アンテナ・まとめ RSS

武藤嘉紀、古巣FC東京がレンタルでの復帰を打診か(関連まとめ)

FC東京、ニューカッスルで構想外の武藤嘉紀をレンタルで獲得か
https://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=365927
武藤嘉紀2019ニューカッスル.jpg

ニューカッスルに所属する日本代表FW武藤嘉紀(27)が、日本に復帰する可能性があるようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。

2013年にFC東京で特別指定選手として、プロデビューを果たした武藤。翌年から正式に入団し、2015年5月から加わったマインツで3年間プレーした後、昨夏に4年契約でニューカッスルへ加入した。

昨シーズンは、ラファエル・ベニテス監督(現大連一方)の下、公式戦18試合で1ゴールを記録。だが、スティーヴ・ブルース監督が就任した今シーズンは公式戦6試合の出場に留まっており、リーグ戦では直近6試合連続でベンチ外となっている。

この状況に最近、武藤自身も退団を望んでいることがイギリスメディアによって報道。そして、今回伝えられるところによれば、ニューカッスルで構想外となっている武藤に対して、古巣のFC東京がレンタルでオファーを打診したという。

2019シーズンの明治安田生命J1リーグで2位のFC東京は来シーズン、プレーオフから参戦するアジアチャンピオンズリーグ(ACL)と、Jリーグを並行して戦う。そのため、選手層を厚くする必要があるが、武藤は2015年以来のJリーグ復帰となるのだろうか。

【サッカー・プレミアリーグ/Jリーグ】FC東京、ニューカッスルで構想外の武藤嘉紀(27)をレンタルで獲得か
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1576060990/

▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 22:32 | 大阪 ☁ | Comment(8) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久保建英所属マジョルカ、3ポジションを今冬補強へ マジョルカ地元紙報じる

久保建英マジョルカが3ポジション補強へ 地元紙
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191210-12100818-nksports-socc
久保マジョルカ初ゴール.jpg

マジョルカの地元紙ディアリオ・デ・アス(電子版)は10日、MF久保建英(18)が所属するマジョルカが今冬の移籍市場で3つのポジションの補強を実施する予定だと報じている。

今夏に加入した14人のうち、多くの選手のパフォーマンスが低調であることや、けが人が出ていること、そして1部残留を成し遂げるためメンバーのクオリティーを高めるためであると報じた。

また、7日に行われたバルセロナ戦後にクラブのスポーツディレクターを務めるハビエル・レシオは「我々は現在、ウイングとサイドバックの獲得に向けた仕事に取り組んでいる」と補強を示唆した。

マジョルカにとって左サイドバックは近年、悩みの種になっているポジションの1つであるという。昨シーズンまで活躍した選手たちは他クラブに移籍し、今夏はアグベニェヌとババ・ラフマンが入団した。

アグベニェヌがシーズン開幕後、レギュラーを務めたがプレーの出来が良くなく、途中からババ・ラフマンがスタメンを務めた。だが10月のヘタフェ戦で負傷し、今現在も復帰できていない。それにより本来は右サイドバックのフラン・ガメスやサストレが同ポジションをカバーする事態が起こっている。

また、相手ペナルティーエリアに迫りゴールを決められるサイドアタッカーを探しているという。今現在、チームでその条件を満たすのはラゴ・ジュニオルただ1人。今夏獲得したアリダイ、トライコフスキ、サリビュールはともに、モレノ監督の戦力にほとんど入っていない。ダニ・ロドリゲスや久保で右サイドをカバーしている。同ポジションの補強はマジョルカのプレーシステムの選択肢を増やし、ラゴ・ジュニオルのいる左サイドにボールが偏ることを防ぐため必須となっていると報じている。

さらに、最優先事項ではないが、FW獲得も狙っているという。同ポジションには5人がいるが、クラブが今夏獲得したアレグリーアとチャバリーアはほとんど戦力外。指揮官にとって、ブディミール、エルナンデス、アブドンの3人が戦力になっている。中でもブディミールとエルナンデスと競うためのFWを新たに探しているとのことだ。

チームはメンバー26人の大所帯となっている。18歳の久保や、20歳のエルナンデスは年齢的に若いことからBチーム登録。今冬、選手を獲得する場合は、何人かの放出が必要となる。

候補としてチャバリーアやアレグリーアの名前が出ていが、両選手ともに契約期間が長いため、それが他クラブと交渉する場合の障害となる可能性があり、選手獲得が難しくなっていると報じた。(高橋智行通信員)

【RCD】久保建英応援スレpart141【Mallorca】
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1575965117/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 21:00 | 大阪 ☁ | Comment(19) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナポリ、アンチェロッティ監督を解任!CL決勝トーナメント進出も今季リーグ7位(関連まとめ)

【サッカー】ナポリがアンチェロッティ監督を解任…リーグで現在7位、会長との関係悪化は否定
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1576022762/
アンチェロッティ監督2019CL第6節.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/12/11(水) 09:06:02.13 ID:ekAsYpDw9.net

ナポリは10日、カルロ・アンチェロッティ監督との契約を解除したとクラブ公式サイトを通じて発表した。

 現在60歳のアンチェロッティ氏は、これまでにミランやレアル・マドリード、バイエルンなど各国ビッグクラブの監督を歴任し、2018年7月にナポリの監督に就任。同クラブでは公式戦通算72試合を指揮して、38勝19分15敗の成績を収めていた。昨季のセリエAは2位で終えたが、今季は10月頃から低迷。チャンピオンズリーグでは10日に行われたグループステージ第6節ヘンク戦に勝利して決勝トーナメント進出を決めたが、セリエAでは勝ち切れない試合が続き、首位インテルとは勝ち点差「17」の現在7位に付けている。

 また、アンチェロッティ氏は、成績不振を理由にクラブのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長との確執も噂されていた。しかし、ナポリは解任発表と同時に、クラブ公式サイトを通じて、「クラブのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長とカルロ・アンチェロッティ氏の間の友情、尊敬、相互尊重の関係は損なわれていません」と両者の関係悪化を否定した。

 後任候補には、元イタリア代表MFジェンナーロ・ガットゥーゾ氏が有力と見られている。現在41歳のガットゥーゾ氏は現役時代、主にミランでプレー。当時ミランを率いていたアンチェロッティ氏とともに、同クラブの黄金期を支えた1人として知られている。監督転向後は、パレルモやピサなどでの指揮を経て、2017年9月から昨シーズン終了までミランで監督を務めていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191211-01007921-soccerk-socc



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 20:00 | 大阪 ☁ | Comment(5) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なでしこジャパン、台湾に9-0大勝!岩渕・田中・池尻が2ゴールなどゴールラッシュでE-1選手権白星発進(関連まとめ)

【サッカー】なでしこ、9-0でチャイニーズタイペイに勝利! E-1サッカー選手権
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1576055595/
岩渕2019E1台湾戦02.jpg
17: 豆次郎 ★ 2019/12/11(水) 18:15:34.22 ID:I1yqUShH9.net

>>1
フットボールチャンネル
12/11(水) 18:12配信
なでしこジャパンが台湾を圧倒!岩渕真奈&田中美南が2ゴール…大量9得点で白星発進【E-1サッカー選手権】

【日本女子代表 9-0 チャイニーズ・ タイペイ(台湾)女子代表 E-1サッカー選手権第1節】


 EAFF E-1サッカー選手権、日本女子代表(なでしこジャパン)対チャイニーズ・タイペイが11日に行われた。試合はなでしこジャパンが9-0で勝利を収めた。

 E-1サッカー選手権の初戦チャイニーズ・タイペイ戦に臨んだ日本。熊谷紗希の代わりにキャプテンを務めるのは岩渕真奈。その岩渕と田中美南が2トップを組む。ボランチに入った栗島朱里、右サイドバックに入った清家貴子が代表デビューとなった。一方、チャイニーズ・タイペイは元ノジマステラ神奈川相模原のミッシェル・パオがスタメン入りしている。

 先制したのは日本。7分、ペナルティエリア手前でボールを受けた岩渕がドリブルで仕掛け、相手に囲まれながらも右足でシュート。これがゴール左に決まり日本が先制点を奪った。続く9分、松原のパスを受けた田中がペナルティエリア内で前を向き、左足でゴールネットを揺らした。

 その後もペースを握る日本は追加点を奪う。三宅からのロングボールに岩渕がヒールで落とし、小林がダイレクトシュートを決めた。前半で3点を奪った日本が完全に試合を支配する。その後、田中のPKと松原の代表初ゴールで日本が前半のうちに5点のリードを奪う。

 日本は後半頭に2枚替え。遠藤に代えて林穂之香、田中に代えて池尻茉由を投入した。すると53分、代わったばかりの池尻がPKを獲得。このPKを池尻自らが決め、代表初ゴールとなった。さらに66分、左サイドのFKから清家がヘディングで合わせ、代表デビュー戦で初ゴール。これで日本が7点のリードに広げた。

 その後2点を奪った日本は、9-0でチャイニーズ・タイペイに勝利した。男子に続いてE-1選手権白星発進となった。

【得点者】
7分 1-0 岩渕真奈(日本)
9分 2-0 田中美南(日本)
16分 3-0 小林里歌子(日本)
38分 4-0 田中美南(日本)
44分 5-0 松原有沙(日本)
53分 6-0 池尻茉由(日本)
66分 7-0 清家貴子(日本)
71分 8-0 岩渕真奈(日本)
90+2分 9-0 池尻茉由(日本)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191211-00352531-footballc-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20191211-00352531-footballc-000-1-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 19:03 | 大阪 ☁ | Comment(1) | 女子サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鹿島アントラーズ、大岩剛監督の退任を発表…天皇杯まで指揮 2018年にはACL優勝に導く(関連まとめ)

鹿島、大岩監督が今季限りで退任へ…2018年にはアジア王者に輝く
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191211-01008172-soccerk-socc
大岩監督鹿島.jpg

 鹿島アントラーズは11日、契約満了により大岩剛監督が今シーズン限りで退任することを発表した。クラブ公式サイトで伝えている。

 現在47歳の大岩監督は、2017年6月に鹿島の指揮官に就任。2018年にはアジアチャンピオンズリーグ(ACL)を制覇し、同年のクラブワールドカップに出場した。

 同監督は公式サイト上で以下のようにコメントを発表。なお、今シーズンの天皇杯まで引き続き指揮を執ることも合わせて伝えられている。

「2017年途中から監督として初めて指揮を執ることになり、ここまでともに戦ってくれた選手、スタッフ、フロント、そしていつも私たちを支えてくれるファン、サポーター、スポンサーの方々には、感謝の気持ちしかありません。鹿島アントラーズは、タイトルを義務付けられたクラブです。その中で今年、Jリーグ、ルヴァンカップ、連覇を目指したACLを獲れなかったことは自分の力不足であり、本当に申し訳なく感じています」

「今シーズンはあと2試合、天皇杯のタイトルが残っています。アントラーズファミリー全員で、喜びを共有できるチャンスがあります。私の最後の仕事は、選手たちとともにその頂点に立ち、皆さんに最高の歓喜を与えること、それだけです。すべては勝利のために、一丸となって戦えるよう、最後まで後押しをしてもらえればうれしいです」

移籍・レンタル・戦力外「ら」スレPart12526
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1576041496/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:54 | 大阪 ☁ | Comment(11) | Jリーグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国メディア、中国代表の危険なプレーを批判「少林カンフー」「頭への飛び蹴りでイエローカードのみ」

【サッカー】<E-1サッカー選手権>中国代表DFの殺人キックを自国メディアも非難!「非常に危険」「少林カンフー」
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1575985087/
橋岡E1第1節被キック.jpg

1: Egg ★ 2019/12/10(火) 22:38:07.26 ID:Ok4fIVP+9.net

【日本 2-1 中国 EAFF E-1サッカー選手権】

 EAFF E-1サッカー選手権・韓国大会の日本代表対中国代表戦が10日に行われ、日本が2-1で勝利を収めた。この試合で中国代表選手が見せた危険なプレーに対し、中国のメディアも批判を繰り出している。

 前半31分、タッチライン際でのハイボールに対する競り合いの場面で、中国代表DFジャン・ジーポンが高く上げた左足が日本代表MF橋岡大樹の頭部を直撃。橋岡はピッチに倒れ込み、ジャン・ジーポンに対してはイエローカードが提示された。幸い大事には至らず橋岡はプレーを続行したが、大事故にも繋がりかねない危険行為だった。

 中国『新浪体育』ではSNS『微博』の公式アカウントでこの場面の動画を投稿。「審判は慈悲深く、イエローカードだけで済んだ」とコメントを添え、レッドカードが出てもおかしくなかったという見解を示した。

 同メディアのウェブサイト記事でも「ジャン・ジーポンがレッドカードを逃れる」と問題のプレーおよび判定に言及。その場面の動画に対して「ジャン・ジーポン少林カンフー」とキャプションも添えている。

『東方日報』マカオ版でも、「頭への飛び蹴りでイエローカードのみ」とマッチレポートの記事タイトル内で中国のラフプレーについて強調。「非常に危険なプレーだったがイエローカードしか出なかった」と述べている。

12/10(火) 22:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191210-00352335-footballc-socc

写真
https://amd.c.yimg.jp/amd/20191210-00352335-footballc-000-2-view.jpg



▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 17:00 | 大阪 | Comment(13) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久保建英、来季はマジョルカと別のスペインクラブにレンタルか?スペインメディア「マジョルカより高い目標のあるクラブ」(関連まとめ)

マジョルカ久保建英、来季は別のスペインクラブへレンタルか
https://www.daily.co.jp/soccer/2019/12/10/0012949039.shtml
久保マジョルカアウェー.jpg

 サッカースペイン1部リーグ、マジョルカの日本代表MF久保建英(18)の来季去就でレアル・マドリードがもう1年のレンタル移籍を可能性の一つとして考慮しているという。スペインのデジタル新聞、エル・エスパニョールが伝えている。

 同メディアでは久保が18歳で初挑戦となるスペイントップリーグに十分な形で適応しているとし、「シーズン終了後に将来を検討することになる。Rマドリードのトップチームに残る可能性を除外するのは時期尚早だが、Rマドリードから見てより論理的なのはもう一度レンタル移籍に出すというオプション。間違いなくスペインリーグで、間違いなくマジョルカより高い目標のあるクラブ」と言及。より高いレベルで数年後、所属元チームへの帰還を逆算していると伝えた。

【サッカー】マジョルカ久保建英、来季は別のスペインクラブへレンタルか スペインのデジタル新聞エル・エスパニョール
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1575972788/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 15:00 | 大阪 | Comment(10) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バレンシア、アヤックス撃破!7年ぶりCL決勝T進出!ドルトムントはブラント決勝ゴールでプラハ下し逆転でグループ突破 CL第6節(関連まとめ)

【サッカー】UEFA-CL第6節 インテル×バルセロナ、ドルトムント×プラハ、チェルシー×リール、アヤックス×バレンシア等
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1576015070/
バレンシア2019CL第6節ゴール.jpg
1: 久太郎 ★ 2019/12/11(水) 06:57:50.21 ID:ekAsYpDw9.net

グループF
ドルトムント 2−1 スラビア・プラハ
[得点者]
ジェイドン・サンチョ(前半10分)ドルトムント
トマシュ・ソウチェク(前半43分)スラビア・プラハ
ユリアン・ブランド (後半16分)ドルトムント
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083152


インテル 1−2 バルセロナ
[得点者]
カルレス・ペレス(前半23分)バルセロナ
ロメル・ルカク (前半44分)インテル
アンス・ファティ (後半41分)バルセロナ
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083153


グループG
ベンフィカ 3−0 ゼニト
[得点者]
フランコ・セルビ   (後半02分)ベンフィカ
ルイス・フェルナンデス(後半13分)ベンフィカ
オウンゴール     (後半35分)ベンフィカ
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083163

リヨン 2−2 ライプツィヒ
[得点者]
エミル・フォルスベルグ(前半09分)ライプツィヒ
ティモ・ヴェルナー  (前半33分)ライプツィヒ
ホッセム・オーアル  (後半05分)リヨン
メンフィス・デパイ  (後半37分)リヨン
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083164


グループH
チェルシー 2−1 リール
[得点者]
タミー・アブラハム  (前半19分)チェルシー
セサル・アスピリクエタ(前半35分)チェルシー
ロイク・レミー    (後半33分)リール
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083080


アヤックス 0−1 バレンシア
[得点者]
ダニエル・パレホ(前半24分)バレンシア
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083081

CL順位表
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/uefa/standings/41

UEFA-CL第6節 結果
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/schedule/41



昨季ベスト4のアヤックスがGS敗退…バレンシアが7年振り決勝Tへ《CL》
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191211-00365902-usoccer-socc

チャンピオンズリーグ(CL)・グループH最終節、アヤックスvsバレンシアが10日に行われ、0-1でバレンシアが勝利した。

首位のアヤックスは引き分け以上でグループ突破を決められる一戦。リーグ戦では首位に立っているものの、直近のヴィレム戦でリーグ初黒星を喫している。

対するバレンシアの突破条件は勝利、もしくは引き分け以下の場合でも、同勝ち点で並んでいるチェルシーの結果次第で決勝トーナメントに進むことが出来る。なお、チェルシーとは当該成績で有利に立っているため、最終的に同じ勝ち点の場合、バレンシアが勝ち抜けとなる。

まずはホームのアヤックスの攻撃。8分、タグリアフィコのクロスをボックス左で受けたタディッチが左足でシュート。フリーでのシュートだったが、惜しくも左に外れた。

一方、開始2分のロドリゴのヘディングシュート以降、なかなかチャンスが作れなかったバレンシアだが24分、左サイドから攻撃を繋げると、右のハーフスペースでボールを持ったフェラン・トーレスからパスを受けたロドリゴがボックス中央からゴールに流し込んだ。

このままではグループステージ敗退の可能性が出てきたアヤックス。43分にジイェフのクロスをファン・デ・ベークが合わせたが、ゴール目前でガヤにクリアされてしまった。

後半からアルバレスを下げてデストを投入したアヤックス。前半以上に攻勢を強めるものの、67分のジイェフのシュートが左に外れるなど、ネットを揺らすに至らない。70分にはラングを下げてフンテラールをピッチへ送り、さらなる活性化を図る。

しかし、スコアに動きはないまま試合は推移。80分から85分にかけて両チームにイエローカードが入り乱れる展開となる中で、後半アディショナルタイムにはバレンシアのガブリエウが相手に頭突きを見舞い一発退場となってしまう。

結局、後味の悪くなってしまった試合は0-1でアウェイのバレンシアが勝利。7年振りの決勝トーナメント進出を決めた。一方、敗れたアヤックスは他会場でチェルシーが勝利した為、3位に後退。昨季ベスト4まで勝ち上がったオランダの雄は、ヨーロッパリーグ(EL)に回ることになった。

ドルトムント、逆転で決勝Tへ…ホームで苦しみながらも勝ちきって2位通過
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191211-00010008-goal-socc

退場者を出しながらも…
チャンピオンズリーグ・グループステージ最終節が行われ、ドルトムントとスラヴィア・プラハが対戦した。

3位のドルトムントは逆転での決勝トーナメント進出のためにも勝ち点奪取が求められる。試合はドルトムントが幸先よく先制点を奪う。10分、ユリアン・ブラントのスルーパスに抜け出したマルコ・ロイスがラストパス。ジェイドン・サンチョが楽々と押し込み、大きな先取点を手にする。

その後もドルトムントは、ロイスを中心に決定機を迎えるが、スラヴィア・プラハGKの好守に阻まれ、追加点をなかなか奪えずにいる。すると前半終了間際にスラヴィア・プラハが見せ場を作る。最終ラインから細かいパスを繋いで右へ展開すると、浮き球で中央へ。最後はトマーシュ・ソーチェクが流し込み、同点で後半へと折り返した。

後半に入っても一進一退の攻防が続き、両チームにチャンスを訪れていたが、ドルトムントが再び勝ち越す。61分、左サイドに流れたサンチョがハーフスペースに走り込んだブラントへスルーパス。これをブラントがニアに突き刺し、ドルトムントが一歩前へと出る。

しかし、意地を見せたいスラヴィア・プラハも反撃。GKロマン・ビュルキのビッグセーブで続くピンチを辛くもしのいでいく。ドルトムントは77分にユリアン・ヴァイグルが2枚目のイエローカードで退場し、数的不利となったことでより厳しい状況へと追い込まれる。

それでも、ドルトムントがなんとか1点のリードを守りきって2-1で勝利。他会場で、インテルがバルセロナに勝利できなかったことで、順位は逆転。ドルトムントが2位で決勝トーナメント進出を決めている。
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 13:00 | 大阪 ☀ | Comment(7) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バルセロナ、17歳アンス・ファティ決勝ゴールでインテルに2-1勝利!インテルをCL敗退に追い込む CL第6節(関連まとめ)

【サッカー】UEFA-CL第6節 インテル×バルセロナ、ドルトムント×プラハ、チェルシー×リール、アヤックス×バレンシア等
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1576015070/
ファティ2019CL第6節ゴール.jpg

7: 久太郎 ★ 2019/12/11(水) 06:58:56.16 ID:ekAsYpDw9.net

>>1
バルセロナ、アンス・ファティのCL最年少ゴールなどで勝利…インテルをCL敗退に追い込む

10日のチャンピオンズリーグ(CL)・グループF最終節、インテル対バルセロナは2-1でバルセロナの勝利に終わった。

すでにグループF首位通過を決めているバルセロナと、ボルシア・ドルトムントと勝ち点7で並びながら直接対決の成績により2位に位置するインテルの対戦。インテルはスラヴィア・プラハと対戦するドルトムントの同じ結果を手にすれば、2位での通過を決めることができる。

バルセロナはメッシ、ピケ、セルジ・ロベルトを招集外にしたほか、ルイス・スアレスらそのほかの主力もベンチに置き、インテル同様に3/5バックのシステムを使用。スタメンはGKネト、DFトディボ、ユムティティ、ラングレ、MFワゲ、ビダル、ラキティッチ、アレニャー、ジュニオール、FWカルラス・ペレス、グリーズマンと、完全にメンバーを落としたが、それでもグループF突破のために勝利がほしいインテルの焦りを前に、落ち着いてボールを回しながら試合を進める。

バルセロナが先制点を記録したのは、23分のことだった。ペナルティーエリア手前中央のグリーズマンがエリア内に鋭い縦パス。このボールを受けたビダルはすぐさま横にいたC・ペレスにつなぎ、この27番が左足のダイレクトシュートでGKハンダノヴィッチを破っている。しかしビハインドを負ったインテルも、ここから速いトランジションによる攻撃で幾度か決定機を迎えていき、44分に同点に追いつく。ラウタロがトディボを背負いながらロングパスを受けると、落とされたボールからルカクがミドルシュートを突き刺している。

後半立ち上がりは、攻守が激しく入れ替わるオープンな展開。バルセロナはグリーズマン、インテルはルカクがシュートチャンスを手にしたが、ハンダノヴィッチ、ネトの両GKが好守を見せている。バルベルデ監督は63分に交代カードを切り、グリーズマン、ラキティッチに代えてL・スアレス、フレンキー・デ・ヨングを投入。その一方で、ドルトムントがスラヴィア・プラハに2-1で勝利していることで後がなくなったコンテ監督は、68分にビラーギをラザロに代えている。

焦りが募るインテルは72分、ラウタロが個人技からミドルシュートまで持ち込んだが、ボールはわずかに枠を外れる。さらに73分にはゴディンの浮き球から最終ラインを抜け出したラウタロが今度はネットを揺らしたものの、これはオフサイドの判定となった。

コンテ監督は74分にダンブロージオをポリターノ、76分にボルハ・バレーロをエスポジトに代えて交代枠を使い切る。しかし、やはりグループ突破を決めるゴールは遠い……。79分には、今度はルカクがボールを枠内に押し込んだものの、こちらもオフサイドを取られている。

バルベルデ監督は84分に最後の交代カードを切り、C・ペレスを下げてアンス・ファティを投入。そして86分、投入さればかりの17歳がインテルを絶望に陥れる勝ち越し弾を獲得。ペナルティーエリア手前からシュートを放つと、ボールは左ポストに当たって枠内に吸い込まれた。アンスは17歳40日でのゴールにより、CL史上最年少得点者となっている。

後がなくなったインテルは決死の猛攻を仕掛けようとするが、バルセロナのボール保持を前に満足に攻撃を仕掛けることができず、1点ビハインドのまま試合終了を迎えた。もう1試合のドルトムント対スラヴィア・プラハは、結局2-1のスコアのまま終わり、グループFの順位は首位バルセロナ(勝ち点14)、2位ドルトムント(勝ち点10)、3位インテル(勝ち点7)、4位スラヴィア・プラハ(勝ち点2)に。インテルはヨーロッパリーグに回ることになった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191211-00010009-goal-socc



インテル 1−2 バルセロナ
[得点者]
カルレス・ペレス(前半23分)バルセロナ
ロメル・ルカク (前半44分)インテル
アンス・ファティ (後半41分)バルセロナ
https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20083153
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 09:23 | 大阪 ☀ | Comment(10) | 海外サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【名勝負】リバプール、ケイタ先制ヘッド・サラー絶妙ゴールでザルツブルク下しCL首位通過!南野奮闘も実らず CL第6節(関連まとめ)

王者リヴァプールが首位通過!…南野&奥川出場のザルツブルクは逆転突破ならず
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191211-01007833-soccerk-socc
南野2019CL第6節.jpg


チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第6節が10日に行われ、日本代表FW南野拓実とMF奥川雅也が所属するザルツブルクとリヴァプールが対戦した。南野はスタメンでフル出場。奥川はベンチスタートで75分に途中出場した。

 突破チームが決まらないまま最終節を迎えた混戦のグループE。勝ち点7で3位のザルツブルクは勝利が絶対条件で、3ポイント差で首位のリヴァプールは引き分け以上で突破が決まる。

 逆転突破を狙うザルツブルクが立ち上がりから昨シーズン王者に迫る。7分、南野がペナルティエリア右へ走り込み、ファン・ヒチャンからのパスを技ありのヒールパスで折り返す。リターンを受けたファン・ヒチャンがシュート、さらにこぼれ球を南野がダイレクトで叩いたが、どちらも守備陣のブロックに阻まれた。

 ザルツブルクは24分、南野のパスを受けたアーリング・ハーランドがエリア左からシュートを放ったが、これもGKアリソンのセーブに遭った。リヴァプールは29分、前線でボールを収めたナビ・ケイタがエリア右へパス。これを受けたモハメド・サラーがシュートを放つが、枠を捉えられない。

 ザルツブルクは43分、ハーランドが抜け出してエリア前で横パス。これをエリア前左の南野がダイレクトで左足を振り抜いたが、シュートはわずかに枠の右へ外れた。リヴァプールは前半アディショナルタイム1分、ケイタがサラーのパスでエリア右に抜けて決定的なチャンスを迎えたが、シュートはGKチチャン・スタンコヴィッチの好セーブに阻まれた。

 試合が動いたのは後半の57分、サディオ・マネがDFをかわしてエリア左へ突破して、飛び出したGKの目前でクロスを送ると、中央でフリーのケイタが頭で合わせてゴール。2014〜2016年にザルツブルクに在籍していたケイタの古巣弾でリヴァプールが先制に成功した。

 さらにリヴァプールは直後の58分、サラーがロングボールに反応して抜け出すと、エリア右でGKもかわして角度のないところから右足で流し込む。絶妙にコントロールされたシュートは左のサイドネットに吸い込まれて追加点となった。

 一気に2点ビハインドとなったザルツブルクは74分、南野がエリア右でクロスを収めると、フェイントから右足を振り抜くが、DFにブロックされた。直後の75分、ハートランドを下げて奥川を送り出した。

 ザルツブルクは奮闘したものの反撃は実らず、このままタイムアップ。逆転突破での初の決勝トーナメント進出は叶わず、3位でヨーロッパリーグに回ることが決まった。。昨シーズン王者のリヴァプールは意地の勝利を収めて、首位通過を決めた。

 なお、決勝トーナメントの組み合わせ抽選会は16日に行われる。

【スコア】
ザルツブルク 0−2 リヴァプール

【得点者】
0−1 57分 ナビ・ケイタ(リヴァプール)
0−2 58分 モハメド・サラー(リヴァプール)

【サッカー】UEFA-CL第6節E組 ナポリ×ゲンク、ザルツブルク×リバプール 結果
http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1576007459/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 05:42 | 大阪 | Comment(41) | 海外の日本人選手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本、三浦弦太が井手口とのホットラインで決勝ヘッド弾!中国に2-1勝利!三浦「良い形が出た」まとめその4(関連まとめ)

連係不足は“ホットライン”で解消! A代表初ゴールのDF三浦「いい形で出た」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191210-43475060-gekisaka-socc
三浦2019E1第1節ゴール.jpg

[12.10 E-1選手権 日本2-1中国 釜山九徳]

 A代表9試合目での初ゴールだった。後半25分、結果的にはチームを助ける2点目を決めた日本代表DF三浦弦太(G大阪)は「あまり初ゴールは意識していなかったけど嬉しい」と率直に振り返った。

 1-0のまま攻めあぐねる展開が続いた後半、G大阪のホットラインがゴールを導いた。この試合、セットプレーのキッカーを担っていたのはMF井手口陽介(G大阪)。右コーナーキックがゴール前に蹴り込まれると、絶妙なポジショニングを見せた三浦がヘディングで沈めた。

「ガンバでも蹴る時は軌道が分かっているし、ボールが本当によかった」。今季途中から再び同じチームでプレーするようになった後輩を称えた三浦。「入り方は昨日もトレーニングしていたので、すごくいい形で出た」と前日の練習を振り返った。

 日本代表は試合前日の9日、現地のクラブチームが使用している練習場でトレーニングを実施。午後6時に始まったため辺りはすでに暗かったが、照明が低い位置にあるうえに光量も不十分だったため、満足にボールを使うことはできなかった。

 それでも「セットプレーは確認だけで実際には練習はできなかったけど、言われていたとおり」と、ゴールは狙いどおりの形。ボールが慣れ親しんだ軌道だったこともあり、「セットプレーでルーズになることがある」という相手の弱点を突くことができたようだ。

 終了間際の失点には「チームとしてクロス対応は修正していかないといけない」と課題も残したが、結果的には三浦のゴールが決勝点。「セットプレーで得点することでチームを助けられることはあるので、さらに得点を狙っていければ」とさらなる量産を誓っていた。

ガンバ大阪 Part3074 
http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/soccer/1575895974/
▼記事の続きを読む▼
posted by カルチョまとめ管理人 at 00:38 | 大阪 | Comment(3) | 日本代表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人気記事ランキング

人気記事ランキング(24時間)

    人気記事ランキング(昨日)

      人気記事ランキング(先週)