アンテナ・まとめ RSS

2019年11月05日

元日本代表MF中田英寿氏、YouTubeチャンネルを開設!第1弾はペルージャ訪問

中田英寿がYouTubeチャンネルを開設! 第一弾はペルージャを訪問
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191105-00995433-soccerk-socc
中田youtube第1弾.jpg

元サッカー日本代表の中田英寿氏が5日、自身のYouTubeチャンネルを開設したことを発表した。

 チャンネルのアカウント名は『Hidetoshi Nakata Official 』。第一弾の配信コンテンツ「中田英寿「20年目の旅」#1 | ペルージャ | Hidetoshi Nakata “20 years after” #1 | Perugia |」では、中田氏がセリエAに移籍して20年目となる今年、在籍した5クラブを巡る旅の初回としてペルージャを訪問。今だからこそ語れるエピソードを交えながら当時の選手生活、当時プレーしたスタジアム、利用していたレストラン、ホテルなどに行き、20年前の原点を探る旅となっている。

【サッカー】<中田英寿>インスタに続き!公式YouTubeチャンネル「Hidetoshi Nakata Official」を開設!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1572949959/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川崎、脇坂・小林絶妙ゴールで浦和に2-0快勝!浦和はACL決勝前に残留争い抜けられず J1第32節ACL前倒し分(関連まとめ)

【サッカー】J1第32節ACL前倒し分 浦和×川崎 結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1572953335/
脇坂2019第32節.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/11/05(火) 20:28:55.22 ID:Q8UH/uyh9.net

浦和 0−2 川崎
[得点者]
35'脇坂 泰斗(川崎)
78'小林 悠 (川崎)

スタジアム:埼玉スタジアム2002
入場者数:21,817人
https://www.jleague.jp/match/j1/2019/110501/live/#live
J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/


9: 久太郎 ★ 2019/11/05(火) 20:30:16.03 ID:Q8UH/uyh9.net

>>1
大槻監督ベンチ入り停止の浦和、川崎Fに敗北で4戦未勝利…J1残留争いに不安抱えACL決勝へ

明治安田生命J1リーグは5日に第32節前倒し分が行われ、埼玉スタジアム2002では浦和レッズと川崎フロンターレが対戦した。

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝進出を成し遂げたために過密日程を強いられている浦和は、リーグでは1試合消化試合が多い状態だが3試合未勝利の11位と、J1参入プレーオフ圏の16位・湘南ベルマーレとの勝ち点差は「5」。

対する川崎Fは3試合無敗で4位に付けているが、首位・鹿島アントラーズと2位・FC東京との勝ち点差は「8」、ACL出場圏内の3位・横浜F・マリノスには「7」の差をつけられており、互いに勝ち点3が欲しい一戦となった。

中4日で迎えるアウェイのACL決勝第1戦アル・ヒラル戦を見据える浦和は、FW興梠慎三やDF槙野智章らをベンチに。FW汰木康也やMF柏木陽介、DF岩武克弥らを先発させた。また、ベンチ入り停止処分を受けている大槻毅監督の代わりに、上野優作ヘッドコーチが指揮を執る。川崎FもFWレアンドロ・ダミアンやMF齋藤学、MF田中碧らをスタメンに配し、FW小林悠やMF大島僚太らはベンチスタートとなっている。

互いに守備のバランスを意識しつつ探り合いのようなボール回しが展開される前半。比較的主導権を握る川崎Fは、16分にL・ダミアンがボックス手前中央で相手のクリアのこぼれ球を拾いチャンスを迎えたが、シュートは枠を捉えない。

35分、浦和陣内中央付近でボールを受けた脇坂泰斗が、柴戸海を背負いながらもトラップ際に素早くターンして前を向き右足を一閃。ゴール右下隅を射抜き、先制点を奪取する。

