アンテナ・まとめ RSS

2019年11月04日

冨安所属ボローニャ、イブラヒモビッチ獲得に本気!SD「決断は彼次第」

冨安健洋所属のボローニャ、イブラヒモビッチ獲得に本気。「我々の準備はできている。決断は彼次第」とSD
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191104-00346012-footballc-socc
イブラ2019MLS02.jpg

日本代表DF冨安健洋が所属するイタリア・セリエAのボローニャが、FWズラタン・イブラヒモビッチの獲得を本気で狙っている。同クラブのスポーツディレクターであるリッカルド・ビゴン氏が、イタリア『ラジオRai』で関心を認めた。

 イブラヒモビッチは今年いっぱいでロサンゼルス・ギャラクシーとの契約が満了となるため、その後の動きが注目されている。38歳となった元スウェーデン代表FWは、かつて活躍したイタリアでのプレーも視野に入れているところだ。

 以前からイブラヒモビッチに注目しているボローニャ。獲得の可能性について問われたビゴン氏は、「この質問への返答は簡単で変わらない。決断は彼次第だ。この数ヶ月で彼の未来が分かる。どこへ行くかはまだ分からない。魅力的なアイディアで、監督とイブラは連絡を取っており、彼がイタリアに戻りたいのであれば、我々の準備はできている」と語った。

 ボローニャを率いるシニシャ・ミハイロビッチ監督がインテルでアシスタントコーチを務めていたとき、イブラヒモビッチはインテルの選手だった。その縁がイブラヒモビッチをボローニャに導くかもしれない。

Bologna FC 冨安健洋 Part7
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1570716139/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:04 | 大阪 ☀ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サラゴサ、ラスパルマス下し4試合ぶりの勝利 香川真司は腰痛で欠場

香川は招集外 サラゴサは4試合ぶりの白星
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191104-11040078-nksports-socc
スアレスサラゴサ2019第14節ゴール.jpg

<スペイン2部リーグ:サラゴサ3−0ラスパルマス>◇3日◇サラゴサ

MF香川真司が所属するサラゴサはホームでラスパルマスを3−0で下した。

香川は招集外だった。先月30日から腰に問題を抱え、2日続けて別メニューだった。メンバーから外れたのは風邪で欠場した第9節マラガ戦に続き2度目。

4試合ぶりの勝利を挙げたサラゴサは6勝4分け4敗の勝ち点22で6位。

Real Zaragoza 香川真司 ファン専用 part55
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1572604064/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:14 | 大阪 ☀ | Comment(11) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

甲府、GK河田がPKストップのビッグセーブ!金園決勝ゴールで京都に1-0勝利しPO圏に前進 J2第39節(関連まとめ)

【サッカー】J2第39節月曜 京都×甲府 結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1572850764/
河田甲府.jpg

1: 久太郎 ★ 2019/11/04(月) 15:59:24.70 ID:o0JbX4ZB9.net

京都 0−1 甲府
[得点者]
82'金園 英学(甲府)

スタジアム:たけびしスタジアム京都
入場者数:12,356人
https://www.jleague.jp/match/j2/2019/110401/live/#live

J2順位表
https://www.jleague.jp/standings/j2/


3: 久太郎 ★ 2019/11/04(月) 16:00:21.83 ID:o0JbX4ZB9.net

>>1
甲府、京都とのJ1参入PO争う熱戦制す!金園が指揮官の起用に応える一撃にGK河田が躍動

明治安田生命J2リーグは4日に第39節が行われ、たけびしスタジアム京都では京都サンガF.C.とヴァンフォーレ甲府が対戦した。

ここ4試合1勝1分け2敗と取りこぼしが目立つ8位・京都(勝ち点62)が、3試合勝ちのない9位・甲府(勝ち点59)をホームに迎えた一戦。6位・水戸ホーリーホック(勝ち点64)を追い抜きJ1参入プレーオフ圏浮上を目指すうえで、両クラブにとっては負けられない一戦となっている。

今シーズン初めてスタートから[4-4-2]を採用している京都は、FW一美和成やMF小屋松知哉、DF田中マルクス闘莉王らを先発起用。対する交付は、FWピーター・ウタカ、MF小椋祥平、DF新井涼平らを送り出している。

