アンテナ・まとめ RSS

2019年11月06日

アーセナル、ジャカから主将剥奪!オバメヤンに変更 ジャカは今冬の退団希望か

アーセナルがキャプテンを変更…ファンに暴言のジャカからあのエースへ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191106-00995603-soccerk-socc
ジャカとオバメヤン.jpg

 アーセナルは、チームのキャプテンをスイス代表MFグラニト・ジャカからガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンに変更することを発表した。5日、イギリス紙『BBC』が報じている。

 今シーズンからキャプテンを務めるジャカは、10月27日に行われたプレミアリーグ第10節のクリスタル・パレス戦で、途中交代の際にファンからブーイングを受けると、不満をあらわにして挑発的な態度を取りつつピッチを後に。ユニフォームを脱ぎながらファンに向かって暴言を吐き、直接ロッカールームへと去っていた。この問題行為は物議を醸し、ファンからは批判が殺到。クラブはカウンセリングを通じたメンタルヘルスケアを行うとも伝えられていた。

 その後、本人は10月31日に自身のSNSで「ファンに理解されていない感覚と、過去数カ月にわたって試合やソーシャルメディアで罵倒する内容のコメントが繰り返されたことは、僕を深く傷つけたんだ」などと説明。「敬意を欠いた方法で我を忘れて反応してしまった。それは僕の意図するものではなく、人々がそのように考えているなら申し訳なく思っている」と謝罪していた。

 しかし5日、指揮官のウナイ・エメリ監督は、ジャカからキャプテンの座をはく奪し、副将を務めていたオーバメヤンが新キャプテンとなることを発表。以下のコメントを残した。

「ジャカと話し合い、これからはキャプテンではないということを伝えた」

「彼は私の決断を受け入れたよ。私は決断を下さなければならなかったし、今はもう決まったことだ」

 アーセナルは次戦、6日にヨーロッパリーグ・グループステージ第4節ギマラインス戦、9日にプレミアリーグ第12節レスター戦を、それぞれアウェーで戦う。

アーセナル、主将剥奪のジャカを1月に売却か…本人も退団を希望
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191106-00995759-soccerk-socc

 アーセナルは主将剥奪処分を科されたスイス代表MFグラニト・ジャカの売却を図っている。6日にイギリス紙『ミラー』が報じた。

 ジャカは10月27日に行われたプレミアリーグ第10節のクリスタル・パレス戦で途中交代の際にファンからブーイングを受けた。不満をあらわにしてピッチを去った同選手は、ユニフォームを脱ぎながら暴言を吐き、直接ロッカールームへと戻っていった。

 後日SNSで自身の行動を弁解していたジャカだが、5日にクラブを率いるウナイ・エメリ監督より主将剥奪を強いられた。新キャプテンはガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンに決定している。

 これを受け、アーセナルは今冬の移籍市場でジャカの売却を図っているという。同選手自身もクラブ退団を望んでおり、1月での移籍が濃厚であると同紙は伝えている。果たしてジャカは、今後アーセナルの選手としてピッチに立つことはあるのだろうか。

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1433】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1572774124/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:26 | 大阪 | Comment(11) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大宮、イッペイ・シノヅカ強烈ミドル・バブンスキ絶妙ボレーなど福岡に3-0完勝!3連勝で自動昇格圏2位浮上(関連まとめ)

【サッカー】J2第36節延期分 大宮×福岡 結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1573041510/
イッペイ・シノヅカ大宮ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/11/06(水) 20:58:30.59 ID:+jS9VQvI9.net

大宮 3−0 福岡
[得点者]
60'フアンマ デルガド    (大宮)
64'イッペイ シノヅカ    (大宮)
90+1'ダヴィッド バブンスキー(大宮)

スタジアム:NACK5スタジアム大宮
入場者数:9,666人
https://www.jleague.jp/match/j2/2019/110601/live/#live



J2順位表
https://www.jleague.jp/standings/j2/


2: 久太郎 ★ 2019/11/06(水) 20:59:24.03 ID:+jS9VQvI9.net

>>1
大宮が3連勝で2位浮上!首位・柏と勝ち点3差で逆転優勝も射程内に…福岡は残留決め切れず

明治安田生命J2リーグは6日に第36節延期分が行われ、NACK5スタジアム大宮で大宮アルディージャとアビスパ福岡が対戦した。

台風19号の影響で延期となっていた一戦。直近に行われた第39節で首位・柏レイソル(勝ち点75)との上位直接対決を制して連勝を飾った3位・大宮にとっては、勝てば2位・横浜FC(勝ち点70)を追い越せる重要な試合となった。

また、この試合を終えれば残り3試合となるが、18位・福岡(勝ち点41)も降格圏の21位・栃木FC(勝ち点33)との勝ち点差が「8」となっており、勝てば残留が決まる重要な局面で敵地に乗り込んだ。

試合は、FWフアンマ・デルガドやMF茨田陽生ら柏戦と同じスタメンを配した大宮が序盤から主導権を握る。DF山田将之やDF初瀬亮らを起用して勝利した直近の東京ヴェルディ戦から先発を4名変更させた福岡は、耐える時間が続くが決定的な場面を作らせない。

37分には大宮が右サイドでスローインを獲得。イッペイ・シノヅカのロングスローがボックス内まで届くと中央の競り合いのこぼれ球に反応した奥抜侃志が右足で力強いシュートを浴びせたが、好反応を見せたGKセランテスがキャッチする。

試合は後半に入ってから動きを見せた。60分、素早い攻撃からボックス内左でボールを持った奥抜が、一度はドリブル突破を試みたが相手の厚い守備を見てすぐに後方へのパスに切り替える。すると、これを受けたフアンマが右足を振り抜きネットを揺らす。

さらに64分、大宮ボールの右CKの流れからイッペイ・シノヅカがボックス手前右でルーズボールを拾う。右足で豪快なシュートを放ち、ゴール右上隅に突き刺した。

その後、木戸皓貴を投入して追い上げようとする福岡だったが点差を縮めることはできず。逆に、試合終了間際には途中出場の大宮がダヴィッド・バブンスキーが左足のボレーシュートでリードを3点に広げ、試合を締めくくった。

この結果、大宮は3連勝を飾って2位に浮上。首位の柏との勝ち点差は「3」と、優勝も射程圏内に納めている。一方、福岡は勝ち点を積み上げられず、残留を決めることはできなかった。

■試合結果
大宮アルディージャ 3-0 アビスパ福岡

■得点者
大宮:フアンマ・デルガド(60分)、イッペイ・シノヅカ(64分)、ダヴィッド・バブンスキー(90+1分)
福岡:なし

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191106-00010033-goal-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:10 | 大阪 | Comment(1) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クロップ監督、ジョーク「アストンビラにカタールで試合できないか聞いてみるよ」リーグ杯準々決勝がクラブW杯前日に開催決定

リバプール、クラブW杯初戦前日に国内カップ戦開催が決定…。クロップも「問題なのは明らか」と嘆き
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191106-00066333-sdigestw-socc
クロップ2019笑顔.jpg

リバプールも公式声明で「理想的なシナリオではない」と苦言
 強ければ強いほど、過密日程の問題に悩まされる。だが、これほどの事態はなかなかない。

 11月5日、リバプールのリーグ・カップ準々決勝が12月17日に開催されることが決まった。昨シーズンのチャンピオンズ・リーグ(CL)王者リバプールは、翌日の18日にカタールでクラブ・ワールドカップ(W杯)準決勝に臨むため、2日連続で異なる大会を異なる場所で戦うことになったのだ。

 異例の事態に、リバプールは公式声明で、「理想的なシナリオではない」と、代替日程案の協議など、イングランドフットボールリーグ(EFL)の尽力に感謝したうえで、苦渋の結論を出したと発表した。

 クラブはそれぞれの大会に異なる2チームで臨むことを明かしている。だが、リバプールだけの問題ではなく、好ましくない事態であることは明白だ。英公共放送『BBC』によると、ユルゲン・クロップ監督は、「解決策を見つけないと。問題なのは明らかだ」と述べた。

「毎年同じことをしているじゃないか。『3日間で5試合だ。どうなるか見てみよう』みたいにね」

 さらに指揮官は、「始める前に考えるべきだ。問題はリーグ・カップだけじゃないからね」と続けた。

「このまま続けることはできないよ。話し合って、どこかで解決策を見つけなければならない」

 そして、現実問題として、2日連続で異なる地での試合をこなすためにどのようなオペレーションで臨むか問われると、クロップ監督はジョークを飛ばしている。

「(リーグ・カップ準々決勝の相手)アストン・ビラにカタールまで来てもらって、そこで試合できるか聞いてみるよ」

 クラブW杯には世界一の称号が懸かるだけに、主力をカタールに向かわせ、若手中心でリーグ・カップを戦うことが妥当との声もあるが、いずれにしてもクロップ監督とリバプールの決定が注目される。

〓〓 Liverpool FC 〓〓 1146 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1572806872/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☀ | Comment(13) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元市原のボス監督、日本で経験した2つのショック「選手は練習場の駐車場の車にキーを置いていった」

【サッカー】<レヴァークーゼンのボス監督>日本で経験した2つのカルチャーショックに『アイツはおかしなヤツに違いない』と思ったよ」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1572959708/
ボス監督レバークーゼン.jpg

1: Egg ★ 2019/11/05(火) 22:15:08.33 ID:KuelHa3h9.net

現役時代にジェフユナイテッド市原でプレー
https://amd.c.yimg.jp/amd/20191105-00010025-goal-000-1-view.jpg

レヴァークーゼンのピーター・ボス監督が『Goal』の独占インタビューに応じ、日本での思い出を語っている。

ボスは現役時代に母国オランダやフランス、ドイツでプレー。キャリア終盤の1996年から1年間ジェフユナイテッド市原(当時)に在籍し、引退の地にもジェフユナイテッド市原を選んだ。その理由としてボスはフェイエノールト時代の思い出を挙げている。

「フェイエノールトにいたとき、一度冬のキャンプを広島でやったことがあった。そこで経験したことがとても印象的だったんだ。人々と、その関係性がとても素晴らしいものだった。日本の人は絶対に『ノー』と言わないものなんだけれど、望んでいないときがあるということは覚えておかなければならない。それから、彼らは握手をしない。彼らの考えだと、その行為はやりすぎだと思っているんだ。代わりに、お互いにお辞儀をする。互いに上手くやりとりすることがとても敬意を持った方法なんだ」

また、日本で経験した2つのカルチャーショックについてもこのように説明している。

「初めての練習のとき、チームメイトがライン際でボールを止めたんだ。コーチも何も言ってなかったから、普通はプレーを続けると思うだろう? けれど、その選手はボールが出たと自分から言ったんだ。『アイツはおかしなヤツに違いない』と思ったよ。けど、それが日本のメンタリティであり、文化なんだ」

「それから、私たちは何度も電車で移動していて、大きな荷物を持っていかなければならなかった。ちょっと長い時間を過ごさなきゃならなかったから、コーヒーを買いに行きたくなったんだ。選手はみんなホームに荷物を置いていったけれど、私は持ち歩きたかった。けれど、そうする必要は一切ないといわれた。それは、他の人のバッグを持っていくことなんて誰もしないからだったんだ。それに、選手たちは、練習場の駐車場にある車の中にキーを置いていく。誰も車の中にあるキーを盗もうなんて考えないからなんだ」

食べ物の素晴らしさ、そして日本の住みやすさなども話したボスは「日本にもう一度戻る機会があればいいと思うよ」と語る。住むのか、そこで監督として仕事をするのかということに関しては言及しなかったものの、日本については非常にいい思い出が詰まっているようだ。

11/5(火) 19:32配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191105-00010025-goal-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(14) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J3藤枝、MF成岡翔の今季限りでの引退発表!磐田・新潟などでJ1通算303試合出場(関連まとめ)

【サッカー】J3藤枝MF成岡翔(35)が今季限りで引退 磐田などでJ1通算303試合出場
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1572959507/
成岡2019藤枝.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/05(火) 22:11:47.51 ID:ZjbF4mF59.net

J3藤枝は5日、MF成岡翔(35)の今季限りでの引退を発表した。

静岡県島田市出身で藤枝東高から03年磐田入り。
福岡、新潟、相模原を経て今季、藤枝に加入した。
今季これまでJ3出場機会はない。
通算成績はJ1・303試合35得点、J2・37試合6得点、J3・11試合。
Jリーグカップ戦が64試合5得点で、天皇杯は26試合6得点。

成岡はクラブを通してコメントを発表し「物心ついたころから始めたサッカー、プロとしては17年間走り続けてきました。
ここまでやってこられたのは、周りの人の支えがあったからです。
今は感謝の気持ちしかありません」と在籍したクラブ、藤枝の関係者、サポーターにも感謝。「最後の最後までチームのために全力で戦います」と完全燃焼を期した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191105-00000153-spnannex-socc
11/5(火) 15:35配信

https://wing-auctions.c.yimg.jp/sim?furl=auctions.c.yimg.jp/images.auctions.yahoo.co.jp/image/dr000/auc0401/users/3/3/6/6/nc31ts-img484x694-1515437749uuly2e22086.jpg
https://pbs.twimg.com/media/DDpzjl6VoAA9O72.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(2) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サッカー日本代表、新ユニフォームを発表!迷彩柄ではなく空柄「日本晴れ」がイメージ(関連まとめ)

【サッカー】日本代表、新ユニフォーム発表! 迷彩柄? いえ、空柄です…「日本晴れ」イメージのデザインに
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1573025223/
日本代表2019新ユニ久保.jpg
1: かばほ〜るφ ★ 2019/11/06(水) 16:27:03.36 ID:7RMAjYIk9.net