さらに、前半終了間際にも浦和に良くない流れが続く。齋藤と競り合った森脇良太が右肩付近を痛め、プレーを続行したものの耐えられない様子で倒れ込む。それでも、一度ピッチを出た後に復帰してプレーを再開させ、後半も問題なく続けた。

川崎Fはハーフタイム中に選手交代を敢行。対面の山中亮輔の突破を許すシーンが散見された右SBのマギーニョに代えて大島僚太を投入し、守田英正が右SBに入る。

後半開始早々の49分、浦和に決定機が訪れる。柏木の縦パスに反応したマルティノスがボックス右でボールをキープ。得点とはならなかったが、左足で放たれたシュートが左ポストに直撃して川崎Fゴールを脅かした。

なかなかチャンスを作ることができない時間が続く川崎Fは、67分にL・ダミアンに代えて小林悠を起用。2点目を奪いにいく意思を明確にする。対する浦和も岩武に代えて関根貴大を投入し、アタッカーの枚数を増やす。

采配が実ったのは川崎Fだった。78分、浦和陣内中央右付近でボールを持った守田がアーリークロスを供給すると、小林が強烈なヘディングシュート。指揮官の起用に応える追加点を奪った。浦和は直後に興梠慎三送り出して得点を託す。

しかし、浦和がネットを揺らすことはなく試合が終了。この結果、浦和は4試合勝ちなしとなる連敗を喫して16位・湘南との勝ち点差を「5」から広げることができず。一方、連勝で4試合無敗とした川崎Fは3位・横浜FMとの差を「4」に縮め、上位陣にプレッシャーを与えることに成功している。

■試合結果
浦和レッズ 0-2 川崎フロンターレ

■得点者
浦和:なし

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191105-00010026-goal-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:10 | 大阪 | Comment(6) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元コロンビア代表GKイギータ、現在のルールにも影響を与えた常識外れのGK ピッチで自由を満喫した

【サッカー】現在のルールにも影響を与えた常識外れのGK。 イギータは自由を満喫した
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1572902790/
イギータ.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/05(火) 06:26:30.72 ID:SPRwvzRO9.net

スポルティーバ・新旧サッカースター列伝 第9回

GKの「破格のサッカースター」といえば、80年代後半から90年代に大活躍した、コロンビアのGKイギータだ。常識を覆した数々のプレーの裏には、何があったのだろうか。

黄金世代の天才、ルイ・コスタ。ポルトガルの太陽の周囲はいつも晴れ

◆ ◆ ◆

<スコーピオン>

1995年9月6日、ウェンブリースタジアムで「スコーピオン」が披露された。

イングランド対コロンビアのフレンドリーマッチ、ジェイミー・レドナップのループシュートに対して、GKレネ・イギータはキャッチするかわりに足で蹴り返した。

少し前方へ飛び上がりながら、体を反らしてカカトで蹴った。空中でイギータの両腕は飛行機の翼のように左右に開かれ、サソリの尾のように持ち上げられた両足のカカトで見事にボールをヒットしていた。

「ウチには手でセーブできるGKがいるから、イギータは要らないよ」

イングランドのテリー・ベナブルズ監督の反応は素っ気ないが、観客はもちろん大喜びである。イギータは何度かほかの試合でもスコーピオンをやっているらしい。こんな方法でシュートを防ぐことに意味はない。
手でキャッチすれば済む話だ。でも、それでは面白くない。それではイギータらしくない。

母子家庭だったうえに母親を早くに亡くしたイギータの幼少期は、生き抜くためのサバイバルだったという。さまざまな仕事をして糊口をしのいだ。
ミジョナリオスでデビューすると、86年にすぐにアトレティコ・ナシオナルに引き抜かれている。

翌87年、コロンビア代表監督のフランシスコ・マツラナが兼任でナシオナルの監督に就任する。2年後の89年、ナシオナルはリベルタドーレス杯を制して南米クラブナンバーワンとなった。コロンビア初の快挙だ。
さらにコロンビア代表は南米予選を突破して、90年イタリアW杯への出場権を得る。コロンビアにとって、1989年の前と後ですべてが変わっている。