序盤の12分、京都にアクシデントが発生。ピッチ左で小椋と接触した本多勇喜がピッチに倒れ込み、様子を見た味方がすぐに手でバツマークを作る。それでも、負傷箇所と思われる右ひじ付近をテーピングで固定してプレーに復帰した。

しかし、やはりウタカら強靭なフィジカルを備える選手とのマッチアップで後れを取る場面が目立ち、23分に上夷克典と交代することに。その後も甲府に攻め込まれるシーンが目立つ京都だったが、29分には福岡慎平からのパスを受けたボックス内右の一美が独特のリズムでシュートを放つ。しかし、これはGK河田晃兵の好守に阻まれる。

0-0で折り返した試合は、後半に入っても拮抗した展開が続く。素早く前線にボールを供給する甲府が比較的優位に進めるが、闘莉王らを中心とした京都のディフェンダー陣が辛抱強く跳ね返す。

74分、京都にチャンスが訪れる。ボックス左でボールを持った福岡がマイナス方向にグラウンダーのクロスを蹴り込むと、中央の密集地帯を抜けたボールに仙頭啓矢が反応。しかし、またしてもGK河田がファインセーブでしのいだ。

勝負に出たい甲府は76分に最初のカードを使い、ウタカに代えて金園英学を投入。そして82分、甲府はカウンターを発動させて左サイドの曽根田穣がトップスピードでクロスを供給する。中央の金園が身体を投げ出しつつも押し込み、指揮官の起用に応えた。

しかし、試合終了間際に右サイドからのクロスに対処した湯澤聖人が手でボールに触れてしまい、京都のPKに。それでも、キッカーの仙頭のシュートをGK河田が阻み、リードを死守する。

試合は直後に終了。この結果、4試合ぶりの勝利を飾った甲府は、J1参入PO圏の6位・水戸までの勝ち点差を「2」とした。対する京都は、連敗を喫して6位浮上を逃すこととなっている。

■試合結果
京都サンガF.C. 0-1 ヴァンフォーレ甲府

■得点者
京都:なし
甲府:金園英学(82分)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191104-00010023-goal-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:18 | 大阪 ☀ | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヴァーディ、今季プレミア2桁得点1番乗り!レスターはソユンク初得点もありC・パレスに2-0快勝し3連勝

3位レスターがリーグ3連勝! ソユンクのプレミア初弾にヴァーディが今季最速の10点目!《プレミアリーグ》
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191104-00363882-usoccer-socc
ヴァーディ2019第11節ゴール.jpg

プレミアリーグ第11節、クリスタル・パレスvsレスター・シティが3日にセルハースト・パークで行われ、アウェイのレスターが2-0で勝利した。

前節、サウサンプトン相手にプレミア記録の9-0の圧勝を飾った3位のレスターは、ミッドウィークに行われたEFLカップ4回戦でも下部カテゴリーのバートンを2-0で破って公式戦3連勝。4連勝を狙う今節は9点を奪った前節と同じスタメンで8位のパレス撃破を狙った。

共に[4-1-4-1]の布陣を採用した中、ホームのパレスは相手の前線のスピードを警戒してか、ややラインを低く設定して背後のスペースをケア。これに対してマディソン、ティーレマンスを起点にボールを握ったレスターは、アジョセ・ペレスの右サイドからの仕掛けを軸に攻め入っていく。

開始5分にバーンズ、18分にヴァーディとボックス内でシュートを放っていくが、いずれもGKグアイタのセーブに遭う。さらに、28分にはロングカウンターから背後のスペースに抜け出したアジョセ・ペレスに絶好機も、ここは必死の戻りを見せたDFファン・アーンホルトの好対応に遭う。

その後はザハの個人技と最前線のジョルダン・アイェウをシンプルに使ったパレスのカウンターに晒されるが、DFソユンクを中心に安定した守備で凌いだ。

ゴールレスで折り返した試合は後半も拮抗した展開に。その流れの中で先にチャンスを作ったのはホームチーム。51分、右サイドを深くえぐったクヤテの鋭いグラウンダーのクロスにゴール前のアイェウが飛び込むが、わずかに届かない。直後にはボックス手前で仕掛けたザハが右足のミドルシュートを狙うが、これは枠の右に外れた。

一方、後半に入って受けに回る状況が続くレスターだったが、55分にマディソンの右CKからエバンスが決定的なヘディングシュートを放つ。これはGKグアイタのビッグセーブに遭うが、直後に再び右CKの場面でキッカーのマディソンが鋭いストレートボールを入れると、ニアのDFファン・アーンホルトがフリックしたボールをゴール前に飛び込んだソユンクが頭で押し込んだ。

ソユンクのプレミアリーグ初ゴールで先手を奪ったレスターはここからより堅守速攻の色を濃くしていく。対するパレスはマックス・マイヤーやベンテケと続けて攻撃的なカードを切っていく。

試合終盤を迎えて相手のパワープレー気味のプレーに苦戦を強いられたレスターは前線のバーンズを下げてモーガンを投入し、4バックから3バックに変更して逃げ切り態勢に入る。しかし、88分には見事な連係から試合を決める2点目まで奪って見せる。

左に流れたティーレマンスからの斜めのパスに対してニアのグレイがスルー。中央のヴァーディがワンタッチで叩いてボックス左に走り込むグレイに落とすと、DFの視線を引き付けたグレイは絶妙なワンタッチのリターンパス。これをヴァーディが左足で合わせ、今季プレミア最速となる10ゴール目とした。

そして、敵地でパレスに完勝のレスターがリーグ戦3連勝できっちり3位キープに成功した。

ヴァーディ、今季プレミア最速で2桁得点に到達! “奇跡の優勝”以来2回目
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191104-00995140-soccerk-socc

レスターに所属する元イングランド代表FWジェイミー・ヴァーディが、今季のプレミアリーグにおいて最速で2桁得点に到達した。

 3日に行われたプレミアリーグ第11節でレスターはクリスタル・パレスと対戦。先発出場したヴァーディは1−0でリードして迎えた88分にダメ押しゴールを挙げ、2−0の勝利に貢献した。

 このゴールにより、ヴァーディは今季プレミアリーグ最速で10得点に到達。データサイト『OPTA』によると、ヴァーディが最速で2桁得点に到達したのは、レスターが“奇跡の優勝”を果たした2015−16シーズン以来2回目の快挙となった。

 レスターは今季リーグ戦第11節終了時点で7勝2分け2敗で、リヴァプール、マンチェスター・Cに次いで3位。ここまで全試合にフル出場しているヴァーディが好調なチームを牽引している。

【中下位専用】ENGLAND Premier League 26
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1570807985/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(3) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤヤ・トゥーレ、まさかの開始10秒退場処分 中国2部優勝決定も…

【サッカー】リーグ優勝決定も…ヤヤ・トゥーレ、VARで開始10秒退場処分
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1572758724/
ヤヤ中国退場.jpg
1: 牛丼 ★ 2019/11/03(日) 14:25:24.27 ID:wAM+eHT89.net

超WORLDサッカー!
リーグ優勝決定も…ヤヤ・トゥーレ、VARで開始10秒退場処分

中国甲級リーグ(2部)の青島黄海に所属する元コートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレが、まさかの結末を迎えた。

青島黄海は2日、中国甲級リーグの最終節を迎え、南通支雲をホームに迎えた。

元ヴィッセル神戸指揮官のファンマ・リージョ監督に率いられたチームは、中国スーパーリーグへの昇格をすでに決めている状況で迎えた。

この日も先発出場したヤヤ・トゥーレだが、開始10秒で相手選手にファウル。味方のシュートの横で、相手DFをシュートしてしまったようだ。これがVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の判定により、一発退場となってしまった。

なお、1人少ない青島黄海は1-2で敗戦。しかし、2位だった貴州智誠が敗れたために2部優勝も決めることとなった。

ヤヤ・トゥーレは、今シーズン限りで中国を離れるという噂も浮上しており、ラストマッチの可能性がある試合はまさかの終わり方となってしまった。

なお、クラブレベルでのヤヤ・トゥーレのリーグタイトルはこれで7つ目。マンチェスター・シティでプレミアリーグを3度、バルセロナでラ・リーガを2度、オリンピアコスでギリシャ・スーパーリーグを1度制している。

また、今シーズンは途中加入も中国甲級リーグで13試合に出場し2ゴール3アシストを記録していた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191103-00363845-usoccer-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:58 | 大阪 ☀ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イブラヒモビッチ、ビッグクラブからのオファー待つ?今季31戦31得点8アシスト

【サッカー】イブラヒモビッチ(ロサンゼルス・ギャラクシー)はビッグクラブからのオファーを待っている? 31試合31得点8アシスト
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1572696672/
イブラ2019MLS.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/02(土) 21:11:12.26 ID:l9vGgrE89.net

ロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(38)は、ビッグクラブへの帰還を望んでいるようだ。イタリア『Tuttomercatoweb』が報じている。

クラブとの契約が年内で切れるイブラヒモビッチ。今シーズン、公式戦31試合に出場し、31得点8アシストを記録しており、その得点能力は健在である。
本人も「イタリアでも他の国でも違いを生むことができる」と発言し、まだトップレベルでできると自信に溢れている。

去就に関して様々な噂が浮上しているなか、残留を望むロサンゼルス・ギャラクシーは、700万ユーロ(約8億5000万円)の契約延長を提示した模様。
しかし、イブラヒモビッチにはトップレベルの舞台に戻るという野望があるようだ。

以前には自身からナポリの名を口にしてセリエA復帰も仄めかしたほか、マンチェスター・ユナイテッドや、インテル、ボローニャ、フラメンゴ、パース・グローリーといった数々のクラブが新天地候補として浮上している。
スウェーデン最強ストライカーの去就はいかに...。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191102-00363806-usoccer-socc
11/2(土) 20:00配信




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U17日本代表、メキシコと次戦対戦決定!勝利すれば日韓戦の可能性も

【サッカー】U-17日本代表、W杯決勝T1回戦の相手はメキシコに…勝利すれば日韓戦の可能性も
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1572829266/
U-17日本W杯.jpg
1: ぜかきゆ ★ 2019/11/04(月) 10:01:06.43 ID:0GDmP3Vd9.net

7日に運命の一戦へ

U-17ワールドカップのグループステージ全日程が終了し、決勝トーナメントの組み合わせが決定した。

日本代表はグループDでセネガル、オランダ、アメリカと同居する“死の組”であったが、2勝1分けで見事首位通過。決勝トーナメント1回戦では、グループFで3位となったメキシコと対戦することが決まった。その他、グループFを1位で通過したパラグアイがアルゼンチンと、日本に次いで2位通過となったセネガルはスペインと対戦する。

また、日本がメキシコに勝利した場合は、アンゴラと韓国の勝者と、準決勝進出の座を欠けて対戦することとなる。

なお、日本とメキシコの一戦は、日本時間7日4時30分にキックオフ予定となっている。

11/4(月) 9:55配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191104-00010009-goal-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(10) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイエルン、コバチ監督の退任を発表…フリック・コーチが暫定指揮

4位バイエルンがニコ・コバチ監督の退任を発表、今後はフリックコーチが暫定指揮
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191104-43473536-gekisaka-socc
コバチ監督バイエルン退任.jpg

バイエルンは3日、ニコ・コバチ監督の退任を発表した。クラブ公式サイトが伝えている。

 バイエルンは2日のブンデスリーガ第10節・フランクフルト戦で1-5の大敗。10試合で5勝3分2敗の4位となり、コバチ監督は自ら監督辞任を申し出たという。バイエルンのウリ・ヘーネス会長、カール・ハインツ・ルンメニゲ代表取締役、ハサン・サリハミジッチスポーツディレクターなどと合意の上で退任決定となった。

 日本版のクラブ公式サイトを通じ、ルンメニゲ会長は「この数週間の我々のチームのパフォーマンスと結果は、対策が必要なことを示していた」とチーム状況が悪化していたことを明かす。「FCバイエルンの名において、ニコ・コバチの尽力、特に昨シーズンの二冠達成に感謝したい」と伝えた。

 また、コバチ監督は「これが現時点でクラブにとって正しい決断だと考える。試合結果と最近の我々がどのようなプレーをしてきたかが、この結論に繋がった」と経緯を語る。「私と弟ロベルトは、FCバイエルンに対してこの約1年半の協働に感謝する。この期間に我々のチームはブンデスリーガとDFBポカール、そしてスーパーカップのタイトルを勝ち取った。良い時間を過ごすことができた。クラブとチームの今後の成功を願っている」とクラブへの思いを伝えている。

 クラブは今後について、アシスタントコーチのハンス・フリック氏が指揮を執ることも発表している。

FC BAYERN (XXXXX) MUNCHEN EV 282
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1569895854/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(18) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アンドレ・ゴメス、右足首があらぬ方向に…ソンフンミンは一発退場

【サッカー】アンドレ・ゴメスに悲劇、右足首があらぬ方向に…タックルのソン・フンミンはレッドカードを受けて退場
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1572810666/
アンドレゴメス骨折03.jpg
1: ぜかきゆ ★ 2019/11/04(月) 04:51:06.85 ID:0GDmP3Vd9.net

A・ゴメスに悲劇、右足首があらぬ方向に…タックルのソン・フンミンはショックで涙

 エヴァートンに所属するポルトガル代表MFアンドレ・ゴメスが、3日に行われたプレミアリーグ第11節のトッテナム戦でアクシデントに見舞われた。

 先発出場したA・ゴメスは78分、相手FWソン・フンミンからタックルを受けて突き飛ばされ、さらに相手DFセルジュ・オーリエに衝突すると、右足首を負傷。足首があらぬ方向に曲がっており、近くの選手たちや観客たちは目を背けるほどの深刻なケガを負ったようだ。ピッチに倒れ込んだA・ゴメスは味方のFWジェンク・トスンらに励まされ、担架で運び出された。

 ケガに関与したソン・フンミンとオーリエは頭を抱えてショックを隠せず。このプレーでレッドカードを受けて退場となったソン・フンミンは特に取り乱した様子で、涙ながらにチームスタッフに支えられ、味方DFダビンソン・サンチェスや相手GKジョーダン・ピックフォードらに慰められていた。

 なお、試合はトッテナムが63分にMFデレ・アリの得点で先制したが、数的優位となったエヴァートンは後半アディショナルタイム7分にジェンク・トスンがヘディングシュートを沈めて同点に追いつき、1−1で終了した。

SOCCER KING 11/4(月) 4:06配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191104-00995026-soccerk-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 11:09 | 大阪 ☁ | Comment(66) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モウリーニョ氏、アーセナル新監督に代表週間前にも就任か?既に幹部と会食

アーセナル、モウリーニョ招へいを真剣に検討か…すでに幹部が会食、代表ウィーク前に交代の可能性とも
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191103-00010033-goal-socc
モウリーニョ観戦.jpg

本人も乗り気?
調子の上がらないアーセナルだが、上層部は指揮官交代を考えているのかもしれない。イギリス『THE SUNDAY TIMES』が伝えた。

ウナイ・エメリ監督体制2シーズン目を迎えたアーセナル。今夏には指揮官の求めるポジションほぼすべてを補強し、チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得を最大の目標に定めて新たなシーズンをスタートさせた。

しかし、ここまでプレミアリーグ11試合を終えて4勝5分け2敗。順位こそ5位につけているが、すでに首位のリヴァプール(勝ち点31)とは14ポイント差をつけられており、さらに内容面での向上も見られず。また先日には主将グラニト・ジャカがサポーターと問題を抱えるなど、不穏な空気が漂っている。

この状況に、上層部も満足していないようだ。『THE SUNDAY TIMES』のダンカン・キャッスル記者によると、アーセナル幹部はエメリ監督の手腕に疑念を抱いており、また英語で効果的にコミュニケーションをとれないことも危惧しているという。すでに指揮官交代の準備を進めており、11月のインターナショナル・ウィーク前にも変更する可能性があるようだ。よって「エメリ監督に残された試合は1〜2試合程度しかない」と伝えている。

そして代役候補筆頭は、ジョゼ・モウリーニョ氏であるようだ。アーセナル上層部は、絶対的な知識を持つ指導者を探しており、チームにアイデンティティをもたらして、迅速に結果を残し、言語の問題を抱えていない指揮官を探しているという。

またキャッスル氏は、アーセナルのフットボール部門での代表を務めるラウール・サンジェイ氏がすでにモウリーニョ氏と会食しており、56歳のポルトガル人指揮官はチームの計画に感銘を受けたと伝えている。

モウリーニョ氏はこれまでポルトやチェルシー、インテル、レアル・マドリー、マンチェスター・ユナイテッドと世界各国のビッグクラブを率い、行く先々でタイトルを獲得。CLを2度制覇しており、プレミアリーグ3度優勝、リーガ・エスパニョーラ優勝1回、インテルではイタリア史上初の3冠(セリエA、コッパ・イタリア、CL)を達成した名将である。

昨季マンチェスター・U指揮官を解任されて以降フリーの状況が続き、現在は『スカイスポーツ』で解説も務めているモウリーニョ氏。以前の報道では、タイトルを狙えるクラブでの指揮を熱望しているとも報じられていたが、それがノース・ロンドンの名門になるのだろうか。今後数週間の動向に注目だ。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1432】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1572711234/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☁ | Comment(19) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U17日本、死の組突破に海外メディア衝撃「アフリカ人を驚かせた」

【サッカー】<U-17日本代表>“死の組”首位突破で海外メディアは衝撃! 「アフリカ人を驚かせた」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1572786646/
西川2019U17日本第3戦ゴール02.jpg
1: Egg ★ 2019/11/03(日) 22:10:46.29 ID:mi1ORqs29.net

セネガル戦で途中出場のエース西川が決勝弾

 U-17ワールドカップ(W杯)がブラジルで開催され、日本代表は現地時間2日に第3戦セネガル戦で1-0の勝利を収め、グループ首位通過を決めた。

 第2戦アメリカ戦(0-0)から先発5人を入れ替え、後半途中出場した来季セレッソ大阪加入が内定しているFW西川潤(桐光学園)が決勝弾をマーク。アフリカの強豪を下し、スペイン語専門の米スポーツ専門テレビ局「Telemundo Deportes」は「アフリカ人を驚かせた」と伝えている。

 森山佳郎監督率いる日本は、“死の組”と言われる厳しいD組で奮闘。初戦は欧州予選を制覇した優勝候補のオランダを来季湘南ベルマーレ加入が内定しているFW若月大和(桐生第一高)が2得点、エースの背番号10西川が1ゴール2アシストして3-0で撃破した。第2戦のアメリカ戦は0-0のドロー。セネガル戦開始前に他グループの結果から決勝トーナメント進出が決まっていた日本は、勝ち点4の2位で首位突破をかけてこの日の一戦を迎えた。

 先発5人を変更し、今大会で躍動している若月、西川の2トップコンビはベンチスタート。一進一退のゲーム展開で互いに好機を演出しながらも決め切れず。後半途中から西川、若月が途中出場してから、決定機を連続して作り出した。すると後半38分、左サイドでDFラインの裏に抜け出した西川が、得意の左足でニアサイドに決めて先制。エースが勝利へと導いた。

 スペイン語専門の米スポーツ専門テレビ局「Telemundo Deportes」は「試合終了まであと7分、日本はアフリカ人を驚かせ、首位通過を奪った」と、最後に見せた森山ジャパンの“意地”に衝撃を受けたようだ。

 これで日本代表は、A代表の中心となる南野拓実(ザルツブルク)や中島翔哉(ポルト)が出場した11年メキシコ大会(ベスト8)、東京五輪世代の中心MF三好康児(アントワープ)が参加した13年UAE大会(ベスト16)、MF久保建英(マジョルカ)が臨んだ17年インド大会と出場した4大会連続でグループリーグを突破が決定。“死の組”を無敗、無失点の2勝1分で通過した森山ジャパンは最高成績の8強超えを目指して突き進んでいく。(Football ZONE web編集部)

2019年11月3日 15時45分 フットボールゾーン
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17328176/

写真
https://image.news.livedoor.com/newsimage/stf/d/7/d755d_1610_97d4c03b_651393d6.jpg

動画https://www.football-zone.net/archives/226950/2




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:04 | 大阪 ☁ | Comment(17) | ユース世代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング