以下、7位クロアチア、8位スペイン、9位アルゼンチン、10位コロンビアと続いた。


 最新FIFAランキングの上位30傑とAFCのトップ5は以下の通り。

1 ベルギー
2 フランス
3 ブラジル
4 イングランド
5 ウルグアイ
6 ポルトガル
7 クロアチア
8 スペイン
9 アルゼンチン
10 コロンビア
11 メキシコ
12 オランダ
13 スイス
14 デンマーク
15 イタリア
16 ドイツ
17 チリ
18 スウェーデン
19 ペルー
20 セネガル
21 ポーランド
22 ウクライナ
23 アメリカ
24 ウェールズ
25 オーストリア
26 ベネズエラ
27 イラン
28 日本
29 チュニジア
29 ルーマニア

AFC TOP5
27 イラン
28 日本
39 韓国
44 オーストラリア
57 カタール

10/24(木) 17:08配信 SOCCER DIGEST Web
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191024-00065724-sdigestw-socc


※一部追記いたしました。

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☔ | Comment(19) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ザルツブルクFWハーランド(19)、CLデビュー3戦6発は史上初の快挙!デビュー3戦連発はベンゼマに並ぶ記録(関連まとめ)

【サッカー】ザルツブルクの19歳ハーランドがCL史上初の快挙!デビュー3戦で6発、公式戦14試合で20得点
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1571871767/
ハーランド2019CL第3節ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/10/24(木) 08:02:47.70 ID:Fgy05dFM9.net

ベンゼマ以来の記録も
ザルツブルクの19歳、ノルウェー代表FWアーリング・ハーランドの勢いが止まらない。

23日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ第3節で、ナポリと対戦したザルツブルク。先制を許したザルツブルクだったが、前半の内にハーランドがPKを沈めて同点に追いつく。その後勝ち越しを許したが、再びハーランドが決めて同点に。しかし、同点弾直後に決勝点を献上し、2-3で敗れた。

この試合で同点弾をマークしたハーランドだが、これでCL3試合連続ゴールを記録。今季初めて欧州最高峰の舞台に立った19歳だが、10代選手がCLデビュー戦から3戦連続で得点を奪うのは、カリム・ベンゼマ以来史上2人目の快挙となった。

また、CL最初の3試合で6ゴールを奪ったのは、ハーランドが史上初となっている。

今季ザルツブルクで圧巻のパフォーマンスを見せるハーランド。CLデビュー戦となったヘンク戦では、CL史上初めて10代の選手として前半だけでハットトリックを記録している。公式戦14試合で20ゴールを奪い、さらに5アシストもマーク。19歳ながらオーストリア王者で絶対的な存在となっている。

この活躍にレアル・マドリーら多くのビッグクラブが関心を寄せていると伝えられるハーランドだが、その活躍にはこれからも目が離せない。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191024-00010007-goal-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☔ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

清水GK六反勇治、オーバートレーニング症候群でJ3藤枝にてトレーニングへ(関連まとめ)

オーバートレーニング症候群で離脱の清水GK六反、藤枝でトレーニングへ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191024-43473097-gekisaka-socc
六反2019清水.jpg

清水エスパルスは24日、オーバートレーニング症候群により離脱していたGK六反勇治が藤枝MYFCでトレーニングを行うことになったと発表した。

 クラブの判断により、来季の復帰に向けて当面の間、藤枝にてトレーニングを行う。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12361
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1571840333/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☔ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FC東京、長谷川健太監督の来季続投を発表!3シーズン目の指揮突入へ(関連まとめ)

FC東京、長谷川健太監督の来季続投を発表。3シーズン目の指揮へ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191024-00344378-footballc-socc
長谷川監督FC東京インタビュー.jpg

 J1のFC東京は24日、長谷川健太監督と契約を更新し、来季も同クラブを指揮することで合意したことを発表した。クラブの公式サイトで発表されている。

 長谷川監督は2005年から2010年まで清水エスパルスで指揮を執り、2013シーズンから当時J2のガンバ大阪の監督に就任した。就任1年目でG大阪をJ1昇格に導いた。2018年からはFC東京を指揮している。

 今季のFC東京は好調。鹿島アントラーズに首位を明け渡したものの、得失点差で2位に位置し優勝争いをしている。今季の功績が認められ、長谷川監督は来季も続投することになった。


移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12361
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1571840333/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☔ | Comment(6) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

インテル、ラウタロ先制ゴールなどドルトムントに2-0快勝し今季CL初勝利!バルセロナはプラハに勝利!ライプツィヒはザビッツァー豪快ゴラッソでゼニトに逆転勝利!バレンシアはリールとドロー!ベンフィカはリヨンに勝利 CL第3節(関連まとめ)

【サッカー】UEFA-CL第3節 ザルツブルク×ナポリ、ゲンク×リバプール、インテル×ドルトムント、アヤックス×チェルシー等結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1571864477/
ラウタロ2019CL第3節ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/10/24(木) 06:01:17.94 ID:Fgy05dFM9.net

グループE
ザルツブルク 2−3 ナポリ
[得点者]
ドリース・メルテンス      (前半17分)(ナポリ)
アーリング・ブラウト・ハーランド(前半40分)(ザルツブルク)PK
ドリース・メルテンス      (後半19分)(ナポリ)
アーリング・ブラウト・ハーランド(後半27分)(ザルツブルク)
ロレンツォ・インシーニェ    (後半28分)(ナポリ)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083134
※南野拓実はフル出場


ゲンク 1−4 リバプール
[得点者]
アレックス・オックスレイド・チェンバレン(前半02分)(リバプール)
アレックス・オックスレイド・チェンバレン(後半12分)(リバプール)
サディオ・マネ             (後半32分)(リバプール)
モハメド・サラー            (後半42分)(リバプール)
ステファン・オデイ           (後半43分)(ゲンク)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083135
※伊東純也は後半44分まで出場


グループF
インテル 2−0 ドルトムント
[得点者]
ラウタロ・マルティネス (前半22分)(インテル)
アントニオ・カンドレヴァ(後半44分)(インテル)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083146


スラヴィア・プラハ 1−2 バルセロナ
[得点者]
リオネル・メッシ(前半03分)(バルセロナ)
ヤン・ボリル  (後半05分)(プラハ)
オウンゴール  (後半12分)(バルセロナ)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083147


グループG
ライプツィヒ 2−1 ゼニト
[得点者]
ヤロスラフ・ラキツキー(前半25分)(ゼニト)
コンラード・ライマー (後半04分)(ライプツィヒ)
マルセル・サビッツァー(後半14分)(ライプツィヒ)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083158


ベンフィカ 2−1 リヨン
[得点者]
ラファ・シウヴァ   (前半04分)(ベンフィカ)
メンフィス・デパイ  (後半25分)(リヨン)
ルイス・フェルナンデス(後半41分)(ベンフィカ)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083159


グループH
アヤックス 0−1 チェルシー
[得点者]
ミシー・バチュアイ(後半41分)(チェルシー)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083074

リール 1−1 バレンシア
[得点者]
デニス・チェリチェフ(後半18分)(バレンシア)
ジョナサン・イコネ (後半50分)(リール)


UEFA-CL グループ順位表
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/uefa/standings/41


インテルが今季CL初白星…ホーム2発でドルトムントに無失点勝利
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191024-00991769-soccerk-socc

チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第3節が23日に行われ、インテルとドルトムントが対戦した。

 ホームのインテルは22分、ステファン・デ・フライが前線へロングボールを送ると、ラウタロ・マルティネスがオフサイドラインをギリギリで抜け出して、胸トラップから右足で押し込んで先制に成功した。

 ドルトムントは、30分にアクセル・ヴィツェルがペナルティエリア前からミドルシュート、前半アディショナルタイム1分にはジェイドン・サンチョがエリア右に進入して右足シュートを放ったが、どちらも得点には結びつかなかった。

 1点ビハインドで折り返したドルトムントは64分にユリアン・ブラントがエリア前中央から右足で狙い、75分にはサンチョがゴール前で折り返しを受けて右足シュートを打つが、いずれのチャンスも相手守備陣のブロックに阻まれた。

 インテルは82分、17歳FWセバスティアーノ・エスポージトが相手エリア内でマッツ・フンメルスに倒されてPKを獲得。キッカーのマルティネスがゴール左を狙うが、GKロマン・ビュルキにセーブされた。

 それでもインテルは89分にカウンターからアントニオ・カンドレーヴァが追加点を挙げて勝負あり。敵地で完封勝利を収めて、今シーズンCL初白星を飾った。

 次節は11月5日にドルトムントがインテルをホームに迎える。

【スコア】
インテル 2−0 ドルトムント

【得点者】
1−0 22分 ラウタロ・マルティネス(インテル)
2−0 89分 アントニオ・カンドレーヴァ(インテル)
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☔ | Comment(12) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国紙、浦和に完敗の広州恒大を酷評「中国サッカーの恥だ」「怠慢さが目立った」(関連まとめ)

【サッカー】「中国サッカーの恥だ!」「敗因は過信と怠慢」ACL浦和レッズ戦に完敗の広州恒大を中国紙が酷評!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1571868685/
広州2019浦和戦敗戦.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/10/24(木) 07:11:25.82 ID:Fgy05dFM9.net

「もっと現実を見つめて危機感を持つべきだ」と警鐘を
 中国サッカー界において唯一無二の存在であり続ける広州恒大が、良いところなく2戦合計0−3で浦和レッズの後塵を拝した。やはりそのショックの大きさは計り知れない。

 10月23日のアジア・チャンピオンズリーグ準決勝第2レグ。アウェーでの第1レグを0−2で落としていた広州恒大は序盤からラッシュを仕掛け、何度も浦和のゴールに迫った。だが相手GK西川周作のファインセーブと浦和ディフェンス陣の粘り強い対応に阻まれ、なかなかゴールを奪えない。すると50分、左サイドから橋岡大樹に完璧なクロスを上げられ、中央で興梠慎三にドンピシャヘッドを決められてしまう。これで趨勢はほぼ定まった。その後も何度か得点機を掴むも決め切れず、2戦連続の完封負けを喫したのだ。

 この完敗劇を広州恒大のみならず、中国サッカー界そのものの危機と断じたのが、全国スポーツ紙『新浪体育』だ。「目を覚ませ、中国サッカーよ! いつまでうぬぼれているのか」と銘打ち、次のような論調を展開している。

「まるでルビーのような輝きを放ってきた王者(広州恒大)が、あっさりと浦和レッズに敗れ去った。今季のACLで中国勢は6度に渡って浦和と戦いながら、3分け3敗とひとつの白星も挙げていない。中国サッカーの恥だ。浦和は現在J1リーグで12位に付け、自動降格圏(実際は入れ替えプレーオフの16位)からわずか4ポイント差の位置にいる。それでもあれだけの組織力と抜け目のなさを発揮するのだ。ひるがえって広州恒大はどうか。彼らは確かに攻勢を仕掛ける時間帯が長かったが、全体的にプレーには力強さがなく、浦和の選手たちに比べれば怠慢さが目立った。とくに守備では警戒心に乏しく、いとも簡単にギャップを提供していたのだ」

 中国マネーと中国政府のバックアップを受けて、急躍進を遂げた中国スーパーリーグ。次から次へと各クラブはワールドクラスの名手を買いあさり、チームの強化の絶対軸に据えてきた。広州恒大にもパウリーニョ、タリスカ、エウケソンと一線級のブラジリアンが籍を置く。

 
 だが『新浪体育』紙は、もはやそうしたアプローチだけではもはやACLは獲れないと言い切る。

「今回のゲームでは、浦和に徹底的に研究された。北京国安も上海上港もそうだった。つまりは海外スター選手たちを封じ込めれば、中国クラブの攻撃は半減できるということだ。ファビオ・カンバーロ(監督)も外国籍選手を中心にしたチーム作りしかしてこなかった。そのツケをしっかり払わされている。もはや力づくでは勝てないことに気付くべきで、自信過剰から脱却しなければならない。より高度なチーム戦術を磨き上げねばならない。広州恒大対浦和レッズ戦が、その重要性をあらためて教えてくれた。浦和は今回ACL決勝に駒を進めたが、前述の通り、彼らは日本のベストチームというわけではないのだ」

 中国勢がアジアの頂点に立ったのは、2015年の広州恒大が最後だ。以降は4年連続で、ファイナルの舞台にさえ立てていない。同紙は「東アジアゾーンにおいて、日本、韓国の差はどんどん開いている。中国サッカー界はもっと現実を見つめて危機感を持つべきだ」と提唱した。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191024-00065702-sdigestw-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:08 | 大阪 ☔ | Comment(21) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南野拓実、ナポリ戦で先発フル出場 ナポリがメルテンス2G1Aで3-2勝利 ザルツブルクはホランド2発も追い付けず CL第3節(関連まとめ)

ナポリが南野先発ザルツブルクとの死闘制して首位堅守!19歳ハーランドに2発許すも、メルテンス2G1Aで競り勝つ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191024-00010003-goal-socc
南野2019CL第3節競り合い.jpg

チャンピオンズリーグ(CL)は23日に第3節が行われ、ザルツブルクとナポリが対戦した。

クラブ史上初のCL参戦で、大きなインパクトを残すザルツブルク。前節では、王者リヴァプールに一時3点差を追いつくなど、欧州最高峰のチームともわたりあえることを証明している。そんな前節で1ゴール1アシストの大活躍を見せた南野は、ナポリ戦でも先発出場。トップ下にポジションをとった。また、公式戦12試合で18ゴールを奪う19歳FWハーランドもスタメン入りを果たした。

対するグループE首位を走るナポリでは、マノラスがベンチ外となり、22歳ルペルトがクリバリとコンビを組むことに。インシーニェはベンチスタートとなり、最前線にはメルテンスとロサーノが入っている。

試合は序盤から激しい展開に。開始数分でナポリが枠内シュートを放つと、ザルツブルクも臆することなく激しいプレスをかける。

すると8分、ザルツブルクが先にネットを揺らす。南野がドリブルでボックス付近に持ち運ぶと、ハーランドが落としたボールをファン・ヒチャンが受ける。中に戻したボールをダカがシュートし、こぼれ球を拾ったハーランドが押し込んだ。しかし、オフサイドがあったとして、VARレビューの結果、得点は取り消しとなった。

両者正面からぶつかる立ち上がりとなったが、先制したのはナポリだった。17分、マルキュイが中へ送ったボールをカジェホンが頭で落とす。DFライン裏に走りこんだメルテンスは、角度のないところからGKの頭の上を抜くシュートを叩き込んだ。早い時間にリードを奪うことに成功する。

ビハインドを背負ったザルツブルクだが、一歩も引くことなく攻めに出る。24分には南野のパスを受けたハーランドがボックス内でシュートに持ち込んだが、GKメレトの体を張ったセーブに防がれる。しかし、GKスタンコヴィッチにアクシデント。メルテンスがロングシュートを狙った際にバックステップを踏みながらスプリントしたが、右太もも裏を負傷。32分にカルロスと交代となった。

それでも前に出るザルツブルクは39分、ボックス内に仕掛けたファン・ヒチャンが倒されてPKを獲得。キッカーのハーランドは冷静にGKの逆を突き、同点弾を奪った。前半の内に追いつくことに成功する。その後も南野らが中心となって攻撃を仕掛け、前半を良い形で終えた。

後半に入っても激しい攻防が続く中、64分にナポリが勝ち越しに成功する。右サイドでのワンツーで抜け出したマルキュイがクロスを送ると、相手に当たったボールに反応したメルテンスが強烈なシュートを叩き込んだ。エースの2得点でが勝ち越しに成功する。

だが、ザルツブルクも引き下がらない。71分、南野のシュートが相手に当たってCKを獲得。するとそのCKのこぼれ球から、ユヌゾビッチのクロスにハーランドが頭で合わせ、同点弾を叩き込んだ。

すると、今度はナポリが逆襲。失点直後のリスタートから、クリバリがDFライン裏に走りこんだメルテンスへパス。14番はボックス内のインシーニェに送ると、キャプテンがネットを揺らした。得点後にはアンチェロッティ監督の下へ駆け寄り、逆転弾を喜んでいる。

ナポリはその後、選手を入れ替えながらリードを守り抜くことを狙う。ザルツブルクは最後まで攻め続けたが一歩及ばず、ナポリが3-2で壮絶な打ち合いを制した。

この結果、ナポリが勝ち点7でグループE首位をキープ。ザルツブルクはリヴァプールにかわされ、3位に転落した。


ザルツブルク 2−3 ナポリ
[得点者]
ドリース・メルテンス      (前半17分)(ナポリ)
アーリング・ブラウト・ハーランド(前半40分)(ザルツブルク)PK
ドリース・メルテンス      (後半19分)(ナポリ)
アーリング・ブラウト・ハーランド(後半27分)(ザルツブルク)
ロレンツォ・インシーニェ    (後半28分)(ナポリ)
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083134

【サッカー】UEFA-CL第3節 ザルツブルク×ナポリ、ゲンク×リバプール、インテル×ドルトムント、アヤックス×チェルシー等結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1571864477/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:00 | 大阪 | Comment(14) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊東純也、リバプール戦で絶妙クロスでアシストもVARで幻に…リバプールはチェンバレン2ゴールなどゲンクに4-1大勝 CL第3節(関連まとめ)

伊東純也のアシストはVARで幻に…リヴァプールがチェンバレン2得点など4発快勝
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191024-00991760-soccerk-socc
伊東2019CL第3節競り合い.jpg


 チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第3節が23日に行われ、日本代表FW伊東純也が所属するヘンクとリヴァプールが対戦した。伊東は先発出場で奮闘したが、同点弾アシストは幻となり、87分に途中交代となった。

 試合は開始2分、リヴァプールがいきなり先制する。ファビーニョからパスを受けたアレックス・オックスレイド・チェンバレンがペナルティエリア前から右足シュートをゴール左隅に突き刺して先制点を挙げた。

 ヘンクは26分、右サイドの伊東が余裕を持ってクロスを送ると、ムブワナ・サマッタがヘディングシュートを叩き込んでゴールネットを揺らす。しかし、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の判定により、伊東のオフサイドを取られて得点は認められなかった。

 1点リードで折り返したリヴァプールは57分、ロベルト・フィルミーノの落としをエリア前中央のチェンバレンが右足アウトサイドで合わせると、シュートはクロスバーに当たってゴールに吸い込まれた。

 リヴァプールはさらに77分、右サイドからフィルミーノ、モハメド・サラーとつないで、最後はエリア中央へ抜け出したサディオ・マネがワンタッチで流し込んで追加点。87分にはサラーがエリア前中央でゴールを背にパスを受けると、巧みなターンで抜け出し右足シュートでダメ押しゴールを挙げた。

 ヘンクは直後の88分にステファン・オデイが折り返しを押し込んで一矢報いたが、試合はこのままタイムアップ。リヴァプールが敵地で快勝を収め、2勝1敗で2位をキープ。最下位のヘンクは1分け2敗となった。

 次節は11月5日にリヴァプールがヘンクをホームに迎える。

【スコア】
ヘンク 1−4 リヴァプール

【得点者】
0−1 2分 アレックス・オックスレイド・チェンバレン(リヴァプール)
0−2 57分 アレックス・オックスレイド・チェンバレン(リヴァプール)
0−3 77分 サディオ・マネ(リヴァプール)
0−4 87分 モハメド・サラー(リヴァプール)
1−4 88分 ステファン・オデイ(ヘンク)

〓〓 Liverpool FC 〓〓 1139 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1571592409/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 06:45 | 大阪 | Comment(10) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(昨日)

    人気記事ランキング(先週)

      人気記事ランキング(先月)