<未来のGK>

マツラナ監督下のナシオナルに人々は驚かされ、イギータのプレーには腰を抜かしそうになった。FWからDFまでが20メートルのコンパクトな陣形、完全なゾーンディフェンス、そして攻撃するGK......。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191105-00876270-sportiva-socc
11/5(火) 6:10配信

https://f.image.geki.jp/data/image/news/800/248000/247682/news_247682_1.jpg
https://www.jiji.com/news/handmade/topic/d4_ftbnn/clm214-rhiguita.jpg
https://pbs.twimg.com/media/Dgr-tKTUYAA8rBt.jpg
https://www.soccer-king.jp/wp-content/uploads/2019/06/GettyImages-1038540668-500x333.jpg
https://image.middle-edge.jp/medium/de8b46c1-7f4c-4417-b064-5e3183b37a7e.jpg

https://www.youtube.com/watch?v=9KkMFLGg5IU


世界一ぶっ飛んでるGK イギータの〇〇〇なスーパープレイ集!スコーピオン&スーパーセーブ【サッカーゴールキーパー】Legend

https://www.youtube.com/watch?v=S4LI_2aNdGo


【サッカー】意地でも手を使わないGK??レネ・イギータの足技が異常過ぎる…【神業】The best skills【Rene Higuita】

https://www.youtube.com/watch?v=gaAq2LcbKPY


Roger Milla - World Cup 1990


2: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/05(火) 06:27:24.40 ID:SPRwvzRO9.net

イギータはペナルティーエリアを飛び出して、相手のロングボールやスルーパスをカットすると、そのままドリブルで1人、2人とかわす。
最初は受け入れられない人も多かった。マツラナ監督は、のちにこう話している。

「最初からガンジーが好きな人ばかりではないさ」

偉大な変革者の多くは初期の段階で理解されない。
しかし、イギータのプレーは時代の先を行くかどうかは別にして、受け入れない人には受け入れられない何かがあった。

南米を制した89年、国立競技場でミラン(イタリア)とインターコンチネンタルカップ(トヨタカップ)を争った。
当時世界の最先端の戦術を行なっていたミランと、ナシオナルの戦法は酷似していた。
唯一の違いは、ナシオナルのGKがよりモダンだったことだろう。いや、より未来的だった。

ナシオナルとミランが同時期に同じ戦法を採用していたのは、偶然の一致にすぎない。
南米でこの戦法を始めたのはウルグアイのリカルド・デレオンと言われている。
デレオンの下で選手だったルイス・クビジャが、監督の時にナシオナルに導入し、マツラナに引き継がれていた。

ただ、モデルになったのはどちらも70年代のアヤックスとオランダ代表だ。
ミランのアリゴ・サッキ監督はアヤックスがモデルだと明言している。そしてデレオンは、当時のアヤックスの監督だったリヌス・ミケルスの友人だった。

オランダ代表で、極度に高いディフェンスラインの裏を守る"スイーパーGK"の元祖であるヤン・ヨングブルートの役割を、レネ・イギータは担っていたわけだ。しかも、より進化した形で。

FKやPKも得意で、GKなのに41得点している。131ゴールと桁外れのブラジルGK、ロジェリオ・セニには及ばないが、
イギータが、セニやパラグアイのホセ・ルイス・チラベルト、メキシコのホルヘ・カンポスに与えた影響は無視できない。

マツラナ監督が狙っていたのは相手のフィールドプレーヤー10人に対して、イギータを加えた11人による数的優位だった。イギータはそれを明確に理解していたという。
また、GKがエリアを出て攻撃に加わることで、チームに緊張感を与える効果もあったようだ。超コンパクト戦法は体力より集中力がカギだとマツラナ監督は考えていた。


3: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/05(火) 06:28:07.18 ID:SPRwvzRO9.net

