アンテナ・まとめ RSS

【動画有】元日本代表DF中澤佑二さん「ガキの使いやあらへんで」で葛城ユキ「ボヘミアン」を口ぱくで熱演(関連まとめ)

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!【好評!夜の口パクヒットスタジオ第6弾】
https://datazoo.jp/tv/%25E3%2583%2580%25E3%2582%25A6%25E3%2583%25B3%25E3%2582%25BF%25E3%2582%25A6%25E3%2583%25B3%25E3%2581%25AE%25E3%2582%25AC%25E3%2582%25AD%25E3%2581%25AE%25E4%25BD%25BF%25E3%2581%2584%25E3%2582%2584%25E3%2581%2582%25E3%2582%2589%25E3%2581%25B8%25E3%2582%2593%25E3%2581%25A7%25EF%25BC%2581%25EF%25BC%2581/1318420
中澤ボヘミアン.jpg


中澤佑二 ボヘミアン/葛城ユキ(1983年)
中澤佑二が葛城ユキ「ボヘミアン」を口ぱくで披露した。





移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12478
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1575201307/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:18 | 大阪 ☁ | Comment(8) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プレミア最下位ワトフォード、キケ・フローレス監督の解任発表!今季2度目の監督交代 後任は未定

ワトフォード、フローレス監督解任を発表! 9月の就任から10試合でわずか1勝…
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191201-00365356-usoccer-socc
キケ・フローレス監督ワトフォード.jpg

ワトフォードは12月1日、キケ・サンチェス・フローレス監督(54)を解任したことを発表した。

フローレス監督は今年9月、ハビ・グラシア前監督の後釜として就任。開幕4戦未勝利の前任に代わりチームの再建を託されたが、第5節から直近の第14節までの成績は1勝4分け5敗と、10試合でわずか1勝にとどまっていた。

2015年6月からプレミアリーグに昇格したばかりだったワトフォードの監督を務めていたことがある同監督は、これでホーネッツ2度目の解任の憂き目に。クラブは公式サイトで「キケは素晴らしい誠実さを備えた人物で、どれだけポジティブな影響をチームに与えたかは明らかだった。しかし、我々は最終的に今回の決定を下す」と声明を発表している。

なお、後任に関しては直ちに発表されるとのことだが、それ以上のコメントは避けている。

【中下位専用】ENGLAND Premier League 26
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1570807985/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:06 | 大阪 ☁ | Comment(0) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浅野拓磨、公式戦2試合連続ゴール!今季4得点目!パルチザンのリーグ4連勝に貢献

【サッカー】パルチザン浅野拓磨が2試合連続ゴール!…先制弾でリーグ4連勝に貢献
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1575216362/
浅野パルチザン.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/02(月) 01:06:02.28 ID:fJTmmHWT9.net

パルチザンに所属する日本代表FW浅野拓磨が、12月1日に行われたセルビア・スーペルリーガ第18節のマチュヴァ・シャバツ戦で、今シーズンのリーグ戦2点目を決めた。

先発出場した浅野は16分、ウマル・サディクのシュートが相手GKに阻まれると、こぼれ球を押し込んで先制ゴールを決めた。試合はその後、70分にスロボダン・ウロシェビッチが追加点を決めて、パルチザンが2−0で勝利。敵地で完封勝利を収めて、リーグ戦4連勝を飾った。

今夏にパルチザンに移籍した浅野は、8月8日に行われたヨーロッパリーグ(EL)予選3回戦ファーストレグのイェニ・マラティヤスポル戦で移籍後初出場を果たすと、いきなり初ゴールを決めて鮮烈デビュー。その後は得点から遠ざかっていたが、25歳の誕生日の11月10日に行われた第15節のインジヤ戦で自ら得たPKを決めて、バースデーゴールでリーグ初得点を記録した。

さらに11月28日に行われたELグループステージ第5節のAZ戦では得意の抜け出しから鮮やかな先制ゴールを決めて、EL本戦初得点をマーク。中2日で行われた今節マチュヴァ・シャバツ戦では、公式戦2試合連続で今シーズン4点目を決めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191202-01004661-soccerk-socc
12/2(月) 0:54配信



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:09 | 大阪 ☁ | Comment(2) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元日本代表MF明神智和(41)、現役引退を表明!トルシエ・ジャパンで活躍 G大阪のACL優勝やJ1優勝に貢献(関連まとめ)

【サッカー】元日本代表MF明神智和 41歳で現役引退
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1575265211/
明神長野手を振る.jpg
1: 牛丼 ★ 2019/12/02(月) 14:40:11.78 ID:vDWXZFpw9.net

J3のAC長野パルセイロは2日、同クラブに所属する元日本代表MF明神智和が2019シーズン限りで現役を引退することを発表した。

 明神は1978年1月24日生まれの41歳。柏レイソルユースから1996年にトップチームに昇格し、クラブ初タイトルとなった1999年ナビスコカップ優勝などに貢献した。

 2006年に移籍したガンバ大阪では2008年AFCチャンピオンズリーグ(ACL)優勝や2014年J1優勝などのタイトルを獲得し、キャプテンも務めた。2016年は名古屋グランパスでプレーし、翌2017年から長野に在籍している。

 J1での通算497試合出場は歴代9位。J2とJ3を含めてリーグ戦通算555試合(26得点)、公式戦合計723試合(33得点)に出場している。

 U-23日本代表として2000年シドニー五輪にも出場し、同年には日本代表にもデビュー。2000年アジアカップ優勝や2002年日韓ワールドカップ決勝トーナメント進出などに貢献し、通算26試合出場3得点を記録した。

「チームからは来年も選手契約のお話をいただいたのですが、プロサッカー選手として求められるものに応えられないと感じ、引退という決断に至りました」と明神はクラブを通してコメント。「たくさんの出会いに恵まれ、多くの方々に支えられてここまで現役を続けることが出来ました。本当にありがとうございました」と感謝の思いを述べている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191202-00350874-footballc-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(3) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長友佑都、チームを救う同点ゴール!今季初得点でガラタサライの1-1ドローに貢献

【サッカー】長友佑都、先発復帰で今季初ゴール!ガラタサライは土壇場の得点でドローに持ち込む
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1575231470/
長友2019初ゴール.jpg
1: ぜかきゆ ★ 2019/12/02(月) 05:17:50.63 ID:E2CfHzxs9.net

【トラブゾンスポル 1-1 ガラタサライ スュペル・リグ第13節】

 トルコ・スュペル・リグ第13節、トラブゾンスポル対ガラタサライが現地時間1日に行われた。試合は1-1のドローに終わった。

 ガラタサライに所属する日本代表DF長友佑都は左サイドバックで先発フル出場。2試合連続の出場となった。長友は守備で奮闘し、試合終了間際に同点ゴールを決めた。

 両チームともにゴール前まで攻め込み、チャンスはあるものの中々ゴールを奪うことができず。前半は0-0で折り返す。

 均衡が破れたのは50分、ペナルティエリア手前の左でトラブゾンスポルがFKを得ると、ソサのキックにセルロートが頭で合わせ、ゴールネットを揺らした。

 同点に追いつきたいガラタサライは84分、モルが右サイドでボールを受け、ペナルティエリア内に侵入。エリア内で相手に倒されるも、笛は鳴らずゴールキックの判定となった。

 このまま終わるかと思われた90分、左からのクロスにビュユクが中央でボールをキープ。するとボールが溢れ、攻め上がっていたペナルティエリア左の長友のもとへ。長友はダイレクトでボールを蹴り込み、ゴールに突き刺した。長友の今季初ゴールでガラタサライが土壇場で同点に追いついた。

 試合はこのまま終了し、1-1のドローに終わった。ドローに持ち込んだガラタサライだったが、2試合勝利がない。

【得点者】
50分 1-0 セルロート(トラブゾンスポル)
90分 1-1 長友佑都(ガラタサライ)

フットボールチャンネル編集部 12/2(月) 3:04配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191202-00350787-footballc-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マンU、リンデロフ今季初ゴールで一時逆転もアストンビラと2-2ドロー…リーグ戦2試合連続でドロー(関連まとめ)

マンU、リーグ戦2試合連続ドロー。リード守りきれずアストン・ビラに2-2
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191202-00350780-footballc-socc
リンデロフ2019第14節ヘッド.jpg


【マンチェスター・ユナイテッド 2-2 アストン・ビラ プレミアリーグ第14節】
 
 イングランド・プレミアリーグ第14節、マンチェスター・ユナイテッド対アストン・ビラが現地時間1日に行われた。試合は2-2の引き分けに終わった。

 試合は開始11分、ホームのユナイテッドがいきなり失点してしまう。左サイドでボールを受けたアストン・ビラのグリーリッシュがペナルティーボックスに入り込み右足でシュート、GKデ・ヘアは一歩も動けずボールはゴール右上に決まりユナイテッドはリードを許す。

 ユナイテッドも22分にマルシャルがペナルティーエリア内でシュートを打つもGKヒートンの好セーブにあい同点とはならず。逆に29分にはピンチを迎えアストン・ビラのトレゼゲに決められたかと思われたが、その前にオフサイドがあったとVARの検証結果の末に判定され、ゴールは取り消される。

 そのまま試合は進み42分、右サイドでボールを受けたペレイラがアーリークロスを入れるとファーサイドでラッシュフォードがヘディングシュート、GKが触るもボールはそのままゴールイン、記録はオウンゴールとなり1-1でハーフタイムへ。

 後半最初のシュートチャンスはユナイテッド、51分にマルシャルがドリブルからゴールを狙うもブロックされ得点とはならず。その後も優勢に試合を進めるユナイテッドは64分、右ショートコーナーキックからアストン・ビラの選手がクリアしきれず流れたボールをファーサイドのリンデレフが頭で決め逆転に成功する。

 リードしたユナイテッドだったが2分後にショートコーナーから最後はミングスにゴールを決められ直ぐに同点に追いつかれてしまう。

 勝ち越しゴールが欲しいユナイテッドはリンガード、ショーそしてグリーンウッドを立て続けに投入するも流れを変えるまでには至らず。試合はこのまま終了、ユナイテッドは前節のシェフィールド・ユナイテッド戦に続き2節連続で引き分けに終わった。

【得点者】
11分 0-1 グリーリッシュ(アストン・ビラ)
42分 1-1 オウンゴール(マンチェスター・ユナイテッド)
64分 2-1 リンデレフ(マンチェスター・ユナイテッド)
66分 2-2 ミングス(アストン・ビラ)

† Red Devils Manchester United 1408 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1575019184/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 18:00 | 大阪 ☁ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アーセナル、降格圏ノリッジと2-2ドロー!オバメヤン2発で追い付く ユングベリ暫定監督初戦を飾れず

アーセナル、ユングベリ暫定監督の初陣を飾れず。オーバメヤン2発もノリッジに2-2ドロー
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191202-00350768-footballc-socc
オバメヤン2019第14節ゴール.jpg

【ノリッジ・シティ 2-2 アーセナル プレミアリーグ第14節】

 イングランド・プレミアリーグ第14節、ノリッジ・シティ対アーセナルが現地時間1日に行われた。試合は2-2のドローに終わった。

 ウナイ・エメリ監督が解任され、フレドリク・ユングベリ暫定監督の初陣となったアーセナルは、オーバメヤン、ラカゼット、エジル、ジャカらが先発入りとなった。

 先制したのはホームのノリッジ。21分、カウンターからマクリーンのパスにプッキが反応し、ペナルティエリア手前の中央から反転して右足を振り抜くと、相手に当たりゴールに吸い込まれた。

 だが、すぐにアーセナルが同点のチャンスを作る。相手のハンドでPKを奪う。だが、オーバメヤンのPKはクルルに止められてしまう。しかし、VARの判定でオーバメヤンが蹴る前にノリッジの選手がペナルティエリア内に入ってしまい、もう一度やり直し。今度はオーバメヤンがしっかりPKを決め、アーセナルは同点に追いついた。

 逆転を決めたいアーセナルだったが、逆に勝ち越しを許してしまう。前半AT、左サイドを抜け出したエルナンデスが中央にマイナスのパス。これをキャントウェルがダイレクトで合わせ、ゴールネットを揺らした。

 しかし、またもアーセナルが同点に追いつく。57分、右コーナーキックからムスタフィが合わせるも相手DFに阻まれる。だが、こぼれ球をファーサイドで待っていたオーバメヤンがゴールに突き刺した。

 その後も攻めるアーセナルだったが、追加点を奪えず。結局試合はこのまま終了し、2-2のドローに終わった。

【得点者】
21分 1-0 プッキ(ノリッジ・シティ)
29分 1-1 オーバメヤン(アーセナル)
45+2分 2-1 キャントウェル(ノリッジ・シティ)
57分 2-2 オーバメヤン(アーセナル)

【Gunners】 Arsenal F.C.【part1444】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1575214798/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元日本代表DF栗原勇蔵、現役引退を表明!マリノス一筋18年「世界一の幸せ者」(関連まとめ)

元日本代表DF栗原勇蔵が今季現役引退!横浜FM一筋のキャリアに幕
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191202-00010015-goal-socc
栗原2019マリノス.jpg

中学年代から横浜FM一筋
横浜F・マリノスは2日、元日本代表DF栗原勇蔵(36)が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。なお、7日に日産スタジアムで行われる最終節FC東京戦後、ピッチ中央で引退セレモニーが実施される。

栗原はジュニアユース年代から横浜FMの育成組織に所属し、プロ昇格以降も同クラブ一筋でプレー。トップチームでの18年間では、2003年にリーグ年間優勝、2013年に天皇杯優勝に貢献している。また、日本代表としても20キャップを刻んだ。通算では、これまで明治安田生命J1リーグ316試合に出場して16ゴールを記録している。

栗原は、クラブ公式サイトを通じて「今シーズン限りで引退する事を決断しました。プロ生活をひとつのクラブで全うし、チームメイト、チーム関係者、ファン・サポーターの方々と、18年間苦楽を共に出来た事を誇りに思っています」と報告し、以下のように続けた。

「F・マリノスでは、サッカー選手としてはもちろん、人間としても成長させてもらいました。18年の間に、選手としてチームに貢献できた部分もあると思いますが、足りない分はこれから返していければと思っています」

「7日のセレモニーで自分の思いを改めてお話させていただきます。本当に幸せな時間をありがとうございました!」

「世界一の幸せ者より」

今シーズン、最終節を前にして首位につける横浜FM。2位・FC東京との直接対決で4点差以上の敗北を喫しなければ優勝できる状況だが、キャリアのすべてをクラブに捧げた功労者を良い形で送ることはできるのだろうか。

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12478
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1575201307/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 ☔ | Comment(4) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AZ菅原由勢、地を這うミドルで決勝ゴール!今季2得点目でVVVフェンロ戦1-0勝利に貢献(関連まとめ)

【サッカー】菅原由勢、強烈ミドルで今季2得点目!AZはVVVフェンロに1-0勝利で5連勝
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1575231351/
菅原2019第15節ゴール.jpg
1: ぜかきゆ ★ 2019/12/02(月) 05:15:51.01 ID:E2CfHzxs9.net

【AZ 1-0 VVVフェンロ オランダ・エールディビジ第15節】

 オランダ・エールディビジ第15節、AZ対VVVフェンロが現地時間1日に行われた。試合はホームのAZが1-0で勝利を収めた。

 AZに所属するU-22日本代表DF菅原由勢は右ウィングで先発出場。3試合ぶりの先発復帰となった。菅原は攻守で積極的な姿勢を見せ、前半に決勝点となるゴールを奪った。菅原は88分までプレーした。

 35分、右サイドでボールを受けた菅原は中央にグラウンダーのクロスを供給。これはファーサイドまで流れるも、ボアドゥの股を抜けてしまい触ることができなかった。さらに38分、ステングスからのボールからペナルティエリア右に抜け出した菅原はエリア内で倒されるも笛はならなかった。

 積極的な姿勢を見せていた菅原が魅せる。39分、ペナルティエリア手前の右でスヴェンソンからのボールを受けた菅原は、ワントラップから右足を振り抜く。すると低い弾道の強烈なシュートは、ゴール左に突き刺さった。

 その後、VVVフェンロゴールを脅かすAZだったが、追加点を奪うことはできなかった。VVVフェンロもAZを崩すことができず、同点ゴールを奪うことができない。結局、試合はこのまま終了し、AZが1-0の勝利を収めた。勝利したAZはこれで5連勝となっている。

【得点者】
39分 1-0 菅原由勢(AZ)

フットボールチャンネル編集部 12/2(月) 2:36配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191202-00350781-footballc-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☔ | Comment(6) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冨安健洋、ナポリ相手に右SBで攻守に奮闘!インシーニェとのマッチアップで魅せる!ボローニャの2-1逆転勝利に貢献(関連まとめ)

【サッカー】冨安健洋は右SBフル出場で貢献!…ボローニャ、ナポリに逆転勝利で5戦ぶり白星
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1575231594/
冨安2019第14節ハイタッチ.jpg
1: ぜかきゆ ★ 2019/12/02(月) 05:19:54.51 ID:E2CfHzxs9.net

 セリエA第14節が12月1日に行われ、ナポリと日本代表DF冨安健洋が所属するボローニャが対戦した。冨安は2試合連続でスタメン入りし、右サイドバックでフル出場した。

 試合は41分、ホームのナポリが先制した。ロレンツォ・インシーニェがペナルティエリア前右からミドルシュートを放つと、GKに弾かれたボールをフェルナンド・ジョレンテが押し込んで先制点を挙げた。

 だが、1点ビハインドで折り返したボローニャは58分、冨安が右サイドからパス交換で攻め上がり、最後はエリア左のニコラ・サンソーネがクロスを送ると、DFのクリアでファーに流れたボールをアンドレアス・スコフ・オルセンがダイレクトで押し込み、同点に追いついた。さらに80分には、ブレリム・ジェマイリからのパスでサンソーネがエリア内に抜け出して、冷静に右足シュートを沈めて逆転に成功した。

 ナポリは後半アディショナルタイム4分、カリドゥ・クリバリからのロングパスをジョレンテがエリア中央で胸トラップから左足で流し込むが、VARの判定により、オフサイドでノーゴールとなった。試合はこのままタイムアップ。ボローニャが難敵ナポリに逆転勝利を収め、リーグ戦5試合ぶりの白星を飾った。

 次節、ボローニャは8日にホームでミランと、ナポリは7日にアウェイでウディネーゼと対戦する。

【スコア】
ナポリ 1−2 ボローニャ

【得点者】
1−0 41分 フェルナンド・ジョレンテ(ナポリ)
1−1 58分 アンドレアス・スコフ・オルセン(ボローニャ)
1−2 80分 ニコラ・サンソーネ(ボローニャ)

SOCCER KING 12/2(月) 4:47配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191202-01004683-soccerk-socc


冨安健洋、イタリア代表FWインシーニェとのマッチアップで魅せる! ボローニャも強敵ナポリに逆転勝ち
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191202-00067338-sdigestw-socc

6戦未勝利となったナポリにはティフォージから怒号が…
 現地時間12月1日に行なわれたセリエAの第14節で、15位のボローニャは、7位のナポリと敵地で激突した。

 前節のパルマ戦で、左ハムストリングの怪我からおよそ1か月半ぶりに戦線へ復帰していたボローニャの冨安健洋は、今シーズンから抜擢されている右サイドバックで2試合連続スタメン出場を果たした。

 試合は、序盤からボールを支配しにかかるナポリに対し、ボローニャが積極果敢にフォアチェックを仕掛けるアグレッシブな展開で進行する。

 次第にホームチームのペースとなる中で、冨安は、対面に位置するイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェをカバーしながら、前線を活性化させる攻撃参加を求められるタスクを難なくこなす。

 守備では、ナポリの起点となる相手エースの仕掛けを絶妙な間合いで見事に食い止める堅実さを披露した冨安は、32分には右サイドを攻め上がってから絶妙なクロスで、ジェマイリの決定機を演出した。

 35分以降、ワンサイドゲームを展開して、ボローニャを押し込んだナポリは、前半終了間際にようやく均衡を破る。41分、左サイドに開いたインシーニェが放ったミドルシュートを相手GKが弾いたところをジョレンテが詰めた。

 その後は危なげなく時間を消化したナポリは1-0とリードして前半を終えた。

 迎えた後半は、1点のビハインドを追って、攻勢を強めたボローニャが、立ち上がりにナポリの堅牢を打ち崩す。58分、ハーフタイムにピッチに入っていたスコフ・オルセンが、相手CBクリバリのクリアボールをダイレクトでねじ込んだ

 タイスコアに戻されたナポリは、65分には起爆剤となるメルテンスを投入して、チームを活性化させる。そのベルギー代表MFも期待に応え、66分には惜しいミドルシュートを、さらに77分にはエリア内で狙いすました一撃を見舞ったが、いずれもゴールネットを揺らすには至らない。

 チームが相手の攻勢に押し込まれる展開が続き、守備に追われるようになった冨安だが、前半と同様にマークについたインシーニェにも決定的な仕事をさせないクレバーな対応を披露した。

 刻一刻と時間が過ぎていくなかで、攻めるナポリと守るボローニャという構図で進行していくなかで、次点を奪ったのは、後者だった。80分、ジェマイリとの連携からエリア内に侵入したサンソーネが、冷静にシュートを決めたのだ。

 逆転に成功したボローニャは、残り時間を巧みに消化。一方のナポリは、再び相手を押し込んだが、決定機を生み出せず。後半アディショナルタイム4分には、ジョレンテがゴールネットを揺らしたが、VAR協議の末にノーゴールの判定となって万事休す。結局、試合は2-1でアウェーチームの勝利で終了した。

 先制しながらも追いつかれたホームチームは、セリエAでは第9節のスパル戦から6試合連続未勝利(4分け2敗)とスクデットが大きく遠のく結果に……。これにはスタンドのティフォージ(熱狂的なファン)から怒号の入り混じったブーイングが飛び交った。

 一方、冨安を中心にした堅守でナポリの猛攻を凌ぎ切り、貴重な3ポイントを拾ったボローニャは、順位を12位に浮上させている。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:36 | 大阪 ☔ | Comment(24) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久保建英、スペイン紙で両チーム最高タイの評価!「チームをリードした」(関連まとめ)

【サッカー】<久保建英(マジョルカ)>ベティス戦フル出場!スペイン紙の評価上々...地元紙採点は両チーム最高タイの評価
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1575191114/
久保建英2019第15節02.jpg

1: Egg ★ 2019/12/01(日) 18:05:14.66 ID:1KtatoG99.net

スペイン1部マジョルカの久保建英は30日、リーグ第15節ベティス戦にフル出場。チームは1−2で敗戦したものの数多くのチャンスを作り出した。地元紙での採点では両チーム最高タイの評価を得ている。

 試合は6分、33分とベティスに得点を許す展開に。ただ久保は14分に鋭い反転からのシュートを放つなど積極的な姿勢を見せる。マジョルカは後半に入って攻勢をかけて、6分にPKで1点差に詰め寄ると、15分、16分と立て続けに久保が左サイドを切り崩してラストパスを送り、決定機を作り出した。

 久保は40分にもドリブルから鋭いミドルシュートを放ったものの相手GKに阻まれ、同点ゴールを生み出すことはできなかった。しかし『マルカ』紙の採点では3つ星満点中2つ星。追い上げのPKを決めたラゴ・ジュニオール、相手のベティスを含めても最高点タイと、久保の働きは高く評価されている。

12/1(日) 15:04配信 東京中日スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191201-00010020-chuspo-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20191201-00010020-chuspo-000-2-view.jpg


3: Egg ★ 2019/12/01(日) 18:06:02.43 ID:1KtatoG99.net

久保建英が「チームをリード」スペイン紙の評価上々

<スペインリーグ:マジョルカ1−2ベティス>◇30日◇パルマ・デ・マヨルカ

マジョルカMF久保建英(18)は、1−2で敗れたホームでのベティス戦でフル出場した。敗戦も、多くのチャンスを演出。地元紙では「久保がベティスの支配を、きらめきにより中断された」と報じるなど、スペイン紙はどこも上々の評価を与えた。

【写真】左足で豪快にシュートを放つ久保建英

マルカ紙は試合翌日の紙面で、チームトップの2点(最高3点)をつけた。久保以外にチームで2点を与えられたのはダニ・ロドリゲス、フェバスと、後半から途中出場したラゴ・ジュニオルの3人のみ。マジョルカの攻撃について「(相手GK)ジョエルに止められた久保の2本のシュートと、フェバスのアクションが最も目立ったプレーだった」と、久保がチャンスを生み出したことを伝えた。

アス紙も、フェバス、ラゴ・ジュニオルと並び、チーム最高点の2点(最高3点)をつけた。久保のプレーについてはマルカ紙同様、前半の2本のシュートがジョエルにセーブされたことを強調した。また、久保がチームトップの枠内シュート数を記録したことも報じている。チーム全体の枠内シュート数は7本。その内訳は久保が3本、ラゴ・ジュニオルが2本、ライージョとフェバスが各1本となっている。一方、ベティスの枠内シュート数は3本で、久保1人と同数だった。

マジョルカの地元紙ディアリオ・デ・マジョルカ(電子版)は「久保とPKを決めたラゴの2人が、後半決定力不足を露呈したチームをリードした」と久保を含めた2人が攻撃の中心だったと伝えた。久保については「タケ・クボがベティスの支配を、きらめきにより中断された」と絶賛。チームの中で久保がベティスの脅威になったことを強調した。(高橋智行通信員)

12/1(日) 17:27配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191201-12010576-nksports-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 08:00 | 大阪 ☁ | Comment(4) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(24時間)

    人気記事ランキング(昨日)

      人気記事ランキング(先週)