アンテナ・まとめ RSS

【柏の核弾頭】オルンガ対策本部

柏FWオルンガの“歴史的8ゴール”を英BBCも報道「信じられない偉業」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191126-43474417-gekisaka-socc
オルンガ2019最終節ゴール02.jpg

2019シーズンのJ2最終節で歴史的な勝利を飾った柏レイソル。この一戦の主役となったケニア代表FWオルンガの偉業を英国営放送『BBC』も伝えている。

 すでにJ2優勝を決めていた柏は24日、ホームで京都サンガF.C.と今シーズン最終戦に臨んだ。先発出場したオルンガは前半だけでハットトリックを達成すると、後半にも5ゴールを挙げ、13-1の大勝に大きく貢献。J2得点王にはわずか1点届かなかったが、Jリーグ最多得点記録を大幅に更新するなど、日本サッカーの歴史にその名を刻んだ。

 この偉業を英国営放送『BBC』も報道。オルンガの経歴を紹介するとともに「彼の信じられないほどの偉業により、今シーズン30試合で27ゴールを記録し、チームはJ2リーグ優勝。そして降格してわずか1シーズンでのトップリーグ復帰を果たした」と伝えた。

 オルンガは試合終了後、自身のツイッター(@OgadaOlunga)で「8ゴールを決めることは想像もつかなかったが、神の恵みによって、それが可能だった。僕を支えてくれたみんなに感謝したい。来シーズンまでグラシアス」と綴っていた。

【柏の核弾頭】オルンガ対策本部
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1574579868/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:42 | 大阪 ☀ | Comment(18) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【訃報】元大宮・京都監督ピム・ファーベーク氏、63歳で死去…韓国代表やオーストラリア代表、オマーン代表なども指揮(関連まとめ)

ピム・ファーベーク氏が63歳で逝去…かつて大宮や京都でも指揮
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191128-01003424-soccerk-socc
ピム・ファーベーク監督.jpg

かつて大宮アルディージャや京都パープルサンガ(現京都サンガF.C.)も率いた、ピム・ファーベーク氏が逝去した。63歳だった。オランダメディア『テレグラフ』などが伝えている。

 1956年生まれのピム氏は現役引退後、フェイエノールトなどオランダのクラブを指揮し、1998年に大宮の監督に就任。翌年まで務めると、オランダ代表のスタッフ、韓国代表やアイントホーフェンのアシスタントコーチに就任。その後京都に監督として加入した。近年はアジア各国の代表監督として活躍。2006年から翌年にかけて韓国代表、2007年から2010年にかけてはオーストラリア代表監督を務めると、モロッコ代表のジュニアディレクターを経て2016年から今年までオマーン代表を指揮した。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12464
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1574916929/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:32 | 大阪 ☀ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本代表、イラン抜きFIFAランキングでアジア1位に!ベルギーが世界1位キープ

【サッカー】最新のFIFAランキング、日本がイランを抜いてアジア最上位に!ベルギーは首位をキープ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1574934497/
日本代表2019キルギス戦前.jpg
1: ぜかきゆ ★ 2019/11/28(木) 18:48:17.12 ID:/vYerhM+9.net

 国際サッカー連盟(FIFA)は28日、最新のFIFAランクを発表した。日本は10月のランキングから変わらず28位だったものの、イランが33位に後退したため、日本がアジア最上位となった。日本がアジア最上位となるのは、2014年11月以来5年ぶりである。

 日本は11月14日に行われたカタールワールドカップ・アジア2次予選のキルギス戦で2-0と勝利したが、続く19日のベネズエラ戦では1-4の敗戦を喫した。だが、ランキングは変わらず28位のままとなった。アジア勢ではイランが前回から6ランク下がり33位、41位に韓国、42位にオーストラリアと続く。

 また、1位は前回と変わらずベルギー。5位までに順位の変動はなく、前回7位のクロアチアと同6位のポルトガルが順位を入れ替えた。

 FIFAランキングのトップ20、およびアジア上位5ヶ国は以下のとおり。

1. ベルギー
2. フランス
3. ブラジル
4. イングランド
5. ウルグアイ
6. クロアチア
7. ポルトガル
8. スペイン
9. アルゼンチン
10. コロンビア
11. メキシコ
12. スイス 
13. イタリア
14. オランダ
15. ドイツ
16. デンマーク
17. チリ
17. スウェーデン
19. ポーランド
20. セネガル
▼アジア上位5ヶ国
28. 日本
33. イラン
41. 韓国
42. オーストラリア
55. カタール