「我々は何を望むのか。どうプレーしたら楽しめるのか」

マツラナ監督はそれを探っていた。アルゼンチンやブラジルに何点取られないで済むかを考えていたコロンビアは、彼らのアイデンティティを探し始め、イギータはその答えを持っていた。

<コロンビア人はどうプレーすべきか>

90年イタリアW杯、コロンビアはセンセーショナルだった。
ナシオナルのメンバーにカルロス・バルデラマを加え、「どうプレーしたら楽しめるか」を体現した。

ラウンド16でカメルーンに1−2で敗れ、1点はイギータのドリブルをロジェ・ミラにかっさらわれての失点だったので、イギータには非難が集中した。
ただ、マツラナ監督はすでに0−1とリードされていた状況で、「チームを前に進めようとしていた結果」として意に介していない。

94年アメリカW杯のときは、コロンビアは優勝候補の1つに挙げられている。予選でアルゼンチンを5−0で大破していたからだ。
コロンビアはアルゼンチンの影響が強く、長年仰ぎ見るだけの相手にアウェーで大勝したことで、世論が期待しすぎていたところはあった。

しかし、初戦でルーマニアに敗れると、お得意様だったはずのアメリカにも負け、早々に敗退が決まった。アメリカ戦でオウンゴールしたDFアンドレス・エスコバルが帰国後に射殺される悲劇も起きている。
麻薬王パブロ・エスコバルのメデジン・カルテルと対抗するカリ・カルテルの抗争が激化する中、
イギータは誘拐事件に関与した疑いで7カ月も収監され(のちに冤罪として放免)、このアメリカW杯に出場できなかった。

04年にはコカインの陽性反応が出て逮捕。
翌年に一時引退したが、07年に復帰すると10年までプレーした。
その間、テレビ番組の企画で整形手術を施し、かなり若返った顔立ちに変わっている。まあ、やることなすこと普通ではない。

イギータは身長170cm台半ば。GKとしてはかなり小柄だが、反応がずば抜けて速い。
PKストップのスペシャリストであり、セービング能力もすばらしい。賛否両論あった攻撃力を抜きにしてもトップレベルのGKだったのだ。
とはいえ、他と一線を画しているのは奇異に見られていたペナルティーエリアを出てのプレーである。


5: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/05(火) 06:28:52.88 ID:SPRwvzRO9.net

おそらく、イギータにとって常識は覆すためにあるのだろう。

「我々はコロンビア人が生きているようにプレーすべきだ」

マツラナはそう言っている。イギータのプレーは混乱の中で活路を見出すものだった。GKはボックス内にとどまるものという常識をあざ笑うように自由を満喫した。
アルゼンチンとブラジルに抱いていたコンプレックスを吹き飛ばした。何を望み、どうしたら楽しめるか――それを見せていた。マツラナは「女性解放運動に似ている」とも話している。GKをペナルティーエリアから解放したと。

保守的な人々と勝利至上主義者はイギータを認めなかった。不要なパフォーマンスにしか見えなかったからだ。
しかし、「すべての人が勝つように生まれてきたわけではない」と言うマツラナにとって、どうプレーするか、いかに生きるかのほうが重要だった。
イギータは無理解も偏見も恐れず、勇敢に人生を進むロールモデルだったといえる。

まだバックパスを手で扱える時代からイギータは足でボールを扱っていたが、やがてバックパスをキャッチすることは禁止され、新しいルールは「イギータ法」と呼ばれた。

ところで、イギータが誘拐の件で逮捕されたのは、パブロ・エスコバルが誘拐した麻薬組織の大物の娘を解放するために介入し、犯行グループに身代金を渡す役割を果たして報酬を得たからだった。
事件を利用して利益を得たという罪である。

「俺はフットボーラーで、誘拐法なんて知らなかったよ」(イギータ)

イギータ法についても関係なかったのだから、誘拐法を知らないのは無理もない。


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:05 | 大阪 ☀ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプールMFララーナ、今夏フリーで中国やMLSに移籍の可能性!1月に放出の可能性も

リヴァプールMFララーナは来夏フリーで中国かMLSへ?契約満了前に放出される可能性も
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191105-00010013-goal-socc
ララーナ2019第10節.jpg

リヴァプールの元イングランド代表MFアダム・ララーナは、間もなくリヴァプールを去ることになるかもしれない。

ララーナがリヴァプールと結んでいる契約は今季限り。中国のクラブやMLSなど、複数のチームがララーナに関心を示しており、同選手がフリーとなる2020年7月に向けて動きを見せているとイギリス『テレグラフ』が伝えている。

リヴァプールがこのままララーナとの契約更新をしない場合、今季終了とともに自由契約になる見通し。だが、他のクラブから申し入れがあれば、契約解除金が発生する2020年1月にリヴァプールはララーナを売却する可能性もありそうだ。

ララーナは今季、ここまでリーグ戦5試合1ゴールをマーク。だが5試合の出場は4試合が途中出場、先発が1試合でリーグ戦の累計出場時間は113分ほど。カラバオカップでは2試合にフル出場を果たしているが、完全にバックアッパーの立ち位置となっている。

果たしてララーナは冬の移籍市場でリヴァプールを去ることになるのだろうか。契約更新に至らなければ、1月にララーナが他国へ新天地を求めるというシナリオも十分に現実味を帯びている。

〓〓 Liverpool FC 〓〓 1145 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1572713748/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

U-22日本代表、堂安律・久保建英を招集!17日コロンビア戦に向けメンバー発表!(関連まとめ)

【サッカー】U-22日本代表、メンバー22人発表 エース候補・堂安が“3年越し”の初招集、久保も選出
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1572941354/
U-22日本代表2019ブラジル戦前.jpg

1: 久太郎 ★ 2019/11/05(火) 17:09:14.12 ID:Q8UH/uyh9.net

17日のU-22コロンビア戦に向け、堂安が東京五輪世代のチームに待望の初合流
 日本サッカー協会は5日、17日に行われるキリンチャレンジカップU-22コロンビア代表戦(12時50分キックオフ/エディオンスタジアム広島)に臨むメンバー22人を発表した。東京五輪世代のエース候補であるMF堂安律(PSV)が、チーム発足から3年越しの初招集。18歳のMF久保建英(マジョルカ)も3回目の選出となった。

 東京五輪開催まで1年を切り、2020年1月には五輪出場権を懸けたU-23アジア選手権が開催される。五輪開催国の日本はすでに本大会の出場権を獲得しているが、メンバーの見極めは徐々に佳境に向かっていく。

 森保一監督は、A代表のレギュラークラスにのし上がっている堂安を初招集。2016年のチーム発足から3年を経て、東京五輪を目指すメンバーに合流することになった。

 また、すでにA代表デビューを果たしている久保も選出。2018年11月のドバイカップU-23、19年3月のU-23アジア選手権予選に続き、3回目の合流となる。今回、海外組は堂安と久保を含めて計8人が選ばれた。

 U-22コロンビア代表戦に向けたメンバー22人は以下の通り。

GK
大迫敬介(広島)
谷 晃生(G大阪)

DF
板倉 滉(フローニンゲン)
渡辺 剛(FC東京)
岩田智輝(大分)
町田浩樹(鹿島)
立田悠悟(清水)
原 輝綺(鳥栖)

MF
中山雄太(PECズヴォレ/オランダ)
三好康児(アントワープ/ベルギー)
田中駿汰(大阪体育大)
遠藤渓太(横浜FM)
堂安 律(PSV/オランダ)
食野亮太郎(ハーツ・スコッツトランド)
菅 大輝(札幌)
田中 碧(川崎)
橋岡大樹(浦和)
菅原由勢(AZ/オランダ)
久保建英(マジョルカ/スペイン)

FW
小川航基(水戸)
前田大然(マリティモ/ポルトガ

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191105-00227311-soccermzw-socc

※上記文中では書かれていませんが、上田綺世(鹿島)選手も招集されています
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:53 | 大阪 ☀ | Comment(19) | 五輪代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元日本代表監督アギーレ氏、スペイン1部レガネスの新監督に就任が決定 今季終了までの契約

【サッカー】元日本代表監督のアギーレ氏、スペイン1部レガネスの監督に就任
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1572880984/
アギーレエジプト代表監督.jpg
1: ニーニーφ ★ 2019/11/05(火) 00:23:04.28 ID:WUsadPSQ9.net

 元日本代表監督のハビエル・アギーレ氏(60)がスペイン1部レガネスの監督に就任した。

 クラブが4日に発表した。契約期間は今季終了まで。 レガネスはリーグ開幕12試合で1勝2分け9敗の勝ち点5で最下位に低迷。10月21日にマウリシオ・ペレグリノ監督(48)を解任していた。

 メキシコ出身のアギーレ氏はスペイン1部リーグでオサスナ(2002〜2006年)、アトレチコ・マドリード(2006〜2009年)、サラゴサ(2010〜2011年)、エスパニョール(2012〜14年)で監督を務めており、スペインで指揮を執るのは5年ぶり。低迷するチームを立て直せるか注目を集めそうだ。

 2014年7月から2015年2月に日本代表を指揮。サラゴサ監督時代の八百長関与疑惑で解任された後、2015〜2017年にアルワフダ(UAE)、昨年から今年7月までエジプト代表を率いていた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191104-00000222-spnannex-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:20 | 大阪 ☀ | Comment(8) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なぜ?スペイン人の大物選手、Jリーグに続々

【サッカー】<Jリーグ>なぜ、日本に続々...スペイン人の大物選手 ...その理由は?
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1572912070/
シルバ・イニエスタ・ビジャスペイン代表.jpg
1: Egg ★ 2019/11/05(火) 09:01:10.68 ID:kgC5XcLG9.net

サッカーJ1の札幌が、イングランドプレミアリーグのマンチェスター・シティーに所属する元スペイン代表MFダビド・シルバ(33)の獲得に動いていることが4日までに分かった。

関係者によれば、プレミア連覇中の名門と契約が満了する来夏の獲得へ向け、水面下で交渉を開始。母方が日系人のシルバ自身も、ゆかりのある日本でのプレーを希望しているという。

最近Jリーグ入りした世界的スター選手は、イニエスタら大半がスペイン人で、ほとんどが10年W杯を制したメンバー。

その理由として(1)異国でプレーするベテランの年代にさしかかったこと(2)先陣を切ったイニエスタがJリーグのレベルの高さや生活面での安全性などを母国メディアに語っていること、などが挙げられる。

11/5(火) 6:42配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191105-00000105-spnannex-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20191105-00000105-spnannex-000-9-view.jpg




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(19) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル、マンCスターリング獲得に動く!ベイル+98億円のトレード画策か(関連まとめ)

レアル・マドリーがスターリング獲得へ驚愕オファーか…ベイル+98億円を提示?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191105-00010004-goal-socc
スターリングとベイル.jpg

獲得には280億円程度必要と見られるが…
レアル・マドリーがマンチェスター・シティFWラヒーム・スターリング獲得に向けて動いているようだ。イギリス『スカイスポーツ』が報じている。

2015年にリヴァプールからマンチェスター・Cに加入し、今シーズンはここまで全公式戦15試合で13ゴールをマークするなど、絶対的な存在となりつつあるスターリング。プレミアリーグ連覇に大きく貢献した24歳だが、その活躍にレアル・マドリーが興味を示していると以前から報じられていた。今夏には代理人と同クラブのジェネラルディレクターを務めるホセ・アンヘル・サンチェス氏が会談したも言われている。

そんな中『スカイスポーツ』によると、レアル・マドリーはスターリング獲得に向けての最終判断の場として11月のイングランド代表戦を選んだ模様。ウェンブリーで行われるEURO2020予選のモンテネグロ代表戦で同選手のパフォーマンスを見極めるために、スカウトを派遣するようだ。

しかし、欧州メガクラブの1つであるマンチェスター・Cでエース級の活躍をするスターリング獲得には、世界最高額2億ポンド(約280億円)に近い額が必要になると考えられている。そのため、レアル・マドリーは7000万ポンド(約98億円)に加え、ギャレス・ベイルを譲渡するオファーを試しに提示するようだ。

スターリングは以前からリーガ・エスパニョーラへの興味を公言している。一方、ジョゼップ・グアルディオラ監督を含むマンチェスター・C側は、ベイルとの契約にはほとんど興味を持っていないようだ。それでも、レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長はプレミアリーグ王者がこの契約を受け入れる可能性があると踏んでいるようだ。

現状欠かせぬ存在となっているスターリングをマンチェスター・Cが放出するとは考えにくいが、世紀のビッグディールが実現する可能性はあるのだろうか。

BLUEMOON マンチェスターシティ 351cityzens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1572722280/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(13) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J1札幌、元スペイン代表MFダビド・シルバ獲得に動く!(関連まとめ)

【サッカー】Jリーグにまたイニエスタ“同僚”!札幌、ダビド・シルバ獲り 来夏獲得へ水面下で交渉
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1572900205/
ダビド・シルバ.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/05(火) 05:43:25.21 ID:SPRwvzRO9.net

サッカーJ1の札幌が、イングランドプレミアリーグのマンチェスター・シティーに所属する元スペイン代表MFダビド・シルバ(33)の獲得に動いていることが4日までに分かった。関係者によれば、プレミア連覇中の名門と契約が満了する来夏の獲得へ向け、水面下で交渉を開始。母方が日系人のシルバ自身も、ゆかりのある日本でのプレーを希望しているという。実現すれば、東京五輪のマラソンと競歩が実施されることになった北の大地が、さらに熱くなりそうだ。

札幌が、甘いマスクで女性人気も高い元スペイン代表MFダビド・シルバの獲得に乗り出した。シルバは契約が満了する今季限りでマンチェスターCを退団することを表明済み。水面下で争奪戦が勃発していたが、ここに来て有力候補として札幌が急浮上した。札幌は既に条件面などの交渉を開始したようで、関係者は「神戸など複数のJクラブとも接触したが、最も熱心だったのが札幌」と証言した。

シルバは左利きの世界的ドリブラーだ。長きにわたりスペイン代表でも活躍し、08、12年と2度の欧州選手権優勝に貢献。10年W杯南アフリカ大会では現神戸のイニエスタらとともに、母国初Vのメンバーとなった。バレンシアから10年7月に加入したマンチェスターCで数々のタイトルを獲得。昨季限りで退団した元ベルギー代表DFコンパニーの後を継ぎ、今季は主将として名門の中心に君臨している。

今季限りでの退団を決断した後には、元イングランド代表MFベッカム氏がオーナーを務め、20年から米MLS参戦が決まっているインテル・マイアミなどが新天地の候補として取り沙汰されてきた。だが、母方が日系人というシルバは、ルーツのある日本でのプレーを強く希望しているという。

一方、今季のルヴァン杯でクラブ史上初の決勝進出を果たした札幌は、以前からクラブの顔となる、ビッグネームの獲得を画策してきた。昨オフには元オランダ代表のロッベンの獲得に動いた実績もある。家族の反対もあり、ロッベンは昨季限りで現役引退。実現はならなかったが、技術、経験など一級品のシルバ獲得となれば、躍進中のクラブにとって大きな補強となる。

ここ数年イニエスタ、F・トーレス、ビジャら世界的スターのJ参戦が相次ぐ。東京五輪のマラソンと競歩の開催地に決まった北の大地は、来年、熱い夏を迎えることになりそうだ。

▼ダビド・シルバ 1986年1月8日生まれ、スペイン・カナリア諸島出身の33歳。15歳でバレンシアの下部組織に入団。 レンタル移籍を経て06〜07年シーズンに復帰したバレンシアで頭角を現し、10年7月にマンチェスターCに移籍。2連覇中のリーグ、FA杯など数々のタイトルを獲得。 スペイン代表では08、12年に欧州選手権で優勝し、10年W杯の初優勝時もメンバー入り。18年W杯後に代表を引退。国際Aマッチは125試合で35得点。1メートル70、67キロ。利き足は左。

《続々スペイン人なぜ?》〇…最近Jリーグ入りした世界的スター選手は、イニエスタら大半がスペイン人で、ほとんどが10年W杯を制したメンバー。その理由として(1)異国でプレーするベテランの年代にさしかかったこと(2)先陣を切ったイニエスタがJリーグのレベルの高さや生活面での安全性などを母国メディアに語っていること、などが挙げられる。

《背景にDAZN》○…スター選手獲得が可能になった背景には、17年から10年間の放映権料を約2100億円で契約した動画配信サービス「DAZN」の存在もある。 各クラブが得る賞金や分配金が激増し、資金力がアップした。イニエスタを獲得した神戸は18年度にスポンサー収入や入場料収入が大きく伸び、
営業収益(売上高)が日本プロサッカー史上最高の96億6600万円に達しており、相乗効果も示している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191105-00000080-spnannex-socc
11/5(火) 5:30配信




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:32 | 大阪 ☀ | Comment(16) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バロテッリ、人種差別被害で試合中断!観客席にボール蹴り込み一時プレー拒否も、終盤にゴール決める

【サッカー】バロテッリが再び人種差別被害…激昂して観客席にボール蹴り込み、プレー拒否をアピール
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1572828124/
バロテッリ2019人種差別被害.jpg
1: 牛丼 ★ 2019/11/04(月) 09:42:04.34 ID:6tLjKOqT9.net

バロテッリが再び人種差別被害…激昂して観客席にボール蹴り込み、プレー拒否をアピール

ブレシアのマリオ・バロテッリが試合中に人種差別を受け、ボールをスタンドに蹴り込み、ピッチから立ち去ろうとした。

3日に行われたセリエA第10節のヴェローナとブレシアの一戦で再び人種差別問題が発生。54分にスタンドから人種差別のターゲットにされたバロテッリは、キープしていたボールを手に取り、スタンドに蹴り込む。主審のマウリツィオ・マリアーニ氏は試合を一時中断して、チームメイトらとともにピッチから去ろうとしたイタリア代表FWをなだめる場面が確認された。

その後、場内アナウンスで、サポーターに対してこれ以上の人種差別行為が見つかれば試合を中止すると警告。最終的に、バロテッリは90分間プレーを続け、終盤には1点差に迫る今シーズンのリーグ戦2ゴール目を挙げている。なお、試合はブレシアが1-2で敗れた。

一方、ヴェローナのイヴァン・ユリッチ監督は試合後、「(人種差別行為は)何もなかった。素晴らしい選手に対しての指笛や野次はあるが、それ以上のものは何もなかった」と主張。続けて「仮に我々のファンからそのような行為があれば、私ははっきりと口にする。しかし、今日は何も聞こえてこなかった。なかったことを問題になどできないし、嘘の可能性だってある」と自身の見解を示した。

キャリアを通してこれまでに何度も人種差別の被害に遭うバロテッリは、ミラン在籍時の2013年に「これ以上人種差別のターゲットにされれば、ピッチから出て行く」と主張していた。しかし、それ以降もフランスやイタリアで同様の行為は続いている。

https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17330378/



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☀ | Comment(27) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング