アンテナ・まとめ RSS

【訃報】元日本代表GK田口光久さん、64歳で死去…とんねるず「生ダラ」でPK対決も(関連まとめ)

サッカー元日本代表GK田口光久さん死去 64歳 「生ダラ」PK対決で木梨憲武の相棒
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191112-00000202-spnannex-socc
田口光久01.jpg

サッカー元日本代表GKで、日本テレビ「とんねるずの生でダラダラいかせて」のPK対決コーナーでも知られた田口光久(たぐち・みつひさ)さんが12日午前3時2分、呼吸不全のため東京都内の病院で死去した。64歳。秋田市出身。葬儀・告別式は18日午後1時から東京都新宿区上落合3の4の12、最勝寺会館で。喪主は長男直樹(なおき)氏。

 秋田商高から1973年、三菱重工(現J1浦和)入り。76年に日本代表入りし、国際Aマッチ59試合に出場。82〜84年に日本代表主将も務め、日本サッカーの低迷期を支えた。

 引退後は青森山田高や国際学院高などでサッカー部監督。バラエティー番組にも出演し、91〜93年頃の「生ダラ」のPK対決では、とんねるず・木梨憲武(57)のパートナー。ラーメンが好物で「メーランおやじ」の愛称で親しまれた。

【訃報】田口光久氏死去、64歳 サッカー元日本代表GK
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1573556306/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 ☀ | Comment(9) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長友佑都、ガラタサライが放出決断か?イタリア復帰の可能性

【サッカー】ガラタサライが今季低調の長友放出を決断 地元紙
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1573552893/
長友ガラタサライ2019.jpg
1: ゴアマガラ ★ 2019/11/12(火) 19:01:33.83 ID:MdG8mihf9.net

トルコ1部リーグのガラタサライのファティ・テリム監督が、20年1月の移籍市場における最初の放出選手を日本代表DF長友佑都(33)に決めたと12日付の地元紙ミリエットが報じた。

今季の長友はパフォーマンスが低調で、欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグのレアル・マドリード戦では自らのミスも絡み、チームは大量6失点で惨敗を喫していた。

ガラタサライは、今季いっぱいで契約が終了する長友の代理人、ロベルト佃氏と既に連絡を取っており、11月中に会談が行われる予定。そこで長友に対し、
次のチームを見つけるよう切り出す模様だ。200万ユーロ(約2億4000万円)という高額年俸も足かせとなっており、移籍先が見つからない場合は契約解消が濃厚だという。

今季ガラタサライにおいて、公式14試合に出場している長友のパフォーマンスは物足りなさがあり、サポーターたちからの非難が集中。先日の欧州CL、レアル戦でも失点に関わるプレーが目立ってしまった。

もし長友が移籍するとなった場合、行く先は長年インテルで活躍していたこともあって、イタリアとなる可能性が高いとみられている。(オルムシュ由香通信員)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191112-11120741-nksports-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:59 | 大阪 ☀ | Comment(20) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケニア代表の柏FWオルンガ、欧州復帰のススメ!?「競争力のあるリーグを探すべき」(関連まとめ)

J2で19発、首位柏の原動力・ケニア代表FWオルンガに欧州復帰のススメ?
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191112-00364320-usoccer-socc
オルンガ柏.jpg

今シーズンの明治安田生命J2リーグで首位に立ち、J1復帰に近づいている柏レイソル。その得点源であるケニア代表FWオルンガ(25)に、海外移籍が勧められているようだ。ケニア『Hivisasa』が伝えた。

オルンガは、ケニアでプロキャリアをスタート。その後はスウェーデンのユールゴーデン、中国の貴州智誠、スペインのジローナでプレーしていた。

ケニア代表としても21試合で10ゴールを記録しているオルンガ。フットボールアナリストのデニス・モーゲンディ氏が『Hivisasa』のインタビューに応え、日本を早く去るべきだと語った。

「オルンガは競争力のあるリーグを探すべきだ。オルンガのパフォーマンスからリーグがわかる。彼の居るリーグはクオリティが低い」

「私が彼を認識する前に、彼は競争力のあるリーグに参加すべきだ。彼が対戦しているディフェンダーは誰?我々は知っているのか?オルンガは日本を離れ、スウェーデン、またはベルギーのチームに参加する必要がある」

オルンガは、スウェーデンのアルスヴェンスカン(スウェーデン1部)では27試合で12ゴール4アシスト、ラ・リーガでは14試合で3ゴール1アシスト、中国スーパーリーグでは9試合で2ゴールを記録。2018年7月に貴州智誠から柏へと完全移籍で加入した。

加入1年目は、J1リーグで10試合に出場し3ゴール2アシストの成績に終わったが、今シーズンはJ2で29試合に出場し19ゴールを記録。チームのJ1復帰に向けて大きな原動力となっている。

ゴールを量産し続けているオルンガは、まだ25歳であり、再び海外でプレーする可能性は高い。今は柏のJ1復帰に向けて尽力しているが、1月の移籍市場では注目を集めるかもしれない。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12410
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1573521769/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(13) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンCスターリング、リバプールDFゴメスと英代表の食堂で口論…モンテネグロ戦は欠場決定 本人は和解を報告

要因は食堂での口論?スターリング、モンテネグロ戦の欠場決定
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191112-43473868-gekisaka-socc

スターリングとゴメス.jpg

イングランド代表を率いるガレス・サウスゲート監督は、14日のEURO2020予選モンテネグロ戦でFWラヒーム・スターリング(24)を起用しないことを明らかにした。英『デイリー・メール』によれば、チームメイトとの口論が要因だという。

 報道によると、スターリングはトレーニング場内の食堂で握手を求めて挨拶をしたDFジョー・ゴメス(22)に対して、身を乗り出して首を掴もうとしたという。近くにいたチームメイトは当初、スターリングの冗談だと思っていたが、スターリングがすぐにヒートアップしたため、慌てて2人を引き離したという。

 両者は、10日に行われたプレミアリーグ第12節のリバプール対マンチェスター・シティでフィジカルコンタクトを巡って対立。だが、試合終了後に抱擁して和解していた。

 今回の騒動後、スターリングはJ・ゴメスを含めたチームメイトに謝罪したようだが、サウスゲート監督はモンテネグロ戦のメンバーから外すことを決めたという。

 イングランドサッカー協会によると、指揮官は「代表では、クラブチームでのライバル関係から切り離して考えるべきだ。残念ながら、10日の試合の感情がまだ残っていた。チーム全員の同意を得て決断を下した」と説明。なお、スターリングはこのまま代表に残るようだ。

スターリング、J・ゴメスとの和解をインスタで報告「結論を出して前へ進んだ」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191112-00997470-soccerk-socc

 マンチェスター・Cに所属するイングランド代表FWラヒーム・スターリングが、12日に自身のInstagram(sterling7)で同国代表での騒動について釈明した。

 スターリングは11日、同国代表DFジョー・ゴメス(リヴァプール)と代表の練習場『セント・ジョージズ・パーク』内の食堂で対立。両選手は10日に行われたプレミアリーグ第12節リヴァプール対マンチェスター・Cの試合中にも口論しており、今回の対立も同試合に関するものだと推測されている。

 騒動の後、事態を重く見たイングランドサッカー協会(FA)は、14日に行われるEURO2020予選モンテネグロ戦のメンバーからスターリングを外すことを決定。その一方で、同選手は代表に留まることも発表されている。

 FAの発表後、スターリングはInstagramを更新。騒動について次のように語り、J・ゴメスと和解したことを報告した。

「まず第一に、みんなは僕にとって試合(古巣のリヴァプール戦)がどんな意味を持つのか知っていると思うよ」

「みんなは僕がそういう(かっとなりやすい)傾向にないことを知っている。ジョーと僕は言葉を交わし、事態についての結論を出して前へ進んだよ。僕たちは感情の昂るスポーツに身を置いているし、僕は感情が理性を上回ってしまったことを認めることができる人間だ」

「僕とジョー・ゴメスはもう大丈夫。お互いに5〜10秒(の謝罪)で終わることだと理解している。話をこれ以上大事にはしない。モンテネグロ戦に向けて集中するよ」

BLUEMOON マンチェスターシティ 352cityzens
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1573406027/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(24) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J2愛媛、FW河原和寿の今季限りでの退団を発表…愛媛7年目の決断「成長するために新たな道を」(関連まとめ)

愛媛7年目のFW河原和寿が今季限りで退団…「成長するために新たな道を」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191112-43473874-gekisaka-socc
河原和寿.jpg

 愛媛FCは12日、FW河原和寿が今季限りで退団することを発表した。

 河原は2005年に大宮東高から新潟に加入し、プロ生活をスタートさせた。“調子乗り世代”の主力としてU-20W杯でも活躍。栃木、大分でプレーし、2013年に愛媛に加入。昨季までは主力だったが、7年目の今季は出場5試合とどまっていた。

 クラブを通じて、以下のコメントを発表している。

「今シーズンで愛媛FCを退団する決断をしました。この愛着ある土地、クラブを離れることは全く実感が湧きませんが、自分の選手生活を考え、この決断がベストだと思い、クラブへ伝えました。サポーターの皆様にはどんな時も温かい声援で支えていただき、心から感謝をしております。愛媛FCで積み重ねてきた経験や思い出は、この先の人生できっと大きな支えとなると思います」

「選手としても一人の人間としてもまだまだ成長するために新たな道を探っていきたいと思います。愛媛FCの選手として戦える残り2試合を噛みしめて、サポーターの皆様とともに全力で戦い、全力で楽しみたいと思います。7年間ありがとうございました」


移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12410
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1573521769/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☀ | Comment(2) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長友佑都、久保建英は「伸びしろ爆弾」「このまま弾けてトップまで行ってほしい」(関連まとめ)

【サッカー】久保建英は「伸びしろ爆弾」長友佑都、リーガ初得点の18歳に期待「このまま弾けて…」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1573526907/
長友キルギス戦前練習.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/11/12(火) 11:48:27.29 ID:XnY4Z4md9.net

久保がビジャレアル戦で初ゴール 長友はレアルFWロドリゴを例に無限の可能性を解説
 森保一監督率いる日本代表は11日、14日に行われるカタール・ワールドカップ(W杯)アジア2次予選のキルギス戦に向けて現地で練習を開始した。取材に応じたDF長友佑都(ガラタサライ)は、今回はU-22日本代表の活動に参加するMF久保建英(マジョルカ)がリーガ・エスパニョーラで初ゴールを決めたことについて、「このまま弾けてトップまで行ってほしい」とエールを送った。

 久保は現地時間10日のリーガ第13節ビジャレアル戦(3-1)で先発出場。前半13分に左サイドを突破してペナルティーエリア内に侵入すると、相手選手に倒されてPKを獲得。その後は2点目の起点にもなると、2-1で迎えた後半8分には左足の強烈なミドルシュートを突き刺し、リーグ戦10試合目の出場にして待望の初ゴールを奪ってみせた。

 久保は今回、U-22日本代表の活動に参加するため、キルギス遠征に帯同していないが、これまでA代表で間近でそのプレーを見てきた長友は、ビジャレアル戦の得点に関して「すぐに映像を見た」という。そして引き合いに出したのは、久保と同じ18歳でレアル・マドリードに所属するブラジル人FWロドリゴだ。

「若ければ若いほど“伸びしろ爆弾”と言いますか、持っている爆弾が大きい。(ガラタサライも)レアルとホームではそこそこやれたというのはあったけど、その後リーガで点を取って次に対戦した時には(ロドリゴは)全然違う顔、違う選手になっていた。建英もそうだし、やれるんだという自信が爆弾のようにどでかく弾けて、若ければ若いほどバンっと上に行けると、レアルとホーム&アウェーでやって見させてもらった」

 ロドリゴは今季リーグ戦で4試合2得点を決めているが、第1戦からのわずか2週間で“別の選手”と感じるほど自信に満ち溢れていたという。長友は「建英もまた自信をつけたと思うし、このまま弾けてもうトップまで行ってほしい」と日本の至宝に期待を寄せていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191111-00228454-soccermzw-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☀ | Comment(5) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J2新潟、「ペップの右腕」ドメネク・トレント監督を来季招聘か?新潟・是永社長「なんだこれ」(関連まとめ)

【新潟】来季「グアルディオラの右腕」トレント監督招へいへ バルサ、マンCでアシスタントコーチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191111-00000304-sph-socc
トレント監督とペップ.jpg

J2新潟が、来季に向け今季米MLSのニューヨーク・シティーを率いたドメネク・トレント監督(57)の招へいに乗り出していることが11日、分かった。トレント氏は、かつてバルセロナなどでグアルディオラ監督(48)=現マンチェスターC=のアシスタントコーチを務めた人物。現在、世界最高の指揮官と呼ばれるグアルディオラ監督の“右腕”に、チーム再建を託したい考えだ。

 トレント氏は、グアルディオラ監督が2007年にバルセロナBの監督に就任した際から昨季までサポート役を務め、数々のタイトル獲得に貢献。18年6月からマンチェスターCと同じくシティーフットボールグループに属するニューヨーク・シティーを率い、今季はMLSの東地区で優勝。しかし、プレーオフで敗れ、今季限りでの退団が発表されている。

 新潟は今季、4年連続となるシーズン途中の監督交代があり、4月途中から吉永一明監督(51)が指揮。現在10位とJ1昇格をかけたプレーオフ進出圏となる6位以内の可能性が消滅した。3年連続でJ2を戦う来季、17年以来のJ1復帰は至上命題となる。

 ◆ドメネク・トレント 1962年7月14日、スペイン出身。57歳。現役時代はMFとしてスペイン3部リーグなどでプレーし、引退後は指導者の道へ。3部ジローナなどで監督を務めた後、2007年にバルセロナBでグアルディオラ監督のアシスタントコーチに。バルセロナ、バイエルン、マンチェスターCでもアシスタントコーチを務め、18年6月にMLSニューヨーク・シティーの監督に就任。今年11月8日、同クラブからの退団が発表された。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12409
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1573466941/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☀ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

モウリーニョ氏、リバプールのプレミア初優勝を確信「優勝争いは終わった」(関連まとめ)

【サッカー】「優勝争いは終わった」モウリーニョ氏、リヴァプールのプレミア初優勝を確信
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1573511401/
モウリーニョ2019第12節解説.jpg

1: 伝説の田中c ★ 2019/11/12(火) 07:30:01.18 ID:m+u2Krls9.net

英『スカイスポーツ』で解説を務めるジョゼ・モウリーニョ氏は、今季のプレミアリーグのタイトルレースは終了したと考えているようだ。

10日に行われたプレミアリーグ第12節、リヴァプール対マンチェスター・シティ。首位を走るリヴァプールが2連覇中の王者マン・Cを本拠地アンフィールドに迎えた、序盤戦の大一番。試合は開始6分にファビーニョの強烈なミドルシュートでリヴァプールが先制すると、その7分後にはモハメド・サラーが追加点を奪う。さらに後半開始直後にも3点目を奪い、反撃を1点に抑えたリヴァプールが3-1と勝利を収めた。

この結果、リヴァプールは勝ち点を34まで伸ばし、2位レスターに8ポイント差をつけて首位を独走。一方敗れたマン・Cは、勝ち点25のままで4位に転落。両者の差は9ポイントまで広がった。

大一番をスタジオで解説していたモウリーニョ氏は、試合前には「もしリヴァプールが勝てば、タイトルレースは終了する」とコメントしていた。そして試合後、改めてそう主張している。

「優勝争いで後れを取っている時は、追いつけると感じなければならない。大きなアドバンテージをもって首位を走っている時は、まだ終わっていないと感じなければならない」

「(今の)私の立場から言えば、チームを壊すようなケガなど劇的な出来事が起きない限り、(優勝争いは)終わったと思う」

「チームは完璧なパズルだと思っている。(リヴァプールの)戦い方は選手のクオリティに完璧にフィットしていると感じるよ」

「シティは7連勝できるチームだ。8連勝、9連勝だって可能だろう。だが、リヴァプールが9ポイントのアドバンテージをどのように失うのか、想像できない」

また、同じく解説を務めたロイ・キーン氏も「私は賭け屋ではないが、終わったと思う」とモウリーニョ氏の意見に賛同。「素晴らしい勢いがある」とし、このままタイトルを勝ち取るだろうと予想している。

最後のリーグ優勝は、プレミアリーグ創設前の1989-90シーズンとなっているリヴァプール。昨季はクラブ史上最多勝ち点を獲得するも、マン・Cにわずか1ポイント及ばずタイトルに手が届かなかった。しかし、今季こそ、悲願の優勝カップを掲げることになるのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191111-00010019-goal-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(13) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジェフ千葉、ユン・ジョンファン氏の来季監督就任が決定的!C大阪を2冠達成に導く(関連まとめ)

【サッカー】<J2千葉>来季監督にユン・ジョンファン氏の就任濃厚!江尻監督退任を発表...今季09年以来のJ1昇格を目指したが現在16位
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1573507721/
ユン・ジョンファンC大阪ACL.jpg
1: Egg ★ 2019/11/12(火) 06:28:41.33 ID:FiNoqk/f9.net

J2千葉の来季監督に、かつて鳥栖、C大阪を指揮した韓国人の尹晶煥(ユンジョンファン)氏(46)が就任することが11日までに決定的となった。

千葉は今季09年以来のJ1昇格を目指したが、シーズン途中の指揮官交代も実らずに現在16位。来季もJ2で戦うことが決まっており、この日に江尻監督の今季限りで退任を発表。関係者によれば、水面下での後任選びは、厳しい練習を課すことで知られる熱血漢の尹晶煥氏で落ち着いたという。

 現役時代もJリーグでプレーした経験のある尹晶煥氏は11年に鳥栖の指揮官に就任し、チームを初のJ1昇格に導いた。17年にはC大阪の監督に就任し、初年度にルヴァン杯、天皇杯の2冠を達成。今季は途中までタイ1部のムアントンUで指揮を執っていた。

11/12(火) 6:15配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191112-00000110-spnannex-socc

11/12(火) 6:03配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191111-00000307-sph-socc

写真https://amd.c.yimg.jp/amd/20191111-00000307-sph-000-1-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:43 | 大阪 ☀ | Comment(6) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エメリ・アーセナル、ベンゲル政権末期よりも弱体化してる事が明らかに…直近37年で最悪のスタート(関連まとめ)

【サッカー】エメリ・アーセナル、直近37年で最悪のスタート…ヴェンゲル政権晩期よりも弱体化したことが明らかに
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1573476651/
ヴェンゲルとエメリ.jpg
1: 伝説の田中c ★ 2019/11/11(月) 21:50:51.54 ID:lJUNlORb9.net

アーセナルを率いてプレミアリーグ50試合目を迎えたウナイ・エメリ監督だが、前政権晩期よりも低調な成績を記録していることがわかった。

2018年夏に22年もの長期政権を築いたアーセン・ヴェンゲル前監督が退任し、エメリ監督が就任したアーセナル。1年目となった昨シーズンは、リーグ戦14戦無敗を記録するなど序盤から中盤にかけて好調を維持したが、終盤に失速し、5位でフィニッシュ。ヨーロッパリーグでも準優勝に終わり、3シーズンぶりのチャンピオンズリーグ出場権獲得には至らなかったものの、スペイン人指揮官には一定の評価が与えられていた。

そして迎えた今夏、アーセナルはクラブ史上最高額をはたいてニコラ・ペペらを獲得するなど、指揮官の望むポジションすべてで補強に成功。周囲の期待も高まる中でシーズン開幕を迎えたが、直近公式戦4試合4分と、なかなか波に乗れない状況が続いていた。

そして迎えた9日のプレミアリーグ第12節では、好調レスターと激突。エメリ監督も「大きなチャレンジ」と認めた一戦で、前半こそまずまずの戦いを見せていたものの、後半に2失点を喫して0-2の完封負け。チームはこれでリーグ戦4試合未勝利で、順位も昇格組シェフィールド・ユナイテッドにかわされて6位に後退した。

データサイト『Opta』によると、エメリ監督のアーセナルでのリーグ戦50試合の内訳は25勝12分13敗、獲得した勝ち点は87ポイント。しかし、これは多くの非難が集まっていたヴェンゲル前政権下のラスト50試合(27勝7分け16敗、88ポイント)よりも1ポイント少ない数字になっている。

さらに、今シーズンここまで低調な戦いを続けるアーセナルは、プレミアリーグ12試合で4勝5分け3敗の勝ち点17、得失点差「-1」を記録しているが、これは1982-1983シーズン以降で最悪のシーズンスタートとなっている。また、アウェイゲームではリーグ戦直近24試合でたった2つしかクリーンシートを記録できていない。

これら結果やメスト・エジルらの扱いなど、エメリ監督への風当たりは日増しに激しくなっており、スタジアムでは「Emry out」のボードを掲げるファンも急増。さらに具体的な解任説なども浮上し始めている。

チームはこれからインターナショナルブレイクに突入するが、過密日程を控える12月までにアーセナル首脳陣がどのような結論を出すか、注目が集まりそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191110-00010007-goal-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☁ | Comment(21) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(24時間)

    人気記事ランキング(昨日)

      人気記事ランキング(先週)