フットボールチャンネル編集部 11/28(木) 18:31配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191128-00350383-footballc-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☀ | Comment(9) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元カメルーン代表FWエトー氏、ハーバード大学で経済学の勉強「新しい扉を開けることに」

【サッカー】<元カメルーン代表エトー氏>ハーバード大で経済の勉強!「新しい扉を開けることに」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1574848887/
エトー引退後インタビュー.jpg

1: Egg ★ 2019/11/27(水) 19:01:27.53 ID:UctDp9En9.net

サッカー元カメルーン代表、FWサムエル・エトー氏が来年年明けからハーバードで経済の勉強をするという。フランスの週刊誌「ジェネ・アフリク」の取材に対しエトー氏自身が説明している。

 インタビューでもエトー氏は「選手の時には自分が誰かにお金を払って自分のビジネスを進めるようにするもの。だけどそれを自分がやる番になると、それが成長してほしいと思うし、新しい知識が必要になる」と、セカンドキャリアへ踏み出す準備について語っている。

 38歳の元選手は、来年年明けからおよそ1年ボストンで過ごす学生生活について「簡単ではないが、僕にとって新しい扉を開けることになるかもしれない」としている。

 エトーは今年9月7日に現役引退を発表していた。

11/27(水) 17:44配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191127-00000091-dal-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☔ | Comment(9) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

C大阪一筋15年…DF藤本康太が現役引退を表明「感謝しかない」 8月に頭蓋骨骨折と脳挫傷の重傷(関連まとめ)

C大阪ひと筋DF藤本康太が引退「感謝しかない」 8月に全治4か月の重傷も…
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191128-00000192-spnannex-socc
藤本康太C大阪.jpg

 C大阪は28日、同クラブひと筋で15年間にわたってプレーしてきたDF藤本康太(33)が今季限りで現役を引退することを発表した。

 熊本国府高から05年に加入。入団1年目から出場機会をつかみ、12〜13年シーズンには主将をつとめた。近年はケガに悩まされながらも、16年シーズンには後半戦でスタメン起用され、4バックを束ねてJ1復帰に貢献した。

 今季は出場機会がなかった中で、U―23チームの一員として出場した8月31日のJ3熊本戦で「頭蓋骨骨折」と「脳挫傷」を負い、全治4カ月と診断されていた。ここまでJ1通算140試合出場7得点、J2通算76試合出場6得点。

 クラブ広報を通じ、以下のようにコメントした。

 「今年で現役を引退することにしました。2005年に入団してから15年間本当に色んな経験をさせてもらい、またクラブはもちろんスタッフ、監督、チームメイト、スポンサーの方々、家族、そしてサポーターの皆さんに支えてもらってここまで来ることができたと思います。

 「自分はケガも多くてこのチームに貢献できたかどうかはわかりませんが、15年の全てをこのチームで過ごさせてもらった事、このチームでタイトルをとれたことは本当に幸せなことだったなと思います。本当に感謝しかありません。これからはこのチームがもっと大きく成長していく事を願っていますし、応援しています。15年間本当にありがとうございました」 


移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12464

http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1574916929/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☔ | Comment(0) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レアル、アザールは幸い軽傷!足首打撲で10日ほどの離脱 クラシコは出場へ

レアル、アザールは幸い軽傷。10日ほどの離脱でクラシコには出場へ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191127-00350192-footballc-socc
アザール2019CL第5節交代.jpg

チャンピオンズリーグ(CL)の試合で足首を負傷し、状態が不安視されていたレアル・マドリーのベルギー代表FWエデン・アザールだが、幸い軽傷で済んだようだ。

 アザールは現地時間26日に行われたCLのパリ・サンジェルマン戦で後半に負傷し、69分で途中交代。ジネディーヌ・ジダン監督は試合後に「心配だ。深刻でないことを祈りたい」とコメントしていた。

 クラブは翌27日にアザールの検査結果を発表。足首外側の打撲だと診断されたとのことだ。クラブは離脱期間の見通しを明確にせず「今後の経過次第」と述べているが、スペインメディアでは10日間ほどの離脱になると予想されている。

 アザールはリーガエスパニョーラのアラベス戦、エスパニョール戦を欠場することが見込まれる。CLグループリーグ最終節のクラブ・ブルージュ戦も、消化試合となるため無理に起用されることはなさそうだ。12月15日のバレンシア戦、そして同18日に行われる宿敵バルセロナとのクラシコには間に合うことが見込まれている。

◆◇El Blanco Real Madrid 1040◇◆
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1573605346/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☔ | Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都サンガ、中田一三監督の退任を発表…最終節柏戦で歴史的13失点で昇格PO進出逃す(関連まとめ)

【サッカー】<京都サンガ>中田一三監督の今季限りでの退任を正式発表!24日の柏戦で歴史的13失点の大敗を喫し、プレーオフ進出を逃す..
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1574900848/
中田一三監督.jpg
1: Egg ★ 2019/11/28(木) 09:27:28.64 ID:dmdnf6aG9.net

J2京都は28日、中田一三監督(46)が契約満了により、今季限りで退任することを正式に発表した。

 クラブは10年ぶりのJ1昇格を目指していたが、勝てばJ1昇格プレーオフ圏の6位に入る可能性もあった24日の柏戦で歴史的13失点の大敗を喫し、プレーオフ進出を逃していた。

 中田監督は「日々練習場で見る顔、スタジアムが一つになる手拍子、サポーター魂宿る応援、それらに突き動かされ躍動する選手たち、その全てが私の誇りでした。私の力が至らず、J1という舞台へ皆様を連れていけなかったことは心残りですが、今季の教訓が来季へ繋がることを信じています。京都サンガF.C.に関わる全ての皆様に大変お世話になりました。ありがとうございました!」とコメントを寄せた。

 後任は実好礼忠コーチ(47)の昇格が最有力。10年ベスト11に輝いたDF増川隆洋(40)やFWエスクデロ競飛王(31)も退団。また強化部長には今季はJ2長崎の強化担当を務めている山道守彦氏(56)が入閣する。新スタジアム元年の20年シーズンは新体制で臨む方向だ。

11/28(木) 9:14スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191128-00000120-spnannex-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☔ | Comment(4) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【メッシ無双】バルサ、メッシ1G2Aの活躍でドルトムントに3-1快勝しCL首位通過!インテルもルカク1G2A・ラウタロ2発でプラハに3-1快勝し2位浮上!CL第5節(関連まとめ)

バルサ700試合目も圧巻メッシ、1G2Aで首位通過決めた! ドルトムントは敗退危機
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191128-43474473-gekisaka-socc
メッシスアレスグリーズマン2019CL第5節.jpg

[11.27 欧州CLグループF第5節 バルセロナ3-1ドルトムント]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)は27日、グループリーグ第5節を各地で行い、F組のバルセロナ(スペイン)がドルトムント(ドイツ)を3-1で破った。バルセロナ通算700試合目のFWリオネル・メッシが通算613点目を含む1ゴール2アシストで自らの節目を祝福。チームは3勝2分で勝ち点11とし、1試合を残して首位通過が決定した。

 序盤から主導権を握ったバルセロナだったが、前半25分にアクシデント。古巣対戦となったFWウスマン・デンベレが膝を痛めて動けなくなり、26分にはベンチスタートだったFWアントワーヌ・グリエーズマンが投入された。ところが勢いは削がれることなく、バルセロナはすぐにゴールラッシュを見せた。

 まずは前半29分、FWルイス・スアレスによるDFジュニオール・フィルポを狙ったスルーパスは相手DFに阻まれたが、セカンドボールを拾ったメッシが再び前方にパス。動きを止めなかったスアレスがこれに反応し、右足での落ち着いたシュートでネットに流し込んだ。

 さらに前半33分、中盤で相手の縦パスを奪ったMFフレンキー・デ・ヨングが素早く縦につけると、巧みなポジションを取っていたメッシがトラップ。そのままスアレスとのワンツーで左ハーフスペースを切り裂き、角度の小さいところからグラウンダーでのシュートを突き刺し、瞬く間に2点差とした。

 後半もバルセロナのペースが続いたが、ドルトムントはGKロマン・ビュルキのビッグセーブに救われるなどさらなる失点は許さない。それでも16分、FWユリアン・ブラントの決定的シュートはGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンに阻まれ、なかなか1点を返すこともできない。

 すると後半22分、バルセロナはデ・ヨングのスルーパスを受けたメッシがドリブルで駆け上がり、左サイド深くにスルーパス。これをグリエーズマンが左足ワンタッチで叩き込み、新天地での欧州CL初ゴールで3点リードを奪った。バルセロナ通算700試合目のメッシはこれで1ゴール2アシストとなった。

 厳しい展開となったドルトムントは後半32分、ブラントの横パスを受けたFWジェイドン・サンチョが巧みな足技から右足ミドルシュートを叩き込み、ようやく1点を返す。それでも反撃はここまで。他会場でインテルがスラビア・プラハに勝ったため、ドルトムントは3位に転落した。

2トップ揃い踏みのインテルがスラビア・プラハに競り勝ち2位浮上!《CL》
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191128-00365128-usoccer-socc
ルカク2019CL第5節.jpg

インテルは27日、チャンピオンズリーグ(CL)グループF第5節でスラビア・プラハとのアウェイ戦に臨み、1-3で勝利した。

3週間前に行われた前節ドルトムント戦を2-3と逆転負けした3位インテル(勝ち点4)は、3-0と快勝した4日前のトリノ戦のスタメンから2選手を変更。ダンブロージオと負傷したバレッラに代えてカンドレーバとボルハ・バレロを起用した。

最下位スラビア・プラハ(勝ち点2)に対し、2トップにL・マルティネスとルカク、中盤アンカーにボルハ・バレロを配したインテルは5分、フースバウアーのヘディングシュートでゴールを脅かされる。

ポゼッションを譲るインテルは自陣に引いて守備ブロックを形成していた中、19分に最初のチャンスで先制ゴールを挙げる。ルカクが右サイドで仕掛けてボックス右から右足で折り返し、L・マルティネスが右足ボレーで合わせたシュートがネットを揺らした。

その後、スラビア・プラハの反撃を受けたインテルは35分にルカクがネットを揺らすも、その前のプレーでデ・フライが自陣ボックス内でオラインカを倒したプレーがVARの末にPKとなってしまう。ルカクのゴールが取り消された上にPK献上となったインテルはこれをスーチェクに決められて1-1とされ、前半を終えた。

迎えた後半、前がかるインテルは55分にブロゾビッチがミドルシュートでゴールに迫ると、65分にはルカクのヘディングシュートがバーを直撃する。さらに68分、ブロゾビッチのボレーシュートもバーに直撃し、運にも恵まれない。

そして73分にはピンチを迎えたが、マソプストとの一対一をGKハンダノビッチが止めてみせた。78分にはL・マルティネスがディフェンスライン裏に抜け出してGKと一対一に。しかし、シュートを外し決めきれない。

嫌な流れとなっていたが、終盤の81分についに勝ち越した。ラザロのフイードに抜け出したルカクが飛び出してきたGKもかわして無人のゴールに蹴り込んだ。

さらに88分、右サイドに流れたルカクの左足アウトでの絶妙なクロスをL・マルティネスがボレーで決めたインテルが3-0として勝負あり。勝ち点を7に伸ばしたインテルは最終節、バルセロナに勝利すればドルトムントの結果に関係なく決勝トーナメント進出を決められる状況となった。

【サッカー】UEFA-CL第5節 リバプール×ナポリ、ゲンク×ザルツブルク、バルセロナ×ドルトムント、など結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1574891972/

1: 久太郎 ★ 2019/11/28(木) 06:59:32.80 ID:51nNQWAk9.net

グループE
リバプール 1−1 ナポリ
[得点者]
ドリース・メルテンス(前半21分)ナポリ
デヤン・ロヴレン  (後半20分)リバプール
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083138


ゲンク 1−4 ザルツブルク 
[得点者]
パトソン・ダカ         (前半43分)ザルツブルク
南野拓実            (前半45分)ザルツブルク
ファン・ヒチャン        (後半24分)ザルツブルク
アーリング・ブラウト・ハーランド(後半42分)ザルツブルク
ムバワナ・サマッタ       (後半40分)ゲンク
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083139

※伊東純也は後半34分までの出場
 南野拓実は後半44分までの出場


グループF
バルセロナ 3−1 ドルトムント
[得点者]
ルイス・スアレス     (前半29分)バルセロナ
リオネル・メッシ     (前半33分)バルセロナ
アントワーヌ・グリーズマン(後半22分)バルセロナ
ジェイドン・サンチョ   (後半32分)ドルトムント
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083150


スラヴィア・プラハ 1−3 インテル
[得点者]
ラウタロ・マルティネス(前半19分)インテル
トマシュ・ソウチェク (前半37分)プラハ
ロメル・ルカク    (後半36分)インテル
ラウタロ・マルティネス(後半43分)インテル
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083151


グループG
ゼニト 2−0 リヨン
[得点者]
アルテム・ジューバ (前半42分)ゼニト
マゴメド・オズドエフ(後半39分)ゼニト
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083162


ライプツィヒ 2−2 ベンフィカ
[得点者]
ルイス・フェルナンデス(前半20分)ベンフィカ
カルロス・ヴィニシウス(後半14分)ベンフィカ
エミル・フォルスベルグ(後半45分)ライプツィヒ
エミル・フォルスベルグ(後半51分)ライプツィヒ
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083165

グループH
バレンシア 2−2 チェルシー
[得点者]
カルロス・ソレル     (前半40分)バレンシア
マテオ・コヴァチッチ   (前半41分)チェルシー
クリスティアン・プリシッチ(後半05分)チェルシー
ダニエル・ヴァス     (後半37分)バレンシア
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083078


リール 0−2 アヤックス
[得点者]
ハキム・ジエク   (前半02分)アヤックス
クインシー・プロメス(後半14分)アヤックス
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083079


CL順位表
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/uefa/standings/41

CL第5節結果
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/schedule/41/5/group



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:02 | 大阪 ☔ | Comment(11) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ASローマ、ゴールドマン・サックス社が買収か?イタリア紙報道

【サッカー】セリエAの名門ローマ、「ゴールドマン・サックス」による買収話をイタリア紙が報道
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1574860939/
ASローマサポ.jpg
1: 伝説の田中c ★ 2019/11/27(水) 22:22:19.71 ID:HC7FBhD89.net

 イタリアの名門ローマに、オーナー交代話が浮上している。イタリア紙「イル・メッサジェーロ」が、米金融企業「ゴールドマン・サックス」による買収計画の書類を入手したと報じている。

 ローマは2012年からイタリア系アメリカ人の実業家ジェームズ・パロッタ氏が会長を務めている。とはいえ、セリエAの名門クラブのなかで資金力が特別に秀でているというわけではなく、ボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチ(ユベントス)の売却など主力の放出でサポーターからの反発を買った時期もあった。

 それでも、ローマはイタリアの首都でありクラブとしても名門なのは間違いない。そのローマを世界的な金融企業でもあるゴールドマン・サックスが買い取る計画があるという。同紙では、4ページにわたる資料を入手したとして、概要のトップには「象徴的なイタリアのサッカーチームを所有および管理する」と、明記されていることを報じた。

 そのなかには、「過去5年間で年間成長率が10%以上と評価されている」ことや、ローマ市で建設計画のある新スタジアムについて「ヨーロッパ最大のスポーツおよびエンターテイメント複合施設の建設が予定されており、新たな収益の可能性を解き放つ」ということなど、収益性が十分に期待できることが記されている。

 また、「ローマの世界的規模と観光産業はクラブのブランドに理想的なマーケットを提供する」と、世界的に伝統ある観光都市のクラブであることも大きな要因になった模様だ。

 セリエAでは、ACミランの経営陣に米ファンド「エリオット・マネジメント」が入り、フィオレンティーナも今季からオーナーが米放送ネットワーク企業「メディアコム」の創業者であるロッコ・コミッソ氏に代わるなど、アメリカからの資本流入が一つのトレンドになっている。

 世界的な金融企業が保有するとなれば、ローマが資金力を高めるのは必然の流れになる。元日本代表MF中田英寿が所属した2000-01シーズンを最後にリーグ優勝から遠ざかる名門ローマは、欧州のなかでも存在感を強める可能性がありそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191121-00230385-soccermzw-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☁ | Comment(15) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプール、ロヴレン同点ヘッド弾で追い付きナポリと1-1ドロー!決勝T進出確定は最終節に持ち越し CL第5節(関連まとめ)

リヴァプールとナポリの直接対決は引き分け…突破は決まらず最終節に持ち越し
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191128-01003153-soccerk-socc
ロブレン2019CL第5節ゴール.jpg

 チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第5節が27日に行われ、リヴァプールとナポリが対戦した。

 試合は21分にナポリが先手を取った。右サイドのジョバンニ・ディ・ロレンツォが前線へロングボールを送ると、ドリース・メルテンスが完全に抜け出し、ペナルティエリア右で冷静にGKの位置を見て、右足シュートをゴール左隅に突き刺した。オフサイドが疑われて、VARの対象にもなったが、得点は認められた。

 だが、1点ビハインドで折り返したリヴァプールは65分、右CKでジェームズ・ミルナーが中央へボールを送ると、ファーのデヤン・ロヴレンがヘディングシュートをゴール左隅に沈めて同点に追いついた。これもファールが疑われたが、VARの結果、ゴールとなった。

 試合はこのまま終了。両チームが1ポイントを分け合って、首位のリヴァプールは勝ち点「10」、2位のナポリは同「9」となった。3位のザルツブルクはヘンクに勝利して同「7」に伸ばしたため、3チームが突破の可能性を残して最終節を迎えることとなった。

 次節は12月10日に行われ、リヴァプールはアウェイで日本代表FW南野拓実とMF奥川雅也が所属するザルツブルクと、ナポリはホームで同代表MF伊東純也が所属するヘンクと対戦する。

【スコア】
リヴァプール 1−1 ナポリ

【得点者】
0−1 21分 ドリース・メルテンス(ナポリ)
1−1 65分 デヤン・ロヴレン(リヴァプール)

〓〓 Liverpool FC 〓〓 1154 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1574786970/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:00 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【南野最高や!】南野拓実、鮮烈ゴールでCL2得点目!3得点に絡む活躍!ザルツブルクは伊東先発のゲンクに4-1大勝!CL決勝T進出に望み残す CL第5節(関連まとめ)

南野欧州CL2得点目 3点絡み1次突破へ望み残す
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191128-11280063-nksports-socc
南野2019CL第5節ゴール02.jpg

<欧州チャンピオンズリーグ:ゲンク1−4ザルツブルク>◇1次リーグE組◇27日◇ゲンク

MF南野拓実が欧州CL通算2得点目を挙げ、ザルツブルク(オーストリア)がFW伊東純也が所属するゲンク(ベルギー)に4−1で快勝し、決勝トーナメント自力進出へ望みをつないだ。

5試合連続で先発した南野は前半43分、相手右サイドで先発していた伊東と相手陣で交錯。伊東が南野の左足を蹴ったとしてファウルとなり、好位置でのFKを獲得した。これをMFソボスライが右足で狙い壁にはね返されたボールを再び左足シュート。GK正面となったが、GKが両手ではじき落としたところへ素早く詰めたFWダカが押し込み、ザルツブルクが先制に成功した。

直後の同45分には自陣左サイドで伊東のパスをカットしたカウンターからDFウルマーがドリブルで駆け上がり、クロス。これは相手にはじかれたがこぼれ球を拾ったMFムウェプが、ペナルティーエリア右へ開いてフリーとなった南野へラストパス。南野は右足トラップで前を向くと右足を一閃。ボールは相手DF2人の間を抜けファーのサイドネットを揺らし、10月1日リバプール戦以来の2得点目となった。

後半24分にも伊東のパスミスを奪ったカウンターから南野が左サイドをドリブルで駆け上がりスペースへボールを出すと、走り込んだFWハーランドがクロス。これにFWファン・ヒチャンが走り込んで3点目を奪った。

後半40分にこぼれ球をFWサマッタに押し込まれたが、同42分にハーランドが5試合連続弾を決めて突き放した。

南野は後半44分に退いた。ザルツブルクMF奥川雅也は同35分から出場。伊東は同34分に退いた。

ザルツブルクは勝ち点7で3位だが、最終戦のホームでのリバプール(イングランド)戦へ自力突破の可能性を残した。すでに敗退が決まっていたゲンクは勝ち点1で3位の可能性も消えた。

【スコア】
ヘンク 1−4 ザルツブルク

【得点者】
0−1 43分 パトソン・ダカ(ザルツブルク)
0−2 45分 南野拓実(ザルツブルク)
0−3 69分 ファン・ヒチャン(ザルツブルク)
1−3 85分 ムブワナ・サマッタ(ヘンク)
1−4 87分 アーリング・ハーランド(ザルツブルク)

※リバプール 1−1 ナポリ

勝ち点、得失点差、直接対決の成績は下記のリンク先で確認してください
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/uefa/group/41/5


※タイトルと前文変更しました


【サッカー】UEFA-CL第5節 リバプール×ナポリ、ゲンク×ザルツブルク、バルセロナ×ドルトムント、など結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1574891972/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:41 | 大阪 ☔ | Comment(20) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(24時間)

    人気記事ランキング(昨日)

      人気記事ランキング(先週)