アンテナ・まとめ RSS

横浜FM仲川輝人、Jリーグ最優秀選手賞を受賞!ベストイレブンはFC東京から最多6名、横浜FMから4名、神戸イニエスタが選出(関連まとめ)

今季のJリーグMVPは横浜・仲川に決定!得点王、ベストイレブンとトリプル初受賞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191208-00000277-spnannex-socc
2019Jリーグベスト11.jpg

Jリーグの年間表彰式「2019Jリーグアウォーズ」が8日、東京都内のホテルで行われ、最優秀選手賞(MVP)には前日7日に15年ぶり4度目の優勝を果たした横浜で15得点をマークして得点王に輝いたFW仲川輝人(27)が選ばれた。

 得点王とMVPのダブル受賞は2017年のFW小林悠(川崎F)以来2年ぶり7人目。横浜からのMVP選出は2000年のMF中村俊輔、2004年のDF中沢佑二、2013年のMF中村俊輔以来6年ぶり、のべ4人目。同一クラブからMVP選手が4度選出されるのは磐田と並んで1位タイとなった。なお、仲川には正賞としてブック型楯と賞金200万円、副賞として明治安田生命からトロフィー、DAZNから100万円相当の旅行プランが贈られる。

 また、優秀選手賞33人の中から選ばれたベストイレブンは3年ぶり5度目の受賞となったDF森重真人(32=FC東京)を除く10人が初受賞というフレッシュなメンバー。優勝した横浜から4人、2位のFC東京からは最多の6人が選出され、残る1人に選ばれた元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(35=神戸)はスペイン国籍選手として初の受賞となった。ベストヤングプレーヤー賞には川崎FのMF田中碧(21)が選出されている。

 主な各賞の受賞者は以下の通り。

 ▽最優秀選手賞 仲川輝人(横浜)初

 ▽ベストイレブン GK林彰洋(FC東京)初、DF室屋成(FC東京)初、DF森重真人(FC東京)5度目、DFチアゴ・マルチンス(横浜)初、MF橋本拳人(FC東京)初、MF喜田拓也(横浜)初、MFアンドレス・イニエスタ(神戸)初、FWディエゴ・オリヴェイラ(FC東京)初、FW永井謙佑(FC東京)初、FW仲川輝人(横浜)初、FWマルコス・ジュニオール(横浜)初

 ▽得点王(15得点) 仲川輝人(横浜)初、マルコス・ジュニオール(横浜)初

 ▽ベストヤングプレーヤー賞 田中碧(川崎F)

 ▽フェアプレー賞高円宮杯 FC東京 初

 ▽優勝監督賞 アンジェ・ポステコグルー(横浜)初、ネルシーニョ(J2柏)初、小林伸二(J3北九州)初

 ▽優秀監督賞 片野坂知宏(大分)初、下平隆宏(J2横浜FC)初、石崎信弘(J3藤枝)初

 ▽最優秀主審賞 西村雄一 10度目

 ▽最優秀副審賞 越智新次 初

 ▽最優秀育成クラブ賞 J2京都

 ▽最優秀ゴール賞 ダビド・ビジャ(神戸)初

 ▽功労選手賞 小笠原満男、川口能活、中沢佑二、楢崎正剛、播戸竜二、巻誠一郎、森崎和幸、アレックス

【サッカー】<Jリーグアウォーズ>得点王の横浜M仲川輝人が初のMVP!ベストイレブンは初受賞10人、F東京から最多6人
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1575802588/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 23:00 | 大阪 ☁ | Comment(8) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ザスパクサツ群馬、J2復帰が決定!J2鹿児島は1年でのJ3降格に(関連まとめ)

【サッカー】ザスパクサツ群馬のJ2復帰決定!J2自動降格圏の鹿児島は1年でJ3降格へ
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1575785652/
群馬2019最終節.jpg
1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/08(日) 15:14:12.00 ID:CkwtPpQC9.net

J3リーグ最終節が8日に行われ、順位が確定した。

 前節を終えて、ギラヴァンツ北九州のJ3優勝およびJ2昇格が決定。自動昇格圏の2位にザスパクサツ群馬が浮上し、同じ勝ち点60で3位に藤枝MYFC、勝ち点3差でロアッソ熊本が4位に位置していた。なお、藤枝は2020シーズンのJ2ライセンスを保有していないため、2位に入ってもJ2へ昇格はできない。

 2位争いに注目が集まる中、13時3分に一斉にキックオフ。群馬は敵地で福島ユナイテッドFCと対戦し、終盤に1点を返されたが、2-1で逃げ切った。王者・北九州をホームに迎えた藤枝は、後半アディショナルタイムにMF岩渕良太が決勝点を挙げ、1-0で劇的勝利をおさめた。逆に熊本は、後半アディショナルタイムに痛恨の失点を喫し、AC長野パルセイロに0-1で敗れた。

 この結果、3連勝で勝ち点63とした群馬が得失点差により2位が確定。2017年以来のJ2復帰が決定した。一方、J2で自動降格圏21位に終わった鹿児島ユナイテッドFCの1年でのJ3降格が決まった。

【順位表】
1.北九州(66)+24
2.群馬(63)+25
3.藤枝(63)+11
4.富山(58)+23
5.富山(57)+6

【J3最終節結果】
12月8日(日)
八戸 2-3 C大23 [ダイスタ]
岩手 1-1 讃岐 [いわスタ]
秋田 0-0 相模原 [ソユスタ]
福島 1-2 群馬 [とうスタ]
長野 1-0 熊本 [長野U]
藤枝 1-0 北九州 [藤枝サ]
沼津 0-3 富山 [愛鷹]
鳥取 0-3 YS横浜 [とりスタ]
F東23 5-1 G大23 [駒沢]

12/8(日) 15:05配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191208-43474936-gekisaka-socc


3: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/08(日) 15:15:11.16 ID:CkwtPpQC9.net





▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:00 | 大阪 ☀ | Comment(2) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

G大阪MF小野瀬康介、横浜FMが獲得オファー!FC東京も獲得に動く DF三浦弦太も移籍の可能性(関連まとめ)

【サッカー】G大阪 MF小野瀬が流出危機 横浜Mから獲得の打診 30試合7得点4アシスト
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1575757676/
小野瀬2019G.jpg

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/08(日) 07:27:56.61 ID:CkwtPpQC9.net

J1G大阪のMF小野瀬康介(26)が流出する可能性が7日、浮上した。複数の関係者によると、横浜Mなどから獲得の打診が届いているという。

昨夏にJ2山口から完全移籍で加入した小野瀬は今季30試合に出場。
右サイドを主戦場に鋭い突破力と得点力で存在感を発揮し、チーム2位タイの7得点を挙げた。

G大阪は来季以降も契約を残す小野瀬に対して慰留に努める。今季主戦を務めた右の翼も失うことになれば、編成の再考を迫られることになる。
また、9月に加入したスペイン人MFマルケル・スサエタ(31)は契約満了で退団が基本線となっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191208-00000014-dal-socc
12/8(日) 7:14配信

MF小野瀬 康介
フリガナオノセ コウスケ
背番号8
身長/体重176cm/65kg
生年月日1993年4月22日
出身地東京
血液型B
所属チーム名ミッキーSC-横浜FCJrユース-横浜FCユース-横浜FC-レノファ山口FC
主な経歴-


G大阪にW流出危機 三浦と小野瀬が移籍打診認める
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191208-12070846-nksports-socc

ガンバ大阪の日本代表DF三浦弦太(24)とMF小野瀬康介(26)が今オフ、流出危機にあることが7日、分かった。ともに他クラブから移籍の打診を受けたことを認めた。三浦は「評価はうれしいが、まだ代表があるので」と話すにとどめ、FC東京が獲得を目指す小野瀬は「そうやって声をかけられるのはうれしいこと」と正直に胸の内を明かした。

三浦は清水エスパルスから17年に移籍して日本代表に成長。この3年はすべて30試合以上に出場して、昨年からは主将マークを巻いて最終ラインを統率した。小野瀬は昨夏にJ2レノファ山口から移籍し、右サイドで抜群の攻撃センスを披露した。G大阪は今夏にFW食野、中村が欧州に移籍するなど主力が大量流出。今オフも2人が抜ければ非常事態になる。そのためにも、16年リオデジャネイロオリンピック(五輪)代表候補だった川崎フロンターレのDF奈良竜樹(26)の獲得を進めている。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☀ | Comment(6) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FC東京、マンCダビド・シルバ獲得に乗り出す!武藤嘉紀の復帰も要請!磐田FWアダイウトンの獲得にも興味(関連まとめ)

【サッカー】FC東京、元スペイン代表MFダビドシルバ獲得へ…既に接触し好感触
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1575754325/
ダビド・シルバ19-20.jpg

1: ぜかきゆ ★ 2019/12/08(日) 06:32:05.91 ID:a6o84BdO9.net

 F東京が、元スペイン代表MFダビドシルバ(33)=マンチェスターC=の獲得に乗り出していることが、7日分かった。関係者によると、既にシルバ側とは接触しており、好感触を得ている模様だ。

 F東京は前半戦首位に立ちながら夏にMF久保建英がスペインに移籍して以降、チャンスメーカー不在で2位に終わった。そこで今夏にクラブとの契約が切れ、母方が日系人で日本にルーツがある同選手に白羽の矢を立てた。

 スペイン代表として10年南アフリカW杯優勝に貢献した司令塔は、今季プレミアリーグで14試合出場3得点(6日現在)と活躍。来年1月に34歳となるが、衰える気配はない。年俸は700万ユーロ(8億4000万)前後の見込みで、神戸と札幌も獲得を目指しているが、日本なら東京を希望しているという情報もある。プレミアリーグが終了するのは5月中旬。既に代表は引退しており、獲得が実現すれば、早ければ6月中にも合流できる。

 また下部組織出身のニューカッスルFW武藤嘉紀(27)に復帰を要請していることも判明。今季はクラブで出場機会を失っており、今冬の移籍を検討。本人の希望は以前プレーしていたドイツを始め欧州だが、話がまとまらなければ、日本復帰を視野に入れる可能性がある。ほかにもJ2に降格する磐田FWアダイウトン(29)をリストアップしている。

スポーツ報知 12/8(日) 6:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191208-12080078-sph-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☀ | Comment(19) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

堂安律、先制ヘッド弾で今季3ゴール目!PSVの5-0大勝に貢献(関連まとめ)

【サッカー】堂安律、ヘディングで今季3点目。PSVが5得点大勝
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1575752465/
堂安2019第16節ゴール.jpg

1: ぜかきゆ ★ 2019/12/08(日) 06:01:05.34 ID:a6o84BdO9.net

【PSV 5-0 シッタート エールディビジ第16節】

 オランダ1部リーグ第16節のPSV対シッタートが現地時間7日に行われた。試合は5-0でホームのPSVが大勝している。PSVの堂安律はフル出場し、今季3点目を記録した。

 リーグ戦直近6試合で1勝と苦しんでいるPSVだが、この日は好スタートを切った。開始8分、ペナルティエリア左からの折り返しに堂安がヘディングで合わせて先制する。堂安にとっては今季3点目。PSVでは第8節ズヴォレ戦以来となる2ゴール目となっている。

 PSVは14位のシッタートを相手にその後も順調。前半さらに2点を加えて折り返すと、後半にも2ゴール。5-0の大勝を飾った。

【得点者】
8分 1-0 堂安律(PSV)
26分 2-0 マレン(PSV)
42分 3-0 ベルフワイン(PSV)
52分 4-0 イハッタレン(PSV)
84分 5-0 ガクポ(PSV)

フットボールチャンネル編集部 12/8(日) 5:46配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191208-00351796-footballc-socc


堂安がヘディングで先制弾!! 攻撃陣爆発のPSVは5発圧勝
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191208-43474913-gekisaka-socc

[12.7 エールディビジ第16節 PSV5-0シッタート]

 オランダ・エールディビジは7日、第16節を開催し、MF堂安律が所属するPSVがシッタートをホームに迎え、5-0で大勝した。フル出場した堂安は前半8分に先制点を記録している。

 試合開始早々の前半5分、細かいパスワークからPA内に侵入した堂安が滑り込みながら左足で流し込んだが、オフサイドの判定でゴールとはならず。しかし、わずか3分後の同8分に正真正銘のゴールを叩き込む。左サイドからFWスティーブン・ベルフワインが送ったクロスに反応すると、ヘディングで合わせてネットを揺らし、スコアを1-0とした。堂安の得点は第8節ズウォレ戦以来、8試合ぶりとなる今季3点目となった。

 さらに前半17分にはMFドニエル・マレンの浮き球のパスから堂安が強烈なボレーシュートを枠内に飛ばすも、これはGKアレクセイ・コセレフに阻まれてしまう。しかし、攻撃の手を緩めないPSVは前半26分にMFミハル・サディレクのクロスをマレンがヘディングで突き刺して2点目。さらに同42分にはベルフワインが、自身が得たPKをきっちりと沈めて、3点のリードを奪って前半を折り返す。

 3-0とリードしたまま後半を迎えてもPSVリズムは変わらず、後半7分にはFWモハメッド・イハッタレンがPKを沈めて4点目を記録。その後も圧倒的に攻め込むと、同39分にはマレンのグラウンダーのクロスをFWコーディ・ガクポが押し込んで5-0の完封勝利を収めた。

 他会場ではADOのホームに乗り込んだFW中村敬斗が所属するトゥエンテが0-0で引き分けた。先発出場した中村は後半36分までプレー。また、DF中山雄太とDFファン・ウェルメスケルケン・際が所属するズウォレとDF菅原由勢が所属するAZが対戦し、AZが3-0の完封勝利を収めた。際はフル出場、菅原は後半26分から出場し、中山の出場はなかった。

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:00 | 大阪 ☀ | Comment(4) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「久保の限界がどこにあるか、まだわからない」モレノ監督、バルサ戦の久保建英を絶賛!久保、バルサファンのブーイングに「彼らには権利がある」(関連まとめ)

【サッカー】<久保建英>バルサ帰還で存在感「僕はブーイングを浴びるに値している」マジョルカ指揮官が高評価「彼の限界がわからない」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1575774316/
久保2019第16節バルサ戦02.jpg

1: Egg ★ 2019/12/08(日) 12:05:16.58 ID:I3UB+h4c9.net

マジョルカを率いるビセンテ・モレノ監督が日本代表MF久保建英のパフォーマンスを称えた。スペイン『アス』が報じている。

 マジョルカは7日、リーガ・エスパニョーラ第16節でバルセロナの本拠地カンプ・ノウに乗り込み、2-5で敗れた。バルセロナ下部組織育ちの久保は、初凱旋試合で先発出場。レアル・マドリー行きを選択したことで古巣サポーターからブーイングを浴びたが、積極的にボールに絡むだけでなく、持ち前のテクニックでバルセロナの守備陣を脅かし、2ゴールの起点にもなって存在感を示した。

 チームは敗れたものの、モレノ監督は久保を高く評価。「彼は18歳だが、とても成熟しており、常にボールを求め、このステージでも委縮していない。彼は非常に明確なアイデアと多くの個性を持っている。この選手は限界がどこにあるのか、まだわからない」と更なる成長に期待を寄せた。

 また、ブーイングを浴びたことについては「彼と話していないけど、カンプ・ノウでプレーすることにとても興奮していた。彼は素晴らしい試合をしたと思うし、非常に満足していると思うよ」と語った。

12/8(日) 10:24配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191208-43474926-gekisaka-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20191208-43474926-gekisaka-000-1-view.jpg


2: Egg ★ 2019/12/08(日) 12:05:35.33 ID:I3UB+h4c9.net

スペイン1部マジョルカMF久保建英(18)が7日のバルセロナ戦でブーイングを浴びたことについて、試合後のフラッシュインタビューの中で持論を語った。スペイン紙マルカ(電子版)が8日に伝えている。

【写真】バルセロナ戦の前半、競り合うマジョルカの久保建

  ◇   ◇

久保は下部組織で4年間過ごした古巣バルセロナとの初対戦について「僕たちはいい形でスタートしたという印象を持っていたけれど、前半6分に自分たちのミスで先制点を許してしまった。あんなにも素晴らしいチーム相手に早々の失点すればとても難しいものになる」と残念がった。

個人面については「幸い90分間プレーすることができた。できる限りの全力を出したが十分ではなかった」と何か足りないものがあったことを明かした。

ボールを持つたびにスタンドからブーイングを浴びたことについては「あれは観衆の決断だ。僕は自分の決断を下したし、彼らには僕にブーイングする権利がある。僕はあれを受けるに値すると思っている。さらに僕に拍手を送ってくれた人たちもいたし、そのことは僕に力を与えてくれた」と語り、それがバルセロナからレアル・マドリードに移籍した結果であることを認めていた。

バルセロナとの対戦については「彼らはまずまずうまくやることができる18歳の少年としてではなく、ライバルとして見てくれた。そのことが嬉しいよ」と感想を述べた。

マジョルカがアウェーで一度も勝ち点を獲得していないことについては「僕たちは前節も今節も苦しんだ。そしてこの後、ポジティブなものを得られるように目指すことになるセルタとの試合を控えている」と返答した。(高橋智行通信員)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191208-12080223-nksports-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:21 | 大阪 ☀ | Comment(30) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

J2徳島、J1参入プレーオフ決定戦に進出!河田絶妙ループ弾で山形下す!湘南と対戦へ!J1参入PO2回戦(関連まとめ)

【サッカー】J1参入プレーオフ2回戦 徳島が山形破りPO決定戦に進出!
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1575785157/
河田2019J1参入PO.jpg

1: 久太郎 ★ 2019/12/08(日) 15:05:57.59 ID:iFJF8VXv9.net

徳島 1−0 山形
[得点者]
53'河田 篤秀(徳島)

スタジアム:鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム
入場者数:10,376人
https://www.jleague.jp/match/j1j2playoff/2019/120810/live/#live

J2順位表
https://www.jleague.jp/standings/j2/


2: 久太郎 ★ 2019/12/08(日) 15:06:39.64 ID:iFJF8VXv9.net

>>1
J2徳島がPO決定戦でJ1湘南に挑戦!! 山形破り6年ぶりJ1復帰へ王手

[12.8 J1参入プレーオフ2回戦 徳島1-0山形 鳴門大塚]

 J1参入プレーオフは8日、鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアムで2回戦を行い、徳島ヴォルティスがモンテディオ山形に1-0で勝利した。後半8分にFW河田篤秀が決勝ゴールを挙げ、6年ぶりのJ1復帰へ王手をかけた徳島。14日の決定戦ではJ1年間16位の湘南ベルマーレに挑む。

 昨季、プレーオフのレギュレーションはJ1リーグ16位との決定戦を加えた3段階で行われるJ1参入プレーオフに変わった。1回戦はJ2リーグ年間3位の大宮と6位山形、4位徳島と5位甲府がそれぞれ対戦し、徳島と山形が勝ち上がった。2回戦の勝者が決定戦でJ1リーグ16位の湘南に挑む。なお、90分間を同点で終えた場合は上位チームが勝ち抜ける。

 徳島はプレーオフ1回戦の甲府戦(△1-1)から1人を変更。負傷交代となったMF渡井理己に代わり、MF小西雄大がスタメンに入った。一方、1回戦の“下剋上”で勢いに乗る山形も大宮との1回戦(2-0)から1人を変更し、FW大槻周平に代わってFW山岸祐也が1トップに入った。

 立ち上がりにペースを握った山形は前半2分、山岸が鋭くプレスをかけてDFヨルディ・バイスからボールを奪い、PA右からクロスを配給。中央のFW井出遥也が右足ダイレクトで合わせたが、GK梶川裕嗣が好セーブ。対する徳島は前半9分、DF田向泰輝が右後方から逆サイドにクロスを入れ、走り込んだFW島屋八徳がシュートを狙うチャンスを作ったが、GK櫛引政敏が阻んだ。

 山形は中盤で素早く寄せ、セカンドボールを回収。徳島は連動した守備で攻撃を阻むと、ポジションを流動的に入れ替えながら攻め込んでいく。左サイドのパス交換から島屋がエリア内でビッグチャンスを迎えるが、GK櫛引が攻守を連発する。互いにセットプレーからも好機を作ったが、白熱の前半はスコアレスで折り返した。

 勝利が必要な山形は後半開始から柳を下げ、MF三鬼海を投入。しかし、均衡を破ったのは徳島だった。後半8分、田向のパスを受けたFW野村直輝がスルーパス。抜け出した河田は鮮やかな右足ループを放つと、シュートはGK櫛引の頭上を抜いてゴールマウスに吸い込まれた。

 山形は後半11分、山田を下げてMF南秀仁を投入し、4バックに変更してゴールを目指す。しかし、直後にDF松本怜大が負傷交代を余儀なくされ、FW高木彰人を投入して交代枠を使い切った。最後まで山形の反撃を跳ね返し、1-0で勝利をおさめた徳島。2014年以来、6年ぶりとなるJ1昇格を懸けて、14日に湘南との決定戦に挑む。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191208-43474935-gekisaka-socc


▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 16:04 | 大阪 ☀ | Comment(13) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原口元気、劇的決勝ゴールで今季2得点目!ハノーファーの今季初の連勝に貢献(関連まとめ)

【サッカー】<原口元気>今季2ゴール目は劇的決勝弾!ハノーファーが今季初の連勝
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1575727291/
原口2019第16節ゴール.jpg
1: Egg ★ 2019/12/07(土) 23:01:31.52 ID:2ZTQFpFn9.net

ブンデスリーガ2部第16節が7日に行われ、14位のハノーファーと5位のアウエが対戦した。

ハノーファーは原口元気がボランチで先発。試合は16分にハノーファーは先制点を許す。しかし、前半のうちに追いつくことに成功する。32分、キャプテンのマルヴィン・バカロルツがコーナーキックからヘディングシュートを叩き込み、試合を振り出しに戻す。

オウンゴールで再度勝ち越しを許したハノーファーだったが、75分に追いつく。FKからヘンドリク・ヴァイダントが頭でネットを揺らす。そのままドローで終わるかと思われたが、原口が劇的ゴールで勝負を決める。

90分、ロングボールを放り込むと、ヴァイダントから原口へつながる。最後は至近距離からシュートを流し込み、これが決勝点に。ハノーファーは3-2と勝利し、今季初の連勝を飾っている。

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20191207-00010048-goal-000-1-view.jpg

12/7(土) 22:54配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191207-00010048-goal-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 14:23 | 大阪 | Comment(5) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

リバプール、サラー1G1Aでボーンマスに3-0完勝!開幕16戦無敗でリーグ怒涛の7連勝

無敗記録続けるリヴァプール、ボーンマスに完封勝ちでリーグ7連勝!
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191208-00010002-goal-socc
チェンバレン2019第16節ゴール.jpg

現地時間7日、イングランド・プレミアリーグは第16節が行われ、首位リヴァプールは敵地バイタリティ・スタジアムでボーンマスと対戦した。

エヴァートンとのマージ―サイドダービーでターンオーバーを採用しながらも5-2で圧勝し、昨季から続くリーグ戦の連続無敗記録をクラブ新の「32」に伸ばしたリヴァプール。この試合ではエヴァートン戦で活躍したジェルダン・シャチリ、ディヴォック・オリギがベンチスタートとなり、ナビ・ケイタ、アレックス・オックスレイド=チェンバレン、ジョー・ゴメスらに先発のチャンスが与えられた。

立ち上がりから地力で上回るリヴァプールが攻勢に試合を進めるが、サディオ・マネを欠いた攻撃陣は決め手を欠き、集中した守備を見せるボーンマスを相手になかなか決定機を作り出すことができない。

無失点を続けるボーンマスだが、34分にアクシデントが発生。ナタン・アケがハムストリングを痛め、ジャック・シンプソンとの負傷交代を余儀なくされる。

するとその直後、ジョーダン・ヘンダーソンからのロングパスに抜け出したオックスレイド=チェンバレンが後方からのボールをダイレクトで合わせ、リヴァプールが先制。ついに均衡が破られた。

リヴァプールはさらに40分、デヤン・ロヴレンに代えてトレント・アレクサンダー=アーノルドを投入。右のゴメスがセンターバックに移り、より攻撃的なメンバー構成に。

迎えた44分、アレクサンダー=アーノルドからのクサビのパスを受けたケイタが、ペナルティーエリア手前のモハメド・サラーに預ける。DF3人を背負ったサラーがヒールパスをエリア内に送ると、抜け出したケイタが冷静にGKアーロン・ラムズデールとの1対1を制して追加点を挙げた。

リヴァプールが2点をリードして迎えた後半、反撃に出たいボーンマスだが、54分に決定的な3点目を奪われてしまう。高い位置でボールを奪ったケイタのスルーパスに抜け出したサラーがゴール右へと流し込み、リヴァプールが3-0とリードを広げた。

その後はリヴァプールがボールを保持成しながら試合をコントロール。76分にはアンドリュー・ロバートソンに代えてカーティス・ジョーンズを投入し、徐々に逃げ切り態勢へと移行する。

87分にはオックスレイド=チェンバレンを下げてシャチリを投入し交代枠を使い切ったリヴァプールは、余裕を持った試合運びで完封勝ち。これでリーグ7連勝、連続無敗記録を「33」に伸ばし、悲願のリーグ制覇に向けてまた一歩前進した。

■試合結果
ボーンマス 0-3 リヴァプール

■得点者
ボーンマス:なし
リヴァプール:オックスレイド=チェンバレン(35分)、ケイタ(44分)、サラー(54分)

〓〓 Liverpool FC 〓〓 1159 〓〓
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1575731343/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 | Comment(2) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【名将スールシャール】マンU、マンCを撃破!ワンビサカが鉄壁の守備みせマルシャル決勝ゴールでダービー戦を2-1勝利(関連まとめ)

ユナイテッドがダービー制し2連勝!シティは終盤猛攻も一歩及ばず…
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191208-00010004-goal-socc

マルシャル2019第16節ゴール.jpg


現地時間7日、イングランド・プレミアリーグ第16節ではマンチェスター・シティとマンチェスター・ユナイテッドによるマンチェスター・ダービーが行われた。

シティはセルヒオ・アグエロ、ユナイテッドはポール・ポグバと互いにキーマンを欠くものの、ユナイテッドは直近のリーグ戦でトッテナム相手に会心の勝利を挙げて勢いづいている。さらにこの試合ではアントニー・マルシャルが復帰し、自信をもってエティハド・スタジアムに乗り込んだ。

すると開始わずか2分、ダニエル・ジェームズが惜しいシュートを放つと、9分にはジェシー・リンガードが抜け出しエリア内左からシュートを放つも、GKエデルソン・モラエスが足でブロックしピンチをしのぐ。

ユナイテッドのカウンターに手を焼くシティは13分、ペナルティーエリア内右に侵入したベルナルド・シウバの折り返しをジェズスが押し込むも、滑り込んだリンデロフが体でブロック。手に当たったようにも見えたが、VARは行われなかった。

一方、20分にはマーカス・ラッシュフォードがエリア内で仕掛けて倒され、ノーホイッスルだったものの、プレーが切れた後のVARによってユナイテッドにPKが与えられる。これをラッシュフォードがGKエデルソンの逆を突くキックで沈め、ユナイテッドが先制する。

先制したユナイテッドは、さらにカウンターの鋭さを増す。25分、リンガードから右サイドを抜けたフレッジがラストパスをペナルティーエリア内左に走り込んだラッシュフォードに通す。ダイレクトで狙うも、これはゴール右へと外れた。

さらに27分には、右サイドを抜けたマルシャルの折り返しを受けたラッシュフォードがノーモーションからコントロールショット。GKエデルソンも完全に虚を突かれていたが、このシュートはクロスバーを叩いた。

危ない場面の続いたシティは何とか同点に追いつきたいものの、29分に痛恨の追加点を奪われる。ジェームズとのパス交換からエリア内右で受けたマルシャルがすかさず左足を振り抜くと、右のポストを叩いたボールがゴールの中に跳ね返った。

2点を追いかける格好となったシティは38分、ケヴィン・デ・ブライネの右アーリークロスを、ゴール前でガブリエウ・ジェズスがダイビングヘッド。オフサイドではなかったが、この決定機はゴール左へと外れる。

さらに前半終了間際には、ワンツーで抜け出したカイル・ウォーカーの折り返しをブロックしようとしたフレッジの手に当たってCKとなる。シティ側はハンドをアピールするが、主審はVARを経てもジャッジを変えず、ユナイテッドが2点をリードしたまま試合を折り返した。

後半に入ると、2点を追うシティが前半以上に攻勢を強めるが、一方でユナイテッドもカウンターを狙いやすい状況に。55分、カウンターに出ようとしたユナイテッドからボールを奪うと、エリア内右に抜けたデ・ブライネがシュート。しかし、ここはヴィクトル・リンデルフが滑り込んでブロックする。

58分、追いつきたいシティにアクシデント。足を痛めたジョン・ストーンズに代わってニコラス・オタメンディが投入される。その後もシティは攻勢を続けるが、64分のロドリのシュートはGKダビド・デ・ヘアがファインセーブで切り抜ける。直後、ベルナルド・シウバに代えてリヤド・マフレズを投入。

互いに高いインテンシティで球際での激しい攻防が繰り広げられる中、67分にはユナイテッドのCKの際にシティのサポーターから物が投げ入れられ、試合が一時中断。真剣勝負に水を差す行為に、シティの選手たちも投げ入れを止めるように懇願。サポーターもフラストレーションを溜めていることが伺えた。

74分、マルシャルに代えてアンドレアス・ペレイラを投入したユナイテッドは逃げ切りを図るが、シティも攻撃の手は緩めない。80分にはマフレズがエリア内右を深くえぐってクロスを上げるも、ゴール前で待つラヒーム・スターリングの頭上を越えてしまう。

それでも85分、マフレズの右CKをオタメンディが頭で合わせ、攻勢のシティがようやく1点を返す。直後にはロドリに代えてイルカイ・ギュンドアンを投入し交代枠を使い切る。

こうなると俄然、勢いを増すシティに対し、ユナイテッドは足をつったルーク・ショーに代えてアシュリー・ヤング、リンガードに代えてDFのアクセル・トゥアンゼベを投入。全員守備での逃げ切り態勢へと移行する。

アディショナルタイムは5分と長めに取られ、シティが猛攻を仕掛ける。ユナイテッドはゴール前を固め、粘り強く跳ね返していく。非常に集中した守備を見せるユナイテッドに対し、シティはカウンターに警戒しながらもサイドを崩しながら必死の攻めを見せる。

シティの猛攻に耐え抜いたユナイテッドがダービーに勝利しリーグ2連勝を飾り、シティは今季4敗目を喫した。

■試合結果
マンチェスター・C 1-2 マンチェスター・U

■得点者
マンチェスター・C:オタメンディ(85分)
マンチェスター・U:ラッシュフォード(23分PK)、マルシャル(29分)

† Red Devils Manchester United 1411 †
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1575743194/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 10:00 | 大阪 | Comment(25) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久保建英、バルサ戦で2ゴールの起点となるも…マジョルカはメッシ圧巻ハットトリックなど許しバルセロナに2-5大敗(関連まとめ)

カンプノウのブーイング受けた久保建英は2ゴールの起点も…メッシ3発!バルセロナ、連勝伸ばして首位キープ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191208-43474918-gekisaka-socc
久保2019第16節バルサ戦.jpg

[12.7 リーガ・エスパニョーラ第16節 バルセロナ5-2マジョルカ]

 リーガ・エスパニョーラは7日、第16節を各地で行い、MF久保建英所属のマジョルカが敵地でバルセロナと対戦した。先発した久保にとってはカンテラ時代に4年間を過ごした古巣との初凱旋試合。現地サポーターからはブーイングも向けられる中、攻撃の中心として得点の起点となったが、失点を重ねたチームは2-5で敗れた。

 直近2試合でフル出場が続いている久保は、この日も4-4-2の右サイドハーフで先発出場。カンプノウのスタンドからはレアル・マドリー行きを選んだ18歳にブーイングの洗礼が飛んだ。それでも久保は前半5分、鋭いクロスで味方の攻勢を導くなど、攻撃の中心として認められつつあることを感じさせた。

 ところが前半7分、まずはバルセロナがスコアを動かした。GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンがゴールキックを素早く蹴り出すと、最終ライン裏に抜け出したのはFWアントワーヌ・グリエーズマン。最後はGKマノーロ・レイナの頭上を越すループシュートで流し込み、大きな先制点が入った。

 マジョルカは前半8分、左サイドを抜け出した久保がDFセルジ・ロベルトに倒されてイエローカードを誘発。しかしバルセロナは15分、MFセルヒオ・ブスケツのヘディングシュートがレイナのビッグセーブに阻まれつつも、17分にFWリオネル・メッシのミドルシュートが突き刺さり、2点のリードを得た。

 マジョルカは前半35分、久保のパスを受けたMFサルバ・セビージャがスルーパスを送り、FWアンテ・ブディミルがループシュートを決めて1点を返す。ところがバルセロナは41分、再びメッシが左足ミドルを沈めると、43分にはMFフレンキー・デ・ヨングのパスを受けたFWルイス・スアレスがトリッキーなヒールシュートを決め、4-1でハーフタイムを迎えた。

 マジョルカは後半19分、久保のスルーパスに抜け出したMFアレイクス・フェバスが高軌道のクロスを送ると、ブディミルがヘッドで2点目を決める。しかし、バルセロナは38分、スアレスのアシストからメッシがハットトリック達成。バルセロナが5-2で勝利した。

 バルセロナはこれで4連勝。先に今節の試合を終えていたR・マドリーに勝ち点で追いつき、前節までに続いて首位をキープした。一方、マジョルカはこれで3連敗。今節で降格圏転落の可能性がある暫定17位となった。
【サッカー】久保建英が“古巣対決”で得点に絡むも…メッシがハットトリック達成でバルサ4連勝
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1575755694/

1: ぜかきゆ ★ 2019/12/08(日) 06:54:54.19 ID:a6o84BdO9.net

 リーガ・エスパニョーラ第16節が7日に行われ、バルセロナと日本代表MF久保建英が所属するマジョルカが対戦した。

 久保にとって2011年から2015年まで下部組織に所属していたバルセロナとの“古巣対決”。今夏に宿敵のレアル・マドリードに加入し、今シーズンはマジョルカにレンタル移籍中で対戦相手となったが、かつて夢見たバルセロナの本拠地カンプ・ノウのピッチで先発フル出場を果たした。

 試合はバルセロナが先手を取る。7分、GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンがゴールキックで素早く前線へボールを送ると、アントワーヌ・グリーズマンが抜け出してペナルティエリア内で冷静にループシュートを沈めて先制点。17分にはリオネル・メッシがエリア前で左足を振り抜き、鮮やかなシュートをゴール左隅に決めて追加点を挙げた

 マジョルカは35分、サルバ・セビルが縦にスルーパスを送ると、アンテ・ブディミルがエリア左へ抜けてシュート。DFに当たってバウンドしたボールはGKの頭上を越えてゴールに吸い込まれ、1点を返した。

 だが、バルセロナは41分、メッシが再びエリア前から左足シュートをゴール右隅に叩き込み、リードを2点に戻す。さらに43分にはフレンキー・デ・ヨングがパス交換からエリア内に侵入してラストパス。これをエリア右のルイス・スアレスがゴールを背に技ありのヒールキックでゴール左隅に沈めて4点目を奪った。

 後半に入ってマジョルカは62分、久保がエリア左から左足シュートを打ったが、クロスバーの上に外れる。それでも64分には、久保のパスを受けたフラン・ガメスがダイレクトでクロスを上げると、ブディミルが頭で合わせてゴールを決めた。

 マジョルカは77分、久保がエリア前中央で左足を振り抜くが、これはDFのブロックに遭う。そのこぼれ球を拾ったフアン・エルナンデスがエリア左からシュートを打ったが、GKテア・シュテーゲンの好セーブに阻まれた。

 バルセロナは83分、エリア中央でボールを収めたスアレスが落とすと、メッシが左足ダイレクトで叩き込んでハットトリックを達成。リードを3点に戻した。

 試合はこのまま終了し、5ゴールを挙げたバルセロナが4連勝を飾って首位をキープ。マジョルカは2ゴールで意地を見せたものの、3連敗となった。

 次節、バルセロナは14日にアウェイでレアル・ソシエダと、マジョルカは15日にアウェイでセルタと対戦する。

【スコア】
バルセロナ 5−2 マジョルカ

【得点者】
1−0 7分 アントワーヌ・グリーズマン(バルセロナ)
2−0 17分 リオネル・メッシ(バルセロナ)
2−1 35分 アンテ・ブディミル(マジョルカ)
3−1 41分 リオネル・メッシ(バルセロナ)
4−1 43分 ルイス・スアレス(バルセロナ)
4−2 64分 アンテ・ブディミル(マジョルカ)
5−2 83分 リオネル・メッシ(バルセロナ)

SOCCER KING 12/8(日) 6:53配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191208-01006644-soccerk-socc




▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 07:32 | 大阪 | Comment(23) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(24時間)

    人気記事ランキング(昨日)

      人気記事ランキング(先週)