日本代表、新ユニフォーム発表! 迷彩? いえ、空柄です。日本晴れイメージのデザインに
11/6(水) 16:07配信

サッカー日本代表 2020 ユニフォーム発表会見】

日本代表の公式サプライヤーを務めるadidasは6日、
今月の代表戦より着用する「サッカー日本代表 2020 ユニフォーム」の発表記者会見を行った。

当初は迷彩柄として一部情報が出されており、批判の声が集まっていたが、
発表されたユニフォームは「日本晴れ(ニッポンバレ)」をコンセプトに、
浮世絵から着想を得たグラフィックになったという。
このユニフォームはカタールワールドカップ・アジア2次予選を始め、来年1月のAFC U-23選手権、
そして同年に行われる東京五輪で着用することから大きな注目を集めるだろう。
 
19日に行われるベネズエラ代表戦ではパナソニックスタジアム吹田が空柄に染まるのか。期待が高まる。

フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191106-00010005-footballc-socc

日本代表2019新ユニ南野.jpg

日本代表2019新ユニ01.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(42) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドルトムント、インテルに2点差から3-2大逆転勝利!チェルシーは壮絶な打ち合いで9人のアヤックスに追い付き4-4ドロー!バルサはプラハに0-0ドロー CL第4節

【サッカー】UEFA-CL第4節 リバプール×ゲンク、ナポリ×ザルツブルク、ドルトムント×インテル、チェルシー×アヤックス等
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1572991212/
ドルトムント2019CL第4節勝利.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/11/06(水) 07:00:12.51 ID:+jS9VQvI9.net

グループE
リバプール 2−1 ゲンク
[得点者]
ジョルジニオ・ワイナルドゥム      (前半14分)リバプール
ムバワナ・サマッタ           (前半40分)ゲンク
アレックス・オックスレイド・チェンバレン(後半08分)リバプール
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083136
※伊東純也は後半23分に交代


ナポリ 1−1 ザルツブルク
[得点者]
アーリング・ブラウト・ハーランド(前半11分)ザルツブルク
イルビング・ロザノ       (前半44分)ナポリ
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083137
※南野拓実は後半16分交代


グループF
バルセロナ 0−0 スラヴィア・プラハ
[得点者]
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083148


ドルトムント 3−2 インテル
[得点者]
ラウタロ・マルティネス(前半05分)インテル
マティアス・ベシノ  (前半40分)インテル
アクラフ・ハキミ   (後半06分)ドルトムント
ユリアン・ブランド  (後半19分)ドルトムント
アクラフ・ハキミ   (後半32分)ドルトムント
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083149


グループG
ゼニト 0−2 ライプツィヒ
[得点者]
ディエゴ・デメ    (前半50分)ライプツィヒ
マルセル・サビッツァー(後半18分)ライプツィヒ
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083160


リヨン 3−1 ベンフィカ
[得点者]
ヨアヒム・アンデルセン (前半04分)リヨン
メンフィス・デパイ   (前半33分)リヨン
ハリス・セフェロヴィッチ(後半32分)ベンフィカ
ベルトランド・トラオレ (後半45分)リヨン
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083161



グループH
チェルシー 4−4 アヤックス
[得点者]
オウンゴール       (前半02分)アヤックス
ジョルジーニョ      (前半05分)チェルシー
クインシー・プロメス   (前半20分)アヤックス
オウンゴール       (前半36分)アヤックス
ドニー・ファン・デ・ベーク(後半10分)アヤックス
セサル・アスピリクエタ  (後半18分)チェルシー
ジョルジーニョ      (後半26分)チェルシー
リース・ジェームズ    (後半29分)チェルシー
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083076


バレンシア 4−1 リール
[得点者]
ヴィクター・オシムヘン (前半25分)リール
ダニエル・パレホ    (後半21分)バレンシア
オウンゴール      (後半37分)バレンシア
ジェフリー・コンドグビア(後半39分)バレンシア
フェラン・トーレス   (後半45分)バレンシア
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083077

UEFA-CL順位表
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/uefa/standings/41


ドルトムントが2点差をひっくり返す逆転劇! インテルは堅守崩壊で痛恨黒星
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191106-00995588-soccerk-socc

チャンピオンズリーグ・グループステージ第4節が5日に行われ、ドルトムントとインテルが対戦した。

 試合は早い時間に動く。開始5分、自陣からのロングボール1本でディフェンスラインの裏に抜け出したラウタロ・マルティネスがドリブルでペナルティエリア内右に侵入。冷静にDFをかわしながら左足のシュートを叩き込み、アウェイのインテルが先制した。

 その後はドルトムントがボールを保持する展開となったが、次のゴールを奪ったのもインテルだった。右サイド高い位置でロングボールを受けたアントニオ・カンドレーバがマイナス方向へ折り返すと、走り込んだマティアス・ベシーノがダイレクトでゴール左に決め、インテルのリードが2点に広がった。

 2点を追うドルトムントは後半に入り51分、エリア右でパスを受けたマリオ・ゲッツェの折り返しをアクラフ・ハキミが流し込み、1点差に詰め寄る。さらに64分、敵陣深くでボールを奪うと、ユリアン・ブラントがエリア内に侵入。GKとの一対一を制してネットを揺らし、試合を振り出しに戻した。

 勢いに乗るドルトムントは77分、ジェイドン・サンチョにボールを預けてエリア内右へ侵入したハキミが、リターンを受けて右足でシュート。これがゴール右に決まり、逆転に成功した。

 試合はこのまま3−2でタイムアップ。前半を2点ビハインドで折り返したドルトムントが逆転勝利を収め、勝ち点3を獲得した。次節、ドルトムントはバルセロナと、インテルはスラヴィア・プラハと、それぞれアウェイで対戦する。

【スコア】
ドルトムント 3−2 インテル

【得点者】
0−1 5分 ラウタロ・マルティネス(インテル)
0−2 40分 マティアス・ベシーノ(インテル)
1−2 51分 アクラフ・ハキミ(ドルトムント)
2−2 64分 ユリアン・ブラント(ドルトムント)
3−2 77分 アクラフ・ハキミ(ドルトムント)

1プレーで衝撃のCB2人退場…アヤックス、チェルシーに3点差追いつかれドロー
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191106-00010004-goal-socc

一連のプレーで2人退場
チャンピオンズリーグ(CL)は5日にグループリーグ第4節が行われた。

グループHで首位を走るアヤックス、そして同勝ち点(6)で並ぶチェルシーがスタンフォード・ブリッジで激突。グループの行方を左右する大一番では、両者とも現状のベストメンバーと呼べる11人をスタートから送り出した。

試合はいきなり動く。まずは2分、アヤックスは左サイドの深い位置でFKを獲得すると、プロメスのクロスをクリアしようとしたエイブラハムが自陣のネットを揺らしてしまい、アウェイチームが先制する。

今度は5分、敵陣ペナルティエリア内でプリシッチが倒されてPKの判定。これをジョルジーニョが確実に沈め、チェルシーが同点に追いついた。

開始5分以内に両者に得点が生まれた一戦は、その後も激しい攻防が続く。14分、中盤をドリブルで破ったコバチッチのパスにエイブラハムが抜け出し、GKとの一対一を制したが、これはオフサイドの判定でノーゴールの判定となった。

一方アヤックスは、20分に勝ち越し。右サイドで受けたツィエクがプロメスの動きに反応してクロスを送ると、背番号11は頭で押し込んだ。VARレビューも行われたが問題はなく、前半の内にリードを広げる。

アヤックスの猛攻は続き、35分には3点目。右サイドタッチライン際でFKを得ると、キッカーはツィエク。ゴールに向かう美しい放物線を描くボールをGKケパは懸命に触れたが、そのままゴールネットに吸い込まれた。前回対戦では0-1と敗れ、リベンジに燃えるオランダ強豪が牙をむく。前半は3-1で折り返した。

2点を追うチェルシーは、後半開始からアロンソに代えてジェームズを投入する。キックオフ直後にはCBのズマが自らドリブルでボックス付近まで侵入し、シュートを放ってスタンドを沸かせ、押し込む時間が続く。しかし、次のゴールもアヤックスだった。自陣からカウンターを発動し、右サイドを攻略。タディッチのクロスを受けたファン・デ・ベークは落ち着いたトラップからネットを揺らした。リードを3点に広げる。

苦しい状況のチェルシーだが、63分にアスピリクエタが1点を返す。

すると68分、試合を左右する大きな出来事が。ブリントが2枚目のイエローカードを受けて退場になると、さらに一連のプレーでペナルティエリア内でハンドがあったとして、ロッキ主審はフェルトマンにも2枚目のイエローカードを提示。アヤックスは流れの中でCB2人が退場となり、さらにジョルジーニョに2度目のPKを決められて1点差に詰め寄られる。

たまらずテン・ハーグ監督はツィエクとネレスを下げ、DFを2人投入。しかし73分、CKからジェームズにゴールを奪われ、試合は振り出しに戻った。そして78分にはチェルシーが逆転となるシュートでネットを揺らしたが、直前にエイブラハムのハンドがあったとしてVARレビューの結果取り消しに。9人のアヤックスだが、大胆に、懸命に攻めに出る。86分にはアルバレスのシュートが枠をとらえたが、GKケパがファインセーブを見せた。

最後まで一進一退の攻防が続いた熱戦だったが、試合は4-4のドロー決着となった。

一方グループHのもう一試合では、バレンシアがリール相手に4-1と逆転勝利を飾っている。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(16) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、キルギス・ベネズエラ戦で32人メンバー招集を発表!異例の分割招集(関連まとめ)

【サッカー】日本代表メンバー発表 山口蛍、佐々木翔が3月以来の招集!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1573018249/
日本代表モンゴル戦前.jpg
1: 豆次郎 ★ 2019/11/06(水) 14:30:49.78 ID:uSXl1ehZ9.net

11/6(水) 14:08配信
山口蛍、佐々木翔が3月以来の招集!11月の日本代表メンバーが発表《カタールW杯アジア2次予選》

日本サッカー協会(JFA)は6日、11月のキルギス代表戦に臨む日本代表メンバー23名を発表した。

森保一監督は、DF吉田麻也(サウサンプトン)やMF柴崎岳(デポルティボ・ラ・コルーニャ)、MF南野拓実(ザルツブルク)、MF中島翔哉(ポルト)ら主力選手を順当に招集した。

また、DF佐々木翔(サンフレッチェ広島)、MF山口蛍(ヴィッセル神戸)が3月のキリンチャレンジカップ以来の復帰を果たしている。

また、5日に発表されたU-22日本代表に招集されたMF久保建英(マジョルカ)やMF堂安律(PSV)、MF板倉滉(フローニンヘン)らは森保監督が明言した通り招集外となった。

日本代表は、14日にアウェイでカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のキルギス代表戦を戦い、19日に大阪のパナソニックスタジアム 吹田でベネズエラ代表とキリンチャレンジカップ2019を戦う。今回発表された日本代表メンバーは以下の通り。

◆日本代表メンバー
川島永嗣(ストラスブール/フランス)
権田修一(ポルティモネンセ/ポルトガル)
シュミット・ダニエル(シント=トロイデン/ベルギー)

DF
長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
佐々木翔(サンフレッチェ広島)
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
室屋成(FC東京)
植田直通(セルクル・ブルージュ/ベルギー)
安西幸輝(ポルティモネンセ/ポルトガル)
畠中槙之輔(横浜F・マリノス)

MF
山口蛍(ヴィッセル神戸)
原口元気(ハノーファー/ドイツ)
柴崎岳(デポルティボ/スペイン)
遠藤航(シュツットガルト/ドイツ)
伊東純也(ヘンク/ベルギー)
橋本拳人(FC東京)
中島翔哉(ポルト/ポルトガル)
浅野拓磨(パルチザン・ベオグラード/セルビア)
南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)
鎌田大地(フランクフルト/ドイツ)

FW
永井謙佑(FC東京)
鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191106-00364012-usoccer-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20191106-00364012-usoccer-000-1-view.jpg



【サッカー】11月2連戦の日本代表メンバーを発表!キルギス戦とベネズエラ戦で計32名を大量招集!異例の分割招集
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1573018786/

1: 豆次郎 ★ 2019/11/06(水) 14:39:46.06 ID:uSXl1ehZ9.net

11/6(水) 14:20配信
11月2連戦の日本代表メンバーを発表!キルギス戦とベネズエラ戦で計32名を大量招集!

14日にキルギス戦、19日にベネズエラ戦

 日本サッカー協会は11月6日、カタール・ワールドカップアジア2次予選のキルギス戦(14日/ドレン・オムルザコフ・スタジアム)とベネズエラ戦(19日/パナソニックスタジアム吹田)に臨む日本代表メンバーを発表した。
 
 メンバーは、キルギス戦とベネズエラ戦に分けてそれぞれ23名ずつを選出。計32名が選出された。U-22日本代表に選出された堂安律、久保建英、板倉滉や負傷から復帰したばかりの大迫勇也は招集外となっている。また、ベネズエラ戦メンバーに招集されたオナイウ阿道、古橋亨梧、進藤亮佑、荒木隼人の4名が初選出となった。


日本代表のキルギス戦、ベネズエラ戦の各メンバーは以下の通り。

キルギス戦メンバー
GK
川島永嗣(ストラスブール/フランス)
権田修一(ポルティモネンセ/ポルトガル)
シュミット・ダニエル(シント=トロイデン/ベルギー)

DF
長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)
佐々木翔(サンフレッチェ広島)
酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
室屋 成(FC東京)
植田直通(セルクル・ブルージュ/ベルギー)
安西幸輝(ポルティモネンセ/ポルトガル)
畠中槙之輔(横浜F・マリノス)
 
MF
山口 蛍(セレッソ大阪)
原口元気(ハノーファー/ドイツ2部)
柴崎 岳(デポルティボ・ラ・コルーニャ/スペイン2部)
遠藤 航(シュツットガルト/ドイツ2部)
伊東純也(ヘンク/ベルギー)
橋本拳人(FC東京)
中島翔哉(ポルト/ポルトガル)
浅野拓磨(パルチザン・ベオグラード/セルビア)
南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)
鎌田大地(フランクフルト/ドイツ)

FW
永井謙佑(FC東京)
鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)


ベネズエラ戦メンバー
GK
川島永嗣(ストラスブール/フランス)
権田修一(ポルティモネンセ/ポルトガル)
中村航輔(柏レイソル)

DF
佐々木翔(サンフレッチェ広島)
車屋紳太郎(川崎フロンターレ)
室屋 成(FC東京)
植田直通(セルクル・ブルージュ/ベルギー)
三浦弦太(ガンバ大阪)
畠中槙之輔(横浜F・マリノス)
進藤亮佑(北海道コンサドーレ札幌)
荒木隼人(サンフレッチェ広島)

MF
山口 蛍(セレッソ大阪)
原口元気(ハノーファー/ドイツ2部)
柴崎 岳(デポルティボ・ラ・コルーニャ/スペイン2部)
大島僚太(川崎フロンターレ)
橋本拳人(FC東京)
中島翔哉(ポルト/ポルトガル)
浅野拓磨(パルチザン・ベオグラード/セルビア)
古橋亨梧(ヴィッセル神戸)
井手口陽介(ガンバ大阪)

FW
永井謙佑(FC東京)
鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)
オナイウ阿道(大分トリニータ)

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191106-00066330-sdigestw-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20191106-00066330-sdigestw-000-3-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:11 | 大阪 ☀ | Comment(23) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南野先発ザルツブルク、ナポリと1-1ドロー!ナポリは決勝T進出を決められず CL第4節(関連まとめ)

南野先発のザルツブルクはナポリとドロー! ナポリの最速GS突破を阻止《CL》
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191106-00363995-usoccer-socc
南野2019CL第4節ナポリ戦競り合い.jpg

チャンピオンズリーグ(CL)・グループE第4節、ナポリvsレッドブル・ザルツブルクが5日にサン・パオロで行われ、1-1のドローに終わった。なお、ザルツブルクのFW南野拓実は61分までプレーし、MF奥川雅也はベンチ外となった。

グループEの首位ナポリ(勝ち点7)と3位のザルツブルク(勝ち点3)による折り返し初戦。前節、敵地でザルツブルクを3-2で破り、グループ突破に王手をかけたナポリ。しかし、以降のセリエAでは直近のローマ戦で1-2の敗戦を喫するなど、1敗2分けと苦戦が続く。

公式戦4試合ぶりの白星を目指す今回の一戦に向けては先発2人を変更。マノラスとミリクに代えてマクシモビッチ、ロサーノを起用した。

立ち上がりからホームのナポリが押し込む入りを見せたが、先手を奪ったのはザルツブルク。10分、ボックス右で果敢に仕掛けたファン・ヒチャンがDFクリバリのファウルを誘いPKを奪取。これをキッカーのハーランドが冷静に決め、CLデビューから4試合連続となる今大会7点目とした。

ホームで先制を許す苦しい入りとなったナポリだが、13分には左サイドのインシーニェからのクロスに反応したカジェホンが得意のダイアゴナルランからゴール右でドンピシャのヘディングシュート。だが、これは惜しくも左ポストを叩いた。

その後はボールを保持して押し込むナポリ、カウンターで応戦するザルツブルクという構図の下でオープンな攻防が繰り広げられる。25分にはファン・ヒチャンのスルーパスに反応した南野がゴール前に抜け出しかかるが、これはわずかにオフサイドの判定。

前半半ばから終盤にかけてはナポリの猛攻が続く。しかし、インシーニェらがボックス内でのフィニッシュをことごとくモノにできず、嫌な流れが続く。それでも、前半終了間際の43分、相手陣内左サイドでルーズボールを回収したインシーニェからパスを受けたロサーノがボックス手前からカットインを仕掛けてゴール左隅に右足のミドルシュートを突き刺し、前半のうちに追いついた。

迎えた後半、互いに最終ラインの選手に交代枠を1枚ずつ使った中、前半同様に決定機を作り合う。その中でやや存在感を失っていた南野は61分にシメルとの交代でピッチを後に。

その後はこう着状態が続きより勝ち点3がほしいナポリはミリク、ジョレンテとターゲットマンタイプの選手を続けてピッチに送り込み、異なるアプローチでゴールを目指す。しかし、88分にはカジェホンのクロスからジョレンテにおあつらえ向きのゴールチャンスが訪れるも、得意のヘディングシュートは枠を大きく外れるなど、決定機をモノにできない。

結局、試合は1-1のままタイムアップを迎え、30本以上のシュートを放ったホームチームにとってはやや消化不良となるドロー決着となった。この結果、最速でのグループステージ突破を逃したナポリはリバプールに抜かれ2位後退。一方、ザルツブルクは最低限の勝ち点1奪取となった。

【サッカー】UEFA-CL第4節 リバプール×ゲンク、ナポリ×ザルツブルク、ドルトムント×インテル、チェルシー×アヤックス等
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1572991212/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(4) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

英サッカー協会、ソンフンミンの退場処分を取り消し(関連まとめ)

【サッカー】<ソン・フンミン>退場処分が取り消しに…FAは「間違った退場処分」と声明
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1572988661/
ソン2019第11節.jpg
1: Egg ★ 2019/11/06(水) 06:17:41.95 ID:5m9IaJcW9.net

3試合出場停止は取り消しに

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20191106-00010001-goal-000-1-view.jpg

イングランドサッカー協会(FA)は、トッテナムFWソン・フンミンの退場処分を取り消す決定を下している。

【動画】「ひどく落ち込み、泣いていた」一発退場ソン・フンミンの様子をチームメイトが明かす

3日に行われたエヴァートン戦、先制点をアシストしたソン・フンミンだが、77分にアンドレ・ゴメスに対して後方から危険なチャレンジ。このプレーでバランスを崩して前方のセルジュ・オーリエと激突したエヴァートンMFは足首脱臼骨折の重傷を負い、トッテナムFWにはレッドカードが提示された。重傷の原因を作ってしまった韓国代表FWは涙を流し、スタッフに抱えられながらピッチを去った。数的不利になったトッテナムは、終盤に追いつかれて1-1のドローに終わっている。

試合後、デレ・アリやマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、ソン・フンミンを擁護する発言を残し、敵将のマルコ・シウヴァ監督も意図的なものではなく、アクシデントだったと言及。さらに、解説陣からもレッドカードの判定は厳しいという見解が出ていた。そしてトッテナムは、ソン・フンミンのレッドカードを取り消すよう訴えを起こしたことが報じられていた。

そして5日、FAはトッテナムの主張を支持し、退場処分とそれに伴う出場停止の取り消しを発表。判定の際にはVARレビューも行われていたが、同組織は「ソン・フンミンは次の国内3試合に出場できる。規律委員会は誤った退場であるとの主張を支持した」と声明を出している。

これでシェフィールド・ユナイテッド戦、ウェスト・ハム戦、ボーンマス戦でプレーできることが決まったソン・フンミン。しかし試合後には、「控え室で号泣し、ひどく落ち込んでいる」とアリが明かしていたように精神的なダメージがあったことが予想されており、次節以降、問題なくプレーできるかは現段階で不明だ。

11/6(水) 5:55配信GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191106-00010001-goal-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:25 | 大阪 ☀ | Comment(56) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプール、チェンバレン絶妙決勝ゴールで伊東先発のゲンクに2-1勝利!CLグループ首位に浮上!CL第4節(関連まとめ)

リヴァプールがE組首位浮上…チェンバレン決勝弾で伊東純也先発のヘンクに勝利
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191106-00995584-soccerk-socc
チェンバレン2019CL第4節ゴール.jpg

 チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第4節が5日に行われ、リヴァプールと日本代表MF伊東純也が所属するヘンクが対戦した。伊東は先発に名を連ねた。

 試合は序盤から攻勢に出た王者・リヴァプールが14分に先制する。左サイドの裏に抜け出したジェイムズ・ミルナーがゴール前にクロスを送ると、こぼれ球に反応したジョルジニオ・ワイナルドゥムが右足アウトで押し込んだ。

 その後もリヴァプールが圧倒的に押し込む展開となったが、追加点は生まれない。すると耐えるヘンクがワンチャンスをものにする。40分、左CKにムバワナ・サマッタが頭で合わせ、強烈なシュートを突き刺した。

 追い付かれて後半を迎えたリヴァプールは53分、エリア手前でモハメド・サラーからパスを受けたアレックス・オックスレイド・チェンバレンが反転から左足で狙う。このシュートがゴール右下に決まり、勝ち越しに成功した。

 再び1点ビハインドとなったヘンクは68分に伊東を下げてディウメルシ・ヌドンガラを投入。終盤にはさらに2枚の交代カードを使って同点を目指したがゴールは生まれず、試合はこのまま2−1でタイムアップを迎えた。勝ったリヴァプールは勝ち点を9に伸ばし、この日引き分けに終わったナポリを抜いてグループEの首位に浮上した。

 次節、リヴァプールはナポリと、ヘンクは日本代表FW南野拓実とMF奥川雅也が所属するザルツブルクと、それぞれホームで対戦する。

【スコア】
リヴァプール 2−1 ヘンク

【得点者】
1−0 14分 ジョルジニオ・ワイナルドゥム(リヴァプール)
1−1 40分 ムバワナ・サマッタ(ヘンク)
2−1 53分 アレックス・オックスレイド・チェンバレン(リヴァプール)

〓〓 Liverpool FC 〓〓 1146 〓〓

http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1572806872/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:33 | 大阪 ☔ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
過去一週間の人気記事ランキング